AFRA × 滞空時間 × KEN ISHIIが交わる祝祭——声、ガムラン、電子音が渦巻くトランス空間を"最高音質"で!!

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII

サウンド & レコーディング・マガジン主催のDSD一発録り企画「Premium Studio Live」、その第8弾となる『sukuh-psy 祝祭』が配信開始。ガムランをはじめ様々な楽器を操るユニット滞空時間、そして日本を代表するヒューマン・ビートボクサーのAFRA、さらにはスペシャル・ゲストとして"テクノ・ゴッド"ことKEN ISHIIが参加し、タイトル通りの祝祭空間を作り上げた。西洋と東洋、伝統と革新、アコースティックとエレクトロニックを自由に行き来する異色のトランス空間を、DSD & ハイレゾでリアルに追体験してほしい。飯田仁一郎(OTOTOY編集長)のコメント、そして作品のレヴューとともに、プリミティヴで生命力に満ちたこの祝祭に身を投じよ!!


ガムラン meets ヒューマン・ビートボックス & "テクノ・ゴッド"
生命力に満ちた異色のトランス空間を"最高音質"で

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII / sukuh-psy 祝祭

【配信形態】
[左] DSD(1bit/5.6MHz) + mp3
[右] ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
※DSDの聴き方
※ハイレゾとは?

【価格】
2,000円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. BENAYA BENAYA
02. WECHIKEPE
03. 夜這唄
04. WALAK ELELE
05. AWE
06. APPA ULEH ULEH

Planning & PA 金森祥之(OASIS)
Recording Engineer 昆布佳久(OASIS)
Recorded by TASCAM DA-3000(×6)
Recorded at Spiral Hall



現場に立ち会ったOTOTOY編集長、飯田仁一郎のコメント

『sukuh-psy 祝祭』のDSDヴァージョン(5.6MHz)を聴いた。誤解を恐れずに言うと、音源の方が良い(笑)。Spiral Hallで行われたこの日のセッション、もちろんAFRA、滞空時間、KEN ISHIIという凄腕ミュージシャンが集ったのだから、LIVE的な臨場感が素晴らしいのは言うまでもないが、半円に囲むような形で客席が創られていたため、"音"という意味では、筆者の場所はちょっと残念だった。実際、KEN ISHIIが何をしているかは、会場ではよくわからなかった。けれども、この音源...。全員がリズムを刻み、全員が各々の楽器で暴れ歌う! そんな混沌とした祝祭空間=祝祭のグルーヴが見事に表現されているのは、何よりも音がクリアだからだ。ここまで良い音で各楽器が録れているのは、プランニングを担当した金森祥之、レコーディング・エンジニアの昆布佳久、TASCAM DA-3000、そして各ミュージシャンの実力の賜物なのだろう。そして、この音をイメージしていたSound & Recording Magazineのプロデューサー、國崎晋はただものではない。(text by 飯田仁一郎)

人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音

どこかで聴いたことがあるようで、一度も聴いたことのない音楽。時間軸や国境、伝統を飛び越えて奏でられた、AFRAと滞空時間、そしてKEN ISHIIによる特別な一夜をパッケージングしたこの音源。滞空時間の奏でるガムラン音楽、すなわち民族音楽やワールド・ミュージック的な要素だけを想像していると、それはあっという間に覆されるだろう。

AFRA

1曲目の「BENEYA BENAYA」の冒頭こそガムランの音から始まるが、しばらくするとぶっといベース・ラインと、AFRAの性急なビートボックスが聴こえてくる。そこに滞空時間のヴォーカル陣が歌う何語とも分からぬ歌声が加わると、いつの間にかグルーヴの沼へ。2曲目の「WECHIKEPE」は、1曲目で生まれた勢いとグルーヴを更に上へと押し上げていくガムランの連打が印象的。3曲目の「夜這唄」はテンポを落とし、静かに世界観を作り上げていくが、7分を過ぎたあたりからにAFRAのビートボックスとヴォーカル陣のヴォイス・セッションへと発展していく様がとてもスリリングだ。

川村亘平斎(滞空時間)

4曲目「WALAK ELELE」を挟み、いよいよここからKEN ISHIIの登場。12分近くにも及ぶ大曲「AWE」は、不穏なシンセ・ベースの音にじわじわとガムランの音が絡み付き、そこにAFRAのビートボックスが乗っていく。大爆発こそないものの、この淡々と進む音が何とも言えないトリップ感を醸し出す。そしてラスト「APPA ULEH ULEH」。前の曲ではお休みしていたヴォーカル陣も加わり大団円へ。最も原始的な楽器である"声"と、古来から用いられてきたガムラン、そして電子楽器と人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音は、"祝祭"の結末にふさわしい。

