「知らない世界を開いていきたい」——瑞稀ミキ、ミズタマリ、篠原ゆりの新ユニット、エムトピ活動開始!

2015年10月24日に〈みきちゅ〉としての活動を休止し、新たなスタートを切った瑞稀ミキと、いずこねこやプラニメ(現P.O.P)などのアイドル・ユニットで活躍してきたミズタマリ。そして、2014年にTAKENOKO▲を卒業し、2015年6月にアイドル活動を再始動させた篠原ゆり。この3人による新生ユニット、その名も〈エムトピ〉が突如誕生した。まだまだ謎の多いこのユニットを、デビュー曲の予告編(約30秒)と、瑞稀ミキ、ミズタマリへのインタヴューとともにご紹介。彼女らによる、希望に満ちた新ユニットの行く末を見逃すな!

エムトピの“始まり”が見える約30秒の予告編、フリー・ダウンロードはこちらから!

INTERVIEW : 瑞稀ミキ×ミズタマリ

スターが集まったからって、スーパースターな存在になれるわけではない。瑞稀ミキ、ミズタマリ、篠原ゆりの新ユニット、エムトピは、リアルかフェイクか!? それは、あなたの目と耳で確かめて欲しいのだ。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 角萌楓
写真 : 大橋祐希

エムトピ、スタートの夜

瑞稀ミキ、ミズタマリ

——エムトピって、何者なんですか?

瑞稀ミキ(以下、ミキ) : 私が、みきちゅをこれ以上続けていけないっていう決断をした時、未来が真っ暗になっちゃったんです。でもやっぱり、私の人生から音楽は切り離せなかった。私はずっと一人でやってきたから、それを複数でやってみたらどんな風になるのかな? っていうのはずっと前から思っていました。でも、ずっと一人でやってきたからこそ、グループでやるっていうのは、自分の中でも大きな挑戦であり、人生においての一大決心なんです。いろんな意見がぶつかったり、一人だとファンの人全員から愛してもらえるけど、グループだとそうはいかなかったり。じゃあ、誰と一緒だったら出来るだろうと考えた時に、マリちゃんしかいないなって。しかもちょうど、私がとあるライヴのあと泣きながら帰った日に、マリちゃんが泊まりに来ていたんですよ。

——マリちゃん… 最悪なパターンだね(笑)。

ミズタマリ : 泊まりに来るってずっと前から言っていて、もう着いているのに、なかなかみきちゅは帰って来なくって。

ミキ : 送ってもらった車の中で大泣きしながら、ああでもないこうでもないって…。

ミズタマリ : ベランダから、その車が見えたんですよ。だからカーテンの隙間からそっと覗いて「え?! まだ?!」っていうのを2時間ぐらいやってましたね(笑)。

ミキ : その日は、すごくいいライヴだったんですけど、だからこそどうやったらここにいるみんなをもっと幸せに出来るのかっていうことを、事務所の人とずっと話していたんです。そんな日にマリちゃんが来てくれていたので「実はみきちゅを辞めて、新しいことをしようと思うんだよね」って話したんです。そして「わたしと一緒にグループをやりませんか?」って誘ったら、すぐに「あぁ~いいよ~(ミズタマリの真似)」って言ってくれて。

ミズタマリ : そう言わざるを得ない状況だったし、「少し考える」っていうのさえ、言えない空気がそこにはあったからね… (笑)。私は今までのみきちゅの活動を1番見てきているし、みきちゅの不器用なところや「ここを見せたらいいのにな」っていう細かいところまで1番知っていると思うんです。だから、私がみきちゅのそばにいたら、今よりも私もみきちゅももっと頑張れるんじゃないかって思って即答しました。ただ、みきちゅが活動をエムトピだけに絞ってしまったら、今まで積み上げてきた実力が勿体ないし、私もエムトピだけではないので、それぞれのいろんな活動と並行して、一緒に面白いことをしようよっていうのをわたしは提案しました。

ミキ : 私は、ソロ活動のみきちゅを辞めるっていう決断が大きすぎて、エムトピだけを生涯やっていくつもりだったんですが、マリちゃんと話して、納得しました。みんなそれぞれいろんな活動をして、そこでは出来ないことをエムトピでやりたいなって思います。本当に、なんにもなくなったその夜、私に、マリちゃんは5個ぐらい持たせてくれたんです。もう、マリちゃんしかいないなって感じですね。

——エムトピではどんな音楽をやりたいですか?

