岸田教団&THE明星ロケッツをハイレゾで聴く意味がここにある――最新作ハイレゾ先行配信&代表岸田インタヴュー

同人音楽サークル「岸田教団」を発祥とするロック・バンド、岸田教団&THE明星ロケッツ。ニコニコ動画で発表した東方Projectの楽曲のアレンジ曲にはじまり、オリジナル曲も根強い人気を博すなか、2010年放映のTVアニメ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』主題歌でメジャー・デビュー。2014年12月に待望のオリジナル・アルバム『hack/SLASH』もリリースされ、いっそうの注目が集まった。

その『hack/SLASH』が年明けて2015年1月にハイレゾ配信が決定するやいなや、e☆イヤホン秋葉原店にて先行ハイレゾ試聴が大型展開されるなど瞬く間に話題に。事実そのハイレゾ音源はハードなロック・サウンドのダイナミクスが活き、ひとつひとつの音が明朗なまま、美しいハーモニーを奏でた。

そしてこの夏、7月29日リリースの新作『GATE~それは暁のように~』が再びハイレゾ化! 累計240万部突破の小説を原作とするアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』のオープニング主題歌を含めた4曲入りシングルである。代表・岸田の音への強いこだわり、研究心に、「ハイレゾで聴く必要性」を訴える内容となったインタヴューと共にお届けする。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE~それは暁のように~

【Track List】
01. GATE~それは暁のように~ (アニメ『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』OP)
02. EGOISTIC HERO
03. GATE~それは暁のように~ (instrumental)
04. EGOISTIC HERO (instrumental)

【配信形態】
24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC

【価格】
単曲 500円(税込) / アルバム 1,500円(税込)


「GATE~それは暁のように~」MV


INTERVIEW : 岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ)

岸田教団&THE明星ロケッツ、代表・岸田は、ミュージシャン界隈随一のオーディオ・マニアであり、録音オタクである。と言う噂は聴いていたが、話し始めると、圧倒的であり、あっという間に置いていかれてしまった(笑)。岸田教団&THE明星ロケッツが、多くのファン層に指示される所以は、彼の音楽に対する追求力がぶっ飛んでいるからだ。ぜひ読者には、このインタヴューを読んで、代表・岸田に置いていかれてほしいと思う。

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
構成 : 中村純
写真 : 丸山光太

明るい曲だと合わないんじゃないかと思って2つ作って

――今回の『GATE~それは暁のように~』は、前のアルバムから更にサウンドが変わったように感じました。

そうですね。実はカップリングの「EGOISTIC HERO」を先につくっていたんですよ。「GATE~それは暁のように~」はアニメ(『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』)の主題歌ということで、「ミリタリー感よりは、人と人の交流感のある明るい感じを押し出していきたい」とオーダーされたんです。でも内心、戦車が出てくるのに、明るい曲だと合わないんじゃないかと思って。2つ作って、先につくったのが「EGOISTIC HERO」で、明るい曲が「GATE~それは暁のように~」なんです。そしたら、明るい方を主題歌にしようということで (笑)。

――そこは、そんなにこだわりはなかったんですか?

ないです。

――でも確かに、歌詞の感じとかがアニメに似た世界観だなと思いました。

アニメに合わせていますね。けど、「EGOISTIC HERO」は『パシフィック・リム』を観ながらつくったので、冷静に考えたら流石にやり過ぎたかなって(笑)。『パシフィック・リム』のロボット出撃シーンの映像に負けないようにつくったんです。

――『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は、前からご存じだったんですか?

知らなかったです。でも、『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は、元々「Arcadia」というサイトで連載されていたネット小説で、僕はその後にできた「小説家になろう」ってサイトの作品をよく読んでいるんですね。自分が読んでいるものに影響を与えている作品のひとつなので、曲は久しぶりに感じたクラシック感に合わせてつくりました。

岸田(Ba&Gt)

――曲のつくり方を教えていただけますか? 譜面に起こすのでしょうか?

デモをつくっちゃいます。ドラムとベースは打ち込んで、ギターは弾いて、出来上がったのを「みなさんコピーしてきてください」みたいな。

――そこで楽曲は、岸田さんの頭の中で鳴っていたものから変化するのでしょうか?

大きく変わりますね。8割方、はやぴ〜(Gt.)のせいで変わります(笑)。

――でも、それはハッピーなことですよね?

