悪酔い間違いなし! 空きっ腹に酒、1stミニ・アルバム配信開始&西田竜大(Gt)単独インタヴュー

もうすぐ桜の開花の季節ですね。お花見に宴会… 空きっ腹に酒にはご用心!!! 生々しいカッティングに、パンクとファンクにラップ、ユニークな組み合わせから生まれるサウンドで、聴くものを中毒にさせるバンド、空きっ腹に酒が、1stミニ・アルバム『人の気持ち』を配信開始! シニカルな歌詞とファンキーな高速カッティング炸裂の今作も中毒性たっぷり! 1stミニ・アルバムと言っても、空きっ腹に酒はこれまでに4作のアルバムをリリース、デビュー9年目、しかしまだまだ勢いが止まる所を知らない。2015年6月、ベースに新メンバーのシンディを迎え、さらにグルーヴしている彼らをOTOTOYでは4回に渡りピックアップ。第1弾となる今回は、西田竜大(Gt)の単独インタヴューをお届けします。

空きっ腹に酒 / 人の気持ち

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC 単曲 270円 / まとめ価格 1,620円

【Track List】
1. わがままで都合がいい
2. 映画
3. sence
4. ハッピー
5. サウンドオブミュージック
6. 夜のベイビー feat.Funkymic


空きっ腹に酒「わがままで都合がいい」


INTERVIEW : 西田竜大(空きっ腹に酒)

一度聴いたら頭から離れることはない空きっ腹に酒。その中毒要素の1つとして挙げられるのが、繊細かつ迫力のあるカッティングで魅せるギター。そんなギターを担当するのが西田竜大。このバンドのキーパーソンとも言える彼の魅力と、天才的なギター・スタイルのその背景に迫る。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文&構成 : 木本日菜乃
写真 : 雨宮透貴

西田竜大

「空きっ腹に酒って名前にしようか〜」「まあ、いいんじゃない? 変やけど」(笑)

ーー空きっ腹に酒の大きな特徴の1つには、西田さんの弾くギターがあると思います。西田さんは、どうやってあのような特徴的なギター・スタイルを手に入れたのでしょうか?

西田竜大(以下、西田) : あれは結構偶然の重なりでできたんです。元々、今みたいなスタイルじゃなかったんですよ。僕がギターを始めたのは、ビジュアル系が好きだったからで。

ーーへぇ。誰が好きだったのですか!?

西田 : 高校生の時、雅-MIYAVI-が好きでした。雅-MIYAVI-も今のようではなく、がっつりビジュアル系の様で。

ーー西田さんの今のスタイルと全然違うように感じます。今は、カッティング、バリバリじゃないじゃないですか!?

西田 : 今思えば、メタルでもリフでリズムを刻む方が好きやったんで。中学の時はオレンジレンジとポルノグラフィティがすごい好きだったので、元からファンキーなのは好きやったんやなと思います。メタルのコアなところから、マイ・ケミカル・ロマンスとかテイキング・バックが好きになっていったんですよ。

ーー(田中)幸輝君は西田君の高校の後輩ってプロフィールに書いてあったけど、どうやって空きっ腹に酒は結成されたの?

西田 : 高校卒業前にクラスでバンドを組んでいたんです。空きっ腹に酒のドラムのいのまたも在籍していて、プリマ旦那っていうお笑いコンビのボケのやつもクラスが一緒で、そいつもメンバーとして入ってて(笑)。あとは777っていう漫才コンビをやってる2人もクラスが一緒だったので、彼らもメンバーにいたりもして。

ーーえ、学校はどんなところなんですか(笑)?

西田 : 東住吉高等学校に芸能文化科っていう学科があるんですよ。別に芸能人を輩出するための学科じゃないんですけど、日本舞踊とか三味線とか落語とかを習う、伝統芸能を楽しむ心と知識を持った人を育てる学校で、やっぱり変な奴が集まるんですよ(笑)。ヴォーカルの幸輝もそこの後輩なんです。

