この力強い歌声を"最高音質"で感じる喜び——岩崎愛、DSD 11.2MHzで録音した弾き語りアルバムを独占配信!!

岩崎愛

"浪速のノラ・ジョーンズ"の異名をとる女性シンガーの岩崎愛が、現時点の"最高音質"と言われるDSD 11.2MHzのレコーディングに挑戦。2曲入りのミニ・アルバムとしてOTOTOY独占配信を開始しました。この音源は、昨年開催された「OTOTOY DSD SHOP 2014」のイヴェント内で、デジタル・オーディオ・ワークステーション「Pyramix」(ピラミックス)を使用して公開録音されたもの。最新シングルから「哀しい予感」、そしてアルバム『東京LIFE』から「花束」の2曲が収められ、岩崎愛のパワフルかつ繊細な歌声を体感することができます。豊かな声量、そして優しく囁くような歌声まで、彼女のあらゆる表情を余すところなく収録しているのはDSDならではです。OTOTOYでは、本作を11.2MHz dsd + 24bit/96kHzのパッケージで配信。11.2MHzを聴く環境がなくても、通常のハイレゾ音源で楽しむことができます。レコーディングからミックスの様子まで伝えるレポートとともにどうぞ!!

現時点の"最高音質"、DSD 11.2MHzで配信!! (通常のハイレゾもあります)


"浪速のノラ・ジョーンズ"こと岩崎愛、そのパワフルな歌声を感じろ!!

岩崎愛 / Live in Shibuya Hikarie

【配信フォーマット】
[左] 11.2MHz dsd + 24bit/96kHz
[右] 24bit/96kHz
※11.2MHz版にも通常のハイレゾ音源(24bit/96kHz)が付属するので、iTunesなどで簡単に再生することができます。

>>DSDの聴き方
>>ハイレゾとは?

【価格】
11.2MHz dsd + 24bit/96kHz : 700円(税込)(まとめ購入のみ)
24bit/96kHz : 500円(税込)(まとめ購入のみ)
※11.2MHz版に収録されているDSD音源は、DSDIFF(.dff)フォーマットです。

【収録曲】
01. 哀しい予感 (Live in Shibuya Hikarie)
02. 花束 (Live in Shibuya Hikarie)

Recorded at Shibuya Hikarie
Recorded, Mixed and Mastered by 高橋健太郎
Piramix Operated by 嶋田亮
Produced by 飯田仁一郎(OTOTOY)、長島大輔(OTOTOY)
Photos by 大橋祐希
Supported by iFI Audio

DSD 11.2MHzで聴く場合の再生方法

DSD 11.2MHzの音源は、以下の対応USB DAC / 再生ソフトを組み合わせることで簡単に再生することができます。

簡単再生ガイド
1. OTOTOYから音源をダウンロード
2. お使いのPCもしくはiPhoneと11.2MHz対応のUSB DACを接続
3. 接続したUSB DACのドライバを再生ソフト上で選択
4. 再生ソフトから11.2MHzの音源を開く

※3は再生ソフトごとに設定の方法が多少異なります。詳しくはそれぞれのソフトウェアの使用方法をご参照ください。

※『Live in Shibuya Hikarie』は、11.2MHz版にも通常のハイレゾ音源(24bit/96kHz)が付属するので、特殊な環境がなくても楽しむことができます。

USB DAC


DSD 11.2MHzのネイティヴ再生に対応したUSB DAC

iFI-Audio「micro iDSD」



デュアルコア・バーブラウン・チップセットを搭載し、PCMは768kHz、DSDは24.6MHzまでのトゥルー・ネイティヴ再生を実現したUSB DAC。8V/4000mWの高出力を誇るターボ・ヘッドアンプを備え、どんなヘッドフォンでも単体で鳴らしてしまうパワーを持つ。また、X-BASS、3Dホログラフィックといったスイッチにより、好みに合わせて音をコントロールすることが可能。コンシューマ・モデルとは思えない圧倒的なスペックを凝縮した1台。

