90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港

新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。

Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ!


ニトロデイ / 青年ナイフEP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)

【収録曲】
1. 青年ナイフ
2. 最低
3. アルカホリデー
4. 月曜日


ニトロデイ / 青年ナイフ


INTERVIEW : ニトロデイ

左から松島早紀(Ba.) / 小室ぺい(Vo.&Gt.) / 岩方ロクロー(Dr.) / やぎひろみ(Gt.)

2017年6月18日(日)に渋谷で開催された〈YATSUI FESTIVAL! (以下、やついフェス)〉にて、渋谷Gladでのライヴのトリを務めるなど、早くも注目を集めつつあるニトロデイ。OTOTOYではこの〈やついフェス〉でのライヴ終了後、ヴォーカルの小室ぺいにインタヴューを敢行した。この時代にグランジという音楽を武器に音楽をはじめるに至った背景から、自身のルーツまで告白してくれた。ライヴでは耳をつんざくほどの轟音をかき鳴らし、気怠そうに歌っていた彼も、インタヴューをしてみると秘めた野心も。まるで“燃える氷”メタンハイドレートのような心に、どこか当時のグランジ・アーティストの精神が受け継いでいる気がしてならない。小室ぺい以外のメンバーも、高校生とは思えないギークな趣味を持つ個性的で頼もしいメンバーが集っている。これほど今後のブレイクとスケールを期待してしまう新人はなかなか出てこないだろう。このインタヴューを読めば、きっとあなたもそう思うはず。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 高橋秀実
写真 : 大橋祐希

あんまりいまのメインストリームの音楽が好きじゃない

小室ぺい(Vo.&Gt.)

──まだ現役の高校生なんですね! バンドの結成はいつですか?

小室ぺい(Vo.&Gt.)(以下、ぺい) : 2016年の3月です。高1の終わりですね。

──結成までの経緯を教えてください。

ぺい : 以前はいまよりもっとポップなバンドを組んでたんです。そのバンドでライヴを重ねるうちに、ライヴハウスでドラムの(岩方)ロクローくんとギターのやぎ(ひろみ)と知り合って。それでバンドがいまの形になるときに誘いました。音楽性が前のバンドとニトロデイでかなり変わったことで、2人が興味を示してくれて。ベースの松島は同じ部活でやっていて、うまいのも分かってたので、声をかけました。

──ニトロデイの音楽性はグランジに属すると思うんですけど、90年代に隆盛したこのジャンルを、2017年にやろうと思ったきっかけは?

ぺい : もともとこのバンドではグランジをやろうと思っていたんです。きっかけはNirvanaの『Nevermind』ですね。高1のときに初めて聴いたんですけど、めちゃくちゃかっこよくて! すぐバンドをやろうと決めました。それくらい衝撃が大きかったですね。

──他にも、好きなバンドにNUMBER GIRLなど挙げていて、こういった音楽を聴きはじめたきっかけはありますか?

ぺい : Nirvanaを聴く前に、最初にかっこいいなと思ったのはNUMBER GIRL。学校も部活も同じベースの松島からNUMBER GIRLの「タッチ」を教えてもらって。それを聴いた瞬間衝撃を受けて。あとからそれがいわゆるオルタナってジャンルだと知って。そのジャンルを辿っていったら、気づいたら90年代のアメリカのグランジ全体が好きになってたんです。

やぎひろみ(Gt.)

──ぺいくんにとって、80年代後半〜90年代のグランジの魅力は?

ぺい : ムーヴメントを産み出したところですね。実はあんまりいまのメインストリームの音楽が好きじゃないんです。でも、メインストリームだった音楽を押し退けて、グランジがメインストリームになった時期があることを知って。やりたいことをやって、新しいムーヴメントをつくるのはすごくかっこいいし、僕らもそうなりたいです。

──Nirvana、NUMBER GIRLを知るまではどんな音楽を聴いてたんですか?

ぺい : 中学くらいまでは周りの友達と似たような音楽を聴いてました。小学校のときはYUIとか、中学では椎名林檎とか。それで高校のときにNirvanaやNUMBER GIRLに出会って、聴く音楽が変わっていって。その後は、向井秀徳さんが影響を受けている音楽を辿っていきました。PixiesやSonic Youth、Mudhoneyを聴きだしたり。でも正直に言ってしまうと、そういうバンドは作曲に活かすために聴いている音楽なんです。もちろん聴くのも好きなんですけど、普段聴いている音楽はまたちょっと違っていて。いまはヒップホップやテクノを聴いてます。

──意外ですね。ヒップホップやテクノではどんなものを?

