これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信

downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。

青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信

青木裕 / Lost in Forest

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)
単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)
AAC / MP3
単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)

【収録曲】
1. I am Lost (feat. MORRIE)
2. Open the Gate (feat. MORRIE)
3. 851
4. Waltz of the Bugs
5. Fury
6. Missing
7. Witch Hunt (feat. 薫)
8. Im Wald
9. Ghosts in the Mist
10. Gryphon / Burn the Tree
11. Cave
12. ”B"
13. Colling (feat. MORRIE)
14. Shape of Death (feat. SUGIZO)

INTERVIEW : 青木裕

制作期間10年をかけられたという青木裕の初のソロ・アルバム『Lost in Forest』。ゲストにMORRIE、LUNA SEA,、X JAPANのSUGIZO、DIR EN GREYの薫が参加した今作。誰もいない深い森の中でも蠢くような光と闇を描く圧倒的音楽が、数千トラックのギターで構築したサウンドによって感じ取ることができる。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築される楽曲はギター・インスト最終形態であるとも言えるだろう。10年という長い構想期間の中で理想とした表現はなんだったのだろうか。青木裕に話を訊いた。

インタビュー : 飯田仁一郎
構成 : 岩澤春香

記憶の断片のような、くすんだフィルムのような世界が浮かぶんです

──今回のアルバムではMORRIEさん、SUGIZOさん(LUNA SEA、X JAPAN)、薫さん(DIR EN GREY)といった豪華な面々をゲストに迎えていますが、どういった流れで一緒にやることになったのですか?

Aoki : 僕がソロを作っていると知ったMORRIEさんが、「何かやらせて」って言ってくれたのが最初です。光栄な話ですよね。発売もレーベルも白紙の状態だったので、何の保証もできないし、恐れ多いことなんですけど。後日SUGIZOくんも「僕も参加させて」って。薫くんは飲みの席で僕から誘ったら快諾してくれました。こうなったらアルバム完成に向けて背水の陣で臨もうかなと。

──MORRIEさんが最初に言ってくれたんですね。

Aoki : はい。 MORRIEさんは早い段階で参加が決まっていたので楽曲に時間がかけられたんですよね。SUGIZOくんの場合、やりたいって言ってくれて光栄だし嬉しかったけど、僕の編集作業が長引いて、締め切りも目前だし時間的に無理かなと思っていたんです。で、一応確認で「どうする? また別の機会でもいいし」と伝えたら「いやいや、やるよー」って言ってくれたので、SUGIZOくん用に楽曲を急遽書き下ろしたんですよ。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.1)

──SUGIZOさんが参加している「Shape of Death」は、何でSUGIZOさんは参加しているのでしょうか?

Aoki : バイオリンなんですよ。このアルバムはギターで構築されていて、音域がかたよりがちなんです。レンジを広げるためにも楽器指定でお願いしました。

──青木さんは今回、アルバムを作るにあたって結構な時間をかけたそうですね?

Aoki : ソロの作品を作ろうと思い始めたのがちょうど10年くらい前なんですけど、おぼろげな夢が具体的な目標に変わっていくプロセスに時間がかかったんです。もともと僕は機械音痴なのですが、downyが2013年に再始動するにあたってDAWを導入しまして。downyはメンバーが離れたところに住んでいるので、曲作りはデータのやり取りが中心なんです。デモのクオリティが低いと自分のアイデアが明確に伝わらないんですよね。そこで1から録音機材の勉強をし始めたんです。徐々に機材が使えるようになって、デモのソロ楽曲も形になっていった。だから結局、本格的なソロの制作に取り掛かったのはこの4、5年なんです。その間にもミキシングやマスタリングの仕事も少しずつやるようになりましたね。

──仕事の幅も広がったんですね。

Aoki : そうですね。あとは並行してイラスト仕事とか。Webサイト、CDのアート・ワークとかもやっています。それから、プラモデルは中学生の頃に挫折して完成したことがなかったんですけど、大人になった今、気まぐれで作ったんですよ。完成記念でコンテストに出したら、大賞をとりまして(笑)。その記事が仕事につながったりもしました。

──ええ!? 何をしてるんですか、青木さん(笑)。プラモデルはどのくらいかけて作ったんですか?

