耳にも目にも嬉しいハイレゾ & サラウンド——mishmash*Miki Orihara、音楽+映像の新プロジェクトを24bit/96kHz & 5.1chでリリース

MVに出演しているダンサー、Adam Barruch(右)、Chelsy Bonosky(左) (Photo : Tsukuru Asada)

コーネリアスのサウンド・プログラマとして知られ、2008年には米グラミー賞にノミネートされた実績をもつ美島豊明。そして、音楽、映像、ウェブサイトといった面で総合的なプロデュースを手掛けるマスヤマコム。この2人からなるユニットがmishmashだ。前作まではJulie Wataiをヴォーカリストに迎え、チップチューン的なテクノ・ポップを奏でていた彼ら。今作は一転、ニューヨークを拠点に活動するダンサーの折原美樹(Miki Orihara)をコラボ・アーティストに迎え、美しい音楽とダンス映像からなる作品を発表した。折原美樹プロデュースによる圧倒的なコンテンポラリー・ダンスに、ピアノやストリングスを多用したスケールの大きな音楽が重なる。その映像には、有無を言わさず人を引きつける力がある。

ミュージック・ヴィデオの撮影風景

OTOTOYでは、今回発表された『ディン・ドーン』(Ding dawn)、『手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。』(Reach out until you can feel me. Hold tight.)の音源、そしてそのミュージック・ヴィデオを、24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。しかも、それぞれ日本語版と英語版のほか、ステレオ版(2ch)とサラウンド版(5.1ch)が用意されている。美島豊明が(コーネリアスのサウンド・プログラマとして)グラミー賞にノミネートされた作品といえば、5.1chのサラウンド・ミックスが施された『SENSURROUND + B-Sides』。サラウンドはまさに、美島の真骨頂と言えるのだ。その立体的な音の広がりは、ハイレゾ音源とも相まって、映像のリアリティや臨場感を一段と増すことに成功している。美島豊明、マスヤマコム、折原美樹へのインタヴューとともにどうぞ。

mishmash*Miki Orihara
ディン・ドーン / 手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。



[上段、左から]
ディン・ドーン (24bit/96kHz, 2ch Movie)
Ding dawn (24bit/96kHz, 2ch Movie)
ディン・ドーン (24bit/96kHz, 5.1ch Movie)
Ding dawn (24bit/96kHz, 5.1ch Movie)

[下段、左から]
手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。 (24bit/96kHz, 2ch Movie)
Reach out until you can feel me. Hold tight. (24bit/96kHz, 2ch Movie)
手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。 (24bit/96kHz, 5.1ch Movie)
Reach out until you can feel me. Hold tight. (24bit/96kHz, 5.1ch Movie)

※「ディン・ドーン」と「Ding dawn」、「手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。」と「Reach out until you can feel me. Hold tight.」は、同じ楽曲の日本語版と英語版です。

【配信形式】
[AUDIO] alac / flac / wav (24bit/96kHz) + [MOVIE] mov (2ch / 5.1ch)

【価格】
各432円(税込)

※本パッケージをご購入いただくと、楽曲の音源データに加え、ミュージック・ヴィデオの映像データがダウンロードされます。映像データの音声出力については、2chおよび5.1chの2ヴァージョンがございますので、お客さまの再生環境をご確認のうえ、お好きなものをお選びください。

※Windowsに標準搭載された解凍ツールでは、4GBを超えるファイルを正常に展開できない場合がございます。その場合、お手数ですが、Explzhという解凍ソフトをお試しください。
Explzhのダウンロードはこちら → http://www.ponsoftware.com/archiver/download.htm

24bit/96kHz, 5.1chの再生について

ご使用の再生機器が24bit/96kHz、5.1ch(Apple ProRes422)に対応しているかどうかを確かめるため、右のテスト用パッケージを無料でダウンロードのうえ、お試しいただくことを推奨いたします。

※5.1chに対応したサラウンド・システムをお持ちでも、その機器が24bit/96kHzに対応していない場合、再生できなかったり、再生できてもダウンコンバートされてしまう可能性があります。

INTERVIEW : mishmash*Miki Orihara

Miki Orihara、夫であるStephen Pierとの「Parallel Jump」(Photo : John Deane)

インタヴュー & 文 : 飯田仁一郎 (Limited Express (has gone?))

