album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
1, 000, 000 dead rock kill (feat. DOTAMA, KMC, ハハノシキュウ & piz?) -- Fragment  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
port tower -- tofubeats  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:34
New Dark Dismal (Geskia! self remix) [feat. レイト] -- Geskia!  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:41
kill or sleep -- DJ Doppelgenger  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:12
Sense (feat. Val) -- Ogiyy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:26
See’em With Your Own Eyes -- Himuro Yoshiteru  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
mad dancer -- the mornings  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:04
dancin’ number (SU: remix) -- 環ROY  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:31
Fata Morgana -- Blind Loop Master  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
Tasty Delights -- TSAN  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:58
anotha serious -- sho/hei  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:24
Look At Your Core -- Metamorforce  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:15
ミドル・トラウマティック・エクスペリエンス -- Kuma the Sureshot  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:54
a letter from my heart (bugfics remix) -- DOTAMA  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:56
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 56:27
Album Info

トラックメイカーデュオ「Fragment」主宰のレーベル“ 術ノ穴 ”所属のアーティストを中心に、全国各地から届いたデモ音源とこれまでに交流のあったアーティストをコンパイル。

HIPHOP、DUBSTEP、エレクトロ、ディスコ、パンク、エレクトロニカ、ポストロックなどジャンルレスな次世代クリエイターが一同に集結!!

Discography

HipHop/R&B

「サントリー天然水 GREEN TEA」との、徒然草を再解釈するコラボレーション企画「徒然なるトリビュート」の参加曲。

HipHop/R&B

tofubeats、世界の映画ファンが切望した「寝ても覚めても」オリジナル・サウンドトラックが、3月6日に配信リリースが決定!

HipHop/R&B

竹内まりや「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」のカバー曲を2019年1月23日より配信決定!

HipHop/R&B

クラシックの名曲を現代のトップミュージシャンが大胆にアレンジ!TVアニメ『クラシカロイド』モーツァルト・ムジークプロデューサーは「tofubeats」氏!

HipHop/R&B

クラシックの名曲を現代のトップミュージシャンが大胆にアレンジ!TVアニメ『クラシカロイド』モーツァルト・ムジークプロデューサーは「tofubeats」氏!

HipHop/R&B

約1年4か月振りとなるメジャー4thアルバム。 映画『寝ても覚めても』主題歌である「RIVER」や、土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』主題歌「ふめつのこころ」、先行デジタルシングル「RUN」ほか収録。

HipHop/R&B

環ROYが4年ぶりの『なぎ』に収録、クチロロの三浦康嗣と共に制作された「はらり」のSingle Versionが配信開始!

HipHop/R&B

環ROY、4年ぶりのフルアルバム『なぎ』。前作『ラッキー』(2013) リリース後、ソロ活動をはじめ、U-zhaanや鎮座DOPENESSとの楽曲発表、蓮沼執太フィルへの加入、美術館や劇場、ギャラリーでのパフォーマンスやインスタレーション、映画音楽の制作、YUKIやサカナクションの作品への客演など、活動の幅を着実に広げてきた環ROYが4年ぶりのフルアルバム『なぎ』を発表します。近年の集大成として完成された本作は、スキルフルなラップはもとより、新旧ジャパニーズ・カルチャー / コンテポラリー・ポップ / エレクトロ二カ / 格式を探求した日本語表現 / などのキーワードをちりばめながら絶妙なバランスを持つラップ・ミュージック・アルバムとなりました。

HipHop/R&B

約1年半振りとなるメジャー3rdアルバム『FANTASY CLUB』を遂にリリース! 本人が歌唱する楽曲を中心に、現在も居住する神戸市が行うキャンペーン”U30 CITY KOBE”のテーマソング「THIS CITY」を収録。 又、ゲストボーカルにヒップホップ・クルーKANDYTOWNに所属し、グループの中核を担うYOUNG JUJUが参加した「LONELY NITGHTS」、女性シンガーソングライターとして様々なフィールドで活躍するSugar meをボーカルに起用した「YUUKI」等、全13曲を収録