ーーへー! みんなそこなんだ。

西田 : 僕がメタルの曲を書いて、777のやつがヴォーカルをやって、コミック・バンド的な感じで歌詞をつけてやっていたんですけど、僕はギターを始めた頃から音楽をずっとやっていこうと思っていたんです。でも、みんな卒業するあたりに「音楽はここまでか...」って空気になってもうて、これはもう困ったなっていうことで、自分でいろんなところにメンバー募集をかけたりしましたね。でも結局なかなか見つからなくて、曲を創るしかなかったんです。それでいろんなところに配ったりとかして、最終的に身近な友達の友達みたいなやつと極楽鳥ってバンドを組むんですけど、自分的に何か違うなって感じてた。そんな時に、後輩の幸輝が「バンドを組むんですよ」って言ってて、たまたま極楽鳥で対バンしたんですよ。その時に幸輝を見て、"これは俺の求めてる勢いだ!"って思いました(笑)。

ーー幸輝君は当時から今みたいなスタイルだったのでしょうか?

西田 : いや、もっとパンキッシュな感じやったし、「なんだこいつは?」みたいな。ギターを弾いてたんですけど、弾かれへんのですよ。6弦をすごいスピードでダウンピッキングしていて、めっちゃ暴れまわって弾いて、しかもそのギターは借り物という。「あいつすごいな」って思っていました。極楽鳥はギター・ポップみたいな感じやったんで、自分の作っていた曲とは違うけど面白そうやなって思ってた。その後幸輝がベースを募集していたんですよ。それで、「ベースでいいから入れてくれ」って言って、そうしたら最初のライヴの日にギターを弾いてたやつが風邪ひいて「今日ライヴいけないっす」って言うから、「俺ホンマはギターの方が上手いから」って言って俺がギターになりました(笑)。

ーーいつ頃、空きっ腹に酒は結成されたの?

西田 : 空きっ腹に酒になったのは、そのライヴの次ですね。そのライヴの時、幸輝のバンドはまだ背脂っていうバンド名で、その次くらいのライヴで、「空きっ腹に酒って名前にしようか~」って幸輝が言いだして。自分のHip Hopの遊びユニットみたいのを地元でやってたんですって。その時書いた歌詞の曲名だったらしく、「これでええや」って言いだして。「まあ、いいんじゃない? 変やけど」って(笑)。

ーー音楽性的には、幸輝君は現在のようなスタイルだったのでしょうか?

西田 : いや、全然違いますよ。あいつはハードコアっていうより、初期のパンク。あいつINUがめっちゃ好きで、結成当初は町田町蔵が好きって言ってたし。でも俺と初めてスタジオに入った時に、あいつがふざけてラップをしたんですよ。その時にラップ上手いやんって思って、でもなんでやらへんねやろう? って思ってた。それからずっとやっていく中で、絶対曲にも合うし、「やってええやん!」って幸輝に言って、バンドにラップを取り入れだした感じですね。

俗にかっこいいと思われるギターではないと思ってるんですよ

ーー曲は全部西田さんが作っているんですか?

西田 : そうですね。初期は一応全部創っているけど、でもちょっとずつセッションの要素は入っているので、みんなのアイデアが全部入ってるんですよ。3作目からは他のメンバーが創った曲も入りつつ、ベースが男になったので、意識が変わりはじめたのと、ちょうど僕がHip Hopの曲にハマってたから、そういうのもバンドでやりたいと思うようになりました。

ーー例えば誰ですか?

西田 : エミネム、NE-YOとかレディーガガ... あとは生バンドだけどザ・ルーツとか。

ーー結構ギターのイメージがないアーティストばかりですが…。

西田 : そうなんです。それで途中めっちゃ悩んだんですよね。自分がやりたい音楽のお手本ってみんなやっぱりあると思うんですけど、僕はお手本がなくて。すごいレッチリが好きなんですけど、あいつらと全く同じことをするのとは違うし、自分がやりたいのはHip HopとかR&Bとか、だいたい鍵盤が入ってたりとか、アコギが入ってるとか、全然エレキ・ギター入ってへんしって思って、そこですごい研究もしたし、どういうふうに音を乗せたら良いかとか工夫しましたね。その中でカッティングがすごい役立って、メロディーも残しつつ、リズムも演出しつつ、音圧もあるのがカッティングだった。ああいうトラックものってハイファイやし、そんな感じもカッティングだと出しやすかったですね。パーカッションが入っているやつとかも、ギターで対応出来るなと思ったし。自分のギター・プレイは完全に個性的だと思ってるし、かなり理解しにくい、俗にかっこいいと思われるギターではないと思ってるんですよ。トラックのやつをギターで再現しようとしてるとか、ある種、他がやってないぞって思うけど、それのせいで空きっ腹に酒はちょっと分かりにくい部分もあるので。でも、わかってほしいって自分のギター・プレイに対して思います。

ーーでも西田さんのギターが普通だったら、空きっ腹に酒じゃないんじゃないかな。

西田 : 結局そうなんですよ(笑)。だから何とか理解してもらおうと努力しています(笑)。

ーージミ・ヘンドリックスとか、所謂ギター・ヒーローはお手本にしないの?