Aoki : 朝から晩までずーっとやって、1ヶ月くらいかかりました。その後も名誉な賞を2つほどいただきました。

——ええ(笑)!?

Aoki : でも、本気ではなく腕試しという気持ちが強かったし、すぐ後に音楽活動も控えていたので、プラモデル制作のための工具はすべて捨てたんです。僕の性格上、2つのものを並行してできないので。昨年は絵の個展となる青木裕展をやらせていただいたんですけど、そのときも最初で最後のつもりでしたね。

——この絵は今回のPVに使われているものですか?

Aoki : そう。個展の絵をソロのアートワークに使うアイディアは元々あったので、スキャンしたデータを元に今回のジャケットを作りました。

——プラモデルであったり絵であったり音楽であったり、アウトプットは一人の人間が出すには多岐にわたっているように思えるんですが。

Aoki : 僕にはそのどれもが共通して見えるんです。どれも埃っぽいというか、テイストがアナログっぽいんですよね。つまり結局は一つのことしかできていないんです。ただツールを変えているだけで。

──その大元には、青木裕として表現したいものがあるんですか?

Aoki : 僕の理想の表現っていうのは一本の映画のようなものなんです。視覚や聴覚だけではなく、五感を刺激するような作品でありたいんですけど、それはひとりではできないかも。記憶の断片のような、くすんだフィルムのような世界が浮かぶんです。そこにストーリーがあるかどうかも分からないんですけど、それは間違いなく自分の感情を揺さぶるもので。それらを伝えるのは音楽でも、絵でも造形でもいいんです。僕の頭の中の世界を別の形で表したものが、その個々の作品たちなんですよね。

「作品を通じて自分を見せること」に関心があったんです

──青木さんがいわゆる表現をしようと思い始めたのはいつ頃なんですか?

Aoki : 幼少期からありました。僕は本当に鉛筆を離さないような子どもで。幼稚園のときに、好きな動物というテーマのもとで絵を描いたことがあって、皆犬とか猫を選ぶじゃないですか。その中で僕は、アフリカのヌーのけい動脈に噛み付くチーターを、骨だけの姿で描いたんですよ。

──骨だけ!?

Aoki : 骨格のみで(笑)。そしたらちょっとざわつかれたというか。

──そりゃそうですよ(笑)。幼少期に絵から入って、表現が音楽に変わっていくのは?

Aoki : 小学校に入ってクラシック音楽が好きになったんです。オーケストラとか、その集合体としての音にすごく感銘を受けて。でもバイオリンだったり個々の楽器には目がいかなくて、それを自分でどう表現していいのか分からなかったんですよね。それが高校生のときにメロディーを追える楽器の一つとしてギターが浮上して、そこで初めて音楽をやろうと思ったんです。

──その頃もクラシックを聴いていたんですか?

Aoki : 高校の頃は何でも聴いてました。小学生の頃はロックが騒音に聞こえていたんですけどね。そういえば当時、サイモン&ガーファンクルの静かな曲も好きだったんですけど「サウンド・オブ・サイレンス」には少し不満があって。あの曲って途中からリズムインするじゃないですか。それによってそれまでの美しさがぶち壊しだと思う子どもだったんですよね。でもあの曲は元々ドラムがなかったらしくて、弾き語りだったものに音楽プロデューサーがドラムをつけた。そしたらバカ売れしたんです。だから僕は世の中の需要と反するようなものに目がいくような、皮肉な性格が昔からあったんじゃないかなと自己分析しちゃいますけど。

──何でも聴くようになったきっかけはあったんですか?