>>iFI-Audio「micro iDSD」の詳細

※WindowsでのASIO方式に限定されるものの、nano iDSDでも11.2MHzの再生が可能です。

再生ソフト

Windows

MAC OS

  • Audirvana Plus (DoP方式、ver.2.0.1で11.2MHzの再生に対応)[$74]

iOS (iPhone / iPadなど)

  • Hibiki (DoP方式)[500円]
  • ONKYO HF Player (PCM変換)[DSD再生には1,000円の「HDプレーヤーパック」が必要]

最高音質で録音されていようがいまいが、間違いなく彼女の歌声は絶品

2014年12月14日(日)、OTOTOY DSD SHOP 2014の会期中に、イヴェント『iFI-Audio presents 岩崎愛の歌声を、PyramixでDSD256(11.2MHz/1bit)で録音する』が行われた。

OTOTOYでは、11.2MHzの音源が、まだRie fuの『so-re-da-ke』と丈青の『I See You While Playing The Piano』しかなかったため、11.2MHzの音源が聴けるDACを持つユーザーはやきもきしていただろうし、「DSD Recordings at Special Locations」等でDSD録音を押し進めてきたOTOTOYとしては、「11.2MHzのDSD録音に挑戦してみたい」という強い希望もあった。そんな折、iFI-Audioの国内代理店でもあるENZO j-Fi LLC.の嶋田亮が、デジタル・オーディオ・ワークステーション「Pyramix(ピラミックス)」を導入したと伝えてくれた。それと同時期に、岩崎愛の『哀しい予感』のリリースがあり、彼女のUstreamを行う機会に恵まれた。そこで歌われた彼女の歌声からは、まさに空気が震えているのが見えた! この空気を震わす歌こそ、11.2MHzで録音したい。現状録音できる最高音質で録音したいと考え、本作の企画に踏み切ったのだ。

録音エンジニアは、高橋健太郎。Pyramixのオペレーターは嶋田亮が務めた。マイクにはノイマンのU67、AKGの414、SHUREのSM57を、プリアンプにはNEVE、API、CALRECを用意。ADLやAVALONのコンプレッサー、STUDER 169ミキサーなども持ち込まれた。DSD SHOPの会場は、決して録音用に創られたものではなく、ただのシンプルな展示スペースである。その会場に、ヴォーカル×1、ギター×2本、エアー×2本のマイクをセッティングする。少しでもこの録音を見てもらいたいと思い募集したお客さん10名が会場に入ると、足の踏み場もない程であった。お決まりの機材トラブルもあり(笑)、30分押しで岩崎愛が入場する。レコーディングでもあり、お客さんを入れたライヴでもあるこのイヴェント・スタイルは、歌い手の多くが経験をしたことのないシチュエーションのため、大きな負担が強いられる。はずだったが、彼女は全く気にすることなく、「哀しい予感」「ハイウェイ」「花束」を唄い上げていく。兄の岩崎慧(セカイイチ)とともに音楽がそばに常にある環境で成長し、単身上京、自身はソロで活動しつつも、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)をプロデューサーとして迎え作品を創り続ける彼女の経験をもってすれば、全く未知の空間でも、空気を震わす歌を聴かせることは容易いことであったのだろうか。最高音質で録音されていようがいまいが、間違いなく彼女の歌声は絶品で、この日のパフォーマンスは、素晴らしいものであった。録音終了後、「こんなにギターのうまい女性シンガー・ソング・ライターは知らない」と高橋健太郎が言ったのも印象的だった。

右がPiramix

ミックスは、高橋健太郎のホーム・スタジオにて。岩崎愛も参加し、Pyramixを稼働させ、アナログ・ミキサーを通して行われた。ノラ・ジョーンズのライヴ盤『Not Too Late』を参考にしながら、展示スペースの空気感、当日の緊張感を壊さないように、何度も良い音像を探していく。最終、ミックスされ配信されることになったのは、「哀しい予感」と「花束」の2曲。改めてmicro iDSDで聴いてみるが、アコースティック・ギターの立ち上がりが素晴らしく、そして歌のやわらかさは、アナログ盤のようだ。僕らは、OTOTOY DSD SHOP 2014を、たくさん時間をかけて、たくさん寝る間を削って創り上げた。そんなこと彼女にとっては知る由もないことだけど、この音源を聴くたびに、あの大変だけどバカみたいに音質を追求したOTOTOY DSD SHOP 2014を思い出す。ぜひDSD 11.2MHzの録音に挑戦した本作で、空気が震えているのを体感してほしいと思う。(text by 飯田仁一郎)

