vol.1 『division e.p. the octuple personality and eleven crows』

アルバム『Xmas song』を1ヶ月間フリー・ダウンロードし話題を集めたworld's end girlfriendが、今度は「完成形の楽曲とは違った視点から音世界を楽しもう」というコンセプトのもと、名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する『division』シリーズをスタート。第一段は、「the octuple personality and eleven crows」を、ウワモノ部の「division1」、リズム部の「division2」に分解。それだけでなく、各「division」はそれだけで楽曲として成り立つよう、ミックス&マスタリングしなおされ、新たな楽曲として生まれ変わっています。正直、分解されたのにこれほど美しく響くものなのかと溜息が出てしまう代物。ダウンロード形式は、24bit/48KHzのWAV(HQD)とmp3。単曲購入だけでなく、ウワモノ部の「division1」、リズム部の「division2」、そして原曲が入った3曲入りのe.p.『division e.p. the octuple personality and eleven crows』としても購入可能。まさにダウンロードならでは本シリーズ。次曲のリリースは、2月20日(土)を予定。world's end girlfriendの音世界と音楽の可能性を、レア・インタビューと共に思う存分お楽しみください。

interview by JJ(Limited Express(has gone?))

——『Xmas song』を1ヶ月間フリー・ダウンロードにしようと思ったのは何故ですか?

『Xmas song』に入っている曲は、world's end girlfriendの1st albumより昔のものだから、あんまりそれらでお金を取りたくないなと思ってて。とりあえず聴けるようにしようと思っていたんだけど、完全にフリーな状態でずっと出しっぱなしにするのも面白くないじゃん。クリスマス・アルバムでもあるし。限定で出したほうが聴く側も楽しいんじゃないかなと。自分のオフィシャル・サイトでやってもよかったんだけど、自分のところでやると、結局それを持っていないファンがダウンロードするだけになっちゃう。それだと面白くないし、名前だけ知っている人や名前も知らなかった人がたまたまダウンロードしておもしろがってくれたほうが有意義だから、OTOTOYにお願いしたんだよね。

——見事に施策が当たりましたね(笑)。なんと20000ダウンロード!

ここ1、2作の作品は知っているけど昔の音を知らない人たちに、world's end girlfriendは、キレイで静かな音楽を作る人って思われているのも嫌だし。こういう音もあるんだって思ってもらったほうがいい。

——新たな施策『division』では、曲を分解して配信しますね。『division』をやろうと思ったのは?

自分が作曲してる最中には、リズムだけ聴けたり、楽器のある部分だけ聴けたりするんだけど、各楽器にそれぞれ表情があって魅力的なんだよね。曲にしていくとまた別の世界の表情になっていくから、絶対的にどこかで打ち消し合うところが出てくる。完成形になると、たいていの人が聴くポイントってウワモノのメロディになってしまったり、リズムが好きな人は、変な動きをしているリズムに耳が行ってしまう。その(耳の)視点をずらした聴き方をさせたいって昔から思っていて。もちろん通常の楽曲形式の中で視点を意識的に動かすことは難しい。そこでリズムが完全に抜けてウワモノだけだと、通常メロディだけに耳がいっていたのが、その下にあるもうひとつ別の楽器などの存在に気づくこともあるし、ドラムやベースだけになると完全にベースだけを追って聴けるようにもなる。 通常の楽曲形式で聴いていると特にベースの動きはあまり意識をしないけど、この聴き方ならベースの動きの面白さもわかりやすい。そういう聴き方を提示したくて。CDでやろうとするとリスクが高いけど、配信だったらできるなと思って。あと、エレクトロニカとか音響系とか聴いてきた人たちの耳だったらさ、もうこういう楽しみ方も出来る状態だろうと思ってたんだよね。

——『Xmas song』にしても『division』にしても、基本はインターネットの普及や、CDからダウンロードに変わっていく時代だからこその施策だと思うんです。音楽産業が変わろうとしている激動の時期に、world's end girlfriendは、かなり敏感に反応しようとしていると思います。