KEN ISHII

まだまだ続きそうなところでフッと終わってしまうあたりが、実際の祭りの幕切れのようである。でもこの祭りはいつでも再現できる祭りだ。どこでもないような、でもどこかにあるようなそんなところに行きたくなったとき、これを再生してほしい。(text by 高木理太)

All Photos by Yukitaka Amemiya

RECOMMEND

滞空時間 / RAINICHI 来日

バリ島の伝統的な青銅打楽器、ガムラン。滞空時間は、この楽器を中心にさまざまな音楽のエッセンスを取り込み、単なる伝統音楽の再演に留まらず、それ以上のモダンな響きのポップ・ミュージックを作り出している音楽集団だ。そんな彼らが東南アジア・ツアーを経て完成させた2ndアルバムをOTOTOY独占配信中!!

>>特集ページはこちら

OOIOO / GAMEL

これまでにOOIOOが培ってきた独自の強烈な「訛り」を100%継承しつつ、新たに古の伝統楽器「ガムラン」を全面にフィーチャーした、前作までとは一線を画す新たな次元の音楽。いわゆるロック・バンド的なアンサンブルでは決して生み出すことができない複雑なテクスチャーと、ガムランの豊かな倍音成分がもたらす不思議な浮遊感を堪能あれ。滞空時間の川村亘平斎も参加。

Flare a.k.a. Ken Ishii / DOTS

音楽で世界を旅しつづけるKEN ISHIIが綴る、ときに詩情的で自由なマインドが散りばめられたエレクトロニックなサウンド・スケッチ。その自由なマインドが惜しげもなく発揮されたこのアルバムは、彼ならではのイマジネーションが至るところに散りばめられている。

Sound & Recording Label

PROFILE

AFRA
2004年、FUJI XEROX CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にNY、セントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリー・フィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年、日本人初のヒューマン・ビートボックス・アルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。2004年、プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。2005年以降、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライヴを収録した映像作品「World Tour」をリリース。2009年10月、楽器を使わず身体から出る音のみで作られた3rd Album「Heart Beat」をリリース。2012年、曽我部恵一とのコンビで名曲群をカヴァーした「listen 2 my heart beat」をリリース。スペイン「SONAR 2005、2006」、オーストラリア「BIG DAY OUT 2006」、ノルウェー「numusic2006」ほか世界各地の音楽フェスティバルに出演し、FUJI XEROXのテレビCMやadidas Originals 09SSの全世界キャンペーンCMなどにも出演している。
>>AFRA Official HP

滞空時間
インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロ・ユニット。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。2012年インドネシア / マレーシア2カ国ツアーを成功させ、2013年に2nd album『RAINICHI 来日』を発表。「架空の南の島で行われたお祭りの一夜」をコンセプトに作られた今作は、小山田圭吾(cornelius)、木津茂理(民謡歌手)など豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。また、鎌倉宮薪能では細野晴臣らと共演し絶賛される。ライヴ・ゲストに、小山田圭吾(cornelius)、オオルタイチ、木津茂理、AFRAを呼ぶなど、常に変化し続ける彼らのお祭り騒ぎから、ますます目が離せない。西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!
>>滞空時間 Official HP

KEN ISHII
’93年、ベルギーのテクノ・レーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノ・チャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム『Jelly Tones』(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には、『Jelly Tones』からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督 / 森本晃司監督作品)が、イギリスの“MTV Dance Video Of The Year”を受賞。日本人として世界に通用する音作りができるパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得ている。’98年、長野オリンピック・オフィシャル・テーマのインターナショナル版を作曲、世界70カ国以上で常時オンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙&巻頭インタヴューを飾る。同年、織田裕二主演の映画「WHITEOUT」の音楽を制作。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごし、まさにインターナショナルなアーティストとして活躍している。’04年スペイン・イビサ島で行われているダンス・ミュージック界最高峰の「DJ Awards」で“Best Techno DJ”を受賞、名実共に世界一を獲得。また、愛・地球博で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。今や彼の才能は全世界に知れ渡り、留まることを知らない。’06年11月にはアルバム『SUNRISER』をリリース。ダンス・フロアで機能することを追求した別プロジェクト、FLRでのリリース(REEL MUSIQ)も重ねている。
>>KEN ISHII Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事