西田 : でもあの肉体的な感じはめっちゃ好きやから、エフェクターでガンガンそういう音楽をやるんじゃなくて、肉体的なやり方でやりたいっていうこだわりはありますね。弾き方とかでね。

ーーあのカッティングで、肉体的な感じは出てると思いますよ。なんだこのカッティングは! っていつも思います(笑)。

西田 : それこそ、こだわりです(笑)。

やり方を変えたんです

ーー10ヶ月連続QUATTROで自主企画を行いましたけど、実際にやってみてどうでしたか?

西田 : めっちゃ大変だったけど、面白かったのと、何よりやってよかったです。1番成長したというか。

ーーどんな部分が成長しました?

西田 : ライヴですかね。1回目からめちゃくちゃ準備して、せっかくのでかい箱だから、ガーンと音が飛ぶアンプも買ってやったけど、10回終わってみて、このやり方じゃあかんねんって分かった。だから、やり方を変えたんですよ。

ーーやり方は、何をどう変えたんですか?

西田 : お客さんへの向き方ですね。めちゃくちゃ当たり前のことなんですけど、スタジオとかでも普通にアンプの前に立つじゃないですか。今はアンプを全部お客さんのいる方向に向けて、そこに自分が立って、お客さんが聴いているのと同じ場所で練習します。そうするとやっぱり演奏しているところが見えてくるし、音作り悪いなとか、確かにこもっているなとか、うるさいなとか、全部分かるようになったんです。ドラムはもっと勢いないとあかんとか、ヴォーカルここ全然声が出てへんでとか、全部わかるようになって、練習はそういうふうにするようになりました。

ーー10回やって何も変わんなかったから、気づいたと。

西田 : 見えてなかったんですよね。全部ちゃんと自分の支配下に置けるようにしないと、無意識でやっているところって、やっぱり雑やなって思いました。お客さんからしたら1つの音として聴こえるわけだから、誰かのいる場所に完璧に合わせないと、やっぱり辻褄の合わないものが出来ると思ったんです。

こっからまだまだ化学反応が起きる序章ですよ

ーー6月にベースのシンディさんが入ったわけじゃないですか? それは大きな転換となりましたか?

西田 : もちろん。間宮知晴が抜けて、サポートで弾いてくれていたのが、シンディともう1人いて、どっちも上手いベーシストだったんですけど、シンディはすごいライヴが面白くって、初めてライヴでサポートしてもらった時に「喰われる!」って思った。俺がベーシストに対して諦めていたくらいのものを持っているなと。面白くて、ちゃんとテクニックもあるし、こいつやなって思って。まあややこしい人ですけど(笑)。シンディも他のバンドでリーダーとかやっていた人なんで、俺と同じで結構人の話を聞けないタイプだと思うんですよ。だから結構意見がぶつかる時もあるけど、俺とは違う面白いアイデアを持っているんです。

ーーそして『愛と哲学』を経由して『人の気持ち』を出すわけですけど、これは西田さんにとって、もしくは空きっ腹に酒とってどういう作品なんですか? 新しい未来に向けた1枚なのか、それとも『愛と哲学』の延長なのか。

西田 : 『愛と哲学』の延長ではないかな。ベースも変わってますし、やっぱり1人変わると全く違うんですよね。

ーーシンディが入ってからの初楽曲なんですよね?