そうですね。あとは、同じフレーズでもみっちゃん(Dr.)がよりによってあの(筋肉隆々な)体なので印象が変わることもよくありますね(笑)。

――なるほど(笑)。ということは、バンド感を大切にしているんですか?

特に大切にはしてないんですけど、みんなバンド上がりなので勝手にバンド感は出ますね。バンド上がりじゃないのは、はやぴ~だけです。

ドラムとベースをテープ・レコーダーで録ってますね。ドラムをテープ・レコーダーで録るかどうかで全然違います

――今、岸田さんが福岡を拠点にする理由は何かありますか?

ライフ・ワーク・バランスですね(笑)。東京は狭いので同じ金額でもレコーディング・スタジオの規模がちっちゃくなっちゃう。キャリアを積むことも大切ですが、需要的に良い音を聴くことも大事。まずはオーディオ生活が第一です(笑)。

――でも今回はprime sound studio form (以下form)で2曲とも録ったんですよね? なぜこのスタジオを選んだんですか?

エンジニアの渡辺敏広(以下トシさん)さんが機材を置いてるからですね。トシさんは元々DOG HOUSE STUDIOで機材の管理をしていたので、機材の管理に非常に気を使っている方で、メンテナンスをちゃんとしている。でも、主題歌のギターと歌は僕の家のスタジオで録ってますね。NEUMANNのU-67があるのであんまり音は変わらないんですよ(笑)。ベースとドラムは全編テープ・レコーダーを使ってformで録ってます。テープ・レコーダーは流石に家では使えないので。

――ご自宅はどういったシステムですか?

コンバーター(※1)はLynx Studio Technology AURORA 16ですね。コントローラーのSPLの2Controlを通してBeldenのケーブルで全部を繋げて、最終的にスピーカーはFostexのNF-1A。NF-1Aは名機ですね。なかなかそれを超える安いスピーカーがないです。

――そこではどんな作業をしているんですか?

ミックスですね。アルバムの曲はトシさんとお互い半々ずつでやってます。

――formの機材について教えてください。

これはオリジナルのPultec EQP-1Aです。シリアル連番オリジナルでトシさんの私物です。あと、このEAR 660は真空管コンプレッサー(※2)でとんでもないモンスター・マシンです。100万はくだらない。何が違うって回路と回路を繋ぐカップリングが通常はコンデンサー(※3)なんですけど、これは全部トランス(※4)でやっているんですよ。コンデンサーの場合はローが切れるんですけど、トランスの場合はハイが切れるんです。だから、何か独特なサウンドなんですよね。このメーカーじゃないとこの音はしないです。トシさんが好んで使っていて大好きです。EARのプリアンプもあります。

――トシさんはEARを良く使っているのですね。

EARやUniversal Audio、PultecにSolid State Logic。あとはNeveの33609とかも使いますね。あとDISTRESSORやFATSOとか。プリアンプはAPIが多いです。何と言っても、トシさんのドラム録りは、バイノーラル録音(※5)のダミー・ヘッドを使ってるのが1番の特徴じゃないですかね。すごくハイファイで良いですね。伸びがどうこうじゃなくて、単純に音の収まり方が違って球体のような感じで収まるんですよ。シンバルがうるさくなりづらいんで、音圧も上げやすいです。ダミー・ヘッド(※6)で録っているのは、トシさんの現場くらいしかないと思います。

――今回の2曲はどのように録音していますか?

テープ・レコーダーを使っています。「GATE~それは暁のように~」は、ドラムとベースをテープ・レコーダーで録ってますね。何と言ってもドラムです。ドラムをテープ・レコーダーで録るかどうかで全然違いますね。ドラムが1番余韻も多いので。テープって「サァー」っていう音が入るじゃないですか。でも、あれは上がってきてもそんなに影響ないんですよ。シンバルの余韻とかに比べれば全然ちっちゃいので。ロックなんて1回シンバル叩いたらずっと鳴っていますから(笑)。

――テープ・レコーダーは何を使用しているんでしょうか?

Studerの最終型ですね。アナログのテープ・レコーダーがメインだった1970年代の最後のやつなんで、1番性能が良い。

――なぜテープ・レコーダーを使っているんでしょうか? やはり、ベースとドラムが肝なんですか?

