Track TitleDurationPrice
bounce off -- k-over alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:41  
the clink of hostia -- at her open door alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49  
T-367 -- TPSOUND alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:45  
曲番クリックで試聴できます Total: 09:15
作品情報

3人の次世代トラックメイカーによるフリーEP。3曲ともAureoleの4thアルバム「Spinal Reflex」の発売を記念したフリーのサウンドライブラリ集を使用して作られています。

ディスコグラフィー

  • 3人の次世代トラックメイカーによるフリーEP。3曲ともAureoleの4thアルバム「Spinal Reflex」の発売を記念したフリーのサウンドライブラリ集を使用して作られています。
  • Burial、UKダブステップシーンへの日本からの回答!! 世界標準のポストダブステップサウンドを奏でるat her open doorのデビュー作。夜中のベッドルーム、はたまた樹海の中のドープなレイブパーティー、ファッションショーの裏でひっそりと行われたドラッグパーティーなのか、白昼夢のようでもありビートが絡み合うサウンドは様々な情景を思い起こさせる。ただ、このアルバムはコンセプトアルバムではなく、その時に聴きたいと思った音楽をひたすら聴き倒した後に、物足りなさを感じた上で作った楽曲の集まりであり、自身の聴きたかった音楽の形を具現化したものである。音数は少ないが、沈むような低音と絡みあるビートはまるで洋楽のようでもあると形容するものも少なくない。本作はBurial、Andy Stottのファンにはもちろん、James Blakeを好きな方にも十分衝撃を与えるサウンドである。ジャパニーズエレクトロシーンの最重要作品。
  • Fragment主宰、術ノ穴初のロックバンドとしてレーベル設立時から活動していた『bugfics』のボーカリストk-over。今作はk-overのルーツであるオルタナティブ・ロックを根底にヒップホップ、ポスト・ダブステップ、ディープ・ハウス等のクラブミュージックを通過した、全く新しい形の日本語ポップソング。是非一度体感して欲しい。
  • トラック・メイカー・デュオ「Fragment」主宰レーベル“ 術ノ穴 ”所属アーティストを中心に、全国各地から届いたデモ音源とこれまでに交流のあったアーティストを一同にコンパイル。 HIPHOP、ROCK、Bassmusic、JUKE、エレクトロニカ、SSWなどジャンルレスな次世代クリエイターが一同に集結!! ここでしか聞けないコラボ曲やRemixが満載。

Features

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA  LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・…