驚異的なステージングと圧倒的歌唱力で魅せる──韓国ロック・バンドGUCKKASTEN、日本への挑戦


韓国を代表するロック・バンド、GUCKKASTEN。2007年に活動を開始し、エモーショナルなステージングと、ヴォーカルであるハ・ヒョヌの圧倒的な歌唱力で人々を魅了。瞬く間にその名を知らしめ、いまや韓国での公演は即完売の実力派バンドに。2015年には9mm Parabellum Bullet、MO'SOME TONEBENDERとの対バンを成功させ、来日イベントでは多くのファンが詰め掛けるほど着実に日本のファンも獲得している。そんな彼らが6月5日に行った東京公演〈squall in japan 2017@代官山UNIT〉の終了直後に直撃インタヴューした。

新たなグッカステンのスタイルを切開いた1曲


GUCKKASTEN / PULSE

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 216円(税込)

【収録曲】
1. PULSE



OTOTOYのためにミックスし直してくれた楽曲も配信中。


GUCKKASTEN / マニキュア

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
単曲 150円(税込) / まとめ 400円(税込)

【収録曲】
1. マニキュア
2. 赤い畑
3. 赤い畑 coustic Ver

INTERVIEW : GUCKKASTEN

代官山UNITでの東京公演を終えた直後のGUCKKASTENに直撃インタヴュー。熱気と興奮冷めやらぬ状態のメンバー。彼らはなぜ日本で挑戦することを決意したのか。出演が決定した〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉についてや、今後の彼らの目標まで語ってくれた。熱いライヴ直後の温度感が存分に伝わるインタヴューをぜひ、彼らの楽曲とともにお楽しみいただきたい。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 高橋秀実
写真 : Yosuke Torii

無名の新人として1つ1つ段階を踏んで、認めてもらいたいですね

GUCKKASTEN @代官山UNIT

──いまのGUCKKASTENの状況を教えてください。

通訳 : 去年、アリーナ・ツアーをやりました。1番動員したのが8000人ぐらいの規模で、それを2daysで。1日で8000人規模のライヴもありましたね。今年はちょっと抑えたいと思っていて、7月8,9日に行われるライヴでは3500人の2days、合計7000人を動員する予定です。

──韓国での良い状況のなかで、いま日本に挑戦する理由はなんでしょう?

ハ・ヒョヌ(Vo.&Gt.) (以下、ヒョヌ) : ミュージシャンやリスナーにとっても環境の優れているレコード店がいまだにある、日本の音楽シーンがとても羨ましいです。僕らもその音楽シーンで何か成し遂げたいという気持ちと、シーンで活躍している他のバンドと一緒にやってみたいという気持ちがあります。韓国で売れている、売れていないということを抜きにして、フラットに日本では観てもらいたいです。韓国での活動を並べた肩書じゃなく、無名の新人として1つ1つ段階を踏んで、認めてもらいたいですね。でも、「絶対日本で成功してやる」とかそういう欲を持っていると、日本のリスナーにはその欲が見透かされてしまうので、驕らず、真面目に誠実にやっていきたいです。

ハ・ヒョヌ(Vo.&Gt.)

──今回、日本で初ワンマンとなったわけですが、やってみていかがですか?

イ・ジョンギル(Dr.)(以下、ジョンギル) : 初のワンマンにも関わらず、たくさんの方に来ていただいて、ライヴ中はすごく気持ちよかったです。

キム・ギボム(Ba.)(以下、ギボム) : 日本にも僕らのファンがこんなにいることに驚きました。ステージ出ていった瞬間は忘れられませんね。

ジョン・ギュホ(Gt.)(以下、ギュホ) : 途中、機材トラブルがあったんですが、すぐに直って再開できたのは幸いでした。

──僕が韓国で観させてもらったときはモニターの調子が悪くて、納得のいかないライヴだったようですが、そのときと比べて環境は良かったですか?

ヒョヌ : しばらくこの規模(代官山UNIT)でライヴをやっていなかったので、メンバーとの距離が近くて驚きました。特にドラムの音がいままでよりも大きくて不安だったんですけど、ライヴ中はお客さんの反応がほんとに良かったので、アドレナリンが出て、全然問題になりませんでした。

表現に対する向き合い方の変化が、進化に繋がったのではないかな

──前々回の〈LIQUIDROOM 11th ANNIVERSARY〉でのライヴ、9mm Parabellum BulletとMO’SOME TONEBENDERと対バンしたときと、今回のワンマンでは全然お客さんのノリが違ったと思うんですが、ライヴしやすさなどは違いはありましたか?