岩崎愛の過去作はこちら

岩崎愛 / 東京LIFE

大阪生まれ、大阪育ちのシンガー・ソングライター岩崎愛のオリジナル・アルバム。今作は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文総指揮のもと、masasucks(the HIATUS / FULLSCRATCH)、日向秀和(ストレイテナー)、マシータ(ex BEAT CRUSADERS)ら、超強力なミュージシャンを迎えて制作された。アコースティックを基調にしたサウンドと、温かくも芯のあるヴォーカルが染み渡る、彼女の”うた”を、じっくりと楽しんでほしい。

>>特集ページはこちらから

岩崎愛 / 哀しい予感 (24bit/48kHz)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎えた"浪速のノラ・ジョーンズ"こと岩崎愛の最新シングル。「哀しい予感」には、タブラ奏者のU-zhaan、そしてスティールパン奏者のトンチが参加。今までにないアレンジと心を振るわせる歌声が印象的な楽曲となった。カップリングの「ひこうき雲」は、映画『風立ちぬ』の主題歌にもなった荒井由実の名曲。岩崎愛ならではの歌声とバンド・アレンジでカヴァーに挑戦した。

OTOTOYで配信中のDSD 11.2MHz音源

丈青 / I See You While Playing The Piano

SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのピアニストとして活動する丈青の、自身初となるソロ作。コンサート・グランドの名品「FAZIOLI」を使って録音された本作は、アーティスト自身が「とにかくリアル」と語るように、演奏中の息づかいやピアノの繊細な響きまで生々しく感じられる。スタンダード、オリジナル、そして完全即興まで、丈青のスキルと感性が遺憾なく発揮されたこのアルバムを、文字通り“最高音質”のDSD 11.2MHzでご堪能あれ。

>>特集ページはこちらから

Rie fu / so-re-da-ke

オーディオ雑誌『Net Audio Vol.16』による企画のもと、現在録音 / 再生が可能な最高スペックとされる、文字通りの"超"最高音質DSD 11.2MHzで音源制作に挑んだRie fu。11.2MHzの再生対応機をいち早く製品化したiFI Audioのサポートにより実現したこの貴重な音源を配信中。楽曲はアルバム『 I 』に収録されている「so-re-da-ke」の全編英詞ヴァージョン。

LIVE INFORMATION

はいざらこうかんの餃子パーリーナイ! (LIVEもやるよ) vol.2
2015年3月17日(火) @東京 下北沢 BASEMENT BAR
開場 / 開演 : 19:00 / 19:30
料金 : 前売 2,000円
出演 : はいざらこうかん / 岩崎愛 / チーナ / [FOOD]灰皿交換餃子200円

おれたちのグッジョブナイト
2015年3月28日(土) @大阪 谷町四丁目 bar SKIPPY
開場 / 開演 : 18:30 / 19:30
料金 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク代別)
出演 : 岩崎愛 / 小玉哲也

PROUD GROOVE OSAKA 〜東北復興音楽祭 2015春〜
2015年3月29日(日) @大阪 十三 FANDANGO
開場 / 開演 : 17:30 / 18:00
料金 : 前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別)
出演 : Theサード / ギャーギャーズ / ズクナシ / GASOLINE / 岩崎愛