Aoki : 僕が中学に入学した頃、アメリカのMTVが大流行したんです。音楽と映像の融合が新鮮でビルボードチャートは常にチェックしてました。当時、ホラー映画監督のジョン・ランディス監督が、マイケル・ジャクソンと組んで「スリラー」を作ったりしたじゃないですか。僕は映画オタクでもあったから、互いのジャンルが歩み寄ることに興奮しました。MTVはハードロックも結構流れたし、いつしか騒音と感じなくなっていました。

──大学等で芸術について学んだりは?

Aoki : ないです。全部我流ですね。夢を叶えたいっていう想いもあったので高校卒業とともに上京して。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.2)

──夢っていうのは?

Aoki : 夢というか、もともと子供の頃から、絵でも音楽でも線引きなく「作品を通じて自分を見せること」に関心があったんです。でもそれは言葉にすらできない漠然としたものでして。そのまま大人になって。ギターを担いで上京したけど何をどうすればいいのかわからず、結局は行動に移すことなく諦めるんですよね。そして流されるまま就職の道に進みました。

──アーティストをもう一度志したきっかけは何だったんでしょう?

Aoki : 25歳のとき、友人や知人の活躍を目の当たりにするんです。CDを発売してたり、雑誌の表紙を飾ってたりして。僕ならもっと違う形で表現できるっていう根拠のない自信とともに、封印していた情熱がそこで再燃したんです。だけどスタートに出遅れたことは明白で。それ故にバンドでギターを弾くのであれば、皆と違うアプローチでやらないとダメだと思ったんです。ロックで使われる奏法は極力排除。だからdownyでは、ギターソロはおろか、ギターのビブラートすら入れない。「これは果たしてギターの音か」と思わせるようなエフェクティブで不思議な音で、とにかく変わったことをやろうと。そういう特化したギタリストになろうと思ったんです。25歳の再燃から4年間、ギター個練とバンドのメン募に明け暮れ、29歳で会社に辞表を出しました。社会的に保障されている身分を捨てるっていうので周囲から猛反対されましたけど、もう止まらなかったですね。

──downyを始めた頃はギターも弾ける状態だったんですか?

Aoki : 僕がギターを始めたときは、ソロ風に高音でピロピロ弾くような感じで、別のパートに合わせるっていうことを知らなかったんです。まぁその延長線上ですね。downyを組んでミュージシャンとしての自分の下手さ加減に、メンバーもだけど僕自身が呆れて傷ついていたんです。とにかく練習漬けの日々でした。後に組んだバンドunkieはdownyと音楽性が真逆でロック一色なんですけど、ギターソロもその頃から勉強しました。unkieのファーストを聴くとたどたどしいソロが入っているんですけど、それが3枚目、4枚目とリリースを重ねるごとに少しずつ弾けるようになってくるのがCDでわかります。そのまま僕の練習の成果が見えて面白いですよ。

──自分が表現するっていうことを、ちゃんと自分で実践してそこに立ち向かっていったんですね。

Aoki : 昔は迷わず挫折を選ぶようなやつだったから。痛い目にあって学習したということですかね。

──音楽活動を始めた当初はどんなコンセプトを掲げていたんですか?

Aoki : 当時はバンド中心でしたが、 僕が映画音楽とかクラシックを聴いたときの高揚感を誰かに伝えたいとは考えていました。そういったジャンルの音楽を聴かない人たちに、僕と同じ気持ちになってもらえるようなものを提示したかった。ソロも最初は、モーツァルトだったりバッハだったりを解体してアレンジしたものばかりだったんです。今回のアルバムにもそういうモチーフの曲は入っているんですけど。僕がギターでアレンジすることで、クラシックに興味がない人でも面白いなって思ってくれるものが作りたかったんです。

10年間の僕のささくれた記録なんです

──今作を出そうと思ったのは、何かきっかけがあるんですか?

