音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信

設計 : 岡田哲史建築設計事務所

作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。

今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。

Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence

【Track List】
01. 光
02. 希望の花
03. 透明な空間
04. 時間の庭
05. 羊の夢に棲む
06. Average
07. 一摘みの祈り
08. Aqua Rainbow
09. Bloom
10. 裏山の。
11. 赤とんぼ
12. Bonus Track : 透明な空間

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
単曲 216円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

INTERVIEW : 中島さち子(ピアニスト)×岡田哲史(建築家)×坪井昭久(映像作家)

左から坪井昭久、中島さち子、岡田哲史

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 中村勝哉
写真 : 大橋祐希

すべてはヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展に招待されたことに始まります(岡田)

──今回『Time, Space, Existence』というアルバムを中島さち子さんはリリースしましたが、この作品を作ることになった経緯をお話しください。

中島さち子(以下、中島) : 『Time, Space, Existence』というテーマは、建築家の岡田(哲史)さんからいただきました。まずは、きっかけをいただいた岡田さんからお話しをしていただいた方がいいですね。

岡田哲史(以下、岡田) : すべてはヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展に招待されたことに始まります。今年の5月末から半年間、イタリアのヴェネツィアで展示する機会をいただくことになり、小さな部屋をひとつ使ってよいという話になった。建築関係の展覧会といえば模型や図面が飾ってあるだけのものがほとんどですが、同じことをやっていてもつまらないと思ったものですから映像を作ってそれを展示しようと思った。そこで映像作家の坪井(昭久)さんに声をかけました。


完成した映像

──なるほど。

岡田 : それで話をしているうちに映像には音楽が欲しいということになって、音を作れる人を探そうということになった。その頃ちょうど『クリエイティビィティについて』というタイトルの対談で中島さんとご一緒する機会があって、討論会のあと中島さんが1曲披露してくださった。

中島 : せっかくですからとピアノを用意していただいて。今作にも参加している、ドラマーの外山(明)さんにお声がけして一緒に演奏させていただきました。

岡田 : で、その演奏を聴いた坪井さんが、「岡田さん、中島さんでいきましょう!」ということになり、この企画がスタートした。

坪井昭久(以下、坪井) : 岡田さんからお話しをいただいた段階で、僕の頭の中で絵が完全に出来ていました。中島さんはその絵に確実に合うと感覚で分かったのですぐにお願いしたんです。

岡田 : お二人には、「僕はプラットフォームに徹するから、自分のやりたい事をフルにやってください」と伝えました。音楽を作るうえで何かモティーフが欲しいということになり、中島さんにはその建築展のテーマである"Time, Space, Existence"の話をしました。それが今度のアルバムのタイトルにもなっているわけですね。

映像に中島さんの音楽を加えて、岡田さんの建築の意図を引き出そうと思いました(坪井)

設計 : 岡田哲史建築設計事務所

──映像作品を作るにあたってお二人は、岡田さんの建築を見られたのですか。

岡田 : はい。中島さんにとっては、音を作るためにはイメージが必要でしょうし、坪井さんはその場所で映像を撮ることになっていましたからね。そこで、お二人には見ていただきました。

──坪井さんは、撮影をするにあたって、どんなところを意識されましたか?

坪井 : 建築の撮影は現場を見ないと何も始まりません。実際の建築を見ることで、岡田さんの意図や狙いに気がつくんですよ。それを追随して撮ろうと。つまり建築家の発想を追っかけて撮っただけなんです。しかし映像だけでは面白味に欠ける、そこに中島さんの音楽を加えて、岡田さんの建築の意図を引き出そうと思いました。

──なるほど。中島さんは岡田さんの建築作品を見た時に、どんな音楽を創ろうと思いましたか?

中島 : 岡田さんの建築を実際に拝見し、透徹した美しさにまず圧倒されました。その空間から、光の揺らめきや水のきらめきが見えたり、例えば石で作られた空間も冷たさだけでなく、ヒューマニックで温かい感じであったり、そういった建築全体の空間を体験して、そのイメージを持って音楽を作ろうと思いました。メンバー(※1)にもその点を伝えて。

※1 『Time, Space, Existence』演奏メンバー
中島さち子(Sachiko Nakajima) : Piano, Compose
外山明(Akira Sotoyama) : Drums
吉田隆一(Ryuichi Yoshida) : Baritone Sax, Flute, Compose
山田あずさ(Azusa Yamada) : Vibraphone

──メンバーにはどのように伝えたんですか?

中島 : 言葉ではなく、映像や写真をいっぱい見ていただきました。岡田さんから、たくさんいただいて。

岡田 : 500枚くらいありましたっけ。

中島 : レコーディングの時は、大きいモニターに写真を写してもらって、それを観ながら録音したものを聴いてインスピレーションに繋げたんです。

──凄い数! 今回のバンド・メンバーはどのように集めていきましたか?