ヒョヌ : 音楽には2つの快楽があると思っています。1つは自分のことを全然知らない人の前で自分の音楽を聴かせて、反応をもらったときの快楽。2つ目は1つ目の逆で、すごく自分のことを知ってくれている方が反応してくれたときの快楽。その2つは真逆なんですが、共通して、僕たちを興奮させてくれます。だから、そのときそのときで快楽がちゃんとあって、今日も今日だけしか得られない快楽があったので、楽しかったです。

──LIQUIDROOMはアウェーのなか日本に立ち向かっている感じがしました。今回のワンマンは逆に韓国でみたときと同じで、ホームグラウンドなライヴに近かった感じがします。そのどちらのライヴでも印象的だったのがメンバー間のグルーヴ。あの激しいグルーヴを聴いたときに、GUCKKASTENは世界で活躍できると思いました。前回よりも今回のほうがそのグルーヴが進化していると感じたのですが、どこが進化したと思いますか?

ヒョヌ : 気持ちの部分で進化したと思います。昔は演奏を間違えないことだけにフォーカスを当てていたんですけど、いまは演奏の技術というよりも楽曲が持ってる意味や雰囲気をいかに自分が持ってるイメージ通りにお客さんに届けられるか、を意識しています。その表現に対する向き合い方の変化が、進化に繋がったのではないかなと思います。例えば、「思い切りいかなきゃ」と思ったときに、「思い切りやる」という意識を忘れるくらい自然にできるようになりたい。逆に力を抜いた方が良いときは、不安になるくらい力を抜いたり。今回のライヴは、自分のマインドコントロールの調子の波が良い方向にグルーヴで表現できたんだと思います。

──本日のライヴでは日本語で何曲かやっていましたが、それは日本への思いの表れですか?

ヒョヌ : もちろんです。日本語で歌ったとき、明らかにお客さんの反応がいつもと違いました。歌詞は楽曲の重要な一部なので、サウンドだけじゃなくて、歌詞でもお客さんに何か伝えたい。でも日本語がそこまで上手くないので、全曲日本語というわけにはいかなかったのですが、以前より日本語で歌える楽曲を少し増やすことができました。やはり、歌詞を理解してもらえるのは嬉しいです。

──日本人の僕からしても、やはり日本語で歌われると入ってくるイメージが全然違うので、非常に嬉しいというか、とても親近感が湧きました。

ヒョヌ : ありがとうございます。

ジョン・ギュホ(Gt.)

──次の大きなライヴとして、〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉への出演が決定しましたが、それについてはどうですか?

ジョンギル : ヒョヌは登山が大好きなので、山でやれるだけでも期待しているみたいです(笑)。

ヒョヌ : 世界的なフェスとしてサマソニとフジロックで日本の2大フェスと呼ばれていますが、完全に質が違うと思うんです。特にフジロックの場合は、フェスのなかでもすごくロックにフォーカスを当てているイベントだと思っています。例えるなら、サマソニがクルーズ船で、フジロックは海賊船みたいな感じがする。今の自分たちには海賊船のほうが性に合っていると思います。その偉大なイベントに1人のアーティストとして出演できるということはとても光栄ですね。

──レッド・マーキーは大きいステージなので、ぜひそこで爪痕を残して欲しいです。

ヒョヌ : いままでどおり、ベストを尽くすだけです。あとBjörkさんが好きなので、それを観るのも楽しみです。

──次の制作は進んでいますか?

ヒョヌ : 次の作品はジャンルで言うとクラシック寄りのものにしたいと思っています。でもまだクラシックに対する理解度や勉強が足りないので研究している途中です。実はテーマも決まっていて、言いたいのですが、もしそれができなかったら恥ずかしいので、言わないでおきます(笑)。

──もうその制作は始まっていますか?

ヒョヌ : まだ僕の頭のなかだけです。

まず日本で成功したいという気持ちが強いです

──今後のGUCKKASTENの目標を教えてください。

ヒョヌ : まず、韓国を代表するバンドとして日本で結果を出すことが目標です。そして、ゆくゆくは世界で活躍するバンドと肩を並べられるくらいの実力を身につけたい。それが1番重要だと考えています。2つ目はGUCKKASTENというバンドで、GUCKKASTENの音楽を通して、世界とコミュニケーションを取りたいです。僕ら4人はGUCKKASTENという囲いのなかで歳をとって、経験して、成長して、という人生なんです。そして、それが続いていくわけですけど、GUCKKASTENというバンドはその4人の人生が1つにまとまった、ある意味1つの人生だと思っています。なので、バンドとして音楽という言語で世界とコミュニケーションできるようになれれば良いなと思っています。

キム・ギボム(Ba.)

──ではまだ日本以外の進出はしていない?

