NEOかわいいバンドCHAIがOTOTOYのテーマ・ソングをリリース?!──彼女たちの結成話やルーツを訊いた

左からBa./Cho.ユウキ Vo./Key.マナ Vo./Gt.カナ Dr./Cho.ユナ

『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。このたび彼女たちが、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”からの第一弾流通作品として、2017年3月1日になんと7inchをリリース(ハイレゾ配信も同時配信)。なんとも嬉しいことにOTOTOYのテーマ・ソングを書いてくれたとのことだが、「音」(Sound)と「胃」(Stomach)!!?彼女たちの発想力にはスタッフ一同脱帽。こんなぶっ飛んだ曲、後にも先にも生まれないことが断言できるぞ! 今回は今作についてはもちろんのこと、CHAIのなかなか触れてこられなかった結成時のエピソードや音楽のルーツを掘り下げてみた。このゆるいメンバーからは想像もつかない、かっこよすぎて、なのにとりとめのない不思議な音楽性はどこからやってきたのか。これを読めばCHAIの事が少し分かっちゃう? いや、気がついたら彼女たちのペースにのまれてる!!?

取材 : 飯田仁一郎
文章・構成 : 宮尾茉実
写真 : 大橋祐希

OTOTOY×東洋化成のコラボレーベル“TOYOTOY”の第1弾流通作品!


CHAI / Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 : 270円(tax in) / まとめ買い : 540円(tax in)

【収録曲】
SIDE A. Sound & Stomach
SIDE AA. ボーイズ・セコ・メン

INTERVIEW : CHAI

ついに完成したCHAI初の7inch

——遂に初の7inch『Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン』が完成しましたね。まずは、「Sound & Stomach」。これはどうやってできた曲ですか?

マナ : これはー、OTOTOYの曲!

——OTOTOYに向けて作ってくれた曲なんですか?

ユウキ : ホームページの雰囲気とか可愛かったし、変わってる音楽がいっぱいでいいよねって。

——それは嬉しいですね。

マナ : んで、作ってみたらお腹がすいたっていう曲になっちゃった(笑)。

ユウキ : めっちゃ調べたんですよ、OTOTOYってどういう意味なのか。でもどこにもでてなくて。妄想した! それで「音」(Sound)と「胃」(Stomach)ってなった。

——すごいなって思ったんですよ。OTOTOYは、いろんな人が「おととい来やがれ」とか「音で遊ぶ」とかって想像してくれたのに、「音」と「胃」って、初めてのパターンだ(笑)。

ユウキ : めっちゃ考えたんだよー。

マナ : 最初「おもちゃ(TOY)」の意味かと思った。ロゴがブロックだからね!

ユウキ : でも「OTO(オト)」の意味がわからなかったから。こうなった!

出来上がった7inchを再生する4人

——しかも歌詞に「ハイレゾレボリューション! 」まで入れてくれているのは、とても光栄です。ありがとうございます! もう一曲「ボーイズ・セコ・メン」は、どういった曲なのでしょう?

マナ : 歌詞にもある美容師、バンドマン、バーテンダーの付き合ってはいけない男3B(それぞれの頭文字をとったもの)に女の子は誰しも引っかかっちゃうんじゃないかなって思って歌にしたの。セコいし欠陥があるんだけど魅力的でかっこいいみたいな。男性のことを歌った恋愛の曲はあんまり好きじゃないんだけど、CHAIなりの表現の仕方があるんじゃないかなって思って作った。

——なるほど。それはバンド全体の共通認識なんですか?

マナ : ユウキ以外は。他3人は恋愛話大好きな体質だから。ユウキは言わないタイプだよね。

ユウキ : 言わないね〜。

——このジャケットは誰がデザインしたんですか?

マナ : これはユウキがしました。

ユウキ : わたしはイラストを書くのが趣味なんですよ。

Ba./Cho.ユウキ

——皆さんは音楽をどうやって探していますか?

マナ : YouTubeかなぁ。

——それは誰かがツイッターとかでつぶやいていたのを見て? それとも関連動画から飛んで?

マナ : 私はずっとYouTube見てる。

ユウキ : 私もかな。

マナ : それでよかったら、CD屋さんにCDを買いに行く。今日はQUEENとOasis買った。

—QUEENとOasis!?

マナ : QUEENは通らなあかん気がした。Jellyfishを感じたし!

——Jellyfish!? Jellyfishのほうが聴いたのが先だったのね。

マナ : めちゃめちゃ好きなんですよ。コーラスが似てただけなのかな。なんかミュージカルみたいな感じが好き。

——今は他にどんな音楽を聴いていますか?

マナ : 個人的にはCSS。めっちゃ好きで、はまってる。まず「Alala」から入って、そこからCD買っちゃった。すごい好き。

——1年前に出会った時は、CSSとかも聴いてなかったよね?