西田 : 「シンディと曲を創ったら、空きっ腹に酒はこうなりました!」みたいな。相性良いのは間違いないですよ、みたいなね(笑)。でもこっからまだまだ化学反応が起きる序章ですよ。

ーーライヴとかも見させてもらったんですけど、ぎゅっとなってきてるなと本当に思いました。

西田 : 嬉しいですが、もっともっとぎゅっとしたいんですよね。

配信中の過去作品もチェック

空きっ腹に酒 / 僕の血

〈FUJI ROCK FESTIVAL '11〉でROOKIE A GO­GOに出演、オーディエンスに強烈な印象を与えた空きっ腹に酒が、翌2012年にリリースした記念すべき1stフル・アルバム。破天荒なスタイルでつねに常識をぶち壊してきた彼ららしい、ファンキーかつエッジーな演奏、そして中毒性の高いラップのようなヴォーカルが耳から離れない。

>>特集ページはこちら

空きっ腹に酒 / 踊れ細胞(24bit/48kHz)

教科書に載っていないファンク・サウンドと、コミカルに打ち出すリズム。 ダンサブルな展開と、まくし立てるラップ調の歌唱。それらが絶妙に融合した、気持ちの高ぶるバンド・サウンド。優しさと可愛さとサービス精神が随所に垣間見られる1枚。
(※11曲目の「サタデーナイトフィーバー」のみ、16bit/44.1kHzの音源となります)

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

Underpass 2016
2016年3月18日(金)@長崎 Studio Do!
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円(D代別)
出演 : 空きっ腹に酒 / 赤色のグリッター / カラスは真っ白 / FINLANDS

BEA×Zepp Fukuoka presents FX2016 Zepp Fukuoka Final Stage
2016年3月19日(土)@Zeep Fukuoka
料金 :
2days通し券 [1Fスタンディングのみ] 9,720円(税込・別途2ドリンクオーダー)
1F [スタンディング] 単日券 各5,940円(税込・別途 1 ドリンクオーダー)
2F [指定席] 単日券 各7,020円(税込・別途 1 ドリンクオーダー)
出演 : 空きっ腹に酒 / 9mm Parabellum Bullet / BIGMAMA / 04 Limited Sazabys / Czecho No Republic / Brian the Sun / ジラフポット / 忘れらんねえよ / NOISEMAKER / BURNOUT SYNDROMES / Helsinki Lambda Club / 打首獄門同好会 / YOUR ROMANCE …and more

MBS×I♥RADIO786 「SANUKI ROCK COLOSSUM」BUSTA CUP7thround
2016年3月20日(日)
●有料会場 : 高松オリーブホール、高松DIME、高松MONSTER、高松SUMUS Cafe、高松 festhalle
●無料会場 : 瓦町駅地下広場、786FM香川ブース
時間 : 開場11:00 / 開演11:30
物販販売開始 9:00
パス交換開始 9:00

livehouse nano12周年月間 第21夜 SATORI『愛しのゾンビ~ナ。』レコ発 × 空きっ腹に酒『人の気持ち』リリース わがまま放題ツアー
『アタック・オブ・デッド・パン』
2016年3月27日(日)@京都 livehouse nano
料金 : 前売 2,500円(1D別)
時間 : 開場 18:00 / 開始 18:30
出演 : 空きっ腹に酒 / SATORI / 岡崎体育

1st mini album『人の気持ち』”わがまま放題 対バン・ツアー”
2016年4月3日(日)@札幌 Sound Lab mole 17:30 / 18:00
出演 : バックドロップシンデレラ / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月8日(金)@渋谷 O-west 18:30 / 19:00
出演 : 日食なつこ / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月9日(土)@福井HALLBEE 18:30 / 19:00
出演 : Nicetime Workerz / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月10日(日)@名古屋 CLUB UPSET 17:30 / 18:00
出演 : ビレッジマンズストア / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月16日(土)@福岡 Queblick 18:00 / 18:30
出演 : THEラブ人間 / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月17日(日)@広島 BACK BEAT 17:30 START / 18:00
出演 : THEラブ人間 / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
2016年4月19日(火)@大阪 JANUS 18:30 / 19:00
出演 : KING BROTHERS / Opening Act : ペロペロしてやりたいわズ。
料金 : 前売2,800円 / 当日3,300円(D代別)

PROFILE

空きっ腹に酒

人間不信に陥ったvocal田中幸輝が、当時高校の先輩だった西田竜大、いのまたに出逢いファンクのリズムに合わせて「音楽と踊る楽しさ」を思い出す愛と絶望の感動巨編(バンドです)。ポップからアングラまで、どんな曲をやっても結局、空きっ腹に酒。

>>空きっ腹に酒 Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介