驚異的なステージングと圧倒的歌唱力で魅せる──韓国ロック・バンドGUCKKASTEN、日本への挑戦


韓国を代表するロック・バンド、GUCKKASTEN。2007年に活動を開始し、エモーショナルなステージングと、ヴォーカルであるハ・ヒョヌの圧倒的な歌唱力で人々を魅了。瞬く間にその名を知らしめ、いまや韓国での公演は即完売の実力派バンドに。2015年には9mm Parabellum Bullet、MO'SOME TONEBENDERとの対バンを成功させ、来日イベントでは多くのファンが詰め掛けるほど着実に日本のファンも獲得している。そんな彼らが6月5日に行った東京公演〈squall in japan 2017@代官山UNIT〉の終了直後に直撃インタヴューした。

新たなグッカステンのスタイルを切開いた1曲


GUCKKASTEN / PULSE

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 216円(税込)

【収録曲】
1. PULSE



OTOTOYのためにミックスし直してくれた楽曲も配信中。


GUCKKASTEN / マニキュア

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
単曲 150円(税込) / まとめ 400円(税込)

【収録曲】
1. マニキュア
2. 赤い畑
3. 赤い畑 coustic Ver

INTERVIEW : GUCKKASTEN

代官山UNITでの東京公演を終えた直後のGUCKKASTENに直撃インタヴュー。熱気と興奮冷めやらぬ状態のメンバー。彼らはなぜ日本で挑戦することを決意したのか。出演が決定した〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉についてや、今後の彼らの目標まで語ってくれた。熱いライヴ直後の温度感が存分に伝わるインタヴューをぜひ、彼らの楽曲とともにお楽しみいただきたい。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 高橋秀実
写真 : Yosuke Torii

無名の新人として1つ1つ段階を踏んで、認めてもらいたいですね

GUCKKASTEN @代官山UNIT

──いまのGUCKKASTENの状況を教えてください。

通訳 : 去年、アリーナ・ツアーをやりました。1番動員したのが8000人ぐらいの規模で、それを2daysで。1日で8000人規模のライヴもありましたね。今年はちょっと抑えたいと思っていて、7月8,9日に行われるライヴでは3500人の2days、合計7000人を動員する予定です。

──韓国での良い状況のなかで、いま日本に挑戦する理由はなんでしょう?

ハ・ヒョヌ(Vo.&Gt.) (以下、ヒョヌ) : ミュージシャンやリスナーにとっても環境の優れているレコード店がいまだにある、日本の音楽シーンがとても羨ましいです。僕らもその音楽シーンで何か成し遂げたいという気持ちと、シーンで活躍している他のバンドと一緒にやってみたいという気持ちがあります。韓国で売れている、売れていないということを抜きにして、フラットに日本では観てもらいたいです。韓国での活動を並べた肩書じゃなく、無名の新人として1つ1つ段階を踏んで、認めてもらいたいですね。でも、「絶対日本で成功してやる」とかそういう欲を持っていると、日本のリスナーにはその欲が見透かされてしまうので、驕らず、真面目に誠実にやっていきたいです。

ハ・ヒョヌ(Vo.&Gt.)

──今回、日本で初ワンマンとなったわけですが、やってみていかがですか?

イ・ジョンギル(Dr.)(以下、ジョンギル) : 初のワンマンにも関わらず、たくさんの方に来ていただいて、ライヴ中はすごく気持ちよかったです。

キム・ギボム(Ba.)(以下、ギボム) : 日本にも僕らのファンがこんなにいることに驚きました。ステージ出ていった瞬間は忘れられませんね。

ジョン・ギュホ(Gt.)(以下、ギュホ) : 途中、機材トラブルがあったんですが、すぐに直って再開できたのは幸いでした。

──僕が韓国で観させてもらったときはモニターの調子が悪くて、納得のいかないライヴだったようですが、そのときと比べて環境は良かったですか?

ヒョヌ : しばらくこの規模(代官山UNIT)でライヴをやっていなかったので、メンバーとの距離が近くて驚きました。特にドラムの音がいままでよりも大きくて不安だったんですけど、ライヴ中はお客さんの反応がほんとに良かったので、アドレナリンが出て、全然問題になりませんでした。

表現に対する向き合い方の変化が、進化に繋がったのではないかな

──前々回の〈LIQUIDROOM 11th ANNIVERSARY〉でのライヴ、9mm Parabellum BulletとMO’SOME TONEBENDERと対バンしたときと、今回のワンマンでは全然お客さんのノリが違ったと思うんですが、ライヴしやすさなどは違いはありましたか?

