Track TitleDurationPrice
STAY -- 田中光 & MASAYA YONEYAMA 04:37 Album Purchase Only
The Ascension - introduction of n.e.o.- (panorama mix) -- SWO'D'ROLL-JAH a.k.a. S-WORD ft Ten ver.5.0 05:36 Album Purchase Only
Starting Over -- SASA 05:49 Album Purchase Only
MIRROR NEURON -- ExoticModulationSky 04:53 Album Purchase Only
Spur -- Cutsigh 03:33 Album Purchase Only
NUKE? -- Kidori Kidori 03:30 Album Purchase Only
If this, If that -- a.b.perspectives 02:11 Album Purchase Only
沈黙の春 -- MACKA-CHIN 03:56 Album Purchase Only
Afternoon (prod by Muta) -- CHIYORI 03:44 Album Purchase Only
wednesday -- Fragment 04:19 Album Purchase Only
Stripes -- Ao Inoue 04:27 Album Purchase Only
Find Delight feat. 下池レイラ -- Black-Chiwawa 05:05 Album Purchase Only
H2H -- Mr.G-in from.90gcrew 04:18 Album Purchase Only
レジスター -- k-over 04:08 Album Purchase Only
ムダイ -- あらかじめ決められた恋人たちへ 06:33 Album Purchase Only
Point -- Human Boot Project 04:23 Album Purchase Only
門出(にしおぎver.) -- Temple Book 03:55 Album Purchase Only
リリー -- スーパーノア 03:26 Album Purchase Only
lie⇒luck (purple) -- MIDICRONICA × Shin-Ski 05:04 Album Purchase Only
Stardust Echo feat. CHIYORI -- JitteryJackal 07:03 Album Purchase Only
曲番クリックで試聴できます Total: 90:30
アルバム購入特典

PFJ2012_07_KensukeSaikatsu.jpg

PFJ2012_07_YukitakaAmemiya.jpg
about_Play_for_Japan_2012.pdf
備考

イラスト・ジャケット : 西勝健介
写真 : 雨宮透貴
マスタリング・エンジニア : 石本聡(mao)
キュレーター : ototoy.jp... ">ゆーきゃん