1番大きいのはそれですね。あとは96kHzで録ることがデカいです。24bit/48kHzで録るときにテープを使ったらちょっとガビっとし過ぎちゃう。だから、24bit/48kHzで録るときは使わないんです。S/N比のNのノイズって何かと考えたら、普通はハム・ノイズ(※7)の話をしますけど、リヴァーブのうっすらした音とかもある意味ノイズじゃないですか。24bit/96kHzの方がリヴァーブとかがはっきり録れて空間の音がしっかりみえるってことは、逆にノイズが多いんですよ。だから、何かしら間引いていかないと24bit/48kHzみたいなすっきりした感じになりにくい。でもやっぱり24bit/96kHzの方が立体感は出るので、両方の良いところを出したいと思うと、テープを間に入れた方が良いかなと。

――岸田教団のほとんどは、24bit/96kHzで作業しているってことですか?

テープ・レコーダーに合う曲であれば、24bit/96kHzで録ることが多いですね。でも、最初に24bit/96kHzで録音したときは全然上手く出来なくて。24bit/48kHzに戻ったり24bit/96kHzでまたやったり何度も遍歴があるんですよ。

――なぜ上手くいかなかったんですか?

シンバルの余韻とかが長いじゃないですか。今ってマスタリングでリミッター(※8)が入ると全体的に後ろの余韻が持ち上がってくるんですけど、24bit/96kHzの方がゲインを上げられる限界が低いんですよ。だけど、音圧を上げたときの方が特性は良いじゃないですか。だから、タイトに24bit/48kHzとかでビシッと音をデカく出しちゃった方がかっこいいなと思って24bit/48kHzに戻ったんですけど、やっぱ諦めきれずにいて。最近になってやっと32bit/96kHzの録り方が分かりました。

ハイレゾでの録音がおもしろいなと思いだしたのは24bit/96kHzから。印象が全然違いました

――ということは今回の作品も32bit/96kHzで録ってるんですか?

そうですね。1回テープ・レコーダーに入れてからPro Toolsに落とすときに32bit/96kHzなので、アナログ・レコーディングに近いんですよ。これは良いですよ。いきなりデジタルで録るのではなく、アナログのレコードの音をなるべくリアルにパソコンに取り込みたいっていうときに、このハイレゾのレコーディングってすごく効果的ですね。

――そこを詳しく訊かせてください。

テープ入れもギターとかヴォーカルのハイが32bit/96kHzだとはっきり録れ過ぎちゃうんですよね。だから、最初の音作りの段階で適度に歪んでいる24bit/48kHz に近い感じにして録らないと完全にオーヴァーになってしまうということでした。32bit/96kHzの良いところってローなんですよ。でも、ハイは伸びてほしくないんです。ハイは少しでも24bit/48kHzに近いくらいの歪み感で良いから、ローをなるべくクリアにしたい。一方で、ダイナミクス・レンジ(※9)はローを切ってハイを残したいんですよ。それがテープだと元々ダイナミクス・レンジを減らしますから非常に都合が良い。ローのダイナミクス・レンジを残す気はないですね。ロックンロールにおいては全然ダメ。

――ロックンロールにおいてはダメ(笑)。

ダメです(笑)。録音についてはアメリカン信者なんです。1番好きなエンジニアは、クリス・ロード・アルジ。あと、グリーン・デイのプロデューサー兼ミキサーだったジェリー・フィン。それから、ボブ・クリアマウンテン。あのへんのアメリカン・ハリウッド的なサウンドの信者なんで(笑)。ドラムはデカくて明るい音でバァーン! みたいなサウンドが好きなんです(笑)。クリス・ロード・アルジのローが素晴らしいんですよね。ハイもすごく良いんですけど、あのハイは、あのローがなかったらたぶん破たんしますよ。

――岸田さんのポイントは、ローなんですね。

1番デカいのはそこ。クリス・ロード・アルジはローの詰め方が全然違います。

――グループを結成したときから自分たちで録っていたんですか?

そうですね。博多にもレコーディング・スタジオがあってそこを中心に録っています。でも、ギターとかヴォーカルは大体僕が録ってますね。

――その当時からハイレゾで録ってたんですか?

当時は24bit/48kHz。このバンドを始めた7年前は、パソコンのスペック的になかなか難しかったですね。なぜ24bit/48kHzだったかというとレコーディング・スタジオのデフォルト・スタンダードだったから自然と。特にこだわりがあったわけではなくて。

――ハイレゾでの録音がおもしろいなと思いだしたのはいつごろですか?

24bit/96kHzからですね。印象が全然違いました。最初は完全に魔物でしたね。使った瞬間、まったく上手くまとまらなくなったくらいに。24bit/96kHzは本来ロック・バンドを録るのに適していないですね。ただ、低音の方は24bit/96kHzの方が絶対に良いんですよ。だからいかにして24bit/96kHzを使うかみたいな研究を1年くらいやりましたね。

――それはいつごろですか?

去年くらいからで、最初は大失敗しましたね(笑)。シンバルの音がデカ過ぎて、音圧を全然稼げないんですよ。シンバルが上がってきちゃうからヴォーカルに被ってきちゃうっていう。

――ちなみに、DSDについてはどうお考えですか?

よりミックスが難しくなっていくと思いますね。だから、音圧を上げなくて良いクラシックとかだと絶対有利だと思うんですけど、ロック・バンドにとって必ずしも有利だとは言い難い。かなり録音側のノウハウの蓄積が待たれるって感じですね。

【注釈】

※1 コンバーター : A/Dコンバーターはアナログの信号をデジタルに変換する装置。D/Aコンバーターはデジタルをアナログに変換する装置。ミックスをするときデジタルでPCに取り込むために使用。

※2 コンプレッサー : 音の強弱差を縮小する機材。大きい音を小さく、小さい音を大きくする機材。

※3 コンデンサー : 蓄電池。電気を一時的に蓄え電圧を調整する装置。また、位相を変化させる。

※4 トランス : 変圧器。電磁誘導で交流の電圧を変える装置。また、電流も変化させる。

※5 バイノーラル録音 : ステレオ録音の1つ。あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる方式。

※6 ダミー・ヘッド : 立体音響型マイク。左右だけではなく上下前後あらゆる角度から鳴っているように聴こえる録音方式。

※7 ハム・ノイズ : 交流電源に準じた周波数が信号の中に混入することで発生するノイズ。

※8 リミッター : あらかじめ設定された値を超えるピークのばらつきを一定に抑える機材。大きい音をカットするが小さい音には作用しない。

※9 ダイナミクス・レンジ : 信号の最大値と最小値の比率。

LIVE INFORMATION

ごちデス(ФωФ)! JAPAN TOUR

【東京公演】
ichigo presentsごちデス(ФωФ)!
2015年9月12日(土)@赤坂BLITZ
出演 : 岸田教団&THE明星ロケッツ / 分島花音 / 春奈るな / RAB(リアルアキバボーイズ)

【大阪公演】
ichigo presentsごちヤデ(ФωФ)!
2015年10月16日(金)@BIG CAT
出演 : 岸田教団&THE明星ロケッツ / 分島花音 / GARNiDELiA / カヨコ

【福岡公演】
ichigo presentsごちバイ(ФωФ)!
2015年10月18日(日)@DRUM LOGOS
出演 : 岸田教団&THE明星ロケッツ / 分島花音 / GARNiDELiA / 三澤紗千香

PROFILE

岸田教団&THE明星ロケッツ

ichigo(Vo) : 女王様で福岡人。バンド『JUDGEMENT』でも活動中。
はやぴ~(Gt) : プロニート岡山人。絵師。怪獣みたいなギターの音が聞こえたらこの人。
岸田(Ba&Gt) : プロニート福岡人。ロリコン。
みっちゃん(Dr) : 福岡人。ボカロPとは無関係のバンド『YATSUHASHI』でも活動中。

岸田教団とは同人音楽サークルで、岸田教団&The明星ロケッツとは、同サークルがロック・バンドになったもの。ニコニコ動画においては、東方Projectの楽曲のアレンジ曲で有名だが、オリジナル曲も手がけている。

サークル『岸田教団』のメンバーは代表の岸田氏のみ。教団なだけあり『岸田総帥』と呼ばれている。Flowering NightやCDなどでバンドとして活動。2010年7月に放映されたTVアニメ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の主題歌でメジャーデビュー。メジャーデビュー後も同人活動は続けている。2013年10月にTVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」のOPテーマ「ストライク・ザ・ブラッド」を発売した。2014年12月には同「ストライク・ザ・ブラッド」を含むオリジナル・アルバムをリリースし、2015年3月にはZepp Tokyoでワンマンライヴを大成功に導いた。

>>岸田教団&THE明星ロケッツ Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介