ヒョヌ : 音楽には2つの快楽があると思っています。1つは自分のことを全然知らない人の前で自分の音楽を聴かせて、反応をもらったときの快楽。2つ目は1つ目の逆で、すごく自分のことを知ってくれている方が反応してくれたときの快楽。その2つは真逆なんですが、共通して、僕たちを興奮させてくれます。だから、そのときそのときで快楽がちゃんとあって、今日も今日だけしか得られない快楽があったので、楽しかったです。

──LIQUIDROOMはアウェーのなか日本に立ち向かっている感じがしました。今回のワンマンは逆に韓国でみたときと同じで、ホームグラウンドなライヴに近かった感じがします。そのどちらのライヴでも印象的だったのがメンバー間のグルーヴ。あの激しいグルーヴを聴いたときに、GUCKKASTENは世界で活躍できると思いました。前回よりも今回のほうがそのグルーヴが進化していると感じたのですが、どこが進化したと思いますか?

ヒョヌ : 気持ちの部分で進化したと思います。昔は演奏を間違えないことだけにフォーカスを当てていたんですけど、いまは演奏の技術というよりも楽曲が持ってる意味や雰囲気をいかに自分が持ってるイメージ通りにお客さんに届けられるか、を意識しています。その表現に対する向き合い方の変化が、進化に繋がったのではないかなと思います。例えば、「思い切りいかなきゃ」と思ったときに、「思い切りやる」という意識を忘れるくらい自然にできるようになりたい。逆に力を抜いた方が良いときは、不安になるくらい力を抜いたり。今回のライヴは、自分のマインドコントロールの調子の波が良い方向にグルーヴで表現できたんだと思います。

──本日のライヴでは日本語で何曲かやっていましたが、それは日本への思いの表れですか?

ヒョヌ : もちろんです。日本語で歌ったとき、明らかにお客さんの反応がいつもと違いました。歌詞は楽曲の重要な一部なので、サウンドだけじゃなくて、歌詞でもお客さんに何か伝えたい。でも日本語がそこまで上手くないので、全曲日本語というわけにはいかなかったのですが、以前より日本語で歌える楽曲を少し増やすことができました。やはり、歌詞を理解してもらえるのは嬉しいです。

──日本人の僕からしても、やはり日本語で歌われると入ってくるイメージが全然違うので、非常に嬉しいというか、とても親近感が湧きました。

ヒョヌ : ありがとうございます。

ジョン・ギュホ(Gt.)

──次の大きなライヴとして、〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉への出演が決定しましたが、それについてはどうですか?

ジョンギル : ヒョヌは登山が大好きなので、山でやれるだけでも期待しているみたいです(笑)。

ヒョヌ : 世界的なフェスとしてサマソニとフジロックで日本の2大フェスと呼ばれていますが、完全に質が違うと思うんです。特にフジロックの場合は、フェスのなかでもすごくロックにフォーカスを当てているイベントだと思っています。例えるなら、サマソニがクルーズ船で、フジロックは海賊船みたいな感じがする。今の自分たちには海賊船のほうが性に合っていると思います。その偉大なイベントに1人のアーティストとして出演できるということはとても光栄ですね。

──レッド・マーキーは大きいステージなので、ぜひそこで爪痕を残して欲しいです。

ヒョヌ : いままでどおり、ベストを尽くすだけです。あとBjörkさんが好きなので、それを観るのも楽しみです。

──次の制作は進んでいますか?

ヒョヌ : 次の作品はジャンルで言うとクラシック寄りのものにしたいと思っています。でもまだクラシックに対する理解度や勉強が足りないので研究している途中です。実はテーマも決まっていて、言いたいのですが、もしそれができなかったら恥ずかしいので、言わないでおきます(笑)。

──もうその制作は始まっていますか?

ヒョヌ : まだ僕の頭のなかだけです。

まず日本で成功したいという気持ちが強いです

──今後のGUCKKASTENの目標を教えてください。

ヒョヌ : まず、韓国を代表するバンドとして日本で結果を出すことが目標です。そして、ゆくゆくは世界で活躍するバンドと肩を並べられるくらいの実力を身につけたい。それが1番重要だと考えています。2つ目はGUCKKASTENというバンドで、GUCKKASTENの音楽を通して、世界とコミュニケーションを取りたいです。僕ら4人はGUCKKASTENという囲いのなかで歳をとって、経験して、成長して、という人生なんです。そして、それが続いていくわけですけど、GUCKKASTENというバンドはその4人の人生が1つにまとまった、ある意味1つの人生だと思っています。なので、バンドとして音楽という言語で世界とコミュニケーションできるようになれれば良いなと思っています。

キム・ギボム(Ba.)

──ではまだ日本以外の進出はしていない?