ディスコグラフィー

  • フィメールラップの新たな道を示してから5年。泉まくらの選りすぐりの代表曲+客演+CM曲+新曲を含めたスペシャル盤
  • 昨年10月にリリースしたMACKA-CHIN『MARIRIN CAFE BLUE』の配信限定インスト・アルバム。アルバム内でもっとも人気の高い''ODD RARE HALL'' feat. 呂布カルマ の冒頭部分をEDITした<VIDEO VERSION>を今作のみに収録。
  • 2017年、活動20周年を迎える叙情派シネマティック・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」が、その軌跡を刻むベスト・アルバムをリリース。現編成でリアレンジ / 再レコーディングした人気曲を含む珠玉の全11曲を収録。リーダーである池永正二のソロ名義としてスタートした「あらかじめ決められた恋人たちへ」は編成やスタイルは時代と共に変動しつつも、郷愁とダンスをコンセプトにした「あら恋節」を作り上げてきた。これぞ “あら恋”という彼らの歴史が堪能できる珠玉の1枚。ベスト盤でありながら、あら恋の現在と未来を示す構想20年のニュー・アルバムとも言える作品となった。
  • 2017年、活動20周年を迎える叙情派シネマティック・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」が、その軌跡を刻むベスト・アルバムをリリース。現編成でリアレンジ / 再レコーディングした人気曲を含む珠玉の全11曲を収録。リーダーである池永正二のソロ名義としてスタートした「あらかじめ決められた恋人たちへ」は編成やスタイルは時代と共に変動しつつも、郷愁とダンスをコンセプトにした「あら恋節」を作り上げてきた。これぞ “あら恋”という彼らの歴史が堪能できる珠玉の1枚。ベスト盤でありながら、あら恋の現在と未来を示す構想20年のニュー・アルバムとも言える作品となった。
  • 『OUTSIDE』と名付けられた今作は、新曲「アウトサイダー」を始め、会場限定ソノシートに収録されている人気曲「タイムセール」、約2年振りとなる英語の新曲「The Puddle」など、5曲を収録したミニアルバム。新曲「アウトサイダー」は特にこの作品を象徴しており、メインストリームに迎合することをよしとせず、独自の道を歩き続ける彼らならではの視点と決意がこもっている。音楽的にもさらに深化した今のKidori Kidoriのサウンドを聴く事ができる作品となっている。
  • 「さんピンCAMP20」での電撃的な復活で日本語ラップ・ヘッズを狂喜さたNITROMICROPHONE UNDERGROUNDの中心人物MACKA-CHIN!次なるプロジェクトは仮想カフェ『MARIRIN CAFE BLUE』のオープン!?呂布カルマやN.E.NからTOKYO HEALTH CLUB、MC恋してる(Y.I.M)までMACKA-CHINの不可思議な交遊録から繋がった全国各地の仲間〜オトモダチが集結したニュー・アルバムを注目のレーベル、術ノ穴とのジョイントでのリリース!
  • 「スキマヲキク」ことに焦点を当てたポストサウンドスケープ集。取巻く余白とせめぎ合い、留まらない美しさを 見立てた微細な世界。本作品は前作とは違う余白のある作品に仕上がっており、タイトルの「Incomplete(未完成)」は 聴き手の様々なシチュエーションのアンビエンスと組み合わせることで本作品の完成を目指した意味。 また流動的な音像による絶妙な距離感は、リスニングミュージックだけではなくポストアンビエントミュージックとして オリジナリティを創り出している。 アートワークはコラージュデザインなど多方面で活躍する井上陽子(クラフト作家、イラストレーター)が制作。
  • NITRO MICHROPHONE UNDERGROUND/東京弐拾伍時の活動でも知られる日本語ラップ・シーンを代表するマッドなサイエンティスト、MACKA-CHINのニュー・アルバム『MARIRIN CAFE BLUE』からの先行第二弾シングルはファンキーなブレイクで構築されたアフロ・ファストコア・チューン''ASPHALT GENJIN''!
  • NITRO MICHROPHONE UNDERGROUND/東京弐拾伍時の活動でも知られる日本語ラップ・シーンを代表するマッドなサイエンティスト、MACKA-CHINのニュー・アルバム『MARIRIN CAFE BLUE』からの先行曲はMCバトル界隈で圧倒的な人気を誇っているラッパー、呂布カルマとのまさかのコラボレーション!MACKA-CHINの手掛けるズブズブとハマってしまう深すぎるグルーヴに、さらにディープなラップを畳み掛けるように乗せてくる呂布カルマ・・・正にこれが最高峰の最先端ヒップホップ・ジョイント!
  • 新メンバーを迎えたKidori Kidori! 夏フェスに聴きたいアップテンポの新曲と、くるり&細野晴臣カバー収録!
  • 情景と物語が広がるシネマティック・サウンドの進化形——叙情派インスト・ダブ・ユニ ット “あら恋”、 新体制で作り上げた 6th アルバムは、曽我部恵一、和合亮一、ハチスノイト が参加したトータル 70 分超の衝撃作。 恋人たちのステップは続くこの長い夜が明けるまで。ーーーー 鍵盤ハーモニカによる “物語る旋律” と、エモーショナルな演奏でオーディエンスを巻き込 んでいく叙情派インストゥルメンタル・ダブ・ユニット・あらかじめ決められた恋人たちへ。5th アルバム『DOCUMENT』(2013)、ライブ DVD+CD による 2 枚組『キオク』(2014) を経てリリースされる 6 枚目のフルアルバム 『After dance/Before sunrise』は、アグレッシブでポップな「A(After dance)-SIDE」、壮大かつドラマティックな「B(Before sunrise)-SIDE」からなる “ツイン・アルバム” で、トータルの収録時間が 70 分 を超える大作となった。