コッテルのコッテリアンカレーを食べてみた。

"覚醒"したコッテルが次に挑むのが、
インディ・ミュージック界のカレー王を決めるカレーの祭典

その名も…

★☆★コッテリアンカレーナイト★☆★

噂を聞きつけたOTOTOY編集長が、
コッテルの家でコッテリアンカレーを食べてきました

し・か・も!!

今なら新曲「コッテリアンカレーナイト」をフリーで♪
さらに「ポッピーパンツ」もハイレゾで配信中☆


開催!!! コッテリアンカレーナイト!!!
2015年3月21日(土) @大宮ヒソミネ
開場 / 開演 : 15:00 / 15:30
前売 / 当日 : 2,500円(+1D) / 3,000円(+1D) (※2種のカレー付きチケット)
出演 : [ライヴアクト]コッテル / peachonfuse / AJYSYTZ / TREKKIE TRAX / サトウトモミ / valows / Magnolia / AARHNND / テンパレイ / uminism / [カレーアクト]コッテル / パラソルキッチン(by AJYSYTZ Ba.平泉 佑真) / テニスカレー部(by AARHNND/夜聴の会 田畑猛) / 久(KUON)
詳細 : http://hisomine.com/schedules/view/683

コッテル主催イベント「コッテリアンカレーナイト」。カレー作りを特技とするコッテル、パラソルキッチン(by AJYSYTZ Ba.平泉佑真)、テニスカレー部(by AARHNND/夜聴の会 田畑猛)、久(KUON)の4人の猛者が集結し、インディ・ミュージック界の最強カレー王座を争います。優勝者にはトロフィーを贈呈。カレーの祭典とは言え、ライヴ・アクトもコッテルがブッキングした超豪華な全9組! ご来場の方々には2,500円の入場料で2種類のカレーを食べれるカレー券がと投票権が付いてきます。さらに投票券付きカレー・チケットを追加購入すれば、他の種類のカレーも食べることが可能に! あなたの一票が真のインディ・ミュージック・カレー王を決める!!



今なら1曲フリー♪
コッテルの新曲を聴いて食欲を刺激☆

レーベル Kilk Records  発売日 2015/02/12

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

コッテルの自宅を訪問
コッテリアンカレーを食べてみた。

取材 : 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)
写真 : Yukino Hattori

お部屋探検編

——まずは、お部屋を拝見させてもらいましょう... これはっ!!!

コッテル : とんがり帽子です。魔法使いに憧れてて...

——ん???

コッテル : あの… 自分は妖精だと思っていたので…

——......。ここにはインディアンもいますけど。どれがお気に入り?

コッテル : この絵が気に入ってます。ハワイ出身の友達が描いたやつ。

——これはっ!!?

コッテル : ディズニーシーに行ったら皆持ってて、私も欲しくなって買ったんです。それにピアスとかをぶっ刺して変えました。

——あっ、由紀さおりがある!

由紀さおりのCDを発見

コッテル : おすすめされてもらったんですよ。由紀さん、素敵なんですよ!

——おっ、B-DASHもあるじゃないですか!

B-DASHもあった

コッテル : GONGONさんとは3年くらいラジオ(※bayfm「おひやください。」)を一緒にやってて。GONGONさんは天才ですっ!

——「ピューと吹く!ジャガー」が好きなんだ。

「ピューと吹く!ジャガー」がバイブル

コッテル : 私のバイブルです! 初めて読んだときに衝撃を受けて。私のギャグセンスはうすた(京介)さんに培われました。

——ギャグセンス... なるほど。作曲もここで?

コッテル : はい。椅子がないので、体育座りしてやってます。

——MIDIキーボードもある。ここでどの程度まで作るんですか?

コッテル : 大体全部ここで。歌とかも。

——曲は基本的にコッテルが?

コッテル : はい。大体私が作ってます。

カレーのこだわり編

——これが〈コッテリアンカレーナイト〉で出すカレーですね。一番のポイントはどこ?

コッテル : とにかく、フルーティーなものを大量に入れてます。マンゴーチャツネとか。

——マンゴーチャツネ... どれ?

コッテル : えっ、もう溶けちゃってないですよ(笑)。ジャムみたいなペーストなので。あとは玉ねぎも大量に入れて、あらゆるものもたくさん入れてます。スパイス以外にもウスターソースとかケチャップとかハーブとか。とりあえず色々入れる。

——ほう... ターメリックライス...

コッテル : そうです。そこ大事なんですよ。水を少なめに炊いて、バターを入れて。

——このオーブン…

コッテル : あ、それ汚いんで見ないでください! 拾ってきたやつなので…。

——ええっ!

コッテル : 「トースターがない」って言ったら知り合いが持ってきてくれて。ちゃんと綺麗にして使ってはいるんですけど、何だか汚いので... できれば見ないでー!

——(笑)。料理は得意?

コッテル : そうですね。5年位前からご飯を作るアルバイトをしていて。それとは別にカレーの研究が好きだったので、大体3年くらいでこのカレーが出来上がりました。

——よし、じゃあお腹も空いてきたしカレーをいただきましょう。うわー旨そう!

コッテル : 辛みが足りなければお好みでガラムマサラを入れてください。

——いただきます! …うまっ!!! めちゃくちゃ美味しいです。

OTOTOY編集長、飯田仁一郎

コッテル : 本当? よかった! 嬉しい。

——これ作るのにはどの位かかるんですか?

コッテル : 1時間くらいかな?

——あっ... そんなもんですか... コッテリアンカレーナイトでは、本気のカレー勝負をするんだよね?

コッテル : はい。手強い相手が3人。うち2人のカレーは食べたことがないので詳細はわからないんですけど、自信はありますよ。

音楽トーク編

——”覚醒”後、ライヴはどんな調子ですか?

コッテル : 最近ようやく掴めてきた感じがしますね。前は「お客さんに歩み寄っていったほうがいいのかな?」って考えてたんですけど、最近はそれが無駄だと感じるようになって。「これが私よ!」って開き直るようになったらすごく楽になったんです。共演する人も以前とは変わったし、自分っぽさを出すことにちょっとずつ慣れてきたところなので、もっと色々アイデアを練って頑張ろうって感じ。

——曲づくりは?

コッテル : 最近はベースを私が作って、森大地さん(kilk records)にアレンジをやってもらってます。

——今回は、「コッテリアンカレー」と「ポッピーパンツ」の2曲をフリー・ダウンロードで、ということですけど、「ポッピーパンツ」はどんな曲ですか?

コッテル : 可愛くてエロい曲。このスタイルになったきっかけの曲というか、前みたいな真面目な感じじゃなく、日本語でラップっぽいアプローチでやってみたいなと思って初めて作った曲です。

——コッテルは、なぜ覚醒したの?

コッテル : 特に大きなきっかけや理由はなくて。色々好きだし、単純に「こういうのやってみたいな」と思ったんです。好きなアーティストってたくさんいるけど、「世界観はこれ」「声はこれ」「雰囲気はこれ」って、自分の好みを全部まとめてやったら今の感じになってしっくりきたというか...

——なるほど。そこにこの間の特集で挙げてくれたキーワードがはまるんですね。とはいえ、リスナーに対しては大きな転換ですよ。

コッテル : うーん、でもそこまで皆が「どうしちゃったの?!」って言うのがわからなくて。私が今やりたかったのがこれだっただけで、そんなに何も起きてないから...

——キーワードの中でも、やっぱりグライム系、M.I.Aとかの影響が大きいんですかね。

コッテル : 私、本当に雰囲気というか、「このアーティストのこの感じとあのアーティストのあの感じを合わせたい」と思ってやっていて、それが色々あるから、別にずっとグライムをやりたいわけでもないんですよ。でも基本的にポップスでありたいというのは一貫してあるかも。

——じゃあまた大きく覚醒する可能性もあるってことですかね?

コッテル : そうですね。前みたいにはならないと思うけど、例えばマイケル・ジャクソンみたいにはなりたいし。

——今は、どんなモチベーション?

コッテル : もちろんやる気はあるし、もっと大きなところでやりたいとかいろんな人に聴いてもらいたいとか、今度はこういう作品を作りたいっていう欲求はあるんですけど、「何がなんでも、死んでもやってやる!」みたいな気持ちはないかもしれない。でもずっと音楽はやりたいし、結局音楽のために動いてるので、やるしかないというか。あとそんなに思い詰めてやらなくなりましたね。

——何を思い詰めていたの?

コッテル : いや、何で悩んでたのか忘れちゃう位くだらないことなんですけど(笑)。悩むと時間が無駄に過ぎることに気付いて、最近はなくなった。

——へえ。じゃあ今は本当にやりたいことをやれていて、気が楽になったんだ。

コッテル : うん、なんか吹っ切れましたね。色々やりたいこともあるし。

——楽しいですか?

コッテル : 楽しいです。「えーい、知るかー!」って感じになったので。

——変な編集長がやってきて、家を散策されたりしても?

コッテル : それは、結構泣きそうになりました(笑)。「何で私がこんな目にあうんだろう」って思ったけど、でもすごい編集長が楽しそうだったからよかったなって思いました(笑)。

——コッテリアンカレーナイトはどんな感じにしたいですか?

コッテル : 出演者を目一杯呼んだので、楽しく出来たらいいな。

——自主企画はワンマン以来?

コッテル : そうですね。ワンマンはやりましたけど、誰かを自発的に呼んでやったりしたことがなかったので、最初はちょっと面倒くさいかなって思ったんですけど、いろんな人に声をかけて、どういうイヴェントにするかを考えるのは楽しかったですね。当日、私はカレーも作るし、ライヴもするし、お客さんが居なかったらチーンとなっちゃうと思うので(笑)、遊びにきてほしいです。きっと楽しくなるから!

コッテルのカレーが食べたくなった?
それならコッテリアンカレーナイトへGO!!


コッテリアンカレーナイト
2015年3月21日(土) @ヒソミネ
開場 / 開演 : 15:00 / 15:30
前売 / 当日 : 2,500円 / 3,000円 (※4種のカレー付きチケット)
出演 : コッテル / peachonfuse / AJYSYTZ / サトウトモミ / TREKKIE TRAX / valows / Magnolia / テンパレイ / AARHNND / uminism / and more...
詳細 : http://hisomine.com/schedules/view/683

コッテルが覚醒した第1弾シングルはこれ☆

レーベル Kilk Records  発売日 2014/11/01

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

>>ん? コッテル!!??☆??!! (OTOTOY特集ページ)

コッテルって何者!?!?!?


コッテル
24才の女性SSW、千代によるソロ・プロジェクト。2007年、16歳の時に2人組のユニットとしてコッテルを結成。2010年、omotesando records (OMOTES)よりミニ・アルバム『nukonomad』発売。2011年、千代のソロ・ユニットになる。2013年、kilk recordsより1stアルバム『トマト帽のベレー』発売。2014年に覚醒。これまでのElectronica〜Ambient〜Neo-Psychedelic〜Chill Outミュージックな世界観から一転、「中東サイバー萌え萌えファイター」として活動を開始。日々真の女ファイター目指して修行中。
>>コッテル Official HP

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事