ミキ : 私は、自分の想いをストレートに、ひたむきに伝えることに重きを置きすぎて遊び心を忘れていたので、そこで出来なかった「こんな音楽やってみたい!」っていうのを、エムトピ3人で力を合わせてやっていきたいですね。本当は、作曲すら止めようと思っていたんです。みきちゅとして4年間、弾き語りも含めて6年間、自分の曲だけでやってきたけど自分の曲じゃないほうがいいのかなって思って。マリちゃんに相談したら「みきちゅは作曲をしないとダメだよ」って言ってくれて、自分でなくなりそうだった私を引き戻してくれたんです。自分のやりたいことや評価してもらっていた自分の良さは残しつつ、新しい音楽を表現できたらいいなと思っています。

ミズタマリ : だって作曲していなかったらみきちゅ何してんのってなりません!? みきちゅは作曲あってのみきちゅだし、みきちゅの良さってやっぱり歌詞だったり、音だったりに出ていると思うから「みきちゅがやりなさい」って言いましたね。多分みきちゅに、ガチトーンで、思ったことを言えるのって私ぐらいじゃないかなってぐらい、すごい言うんです。みきちゅにだけは(笑)。

ミキ : 私にだけなの!? 本当にマリちゃん以外、誰も言ってくれない。私は全く今の自分に満足していないから、いつでも外からの評価を求めているし、変わりたいって思っているんです。

ミズタマリ : ちょっとミスしたって、普段あんまり言わないじゃないですか。でも、みきちゅは本当に下手くそなんですよ。なんかすーごいへたくそで(笑)。みきちゅには、頑張ってほしいしもっと出来るって分かっているから、たくさん言います。泣くんじゃないかっていうぐらい。なのに嬉しがるんですよ!

ミズタマリ

——ものすごいマゾなんですね。

ミズタマリ : すごいですよ。落ち込んで帰ってきて、私からボロクソに言われて、なのにすっごい笑顔で、テンション上がって「お腹空いた~」とか言っているぐらい、本当にちょっとおかしいんですよ。だからこそ、シゴキがいがあるなと思って。これで一緒にやったらみきちゅ絶対すごいことになりますよ。

——マリさんはマリさんで、僕らの知らないことがたくさんあると思うんですよ。なぜプラニメを辞めたんですか?

ミズタマリ : やっぱり、東京・大阪間で壁ができちゃったんです。私は夜行バスで東京に通っていたけど、東京に着いたとき、温度差を感じましたね。あと、プラニメをもっとよくしていきたいし、プラニメをもっと面白くしていきたいと思っているのにうまく出来ないっていう狭間ですごく悩みましたね。また、(カミヤ)サキちゃんと自分の考えているやりたいことが違っているっていうのも理由としては大きいですね。

——エムトピをやろうって思った理由は?

ミズタマリ : エムトピには「みんなの才能を一つに!」っていう想いがあります。みきちゅは作曲、私はそのサポートをしていきたいですね。みきちゅの楽曲とか、熱い想いとか、すごく好きだから、わたしも一緒にステージでその想いを体感したいし、それに、私もそれに乗っかってもっと熱くなれるんじゃないかと思います。

病んでないっていうのは大事なんですよ

——篠原ゆりさんはどのような流れで入ったんですか?
(インタビュー当日、篠原ゆりさんはスケジュール合わず不参加)

ミキ : マリちゃんが泊まりに来ていた時、寝る前にお布団に入って「何人組がいいかな?」って話をしていたんですよ。

ミズタマリ : せっまいんですよ(笑)! しかも寝ようとしている時に、みきちゅが頻繁に話しかけてくるんですよ。

ミキ : マリちゃんも「まだ私の知らない面白い話して」とか言ったじゃん!