コンテンポラリー・ダンスはMVにぴったりだなと思っていた

——mishmash*は前作『セカンド・アルバム』まで、Julie Wataiをヴォーカリストに迎えて作品をリリースしていましたよね。今回はダンサーの折原美樹さんをメインに迎えた作品ということですが。

マスヤマコム(以下、マスヤマ) : もともと、コラボレーションするアーティストをどんどん変えていくというのがmishmash*のコンセプトで、パーマネントなグループをやるつもりはないんです。基本的には美島さんのソロ・プロジェクトで、美島さんの音楽をメインに、僕がトータル・プロデュースをして、そこにヴォーカリストがついてもいいし、デザイナーがついてもいいし、大工さんがついてもいい(笑)。いろんな人といろんなことをやりたいので、オープンな形にしています。美樹ちゃんの話は2年くらい前から仕込んでいて、もともと踊りをやってる人だから、僕らの音楽と一緒に何かやろうって。あと、これは読者の方へのお願いというかオススメですが、ダンサー折原美樹という人を紹介する映像を、MVとは別にけっこうちゃんと作ったので、この記事を読む前に見ていただくとマッチ・ベターかと思われます。


About Miki Orihara
 

——なるほど。リスナーからすると突然のことだったので、ちょっと驚きました。

マスヤマ : Julieちゃんとのコラボは、もともと1作で終わりにしようとしたんです。だけど、評判がよかったので2作目も出しちゃったみたいなところがあって。

——そうなんですね。マスヤマさんと折原(美樹)さんはどういう経緯で知り合ったんでしょう。

マスヤマ : 簡単に言うと、1980年代前半、僕がニューヨークに住んでいたとき彼女もニューヨークにいて知り合い、あいだは30数年空いたんですが、2年前から仕事でニューヨークによく行くようになって再会したんです。2012年にジャズ・ピアニストの大江千里さんのニューヨーク・デビュー・ライヴに行ったら、そこに美樹ちゃんと、美樹ちゃんの旦那さんのスティーヴンがいたんです。ほぼ偶然再会したという。

——約30年越しで一緒に作品をつくることになったと。

マスヤマ : 僕はつねにmishmash*で一緒に組んだら楽しい人を探しているんです。で、ダンサーはいつだって音楽を必要としているから、音楽を作るチームとして組むのはアリなんじゃないかって思って。それで美樹ちゃんに話をもちかけたら、「私、ダンスもできるけど、経理もできるわよ」って(笑)。僕がニューヨークでビジネスをやりはじめてるって話をしたからなんだけど、「経理やらなくていいから踊ってよ」って(笑)。じゃあ何か考えようって話をしたのが、ちょうど2012年の5月でした。そのあと、美樹ちゃんがカンパニーで踊るので、美島さんをニューヨークに連れていって、実際に美樹ちゃんのダンスを見せて。

——ほう。美島さんはその時点で、どんなことをやるのか想像できてましたか?

美島豊明(以下、美島) : ぼんやり想像はできてましたよ。ソロで踊りたいって話を聞いてたので、そのために曲を使うって話は事前にしてました。

——その頃すでに曲はできてたんですか?

美島 : 曲はできてましたね。

——それは折原さんのダンスをイメージして作った曲?

美島 : いや、曲は曲だけで。それをマスヤマさんが「これ、ダンスでいこうよ」って。

マスヤマ : 曲をどう使おうか考えていたときにちょうど美樹ちゃんに再会したから、「これ使いたいな」って。

——なるほど。もともとは曲が先にあったんですね。そこに折原さんがダンスの振付をした?

