踊ってばかりのこの国へ、辛辣だが愛に満ちたメッセージ

(c)Naoaki Okamura

アルバム冒頭、「Island song」(=島の歌)と題されたナンバーで、踊ってばかりの国はこう歌う。〈僕は今のあんたは愛せない〉。およそ1年ぶりとなる待望の新作は、私たちが暮らすこの島国を憂う、本当の意味でのブルースだ。メンバー脱退、活動休止、新メンバーの加入…。この1年、激動の季節を過ごしてきた彼らの、セルフタイトルを冠した意欲作。BOROFESTAでも彼らを招集し、先輩バンドマンでもある編集長の飯田仁一郎による、下津光史(Vo, Gt)へのインタヴューとともにお楽しみください。

踊ってばかりの国 / 踊ってばかりの国

【配信形態 / 価格】
mp3 / WAV まとめ購入(14曲) : 2,000円 (単曲購入は各200円)

【Track List】
01. Island song
02. 東京
03. セシウムブルース
04. メイプルハウス
05. 恋の唄
06. いやや、こやや
07. your mama's song
08. 風と共に去りぬ
09. 正直な唄
10. どちらかな
11. 踊ってはいけない国
12. サイケデリアレディ
13. それで幸せ
14. song for midori [Bonus Track]

INTERVIEW : 下津光史 (踊ってばかりの国)

2012年10月の活動休止発表から、どれほどの人がこの作品を待ちわびただろう。ようやく届けられた3rdフル・アルバム『踊ってばかりの国』は、その期待を大きく上回るものだった。新宿歌舞伎町のど真ん中、風林会館で聴いた「東京」は、アルコールで火照った体に突き刺さった。くるりの「東京」にも前野健太の「東京の空」にも負けない、踊ってばかりの国にしか唄えない最高の「東京」。気が早いが、2014年上半期の超名盤だ。僕らは、踊ってはいけない国に生きているけれど、彼らによっていつまでも踊らされるのだ。

聞き手 : 飯田仁一郎 (OTOTOY編集長/Limited Express (has gone?))

この国ってむっちゃ”踊らされてる感”がある

――2012年末にベースの柴田くんが脱退して、いったん活動を休止しましたよね。あらためて聞きたいんだけど、あのとき下津くんはどういう心境だったの?

下津光史 (以下、下津) : いやあ、もうねえ、メンバーのこと家族やと思ってたんで、家族離散ぐらいの気持ちになって、廃人と化してました。Twitterでも「もうバンド辞めます」みたいな(笑)。

――そうだね。暴露してた(笑)。

谷山竜志 (Bass)
下津 : そしたら新しいベースの谷山くんが現れたんですよ。もともとは僕らがいつも使ってるスタジオの兄ちゃんだったんですけど、そのスタジオが潰れることになったんで、「じゃあお前うちでベース弾けや」って。ベース一回も触ったことなかったけど、髪型だけで加入させました(笑)。

――ロン毛だけで(笑)。バンドが家族っていう考えは今も変わってない?

下津 : 変わってないですね。兄弟というか。

――なんとなく下津くんのワンマン・バンドなのかなって思ってたけど、そうじゃないんだね。

下津 : ワンマンなとこもありますけど、基本的にみんなで楽しみたいですよ。

――ワンマンなとこってどこ?

下津 : メンバーは歌詞の内容にはまったく興味ないんですよ。音楽がやれたらいいという人たちなんで。何か物申したいっていう発想は俺ぐらいしかないです。

――なるほどね。「物申したい」っていうワードが出たけど、たしかに「東京」とか「セシウムブルース」とか、今回のアルバムは社会的なことを歌った曲がすごく多い。それは下津くんの世代では珍しいことだと思ったんだけど、そういう歌詞を書き出したのって何か理由があるの?

下津 : 今回は『踊ってばかりの国』っていうタイトルもそうなんですけど、この国ってむっちゃ”踊らされてる感”があるじゃないですか。

――ある。特に最近ねえ。

下津 : 自分が4年前につけたバンド名が、ええ感じに世の中に当てはまってきたっていうか。当時はそんな深い意味なかったんですけど、今の情勢とか見てたら、「むっちゃ当てはまってんちゃう?」って思えてきて。で、今回のアルバムは東日本大震災以降、東京のネガティヴな部分が浮き彫りになった時期に書いたんで、こういう歌詞が多いんですよね。

――そうか。その中でも特に「東京」がすごい曲だと思いました。これはけっこう意気込んで作った曲なの?


踊ってばかりの国 / 東京

下津 : ほかの曲とあんまり変わらないですけど、でも一番アナーキズムはあるかなと。ロック・バンドやし、何か言わなアカンかなっていうのはちょっとありましたね。でもそんなに強い使命感とかはなくて、むっちゃ無責任な気持ちで書きました。

――無責任な気持ち?