アナログからCD、CDからダウンロード。変わっていくことを悪いとは言いたくない。それによって様々に状況は変わるし、今まであったシステムでは成り立たないことももちろん出てくる。音楽家も音楽家で、かつてやれてた人がやれなくなったり、やっていけなかった人がやれるようになったり。コンピューターだけで作曲できるようになって、個人で音楽を創り出し生きていける人も出てくる。変化は変化で楽しみたいと思う。いままでだって変化はしてきたんだろうから。俺はインターネット上で、リスナーと新しい繋がり方ができないかなって思っている。今までとは違う、強度な繋がり方が出来るんじゃないかな。それは、音楽家としてやっていくのに必要なポイント。ネット上、データだけの関係になったとしても、ある種の繋がりの強さをリスナーは求めるから。その関係性を強い結びつきに持っていきたい。それはblogなどで身近な存在になるという意味ではまったくなくね。

——CD屋でやっていたことよりも、個人的な繋がりが可能だということですよね。

うん、今までの距離感とは別の物だと思うんだよね。

——本当にそう。面白いものやアイデアでリスナーと繋がれる時代に突入したのかなという気はしますね。

音楽をやる人がいなくなっているとかだったら問題だけど、皆音楽を欲してることは欲してる。プロモーションのためにいいことを全てやるのって誰にだって可能。逆に何をやらないかが重要でおもしろがれるか。それによって、存在とかも含めてトータルの世界観を作りたいんだよね。world's end girlfriendのMyspaceはあるけど、フレンド申請は一切受け付けてない。そもそもはじめたのだって、偽物が勝手にフレンドを作ってたから。勝手に曲を上げられている分には良かったんだけど、勝手にフレンド作ってて。申請する側はworld's end girlfriend本人と思ってフレンド申請して、お礼言っているわけじゃん。これは嫌だなと思って、オフィシャルのやつ作って、他のは違いますっていうのを提示してます。


——他にやらないことはありますか?

なんだろうな。情報の扱い方でさ、表層の情報は今は検索すればすぐわかるからそこにあまり価値はなく、あまりこっちで提示しないほうがおもしろがれるっていうのはある。俺が普通にアーティスト写真撮っても面白くないし、音の世界にとっても良い事も別にない。それだったらおもしろがって写真とって、妄想を膨らませてもらったほうが面白い。どこまで本人を隠せるか。そういう実験も昔からやってみたくて。もともと俺の曲は我が強いから、そこで本人が出てきてもうざくて。自分がなくても曲に勝手に出ちゃうんだから、そういう見せ方がいいかなって思うようになったんです。テクノのアーティストとかで、最初隠してた顔を売れてきたら出しちゃうとかよくあるけど、あれはやりたくないですね。

——音作りでこだわっているところは?

通常良い音とされているものやキレイなもの、そうじゃないロー・ファイなものやノイジーなものとか、それがどっちが良いとかどっちが好きとかじゃなくて、曲の正しいところに正しい音を。全部にきれいな音を当てはめていっても正解ではないじゃん、音楽って。ここはこの音、っていうのがそれぞれ曲にはあって。それを正しく選ぶっていうのが一番重要かな。それをやらないと、時間が経つとすぐ古く聞こえる音楽になるから。

——曲は全体から作る人ですか?

基本的に全体のイメージははっきりあって。具体的なものではなく、もやもやしたものなんだけど。それをひっぱりだすのが一番大変だね。

——普段生活している中で全体のイメージが浮かぶ。そのイメージを捕まえるのが大変ってこと?

そうそう。一回ひっぱりだせば、そこからずるずるイメージが沸いていく。ある程度ひっぱりだせば、そこからは技術的な部分にもなってくるから。最初どう上手く引き出すか。たまに上手く引き出しきれずに、途中で切れることもあるしね。

——作曲スタイルは?

鍵盤かギターから始める。それをどんどんロジックに落としていく。最初に全部自分でデモを作って、それを生楽器に置き換えて、音を整えていく感じかな。だから、デモを作った時点でスタジオに入る。友人のスタジオ・ミュージシャンが経営しているスタジオで、弦とかサックスとかは録ってる。グランド・ピアノとかを使うときは、また別のところで録ったりする。でも、アルバム分の曲のデモが8〜9割揃うまではスタジオに入らないんだ。揃ってきたら1曲ずつ録音しはじめて。大体曲順は決まっているんだけど、全体の流れで別曲が必要になったらまた曲を作って、流れを整えるって感じだね。

——音楽で表現したいことは?