マナ : そう、最初はBasementJaxx とJamiroquaiしか聴いてなかった気がする。『ほったらかシリーズ』の時はもっと違う音楽聴いてたかなあ。あの時は、岡村靖幸とかGorillazとかを聴いてたかな!

——ユナさんは何を聴いてますか?

ユナ : 私は結構浅く広くかなー。Bruno Marsとか好きだしー、あとは、Journeyとかのライヴも見に行ったー。

——Journey!

カナ : 好きなもの好きだからねー。聴いて「これっ!」って思ったものしか聴かない感じ。

ユナ : そうそうーいろいろ好きー。

——日本の音楽はどうなんですか?

カナ :ceroは好き。

マナ : D.A.N.も聴く。Suchmosとかも聴く。なんか最新の流行すぎるね(笑)

カナ :椎名林檎とかも好き! でも真似したいとは思わないかなー。

——それはなんで?

カナ : なんでだろうー。私たちは椎名林檎にはなれないから。

マナ : それにもういるからやる必要ないよね。

——CHAIはどんな音楽がやりたいと思っているんですか?

マナ : CSSとtUnE-yArDsとBasement JaxxとTom Tom Clubを4で割った人! 年代は全然知らんのだけど、そんな音楽が混ざった女の子バンドになりたい。そんな人いないと思う。幅広〜い音楽を、ちゃんとやりたい。

——女の子バンドであることにこだわりはあるんですか?

マナ : ある! 女って軽い音を出すイメージがあるじゃないですか。しっかりやらなくても可愛くて評価される感じ。「いやいや、私たちはそんな音楽じゃねえよ」って思うし、女だからって舐められたくないの。しっかりした音を、女が出すっていうのが一番かっこいいと思う。

ユナ : 女の子が音楽をやると重きが見た目に行く気がする。可愛いから売れるとか。

Vo./Key.マナ

——見た目にコンプレックスはあるんですか?

一同 : あるある。いっぱいある。

——例えばどんなもの?

マナ : えー、私たちクラスにいる一番可愛い子じゃないじゃないですか。学生300人くらいおっても、本当に可愛い子って2、30人。そこの枠には絶対に入らない4人チームがCHAI!

——入りたかった?

マナ : 入りたかった! でも、生まれた顔は変えられないから、それを生かしていきたいし、すごい可愛くないとかじゃないかもしれないけど、だからこそできる表現がある。完璧じゃないから。

——完璧じゃないからできる表現っていうのは例えば?

マナ : 自分の全てを見せる。例えば、お腹出てるんですよ、私。それをあえて見せる。お腹でたっていいんだよ、可愛いんだよって。隠そうとするのが日本人なんだけど、そこをあえてガリガリじゃないからこそ見せていくことで、他の人の自信に繋がりたい。だから今回のアー写とかも膨れてぱんぱんな身体を見せたの。めっちゃ膨れてるわけじゃないから中途半端なんだけど、でもそれをあえて見せて、皆に自信を持たせたい。「これでもいいんだよ!」って。

——ユウキさんはコンプレックスある?

ユウキ : ありますよ〜。逆にガリガリすぎるのがコンプレックスで、アー写とか骨骨しくって嫌なんですけど、それももう、これでもいいんだよって。あと私、首が長いんですよ、骨が1つ多いんですって。

——首が長いのは初めてライヴを見た時から思ってました。可愛いバンドやアイドルになりたいわけではない?

カナ : もどきが嫌だ。

ユナ : バンドなのかアイドルなのかどっちなのー? っていう中途半端なのが嫌かな。

——曲はどうやって作っているんですか?

マナ : その時聴いてる音楽に影響されるから、聴いた音楽で「あ、こんなのが作りたい」って思ったら作る。だいたい題材があるっていうか。よくミュージシャンが曲のアイデアが降ってくるとか言うけど、降ってこん。

——ははは(笑)かっこいい!

マナ : だってそんなの嘘だもん! 絶対降ってこないよ。神じゃないし。

——じゃあ、YouTubeを探す行為が、CHAIにおいては大事なんだ。

マナ : そう、その時聴いてる音楽がすごい大事。だからこれからもどんどん変わると思う。

——でもこれに影響されているって、CHAIの楽曲からはなかなか察することができません(笑)。

カナ : それはね、完璧にやれんからだと思う。技術的に完璧にコピーできないから。だからtUnE-yArDsみたいな曲を作っても、絶対にtUnE-yArDsにはならない。

Vo./Gt.カナ

——曲はだいたいマナが書く?

マナ : 書きます! 私が曲をスタジオに持って行って。あとはスタジオで「こういう曲よかったんだよねー」って言ってリズム叩いてもらって、そこにメロディーをのせる。

——アレンジは誰が?

