自由が丘のビースティなBoy&Girls! 3人組のポップなバンド、HAPPLEによる2年ぶりの全曲ラップを取り入れた新作をフル試聴&予約受付中

2010年の結成から、ほっこりとさせるようなポップ・ソングを軸に幅広い楽曲性を披露してきた3人組のポップなバンド、HAPPLE。今回彼らがリリースする新作はなんと全曲ラップ入り! そんな2ndアルバム『Three to 2,1』ハイレゾ版の予約を受付開始! しかもアルバムから2曲をフル試聴でお届け!! どこよりも早く収録曲を聴いて、そしてぜひ予約を。

今作のプロデュースとエンジニアリングを務めたNATSUMENのAxSxEとの対談を公開。今作のスタイルに至った経緯、そしてバンドのこれからを、両者の出会いの場でもある自由が丘サークルサウンズで語ってもらった。

収録曲フル試聴 / 先行予約受付実施中!!

M03「little」、M05「Cookie,Cracker&Biscuit」のフル試聴を実施中!!(その他は45秒の試聴になります)


【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) / AAC

【価格】
単曲 216円(税込) / アルバム 1,836円(税込)

【発売日】
2015年9月23日(水)

>>ご予約はこちらから


HAPPLE / Black Whole New World

INTERVIEW : HAPPLE & AxSxE(NATSUMEN)

「華あるで」って言ってくれたんですよ(笑)

サークルサウンズは自由が丘の老舗音楽スタジオ

——まずHAPPLEとAxSxEさんの出会いは、どんなものだったのでしょうか?

ドキ ヨシヒロ(以下、ドキ) : マスター(サークルサウンズのオーナー)が入院してた時期があって。そのときAxSxEさんが代わりに店番をやってたんですよ。
AxSxE : まったく覚えてない(笑)。
ドキ : 当時僕は大学のスタジオばっかり使ってて、外のスタジオを使ったことがなかったんです。だからギターのピックアップが隣のスタジオの音を拾っちゃうってことも知らなくて。そのとき僕は録音をしてたんですけど、その音があまりにも入るから、AxSxEさんに「これどうやったら直るんですか?」って質問をしたんですね。そしたら「これは直らん!」って言われて。
AxSxE : あはは(笑)、まじ覚えてない(笑)。でも初めて会ったのは、このスタジオに通い始めたときってことか。
ドキ : そうですね。そのときはAxSxEさんがNATSUMENの人ってことも知らなかったんですよ。店番の人だと思ってて。

——それは何年くらい前のことですか?

ドキ : 12年くらい前ですかね。まだ僕らが“いなかやろう”として活動していたときです。
オシダ チサヨ(以下、オシダ) : それからもうずーっとこのスタジオに来ているんですよ。

——みなさんは3人ともいなかやろうのメンバーですよね。それがHAPPLEに変わったのは…。

オシダ : 2010年かな。
ドキ : それまでに2枚のアルバムを出したんですけど、ちょっと限界がきて、いなかやろうを1回休むことにしたんです。いなかやろうではギターを結構弾いてたんですけど、もう僕はそういうテンションじゃなかったんですよ。そんな状態で続けるのは苦痛じゃないですか。
サイトウ アサミ(以下、サイトウ) : そういう人が1人でもいたら、バンドが違う方向に進むのは当たり前のことかなとは思いますね。
ドキ : とにかく全然違うことを一からやりたいって思ったんです。でもいなかやろうは10年近くやってきたし、そもそも僕が生まれて初めて組んだバンドだったんですよ。なので新しいバンドを作る方法がわからない。だからそのままのメンバーで、バンド名を変えてやり直すことにしました。当時はまだベースもいて4人組だったんですが、これが5年前のことですね。

(左から)サイトウ アサミ、オシダ チサヨ、ドキ ヨシヒロ、AxSxE

——AxSxEさんは、いなかやろうの時代から関わりがあったと思うんですけど、HAPPLEになって思うところはありました?