また根本的な・・・(笑)。言葉で言うと不完全なものになるっていうのを前提に話すけど、両極端を含んだ全体をやりたいっていうのはある。天国から地獄、喜劇から悲劇、光から闇とか。世界にしろ、何にしろ、それをひっくるめてひとつ。全体を表現していくんだけど、それで表現する世界や音楽には、それによって何が正しくて何がダメだとかいうメッセージを含まない。音楽でも芸術でもいいんだけど、それはそれ、そのもので存在するだけが良い。作品が何かを説明するわけじゃないんだよね。そのものの存在があるだけであって。慈しむ側も殺す側も殺される側も、美醜も喜怒哀楽全てを含んだものをやりたくて。

——それはworld's end girlfriendからみる風景みたいなものですか?

誰にしろ、生きていろんな経験を日々していくじゃない。日々外側の世界で経験していることが自分の内側に反射して、無意識的に自分の世界が作られるわけじゃん。反射して自分の世界が生まれて、それを表現する。だから内側の世界を表現するっていうことは、外側の世界を表現するのと同義だと思うんだよね。

——音楽を作り続け、自分自身を表現し続けることを選んだのは?

子供の頃から作曲家に、音楽家になるつもりだったから。生きているといろんな経験をしていくから、反射は日々勝手に起きているわけじゃん。自分の中の世界がどんどん更新されていく。それを音楽として出力することを20年以上、人生の半分以上やっているから、やらないイメージがない。やらないと多分気持ち悪くなると思うな。

——音楽家を目指していたのには、誰かの影響があったのでしょうか?

小4の頃に誰でも知ってるベートーベンの「運命」のイントロの続きがふと気になって家にあったレコードを聴いてみたら、曲の構成や盛り上がり方にものすごく高揚して、一気に音楽が好きになった。家にピアノがあったんで、勝手に作り始めた。中学に入ってからは、バンド・ブームってこともあったんで、ギター買ったりして。子供だったってこともあるけど、その頃にはもう音楽家になるつもりだったね。

——最初はベートーベンだったんですね。

その興奮は今でも覚えている。そのあとそのレコードすっごい聴いたし、構成とか完璧に覚えたからね。

——次回のアルバムは、どのようなものになりそうですか?

また変わったものになるよ。一部のファンががっかりするような(笑)。キレイでもの静かなのはやらない。

recommend by world's end girlfriend

ニューヨーク・ヘルソニック・バレエ / 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
ニューヨークの、地獄の音響で踊るバレエ。菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールの、北米、オペラ、バレエ、サルサへの第一接触。ミニマルやモントゥーノ、パンク・ロック、そしてソプラノ歌手を起用したオペラを用い、クラブ・ミュージック・マナーとクラシック・マナーの見事な融合を実現。

The Nothings of The North / Ametsub
ピアノを中心としたこの上なく美しいメロディー・ラインの数々と、さらに磨きのかかった緻密かつスリリングなリズムから生み出される至高の楽曲群から構成される、近年のエレクトロニック・ミュージックにおけるひとつの金字塔とも言える傑作。坂本龍一も推薦。

ラッシュ / あらかじめ決められた恋人たちへ
ーここは作り物の世界、君が想うリアルがライブになるー「あらかじめ決められた恋人たちへ」初のライブ音源完成。フェイクメンタリー(モキュメンタリー)の手法により、、09年2月13日の金曜日に開催された公開ライブ・レコーディングの素材を「LIVE=生活」のコンセプトの元に再構築して収録。荒くてタフな「あら恋ライブ」をパッケージしたベスト・アルバム的ぶっといライブ盤。
あらかじめ決められた恋人たちへ インタビュー

concert information

2010年2月4日(木) @恵比寿LIQUIDROOM
「カルペンティエル地下文学賞」

LIVE :
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール guest: 林正子(ソプラノ)
world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL

DJ :
菊地成孔
日向さやか

OPEN / START 19:00
adv ¥4,000 / door ¥4,500(税込・ドリンクチャージ別)
お問合せ サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
企画制作 イーストワークスエンタティンメント
協力 LIQUIDROOM

o

 
 

インタヴュー

松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!
[CLOSEUP]・2017年08月19日・松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!! 埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする! 8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろca
by 西澤 裕郎
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事