カナダ・トロント在住の中国系カナダ人、ショウハン・リームによるソロ・ユニット、I Am Robot And Proud。エレクトロニックとオーガニックを融合させた、多幸感溢れるサウンドで人気を博す彼の、5年ぶりのニュー・アルバム『touch/tone』。敬愛する故レイハラカミへの、彼なりのトリビュート作であるタイトル・トラックを含めた全12曲(うち2曲は日本版ボーナス・トラック)が、日本先行でリリース!! 長い空白期間を経て届けられた彼の新たな作品に、ぜひそっと耳を傾けてほしい。

I Am Robot And Proud『touch/tone』
【配信価格】
mp3 : 単曲 150円 / アルバム購入 1,500円
WAV : 単曲 200円 / アルバム購入 1,500円

【Track List】
01. Kresna / 02. Touch/Tone / 03. Mono The Planet / 04. Circles / 05. Nothing Normal Sounds Good / 06. Unfinished Buildings / 07. Ketok Magic / 08. Summer Colour / 09. Thunder Road / 10. Slow Reaction / 11. Another Nature / 12. XT/AT

長い空白期間のなかで遂げた、リームの意識刷新

ポップなエレクトロニカによって世界観を確立し、ここ日本でも2006年の初来日、2008年発表の5作目アルバム『Uphill City』によるアルバム・デビューにて鮮烈な印象を残したI Am Robot And Proud。トクマルシューゴオオルタイチなどの楽曲リミキサーとして参加したり、東京や大阪を中心に大々的なツアーを行ったりと国内でもアクティヴな動きを見せた彼だが、2011年の来日以降、音沙汰のない状態が続いていた。それからおおよそ2年の歳月を経た2013年晩夏、新作『touch / tone』と東京・関西のライヴ・ツアーを引っさげ、ついにショウハン・リームが帰ってくる。完全な新作としては5年ぶり(途中2010年にリミックス盤を1枚発表)のアルバムでは、果たしてどのような変化を遂げたのか。

前作『uphill city』ではベルやトイピアノ風のシンセ、さらにはセガのクラシカルなゲーム機、メガドライブや16BIT世代PCの出力音楽を彷彿とさせる、まろみ豊かなチップ・チューンが特徴的だった。この色合いは『uphill~』以前のアルバムでも見られた点で、リームの十八番といっても過言ではないほど。前作ではそのアプローチがさらに幅の広がりをみせ、円熟期を迎えた貫禄すら感じられるほどであった。

新作である『touch / tone』では、16BITの柔らかな音触りはそのままに、テンプル・アジアンな音の引用(木琴・鉄琴テイストの打ち込み)やフルート風シンセが大幅に追加。チップ・チューンを土台にしつつも楽器の生音を前面に押し出し、自然音の要素が強調されるようになった。そのため以前までの打ち込みをメインに据えたエレクトロ・ミュージックから大きな変化を見せ、民族音楽や管・打楽器を中心とした組み立てへの移行が感じられる。またうねるメカニカル・ベース・ラインやリード・ギター調のメロディ・ラインが大々的に登場する楽曲も増え、ソロ・ワークスながらバンド・スタイルに寄った変動も見逃せない。全体としてミニマルな曲展開が増えたことで疾走感が生まれ、この点もよりバンド・テイストを強めた要素といえるだろう。都会的なスマートさを想起させながらも、電子音オンリーで詰め込みすぎない・作り込みすぎない手作り感によって優しさを生みだし、転向と踏襲のバランスのとれた意欲作となった。これまでのやわらかなタッチはもちろんのこと、各パートの洗練された結合を味わう楽しみ方も含まれ、その分ではリスナー側の選択肢も広がったと解釈出来るだろう。長い空白期間のなかで遂げた、リームの意識刷新を見届けるチャンスを、お忘れなく。(text by高橋拓也)