フルアルバムとしては初めてボーカリストをフィーチュアした楽 曲を収録しているのが特徴で、 リード・トラック「gone」でサニーデイ・サービスの曽我 部恵一が、「焦点」で詩人の和合亮一が、「波」でハチスノイトが参加している。また、本作からドラム に GOTO(DALLJUB STEP CLUB)、キーボードにベントラーカオル ( クウチュ ウ戦 ) という 20 代の実力派プレイヤーを迎えたことにより、バンドとしてのグルー ヴも劇的に進化。劔樹人のベース、大竹康範 (LAGITAGIDA 、sajjanu) のギター、クリテツのテルミ ン / パーカッションも随所にその魅力を発揮しており、結 果として心と身体を揺さぶるフレ ッシュで解放的な DUB サウンドを実現した。リーダー・池永正二によるトラックも、沖田 修一監督の『モヒカン故郷に帰る』、 山下敦弘監督の『味園ユニバース』など、複数の映 画音楽を手掛けた経験が活かされ、起承転結を織り込んだ、よりシネマティックな情感を獲得している。刺 激的なビートとダンス・ミュージックとしての間口の広さ、そのどちらもが実感できる “あら恋” のマスターピースがここに誕生した。
  • World's end girlfriend主宰レーベル、Virgin Babylon Records5周年を記念した、総勢50組、全曲90未満の豪華コンピ。アルバムで購入いただくと、OTOTOY限定音源『Virgin Babylon Records Sampler 2015』が付きます
  • 3人の次世代トラックメイカーによるフリーEP。3曲ともAureoleの4thアルバム「Spinal Reflex」の発売を記念したフリーのサウンドライブラリ集を使用して作られています。
  • 2014年、メンバーの脱退というバンドにとっての最大の危機を乗り越え、計4枚の会場限定シングルと、藤原寛(ex.andymori)を サポートベースに迎えて完成させたミニアルバム「El Blanco 2」をリリースし、SUMMER SONIC 2014 / RUSH BALL 2014 / BAYCAMP2014、 COUNTDOWN JAPAN 14/15などの大型フェスへの出演を果たしているKidori Kidori。今年、2月には日本語新曲と洋楽カバーで構成された コンセプトEP「El Urbano」をリリースし、6月には東名阪ワンマンツアーを予定している。「 ! 」( 雨だれ )と名付けられた今作は、人気曲「テキーラと熱帯夜」や、前作「El Urbano」のMV曲である「ホームパーティ」を収録した、全曲 日本語詞の作品となっている。アルバムからのMV曲となる「なんだかもう」は、印象に残る秀逸なメロディと、三拍子ながら自然と身体が 揺れる名曲。都会的なサウンドと、Kidori Kidoriらしいスパイスがミックスされた、中毒性のある楽曲に仕上がっている。エッジィな英語詞ロックのイメージの強いKidori Kidoriだが、現在の彼らの真骨頂を見せつける問題作となっている。
  • 2014年、メンバーの脱退というバンドにとっての最大の危機を乗り越え、計4枚の会場限定シングルと、藤原寛(ex.andymori)を サポートベースに迎えて完成させたミニアルバム「El Blanco 2」をリリースし、SUMMER SONIC 2014 / RUSH BALL 2014 / BAYCAMP2014、 COUNTDOWN JAPAN 14/15などの大型フェスへの出演を果たしているKidori Kidori。今年、2月には日本語新曲と洋楽カバーで構成された コンセプトEP「El Urbano」をリリースし、6月には東名阪ワンマンツアーを予定している。「 ! 」( 雨だれ )と名付けられた今作は、人気曲「テキーラと熱帯夜」や、前作「El Urbano」のMV曲である「ホームパーティ」を収録した、全曲 日本語詞の作品となっている。アルバムからのMV曲となる「なんだかもう」は、印象に残る秀逸なメロディと、三拍子ながら自然と身体が 揺れる名曲。都会的なサウンドと、Kidori Kidoriらしいスパイスがミックスされた、中毒性のある楽曲に仕上がっている。 エッジィな英語詞ロックのイメージの強いKidori Kidoriだが、現在の彼らの真骨頂を見せつける問題作となっている
  • 初の日本語のリード曲となる「ホームパーティ」は、日本語ならではの親しみやすいメロディとサンバのリズムを融合させたキラーチューン。英語詞ロックのイメージの強い彼らが見せる、"新たなKidoriKidori"の幕開けを感じさせる楽曲に仕上がっている。終盤の掛け合いの部分では、今後、ライブアンセムになるであろう可能性を強く感じさせる。「記号の街」では、上京してきた彼らならではの「都会」の姿が、シティーポップ的なアレンジとともに映し出されている。「PJ状態」は、今年の春に3ヶ月連続企画のみで販売され、現在は入手できない7インチアナログ盤からの一曲。
  • 深化/変化することを止められない 飽くなき探究心。 NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのブレイン的存在としてシーンのど真ん中からアンダーグラウンドまでを支え続けるMACKA-CHINによる “心が落ち着く” をテーマにした架空の映画 “静かな月と夜” のオールインスト サウンドトラック作品。 ラッパー/ビート・メイカー/プロデューサー/映像クリエイター/DJ などなど、独自の観点とセンスで幅広く活動するMACKA-CHINが今作は〝ビートメイカー〟に焦点を絞り新作を完成。 独自の技術を施して創りだす音はブレイクブーツ、レゲエ/ダブ、ジャズ、クラシック、アンビエントと様々な顔を魅せ、まるで無を感じる瞑想のような世界観を映し出す。 全音楽ラバーに向けた、日本最高クラスのサンプリングアート作、全12曲。