Aoki : 散逸していた昔のアイディアをまとめることができたからです。10年前に音楽関係者の方が、ソロのコンセプトを気に入ってくれて、当時の音源を渡したらすごく乗り気になってくれたんです。そのとき、これって世に出せるものなのかっていう希望の光みたいなものが生まれました。だけど所詮デモというか完成度が低くて。この状態では誰にも聴かせたくないと思い始めて、そのアルバムの制作を忘れるかのごとく他の制作に没頭してしまったんです。それでその話はもう流れてしまって。紆余曲折を経てやっと形になったんです。

──アルバムとして形になったのはいつぐらいだったんですか?

Aoki : アルバムとしては最近ですね。昔にハードディスクレコーダーで録ったフレーズをデジタルに移行してブラッシュアップしていくっていう作業もあったので、全部新しいというよりは古いテイストも入れてあるんです。だから10年間の僕のささくれた記録なんです。

──古いテイストを入れている?

Aoki : 全て弾き直してしまうと、なんとなく嘘をついたような気持ちになる気がして。でも僕の音とかアイディアって、今と昔を比べてもそんな変化がないんです。正直言うと新しく録って並べたら一緒だったんでやめたんです(笑)。経験を積むことは演奏や制作において大切だけど、ひらめきや根っこの部分はどうやっても変わらないんだなと思って。完成を先延ばししても同じならアルバムを出してもいいかなと思ったんですよね。

──この『Lost in Forest』っていうアルバムを紐解くキーワードはあるんですか?

Aoki : もちろん。このアルバムは森にさまようお話ですが、心の奥にある森、という意味合いです。人間誰しもが持つ迷い、逃れられない運命のようなものを描くつもりで作りました。この作品は等身大の僕でもあるんです。僕が人生という森の中を迷っているようなものなので(笑)。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.3)

──音楽を表現することは、青木さんにとってどういう意味を持つんでしょう?

Aoki : 例えば、やり方を教わらずとも呼吸をするようなものであって、僕から楽器を取り上げても何か他の形で僕なりの表現をする。そういう、自然に湧いてくるものだと思います。

──その表現っていうのは青木さんの中でイコール芸術、もしくはアートと言ってもいいものですか?

Aoki : 芸術と考えたことはないかな。昔は妄想ばかりしている子どもだったけど、今も大して変わりはないです。ただ、今はそれを形に残せる環境がある。それをアートと呼ぶのはどうなんでしょうね。ゴッホでもベートーベンでも名だたる先人たちは、芸術残します、なんて気持ちで作っていないんじゃないかな。自分から溢れ出るエネルギーを表現しているだけだと思います。それは僕にとって自然な行為ですね。

──青木裕のソロとしては、これからも続けていきたいなっていう感じですか?

Aoki : 聴きたいって人がいるならやりたいな。今回は「すみません、ソロ作っちゃいました」って感じなんです。だからそういう声があったら頑張れるし、やらせていただきたいですね。

──青木さんの表現においては今回ソロっていう部分で一つ完成したと思うんですけど、そうすると次はどのフェイズに行くんですか?

Aoki : 形はどうあれ音楽は続けたいです。素直に自分が表せられるので。

RECOMMEND

V.A. / NE MINUTE OLDER

World's end girlfriend主宰レーベル、Virgin Babylon Records5周年を記念した、総勢50組、全曲90未満の豪華コンピ。青木裕も参加。

downy / 第六作品集『無題』

青木裕がギタリストを務めるバンドdownyの6作目のアルバム発展、進化を成し遂げるオリジナリティが凝縮されたアルバムになっています。

world's end girlfriend / LAST WALTZ(24bit/48kHz)

静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズを自在に行き来し、喜怒哀楽や善悪の彼岸も越え、全10曲70分ひとつの物語として描かれる。

>>特集ページはこちら

PROFILE

青木裕

ギタリスト、プロデューサー、エンジニア、イラストレーター。downyのギターを担当する他、様々なプロジェクトに参加。2017年1月18日に初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を[Virgin Babylon Records]からリリース。

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事