AxSxE : 変わろうとしてるんかなぁ? と。 もっと自然に自分のやりたいことをやろうとしてるんかなぁと。
ドキ : あぁ、たしかにそうです。

——じゃあ逆に言えばいまは自然体というか、やりたいことに忠実になったと。

サイトウ : でもHAPPLEを始めたら始めたで、結構悩みながらやってたね。
ドキ : HAPPLEになってから、あさみちゃんは2台のキーボードを弾いていたんですが、ベースが抜けてから片手でベースラインを弾き始めたんですね。そのときにまず「ドラムとベースと歌だけで成立する音楽をやろう!」と思って。そこからだんだんと明確なヴィジョンが見えてきたんです。

——なるほど。今回はラップ・アルバムということで前作『ドラマは続く』とは雰囲気が違いますけど、その変化もバンドにとっては自然なことだったんですか?

オシダ : 実は3人で初めてライヴをやったときからラップをやってるんですよ。
ドキ : 3人になったHAPPLEの初めてのライヴが2011年の11月にあったんですけど、そのときに今作に入ってる「Cookie,Cracker&Biscuit」をやっていますね。それでその初ライヴの1ヶ月後にサークルサウンズ祭りっていうイベントがあったんですけど、その曲をやったら場内大ウケで。AxSxEさんもそのライヴを観ていて、終わったあと俺らに「華あるで」って言ってくれたんですよ(笑)。そのときに「これはイケる!」って思って。

ずっと通ってるので、このサークルサウンズが標準になってくる

——じゃあ今回のラップ・アルバムも元をたどればAxSxEさんの影響があると(笑)。

AxSxE : いやいや(笑)。じゃなくて、そのライヴがすっげぇよかったんですよ。バンドも変わっていろいろ悩んでる感じもして、どうなるのかと思ってたんやけど、めっちゃええやんって。振り付けも含め、めちゃ雰囲気ええやんて!
ドキ : その次の年には今回の2曲目の「We can work it out !!」をやったんですよ。それも大ウケ(笑)。サークルサウンズ祭りって仲間が集まってるから、元々すごい温かい雰囲気っていうこともあるけど。
オシダ : でもその反応でうちらも吹っ切れたんです。自分らが楽しいって感じることをやってもいいんだなって。そこから自然とバンドで生演演する曲も明るくて楽しい曲になっていったんですよね。

——じゃあAxSxEさんをはじめ、サークルサウンズ周辺の人が「いいじゃん」って言ってくれて自信が出たんですね。

ドキ : それはもう大いにありますよ! 
AxSxE : HAPPLEのライヴを観たとき、1人1人のキャラも出てたし、なんか笑えるし、泣けるし。人柄みたいなものがすごく出てた。あと、この3人の背丈の似てる感じとかもいいしね。「完璧やん!」と思った(笑)。

——このサークルサウンズという場所についても話を伺っていきたいです。AxSxEさんは基本的にこのスタジオにいるんですか?

AxSxE : いや、長年ただの客やけど、しかしマスターは身内みたいな存在というか。俺とマスターは親子でもないし、兄弟でもないし、友達とも違う。けどマスターになにかあったら我投げ打ってなんでもやるで! って感じです。俺はいまバンド練も少なくなってきてて、自分の作業しにくるのが多いけど、1番ここのスタジオに入ってるのが確実にHAPPLE。この子らは最低週2は来てる。

——結成10年を超えて週2で練習してるバンドはなかなか聞かないですよ。

AxSxE : この子らにはまじでバンド活動してほしいんすよ。そしてサークルサウンズの未来のためにも。俺はここの経営者でもなんでもないんやけどスタジオを使い続けて欲しい(笑)。

一同:あははは(笑)。

サイトウ : でもここに来ないと、バンドはなにも進まないですね。

——HAPPLEはいつもこのAスタに入って練習してるんですか?