  • 関 西 発 、英 詞 ロ ッ ク バ ン ド 。 大阪から東京に拠点を移した矢先のメンバーの脱退という、バンドにとっての最大の苦難を乗り越え届けられた今作は、 昨年リリースしたミニアルバム「El Blanco(=スペイン語で「白」)」の連作となっている。MV曲となる「Come Together」は、彼らが上京する際に書いた曲で、曲名からも伺えるとおり彼らの決意の詰まった楽曲となっている。「Mass Murder」は3月より開場限定のみで販売されたシングルに収録されている人気曲で、YouTubeで公開されているMVは、 Vo/Gtマッシュ自らが監督を務めている。他にも、彼らの持ち味の一つともいえるホラー感あふれる「Zombie Shooting」、完売となった限定7インチに収録されている「99%」、 日本語のライブアンセムになりそうな「テキーラと熱帯夜」、静謐かつ壮大な、2作品をまたがったタイトル曲「El Blanco」を収録。 前回に引き続き、エンジニアはLITEやThe Flickersなどの仕事でも知られる、鬼才・三浦カオル氏。
  • Fragment主宰、術ノ穴初のロックバンドとしてレーベル設立時から活動していた『bugfics』のボーカリストk-over。今作はk-overのルーツであるオルタナティブ・ロックを根底にヒップホップ、ポスト・ダブステップ、ディープ・ハウス等のクラブミュージックを通過した、全く新しい形の日本語ポップソング。是非一度体感して欲しい。
  • CHIN ATTACKS AGAIN!NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのブレイン的な存在として知られるマッド・サイエンティスト、MACKA-CHIN。07年に発表されたアルバム『LAST』以来、実に約6年8か月ぶりとなるが、今回は初めてアルバム全編で外部プロデューサーを起用するという超意欲的な作品。独自なセンスで紡いでいく巧みなライミングはアラフォーの域に達したことでさらに研ぎ澄まされ、タイトなラップは現役感ビンビン! 80〜90年代のマッシヴな王道サンプリング・ヒップホップの遺伝子を受け継ぐ男気プロデューサー・チーム、GRANTERZ との相性は悪いわけナシ!
  • 鍵盤ハーモニカで奏でられる叙情的な旋律を、浮遊感のあるダブ~シューゲイズなサウンドの中で響かせるインストゥルメンタル・ユニット“あらかじめ決められた恋人たちへ(通称:あら恋)” が、自主レーベルを立ち上げ2 年3 ヶ月ぶりとなるスタジオ・フル・アルバム『DOCUMENT』をリリースする。FUJI ROCK、朝霧JAM、RISING SUN、ARABAKI、taicoclub など各地のフェスに出演し、ライブ・バンドとして著しい成長を遂げた彼ら。そんなユニットとしての変化や進化を“旅立ち” というテーマに捉え直す形で制作されたのが本作であり、ロードムービー的とも言えるスケールの大きさとストーリー性の高さが特徴となっている。
  • 鍵盤ハーモニカで奏でられる叙情的な旋律を、浮遊感のあるダブ~シューゲイズなサウンドの中で響かせるインストゥルメンタル・ユニット“あらかじめ決められた恋人たちへ(通称:あら恋)” が、自主レーベルを立ち上げ2 年3 ヶ月ぶりとなるスタジオ・フル・アルバム『DOCUMENT』をリリースする。FUJI ROCK、朝霧JAM、RISING SUN、ARABAKI、taicoclub など各地のフェスに出演し、ライブ・バンドとして著しい成長を遂げた彼ら。そんなユニットとしての変化や進化を“旅立ち” というテーマに捉え直す形で制作されたのが本作であり、ロードムービー的とも言えるスケールの大きさとストーリー性の高さが特徴となっている。
  • あらかじめ決められた恋人たちへ、初の配信シングルはバンド史上初のボーカル曲!!! ボーカルにはeastern youth 吉野寿氏を迎え、壮絶な仕上がりに。「静」と「動」が交錯する楽曲は人生の光と影を映し出す!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  • あら恋、初の配信シングル。ヴォーカルにはeastern youth 吉野寿が参加。OTOTOYでは高音質WAV配信(24bit/44.1kHz)!! 壮絶な仕上がりに。「静」と「動」が交錯する楽曲は人生の光と影を映し出す!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  • DJ BAKUが、3rd Album"JapOneEra"とは別に、新たに書き下ろした、MEGA-Gとのフィーチャリング曲をはじめ、TAKUMA THE GREAT , RUEED , チプルソ , YURIKA , SNEEEZE , LB と、次世代を担う若手MCらによる、マイクリレー(Ootwaプロデュース)を収録し、UMB2012の王者、R指定もDJ松永とのユニットCreepy Nutsで参戦。そしてKAIKOOには欠かせない存在の、あら恋は貫禄すら漂うシネマティックなDUBを、Qomolangma tomatoからはVo石井ナルトが初となるソロで脅威的な才能を披露。さらにはLIVEバンドとして頭角を表してきている実力派3組、NINGEN OK、Tam Tam、ヤセイ・コレクティブも、楽曲を提供してくれました!! 極めつけは、JaQwa、XXX$$$ (XLII & DJ SARASA)、HYPERJUICE(fazerock & hara)による、最新型ダンスミュージックまでを網羅!!今回のダークホース、ESMEとDJ HARAKIRIの楽曲も要注目です。新旧、ジャンルの垣根を軽く飛び越え、今のミュージックシーンで何が起きているのか?をギュッと詰め込んだ、KAIKOOならではのコンピレーションとなっています。皆様、是非お見逃し無く!※一部でアナウンスのあったDJ BAKU ft.BRON-Kの楽曲は、収録がなくなりました。楽しみにしていた皆様へ、深くお詫び申し上げます。