マスヤマ : 美樹ちゃんはダンス部分のプロデューサーという立場で、具体的な振付はアダムというダンサー(今回のMVの振付師であり、同時に演者でもある)が担当してるんですよ。これには理由があって、美樹ちゃんは自分の振付が地味すぎて、オススメしないって言うんです。美樹ちゃんの振付は動きが抑制されているんですよ。だから、美樹ちゃんとしては自分で自分をオススメできないって。

折原美樹(以下、折原) : もともと演者は日本人のダンサーを起用しようというアイディアがあったんですが、去年の9月にマスヤマさんとaugment5(※)の柘植さん(監督)、井野さん(プロデューサー)の3人でニューヨークに来てもらって、日本人でやるとこうなるって見せたら、アダムとチェルシー(今回のMVに出演しているダンサー)のリハを見せたら、これは日本人よりこの2人でやるほうがいいってことになって。

※デジタル・メディア全般の企画 / コンサルティングを手掛ける制作会社。今回のMV制作を担当した。

——なるほど。外国人の起用はハマっていたと思います。

折原 : mishmash*の曲を聴いたときのイメージとマッチするなと思ったんですよね。

マスヤマ : アダムとチェルシーが即興で踊っていたときに、そのまわりを手持ちカメラでぐるぐる回って撮ってみたら、それがすごく良くて。それでアイディアが固まったんですよ。音楽のプロモーション・ヴィデオというよりも、この2人が自由に踊るところをきちっと撮って、ダンスをちゃんと見せる映像作品をつくりたいなって思ったんです。僕はもともと、Ovalの「Ah!」っていうミュージック・ヴィデオを見て、コンテンポラリー・ダンスはMVにぴったりだなと思っていたので。


Oval / Ah!

——そうだったんですね。ちなみにあのMVはどこで撮影しているんでしょうか。

マスヤマ : 「Reach out」のほうは茨城の廃工場。「Ding dawn」のほうは千葉の海岸とか山の中とか、上野とか渋谷とか目黒とか。古い日本家屋の中で踊ったりしているシーンは、目黒のレンタル一軒家みたいなところを使いました。

——へえー。全部日本で撮っているんですね。

マスヤマ : 当初はニューヨークで撮ろうと思ってたんですけど、augment5の映像を見て日本で撮った方がいいなって思い返して。

——それはなぜですか?

マスヤマ : 世界の人にとっては、日本のほうがエキゾチックだからです。日本人にとってはニューヨークのほうが希少価値があるけど、海外の人にとっては日本の風景のほうがマーケット・ヴァリューがありますよね。それに、augment5は日本のカントリーサイドを撮るのがうまいですから。

——本当にそうですね。augment5の起用は「なるほど」という感じでした。

マスヤマ : 2013年の春にネットでバズったんですよ。ジャーナリストの佐々木俊尚さんがメルマガとかTwitterで、「この魂の震えるような映像を見よ」みたいなことを書いて。それが外国人の撮った日本風景みたいで、非常に気に入ったんですね。で、ミュージック・ヴィデオのアイディアを考えたときに、こういう雰囲気のものをつくりたいと思ったんです。いろんな人と話をしていたんですけど、やっぱり本人たちに頼むのがいちばんだなと思って、紹介してもらったという感じです。

コンテンポラリーなダンスに音楽はどう繋がるんだろう

——今回の楽曲を聴いて、僕は北欧のアウスゲイル(Ásgeir)に近いものを感じました。Julieさんのときから本当に大きくスタイルが変わりましたよね。

美島 : Julieちゃんのときとまったく違うことがやりたかったっていうのはありますね。リズムがそんなに入ってないような。

マスヤマ : Julieちゃんのときはあんまり考えてなかったんですけど、もともとダンス・ミュージックに興味があったんですよ。でも、それはエグザイルとかレディガガみたいな、単なるビートに合わせて踊る音楽じゃなくて、コンテンポラリーなダンスに音楽はどう繋がるんだろうっていう問題意識ですね。実際に今回やってみて、その部分はかなり発見があったので、今後もいろんな実験ができたら楽しいなと思います。

——それがこのプロジェクトのいちばんおもしろいところですよね。リズムが入っていないものがやりたい、でも一方ではダンスがやりたい。ダンス・ミュージックってこういう見せ方もあるんだと思いました。

マスヤマ : ありがとうございます。

——今回、「Reach out」(手を伸ばして〜)のほうはマスヤマさんが作曲されてますよね。どちらの曲も方向性は似ているなと思ったのですが、事前にヴィジョンを共有されたんですか?