ぺい : 1番好きなのはgroup_inouで、毎朝聴いてます。group_inouのcpこと威文橋さんの別バンド、uri gagarnも大好きです。テクノだとOrbitalとか。さっきたまたま〈やついフェス〉で(※このインタヴューは〈やついフェス〉出演後に行いました)、SEでOrbitalが流れてて、1人で勝手に盛り上がってました(笑)。両方に言えることなんですけど、自分たちにしか出せない音を突き詰めてやってるのは尊敬します。

表現するのが好きなんです。それは音楽に限ったことではなくて。

松島早紀(Ba.)

──ぺいくんが音楽をはじめたきっかけはなんですか?

ぺい : 表現するのが好きなんです。それは音楽に限ったことではなくて。例えば、短歌や小説、写真。この前は短歌甲子園があって岩手まで行きました。そのなかで1番自分が没頭できるのがたまたま音楽だったんです。

──言葉を文字にするのが好き?

ぺい : それもそうなんですけど、絵画も好きで観に行ったりします。非日常的な作品に出会うのが好きなんです。それが音楽をつくるうえでも活きていると思います。小説を読んで、物の見方を学んだり。オルタナだけじゃなく、表現全体からの影響は確実にありますね。

──小説で1番好きな作家さんは誰ですか?

ぺい : 1番好きなのは、金原ひとみの『星へ落ちる』。江國香織や川上未映子も好きです。女性作家さんをよく読みますね。

──ここまで表現全体に深い造詣があるとなると、ぺいくんと同じ趣味の友達は近くにいるんですか?

ぺい : たまにライヴハウスで会ったりしますけど、同じ学校にはいないですね。実は今日〈やついフェス〉の出番前に、高校の文化祭のライヴがあったんです。僕、軽音楽部に入っていて。そこではみんなワンオクとかSHISHAMO、AKBをやってました。僕はSyrup16gとART-SCHOOLとハヌマーンをやったんですけど、案の定めちゃくちゃ人少なかったです(笑)。

──同年代の友達はメインストリームの音楽をやってる一方、ぺいくんは踏み込んだドープなものをやってると。そういうメインストリームの音楽についてはどう思う?

ぺい : 否定はあんまりしないです。前まではすごい否定的でしたけど。いまはそういう音楽もあるんだな、と割り切ってます。みんなそれぞれやりたい音楽をやれば良いと思う。というか、みんなが好きだからその音楽がメインストリームになっていて、文化祭のライヴでもそういう音楽が多くなるのは当たり前だと思っています。でも、そのなかで好きな音楽をやることが大切だと思っていて。メインストリームじゃない音楽を周りに流されずにやれたのは嬉しかったですね。

──他のメンバーはどんな音楽を聴いてるんですか?

ぺい : ベースの松島はかなりの音楽好きで、邦楽洋楽問わず、80年代以降のポップスが好きです。L⇔RやGREAT3、Culture Clubとか。特に好きなのは岡村靖幸で、いつも聴いてるイメージがありますね。ギターのやぎは、ミツメとかのインディ・ロックが好きです。もともと僕とバンドをするまでは、空気公団、はっぴいえんど、スピッツだったりを聴いてて。バンドをはじめるにあたって、段々とグランジを好きになっていった感じです。あと、ギターの弾き方は田渕ひさ子さんとジョニー・グリーンウッドにすごい影響を受けてますね。ドラムのロクローくんは、andymori、銀杏BOYZ、エレカシ、RCサクセションみたいな日本のロックンロールが好きで、あんまり洋楽は聴かないみたいです。




























──音楽的な個性が豊かなメンバーとは普段どんな関係性ですか?

ぺい : 仲良いです。バンドをやってても、メンバー同士がよそよそしいバンドがときどきいるじゃないですか。それが嫌で、楽屋ではメンバーとふざけてます。人見知りなのもあるんですけど、仲良くなったらもっと喋ります(笑)。

岩方ロクロー(Dr.)

「内にあるものを表現する、吐き出す」みたいなことが性に合っている

──昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で優勝したときはどんな心境でした?

ぺい : 個人的には2次審査が通っただけで嬉しかったですね。優勝発表会のときは優勝するとは全然考えてなくて。いざ優勝と聞いたときは信じられなかったですね。やっぱり評価をもらえたことは大きくて。「自分たちの音楽が間違ってなかったんだな」という自信になりました。メンバーの皆にプロになる意識を強く持たせてくれたのも〈COUNTDOWN JAPAN〉のおかげですし。

──グランジという、現代としてはかなりコアな音楽性で優勝を勝ち取ったわけですが、グランジのどこに影響を受けていますか?

ぺい : うまく言えないですけど、誰かのためじゃなくて、自分のなかにある“何か”を吐き出しているところですかね。個人的には“何か”を伝えたい、みたいなものはなくて、メッセージ性を持たせているわけじゃないんです。ただ「内にあるものを表現する、吐き出す」みたいなことが性に合っていると思います。でもそれは現状に不満があるわけでも、政治へのカウンターがしたいわけでもなくて。バンドの初期は抱えてるものもあったんですけど、いまは自分が歌いたいものを歌いたい。そっちのほうが自分にとってはリアルなので。

ニトロデイ

──今回リリースされる『青年ナイフ』で歌いたかった“内にあるもの”とは具体的にいうと?

