KIRIHITOのアルバム『Question』は、劇的なアルバムだ。ミュージック・マガジンでは、久しぶりの10点満点が出た! 当然だろう。原始的だし、グルーブに溢れているし、めっちゃポップ・・・ 等のフレーズさえ不要。本当に何者にも似ていなくて、 KIRIHITOでしかないから、評価するのもおこがましいってもんだ。

Limited Express (has gone?)も、結成当初にKIRIHITOに出会っていなければ、こんなにも新しい音楽を創ることに情熱を燃やさなかっただろう。あの頃の僕等にとって、ロッキン・オンで騒がれていたニルバーナやレディオヘッドなんかより、KIRIHITO、envyやconvex levelの方が、ずっとリアリティのある「オルタナティヴ・ミュージック」だったんだ。あれから9年がたち、それなりのキャリアもできた。それでもまだ自分達にしかできないオリジナルな音楽を創る欲求は消えないし、加速するばかりで楽しくて仕方がない。

今回は、せっかくKIRIHITOの竹久圏さんにインタビューができたので「オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!」ってお題で対談形式にしようと思う。何かっぽい世界から、こっちの世界に誘ってくれKIRIHITOに感謝をこめて。そしてもっと皆、こっちの世界にやって来たらよいのに・・・


対談:KIRIHITO Ken Takahisa × Limited Ex JJ

オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!


JJ : Limited Express (has gone?)の今年リリース予定の3rd albumは、アルバムとして5年目ぶりなんですよ。で、遅いペースだなぁって思っていたんですけど、KIRIHITOはなんと9年ぶり(笑) 僕等の結成した年以来ですよ。時間かかり過ぎじゃないですか?

Ken Takahisa(以下Ken) : 要は、KIRIHITOはアルバムを出すためにバンドをやっているんじゃなかったってこと。今回も、そろそろ必要かなと思ったからできたって程度。

JJ : 僕は「KIRIHITOのアルバムが世界に必要だ」とずっと思っていましたよ。

Ken : じゃぁ、確かにちょっと遅かったのかも(笑)

JJ : 笑い事じゃないっすよ。

Ken : 曲はあったんだよ。でも、なんか違うなぁって思ってたんだよねぇ・・・。KIRIHITOって常に新ネタで勝負するのではなく、大味でいきたい。同じ持ちネタなんだけど、不思議といつも違って聴こえるし、飽きさせない。お笑いでいうと染之助・染太郎みたいなのに憧れるんだよね。

JJ : 僕等は、逆ですね。同じ曲は、ライブで10回やったらもうやらなくなりますもん。そうだ! 最初に言うの忘れていたのですが、新作『Question』は本当に素晴らしかった。僕が待っていた9年のストレスは、コレで解消されましたよ。内田直之さん(ダブ・ミックス/エンジニア)との相性もばっちりでしたね。

Ken : ありがとう。 でもね、音が良いだけのアルバムを創ろうとは思ってなかったの。音響派以降「音が良いって何?」って思っちゃったわけ。音が悪かろうが、がつんとしたことがやりたかった。そっちの方が不滅な気がしたんだよね。

JJ : 「音が良い」ってだけで、名盤って分けじゃないですもんね。

Ken : そうだよね。音が悪くても心が動くアルバムの方が好きなんだよね。


「格好良く演奏出来れば、それがパンクなんだ」

JJ : 突っ込んだことを聞くのですが、圏さんって音楽制作だけで生活しているの? ちなみに、僕は音楽だけでは生活していなくて、recommuni作ったりライターしたりいろいろ・・・

Ken : 音で飯を食うって言ったってさ、ジングル作ったり、AVの音とか、携帯の着信ムービーの音を作ったりとかだけどね。そういう仕事がいっぱいあればいいんだけど、今は景気悪いからねぇ・・・。会社も予算がないから、会社にいる音楽好きにその仕事を頼んじゃう。

JJ : でも、圏さんはずっとそれだけで生活していたんですよね!

Ken : そうだね。仕事は仕事で、色々な経験ができるし面白いよ。こんな話、みんな聞きたいのかな?(笑)

JJ : 圏さんのようなオルタナティヴ・ミュージシャンがどのように生活しているのかって、結構みんな知りたいことだと思いますよ。

Ken : そうなんだ、やばいね。結構厳しい生活をしているってリアルな事を伝えちゃうと、今からバンドをしようって人たちの未来に関わっちゃう(笑)

JJ : (笑) でも、今回のテーマは「オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!」ってことだから、リアルでいいんですよ。

Ken : そもそも、オルタナティヴってなんだろうね?