ヒョヌ : そうですね。アメリカと中国からオファーはあるのですが、まだ決まったことはありません。やはり、まず日本で成功したいという気持ちが強いです。日本は韓国から近いですし、日本語を喋れるスタッフもいるというのが大きいですね。そして日本に惹かれているなによりの理由は、先程も言ったように日本はミュージシャンとリスナーに対する環境がとても整っている国だからです。それを経験してみたいという思いが強いです。チャンスはタイミングや努力次第でいずれ来ると思っているので、まず日本で経験を積んで、そのうえで、他の国での活動を考えたいと思っています。

──他のメンバーも各自で目標などありますか?

ジョンギル : もっと頑張って練習して、欠点のない、世界でナンバー・ワンのドラマーになりたいです(笑)。

ギボム : 僕は特に目標はありません。というのも、ベーシストとして1番の夢は素敵なバンドで演奏することなので、もう既にそれは叶っているので、目標はありません(笑)。

ヒョヌ : 目標のないベーシストはいらない(笑)。ハングリーなベーシストを新たに加入させます(笑)。

ギュホ : 僕には子供がいて、最近2人目が産まれたんですけど、バンドとしてだけではなく、父親としての責任もあるので、バンドと父親、両方のバランスをうまくとっていきたいですね。あと、1番感じているのは体力ですね(笑)。育児はライヴとはまた違った体力が必要になるので、体力をつけたいですね(笑)。

イ・ジョンギル(Dr.)

──ヒョヌ以外、真面目な答えが1つもない(笑)。

一同 : あははははは(笑)。

通訳 : だからライヴでもヒョヌ以外にマイク持たせてないんですよね。口下手ですいません。

──この1、2年、HYUKOHやSultan of the Discoなど、韓国のロック・バンドの日本進出が増えてきています。しかし、日本のリスナーも耳が肥えているので成功を収めるのは簡単ではないと思います。だからこそGUCKKASTENには期待していますし、成功できると思います。

メンバー一同 : ありがとうございます。

過去作品もチェック!!

GUCKKASTEN / 鏡

2010年行われた第7回韓国大衆音楽賞で最優秀ロック曲賞を受賞した曲。こちらの日本語バージョンです。

GUCKKASTEN / FRAME

約1年の活動休止を経て発表した2ndアルバムをOTOTOYの独占という形で配信。ロックバンドは成功できないと言われる韓国の音楽シーンから生まれた、型破りの国民的ロックバンド。

RECOMMEND

MO’SOME TONEBENDER / Ride Into HEAVEN
ストレートなバンド・サウンドを中心とした前作“地獄盤”こと『Rise from HELL』からは一転、対になるアルバム。天国へと舞い上がっていくかのような壮大なスケールと美しいメロディが絡み合う。

HYUKOH / 23
2016年、“サマーソニック2016”東京・大阪出演、秋には東京・大阪単独来日公演も成功させた韓国のロックバンド“HYUKOH”(ヒョゴ)。彼らのファースト・フルアルバム日本ライセンス盤。

LIVE INFORMATION

〈Guckkasten Seoul〉
2017年7月8日9日(土・日)@韓国 蚕室室内体育館

〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉
2017年7月30日(日)@新潟県湯沢町苗場スキー場

〈Incheon Pentaport Rock Festival 2017〉
2017年8月11日(金)@韓国 仁川

>>more live information|

PROFILE

GUCKKASTEN

Ha Hyunwoo / ハ・ヒョヌ(ギター、ボーカル)
Jun Gyuho / ジョン・ギュホ(ギター)
Kim Kibum / キム・ギボム(ベース)
Lee Junggil / イ・ジョンギル(ドラム)

驚異的な音域と天を裂くような爆発的なシャウト。唯一無二の圧倒的歌唱力のヴォーカリスト、ハ・ヒョヌを擁するロック・バンド、GUKKASTEN。2007年の活動開始直後から注目を集め、韓国で人気の音楽番組に出演したことがきっかけで、またたく間に老若男女を問わず知れ渡る事となった彼ら。一時的な活動休止期間があったものの、2015年にリリースした2ndアルバム『FRAME』は、CDの流通が厳しいと言われる韓国国内において、ビッグセールスを記録し、現在もバックオーダーが続いている。2016年には、9mm Parabellum Bulletとともに、ソウルと東京にて双方がホスト役を務める形で日韓Exchangeツアーを敢行。その歌声とエモーショナルなステージングで日本のオーディエンスに強い印象を残したことは記憶に新しい。

昨年行ったホール&アリーナ・ツアーでは韓国国内で7万人を動員。6月の東京でワンマン公演のチケットは即日sold outとなった。

>>GUCKKASTEN official site

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事