下津 : 僕の歌詞って、アンチテーゼがないと思うんですよね。あるものを歌うだけというか、起こってる現象を歌っただけ。なのに、こういう歌詞を書いてしまうと、みんな勝手にアンチテーゼだと解釈するんですよ。でもよく見たら全然違う。そこがむっちゃ主張したいとこなんですけど。

――下津くんとしては普通のことをあるがままに歌ってるだけだと。

下津 : そうですねえ。例えばこの国が南の島だったとしたら、「風がそよいで、海が青くて」みたいなことを歌ってるだけですよ。

――「踊ってはいけない国」もそうだよね。こういうこと歌うだけで珍しい曲に見えてしまう。

下津 : 斉藤和義さんの「ずっとウソだった」(※註)ってやつもそうですよね。

※註 : 斎藤和義による、自身の代表曲「ずっと好きだった」の替え歌。2011年の福島第一原発事故を受けてYouTubeに投稿され、日本政府を批判するような辛辣な歌詞で話題を呼んだ。


斎藤和義 / ずっとウソだった

――じゃあ全体としてカチっとコンセプトを決めてるわけじゃないんだ。

下津 : まあ恋愛のことも歌うし、仕事はあんましてないからアレやけど(笑)、その時期ごとに不自由に感じてることを歌うというか。

――下津くんが思ってることとか、生きてる様をそのまま歌うって感じなんだね。

下津 : そうですね。僕の見たもんしか歌ってないというか。でも音楽が最優先で、それを崩すような歌詞を書いてしまったら伝わるものも伝わんないんで、そこが一番ですかね。

海外のいいところを日本に落とし込めた唯一のチーム

――なるほどね。それじゃあ、音楽的な部分も聞いていきます。今作はブルースっぽいアレンジが印象的だったけど、これは誰の影響なの?

下津 : ギターの林くんの影響が大きいですね。

――そうなんだ。ギター最高だよね。

下津 : ギターいいっしょ! 天才っすよあいつ。

――林くんはどんな音楽を聴いてるんだろう。

下津 : 彼はロバート・ジョンソンだったり、昔のラグタイムだったり、古い音楽が好きですね。

――踊ってばかりの国って、いい意味で今の音楽を追いかけてる人がいないんだろうね。下津くん自身はどんなサウンドをイメージしてました?

下津 : 僕は「はっぴいえんどがUSインディー界に出てきたら」みたいなテーマでやってますね。

――ほう。具体的にはっぴいえんどのどの部分に感銘を受けてますか?

下津 : ティン・パン・アレーとかもそうなんですけど、海外のいいところを日本に落とし込めた唯一のチームというか、ビーチ・ボーイズのトラックに、日本的な歌謡を溶け込ませた功績というか、そういうところ。モビー・グレープとかの感じを日本で再現するみたいな。なんかその和洋折衷な感じがすごい。地球の音楽感っていうか。

――面白いなあ。今って「はっぴいえんどのことが好きです」っていうバンドはすごく多いけど、踊ってばかりの国は全然タイプが違うよね。それはなんでだと思う?

下津 : 軽いものがあんまり好きじゃないんやと思うんですよね。フィッシュマンズぐらいまでは聴けるんですけど、それ以降の日本の音楽ってあんま好きじゃなくて。どんどん軽量化されてるというか、シャカシャカになってるんで、そこを聴いてるか聴いてないかじゃないですかね。僕らは聴いてないタイプやったんですよ。

――2000年代の音楽にはあんまり興味がない?

下津 : そうですね。2000年代はアメリカ、イギリスばっかり目がいきましたね。ちょうどストロークスの1stが小6とかやったんで、そのくらいからガレージ・ロック・リヴァイヴァルとかばっかり聴いてました。

――なるほど。軽いものが好きじゃないっていうことだけど、曲作りもしっかり腰を据えてやる感じ?

下津 : 曲作りは、ベロベロに酔って帰ったときとか、疲れてるときにやりますね。あとは夢の中で見たメロディーにコードを当てはめていったり。「正直な唄」って曲は夢で見たんですよ。

――それカッコいいエピソードだねえ。

下津 : あとは、思い浮かんでから3日経っても忘れないメロディーとかがあって、そういうのを曲にしていきますね。

――そうなんだね。今回、録音はどんな風にやりました?

下津 : ベーシックは一発発録りですね。ダビングとかをせずに、一番ライヴに近いものを出したかったんで。

――それはなぜ?

下津 : 踊ってばかりの国って、めっちゃライヴ・バンドなんですよ。でも音源にしてしまうとライヴ感が薄れるじゃないですか。だからそれを出したかったんですよね。そこはちょっと意識しましたね。

(c)Naoaki Okamura

――僕も何回かライヴを見させてもらってるけど、あれはカチっと決めてやってる感じ?

下津 : いや、もう曲だけ覚えてあとは楽しんでやる感じですね。まあ僕と林くんがどんだけ呑んでるかにもよるんですけど。

――ライヴ前はけっこう呑むの?

下津 : 僕は前のバンドが終わる2曲前ぐらいからしか呑ませてもらえない(笑)。

――そうなんだ(笑)。下津くんにとって酒って何なんですか?

下津 : 弱虫が持ったメリケンサックみたいな感じですね(笑)。

――ははははは(笑)。テンション上げないとやってられない?