マナ : ベースラインも含め、コードは基本カナがつける。

カナ : マナがコードが分からないから私がつける。私もあんまりわからないからテキトーだけど……。

マナ : でもカナが1番分かるから。

カナ : えーでもユナの方が詳しくない?

——音楽勉強してたんだっけ?

マナ : ユナはしてた。

ユナ : 専門学校でドラムを専攻してました。

——結成から振り返ってみたいね。誰がCHAIをやろうと言い出したんですか?

マナ : 私です!

——なんで始めたの?

マナ : めっちゃ音楽が好きだから! 高校の頃、ユナとカナと私は軽音学部でaikoとか椎名林檎とかのコピー・バンドをやってたの。それで部活でオリジナルの曲を作る機会があって、その時曲作りが好きになっちゃって。そこからずっと曲を作ってて、「またやりたい!」って思って結成した。

——高校の軽音部で出会った3人が、一回離れて再度集まったのはいつですか?

マナ : 大学の頃。高校からずっとオリジナルを作っていて、全然諦めれんくて、音楽やりたい音楽やりたいってカナにも話してて、欲が募りすぎてユナを誘った。

ユナ : 誘ってくれました。「え、やるやるー」って。

——初めてライヴを見た時から思ってましたが、ユナは基本軽すぎますね。ユウキはどうやって入ったんですか?

ユウキ : 「バンドやりたいー」ってマナが言ってて、「じゃあ応援するよー! 」って言ったら「ついでにユウキもやる? 」って、「あ、やる〜」って答えた。バンドっていうものをやったことがなかったから、面白そうって思って。そしたら余ってたベースになった。

——3人は経験してたわけだから、それこそベースも経験者にしなくてよかったんですか?

マナ : ユウキはできる気がした。この子器用だなって思ってたし、習得早そうだなって。「のめり込み早い」から……。「飲み込み」だ!!

左から Vo./Key.マナ Vo./Gt.カナ Dr./Cho.ユナ Ba./Cho.ユウキ

——……。

マナ : あと、ユウキとは初めて音楽の趣味があったの! ceroとか好きで聴かせてもらった時に「何これ聴いたことない! 」ってなって。ユウキも「初めて共感してもらえたー。」って言ってたよね。

——ceroみたいな存在が当時はまだいなかったですもんね?

マナ : 星野源とかもね。

ユウキ : カクバリズムが好きだった〜。

マナ : あとはSEBASTIAN Xとか、奇妙礼太郎とかも教えてもらった。

ユウキ : TSUTAYAでジャケ買いとかしてた。

マナ : 初めて音楽の趣味があったから、「この子いける!」って思って誘った。

——すぐライヴハウスに出始めたんですか?

マナ : 曲がなかったから、曲をめっちゃ作ってた。その時は真剣にやろうとかそんなこと思ってもなかったから、曲作るのとかも凄く遅かった。

——じゃあ、本気でやろうと思ったのはいつ?

マナ : 2016年かなぁ。

——えっ、そんな最近! それまではみんなこれで頑張るぞっていう感じではなかったんだ。

マナ : 職にしたいと思ったのは去年。上京の話は去年(2016年)の春にしてて、「本気でやるなら名古屋にいちゃダメだ」ってなって自分たちで決めた。

——ほー。どうしてそう思ったんですか?

マナ : だって日本の中心は東京だから。

ユウキ : あとは東京にライヴで来てたからかなぁ。

マナ : 東京でやったほうがアーティストも対バンも反応がよかったし、これは東京でやったほうがいいんじゃないかってみんなで思って、「夏に行こう!」って。

——名古屋ではどこで活動してたんですか?

マナ : ライヴは全然してなかったからなぁ。K.Dハポンかな。大阪は3回くらいしか行ったことなかった。

——上京は、誰が言い出したの?

マナ : 誰かな、私かな。

——その時ユナはどう思ったんですか?

ユナ : 「お、うん! 行こうー!」って。

カナ :流されるタイプだ(笑)

——色々、名古屋でも家族とかの人間関係とかあるじゃないですか。そういうのは考えなかったんですか?

ユナ : 考えたけど、音楽やりたかったし、家族は離れても大丈夫かなって。それに、いつか東京に来ると思ってたんですよ。それがきっと今なんだなって。

Dr./Cho.ユナ

——カナは?

カナ : めっちゃ不安だった。神経質だから。マナが東京に行くって行った時、来年にしようよって言っていた派。

——でも結局決断したんだ。

カナ : うん。これは行かなあかん時だって。

——ユウキは?

ユウキ : 音楽やってて楽しかったから東京に行ったほうがいいなって思った。んで、皆で引っ越した。

——皆で引っ越して一緒に暮らしてるんでしょう?

マナ : そう、CHAIハウスに!