ぺい : 歌詞は基本的にメロディが出来てから書くんです。メロディに沿ってこういうことを歌おうみたいなイメージが出来てくる。アルバムに関していえば、共通しているのはどうしようもない日常に対する諦めというか、やるせなさみたいなものを軸にしました。それをサウンドに落とし込むことで日常のなかの非日常みたいな描写ができていればな、と。ほとんどの曲で一人称で日常を歌っているのも、三人称よりも生々しいというか、リアルな日常感があるのでわざとそういった歌詞にしてます。

──歌詞のなかで”笑う”という言葉が気になったのですが、「最低」の〈笑いまくってる〉や「青年ナイフ」の〈笑いながら〉が、“嘲笑う”の意味合いで聴こえてくるんですけど、そういうドライな気持ちもある?

ぺい : 確かに普通の笑うとは意味合いは違うと思います。でも、嘲笑うでもなくて。可笑しい、ちょっと変、のほうが近いかもしれないです。なぜか勝手に笑えてくることあるじゃないですか。

──ぺいくんは音楽をやっていくうえでどんな人間になりたいですか?

ぺい : 有名になりたい。でも、視られる用の自分はつくりたくなくて。かっこつけたくないんです。ライヴのときもうるさくないと歌えない。音にかき消されるくらいが自分の声を意識しないで歌えてちょうど良くて。ありのままの自分で続けられればと思います。

──ではバンドとしては、今後こんなアーティストになりたい! みたいな目標はありますか?

ぺい : 大きいフェスにも出たいですし、CDもたくさん売れたら嬉しいです。現状はライヴにいっぱい人が来てほしいですね。7月22日に横浜BB STREETでレコ発のライヴもあるので。

──なかなかこんなバンド現れないと思っていますので、OTOTOYでもずっと応援しております。

ぺい : ありがとうございます!

RECOMMEND

ZAZEN BOYS / すとーりーず

作詞作曲、録音、ミックス、ジャケット、PV撮影編集など、マスタリングを除く全ての制作作業を向井秀徳がマツリスタジオにて敢行。 バンド・サウンドとしてのZAZEN BOYSを全面に押しつくした1枚

この作品に関する特集ページはこちら

Pixies / Head Carrier

1986年にアメリカはボストンで結成。USグランジ / オルタナ・ムーブメントを牽引し、カート・コバーンやトム・ヨークなど様々なアーティストに影響を与えたピクシーズ、2016年にリリースされた最新作。

この作品に関する特集ページはこちら

uri gagarn / my favorite skin

group_inouのラッパーcpこと威文橋が率いるオルタナティヴ・ロック・バンド、uri gagarn。メンバーの脱退、新メンバーの加入を経て生まれ変わった彼らの気合いが伝わる、8年ぶりにリリースされたアルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈SEINEN KNIFE DAY〉
2017年7月22日(土)@横浜BB STREET
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30
出演 : ニトロデイ / 羊文学 / the twenties
チケット : 前売り 2,000円 / 当日 2,500円 / 高校生 1,800円(学生証提示の場合)※いずれもD代別
ご購入はこちらから
問い合わせ : 横浜BB STREET 045-681-8202

その他ライヴ
2017年8月6日(日)@稲毛野外音楽堂
時間 : 開場 11:00 / 開演 11:40
チケット : 入場無料
出演 : ニトロデイ / ユレニワ / Althea / MixoL'e / TRiFOLiUM / かたこと / みきなつみ

2017年8月25日(金)@下北沢THREE
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:00
チケット : 前売り1,500円
出演 :
【LIVE】ニトロデイ / Tomato Ketchup Boys / SUNNY CAR WASH / No Buses
【DJ】JACKSON kaki / Koga Hirouchi / ツタヤくん / Kanzaki Satoshi

2017年8月27日(日)@横浜BB STREET
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00
チケット : 前売り2,000円
出演 : ニトロデイ / SEVENTEEN AGAiN / Ballon d'or / LINK / Dr.DOWNER / Steadys

詳細はこちら

PROFILE

ニトロデイ

小室ぺい 17歳(ギボ)
やぎひろみ 17歳(ジャズマスター)
松島早紀 18歳(ベイス オン ベイス)
岩方ロクロー 19歳(ドラムス)

Nirvana、ナンバーガール、Sonic Youth、Pavement、Pixiesなどに影響を受けた、ローファイな爆音グランジ・オルタナティヴを演奏する平均年齢18歳の横浜出身現役高校生バンド

ニトロデイ Official HP : http://artist.aremond.net/nitroday/

ニトロデイ Official Twitter : https://twitter.com/nitrodayrock

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事