6thアルバム予約受付開始! 空きっ腹に酒、メンバー単独取材第4回 最後の刺客、シンディ(Ba)インタヴュー

大好評!! 空きっ腹に酒の4回に渡るメンバー単独取材。第1回西田竜大(Gt)、第2回いのまた(Dr)、第3回田中幸輝(Vo)に続き、最終回となる第4回目はシンディ(Ba)の単独インタヴューをお届け! 4月5日にリリースされる6thアルバム『粋る』をリリースする彼ら。OTOTOYでは本作の予約の受付を開始するとともに、全曲の視聴が可能となる。最新アルバムのことから、シンディと空きっ腹に酒との出会い、怪我によって活動をストップしていた期間のことなどじっくり語ってくれました。

▶︎単独インタヴュー第1回 : 西田竜大(Gt)
▶︎単独インタヴュー第2回 : いのまた(Dr)
▶︎単独インタヴュー第3回 : 田中幸輝(Vo)

10周年の集大成がここに! 予約受付中!


空きっ腹に酒 / 粋る

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 2700円(税込)

【収録曲】
1. どーも
2. fashion
3. 生きるについて
4. 御乱心
5. 雨
6. キョとムー
7. YES or NO
8. FLOW
9. 黒に赤
10. グル
11. 心の唄


空きっ腹に酒/生きるについて


INTERVIEW : シンディ(空きっ腹に酒)

空きっ腹に酒が結成10周年の集大成となるフル・アルバム『粋る』をリリースする。昨年4月には交通事故によりベースのシンディの活動休止を余儀なくされた空きっ腹に酒。それでもバンドは止まることなく、更に勢いを身にまとって活動を続けてきた。インタヴューの中で「1番後ろのポジションでいたいな」と語ったシンディは、何を考え、空きっ腹に酒に加入したのだろうか。彼の根底にある音楽への思いを訊く中で紐解いてみた。シンディも復帰した今作のリリースを待ちながら、インタヴューを読んでみてはいかがだろうか。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文章・構成 : 宮尾茉実
写真 : 作永裕範

ストレートにここで弾いてみたいなって

シンディ(Ba)

──シンディくんは前、京都のライヴハウスnanoでちょっとお会いしたことありますよね。正規メンバーになったのはいつですか?

シンディ : 2015年の6月ですね。

──なるほど、空きっ腹に酒との出会いはどういうものだったんですか?

シンディ : 2011、2年くらいに難波ROKETSのイベントで自分のやってるLOW-PASSで対バンしてからYouTubeで見たりして気にかけていました。そしたら大阪のバンド、ダンボの音響でCOMPASSに行った時にマネージャーの曽我さんが「ベースが抜けるからちょっと弾いてみない?」って誘ってくれたのが始まりです。

──曽我さんが巡り合わせてくれたんですね。

シンディ : ギターの西田だけはお互い酔っ払いのまま絡んだことあったんですけど、他の2人はその時が初対面でした。

──入ろうと思ったのはなぜですか?

シンディ : ここで弾いてみたいなってストレートに思ったんです。

──どうやってできているかわからない音楽ですもんね。

シンディ : でも割と単純なんですよ。みんなやりたいことやってるし、頑固なんです。やりたいことに対しても含めて。それを見てると自分もこのバンドでやってみたいことがいっぱい湧いてくるじゃないですか。だから結構ぶつかりながら作ってる感じですかね。

──例えばどういうところがぶつかるんですか?

シンディ : 細かいフレージング、展開、特に楽曲の細かいところですかね。

──なるほど、最初に音を一緒に出したときはどうでしたか?

シンディ : 自分が今までやって来なかったジャンルだから面白いなって思いました。「ほかのバンドで出せへんな」っていう要素を放りこめたという感覚がありましたね。

楽器を演奏すること自体が好き

──シンディ君は、もともとどういう音楽が好きなんですか?