  • 通算3枚目となる本作品は、6曲入りミニアルバム。「El Blanco(=スペイン語で「白い◯◯」)」という意味深なタイトルは、1st Al「El Primero」、2ndA「La Primera」(スペイン語で「最初の◯◯」)の2作品を経て、常に彼らの音楽性が更新されていることがうかがえる。また、Kidori Kidoriを聴いたことの無い、まっさらなリスナーも、この一枚を 聴いてもらえれば彼らの持ち味と音楽的な幅広さが伝わる一枚となっている。アートワークでも頻繁に登場する"オバケ"からもうかがえる、彼ららしい怪しい雰囲気の漂う「Watch Out!!!」、会場限定EPのみに収録されていた、アップテンポでエッジィなリフが際立つ人気曲「Silly」、アフロビートや、ダブ、スカなどを独自のセンスでミックスし再構築した「Paperhouse」、1st A「El Primero」収録の「5/10」以来の日本語新曲「◯◯病院」、Kidori Kidoriとしては珍しいバラード「I Laid Down」、 キャッチーなPOP ROCK「Mourning In The Morning」と、振り幅全開の充実した6曲を収録。ミックス/マスタリングは、LITEやThe Flickers などの仕事でも知られる、鬼才・三浦カオル氏。
  • トラック・メイカー・デュオ「Fragment」主宰レーベル“ 術ノ穴 ”所属アーティストを中心に、全国各地から届いたデモ音源とこれまでに交流のあったアーティストを一同にコンパイル。 HIPHOP、ROCK、Bassmusic、JUKE、エレクトロニカ、SSWなどジャンルレスな次世代クリエイターが一同に集結!! ここでしか聞けないコラボ曲やRemixが満載。
  • 世界は何色?2つの才能が混ざりあい新たな色へ。「.co.lab」収録のShin-Skiとの名曲「color」。そのコラボからさらにcolorシリーズといえる、全曲シンスキープロデュースによる12色のフルアルバムが完成!!2つの才能が混ざりあい新たな色へ。MIDICRONICA × Shin-Ski名義アルバム「color」が完成!!
  • 2011年3月11日、人の力では立ち向かうことができない大きな力を感じ、私たちは無力感に苛まれた。しかし、その後復興に向けて動き出した多くのアーティストたちは、被災地の人々にとっても、何かしたいと願いながら動き出せなかった人々にとっても、勇気を与える存在となり、時には行動するきっかけになったはずだ。このアルバムでは、被災地に出向きライヴを行ったり、復興に向けた楽曲の発表など、音楽を通して被災した土地や傷ついた人々にエールを送り続けたアーティストに賛同と敬意を示している。彼らの強い意志と行動、そして音楽というメッセージを感じとっていただけることを願っている。
  • 前作『Narrow Cosmos 104』から1年。 『FREEDOMMUNE 0〈ZERO〉』『GUNMA ROCK』『りんご音楽祭』『neutralnation2012』『the telephones RED HOT DISCO!!! Tour』『GUN☆MASTAR FES』そして自身が主催する『ササクレフェス』など多くの大型フェスからライブハウス、クラブでのライブ出演、 やくしまるえつこを始めとするRemixやプロデュース活動など話題に事欠かなかった〝Fragment〟による通算6枚目の作品が
  • 前作『鋭 ku 尖 ル』から5ヶ月。あらゆるジャンル、カルチャーを横断するトラック・メイカー・デュオFragmentによるコラボ作も含め通算5作目にして初のインスト作品。7年前にリリースされネット上で高値取引されてたアナログE.P『咲ク、ササクレ。』に収録されていた「Polygonair」が初のCD化。RemixerにはHyperdub(UK)に所属しRadiohead・トムヨークのweeklyチャートに選出、Flying LotusのRemixにも抜擢された“Quarta330”が参加。
  • ラッパーの田中光とDJのMASAYA YONEYAMAの1stアルバム。 流れる時間と人との間の思いについて語る田中光は、ラップとボーカルを行き来しながら体温ある言葉で映像を見せてくれる。MASAYA YONEYAMAが作るトラックは、ロウファイながらも有機質で体と心を同時に動かせてくれる。 約1時間に渡る2人の化学反応には90sHIPHOPの影響と人間誰しもが持つ感情が、叫びが垣間見える。それが芯である。 しかしながら固体から液体、液体から気体に変化するかのごとく自由な表現を駆使し実験性とバラエティに富んだ類を見ない仕上がりになっておりリスナーを選ばない。ルーツと新しさ、ストレートと多面性、そんな両極が自然と同居している。それが成り立つのはきっと真実が鳴っているからである。 17曲という曲数ながら余分さを一切感じさせない構成はヘタなMIX CDよりはるかに心地良い。 アルバムの肝でもあり山場ともなるエモーショナルさは友人に向けたM13や、音楽と出会った時の純粋な憧れを描いたM14、時の流れの儚さとこれから行く道への心境を描いたM16で強く感じる事が出来る。それは少しだけ寂しくも暖かく、どれも前向きである。
