OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表!

2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします!

>>30位から11位はコチラ
>>10位から1位はコチラ

50. Predawn『Absence』

【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】 1,650円(税込)

49. ART-SCHOOL『Hello darkness, my dear friend』

【作品詳細】約1年の活動休止の後、このアルバムのために書き下ろされた10曲に加え、約17年前にリリースされた木下理樹名義の初音源集で廃盤となっている『TEENAGE LOST』に収録の、音源化を熱望されていた名曲「NORTH MARINE DRIVE」をリメイク。ファンが待ち望んだ原点回帰の1枚。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】 1,851円(税込)

48. fhana『What a Wonderful World Line』

【作品詳細】シングル8作連続アニメタイアップを獲得し、シーン問わず各界から注目を集めているfhana、遂にファン待望の2ndアルバム。32bit float、24bitなど多彩なハイレゾ・フォーマットで配信(左は24bit版)。



【配信形態】32bit float/96kHz, 24bit/96kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC/ AAC / MP3
【アルバム配信価格】32bit float / 24bit : 6048円(税込), 16bit : 2100(税込)

47. Limited Express (has gone?)×2MUCH CREW

【作品詳細】〈レスザンTV〉より、Limited Express (has gone?)と2MUCH CREWが合体して楽曲を制作したコラボレーション・アルバムにして衝撃の問題作! そのサウンドはローファイでスカムでユーモラス、そして得体のしれない強力な磁場を持つ。閉まらないCDも話題に。

>>本作に関する特集ページ


【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,200円(税込)

46. 空気公団『ダブル』

【作品詳細】2017年に結成20周年を迎える空気公団。彼ららしい、日常の空気感、その微々たるニュアンスを音へと、そして詩へと封じ込めた作品もあれば、昭和歌謡な新境地「マスターの珈琲」まで収録の、フレッシュな10曲。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【アルバム配信価格】 24bit : 3,000円(税込), 16bit : 2469円(税込)
【アルバムまとめ買い特典】CDの歌詞カードと同デザインのPDFファイルが付属。

45. fripSide『infinite synthesis 3』

【作品詳細】fripSideの通算9枚目のオリジナル・アルバム。人気曲のセルフ・カヴァーやテレビ・アニメ『フューチャーカード バディファイト100』第2期第1話 〜 第21話のOPなども収録。



【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,888円(税込)

44. GANG PARADE『Barely Last』

【作品詳細】POP改めGANG PARADE。シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退を経て、新メンバー、キャン・マイカが加入、10月6日には元SiSメンバー3名の電撃加入が発表された。そんな激動のGANG PARADEの改名後初となるアルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】32bit/96kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】32bit : 2,000円(税込), 16bit : 2,000円(税込)
【アルバムまとめ買い特典】ブックレットがPDFで付属

43.大森靖子『TOKYO BLACK HOLE』

【作品詳細】メジャー第2弾フル・アルバム『TOKYO BLACK HOLE』。サウンド・プロデューサーには今までの大森靖子作品を支えてきた、直枝政広(カーネーション)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、出羽良彰、大久保薫に加え、亀田誠治、ミト(クラムボン)、サクライケンタを迎えた超強力布陣。



【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,100(税込)

42. XTAL『Skygazer』

【作品詳細】(((さらうんど)))やTraks Boys、Jintana & Emeraldsでの活動で知られるDJ、トラックメイカーのXTALの1stアルバム。老舗〈クルーエル〉から放たれる、美しくも力強いテクノ〜ハウス・トラックが続く。

>>本作に関する特集ページ


【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,160円(税込)

41. Gotch『Good New Times』

【作品詳細】Gotch(後藤正文)の約2年ぶりの2ndソロ・アルバム『Good New Times』! プロデューサー / エンジニアにDeath Cab for Cutieのギタリスト、ソングライター&プロデューサーとして17年間にわたって活躍してきたChris Wallaを迎えた作品。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,800円(税込)