HipHop/R&B

前作『ラッキー』(2013) リリース後、ソロ活動をはじめ、U-zhaanや鎮座DOPENESSとの楽曲発表、蓮沼執太フィルへの加入、美術館や劇場、ギャラリーでのパフォーマンスやインスタレーション、映画音楽の制作、YUKIやサカナクションの作品への客演など、活動の幅を着実に広げてきた環ROYが4年ぶりにリリースするフルアルバム『なぎ』に収録される「Offer」のSingle Versionが先行配信!

View More Discography Collapse
Collapse

News

tofubeats×imdkm、『リズムから考えるJ-POP史』刊行記念トークイベント開催決定

tofubeats×imdkm、『リズムから考えるJ-POP史』刊行記念トークイベント開催決定

株式会社blueprintより発売されるimdkm著『リズムから考えるJ-POP史』(10月3日予定)。 その刊行記念トークイベントが、9月25日にユーロライブにて行なわれる。 同イベントでは本書の著者でライター / 批評家・imdkmと、本書の帯文と解

平成30年間のJ-POP史をリズムから分析、imdkm『リズムから考えるJ-POP史』10月に刊行

平成30年間のJ-POP史をリズムから分析、imdkm『リズムから考えるJ-POP史』10月に刊行

株式会社blueprintより、『リアルサウンド』はじめ様々な媒体への寄稿でも知られるラ イター/批評家のimdkmによる初の書籍『リズムから考えるJ-POP史』が、10月3日に刊行される。 本書は『リアルサウンド』内で連載してきた「リズムから考えるJ-

ものんくる自主企画第二弾、tofubeatsとの2マン・イベント開催決定

ものんくる自主企画第二弾、tofubeatsとの2マン・イベント開催決定

8月29日に渋谷WWWにて開催された、ものんくる初の自主企画イベント"モン・ジャポニスモ”にて、自主企画第二弾が発表された。 第二弾は11月27日渋谷WWWにてtofubeatsとのツーマンイベント。 前作RELOADING CITYでは、tofubea

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

5月31日から6月2日にかけて愛知・蒲郡ラグーナビーチとラグナシアで開催された野外イベント〈森、道、市場 2019〉。 同フェスでのライヴ映像が、スペースシャワーTVのアーカイブサイトDAXと、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeアカウ

tofubeats、『うんこミュージアム TOKYO』の公式テーマソング「生きる・愛する・うんこする」楽曲提供

tofubeats、『うんこミュージアム TOKYO』の公式テーマソング「生きる・愛する・うんこする」楽曲提供

昨年オリジナル・アルバム『RUN』を発売、客演アーティストをいれず、セルフメイドとなった最新作は、トラックメーカーとしてのみならず、シンガー・ソングライターとしての彼の魅力に溢れるテン年代J-POPのマスターピースの呼び声も高いアルバムと評価され、確実に

京都メトロ@「HOMESICK 43」 にテイ・トウワ、tofubeats、okadadaら出演

京都メトロ@「HOMESICK 43」 にテイ・トウワ、tofubeats、okadadaら出演

世代もジャンルも越えて音楽をアップデートし続けるイノベーター達が競演する大人気イベント「HOMESICK」。 第43回目となる今回の出演者に、ソロデビュー25周年を迎え、日本の音楽/アートの最前線に立ち続ける第一人者TOWA TEI、その名を目にしない日

View More News Collapse
向井太一、満員の恵比寿LIQUID ROOMにて自身最大キャパとなる全国6会場ワンマンツアー開催を発表

向井太一、満員の恵比寿LIQUID ROOMにて自身最大キャパとなる全国6会場ワンマンツアー開催を発表

7月4日(木)、恵比寿LIQUID ROOMにて向井太一の対バンツアー東京公演が行われ、ライヴ終了時には自身最大規模となる全国ワンマンツアーの開催が発表された。 東京、大阪、福岡の3会場にて各公演ゲストを迎える形で現在開催中の対バンツアー"BDP TOU