——思い切ったね。その頃から皆、音楽を仕事にしたいって思ってた?

一同 : 思ってた。

カナ : うん。そのつもりで来たよね。

——なるほど。じゃあ、4人はどんなミュージシャンになりたい?

マナ : バンドでグラミーをとりたい。

——え、グラミーってご存知ですか?

マナ : え、知ってますよ! 受賞して、アジア代表になりたい。

ユウキ : 世界ツアー行きたい。

マナ : 「可愛い」を変えたい。

——1つに絞るとしたら?

マナ : うーん、「可愛い」を変えたいかな。『アジアと言ったらCHAI』みたいな存在になりたい。世界レベル的にアジア=CHAIになりたい。

カナ : 私とマナ、卑弥呼に似てるから。

——それは、初めてライヴを見た時から思ってました。世界で活躍したいと思ったのはなぜですか?

マナ : それが本物だと思うから。世界から見たら日本は小さくて、そこで売れてるだけじゃ満足できない。世界で売れなきゃいやだって思っちゃう。だからBillboard Rankingに入りたい。3位に入りたい。

——なんで3位なんですか?

マナ : 永遠の3位がいい! 1位は入れ替わりが激しいから。

——グラミーとりたいなら1位じゃないとダメなんじゃない?

マナ : 1位にふさわしい3位!

——ん?

ユナ : いつでも1位になれる実力は持ってるんだけど、1位は入れ替わりが激しいから3位。3位だったら不動の3位になれる! という考えを、持っています!

——なるほど。絵ができてベースができるユウキ、曲や歌詞が書けるマナ、ギターがひけてコードができるカナ、ドラムが叩けて軽いユナ!

一同 : あはははは(笑)

ユウキ : 最後ずっこけましたね!?

——いや、バランスが取れているなって。これがCHAIなんですね。

左からDr./Cho.ユナ Vo./Gt.カナ Vo./Key.マナ Ba./Cho.ユウキ

過去作もチェック!

双子のマナ・カナに、ユウキとユナの最強リズム隊で編成された4人組、『ニュー・エキサイト・オンナバンド、CHAI』の1st EPがこの『ほったらかシリーズ』。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載の、聴いてしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、これを聴いた君の今年の衝撃度ナンバーワンは間違いなくこの『NEOバンド』、CHAIだよ! 今やってることを全部ほったらかしちゃうよ!

RECOMMEND

CSS / Planta

ブラジル、サンパウロ発のガールズ・ロック・バンド、CSSの4thアルバム。TV On The Radioのデヴィッド・シーテックがプロデュースを手がけています!

tUnE yArDs / nikki nack

アフロビート、変則ビートのオンパレード!<4AD>の個性派アーティスト、メリル・ガーバスのソロ・プロジェクト、チューン・ヤーズの3rdフル・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

Basement Jaxx / Junto (Special Edition)

ダンス界屈指のエンターテイナー、ベースメント・ジャックス、6作目のスタジオ・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

CHAI LIVE INFORMATION

見放題東京2017
2017年3月4日(土)@東京新宿歌舞伎町界隈9会場
OPEN 11:30 / START 12:00

ライブハウスは遊び場です。× GROOVY ROOMS
powered by DAIGO IIMURO from FM802 RADIO∞INFINITY
2017年3月8日(水)@梅田Zeela
OPEN 18:00 / START 18:30

ヘンショクリュウ主催『“邪寿子”発売記念』2017年4月7日(金)@下北沢ERA出演:CHAI / ヘンショクリュウ / odolOPEN 18:30 / START 19:00

SYNCHRONICITY’172017年4月8日(土)@ TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nestOPEN 12:00 / START 13:00

DaisyBar 12th anniversary〈ビスケット・オリバ!!!!!! 番外編〉
2017年4月11日(火)@下北沢DaisyBar
OPEN 18:00 / START 18:30

絶景クジラ presents 鯨戦(ゲーセン)
2017年4月23日(日)@渋谷CHELSEA HOTEL
出演:CHAI / 絶景クジラ
OPEN 17:30 / START 18:00

絶景クジラ presents 鯨戦(ゲーセン)
2017年4月28日(金)@心斎橋LIVE HOUSE Pangea
OPEN 18:30 / START 19:00

”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season3
2017年5月24日(水)@TSUTAYA O-NEST(東京)
出演:CHAI / Helsinki Lambda Club
OPEN 18:30 / START 19:00

>>more live information

PROFILE

CHAI

CHAI(ちゃい)双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。
誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、それに気を良くして8月にSpotify、Apple Music等のストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信したところ、ノン・プロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に収録曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。
が、CDの流通をし忘れてたことに気付き、12月7日より遅ればせながら全国のレコード店にて発売中。
2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも決まり、その常軌を逸したライヴ・パフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバー1は間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

>>CHAI official site

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /