AFRA × 滞空時間 × KEN ISHIIが交わる祝祭——声、ガムラン、電子音が渦巻くトランス空間を"最高音質"で!!

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII

サウンド & レコーディング・マガジン主催のDSD一発録り企画「Premium Studio Live」、その第8弾となる『sukuh-psy 祝祭』が配信開始。ガムランをはじめ様々な楽器を操るユニット滞空時間、そして日本を代表するヒューマン・ビートボクサーのAFRA、さらにはスペシャル・ゲストとして"テクノ・ゴッド"ことKEN ISHIIが参加し、タイトル通りの祝祭空間を作り上げた。西洋と東洋、伝統と革新、アコースティックとエレクトロニックを自由に行き来する異色のトランス空間を、DSD & ハイレゾでリアルに追体験してほしい。飯田仁一郎(OTOTOY編集長)のコメント、そして作品のレヴューとともに、プリミティヴで生命力に満ちたこの祝祭に身を投じよ!!


ガムラン meets ヒューマン・ビートボックス & "テクノ・ゴッド"
生命力に満ちた異色のトランス空間を"最高音質"で

AFRA+滞空時間 with KEN ISHII / sukuh-psy 祝祭

【配信形態】
[左] DSD(1bit/5.6MHz) + mp3
[右] ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
※DSDの聴き方
※ハイレゾとは?

【価格】
2,000円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. BENAYA BENAYA
02. WECHIKEPE
03. 夜這唄
04. WALAK ELELE
05. AWE
06. APPA ULEH ULEH

Planning & PA 金森祥之(OASIS)
Recording Engineer 昆布佳久(OASIS)
Recorded by TASCAM DA-3000(×6)
Recorded at Spiral Hall



現場に立ち会ったOTOTOY編集長、飯田仁一郎のコメント

『sukuh-psy 祝祭』のDSDヴァージョン(5.6MHz)を聴いた。誤解を恐れずに言うと、音源の方が良い(笑)。Spiral Hallで行われたこの日のセッション、もちろんAFRA、滞空時間、KEN ISHIIという凄腕ミュージシャンが集ったのだから、LIVE的な臨場感が素晴らしいのは言うまでもないが、半円に囲むような形で客席が創られていたため、"音"という意味では、筆者の場所はちょっと残念だった。実際、KEN ISHIIが何をしているかは、会場ではよくわからなかった。けれども、この音源...。全員がリズムを刻み、全員が各々の楽器で暴れ歌う! そんな混沌とした祝祭空間=祝祭のグルーヴが見事に表現されているのは、何よりも音がクリアだからだ。ここまで良い音で各楽器が録れているのは、プランニングを担当した金森祥之、レコーディング・エンジニアの昆布佳久、TASCAM DA-3000、そして各ミュージシャンの実力の賜物なのだろう。そして、この音をイメージしていたSound & Recording Magazineのプロデューサー、國崎晋はただものではない。(text by 飯田仁一郎)

人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音

どこかで聴いたことがあるようで、一度も聴いたことのない音楽。時間軸や国境、伝統を飛び越えて奏でられた、AFRAと滞空時間、そしてKEN ISHIIによる特別な一夜をパッケージングしたこの音源。滞空時間の奏でるガムラン音楽、すなわち民族音楽やワールド・ミュージック的な要素だけを想像していると、それはあっという間に覆されるだろう。

AFRA

1曲目の「BENEYA BENAYA」の冒頭こそガムランの音から始まるが、しばらくするとぶっといベース・ラインと、AFRAの性急なビートボックスが聴こえてくる。そこに滞空時間のヴォーカル陣が歌う何語とも分からぬ歌声が加わると、いつの間にかグルーヴの沼へ。2曲目の「WECHIKEPE」は、1曲目で生まれた勢いとグルーヴを更に上へと押し上げていくガムランの連打が印象的。3曲目の「夜這唄」はテンポを落とし、静かに世界観を作り上げていくが、7分を過ぎたあたりからにAFRAのビートボックスとヴォーカル陣のヴォイス・セッションへと発展していく様がとてもスリリングだ。

川村亘平斎(滞空時間)

4曲目「WALAK ELELE」を挟み、いよいよここからKEN ISHIIの登場。12分近くにも及ぶ大曲「AWE」は、不穏なシンセ・ベースの音にじわじわとガムランの音が絡み付き、そこにAFRAのビートボックスが乗っていく。大爆発こそないものの、この淡々と進む音が何とも言えないトリップ感を醸し出す。そしてラスト「APPA ULEH ULEH」。前の曲ではお休みしていたヴォーカル陣も加わり大団円へ。最も原始的な楽器である"声"と、古来から用いられてきたガムラン、そして電子楽器と人類の音への探求心とその歴史を繋ぎ合わせるかのように鳴らされる音は、"祝祭"の結末にふさわしい。

KEN ISHII

まだまだ続きそうなところでフッと終わってしまうあたりが、実際の祭りの幕切れのようである。でもこの祭りはいつでも再現できる祭りだ。どこでもないような、でもどこかにあるようなそんなところに行きたくなったとき、これを再生してほしい。(text by 高木理太)

All Photos by Yukitaka Amemiya

RECOMMEND

滞空時間 / RAINICHI 来日

バリ島の伝統的な青銅打楽器、ガムラン。滞空時間は、この楽器を中心にさまざまな音楽のエッセンスを取り込み、単なる伝統音楽の再演に留まらず、それ以上のモダンな響きのポップ・ミュージックを作り出している音楽集団だ。そんな彼らが東南アジア・ツアーを経て完成させた2ndアルバムをOTOTOY独占配信中!!

>>特集ページはこちら

OOIOO / GAMEL

これまでにOOIOOが培ってきた独自の強烈な「訛り」を100%継承しつつ、新たに古の伝統楽器「ガムラン」を全面にフィーチャーした、前作までとは一線を画す新たな次元の音楽。いわゆるロック・バンド的なアンサンブルでは決して生み出すことができない複雑なテクスチャーと、ガムランの豊かな倍音成分がもたらす不思議な浮遊感を堪能あれ。滞空時間の川村亘平斎も参加。

Flare a.k.a. Ken Ishii / DOTS

音楽で世界を旅しつづけるKEN ISHIIが綴る、ときに詩情的で自由なマインドが散りばめられたエレクトロニックなサウンド・スケッチ。その自由なマインドが惜しげもなく発揮されたこのアルバムは、彼ならではのイマジネーションが至るところに散りばめられている。

Sound & Recording Label

PROFILE

AFRA
2004年、FUJI XEROX CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にNY、セントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリー・フィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年、日本人初のヒューマン・ビートボックス・アルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。2004年、プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。2005年以降、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライヴを収録した映像作品「World Tour」をリリース。2009年10月、楽器を使わず身体から出る音のみで作られた3rd Album「Heart Beat」をリリース。2012年、曽我部恵一とのコンビで名曲群をカヴァーした「listen 2 my heart beat」をリリース。スペイン「SONAR 2005、2006」、オーストラリア「BIG DAY OUT 2006」、ノルウェー「numusic2006」ほか世界各地の音楽フェスティバルに出演し、FUJI XEROXのテレビCMやadidas Originals 09SSの全世界キャンペーンCMなどにも出演している。
>>AFRA Official HP

滞空時間
インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロ・ユニット。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。2012年インドネシア / マレーシア2カ国ツアーを成功させ、2013年に2nd album『RAINICHI 来日』を発表。「架空の南の島で行われたお祭りの一夜」をコンセプトに作られた今作は、小山田圭吾(cornelius)、木津茂理(民謡歌手)など豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。また、鎌倉宮薪能では細野晴臣らと共演し絶賛される。ライヴ・ゲストに、小山田圭吾(cornelius)、オオルタイチ、木津茂理、AFRAを呼ぶなど、常に変化し続ける彼らのお祭り騒ぎから、ますます目が離せない。西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!
>>滞空時間 Official HP

KEN ISHII
’93年、ベルギーのテクノ・レーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノ・チャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム『Jelly Tones』(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には、『Jelly Tones』からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督 / 森本晃司監督作品)が、イギリスの“MTV Dance Video Of The Year”を受賞。日本人として世界に通用する音作りができるパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得ている。’98年、長野オリンピック・オフィシャル・テーマのインターナショナル版を作曲、世界70カ国以上で常時オンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙&巻頭インタヴューを飾る。同年、織田裕二主演の映画「WHITEOUT」の音楽を制作。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごし、まさにインターナショナルなアーティストとして活躍している。’04年スペイン・イビサ島で行われているダンス・ミュージック界最高峰の「DJ Awards」で“Best Techno DJ”を受賞、名実共に世界一を獲得。また、愛・地球博で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。今や彼の才能は全世界に知れ渡り、留まることを知らない。’06年11月にはアルバム『SUNRISER』をリリース。ダンス・フロアで機能することを追求した別プロジェクト、FLRでのリリース(REEL MUSIQ)も重ねている。
>>KEN ISHII Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開
[CLOSEUP]・2016年05月25日・明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始 『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒的なライヴ量で走り続けてきた彼らから、待望の2ndアルバムがリリースされる。アナログ12インチの『YASHINOKI HOUSE』に追加収録された「Pink Jungle House」やライヴ定番曲となっていた「お別れの歌」「Motel」、バンドがリスペクトする高田渡の「自転車にのって」カヴァーを含む全9曲。その内容は後述の岡村詩野による考察とインタヴューに任せるとして、本当に誠実で人懐こく気持ちの良いアルバムであることは強く強く推しておきます。 そのリリースも約2週間後の6月8日と迫るなか、OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始! しかもすでにライヴで披露され、ひときわの輝きを放っている「明るい未来」(ミュージックビデオも
VIDEOTAPEMUSIC『Sultry Night Slow』ハイレゾ音源OTOTOY先行リリース
[CLOSEUP]・2016年05月25日・配信限定シングル『Sultry Night Slow』リリース記念。改めてVIDEOTAPEMUSICの世界を振り返る 6月からスタートするツアー・タイトルと同名の配信限定シングル『Sultry Night Slow』をリリースしたVIDEOTAPEMUSIC(OTOTOYはハイレゾ版を他のサイトに先駆けて販売)。このシングルのリリースに合わせて、昨年リリースされたセカンド・アルバム『世界各国の夜』を振り返るとともに、『Sultry Night Slow』がどんな作品なのかを読み解いてみる。 ツアーと同名の配信限定シングル。OTOTOYはハイレゾ版を先行配信!VIDEOTAPEMUSIC / Sultry Night Slow(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込)、まとめ購入 540円(税込)【トラック・リスト】''1. Sultry Night Slow 2. Sultry Night DUB VIDETAPEMUSICが行ってきたこと VIDEOTAPEMUSICがどんな活動をしているのか、いまいち掴みづらいところがある。
by 原田 星
極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事