手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。
 

マスヤマ : もともとは曲ができた時期も別だし、まったく違うものなんですけどね。

美島 : アレンジが似てるからそう聴こえるのかな。

——そうなんですね。マスヤマさんは「Reach out」に関してはどこまで書いているんですか?

マスヤマ : メロもコード進行も歌詞も全部書いてますよ。

——アレンジとか曲のバックに関しては?

マスヤマ : それはほとんどやってません。アコギと仮歌が入った、いわゆるデモの段階までです。

美島 : いわゆる普通のポップスのやり方と一緒で、作家の人がコードと歌だけつくったものを僕がもらって、そこからアレンジしていくっていう。その段階で2曲とも似た雰囲気になったんでしょうね。

——なるほど。美島さんは今回のアレンジで特に意識したところはありますか?

美島 : やっぱり、リズムがあんまりない曲にしたい、というところですね。曲を書いた当時は、まだダンスの話は出ていなかったのですが。


ディン・ドーン
 

——そこにダンスの映像が入るとなれば、けっこう手を加えなければいけませんよね。

美島 : でも、どっちかと言うと曲のイメージに映像とダンスが合わせてくれましたね。とはいえ、サラウンドのミックスはやり直したかな。

——5.1chのですか? へえー。

美島 : これはサラウンドにしたほうがいいなと思って。

——折原さんはダンスの部分をプロデュースするにあたって苦労した点はありますか?

折原 : 今回苦労したのはチェルシーのソロのほう(「Ding dawn」)です。ソロの部分は場所がしょっちゅう変わるんですけど、映像としてはひと続きなので、ズレがないようにしないといけなくて。私たちは機械じゃないので、踊っているうちに少しずつタイミングが変わってくるんです。それをうまく見せることには苦労しましたね。

美島 : たしかにそれは大変だね。編集とかのこと考えたら。

——場所ごとに全部踊って、あとから撮ったものを部分的にピックアップして繋いだわけではないんですね。

折原 : 鎌倉街道の林の中で撮ったものはかなり撮ったんですよね。3分の2くらい踊ったのかな。私もアダムもチェルシーも場所ごとに全部踊ると思ってたんですよ。でも、監督の柘植さんはそういう考えではなくて。

——大きな映像のイメージは誰が用意したんでしょうか? 柘植さんですか?

マスヤマ : はい、監督は彼なので。もちろん初めの打ち合わせには僕らも参加しました。でも、あとはあまり具体的なことを言ってしまうと、監督が複数になってしまうので。

折原 : 苦労したと言えば、撮影をしたのが12月だったんですけど、チェルシーの衣装がほとんど着てない状態に近いものだったので、どうなることかと思いました。しかも、茨城とか栃木って寒いじゃないですか。

マスヤマ : 日の入りギリギリを撮らなきゃいけなかったしね。

——それは大変でしたね(笑)。最後に、このプロジェクトの次のアイディアがあったら教えてください。

マスヤマ : 美樹ちゃんの踊りのための曲を作るというのはやりたいと思っていて、これは年内には形にしたいなと。あとは、美樹ちゃんプロデュースでいろんなダンサーをコーディネートして、映像をつくったりね。今回みたいなゴージャスなものでなくていいので、新しいダンサーを使って、もっとカジュアルな、それこそ6秒だけのダンスに曲をつけるとかでもいいわけじゃないですか。6秒の映像ならみんな見るでしょ? 美樹ちゃんのところにダンサーのリソースはあるので、それをもっと活かせたらおもしろいなと思います。

——なるほど。折原さんはこのプロジェクトにどんなことを期待していますか?

折原 : マスヤマさんが言ったことにはすごく興味があります。私のもっているネットワークももちろんですが、スティーヴン(折原の夫でありダンサー)のもっているネットワークも使うことができれば、かなりたくさんのダンサーをカヴァーできると思うんですよ。そういうネットワークを使って何かできたらおもしろいなと。さっきの話じゃないけど、6秒ごとに踊るダンサーを変えることも可能だと思います。

——ライヴも想定しているんですか?

マスヤマ : してなくはないです。というか、それがひとつの完成形ですよね。でもそのためには折原美樹という人を世の中に広めなければならないので、まずは情熱大陸かな(笑)。いやマジで(笑)。


本作をより詳しく知るためのブックレット発売中!!

