コッテルのコッテリアンカレーを食べてみた。

"覚醒"したコッテルが次に挑むのが、
インディ・ミュージック界のカレー王を決めるカレーの祭典

その名も…

★☆★コッテリアンカレーナイト★☆★

噂を聞きつけたOTOTOY編集長が、
コッテルの家でコッテリアンカレーを食べてきました

し・か・も!!

今なら新曲「コッテリアンカレーナイト」をフリーで♪
さらに「ポッピーパンツ」もハイレゾで配信中☆


開催!!! コッテリアンカレーナイト!!!
2015年3月21日(土) @大宮ヒソミネ
開場 / 開演 : 15:00 / 15:30
前売 / 当日 : 2,500円(+1D) / 3,000円(+1D) (※2種のカレー付きチケット)
出演 : [ライヴアクト]コッテル / peachonfuse / AJYSYTZ / TREKKIE TRAX / サトウトモミ / valows / Magnolia / AARHNND / テンパレイ / uminism / [カレーアクト]コッテル / パラソルキッチン(by AJYSYTZ Ba.平泉 佑真) / テニスカレー部(by AARHNND/夜聴の会 田畑猛) / 久(KUON)
詳細 : http://hisomine.com/schedules/view/683

コッテル主催イベント「コッテリアンカレーナイト」。カレー作りを特技とするコッテル、パラソルキッチン(by AJYSYTZ Ba.平泉佑真)、テニスカレー部(by AARHNND/夜聴の会 田畑猛)、久(KUON)の4人の猛者が集結し、インディ・ミュージック界の最強カレー王座を争います。優勝者にはトロフィーを贈呈。カレーの祭典とは言え、ライヴ・アクトもコッテルがブッキングした超豪華な全9組! ご来場の方々には2,500円の入場料で2種類のカレーを食べれるカレー券がと投票権が付いてきます。さらに投票券付きカレー・チケットを追加購入すれば、他の種類のカレーも食べることが可能に! あなたの一票が真のインディ・ミュージック・カレー王を決める!!



今なら1曲フリー♪
コッテルの新曲を聴いて食欲を刺激☆

レーベル Kilk Records  発売日 2015/02/12

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

コッテルの自宅を訪問
コッテリアンカレーを食べてみた。

取材 : 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)
写真 : Yukino Hattori

お部屋探検編

——まずは、お部屋を拝見させてもらいましょう... これはっ!!!

コッテル : とんがり帽子です。魔法使いに憧れてて...

——ん???

コッテル : あの… 自分は妖精だと思っていたので…

——......。ここにはインディアンもいますけど。どれがお気に入り?

コッテル : この絵が気に入ってます。ハワイ出身の友達が描いたやつ。

——これはっ!!?

コッテル : ディズニーシーに行ったら皆持ってて、私も欲しくなって買ったんです。それにピアスとかをぶっ刺して変えました。

——あっ、由紀さおりがある!

由紀さおりのCDを発見

コッテル : おすすめされてもらったんですよ。由紀さん、素敵なんですよ!

——おっ、B-DASHもあるじゃないですか!

B-DASHもあった

コッテル : GONGONさんとは3年くらいラジオ(※bayfm「おひやください。」)を一緒にやってて。GONGONさんは天才ですっ!

——「ピューと吹く!ジャガー」が好きなんだ。

「ピューと吹く!ジャガー」がバイブル

コッテル : 私のバイブルです! 初めて読んだときに衝撃を受けて。私のギャグセンスはうすた(京介)さんに培われました。

——ギャグセンス... なるほど。作曲もここで?

コッテル : はい。椅子がないので、体育座りしてやってます。

——MIDIキーボードもある。ここでどの程度まで作るんですか?

コッテル : 大体全部ここで。歌とかも。

——曲は基本的にコッテルが?

コッテル : はい。大体私が作ってます。

カレーのこだわり編

——これが〈コッテリアンカレーナイト〉で出すカレーですね。一番のポイントはどこ?

コッテル : とにかく、フルーティーなものを大量に入れてます。マンゴーチャツネとか。

——マンゴーチャツネ... どれ?

コッテル : えっ、もう溶けちゃってないですよ(笑)。ジャムみたいなペーストなので。あとは玉ねぎも大量に入れて、あらゆるものもたくさん入れてます。スパイス以外にもウスターソースとかケチャップとかハーブとか。とりあえず色々入れる。

——ほう... ターメリックライス...

コッテル : そうです。そこ大事なんですよ。水を少なめに炊いて、バターを入れて。

——このオーブン…

コッテル : あ、それ汚いんで見ないでください! 拾ってきたやつなので…。

——ええっ!

コッテル : 「トースターがない」って言ったら知り合いが持ってきてくれて。ちゃんと綺麗にして使ってはいるんですけど、何だか汚いので... できれば見ないでー!

——(笑)。料理は得意?

コッテル : そうですね。5年位前からご飯を作るアルバイトをしていて。それとは別にカレーの研究が好きだったので、大体3年くらいでこのカレーが出来上がりました。

——よし、じゃあお腹も空いてきたしカレーをいただきましょう。うわー旨そう!

コッテル : 辛みが足りなければお好みでガラムマサラを入れてください。

——いただきます! …うまっ!!! めちゃくちゃ美味しいです。

OTOTOY編集長、飯田仁一郎

コッテル : 本当? よかった! 嬉しい。

——これ作るのにはどの位かかるんですか?

コッテル : 1時間くらいかな?

——あっ... そんなもんですか... コッテリアンカレーナイトでは、本気のカレー勝負をするんだよね?