ミズタマリ : そんな感じで話していたんですけど、私は少人数がいいし、3人か4人くらいだねって話して。そこで、2人で条件をバーっと出したんです。ちゃんと個性があって、自分に何が出来るかわかっていて、キャラが立っている子。自分たちに無いものを持っている子。病んでない、かわいい、センスある…。

ミキ : 病んでない大事だよね。

ミズタマリ : 病んでないっていうのは大事なんですよ。私たちが病まないから、病まれると困るんです。ポジティブな子じゃないとダメってなった時に、「ゆり丸だ! ゆり丸しかいない!!」って思って。

ミキ : 私はゆり丸の「ビッグになりたい!」みたいな想いがすごく好きで、すぐにゆり丸いいなって思いましたね。

瑞稀ミキ

ミズタマリ : ゆり丸といえば、TAKENOKO▲ですが、アイドル戦国時代のラストにガツン! と現れて一瞬で消えて、もう伝説ですよね。でもそのあともずっとゆり丸はTwitterを動かしているんです。自分を失うことなく、ずっとゆり丸はゆり丸なんですよ。長文キラキラ絵文字ばーん! みたいな。ゆり丸すげーなって思っていて。そのあとソロを始める時、フリーでやるって聞いて驚きました。もともとガツン! といったアイドルがのちにフリーになるって、すごい決断じゃないですか。エムトピを一緒にやるなら、私たちが熱すぎるし、フリーを経験している子で、ついて来られる子。かつ、すごくポジティブで、自分を持っていて、バカできて、センスがある子。ってなると、ゆり丸しかいないんですよね。ゆり丸がダメだったら、この話も一度無しにしようってぐらい、ゆり丸しかいなかったんです。

——お二人にとってアイドル戦国時代ってどういう時代でしたか?

ミズタマリ : バンバン新しい人たちが現れた時期で、お客さんも「今日はこれを発見してやったぜ!」ってワクワクしていたと思うし、私たちも「新しいことをしてやろう!」っていう意欲がすごくあったし、すごい年だったなって思いますね。

——若い子たちはいまもたくさん出てきていますが、それはアイドル戦国時代ほど多くないんですか?

ミキ : 逆に多すぎますね。王道じゃない人たちが増えた気がします。だからこそ、その王道の枠が空いているっていうか。一周回って、みたいなね。

ミズタマリ : アイドル戦国時代といえばやっぱりBiSさんですけど、その枠を狙っている子がいまは多いですよね。当時、BiSさん、でんぱ組.incさんと共演していた頃はすごく勉強になりました。じりじりと売れていく感じは、わかりやすい目標だったし、だからこそ戦えるし、頑張ろうって思えた。そこに、立ち向かって頑張っていた3人だからこそ、当時の面白さが出せるんじゃないかなと思っています。でもやっぱり、当時話題になったからこそ、当時以上のことをどんどんしていかなければならないっていうプレッシャーはありますね。当時は、やっぱり新しいものを生み出す発想が大事だったんです。アイディアが出切った後に、もう一個何か出せないかって常に隙間を狙って考えていました。みんなが好きって思える、ミーハーな部分も入れつつ、その中でまた新しいことがエムトピで出来たらいいなと思います。

やっぱり1番面白いのはアイドルかなって

——エムトピはアイドルって考えていいんですよね?

ミキ : ガールズ・パフォーマー・ユニットって言いたい…。でも見た人がアイドルって思ってくれたならアイドルでいいし、アイドルが好きじゃない人にも、アイドルっていうフィルターをかけずに見てもらいたいなって思います。

ミズタマリ : 結果アイドルなんですよ! アイドルがやってんだから! アイドルじゃないですって言ったら、一瞬で冷めるんですよ。だってアイドルだもん!

ミキ : じゃないです! とは言わないけれど…。

ミズタマリ : 正直、みんな「アイドルです!」なんて言ってないし、結局、ジャンルはアイドルでしかない。でも、アイドルの枠に収まりきらないアイドルが上に行けるから、そういう存在になれたらいいねってわたしは言っているんですけど、みきちゅが「アイドルって言いたくない」って言い張るから(笑)。

ミキ : わたしは、みきちゅやってきたから、「一回アイドルから離れないと」って思い過ぎちゃってて。でも、だんだん冷静になってきて、やっぱり1番面白いのはアイドルかなって。そこで天下を取りたいですね。

——天下獲りたいんですか? 天下ってなんですか?