「ディン・ドーン」、「Ding dawn」、「手を伸ばして、私にふれるまで、ぎゅっと。」、「Reach out until you can feel me. Hold tight.」の歌詞はもちろん、mishmash*Miki Oriharaの結成や制作に迫るインタヴュー、さらには佐々木俊尚(ITジャーナリスト)と井野英隆(augment5)が本作を語る対談まで、充実の内容を収録したブックレットが発売中。OTOTOYで購入した音源と映像を味わい尽くすために、ぜひ手に入れたいアイテムです。

※ブックレットに音源および映像のデータは付属しておりません。

RECOMMEND

mishmash*Juile Watai / セカンド・アルバム/The Second Album (24bit/96kHz)

ポップでキュートなテクノ・サウンドの上に、ヴォーカロイドを思わせるJulie Wataiの歌声が見事にマッチ。チップチューンをベースにしながらも、美島が組み立てる楽曲はゴージャスな響きを持っています。mishmash*Juile Watai、好評につき制作された2ndアルバムを、OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾで配信中!

>>特集ページはこちら

mishmash*Juile Watai / mishmash*Julie Watai (24bit/96kHz)

mishmash*Juile Wataiの記念すべきファースト・アルバム。知性や感性の豊かさ、よく練られたメロディー、ポップな浮遊感、ひと目では分からない仕掛けがいっぱいで、聴くたびに新たな発見がある。曲ごとにガラッと変わる世界観は、癖になること間違いなし。mishmash*Juile Wataiのエンターテインメント性が凝縮された1枚。

>>特集ページはこちら

Ásgeir / In the Silence (Bonus Track Version)

シガー・ロスの壮大なスケール感、ボン・イヴェールの美しいハーモニー、トム・ヨークの圧倒的なエレクトロニクス、マムフォード & サンズの高揚感が1枚に詰まった、弱冠21歳の天才シンガー・ソングライターによる、2014年最大級のデビュー・アルバム!

>>特集ページはこちら

Cornelius / Sensuous (24bit/96kHz)

コーネリアスが2006年に発表した5作目のオリジナル・アルバムが、リリースから8年の時を経て、24bit/96kHzのハイレゾで甦った。リマスターもエディットもされることなく、録音された当時の音のまま解禁されたこのハイレゾ版。すべての音が絶妙に配置され、繊細な響きを奏でる。音の響きそのものが持つ豊かさを堪能できる、絶対にハイレゾで聴くべき1枚。

>>特集ページはこちら

PROFILE

mishmash* (ミッシュマッシュ)
コーネリアスのサウンド・プログラマを務める美島豊明と、音楽、映像、ウェブサイトといった総合的なプロデュースを担当するマスヤマコムの2人によるユニット。

折原美樹 (おりはらみき)
マーサ・グラハム・ダンスカンパニー・プリンシパルダンサー。東京都出身。1979年、文化学院卒業後、ニューヨークに渡り、ジョフリーバレエ学校、アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスセンターなどで学ぶ。1983年、マーサ・グラハム・アンサンブル結成時にメンバーとなり、87年に正式に入団、プリンシパルダンサーとして現在にいたる。舞踊団にて活動する傍ら、97年から98年にかけては、ブロードウェイ「王様と私」に出演。2010年、ニューヨーク・ダンス / パフォーマンス・アワードのベッシィー賞を受賞。2013年にmishmash*Miki Oriharaのプロジェクトに参加。2014年5月、初のソロ・コンサート「Resonance」をNYのLa MaMaシアターで行う。

>>mishmash*Miki Orihara OFFICIAL HP

最優秀作、発表!!!

2014年2月1日、3月1日におこなわれたオトトイの学校「美島豊明のLogic教室 Season2〜アレンジ実践編〜」。講座中に募集したアレンジ課題作品の中から、最優秀作品が発表されました。詳細は以下のページをチェック!!

>> http://ototoy.jp/school/event/info/116
o

 
 

インタヴュー

松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!
[CLOSEUP]・2017年08月19日・松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!! 埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする! 8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろca
by 西澤 裕郎
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事