下津 : 僕、家でずっと三角座りしてますからね。だからほんまに見栄張ってるんですよ(笑)。

俺、音楽しかないじゃないですか?

――あんまり想像つかないけどね。最後に、次の作品についても聞かせてください。

下津 : 今回のアルバムから外れた曲を練り直して、同時進行で新しい曲も作っていくっていう感じですね。歌詞の内容がむっちゃ柔らかくなると思います。

――それはまたなんで?

下津 : そういう気持ちなんですよ。

――心境の変化?

下津 : そうですね。今回のアルバムには去年とか一昨年とかに書いた曲も入ってるんですけど、最近はけっこう落ち着いてきたんですよね。

――家で三角座りしてるって言ってたけど、下津くんはわりと内に籠っちゃうタイプ?

下津 : いやそれがねえ、東京に出てきてからそうなったんですよ。

――へー。

下津 : 昔は川で遊びまくって、そのまま家でも壁潰したりとかしてたんですけど(笑)。

――この街はどうですか? 東京って街は。

下津 : 最近はそんなことないですけど、この街って個性出すことを押さえ込もうとするなって感じて。でも下北沢に引っ越してからは楽しいですけどね。ちょっと住宅街の方に行くと苦手です。なんか僕が育ったとこが変過ぎたんですよね。兵庫県の尼崎なんですけど。

――例えばどんなところが変だったの?

下津 : 東京にはびっくりドンキーみたいな家ないじゃないですか?

――ない(笑)。

下津 : でしょ? あんなんばっかりやったんで。

――でも下北は楽しいんだ。

下津 : そうですね。下北やと友達がいっぱいおるんで、子供と離れとっても紛らわせるというか。家で三角座りは、子供と離れてるのも大きいですかね。

――子供を地元に残してきてるわけだし、ミュージシャンとして成功したいって気持ちは大きいの?

下津 : それはありますね。メンバー全員、音楽で食ってく気しかないんで。

――そこに対しての焦りはない?

下津 : 期限みたいなのはないですね。僕はこれ一生やってると思うし。

――でも焦ってるバンドって多いよね。早くいろんなフェスに出たいとか、売れたいのに売れないとか。

下津 : それは結果でしかないというか、焦ってやっても説得力のあるものって出来ないと思うんですよね。地に足ついてないと高く飛べないというか。前に飯田さんが言ってくれたんですけど、俺、音楽しかないじゃないですか? だから一生やるしかない。もうちょっと学校で勉強しとけばよかったですね(笑) 。

RECOMMEND

踊ってばかりの国 / FLOWER

2012年、活動休止発表の直前に発表された3rdミニ・アルバム。踊ってばかりの国の真骨頂であるサイケデリック・サウンドはそのままに、彼らの音楽的探究は、アシッド・フォーク、ジャズ、そしてアイリッシュ・パンクにまで広がった。今の時代に投げかけられたメッセージは、そのサウンドと絶妙に溶け合うことで、より深く聴く人々の心に突き刺さる。

>>特集ページはこちら

おとぎ話 / THE WORLD

2013年に発表された通算6枚目のフル・アルバム。壮大なミドル・バラード「世界を笑うな」をはじめ、国内外のさまざまなロック・テイストを巧みに組み合わせた作品に仕上がっている。ゲストとして、BiSのテラシマユフ、LOSTAGEの五味岳久が参加しているほか、ミックスは彼らの初期作品を手掛けてきた岩田純也が担当している。

下山(GEZAN) / かつて うた といわれたそれ

震災以降の日本に対する想いを、皮肉と嗚咽を交えながら詠った下山(GEZAN)の1stアルバム。 サイケ、ノイズ、ジャンク、ロックなどを一度に呑み込み、強烈な臭気と圧力、そして微かなリリカルさとともに吐き出した作品。フロントマン、マヒトゥ・ザ・ピーポーの感性を商品化。金粉のまぶされた優しいゲロからの丁寧すぎる誤挨拶。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

『踊ってばかりの国』 レコ発ワンマン・ツアー
2月8日(土) 名古屋 APOLLO BASE (旧APOLLO THEATER)
2月16日(日) 梅田 シャングリラ
2月21日(金) 仙台 PARK SQUARE
3月7日(金) 福岡 Queblick
3月14日(金) 札幌 COLONY
3月30日(日) 下北沢 GARDEN

PROFILE

踊ってばかりの国
2008年に神戸で結成。自主制作の1stミニ・アルバム『おやすみなさい。歌唄い』(2009)、2ndミニ・アルバム『グッバイ、ガールフレンド』(2010)がともに好評を得る。2010年、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉や〈RUSH BALL〉などの大型フェスに出演。2011年3月に初のフル・アルバム『SEBULBA』を発表し、全国ツアーを行うなど、活動の幅をさらに拡大させる。同年11月には2ndフル・アルバム『世界が見たい』をリリースするも、2012年末、ベースの脱退と共に活動休止。2013年4月、〈COMIN’KOBE13〉のステージで活動を再開する。

>>OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事