ミキ : 私はね、ピューロランド! あとは池袋の噴水広場とかでやりたいです。初めて見たちっちゃい子とかも、2階からめっちゃ見るみたいな。そういう光景が作りたいですね。

ミズタマリ : このグループは、キャラクターみたいなものなんですよ。ゆるキャラみたいな。子供が見て、キャッキャってできるものをイメージしているから、なんていうか遊園地系ですね(笑)。

ミキ : そういうところから、ちょっとずつ、アイドル知らない人にも広まっていけばいいなって思います。人を楽しませることをやりたいね。

ミズタマリ : あとは誰もやらないようなバカなことをやりたいですね。

ミキ : 私は「アイドルはこうあるべき!」っていうのがたくさんあって結構真面目になっちゃうので、そういうのを二人がどんどんぶっ壊してくれればいいなって思いますし、自分でも自分の知らない世界を開いていきたいです!

LIVE INFORMATION

エムトピ

お披露目ライヴ「エムトピ! お目見え! 〜エムトピ号へご案内します〜」
2015年12月5日(土)@新宿MARZ

エムトピ定期公演Vol.1 「エムトピX'mas Party」
2015年12月13日(日)新宿MARZ

X'mas フェス
2015年12月23日(水)@会場未定

ミズタマリ

第2回鶴亀デスコ
2015年11月6日(金)@京都VOXhall

篠原ゆり

篠原ゆり定期公演
2015年11月20日(金)@下北沢ERA

2015年12月2日(水)@渋谷eggman

RECOMMEND

瑞稀ミキ(ex.みきちゅ)過去作

みきちゅ / 天使の十字架(24bit/48kHz)

2015年10月24日活動休止となる仙台出身のアイドル・シンガー・ソングライター"みきちゅ”のベスト・アルバム。理想のアイドル像を追い求めながらソロ活動に邁進したアイドル人生の集大成となる王道アイドル曲~ロック・ナンバーまでバラエティに富んだ全16曲フル・アルバム。

みきちゅ / 天才の羽根

アイドルとしてシンガー・ソングライターとしての要素をたっぷりと詰め込んだボリュームになっており必聴。とある1枚のファンレターに書かれていた「みきちゅの十字架を少しでも背負えたら楽になるかな?」という一言がキッカケになり曲が出来上がった。編曲はひめキュンフルーツ缶やnanocuneを手がけている山下智輝。

>>特集ページはこちら

littleAct / スポットライト(24bit/48kHz)

みきちゅの会場限定盤のみに収録されていたコラボ楽曲「スポットライト」がこの度、正式音源化。ステージから観える風景を歌ったこの楽曲は、まるで先日、衝撃の活動休止を発表した彼女の心境を吐露しているようでもあり、涙なしに聴くことが出来ない。みきちゅの伸びやかな歌声、奏でる美しいピアノの旋律に、GOMESSのリリカルな言葉の数々が乗ることで、規定のジャンルにはない新しい風景を作り上げている。

ミズタマリ

POP(プラニメ) / P.O.P

元BiSのカミヤサキとミズタマリ(いずこねこ)からなるユニット、プラニメから5月31日をもってミズタマリが脱退し、6月1日からオーディションで加入したイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4人が加わり、総勢5人のユニット。プラニメから改名しPeriod Of Plastic 2 Mercyの頭文字をとって「POP」となってからの、ファースト・フル・アルバム。

POP(プラニメ) / UNIT(24bit/96kHz)

POP(プラニメ)、2人時代のシングル。作詞はプラニメ自身、作曲は前作同様に松隈ケンタが、カップリングの「盗られそう」はカミヤサキが作詞を担当している。

PROFILE

エムトピ

瑞稀ミキ(ex.みきちゅ)、ミズタマリ(ex.プラニメ、ex.いずこねこ)、篠原ゆり(ex.TAKENOKO▲)の三人からなるガールズ・パフォーマー・ユニット。それぞれがアイドル戦国時代を生き抜き、それぞれの形で一度挫折を味わい、そんな3人が手を取り合い、1人では成し得なかった夢の舞台を作り上げるユニット。

>>エムトピ Official HP

>>瑞稀ミキ Twitter
>>瑞稀ミキ Official HP
>>ミズタマリ Twitter
>>ミズタマリ Official HP
>>篠原ゆり Twitter
>>篠原ゆり Official HP

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01