PROFILE

岩崎愛
大阪出身。ミュージシャンである兄の影響でアコースティック・ギターに出会い、高校在学時からライヴ・ハウスで弾き語りを始めるなど音楽活動をスタート、圧倒的な歌唱力と存在感でシーンの話題を集める。2006年にミニ・アルバム『雨があがったら』、2008年には1stフル・アルバム『太陽になりたいお月様』発表。2009年以降は活動拠点を東京に移した。2011年3月、ストレイテナーの日向秀和を中心としたミュージシャン有志によるプロジェクト・HINATABOCCOに参加。同年12月にはセルフプロデュース・アルバム『いっせーのーで』をリリースする。2012年には後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のディレクションのもと『東京LIFE』をリリース。その年のNANO-MUGEN CIRCUITにも参加。2014年11月「BLACK FRIDAY / RECORD STORE DAY」にはタブラ奏者のU-zhaan、スティールパン奏者のトンチを迎えてA面「哀しい予感」、B面「ひこうき雲」(荒井由実のカヴァー曲)を7inch EPにてリリース。現在も精力的に活動を行なっている。アコースティックを基調にしたサウンド、彼女の肉眼を通して描き出される歌詞、温かくも芯の強い歌声の三位一体が織りなす音楽性が高く評価される気鋭のシンガー・ソングライター。

>>岩崎愛 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

THE FULL TEENZ、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月27日・THE FULL TEENZ、誰にでも突き刺さる初期衝動ーー安孫子真哉ミックスによる期待の1stフル・アルバム 京都在住の3人組バンド、THE FULL TEENZが、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をセカンド・ロイヤル・レコーズよりリリース。2014年には、8曲8分という衝撃のep『魔法はとけた』をメンバー自らが運営するレーベル「生き埋めレコーズ」より発売、手売りと一部レコードショップのみの販売にもかかわらず500枚をソールド・アウトさせた。2015年には〈FUJI ROCK FESTIVAL'15 "ROOKIE A GO-GO"〉に出演するなど、じわじわと注目を集める彼らの1stアルバムは、エンジニアをHomecomings等を手がける荻野真也が、ミックスをKiliKiliVilla / 元銀杏BOYZの安孫子真哉が担当。OTOTOYでは、22〜3歳ならではの歌詞とグッド・メロディと怖いもの知らずの無垢でキラキラした演奏によって描かれた本作をハイレゾ配信し、インタヴューでTHE FULL TEENZに迫った。 初期衝動に満ちた1stフル・アルバムをハイレゾ配信THE FULL TEE
by JJ
2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開
[CLOSEUP]・2016年05月25日・明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始 『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒的なライヴ量で走り続けてきた彼らから、待望の2ndアルバムがリリースされる。アナログ12インチの『YASHINOKI HOUSE』に追加収録された「Pink Jungle House」やライヴ定番曲となっていた「お別れの歌」「Motel」、バンドがリスペクトする高田渡の「自転車にのって」カヴァーを含む全9曲。その内容は後述の岡村詩野による考察とインタヴューに任せるとして、本当に誠実で人懐こく気持ちの良いアルバムであることは強く強く推しておきます。 そのリリースも約2週間後の6月8日と迫るなか、OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始! しかもすでにライヴで披露され、ひときわの輝きを放っている「明るい未来」(ミュージックビデオも
VIDEOTAPEMUSIC『Sultry Night Slow』ハイレゾ音源OTOTOY先行リリース
[CLOSEUP]・2016年05月25日・配信限定シングル『Sultry Night Slow』リリース記念。改めてVIDEOTAPEMUSICの世界を振り返る 6月からスタートするツアー・タイトルと同名の配信限定シングル『Sultry Night Slow』をリリースしたVIDEOTAPEMUSIC(OTOTOYはハイレゾ版を他のサイトに先駆けて販売)。このシングルのリリースに合わせて、昨年リリースされたセカンド・アルバム『世界各国の夜』を振り返るとともに、『Sultry Night Slow』がどんな作品なのかを読み解いてみる。 ツアーと同名の配信限定シングル。OTOTOYはハイレゾ版を先行配信!VIDEOTAPEMUSIC / Sultry Night Slow(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込)、まとめ購入 540円(税込)【トラック・リスト】''1. Sultry Night Slow 2. Sultry Night DUB VIDETAPEMUSICが行ってきたこと VIDEOTAPEMUSICがどんな活動をしているのか、いまいち掴みづらいところがある。
by 原田 星
極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事