【REVIEW】電子音楽×ブラックメタル-VMO最新作、『Catastrophic Anonymous』が魅せる驚異の深淵

Vampilliaの別編成プロジェクトとして始動したVMOは、ノイズやテクノ、ブラックメタルがクロスオーバーしたサウンドとストロボを使用した前衛的な演出が話題となっている。OTOTOYでは、そのVMOのファースト・アルバム『Catastrophic Anonymous』をハイレゾ配信。彼らの実験的な処女作をしっかりと吟味しよう。

VMOの1stアルバムをハイレゾ配信

VMO / Catastrophic Anonymous(24bit/48kHz)

【収録曲】
1. The Beginning of Fortune feat Chip King(The Body)
2. Acts of Charity
3. In Favor Of Cruelty
4. Divorcer feat Attila Csihar(Sunn O))),Mayhem)
5. Halved feat Chip King(The Body)
6. One Day Less
7. At The Bank
8. Brick Wall feat Chip King(The Body)
9. Pursuit of Dignity
10. Out of Orbit

【配信形態・配信価格】
24bit/96kHz WAV / ALAC / FLAC
単価216円 / まとめ価格 1,728円(税込)

AAC
単価162円 / まとめ価格 1,620円(税込)


REVIEW : VMO 『Catastrophic Anonymous』

電子音楽とブラックメタルの融合。本作『Catastrophic Anonymous』はそんな実験から生まれた作品である。“Violent Magic Orchestra”の略称でもあるというVMOの名の通り、全編にわたって不穏な空気を充満させ、凶暴さ、そして叙情性が渦巻くサウンドをけたたましく鳴らしている。

文章 : 鶯巣大介
構成 : 椿拓真

実験音楽的に交わる楽曲のエッセンスたち

彼らはVampilliaのメンバーを軸にした新バンド。そのほかにライヴ・ヴィジュアルを担当するkezzardrix、サウンド面において、国外よりピート・スワンソン、エクストリーム・プリコーションズといったインダストリアル / ノイズ・ミュージックを個人でも手がける2名を迎えた。

今作でまず耳につくのは、漆黒のディストーション・サウンドによって刻まれる超高速ビートだろう。それが楽曲の重厚感を増長させている。また作品の凶暴性をさらに後押ししているのが、アルバムに参加しているアッティラ・シハー(Sunn O))) / MAYHEM)、チップ・キング(THE BODY)の2名によるスクリームだ。特徴的なビートとそのヴォイスが交錯することで、アルバムのダークな雰囲気がより高められている。

アルバムを通して見えるVampilliaのDNA

アルバムの後半では、“ブルータル・オーケストラ”の異名を持つVampilliaが持つ音楽の要素がはっきりと顔を覗かせる。讃美歌のようなオルガンの音色が美しい6曲目から作品の風向きは変わり、激しさを伴いながら、楽曲は物語性を感じさせるようにシンフォニックな展開へ。光と闇の音色が入り混じりながら、終盤に向かって加速していくさまは美しく、暗がりのなかをもがき、やっとのことで希望が差し込むような解放を感じさせた。

またVMOが演出する光と闇はサウンドだけに限ったことではない。彼らはそのライヴ・パフォーマンスにおいて、暗転する会場に数台のストロボライトを持ち込み、大量に焚かれたスモークに包まれるステージを激しく明滅させる。大音量のノイズ、コマ送りになる視界、聴覚においても視覚においても、次になにが飛び込んでくるのか分からない場を築き上げる。ストロボの効果も交えながら、その空間で繰り広げられるダイナミックな演奏は、まさに今作でも到達してみせたカタルシスへと観客を導く。ではVMOが表現する世界をその耳で、そしてその目で、体験してみてほしい。

PROFILE


VMO

VMO a.k.a Violent Magic Orchestra エレクトロニクス担当のPete Swanson(ex Yellow Swans)、MIX、シンセ、ビート担当のExtreme Precautions、楽器担当のVampillia、ライブヴィジュアル担当のkezzardrix、そして3台のストロボライトからなるテクノ、ブラックメタル、インダストリアル、ノイズが渾然一体となり発光されるアートミュージックプロジェクト。それはまるでブラックメタルmeetsクラフトワーク、バーズムに侵略されたエイフェックスツイン。ちなみに現在もっともライブハウス、クラブで電力を喰うユニット。VMOの総電力量は、4500W。わかりやすく言うとアンプ56台分。The BodyのChip King、SUNNO)))、MAYHEMのAttilaが参加する1st album「Catastrophic Anonymous」を国内盤はworld’s end girlfriend率いるVirgin Babylon Recordsより、ワールドワイド盤はCONVERGEのDEATHWISH傘下Throatruiner Recordsよりリリース。

>>VMO オフィシャルホームページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三
【REVIEW】 世界中を旅するサイケデリア──Tempalayが詰め込んだ音楽のサラダボウル『from JAPAN 2』
[CLOSEUP]・2017年08月30日・世界中を旅するサイケデリア──Tempalayが詰め込んだ音楽のサラダボウル『from JAPAN 2』 キャリア初となるワンマンライヴから〈FUJI ROCK FESTIVAL’15&17〉の出演まで果たし、勢いが止まらないTempalay。最近ではそのラフでヒッピーのようなビジュアルからGAPともコラボレーションし、ファッション界からも熱視線を浴びている。そんな音楽シーンで異端児的存在ともいえるTempalayが、この度2ndアルバム『from JAPAN 2』をリリース。いままで同様、異国情緒漂うソフト・サイケが軸になっているアルバムではあるが、本作ではいままでよりその軸の太さや幅、種類が豊富になった印象がある。常に海外に目を向けてきた彼らがワールド・ミュージックを独自に焙煎し、サイケデリアとブレンドさせ、ロックとして抽出するのは、当然の経緯だったのだろう。そんな世界中の常夏を濃密な1枚に凝縮させたTempalayの『from JAPAN 2』。OTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 異国情緒漂う多国籍なソフト・サイケ・アルバムをハイレゾ配信! Tempalay /
by 中の人
【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバムを配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月24日・【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバム『お天気でした』を配信開始 2015年に結成し、夏ごろから大阪中心に活動するバンド、Easycome。2017年7月リリース予定の下北沢モナレコードのコンピレーションCDに「夢中にならないで」収録、サブタイトルにも採用されるなど関西のみならず全国から注目されつつある彼女たち。ついに待望の2ndミニ・アルバム『お天気でした』を8月9日にリリースした。こちらをOTOTOYでも配信開始しました! と、ともにレヴューを掲載。ちーかま(Vo. / Gt.)の伸びやかで透き通った歌声と、どこか懐かしさのあるメロディ…… 等身大のEasycomeをぜひ感じてください。 等身大のEasycome、2ndミニ・アルバムEasycome / お天気でした'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 200円(税込) / まとめ 864円(税込) 【収録曲】''1. つつじ2. ginger3. strange4. お天気でした5. モーニングコール REVIEW : 人に添い遂げる優しく茶目っ気のある音
by 宮尾茉実