40. Tortoise『The Catastrophist』

【作品詳細】ポストロックのイノヴェイターとして、シカゴを拠点とするスーパー・インストゥルメンタル・ロック・バンド、トータス。じつに約7年ぶり放つ通算第7作となるニュー・アルバム! これまでのキャリアを総括したかのような彼らの魅力のつまったバランスの作品。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】24bit : 2,265円(税込), 16bit / MP3 : 1,851円(税込)

39. amiinA『Avalon』

【作品詳細】ポストロック、エレクトロニカ、北欧サウンドなどひとつのジャンルに留まらないサウンドと、まったくタイプの異なるamiとmiyu、ふたりが織り成すパフォーマンスで、唯一無二の世界観を作り上げているガールズ・ユニットamiinAの1stアルバム。

>>本作に関する特集ページ^
【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 3,024円(税込), 16bit : 2,150円(税込)

38. ROVO『XI (eleven)』

【作品詳細】ROVO結成20周年記念、4年ぶり11作目のオリジナル・アルバム「XI (eleven)」。進化し続けるROVOというバンドの今現在を切り取ったヴィヴィットな内容。ゲスト・ミュージシャンにナカコー、U-zhaanも参加。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz, 24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit: 2,400円(税込), 16bit : 1,851円(税込)

37. あらかじめ決められた恋人たちへ『After dance/Before sunrise』

【作品詳細】叙情派インスト・ダブ・ユニット “あら恋”、新体制で作り上げた6thアルバム。フル・アルバムとしては初となる曽我部恵一、和合亮一、ハチスノイトといったヴォーカリストをフィーチャーしたトータル、70分超の大作に。


>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,851円(税込)
【アルバムまとめ買い特典】森樹によるライナーノーツ / ブックレットがPDFで付属

36. スカート『CALL』

【作品詳細】澤部渡によるスカート、玄人好みなセンスと絶妙なアレンジ、グットメロディ、どこか捻くれながらも爽やかな楽曲。素晴らしい歌詞と丁寧で良質な録音で作られたニュー・アルバム。じっくりと染み渡るポップ・ソング集。




【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】2,057円(税込)

35. Radiohead『A Moon Shaped Pool』

【作品詳細】前作『ザ・キング・オブ・リムス』以来約5年ぶり通算9枚目のスタジオ・アルバム。今作はバンドの作品を長年にわたり手がけているナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに迎え制作。ライブ・ヴァージョンがリリースされていた「True Love Waits」のスタジオ・ヴァージョンも。



【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,543円(税込)

34. KING『We Are King』

【作品詳細】アルバムのデビュー前にもかかわらずロバート・グラスパー・エクスペリメントの『ブラック・レディオ』にヴォーカリストとしてフィーチャーされてグラミー賞を受賞。故プリンスをも魅了したというその才能を堪能するべし。




【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,541円(税込)

33. AL『心の中の色紙』

【作品詳細】世代を代表するソングライター、小山田壮平と長澤知之から生み出される珠玉のリリックとメロディー。確固たるパートナーシップで築かれたハーモニーが鳴り響き、藤原寛と後藤大樹による鉄壁のグルーヴが加わるALの傑作アルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 3,200円(税込), 16bit : 2,100円(税込)

32. 渋谷慶一郎『Playing Piano with Speakers for Reverbs Only』

【作品詳細】ピアノの生音とサンプリング・リバーブの残響音のみ、2015年12月26日に東京・スパイラルホールにて開催された渋谷慶一郎のソロ・コンサート「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」をDSDにてレコーディング。


>>本作に関する特集ページ

【配信形態】5.6MHz DSD+mp3, 24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】DSD : 2,800円(税込), 24bit : 2,800円(税込)
【アルバムまとめ買い特典】デジタル・ブックレットPDFが付属

31. Blood Orange『Freetown Sound』

【作品詳細】インディR&B界を一世風靡したブラッド・オレンジこと、デヴ・ハインズ。FKAツイッグス、スカイ・フェレイラの楽曲を手掛けるなどプロデューサーとしてもその才能を発揮し、約3年振りとなる待望の新作。




【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,851円(税込)
>>30位から11位はコチラ
>>10位から1位はコチラ

o

 
 

コラム

スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