中島 : 今回は、まずこのテーマならばぜひ外山さんと演奏したいと思い、当初デュオを考えていました。が、テーマを深く考える内に、吉田隆一さん、(山田)あずさちゃんとも一緒に創ってみたいと感じ、曲提供も含めてお願いしました。外山さんも隆一さんもあずさちゃんも、空間の中での響きを大切に、アドリブや技術などを超えて、歌を生み出していく。まるで画家のような音楽家。4人の顔合わせは実は録音時が初めてだったのですが、皆、今回のテーマから自然に想起された素敵なメンバーなので、きっと岡田さん坪井さんの世界観と絡み合って、独創的な音楽を生み出すだろうと。実際に、とてもスムーズに録音が進みました。

美しいものには余計なものがない(岡田)

──『Time, Space, Existence』は、中島さんが先に作ったアルバムに、坪井さんの映像を当てはめていったということでしょうか?

中島 : そうですね。初めは映像に合わせてBGMを作るということかと思ったんですけど「全然そうではない、そのままがいいんだ」と坪井さんに言っていただいて。またゾクゾクする感じや鳥肌が立つ感覚、そういったものを岡田さん・坪井さんから強く求められました。だから建築の後ろで流れているというわけではなく、自分の音楽として独立するもの、そして建築と対峙する形で曲があるということを意識しましたね。

──なるほど。鳥肌が立つ感覚というのは?

中島 : 岡田さんのテーマなんです。

岡田 : そうなんです。20年ほど前、美しい建築を拝見したさい鳥肌が立ったんですね。それがきっかけでした。音楽でも料理でもなんでもそうですが、人って何かに感動した瞬間、鳥肌を立てますよね。ところがその瞬間に「なぜ鳥肌が立ったのか?」考えることはできないでしょ。瞬きをする間に消えてしまうものなのです。

──なるほど。

岡田 : 海外でもしばしば講演をする機会があって、自分の建築思想みたいなものをお話するのですが、もう20年近く、懲りもしないで「鳥肌」の話をしてきました(笑)。鳥肌は論理的思考を超越して生まれては消えていくものです。人種や宗教や言語、さらには政治や経済や国家とは無関係な人体の身体反応と言えますね。それは凄いことだと思うのです。言葉で紡がれる論理や概念を超えて人々が繋がることができる、その地平はとても興味深い。

中島 : 音楽や数学にもこの鳥肌はまさに存在しますよね。人それぞれ感じ方は違うと思いますが、本質的な何かが突然見えてきた瞬間など、ゾクゾクとする感覚が訪れます。ちなみに、岡田さんと初めてお会いしたときに、こういうお話をして、お酒を飲みながら盛り上がりました(笑)。

岡田 : その時には、美しいものはシンプルだ、対称性があるということを話しました。美しいものには余計なものがない。多分、それがストレートに魂を響かせると思うんです。建築もそうだし音楽も。

中島 : そうですね。本質をたどると凄くシンプルなところに行きつくと思います。

岡田 : 本質って見失いがちですからね、僕も分かったつもりでいるだけなんでしょうが。だからいつまでも追い求める対象なんだと。でも、なんか、それが楽しいんですよね。

左右ともに 設計 : 岡田哲史建築設計事務所

坪井 : 僕もそう思います。その話は実は以前から伺っていまして、僕の中では完全にかみ砕かれているんです。

岡田 : そう言えば、以前、番組を作ってくださったときにお話をしましたね。

坪井 : 要はその感じを狙ってできるかどうかが大事だと思うんです。そのためには変化をつけることが重要で、映像も全く何もない所から一気に展開させたり、広げたり。そういったゾクゾクとくる演出を、手法やテクニックで狙っていけば岡田さんの作品は表現出来るなと。そしてさらに、中島さんの音楽で引っ張りだせればいい。だからこの映像は、僕が岡田さんの作品を連ねた所に合う音楽を僕なりに繋げただけ。つまり中島さんの作ったアルバムを違う感覚で僕が岡田さんの作品に重ねたものになっていると言えます。

──それは中島さんとしてはハッピーなことだったんですね?

中島 : そうですね。やっぱり自分の中で音楽はストーリーであったり風景のようなものがあって作っているんですけど、それが映像と一緒になることで、また別の角度から音楽が見えてくるのが面白かったです。個人的にやってみて面白かったし、岡田さんの素晴らしい建築をどういう風に自分の中で消化させるか、凄い考えさせられましたね。大きな挑戦になりました。

──『Time, Space, Existence』は、岡田さんの建築作品を音楽にしたと言ってしまっても問題ない?