  • トラックメイカーデュオ「Fragment」主宰のレーベル“ 術ノ穴 ”所属のアーティストを中心に、全国各地から届いたデモ音源とこれまでに交流のあったアーティストを一同にコンパイル。 HIPHOP、ROCK、エレクトロニカ、ポストロックなどジャンルレスな次世代クリエイターが一同に集結!!空也MC×k-over×894(MIDICRONICA)、DOTAMA×ハハノシキュウ、uhnellysのkimとSOURのドラマー高橋ケ無によるDJユニット“デンキビリビリ”など ここでしか聞けないコラボ曲やRemixが満載。
  • 表題曲の「Orbital Resonance」は持ち味の骨太なビートにシンセ、ギターも加わるクールなデジタルロック。物悲しさと激しさの2面性に心揺さ振られる楽曲「Seven」も収録したHuman Boot Projectの原点でもあるロックな面を押し出した国内デビュー作にもなる2曲EP。
  • Wストリートで話題を呼んだ前作の「RAID BACK」より2年、nitraidより新作の映像作品「A.N.T.I.」をリリース! その2作品で共にMusic Producerとして参加したMACKA-CHINによる本編未収録曲も含む全23曲収録のオリジナルサウンドトラックが遂に発売決定! 各種媒体でも大量露出中!これを知らないと本当にヤバイ!
  • DRY&HEAVYのシンガー/MCとして、世界を股にかけ活躍し日本のレゲエ/ダブ史に確かな足跡を残したAO INOUE。 誰もが待ち望んだファースト・ソロ・アルバム『ARROW』は、ジャンルの枠にとらわれない驚愕の全編インストによる超強力盤! OTOTOYでは24bit/48kHzの高音質音源で配信。豊富な経験と知識、ピュアな情熱を完全注入しトラック・メイカーとしての才能を全面開化させたアルバムは、 DIY感に溢れ自由な精神と説得力を解き放つ。 フューチャリスティックなヘヴィー・ベースがウネりまくるトラックは、ダブステップ~グライムなど2000年代以降のベース・ミュージックの流れともリンクし、才気溢れる真にオリジナルなベース・ミュージックが遂にここ日本で誕生した。 いよいよ日本のシーンが大きく動き出す!!!
  • DRY&HEAVYのシンガー/MCとして、世界を股にかけ活躍し日本のレゲエ/ダブ史に確かな足跡を残したAO INOUE。 誰もが待ち望んだファースト・ソロ・アルバム『ARROW』は、ジャンルの枠にとらわれない驚愕の全編インストによる超強力盤! 豊富な経験と知識、ピュアな情熱を完全注入しトラック・メイカーとしての才能を全面開化させたアルバムは、 DIY感に溢れ自由な精神と説得力を解き放つ。 フューチャリスティックなヘヴィー・ベースがウネりまくるトラックは、ダブステップ~グライムなど2000年代以降のベース・ミュージックの流れともリンクし、才気溢れる真にオリジナルなベース・ミュージックが遂にここ日本で誕生した。 いよいよ日本のシーンが大きく動き出す!!!
  • 2ndアルバム『vital signs』から10ヶ月。この間にも多くのプロデュース、リミックスから"Sense of Wonder 2011"、"電刃"など大型フェスへのライヴ出演など話題の欠くことないFragmentが一癖も二癖もあるMC、リミキサー陣を引き連れ早くも新作を発表。貪欲な探究心、アイデアを是非体感してほしい。
  • さようなら洋楽コンプレックス。21歳達(帰国子女、オタク、好青年)が鳴らす、本物以上に本物のロック。
  • トラックメイカーデュオ「Fragment」主宰のレーベル“ 術ノ穴 ”所属のアーティストを中心に、全国各地から届いたデモ音源とこれまでに交流のあったアーティストを一同にコンパイル。人気レーベルコンピ・シリーズ第3弾!!!!!
  • その名声はもはやインディー・フィールドを飛び出していると言っても過言ではない。そして2011年、約半年の制作期間を経て、待望のニューアルバム、『CALLING』が届けられた。ソロ・ユニットを出発点としてきたあら恋としては初めて、バンド編成でのレコーディングに臨んでいる。2008年に大阪から東京へ拠点を移し、以降はバンド編成でのライブ活動を主軸に行なってきた彼らの姿が、ようやくスタジオアルバムとしてパッケージされることとなった。初聴でも入り込める懐の深さと中毒性が同居した、あら恋の最高傑作。そして、他に類をみないアーバン・ダンス・ミュージックの誕生でもある。
  • 5年前まだ無名ながらも「未完成が故に feat.キリコ」、「柊 feat.rocomoon」が坂本龍一に絶賛されるなど、話題曲を多数含み再発を熱望されていた本作が再発決定!
  • 1stアルバム「walking in the soul」から5年。大ヒットを記録した環ROY × Fragment「MAD POP」から2年。独自の感性でクラブ・シーンのみならずバンド・シーンまでも巻き込むサウンド・メイカー Fragment 待望の2ndアルバムが満を持してついに完成! 様々なアーティストのプロデュースやジャンルを問わないremixワーク・コラボレーション、CM・映画音楽など現在引っ張りだこでありジャンルの垣根を越えた動きで鬼才ぶりを発揮。 1歩先行く最先端サウンドスケープに共鳴する豪華客演陣。HIP HOP + PUNK + ELECTRO + DUBSTEP + JAZZ + ELECTRONICA + ROCK = Fragment!!!!!! 超オリジナル・サウンドで音楽シーンに切り込む!
  • ーここは作り物の世界、君が想うリアルがライブになるー「あらかじめ決められた恋人たちへ」初のライブ音源完成。フェイクメンタリー(モキュメンタリー)の手法により、、09年2月13日の金曜日に開催された公開ライブ・レコーディングの素材を「LIVE=生活」のコンセプトの元に再構築したライブCDと、ライブの模様が収録されたDVDの2枚組。荒くてタフな「あら恋ライブ」をパッケージしたベスト・アルバム的ぶっといライブ盤。
  • ピアニカとレゲエを携えあらゆるシーンに殴り込みをかける池永正二率いるマッドでセンチなダブユニットの3作目にして最高傑作。