サイトウ : はい。たまにBスタ、Cスタには入りますけど。
ドキ : Aスタが1番落ち着きますね。ずっと通ってるので、このサークルサウンズが標準になってくるじゃないですか。でも1回だけここの予約が取れなくて都立大学のほうの別のスタジオに入ったことがあるんです。そのときに僕は1日ものすごい不機嫌だったんですよ。演奏がうまくいかないと、全部このスタジオが悪いんだと思って。それ以来、ほかのスタジオは使ってないですね。
サイトウ : あぁ! そんなこともあったね。

——でも例えばライヴの前に別の近くのスタジオに入るとかはありますよね?

オシダ : いや絶対ここですね。

——え!? それはすごいですね。

AxSxE : ここのスタジオは年数経ってる所はあるけど、なにか音が良くまとまるバランスがあるんですよ。天井、壁、床の感じとかで。俺はCスタしか入らんけど(笑)。

今回の9曲はHAPPLEにとって自然なものだと思うんです

——では新作『Three to 2,1』の話も聞いていきたいです。まずどういう経緯でAxSxEさんはプロデュースをすることになったんですか?

AxSxE : 前からマスター経由で「なんかラップの曲が集まったら、AxSxEにやってほしいって言ってるよ」と聞いてはいて。それで2013年の年末くらいにメールが来て正式に頼まれたんかな?

——ラップ・アルバムを作ろうってところから今作はスタートしてるんですね。

ドキ : そうなんですよ。さっきも言ったようにラップの曲は最初からあったんです。でもほかの楽曲と合わなかったから1枚目には収録してなくて。ライヴだったら、ラップの曲に持っていく流れを作れるんですけど、なかなか1枚のアルバムのなかでは、それが難しかったというか。だから3、4年前から、1stはあんまりラップとかが入ってない普通の曲、2ndはラップの曲って分けて、HAPPLEがやりたいことを2枚で表現しようと思ってたんですよ
AxSxE : でも俺にはラップの曲を集めたというより、コード進行とか、メロディとかは以前から地続きというか。今回の9曲はHAPPLEにとって自然なものだと思うんですよ。無理してラップの曲を集めたとは思わないし。

——なるほど。アルバム制作はどんなことから始めたんですか?

AxSxE : 制作の初日に俺はすごく感動したんやけど、この子らがいきなり「1曲ずつデモを聴いてもらうのと、ここで実際に歌うのとどっちがいいですか?」って訊いてきて(笑)。それで演ってもらったんですよ(笑)。

——AxSxEさんの前でライヴをしたと(笑)。

AxSxE : そう。始まりはこのAスタで3人でオケ流して振り付けもしながら、客は俺だけのライヴ(笑)。
サイトウ : 本気でやりました。
オシダ : でもAxSxEさんは、ちゃんとコール&レスポンスとかも1人でやってくれたんですよ。
ドキ : そのライヴの感じをわかってもらわないといけないから。
AxSxE : それで意気込みじゃないけど、俺にも伝わってきて「よっしゃ! もういっちまおうぜ!」って。そこからは本番の録音の前にまずサークルサウンズで「ここいらんのちゃう?」とか言いながらデモを聴いてね。

——Aスタでのライヴを観て、それを音源化するために1番力を入れようと思ったのはどこなんでしょう。

AxSxE : 人となりが出つつ、完成度求めた感じかなぁ。他人ごとじゃなく真剣にやってたら時間がかかっちゃった(笑)。

——HAPPLEから見て、今回のアルバム制作はどんなものでした?