シンディ : 僕の音楽の入りはメロコアです。中学生の時にHi-STANDARDを聴いて、そこからハイスタ周りの『AIRJAM』とか『DEVILOCK NIGHT』、『REVOLVER FLAVOUR』っていう洋服業界の音楽イベントに出ているようなバンドが好きでしたね。BACK DROP BOMBとかHUSKING BEEとか。大学入ってからすぐPELEとかGHOSTS & VODKAとか聴いていました。完全にインスト・ポスト・ロックですね。Mice Paradeとかめちゃくちゃ好きでした。

──なるほど。

シンディ : あと僕、大学が京都の精華大学だったんです。そこに面白い先輩がいっぱいいたから、音楽に関しては情報量が凄くて。片っ端から聴かされたり、自分からも音楽をどんどん掘っていったって感じですね。

──バンドとしてはLOW-PASSのようなオルタナティヴな音楽を奏でるのが好きなんですか?

シンディ : そうですね、楽器を演奏すること自体が好きです。研究することも好きですし、ベースに限らず、ドラムとかギターとかも好きですね。

──音響もやられてるんだ。

シンディ : 学生の時に音響会社でアルバイトしていました。

──空きっ腹に酒が遭遇した事故は加入してどれくらいのことだったんですか?

シンディ : 入ってちょうど1年経たないくらい、去年の4月ですね。ツアーで仙台から帰る時でした。

──結構な事故だったと思うんですけど、何か月入院してたんですか?

シンディ : 入院は3か月ですね。復帰できたのは去年の11月末です。

──その半年間休まなければいけなかったのはなぜですか?

シンディ : まず一人で生活できなかったんです。大阪で一人暮らしをしていたんですけど、退院してからは、実家の和歌山で毎日リハビリを行ってました。最初のころは、一人で風呂も入れへんし、外出してもはじめはずっと杖をついていて、電車とかも乗れなかったです。

──具体的にはどこを怪我されたんですか?

シンディ : 左足のひざから下を怪我しましたね。一回折れて、くるぶしから下は粉々になりました。

──考えただけで痛い……。それで3か月間入院して、そのあと3か月間リハビリをしたんですね。

シンディ : そうですね。リハビリをして、日常生活をできるようにしました。リハビリの間はベースを弾いて、このアルバムのベースラインとかも考えたり、曲を考えたりしていました。だから結構あっという間に過ぎちゃいましたね。

──その期間で一番しんどかったことって何ですか?

シンディ : バンドのことで言ったら、自分がおらへんところで進んでいくことの申し訳なさとか、いろんな人に対しての悔しさがありましたね。うれしいの半面、悔しいの半面、で苦しいなって感じが主でした。

──ベースを弾き始めたのはいつなんですか?

シンディ : 退院してからですね。一応病院には持ってきてもらってはいたんですけど、結局弾くこともできず…。で退院してから、最初は弾いてたんですけど、3か月空いただけで、もう手が痛いんですよ。だから1か月くらいは毎日弾いて豆が出来て潰れてました。

──復帰ライヴっていうはいつだったんですか?

シンディ : 11月25日にCOMPASSでやらせてもらいました。

──どのように感じましたか?

シンディ : かなり緊張しました。11月中旬くらいに、大阪に戻って自分の生活を戻しながらだったので。そのライヴのための練習は一回しかなかったし……。

──ちゃんと弾けましたか?

シンディ : 何とか。結構忘れてるとことかありましたけどね。その時は脳に体がついてこなかったんですよ。終わってすぐライヴ・ラッシュだったのでそこから徐々にという感じですね。

僕にとっては2年の集大成

──シンディくんはプロのベーシストになりたいと思っていますか?

シンディ : そうですね。でもベーシストとしての強い信念っていうのは、空きっ腹に入って感じました。それまで音響含めいろんな音楽に携わっていたから余計にですね。空きっ腹にいる自分が一番『ベーシストらしいな』って思います。他のバンドはそんなに自分をベーシストとしてとらえてなかったというか。

──『ベーシストらしい』っていうのは例えばどういう事なんですか?

