AFRA × 滞空時間 × KEN ISHIIが交わる祝祭——声、ガムラン、電子音が渦巻くトランス空間を"最高音質"で!!

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII

サウンド & レコーディング・マガジン主催のDSD一発録り企画「Premium Studio Live」、その第8弾となる『sukuh-psy 祝祭』が配信開始。ガムランをはじめ様々な楽器を操るユニット滞空時間、そして日本を代表するヒューマン・ビートボクサーのAFRA、さらにはスペシャル・ゲストとして"テクノ・ゴッド"ことKEN ISHIIが参加し、タイトル通りの祝祭空間を作り上げた。西洋と東洋、伝統と革新、アコースティックとエレクトロニックを自由に行き来する異色のトランス空間を、DSD & ハイレゾでリアルに追体験してほしい。飯田仁一郎(OTOTOY編集長)のコメント、そして作品のレヴューとともに、プリミティヴで生命力に満ちたこの祝祭に身を投じよ!!


ガムラン meets ヒューマン・ビートボックス & "テクノ・ゴッド"
生命力に満ちた異色のトランス空間を"最高音質"で

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII / sukuh-psy 祝祭

【配信形態】
[左] DSD(1bit/5.6MHz) + mp3
[右] ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
※DSDの聴き方
※ハイレゾとは?

【価格】
2,000円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. BENAYA BENAYA
02. WECHIKEPE
03. 夜這唄
04. WALAK ELELE
05. AWE
06. APPA ULEH ULEH

Planning & PA 金森祥之(OASIS)
Recording Engineer 昆布佳久(OASIS)
Recorded by TASCAM DA-3000(×6)
Recorded at Spiral Hall



現場に立ち会ったOTOTOY編集長、飯田仁一郎のコメント

『sukuh-psy 祝祭』のDSDヴァージョン(5.6MHz)を聴いた。誤解を恐れずに言うと、音源の方が良い(笑)。Spiral Hallで行われたこの日のセッション、もちろんAFRA、滞空時間、KEN ISHIIという凄腕ミュージシャンが集ったのだから、LIVE的な臨場感が素晴らしいのは言うまでもないが、半円に囲むような形で客席が創られていたため、"音"という意味では、筆者の場所はちょっと残念だった。実際、KEN ISHIIが何をしているかは、会場ではよくわからなかった。けれども、この音源...。全員がリズムを刻み、全員が各々の楽器で暴れ歌う! そんな混沌とした祝祭空間=祝祭のグルーヴが見事に表現されているのは、何よりも音がクリアだからだ。ここまで良い音で各楽器が録れているのは、プランニングを担当した金森祥之、レコーディング・エンジニアの昆布佳久、TASCAM DA-3000、そして各ミュージシャンの実力の賜物なのだろう。そして、この音をイメージしていたSound & Recording Magazineのプロデューサー、國崎晋はただものではない。(text by 飯田仁一郎)

人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音

どこかで聴いたことがあるようで、一度も聴いたことのない音楽。時間軸や国境、伝統を飛び越えて奏でられた、AFRAと滞空時間、そしてKEN ISHIIによる特別な一夜をパッケージングしたこの音源。滞空時間の奏でるガムラン音楽、すなわち民族音楽やワールド・ミュージック的な要素だけを想像していると、それはあっという間に覆されるだろう。

AFRA

1曲目の「BENEYA BENAYA」の冒頭こそガムランの音から始まるが、しばらくするとぶっといベース・ラインと、AFRAの性急なビートボックスが聴こえてくる。そこに滞空時間のヴォーカル陣が歌う何語とも分からぬ歌声が加わると、いつの間にかグルーヴの沼へ。2曲目の「WECHIKEPE」は、1曲目で生まれた勢いとグルーヴを更に上へと押し上げていくガムランの連打が印象的。3曲目の「夜這唄」はテンポを落とし、静かに世界観を作り上げていくが、7分を過ぎたあたりからにAFRAのビートボックスとヴォーカル陣のヴォイス・セッションへと発展していく様がとてもスリリングだ。

川村亘平斎(滞空時間)

4曲目「WALAK ELELE」を挟み、いよいよここからKEN ISHIIの登場。12分近くにも及ぶ大曲「AWE」は、不穏なシンセ・ベースの音にじわじわとガムランの音が絡み付き、そこにAFRAのビートボックスが乗っていく。大爆発こそないものの、この淡々と進む音が何とも言えないトリップ感を醸し出す。そしてラスト「APPA ULEH ULEH」。前の曲ではお休みしていたヴォーカル陣も加わり大団円へ。最も原始的な楽器である"声"と、古来から用いられてきたガムラン、そして電子楽器と人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音は、"祝祭"の結末にふさわしい。