Features

スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載

スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載

スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る2004年に結成、京都を中心に活動を行っている…

あら恋ベスト・アルバム発売記念アラフォー対談!!

あら恋ベスト・アルバム発売記念アラフォー対談!!

戻った理由? 「当時付き合っていた女の子が京都に居たから」──あら恋ベスト・アルバム発売記念アラフォー対談!!叙情派シネマティックDUBバンド“…

OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位

OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位

OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表!2016年もあと少し。ということで、今年もやってまい…

あらかじめ決められた恋人たちへ、約2年半ぶりとなるアルバムをハイレゾ配信!! 曽我部恵一との対談掲載

あらかじめ決められた恋人たちへ、約2年半ぶりとなるアルバムをハイレゾ配信!! 曽我部恵一との対談掲載

喜びも哀しみも含めた“ダンス”を表現したいーーあらかじめ決められた恋人たちへ×曽我部恵一叙情派インスト・ダブ・ユニット、あらかじめ決められた恋人…

ラストクエスチョンのボードゲームCDにサカモト教授、劔樹人、R藤本が参戦した模様をレポート‼︎

ラストクエスチョンのボードゲームCDにサカモト教授、劔樹人、R藤本が参戦した模様をレポート‼︎

ラストクエスチョンのボードゲームにサカモト教授、劔樹人、R藤本が参戦!! レポート&インタヴュー!謎解きRPGアイドル、ラストクエスチョン。彼女…

Kidori Kidori、全曲日本語詞で挑んだバンドの真骨頂アルバム『![雨だれ]』をハイレゾ配信

Kidori Kidori、全曲日本語詞で挑んだバンドの真骨頂アルバム『![雨だれ]』をハイレゾ配信

最新作『 ! [雨だれ]』解体新書! 裸のKidori Kidoriはここにある! ——初ハイレゾ配信スタート&インタヴューKidori Kid…

あらかじめ決められた恋人たち、2年3ヶ月ぶりのフル・アルバム『DOCUMENT』

あらかじめ決められた恋人たち、2年3ヶ月ぶりのフル・アルバム『DOCUMENT』

映像、照明、構成、全てが&quot;ショー&quot;として確立されたワンマン・ライヴの壮絶さに、その名前を急速に広めた叙情派轟音ダブ・ユニット…

あらかじめ決められた恋人たちへ、16年間の歴史を振り返る!