シンディ : 安直な言い方したら、リズム隊であるドラムとベースがあって、かっこいいギタリストがいて、フロントに立つヴォーカリストがいる。この単純なカルテットというか、シンプルなバンドってこれまでやってこなかったから、こういう事がベーシストなんやって思いました。

──個性的な三人がいて、ベーシストとしての役割っていうのが分かったと。

シンディ : ただベースは長いこと弾いているので、自分のベースっていうのをやっぱりこの中に入れ込みたいなと思ったんです。

──空きっ腹に酒に対しては、どういうベースを弾いてやろうと思ってるんですか?

シンディ : 単純に3人とも濃いので、そこに負けへんフレージングのカッコよさっていうのは常々思っていますね。あとベーシストとして思ったのは、『点々をつなげるベースを弾けたらな』っていうこと。全員が全員主張しても波状するような、ぎりぎりのところで成り立ってるバンドな気はするので。

──ぎりぎりのところとはどういう?

シンディ : 全員ソロ弾けて目立ちますよ、みたいなところですかね。それはそれでかっこいいなって思ってるんです。

──それを繋ぎ止める存在がシンディくんということ?

シンディ : その中では1番後ろのポジションでいたいなと思います。

──ニュー・アルバムに対しては、全曲、シンディくんのベースが入ってるんですか?

シンディ : 基本的には。ただ曲で言ったら「御乱心」、「雨」、「心の唄」あたりはオーソドックスなベースラインやったり、もともと西田が持ってきたベースラインを主に弾いてて、アクセントをつけてるって感じなんですけど。「fashion」、「YES or NO」、「黒に赤」、「グル」は僕が作曲していますね。

──作曲もやっているんですね。このアルバムはシンディくんにとってどんなアルバムになりましたか?

シンディ : 僕が入ってから今まで、3枚とミニアルバムが1枚出てるんですけど、僕が入ることによってできる幅を増やしたいと思っていたので、その集大成に今回のアルバムはなったかなと思います。10年の集大成ってありますけど、僕にとっては2年の集大成ですね。今からバンドとしてその広がったものをしぼめて行く作業ができるんじゃないかなとも思っています。

──純度を高めていくってことですかね。

シンディ : そうですね。

──なるほど。ありがとうございました。

過去作もチェック!

RECOMMEND

歌うアホウドリ / Scrap&Build

ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンド「歌うアホウドリ」。ゲストボーカルにKIM(from UHNELLYS)、Miya-Z(from memento森)を迎えた1st EP。

この作品に関する特集ページはこちら

UHNELLYS / CHORD

独自のミクスチャー・サウンドを鳴らすUHNELLYS。通算5枚目となるフル・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈空きっ腹に酒 結成10周年 6th Full album Release tour 粋なり対バンツアー〉
2017年4月16日(日)@大阪 梅田CLUB QUATTRO
出演 : 空きっ腹に酒 / the pillows
2017年5月2日(火)@京都 GROWLY
出演 : 空きっ腹に酒 / rega
2017年0月19日(金)@東京 TUTAYA O-west
出演 : 空きっ腹に酒 / GOING UNDER GROUND
2017年5月27日(土)@名古屋 E.L.L
出演 : 空きっ腹に酒 / モノブライト
2017年6月10日(土)@札幌 Sound Lab mole
出演 : 空きっ腹に酒 / ザ50回転ズ
2017年6月16日(金)@広島 BACK BEAT
出演 : 空きっ腹に酒 / ザ50回転ズ
2017年6月17日(土)@福岡 graf
出演 : 空きっ腹に酒 / アカシック
2017年6月25日(日)@大阪 梅田CLUBQUATTRO
出演 : 未定

PROFILE

空きっ腹に酒

人間不信に陥ったvocal田中幸輝が、当時高校の先輩だった西田竜大、いのまたに出逢いファンクのリズムに合わせて「音楽と踊る楽しさ」を思い出す愛と絶望の感動巨編(バンドです)。ポップからアングラまで、どんな曲をやっても結局、空きっ腹に酒。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01