KEN ISHII

まだまだ続きそうなところでフッと終わってしまうあたりが、実際の祭りの幕切れのようである。でもこの祭りはいつでも再現できる祭りだ。どこでもないような、でもどこかにあるようなそんなところに行きたくなったとき、これを再生してほしい。(text by 高木理太)

All Photos by Yukitaka Amemiya

RECOMMEND

滞空時間 / RAINICHI 来日

バリ島の伝統的な青銅打楽器、ガムラン。滞空時間は、この楽器を中心にさまざまな音楽のエッセンスを取り込み、単なる伝統音楽の再演に留まらず、それ以上のモダンな響きのポップ・ミュージックを作り出している音楽集団だ。そんな彼らが東南アジア・ツアーを経て完成させた2ndアルバムをOTOTOY独占配信中!!

>>特集ページはこちら

OOIOO / GAMEL

これまでにOOIOOが培ってきた独自の強烈な「訛り」を100%継承しつつ、新たに古の伝統楽器「ガムラン」を全面にフィーチャーした、前作までとは一線を画す新たな次元の音楽。いわゆるロック・バンド的なアンサンブルでは決して生み出すことができない複雑なテクスチャーと、ガムランの豊かな倍音成分がもたらす不思議な浮遊感を堪能あれ。滞空時間の川村亘平斎も参加。

Flare a.k.a. Ken Ishii / DOTS

音楽で世界を旅しつづけるKEN ISHIIが綴る、ときに詩情的で自由なマインドが散りばめられたエレクトロニックなサウンド・スケッチ。その自由なマインドが惜しげもなく発揮されたこのアルバムは、彼ならではのイマジネーションが至るところに散りばめられている。

Sound & Recording Label

PROFILE

AFRA
2004年、FUJI XEROX CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にNY、セントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリー・フィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年、日本人初のヒューマン・ビートボックス・アルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。2004年、プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。2005年以降、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライヴを収録した映像作品「World Tour」をリリース。2009年10月、楽器を使わず身体から出る音のみで作られた3rd Album「Heart Beat」をリリース。2012年、曽我部恵一とのコンビで名曲群をカヴァーした「listen 2 my heart beat」をリリース。スペイン「SONAR 2005、2006」、オーストラリア「BIG DAY OUT 2006」、ノルウェー「numusic2006」ほか世界各地の音楽フェスティバルに出演し、FUJI XEROXのテレビCMやadidas Originals 09SSの全世界キャンペーンCMなどにも出演している。
>>AFRA Official HP

滞空時間
インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロ・ユニット。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。2012年インドネシア / マレーシア2カ国ツアーを成功させ、2013年に2nd album『RAINICHI 来日』を発表。「架空の南の島で行われたお祭りの一夜」をコンセプトに作られた今作は、小山田圭吾(cornelius)、木津茂理(民謡歌手)など豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。また、鎌倉宮薪能では細野晴臣らと共演し絶賛される。ライヴ・ゲストに、小山田圭吾(cornelius)、オオルタイチ、木津茂理、AFRAを呼ぶなど、常に変化し続ける彼らのお祭り騒ぎから、ますます目が離せない。西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!
>>滞空時間 Official HP

KEN ISHII
’93年、ベルギーのテクノ・レーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノ・チャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム『Jelly Tones』(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には、『Jelly Tones』からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督 / 森本晃司監督作品)が、イギリスの“MTV Dance Video Of The Year”を受賞。日本人として世界に通用する音作りができるパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得ている。’98年、長野オリンピック・オフィシャル・テーマのインターナショナル版を作曲、世界70カ国以上で常時オンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙&巻頭インタヴューを飾る。同年、織田裕二主演の映画「WHITEOUT」の音楽を制作。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごし、まさにインターナショナルなアーティストとして活躍している。’04年スペイン・イビサ島で行われているダンス・ミュージック界最高峰の「DJ Awards」で“Best Techno DJ”を受賞、名実共に世界一を獲得。また、愛・地球博で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。今や彼の才能は全世界に知れ渡り、留まることを知らない。’06年11月にはアルバム『SUNRISER』をリリース。ダンス・フロアで機能することを追求した別プロジェクト、FLRでのリリース(REEL MUSIQ)も重ねている。
>>KEN ISHII Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、自身のトラックメイク、ラップを中心に、5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat. 鋼田テフロン02. ELA03. EXP feat. KID FRESINO04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU05.
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事