あらかじめ決められた恋人たちへ、16年間の歴史を振り返る!

1997年の活動から多種多様な楽曲アプローチを見せ、つねにリスナーへ新鮮な聴きごたえを与え続けている「あらかじめ決められた恋人たちへ」。今回の新…

Kidori Kidori、改名後初のミニ・アルバム『El Blanco』リリース

Kidori Kidori、改名後初のミニ・アルバム『El Blanco』リリース

カタカナ表記の”キドリキドリ”から英語表記へと名前を変え、6曲入りのミニ・アルバムをリリースしたKidori Kidori。スペイン語で「最初の…

キドリキドリ『La Primera』インタビュー

キドリキドリ『La Primera』インタビュー

キドリキドリ INTERVIEW大阪在住、マッシュ(Vo&Gt)、ンヌゥ(Ba)、川元直樹(Dr)の三人によるバンド、キドリキドリ。僕はキドリキ…

「OTOTOY presents VANISHING POINT vol.2」ライヴ・レポート

「OTOTOY presents VANISHING POINT vol.2」ライヴ・レポート

OTOTOY presents 「VANISHING POINT vol.2」 ライヴ・レポート前回の「VANISHING POINT vol.…

きのこ帝国 デビュー・アルバム『渦になる』インタビュー

きのこ帝国 デビュー・アルバム『渦になる』インタビュー

個人的に、サイケデリックなバンドは大好きなのだが、近年のシューゲイザー・リバイバルと呼ばれるようなバンドでいいと思えるものは少なかった。では、そ…

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.2開催!

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.2開催!

本物の低音の鳴る場所へ!OTOTOYが主催するライヴ・イヴェント「VANISHING POINT」のvol.2が開催決定。今回は、DUBを内包し…

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA  LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・…

Fragemnt『Narrow Cosmos 104』インタビュー

Fragemnt『Narrow Cosmos 104』インタビュー

埼玉県さいたま市に位置する日本有数のターミナル、大宮駅。Fragmentのkussyが連れて行ってくれたのは、そこから10分ほど歩いた場所にある…

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

日本を代表するレゲエ・バンドDRY&HEAVYのシンガーとして活動していた井上青が、バンドを離れてから初のソロ・アルバム『Arrow』をリリース…

スーパーノア『リリーと穴』をリリース!

スーパーノア『リリーと穴』をリリース!

京都ロック・シーンの超新星! スーパーノア『リリーと穴』をリリース!'''全曲フル試聴は終了致しました。''''''※Twitterのつぶやきの…

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragmentがリミックスしたゆーきゃんの楽曲をフリー・ダウンロード一筋縄ではいかないMCやトラック・メーカー、バンドを送り出し、常に注目を集…

あらかじめ決められた恋人たちへ『CALLING』

あらかじめ決められた恋人たちへ『CALLING』

あら恋の新作『CALLING』配信開始 & 池永正二INTERVIEWこれまで叙情派エレクトロ・ダブ・ユニットと形容されてきた、あらかじめ決めら…

あらかじめ決められた恋人たちへ インタビュー by 西澤裕郎

あらかじめ決められた恋人たちへ インタビュー by 西澤裕郎

'''乳化して辿り着いた、流動的で肉体的なDUBサウンド''' 午後から降り出した雨が、いっこうに止む気配のない日曜日。渋谷のライヴ・ハウスLU…

LOCAL REPORT『こぼれ落ちた福岡音楽事情』VOL.2

LOCAL REPORT『こぼれ落ちた福岡音楽事情』VOL.2

<br/>VOL.2'''10年目にしてファイナルを迎えた総決起集会、当日の奇跡を全てレポる!'''<br/><br/>4.26の朝、まだ真っ暗…

session#6 あらかじめ決められた恋人たちへ×はせはじむ

session#6 あらかじめ決められた恋人たちへ×はせはじむ

記憶の奥底で鳴るピアニカが忘れ去られた風景を呼び戻すライブ・ハウス、クラブ、ギャラリーなど様々な場所でライブをこなし、映画から演劇の音楽制作まで…

session#5 poodles×あらかじめ決められた恋人たちへ

session#5 poodles×あらかじめ決められた恋人たちへ

生粋のジャム・バンドが行き着いた場所。ただひたすらに、気持ち良い音が鳴る所。1996年結成と決して短くないキャリアを持つジャム・バンドpoodl…