過去タイトル

I Am Robot And Proud / uphill city

独自の温かみのあるポップなエレクトロニクス・サウンドが世界中から高く評価され、日本でも大きな評判を呼び、輸入盤店および配信にて爆発的な売上を記録する。数々のサウンド・トラックやCM音楽を制作するなかで発表された4thアルバムは初の日本盤リリースであり、現在もロング・セールスを続けている。

RECOMMEND

DJまほうつかい / All those moments will be lost in time EP

「DJまほうつかい。それは西島大介じゃない。」 ―― 蓮沼執太マンガ家の西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、蓮沼執太が主宰するポッドキャスト番組から生まれたレーベル、ウインドアンドウインドウズのリリース第二弾として、初のEP作品をリリース。
>>レヴューはこちら

Psysalia psysalis psyche / #7

約1年間かけて注目クリエイターとのコラボレーション・シングルを6作連続でリリースしてきたサイサリことPsysalia psysalis psychel。限定店舗取り扱いの連続シングルを経て、ついに待望の全国流通の2ndアルバム「#7」をリリースする。約2年間のクリエイティヴを凝縮した、彼らの集大成的なアルバム。

twoth / idly chips

スダシンイチの個人プロジェクト、Twothのデビュー作。モンド、フリー・ジャズ、テクノ、エスニック、ダブ、映画音楽、キャバレー・ミュージック、ロックなどあらゆるジャンルをミックスした独特の音楽性が話題。

LIVE INFORMATION

I am Robot and Proud「touch/tone」Japan Tour 2013
2013年9月21日(土)@名古屋 K.D JAPON
w/ オオルタイチ
2013年9月23日(月・祝)@大阪 CONPASS
w/ オオルタイチ
2013年9月24日(火)@京都 Metro
w/ tickles、neue nahel
2013年9月26日(木)@渋谷 O-nest
w/ d.v.d、オオルタイチ

PROFILE

I Am Robot And Proud

カナダ・トロント生まれであり現在も在住している、中国系カナダ人のショウハン・リームのソロ・ユニット。

トロント王立音楽院で10年間クラシック・ピアノを学んだ後、コンピューター・サイエンス科の学位を取得。2000年から手塚治虫『鉄腕アトム』にちなんだIARAP名義にて音楽活動を開始。2006年に発表したペンギンジャケで知られる3rdアルバム『the electricity in your house wants to sing』は日本でも大反響を呼び、Tower RecordsのNew Ageチャート、iTunesのElectronic Musicチャートで一位を獲得。続いて初の日本盤リリースとなった2008年の4thアルバム『uphill city』も大ヒット、現在までロングセールスを続けている。

>>I Am Robot And Proud Official HP

この記事の筆者
高橋 拓也 (もり)

泡沫大学生。ナゴム好きをこじらせ、現在80's NEW WAVE(おもにドイツ周辺)を掘削視聴中。

KANADe、京都にインスパイアされた初音源をハイレゾ配信

KANADe、京都にインスパイアされた初音源をハイレゾ配信

玉手初美『狂(SINGLE VER.)』OTOTOY独占配信スタート!!

玉手初美『狂(SINGLE VER.)』OTOTOY独占配信スタート!!

Yuta INOUE、初のソロ作品『Homemade Dust Collector』をハイレゾで配信

Yuta INOUE、初のソロ作品『Homemade Dust Collector』をハイレゾで配信

Pixies、23年ぶりとなるニュー・アルバムをリリース

Pixies、23年ぶりとなるニュー・アルバムをリリース

Negicco、矢野博康プロデュースの5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ配信!!

Negicco、矢野博康プロデュースの5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ配信!!

非常階段の美川俊治、T.美川名義でのソロ・アルバムをリリース!

非常階段の美川俊治、T.美川名義でのソロ・アルバムをリリース!

ゆうなり、1ndアルバムを先行配信&1曲フリー・ダウンロード

ゆうなり、1ndアルバムを先行配信&1曲フリー・ダウンロード

ピアノ・ポップ・トリオ、被写体Xのファースト・ミニ・アルバム

ピアノ・ポップ・トリオ、被写体Xのファースト・ミニ・アルバム

TOP