向井太一、6月19日配信のEP『27』より「I Like It」の先行配信開始&MV公開

向井太一、6月19日配信のEP『27』より「I Like It」の先行配信開始&MV公開

リアルな歌詞の世界観でオントレンドなサウンドを創出し、ファッションやアート等も キュレーションして日本のみならずアジア等ワールドワイドに活動するシンガーソングライター、向井太一。 そんな向井が、6月19日(水)配信のEP『27』から「I Like It」

tofubeats、配信シングル「Keep on Lovin' You」MV公開

tofubeats、配信シングル「Keep on Lovin' You」MV公開

2019年の活動第一弾として、竹内まりや「Plastic Love」のカバー曲をリリースするなど、アーティストとして進化を遂げるtofubeats。 本日、サントリー食品「サントリー天然水」ランドより"初の緑茶"として発売されている『サントリー天然水 G

向井太一が6月19日に配信限定EP『27』をリリース、さらに7月から開催される対バンツアーのゲストを発表

向井太一が6月19日に配信限定EP『27』をリリース、さらに7月から開催される対バンツアーのゲストを発表

リアルな歌詞の世界観でオントレンドなサウンドを創出し、ファッションやアート等も キュレーションして日本のみならずアジア等ワールドワイドに活動するシンガーソングライター向井太一が、3rd EPを配信リリースする。 EPのタイトル『27』はデビュー作である『

tofubeatsが新曲「WHAT IS YOUNG?」を楽曲提供、『ヤングジャンプ』創刊40周年記念スペシャルムービーが公開

tofubeatsが新曲「WHAT IS YOUNG?」を楽曲提供、『ヤングジャンプ』創刊40周年記念スペシャルムービーが公開

昨年10月にオリジナル・アルバム『RUN』を発売、客演アーティストをいれず自身のセルフメイドとなった最新作は、トラックメーカーとしてのみならず、シンガー・ソングライターとしての彼の魅力に溢れる、テン年代J-POPのマスターピースの呼び声も高いアルバムと評

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催される、今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉。 その第3弾アーティストと前夜祭、アフターパーティー出演アーティストが発表された。 第3弾アーティストは以下の14組。 amiin

tofubeats、5月24日リリースのデジタル・シングル「Keep on Lovin' You」のジャケットが公開

tofubeats、5月24日リリースのデジタル・シングル「Keep on Lovin' You」のジャケットが公開

昨年10月にオリジナル・アルバム『RUN』を発売、客演アーティストをいれず自身のセルフメイドとなった最新作は、トラックメーカーとしてのみならず、シンガー・ソングライターとしての彼の魅力に溢れる、テン年代J-POPのマスターピースの呼び声も高いアルバムと評

U-zhaan&坂本龍一による「energy flow」の更なる解釈はラップ版、「エナジー風呂」が本日、よい風呂の日に配信限定リリース

U-zhaan&坂本龍一による「energy flow」の更なる解釈はラップ版、「エナジー風呂」が本日、よい風呂の日に配信限定リリース

昨年秋「energy flow」の新解釈「energy flow - rework」を発表したU-zhaan&坂本龍一。 今作はその「energy flow - rework」をベースに、環ROYと鎮座DOPENESSのラップを加えた、更なる新バージョン

土岐麻子、リミックス・アルバム『TOKI CHIC REMIX』のリリースが決定

土岐麻子、リミックス・アルバム『TOKI CHIC REMIX』のリリースが決定

土岐麻子としては、2007年にリリースした『TOKI ASAKO REMIXIES WEEKENDSHUFFLE』以来、約12年ぶりであり、ソロ・メジャーデビュー後初となるリミックス・アルバム『TOKI CHIC REMIX』を6月26日(水)にリリース

