曽我部恵一による全曲解説など3つの特典付き!! サニーデイ・サービス4年ぶりの新作 & ROSE RECORDSの10周年コンピが到着!!

サニーデイ・サービス、4年ぶりの新作アルバム『Sunny』がついに届けられました。メンバー3人に漂う家族のような雰囲気を凝縮した本作は、聴いているだけで「温かい」、「優しい」という言葉が自然に浮かんでくる珠玉の1作。OTOTOYでは曽我部恵一へのインタヴューを敢行し、制作の経緯はもちろん、彼らの唯一無二の関係性に迫りました。さらに、OTOTOYだけの3つの購入特典を用意。その3つとは、曽我部恵一による収録曲の全曲解説、サニーデイ・サービスの未発表ポートレイト、そして歌詞ブックレットという充実の内容です。

また、曽我部恵一が主宰するROSE RECORDSの設立10周年を記念したコンピレーション・アルバムも同時に配信。こちらは2014年6月、下北沢で1週間にわたって開催された10周年イヴェントの様子をそのまま記録したライヴ音源集です。曽我部恵一、MOROHA、ランタンパレード、Hi,how are you?、アニメーションズなど、全23組の演奏をお楽しみください。


サニーデイ・サービス、4年ぶりの新作アルバム
2014年の彼らをとらえた家族写真のような1作

サニーデイ・サービス / Sunny

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / mp3

【価格】
1,800円(税込)(単曲は各200円)

【収録曲】
01. おせんべい
02. 星のレストラン
03. 愛し合い 感じ合い 眠り合う
04. アビーロードごっこ
05. 少年の日の夏
06. エアバルーン
07. One Day
08. 夏は行ってしまった
09. 夏のような人
10. 晴れた日のメロディ
11. きみが呼んだから

【OTOTOYだけの3つの特典!!!】
その1. 曽我部恵一による収録曲の全曲解説 (Album Commentary.pdf)
その2. 未発表ポートレート (Special Portrait.jpg)
その3. 歌詞ブックレット (Lyric Sheet.pdf)
※音源とともにダウンロードされます。


ROSE RECORDSの10周年を記念したコンピレーション
1週間にわたっておこなわれた記念イヴェントの様子をそのまま収録

V.A. / 今夜、地球の音楽では

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / mp3

【価格】
1,200円(税込)(単曲は各150円)

【収録曲】
01. baby blue (曽我部恵一)
02. ハダ色の日々 (MOROHA)
03. 君が口笛を吹くなら (ランタンパレード)
04. _ (島津田四郎)
05. throbbing luv (haikarahakuti)
06. B.B.B(ビーボーイバラード) (その他の短編ズ)
07. いいな (神さま)
08. four turntable GALAXY (bonstar)
09. ちーちゃん (おれ、夕子。)
10. 僕の部屋においでよ (Hi,how are you?)
11. 同情するなら (チムニィ)
12. 桜の集い (ミックスナッツハウス)
13. 虹娘 (毛利幸隆(ライスボウル))
14. スカッとさわやか (中村ジョー)
15. メンズ マガジン (関 美彦)
16. street (yukaD)
17. 人について (aCae)
18. 少年 (有馬和樹)
19. 鍾乳洞の長い旅 (とんちピクルス)
20. Exotico de lago (Exotico de lago)
21. 恋のダンシングシューズ (アニメーションズ)
22. 美術館の写真 (尾崎友直)
23. ボサノバ (曽我部恵一ランデヴーバンド)
※このアルバムの4曲目は本来タイトルのないトラックですが、システム上の理由によりタイトルを_としています。

【OTOTOYだけの特典!!!】
歌詞ブックレット (Lyric Sheet.pdf)
※音源とともにダウンロードされます。

INTERVIEW : 曽我部恵一

とにかく3人集まって何かやることが自分の中では大事

——サニーデイ・サービスの新譜が出ると聞いて、正直、唐突に出てきたなという印象を受けたんですけど、今回どんなモードで制作に入ったんですか?

曽我部恵一(以下、曽我部) : なんかいろいろゴタゴタがあって、しばらくサニーデイのことを考えるのはやめようと思ってたんです。さらには丸山くんから「もう俺辞めるわ」ってメールがあって、「はあ〜・・・」とか思ってて。まあいつもそんな感じだからシカトしてたんだけど、それから何ヶ月か経ったら、今度は「そろそろスタジオ入らない?」みたいなメールが来て。「なんだこいつ」と思って(笑)。でもスタジオ入ってみたら、「やあ」みたいな感じで、いろんなことがすごくスムーズで。そんなところが出発点です。

——やっぱりこの3人が揃ってこそサニーデイ・サービスという感じですか?

曽我部 : 3人で音出してること自体がこのバンドって感じで。最終的にはそれだけなんですけどね。

——曽我部さんが思う3人ならではの魅力って何ですか?

曽我部 : サウンド的にはよくわからない。特にこだわりもないし、「サニーデイはこうだ」っていうものがあるわけでもないし。今回のアルバムは、とにかく3人集まって何かやることが自分の中では大事なことで。それだけかなぁ。自分たちはただ古い友達同士でやってるだけなので、そこに意義とか意味とかは求めなくなりました。昔はそれなりにいろいろあったんだけど、今は腐れ縁です(笑)。でも縁って大事じゃない? そういうものがあるから、音を出したら良い音が出るとも思う。家族みたいなもんですよ。家族に意義とか意味を求めないじゃないですか。正月に会ったらなんとなく楽しいくらいのもんで。もちろん音楽に対してシビアな部分もあるんだけど、それでも家族的な安心感があるって感じ。

——サニーデイの新譜ってなると求められるものが高くなると思うんですけど、その中で「友達だから」って言えるのはすごいですよね。

曽我部 : それでいいんだなっていうのが徐々にわかってきたのかも。それこそが土台にある。

——スタジオに入ってからはスムーズに?

曽我部 : まずライヴをやろうと思って、ちょうど踊ってばかりの国との2マンにソロで出る予定があったので、そこをサニーデイに変えてもらって。それを機にスタジオに入って、そしたらもう1本フェスが決まったんです。ライヴはその2本しかなかったけど、その中で「こういう曲ができるんじゃないか」っていうのを探っていきました。

——探って見つかったものは?

曽我部 : とにかく2人に委ねたいってこと。自分が曲を作るじゃないですか。それをそのまま3人でやって、自然に出てきたものを録ろうと思った。そしたら「俺たちはこれしかできないな」ってのがわかってきた(笑)。ほんとに全然器用じゃないんで、パッと曲を聴かせて自然に出てきたものが一番良いと思うから。

——それは曽我部さんが2人に投げて返ってくるものが期待通りってことでもありますよね。

曽我部 : いや、期待というのともちょっと違うかな。出てきたものを録音したいっていうだけで。あくまでも記録だから。2014年の40代のおじさん3人の音の記録。記念写真(笑)。

——だからサニーデイは音をこねくり回したりしないんですね。

曽我部 : 昔はサニーデイが自分にとって表現のすべてだったから、自分ができることを全部やりたいって思ったけど、今はある種の諦めじゃないんだけど、3人でやれること以外はあまり求めないことにしているんですね。無理して何かを作り出そうとかじゃなくて、彼らがいるから僕もいるみたいな関係性が一番大事かなって。

曽我部恵一

——そういう境地にたどり着いたのはすごいなあ。たとえばムーンライダースとかってどうなんですかね?

曽我部 : ライダースは全員がプロ・ミュージシャンの集合体だから全然違うと思うんですよね。もっと民主主義的な気がするなあ。

——サニーデイは民主主義的なものじゃない?

曽我部 : いや、家族制民主主義的なものですよね(笑)。家族って全員に何かが課せられてるわけじゃないというか。「こいつ何もしないな」ってやつがいてもいいわけで。ダメなやつもいるし、引きこもりのやつもいるけど「家族!」みたいな(笑)。そういうギヴ・アンド・テイクじゃない関係性というか、ただ集まっているっていうのも大事だなと思えるようになってきて。主体性があるやつもいればないやつもいて。昔は自分以外のメンバーに「もっと音楽に対してストイックになってほしい」って思ってたんだけど、「ま、いろんなやつがいていいじゃん」って今は思います。

——それは再結成後?

曽我部 : そうですね。いろんなズレがあって一度は解散したけど、また集まってみたら、そりゃズレがあって当然だよなって。別の人だし。だから再結成っていっても心を入れ替えて再出発とかじゃなくて「もうズレたまんまでいいじゃん」っていう。なんか楽しいしっていう。

——今回のアルバムを聴いていたら、チープな言葉になっちゃいますけど、「温かい」とか「優しい」とか、そういう言葉が自然に当てはまってきて。

曽我部 : 温かいバンドなんですよ(笑)。そういうものって出ますよね。このバンドが好きっていう気持ちとか。

定食屋のおばちゃんとかの方がみんなのためになってると思う

——お話をうかがっていて思うのは、今回のアルバムってソロのモードとは正反対ですよね。

曽我部 : まあ、自分のいろんな気持ちのうちのひとつだと思いますけどね。最近は、聴いてくれた人に「ああいい日だったな」とか、そういうことを感じてもらえたらいいなって漠然と思ってて。

——そういうふうに変わってきた理由ってあるんですか?

曽我部 : 理由というか、今の気持ちだけどね。日々みんなと同じように喜んだり落ち込んだりするし、そういういろんな想いや出来事が自分の中で蓄積されたものが音楽だから。でも、昔は「聴く人はどうでもいいから自分のものを出すんだ」って感じだったけど、今はそうやって吐き出したものを聴いてくれた人が喜んでくれたらいいなって思うんですよね。俺って自分のことばっかりで人のためになってないじゃん、みたいな気持ちもあって。だから誰かが聴いて喜んでくれるものを次は目指したいな。


サニーデイ・サービス『Sunny』より「愛し合い 感じ合い 眠り合う」

——でも曽我部さんの曲で救われたっていう人は多いと思いますよ?

曽我部 : いや、自分は積極的にそういうことをしてきてないから。定食屋のおばちゃんとかの方がみんなのためになってると思う。

——何がきっかけでそういう気持ちになったんでしょうか?

曽我部 : 『超越的漫画』とか『まぶしい』ってアルバムで好き放題やって、自分を全部出すような音楽の作り方をしたので、その反動もあると思うし、そこから学んだことも多かったです。

——学んだことというのは?

曽我部 : 最近はみんなでドライブに出かけるときに流せる音楽が一番良い音楽だと思いはじめて(笑)。そういうときにあまり暗い音楽は流れないじゃないですか。それはちょっと悔しいことではあるんですけど、そういうときに自然に聴ける音楽ってやっぱりすごいなと。そういう意味ではあんまりストイックにしたくないってのはあります。昔は「癒されました」とかって感想を言われると、「癒すために歌ってないけど」って思ったりしてたんだけど、でもその人が癒されて、気分が良くなったならそれでいいじゃんって思うようになった。

——前作のインタヴューと大きく違うのでちょっと戸惑っています(笑)。

曽我部 : そういうのも自分の役割のひとつかなと最近は思ってます。あとは自分が持ってる資質から逃げなくてもいいのかなって。それが人をほっこりさせる資質なんだとしたら、それはそれでいいんじゃないの? って。

——これからはそういうスタンスに変わっていく?

曽我部 : まだちょっと見えてこないですけど。とにかく良い曲を作りたいっていうだけですね。それしかないなって。みんなの心に染みる何かを作りたいというかね。だから相変わらずちょこちょこ作ってますよ。ただ、ライヴはやってないとダメだなって思いますね。

——それはなぜですか?

曽我部 : やっぱりお客さんの顔をしっかり見たいというのがあって、そこから離れちゃうと僕の場合どんどん複雑で抽象的なものになっちゃう。それはそれでいいんだけど、ライヴが一番基本の形で、歌うことの原点だから、そこでダメならダメな気がしてて。すごく良い曲ができたと思ってもライヴで人に伝わらなかったらちょっとダメだなって。

——それは昔からですか?

曽我部 : いや、昔はライヴとか全然好きじゃなかった。ソロになってからですね。人のライヴを見て自分もこうやりたいなと思うようになって。やっぱり人前で何かを歌うってすごいなって。もともとはレコードが好きだったので、ライヴにあまり意味を見出だせなかったんです。

今は中央の権力から逃げておもしろいものが成立していく時代

——ローズレコーズについてもお伺いしたいのですが。

曽我部 : これも家族みたいなものでね。

——サニーデイとはちょっとニュアンスが違ったりしますか?

曽我部 : そんなに変わんない。仲間で音楽作ってんのは楽しいねって感じ。

——今回コンピを作ろうと思ったのは?

曽我部 : カクバリズムの角張くんが、「ローズ10周年で何かやるんだったら、下北沢でライヴ・サーキットをやったらいいですよ」って言ってくれて、「それいいな」と思って。それがきっかけです。

——ローズのアーティストってどうやって選ばれてるんですか?

曽我部 : 流れで。基本は僕が好きな音楽ってだけですよ。

——曽我部さんのその「好き」っていうのを言葉で表現すると?

曽我部 : それはいろいろですね。「この人の声が好き」とか、「ほんとこの人変だな」とか。何でもいいんですけど。レーベルってわりとジャンルで分かれがちじゃないですか。でも自分が音楽を聴くときって特定のジャンルではあまり聴かなくて。だからレーベルに集まるアーティストも自然とごちゃごちゃはしますね。

——このコンピはレーベル10周年の節目のショーケースだと思うのですが、作ってみて再発見したことはありますか?

曽我部 : このアルバムは10周年イヴェントに出たアーティストを時系列でシンプルに並べただけなんですけど、やっぱりみんなすばらしいなって思った。レーベルのスタッフもすばらしいなって思ったし、自分たちの好きな音楽を出してきたんだなってあらためて感じたし、そう思えたことが誇らしかった。

——ローズレコーズには一貫したこだわりとかってありますか?

曽我部 : 自分のこだわりなんですけど、アーティストが作りたいものを好きに出させてあげたいなっていうのがあって。こういう風にしたらもっと理解されやすいとか、より売れるようにサポートするとかよりも、アーティストがやりたいものをまずやるべきだっていうのはありますね。僕はその人の才能に惚れたわけで、それを利用して何か別なものを生み出そうとは思ってないので。あとは、自分たちのバンドをどう世に広めていくかっていうのはバンドの人たちが考えるべきことで、そこはできる限りサポートはするけど、基本的には任せています。

——なるほど。ローズレコーズにとって下北沢っていうのはキーワードとして重要ですか?

曽我部 : 下北沢はちっちゃい街なんですよね。普通の住宅地の駅前がちょっと発達したというか。そのちっちゃい感じも、下北が好きな理由のひとつなんですけど。まあレーベルを始めた場所なので、ホームタウンって感じですね。自分たちの住む場所でレーベルをやるっていうのが素敵かなって。自分たちのホームタウンにいながら活動を続けるレーベルとか事務所ってすごく良いと思います。そういうことが普通にならなきゃダメだと思う。

——都市であるか地方であるかに関係なく、街がそれぞれ文化を持つということが大事?

曽我部 : はい。今は中央の権力から逃げておもしろいものが成立していく時代だと思う。自分たちが音楽を始めた90年代って、まずは制度の中に入らないとそもそも戦えないと思われてた。だから同人的なことをやるっていうのは、負け戦のように思われたんだけど、今はそうじゃない気がしています。

インタヴュー : 飯田仁一郎 (Limited Express (has gone?))

RECOMMEND

曽我部恵一 / 氷穴EP

富士山麓にある“氷の洞窟”(鳴沢氷穴)にて、曽我部恵一が5曲入りの新作EPをレコーディング。KORG「MR-2000S」を使い、デジタル・フォーマットの最高音質とも言われるDSDで録音された本作は、解けた氷がしたたる音が聞こえてくるほど、繊細な音まで記録している。収録されたのは、4曲の新曲に加え、近田春夫のカヴァー「若者達の心にしみる歌の数々」。曽我部恵一がデザインした歌詞ブックレット(PDF)が付属する。

>>特集ページはこちら

曽我部恵一 / 超越的漫画

言うならば曽我部流ミュージック・コンクレート。歌や演奏だけでなく、ミキシング作業の現場すら映し出す生温かい感触は、より古拙な世界へと舵を切ったかのよう。モノラル・ミックスによる、はっきりとした定位での密着した音像が、“伝える”という真摯な姿勢を明快に押し出し、そこに乗る言葉も粘着性を帯びているという、まさしく聴き逃せない1枚。

>>特集ページはこちら

曽我部恵一 / まぶしい

前作『超越的漫画』から4ヶ月でリリースされた曽我部恵一の2014年作。バンド、弾き語り、アカペラ、ラップ、そしてポエトリー…。かつてないほど幅広いアプローチにより、「歌うこととは何か」、「表現することととは何か」に向き合った意欲作。これまでになくダークな楽曲が並ぶが、その中にも滲み出る優しさや寂しさは、曽我部恵一にしか表現できない感情に違いない。全23曲、計67分という超大作。

サニーデイ・サービス / アビーロードごっこ

再結成から6年、独自のペースで活動を続けるサニーデイ・サービスが、2年ぶりの新作『アビーロードごっこ』を発表。2012年夏に2作連続でリリースされた『夏は行ってしまった』『One Day』に続く、再結成後3作目のシングルとなる本作。ロウなガレージ・サウンドで颯爽と駆けていくタイトル曲、そして暑さがもたらす目眩をゆったりとしたリズムで表現したような『サンバ』は、どちらも夏の情景や心象を見事に切り取ったナンバーだ。

>>特集ページはこちら

ROSE RECORDS SELECTION

LIVE INFORMATION

サニーデイ・サービス 渋谷公会堂コンサート 2015
2015年3月27日(金) @渋谷公会堂
開場 / 開演 : 17:45 / 18:30
料金 : 前売 4,500円 (全席指定)
詳細 : http://rose-records.jp/livedate/2015/03/_2015.html
※11月15日(土)よりチケット一般発売開始

PROFILE

サニーデイ・サービス
曽我部恵一(Vo, Gt)、田中貴(Ba)、丸山晴茂(Dr)からなるロック・バンド。1995年、『若者たち』でアルバム・デビュー。以来、「街」という地平を舞台に、そこに佇む恋人たちや若者たちの物語を透明なメロディで鮮やかに描き出してきた。その唯一無二の存在感で多くのリスナーを魅了し、90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げ、以来、〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に出演するなど、ライヴを中心に活動を再開。そして、10年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム『本日は晴天なり』を、2010年4月21日にリリース。その後おこなわれた再結成後初のワンマン・ツアーは大盛況で幕を閉じた。2012年8月8日に2年ぶりのワンマン・ライヴを開催し、同タイミングでシングル作品を2ヶ月連続でリリース。かつてのようにマイペースながらも精力的な活動を展開している。

>>サニーデイ・サービス Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースした。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイの新シングル! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事