ドキ : 今回のアルバムの曲は自分がシンガー・ソングライターとして作った曲じゃないんですよ。歌詞もほとんどオシダさんが書いてるし。だから今回は曲が全部自分の手を離れているというか、曲に対して距離感を持って冷静に接することできたんです。前は人に言われて自分の曲の構成を変えるのが嫌だったんですけど、今回に関しては「もう1回サビがあったほうがいいな」とか言われたら、それを素直に受け取ることができた。距離感があったから軽いノリでどんどんアレンジを変えていけましたね。
AxSxE : 俺もいわゆるプロデューサー的な、そんな立場で参加してないから、全体の構成を一緒に考えてね。で答えが見つかったときに、全員で「おーっ!!」って喜んだり。

——今回のアルバムを聴いて、いまのインディーの本流とは別のところにあるというか、すごい独特な道を歩んでるなという印象を受けたんです。

ドキ : え、でも売れたい気持ちを込めたんですけどね(笑)。僕的には今回の曲はすごい売れ線です。

——要するにHAPPLEはいまのシーンとは関係なく、やりたいことをやってるじゃないですか。それがいいなと思ったんですよ。

ドキ : 確かにそういう意味ではやりたいことしかやっていないですね。
AxSxE : 自分らの精度上げていって濃くしていったら何かが起こると思うよ。よくスタジオの外でHAPPLEの練習の音とかも聴いてるんですけど、全部気取らず自然体でやってるように聴こえてる。

——僕もHAPPLEの1番の良さはそういう部分だと思ってて。カッコつけてないんですよね。

AxSxE : うん、そう!

ドキ : えー! こんなサングラスかけてるのに(笑)。 これでも結構カッコつけたんですよ、髪型とかも気にしたり!
AxSxE : あははは(笑)。じゃなくて音楽性とか取り組み方とかね。

——でもこのサングラスも別にカッコよさを演出してるって感じではないですよね(笑)。

オシダ : 髪型とか衣装とか、そういう面も一時AxSxEさんが一緒に考えてくれたんです。それでずっとドキくんに「モヒカンにしろ」って言ってたんですよ。
ドキ : AxSxEさんがいなくなったとき「それはマジきついんだけど」って話をしてました(笑)。
AxSxE : いや、それはHAPPLEが「カフェでお茶を飲んでます」みたいなイメージをされないためにというか(笑)。そんなのは絶対あかんって思ってて(笑)。完璧にカッコつけるなんて、そんなんしょうもないやろ(笑)!

——アー写を見る限り、その企みは成功してると思います(笑)。これでHAPPLEは毛色の違う2枚のアルバムを出したことになるんですけど、いまは新しいところに向かっているんですか?

ドキ : いまは今回のラップの曲と1枚目の曲、その2つが混ざったモードだと思います。いまサポートを2人入れて5人でライヴをやっているんです。ベースとバイオリンを担当してくれる人と、打楽器、ギター、シンセとかいろいろ弾いてくれる人。その2人を加えているので、より肉体的な音楽をやってる気がするんですよ。すごいグルーヴが生まれてるっていう実感があって。これを研ぎ澄まして、次のアルバムとして出そうかなぁと思っています。なので新しい曲もいっぱい作ってます。

——わかりました。その次の作品も楽しみにしてますね。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 鶯巣大介
写真 : ハムカツ

LIVE INFORMATION

HAPPLE presents『“KIRAKU” PARTY vol.2~ペガサスマウンテン~』
2015年9月5日(土)@八丁堀七針

下北沢インディーファンクラブ
2015年9月22日(火・祝)

2015年11月15日(土)@京都ネガポジ

2015年11月23日(土)@金山ブラジルコーヒー

HAPPLE presents 「KIRAKU party vol.3」
2015年12月3日(木)@渋谷7thFLOOR

PROFILE

HAPPLE

2010年結成。2011年現在の3人組となり、歌、コーラス、ギター、ピアノ、キーボード、シンセベース、ドラムを3人で演奏するスタイルを確立。ライブではメロディアスなポップ・ソングを自ら演奏する一方、歌って踊るラップも披露。演奏形態はバンド3人編成、サポートを加えての5人編成、トラックを流しての3MCスタイル。2013年5月にファースト・アルバム『ドラマは続く』を〈Mine's Records〉より発表。

>>HAPPLE Official HP

AxSxE
NATSUMENのギタリスト。その他プロデュース、作曲、レコーディングエンジニア等、幅広く活動中。

>>NATSUMEN Official HP

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事