5組のアーティストが「徒然草」を再解釈し楽曲を制作する「徒然なるトリビュート」 第一弾はフジファブリックが担当

5組のアーティストが「徒然草」を再解釈し楽曲を制作する「徒然なるトリビュート」 第一弾はフジファブリックが担当

「サントリー天然水」ブランドより“初の緑茶”として4月16日に発売された「サントリー天然水 GREEN TEA」のプロモーション企画として、ありのまま独自のスタイルを貫く5組のアーティストとコラボレーション。 その第1弾アーティストにフジファブリックが選

大比良瑞希、ディストーション・ギターのリフが新境地へと誘う新曲「SAIHATE」をデジタル・リリース

大比良瑞希、ディストーション・ギターのリフが新境地へと誘う新曲「SAIHATE」をデジタル・リリース

透明感を感じさせながらも情熱的、一度聴いたら忘れられない個性的な歌声を持ち、高感度な音楽リスナーを魅了するシンガーソングライター・大比良瑞希が、2月にリリースした「ミントアイス」に続くオリジナル楽曲「SAIHATE」(サイハテ)を本日4月3日にデジタル・

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノが1年ぶりとなる全国流通作品にして、初の両A面シングル『愛のままを/セゾン』を4月17日に、CD、7インチ、配信の3形態で発売する。 CDは2枚組仕様となっており、DISC1には「愛のままを」と「セゾン」の新曲2曲を収録し、DISC2にはライ

tofubeats、世界の映画ファンが切望した「寝ても覚めても」オリジナル・サウンドトラック発売決定

tofubeats、世界の映画ファンが切望した「寝ても覚めても」オリジナル・サウンドトラック発売決定

昨年10月にオリジナル・アルバム『RUN』を発売、客演アーティストをいれず自身のセルフ・メイドとなった最新アルバムは、トラックメーカーとしてのみならず、シンガー・ソングライターとしての彼の魅力に溢れる、テン年代J-POPのマスターピースの呼び声も高いアル

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSが初となる大阪単独公演が決定

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSが初となる大阪単独公演が決定

ラッパーとタブラ奏者による音楽グループ、U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS。 そんな彼らの初となる大阪単独公演を、3月31日(日)CLUB CIRCUSにて開催されることが発表された。 完売必至の大阪公演のチケットは2月5日(火)より発売開始

tofubeats、竹内まりやの名曲「Plastic Love」をカバー 1月23日より配信開始

tofubeats、竹内まりやの名曲「Plastic Love」をカバー 1月23日より配信開始

tofubeatsが2019年の活動第一弾として、竹内まりや「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」のカバー曲を1月23日より配信する。 「Plastic Love」は竹内まりやの1984年発売のアルバム『Variety』に収録された作品。

tofubeatsのニュー・アルバム『RUN』リリース・パーティーの京都公演が来年2月10日METROにて決定

tofubeatsのニュー・アルバム『RUN』リリース・パーティーの京都公演が来年2月10日METROにて決定

東京&大阪でのニュー・アルバム『RUN』のリリース・パーティーが瞬殺で即完売となり、各方面で凄まじい反響を呼んでいるtofubeats。 盟友"HOMESICK"チームとの強力タッグで、来年2月10日METROにて開催される京都篇は、時代のトップ・ランナ

土岐麻子の楽曲をtofubeatsとWONKがリミックスした配信曲がリリース

土岐麻子の楽曲をtofubeatsとWONKがリミックスした配信曲がリリース

土岐麻子によるオリジナルアルバム『PINK』(2017/1/25)と、最新オリジナルアルバム『SAFARI』(2018/5/30)から、tofubeatsとWONKがリミックスを手掛けた楽曲が本日より配信スタートとなった。 『PINK』からは表題曲「PI

向井太一、11月28日発売の2nd アルバム『PURE』収録楽曲「Answer」にKREVAの客演参加が決定

向井太一、11月28日発売の2nd アルバム『PURE』収録楽曲「Answer」にKREVAの客演参加が決定

大注目のシンガーソングライター、向井太一の11月28日に発売される2ndアルバム『PURE』は、 純粋で嘘偽りのないアーティストとしての生き方を例えたタイトルになっており、歌詞も全て向井 本人が感じたことを素直に表現している。 以前テレビ番組『関ジャム』

Collapse

Articles

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

インタヴュー

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作ドラマ、そして映画の主題歌となった先行シングル「ふめつのこころ」、そして「RIVER」を経て、tofubeatsが約1年4ヶ月ぶりとなる4thアルバム『…

OTOTOY AWARD 2013!! 今年のBEST10 & 「2014年はどうなる? 座談会」!!

インタヴュー

OTOTOY AWARD 2013!! 今年のBEST10 & 「2014年はどうなる? 座談会」!!

OTOTOYで2013年に発売されたアルバムの中から最も良かったと思う10枚を選出(OTOTOY独占音源以外)。2012年までは、お客さんの投票制であったり、ライターやインターン等多くの関係者を巻き込みグランプリを決定していたのですが、OTOTOY AWA…

tofubeats待望の1stアルバムをリリース!

インタヴュー

tofubeats待望の1stアルバムをリリース!

INTERVIEW : tofubeatsマルチネ・レコードをはじめとする多くのインターネット媒体からリリースを重ねてきたトラックメイカー、tofubeats、そんな彼がついに自主制作の1stアルバム『lost decade』リリースした。“人に聴いてもら…

PROGRESSIVE FOrMから、Geskia!の新作アルバムを先行配信&記念鼎談! Geskia!×buna×lenoが登場!

レヴュー

PROGRESSIVE FOrMから、Geskia!の新作アルバムを先行配信&記念鼎談! Geskia!×buna×lenoが登場!

2008年のデビュー作『Silent 77』、術ノ穴からリリースされた2ndアルバム『President IDM』などを通じて、日本人離れしたサウンドを表現してきたGeskia! 。彼の6枚目のアルバムを、OTOTOYで先行配信! リズム・プロダクションを…

tofubeats『水星』高音質音源で配信開始!

レヴュー

tofubeats『水星』高音質音源で配信開始!

1990年神戸生まれのトラック・メイカー、tofubeatsが2011年にリリースしたアナログ『水星』の配信ver.が登場。しかも、オトトイでは24bit/48kHzの高音質WAVで配信! FPMやMotownコンピなど数多くの素晴らしいリミックス・ワーク…

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA  LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

インタヴュー

埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』

OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・ハウスの店長が急に辞めてしまって非常に困っていると言う旨の連絡をもらう。飯田「えっ! じゃぁBLUE FORES…

Fragemnt『Narrow Cosmos 104』インタビュー

インタヴュー

Fragemnt『Narrow Cosmos 104』インタビュー

埼玉県さいたま市に位置する日本有数のターミナル、大宮駅。Fragmentのkussyが連れて行ってくれたのは、そこから10分ほど歩いた場所にあるmore recordsだった。2011年9月にオープンしたばかりのレコード店だ。「せっかくだから紹介したかった…

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

インタヴュー

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragmentがリミックスしたゆーきゃんの楽曲をフリー・ダウンロード一筋縄ではいかないMCやトラック・メーカー、バンドを送り出し、常に注目を集め続けるレーベル術ノ穴。その主催者であるFragmentが新作『鋭ku尖ル』をリリースし、10月には京都のシンガ…

環ROY『あっちとこっち』インタビュー

インタヴュー

環ROY『あっちとこっち』インタビュー

環ROYが新作『あっちとこっち』を発表した。今までありとあらゆるトラックに独自のライミングを乗せ、ヒップ・ホップを表現してきた環ROY。彼のラップは煙たくもなければ、イリーガルでもない。けれども日本語ラップの概念を軽く飛び越え、より多くの人に届ける環ROY…

術ノ穴コンピレーション第2弾『HELLO!!! Vol.2』&空也MC『東京哀歌‐トウキョウエレジイ‐』

コラム

術ノ穴コンピレーション第2弾『HELLO!!! Vol.2』&空也MC『東京哀歌‐トウキョウエレジイ‐』

「術ノ穴」とは一体どんな集まりだろうか?本コンピレーション・アルバム『HELLO Vol.2』は、日本屈指のビート・マスターであり、アンダーグランドを支えるFragmentに、ゆかりのあるアーティスト・コンピレーションとして括ってしまって良いのだろうか? …

緊急レポート DOMMUNEはすごい!

コラム

緊急レポート DOMMUNEはすごい!

DOMMUNEとは?ライヴ・ストリーミングでトーク・ライヴや音楽の配信を続けるスタジオ『DOMMUNE』。このスタジオを個人で立ち上げたのは宇川直宏。現代美術家、グラフィック・デザイナー、VJなど、様々な肩書きを持ち、常に新しいことへの挑戦を忘れない。今で…

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

インタヴュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

環ROY(たまきロイ)のセカンド・アルバム『BREAK BOY』。そこにあるのは奔放な少年性と、それ故に余計なものに捕らわれず本質を見抜く知性だ。エレクトロなトラックの中を自由に跳ね回るラップ、そして、的確で時にトリッキーなリリック。そんな音楽を弾き出す彼…

View More Articles Collapse
Geskia!『Resonant DIM』 text by 西澤裕郎

レヴュー

Geskia!『Resonant DIM』 text by 西澤裕郎

英国WIRE誌など世界中のメディアから賞賛され、注目を浴びるブレイク・ビーツ・アーティスト”術の穴”のブログで、はこのようなことを書いている。「音楽には本当に嘘がつけないなってよくわかりました。」今年8月に発表された2ndアルバム『』。その素材を再構築して…

Geskia! 『President IDM』 インタビュー by 西澤裕郎

インタヴュー

Geskia! 『President IDM』 インタビュー by 西澤裕郎

Geskia! の2ndアルバム『President IDM』を聴いて、これがヒップ・ホップなのか、テクノなのか、それともブレイク・ビーツなのか判断がつかなかった。総勢10名のMCをフィーチャーした今作、確かにラップは乗っている。しかし、ビートが変則的だっ…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

2008年7月にレコミュニがリニューアルして1年。これまでに邦楽、洋楽、有名、無名、老若男女を問わず、レコミュニ・スタッフの感度抜群のアンテナに、ビビッと反応したアーティストをいち早く紹介してきました。その中から、日本最大のフェスティバルであるFUJI R…

環ROY×DJ YUI×今井智子

インタヴュー

環ROY×DJ YUI×今井智子

'''ヒップホップを新たな地平へ'''例えば「これはヒップホップでしょ」という思い込みをブチ壊して、突き刺さってくる音こそがヤバいのだ。環ROY&DJ YUIの『copydogs』は、まさにそう。イントロでJ-rapの新時代を「なんでもアリ」と宣言し、ボ…

session#10 環ROY×森本雑感(BREAKfAST)

連載

session#10 環ROY×森本雑感(BREAKfAST)

'''SESSION「環ROY× 森本雑感(BREAKfAST)」'''様々なアーティストと共演し今や新世代のラッパーの中でも大注目の環ROYと、90年代後半から日本のハードコア・シーンを音楽面と精神面で支えるだけでなく、チェコのBADMANとアメリカの6…

session#9 KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S×環ROY

連載

session#9 KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S×環ROY

'''SESSION「KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S × 環ROY」'''いわゆるアンダーグラウンドといわれるヒップ・ホップがダントツに面白い。アイドルからロック・バンドまでが、ラップのファッション性やスタイルのみを拝借するほどヒッ…

Collapse