中島 : そうですね。今回は空間を作り上げるイメージでメンバーと作りました。空間すべてを使って、空間を感じながら音を置いていく感じ。あと、もうひとつ岡田さんとのお話で「間」の重要性という話があるんです。

岡田 : はい。「間」がないと音は響かないと思うんです。音は「音のない間」があって初めて引き立てられるものではないのでしょうか。建築も同じで、空間もいろんなものを詰め込んでしまうと窒息してしまうんです。それにしても、「間」つまり空白をつくることは、それなりに勇気が要ることなのですが。

中島 : 私は武満徹さんの文章を読んだり音楽を聴くのが大好きで、彼は「間」という事を考えた人で、「間」も音として捉えているというか。若い時は「間」が怖くて色々と...

岡田 : 入れちゃうんだよね(笑)

中島 : はい。だから勇気をだして、切り取るということを考えながら作りました。

音楽は人生の出会いの集大成ですから(中島)

──なるほど。今後は、またなにかをこのメンバーでやる生み出す予定ですか?

岡田 : もっといろいろやってみたいですね。

中島 : 武満徹さんもそういうことを真剣に考えていらした人で、音に込められた歴史や文化などを深く理解した上でどう異なる領域の世界観と組み合わせるか。そういったことに可能性を感じます。最近は前衛書道の方々とも懇意にさせていただいており、なにかコラボをしてみようという話もあります。こういった領域横断の試みには私も非常に興味があります。

──領域横断の活動に意欲的になっている理由として、どういったことに面白みを感じているんでしょうか? またその活動で見えてきたものは?

中島 : 世界が広がるんです。素晴らしい岡田さんの作品や坪井さんの映像に触れること、良い出会いをすることで、自分の音楽に変化を与えてくれていると思います。音楽は人生の出会いの集大成ですから。また、やはり、全く違う世界から音楽を眺めることで、普段使っていない心の眼や耳が開くように感じました。自分の中でイノベーションが起きた、という感じでしょうか。坪井さんの映像を見た時もゾクゾクして、とても刺激になったし、それと同時に気づかされることも多くて、もっとやってみたいという気持ちが強くあります。

──自分の音楽に強く影響するということですね。

中島 : はい、様々な分野に面白い人達がいるので、そういった領域を超えてやっていく、新しいルネサンスみたいなことができないかなと思っています。

──中島さんの音楽は、具体的には岡田さんの建築からどう影響されたのでしょうか?

中島 : 美に対する感じでしょうか。ミュージシャンは共演する人によって音楽が変わるのですが、岡田さんの要素を取り入れて、共演するような気持で作ったので、岡田さんの美しい世界が自分の音楽感に影響を与えたように思いますね。

──今回のコラボを振り返ってみていかがでしたでしょうか?

中島 : 自分とお二人の作品を組み合わせることで見えてくる世界が楽しかったですね。これは病み付きになりそうです(笑)。

坪井 : 中島さんの楽曲を僕の感覚で選んで映像にしたんですが、その映像はどうでしたか?

中島 : 正直、送っていただいてウワっと思いました(笑)。自画自賛で恐縮ですが自分の音楽がこんなに映像に合うんだと。坪井さんの映像の中で自分の音楽が生まれ変わるように感じたんです。

岡田 : これまでも垣根を超えて様々な人々との出会いや経験がありますから、お二人からは共通するものを感じていたし、同じ方向へ向かって進めるだろうという直観がありましたね、そこに根拠なんかなくていいのです(笑)。

中島 : 確かにそれぞれの分野、ジャンルや領域は違えど、共通するものがあったと思います。岡田さんや坪井さんと出会って、そのことを強く感じることができました。今回の作品をきっかけに、岡田さん坪井さんのような大先輩の芸術家の方々と、領域横断の試みをさらに深堀りしていきたいと思っています。

PROFILE

中島さち子

ピアニスト / 作曲家 / 数学者

1979年生まれ。幼少からピアノ、作曲に親しむ。中高時代は数学に没頭し1996年国際数学オリンピックで金メダル獲得(日本人女性初)。大学でジャズに出会い、卒業後、音楽活動を本格始動。故本田竹広氏に師事。2005年「渋さ知らズオーケストラ」でロシア・ヨーロッパツアー敢行。2010年初リーダーアルバム『Rejoice』 リリース。2012年『人生を変える「数学」そして「音楽」』(講談社)出版。現在は、自己のバンド演奏・作曲やミュージカル俳優とのコラボの他、音楽・数学の講演・WS、執筆、メディア出演、人材育成(Phoenix Consulting, Inc. CEO Office)など幅広く活動。

>>中島さち子 Official HP



岡田哲史

建築家 / 工学博士

コロンビア大学大学院修了後、早稲田大学大学院博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、文化庁芸術家在外研修員、コロンビア大学客員研究員等を経て、岡田哲史建築設計事務所を設立。これまで設計に携わった建築作品は、イタリア建築家協会が主催するデダロ・ミノッセ国際建築賞でグランプリを受賞するなど、国内外で高く評価されている。

>>岡田哲史事務所 HP



坪井昭久

映像作家

ドキュメンタリーから映画、ドラマまで幅広く手掛ける。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、エステティックTBC(クルム伊達公子出演)CMなど。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事