ヒョヌ : そうですね。アメリカと中国からオファーはあるのですが、まだ決まったことはありません。やはり、まず日本で成功したいという気持ちが強いです。日本は韓国から近いですし、日本語を喋れるスタッフもいるというのが大きいですね。そして日本に惹かれているなによりの理由は、先程も言ったように日本はミュージシャンとリスナーに対する環境がとても整っている国だからです。それを経験してみたいという思いが強いです。チャンスはタイミングや努力次第でいずれ来ると思っているので、まず日本で経験を積んで、そのうえで、他の国での活動を考えたいと思っています。

──他のメンバーも各自で目標などありますか?

ジョンギル : もっと頑張って練習して、欠点のない、世界でナンバー・ワンのドラマーになりたいです(笑)。

ギボム : 僕は特に目標はありません。というのも、ベーシストとして1番の夢は素敵なバンドで演奏することなので、もう既にそれは叶っているので、目標はありません(笑)。

ヒョヌ : 目標のないベーシストはいらない(笑)。ハングリーなベーシストを新たに加入させます(笑)。

ギュホ : 僕には子供がいて、最近2人目が産まれたんですけど、バンドとしてだけではなく、父親としての責任もあるので、バンドと父親、両方のバランスをうまくとっていきたいですね。あと、1番感じているのは体力ですね(笑)。育児はライヴとはまた違った体力が必要になるので、体力をつけたいですね(笑)。

イ・ジョンギル(Dr.)

──ヒョヌ以外、真面目な答えが1つもない(笑)。

一同 : あははははは(笑)。

通訳 : だからライヴでもヒョヌ以外にマイク持たせてないんですよね。口下手ですいません。

──この1、2年、HYUKOHやSultan of the Discoなど、韓国のロック・バンドの日本進出が増えてきています。しかし、日本のリスナーも耳が肥えているので成功を収めるのは簡単ではないと思います。だからこそGUCKKASTENには期待していますし、成功できると思います。

メンバー一同 : ありがとうございます。

過去作品もチェック!!

GUCKKASTEN / 鏡

2010年行われた第7回韓国大衆音楽賞で最優秀ロック曲賞を受賞した曲。こちらの日本語バージョンです。

GUCKKASTEN / FRAME

約1年の活動休止を経て発表した2ndアルバムをOTOTOYの独占という形で配信。ロックバンドは成功できないと言われる韓国の音楽シーンから生まれた、型破りの国民的ロックバンド。

RECOMMEND

MO’SOME TONEBENDER / Ride Into HEAVEN
ストレートなバンド・サウンドを中心とした前作“地獄盤”こと『Rise from HELL』からは一転、対になるアルバム。天国へと舞い上がっていくかのような壮大なスケールと美しいメロディが絡み合う。

HYUKOH / 23
2016年、“サマーソニック2016”東京・大阪出演、秋には東京・大阪単独来日公演も成功させた韓国のロックバンド“HYUKOH”(ヒョゴ)。彼らのファースト・フルアルバム日本ライセンス盤。

LIVE INFORMATION

〈Guckkasten Seoul〉
2017年7月8日9日(土・日)@韓国 蚕室室内体育館

〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉
2017年7月30日(日)@新潟県湯沢町苗場スキー場

〈Incheon Pentaport Rock Festival 2017〉
2017年8月11日(金)@韓国 仁川

>>more live information|

PROFILE

GUCKKASTEN

Ha Hyunwoo / ハ・ヒョヌ(ギター、ボーカル)
Jun Gyuho / ジョン・ギュホ(ギター)
Kim Kibum / キム・ギボム(ベース)
Lee Junggil / イ・ジョンギル(ドラム)

驚異的な音域と天を裂くような爆発的なシャウト。唯一無二の圧倒的歌唱力のヴォーカリスト、ハ・ヒョヌを擁するロック・バンド、GUKKASTEN。2007年の活動開始直後から注目を集め、韓国で人気の音楽番組に出演したことがきっかけで、またたく間に老若男女を問わず知れ渡る事となった彼ら。一時的な活動休止期間があったものの、2015年にリリースした2ndアルバム『FRAME』は、CDの流通が厳しいと言われる韓国国内において、ビッグセールスを記録し、現在もバックオーダーが続いている。2016年には、9mm Parabellum Bulletとともに、ソウルと東京にて双方がホスト役を務める形で日韓Exchangeツアーを敢行。その歌声とエモーショナルなステージングで日本のオーディエンスに強い印象を残したことは記憶に新しい。

昨年行ったホール&アリーナ・ツアーでは韓国国内で7万人を動員。6月の東京でワンマン公演のチケットは即日sold outとなった。

>>GUCKKASTEN official site

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事