コッテル : はい。手強い相手が3人。うち2人のカレーは食べたことがないので詳細はわからないんですけど、自信はありますよ。

音楽トーク編

——”覚醒”後、ライヴはどんな調子ですか?

コッテル : 最近ようやく掴めてきた感じがしますね。前は「お客さんに歩み寄っていったほうがいいのかな?」って考えてたんですけど、最近はそれが無駄だと感じるようになって。「これが私よ!」って開き直るようになったらすごく楽になったんです。共演する人も以前とは変わったし、自分っぽさを出すことにちょっとずつ慣れてきたところなので、もっと色々アイデアを練って頑張ろうって感じ。

——曲づくりは?

コッテル : 最近はベースを私が作って、森大地さん(kilk records)にアレンジをやってもらってます。

——今回は、「コッテリアンカレー」と「ポッピーパンツ」の2曲をフリー・ダウンロードで、ということですけど、「ポッピーパンツ」はどんな曲ですか?

コッテル : 可愛くてエロい曲。このスタイルになったきっかけの曲というか、前みたいな真面目な感じじゃなく、日本語でラップっぽいアプローチでやってみたいなと思って初めて作った曲です。

——コッテルは、なぜ覚醒したの?

コッテル : 特に大きなきっかけや理由はなくて。色々好きだし、単純に「こういうのやってみたいな」と思ったんです。好きなアーティストってたくさんいるけど、「世界観はこれ」「声はこれ」「雰囲気はこれ」って、自分の好みを全部まとめてやったら今の感じになってしっくりきたというか...

——なるほど。そこにこの間の特集で挙げてくれたキーワードがはまるんですね。とはいえ、リスナーに対しては大きな転換ですよ。

コッテル : うーん、でもそこまで皆が「どうしちゃったの?!」って言うのがわからなくて。私が今やりたかったのがこれだっただけで、そんなに何も起きてないから...

——キーワードの中でも、やっぱりグライム系、M.I.Aとかの影響が大きいんですかね。

コッテル : 私、本当に雰囲気というか、「このアーティストのこの感じとあのアーティストのあの感じを合わせたい」と思ってやっていて、それが色々あるから、別にずっとグライムをやりたいわけでもないんですよ。でも基本的にポップスでありたいというのは一貫してあるかも。

——じゃあまた大きく覚醒する可能性もあるってことですかね?

コッテル : そうですね。前みたいにはならないと思うけど、例えばマイケル・ジャクソンみたいにはなりたいし。

——今は、どんなモチベーション?

コッテル : もちろんやる気はあるし、もっと大きなところでやりたいとかいろんな人に聴いてもらいたいとか、今度はこういう作品を作りたいっていう欲求はあるんですけど、「何がなんでも、死んでもやってやる!」みたいな気持ちはないかもしれない。でもずっと音楽はやりたいし、結局音楽のために動いてるので、やるしかないというか。あとそんなに思い詰めてやらなくなりましたね。

——何を思い詰めていたの?

コッテル : いや、何で悩んでたのか忘れちゃう位くだらないことなんですけど(笑)。悩むと時間が無駄に過ぎることに気付いて、最近はなくなった。

——へえ。じゃあ今は本当にやりたいことをやれていて、気が楽になったんだ。

コッテル : うん、なんか吹っ切れましたね。色々やりたいこともあるし。

——楽しいですか?

コッテル : 楽しいです。「えーい、知るかー!」って感じになったので。

——変な編集長がやってきて、家を散策されたりしても?

コッテル : それは、結構泣きそうになりました(笑)。「何で私がこんな目にあうんだろう」って思ったけど、でもすごい編集長が楽しそうだったからよかったなって思いました(笑)。

——コッテリアンカレーナイトはどんな感じにしたいですか?

コッテル : 出演者を目一杯呼んだので、楽しく出来たらいいな。

——自主企画はワンマン以来?

コッテル : そうですね。ワンマンはやりましたけど、誰かを自発的に呼んでやったりしたことがなかったので、最初はちょっと面倒くさいかなって思ったんですけど、いろんな人に声をかけて、どういうイヴェントにするかを考えるのは楽しかったですね。当日、私はカレーも作るし、ライヴもするし、お客さんが居なかったらチーンとなっちゃうと思うので(笑)、遊びにきてほしいです。きっと楽しくなるから!

コッテルのカレーが食べたくなった?
それならコッテリアンカレーナイトへGO!!


コッテリアンカレーナイト
2015年3月21日(土) @ヒソミネ
開場 / 開演 : 15:00 / 15:30
前売 / 当日 : 2,500円 / 3,000円 (※4種のカレー付きチケット)
出演 : コッテル / peachonfuse / AJYSYTZ / サトウトモミ / TREKKIE TRAX / valows / Magnolia / テンパレイ / AARHNND / uminism / and more...
詳細 : http://hisomine.com/schedules/view/683

コッテルが覚醒した第1弾シングルはこれ☆

レーベル Kilk Records  発売日 2014/11/01

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

>>ん? コッテル!!??☆??!! (OTOTOY特集ページ)

コッテルって何者!?!?!?


コッテル
24才の女性SSW、千代によるソロ・プロジェクト。2007年、16歳の時に2人組のユニットとしてコッテルを結成。2010年、omotesando records (OMOTES)よりミニ・アルバム『nukonomad』発売。2011年、千代のソロ・ユニットになる。2013年、kilk recordsより1stアルバム『トマト帽のベレー』発売。2014年に覚醒。これまでのElectronica〜Ambient〜Neo-Psychedelic〜Chill Outミュージックな世界観から一転、「中東サイバー萌え萌えファイター」として活動を開始。日々真の女ファイター目指して修行中。
>>コッテル Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。3人の日常も垣間見える話題も満載です。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【T
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事