JJ : Less Than TVの谷さん(谷口順)がUG MANのビデオの中で「PUNKは、似ていようが似ていまいが、格好良く演奏出来ればそれがパンクなんだ」って言ってて、もの凄い名言だと思ったんです。

Ken : それは間違いないよ。さすが谷さんだ。

JJ:で、僕が勝手に思っているオルタナティヴとは、色んな音楽の影響を受けつつも、それでも過剰に誰もやっていないサウンドを生み出そうとすること。KIRIHITOもそうだと思うんですけど、自分達しか鳴らしていないサウンドが生まれた時って、めちゃくちゃドキドキしません?

Ken : なるほど! なるほど! その定義で言えば、ロックのレジェンド達、チャック・ベリーや、ローリング・ストーンズ、ビートルズやレッド・チェッペリン、みんなオルタナティヴだよ。新しいことをみんなしていたから。

JJ : そうか! って事は、めっちゃ売れるとロックになるって事じゃないですか? 例えば、KIRIHITOが田舎のおばあちゃんにまで知られれば、オルタナティヴではなくなって、ロックの新たな歴史として刻まれるんじゃないでしょうか? だから、今やニルバーナはオルタナティヴではないと。

Ken : なるほど! なるほど! オルタナティヴってのは、駄目って事だね(笑) つまり、オルタナティヴなミュージシャンにはなっちゃいけないんだよ。オルタナティヴ=親不孝だよ(笑)

JJ : (笑) めちゃくちゃ自虐的やないですかぁ。

Ken : 俺たちがオルタナティヴを脱出するには、田舎のおばちゃんに「あっ、圏ちゃんだ。圏ちゃん。」って言われるようになれば良いって事ね。

JJ : まぁ、そうなるためには、今の音楽業界なら2年に1枚ぐらいはアルバムを出さないといけないわけで・・・。 やっぱり、KIRIHITOは・・・ ・・・ ・そういうことなんじゃないでしょうか。


「メーテルは、少年の心に宿る1ページなんだよ」

Ken : 結局のところ、オルタナティヴの定義は、さっきあげたロック・バンド達に教わった。常に様々な音楽の良い所を取り入れ、新しい発見も入れつつ、こんなのどうって自信満々にやることを教わったんだ。KIRIHITOは、そういうところを特に拡大しようとしたバンドなんだよね。

JJ : 「特に拡大しよう」って言うのは?

Ken : 参考にしているものがないようなバンドをしようって時があった。このバンドは、何を参考にしたんだろうって言われるくらいになってやろうと思って。江戸時代に鎖国をすることによって独自の文化が生まれたように、音楽でも完全に独自のものって生まれると思うから。

JJ : 鎖国?

Ken : 普通に考えれば、ベース入れればいい訳じゃん。でもそうしないで、なんとか2人で試行錯誤を重ねる。漫才見てひらめいた時もあった。不器用な状況下で工夫して2人の可能性を追求し続けたんだ。クラシック・ギターをやっていたから、ギター1本でオーケストレーションをするって思考は当初から持っていたしね。

JJ : クラシック・ギターをやっていたの?

Ken : 小学生の頃、親に「誕生日プレゼントは何がいい?」って言われて、「天体望遠鏡!」って伝えてわくわくしながら待ってた。でもある日、隣町のヤマハ音楽教室のショー・ウィンドウに、クラシック・ギターが飾ってあったのを見つけて、こっちのほうがいいって思っちゃった。親に伝えたら、天体望遠鏡より安いから喜んじゃって、すぐ買ってくれたんだよね。それが始まり。もしあの時、親がすぐ天体望遠鏡を買ってくれていたら、今頃NASAにいて、宇宙飛行士になっていたと思うよ(笑)

JJ : (笑) 良い話! やっぱヤマハですね。ちなみに僕もエレクトーンを習いに、ヤマハ音楽教室に行っていましたもん。しかもその頃って、女の子ばっかりで恥ずかしかったなぁ。

Ken : ヤマハ音楽教室ってポピュラーだもんね。その頃「銀河鉄道999」のメーテルが大好きだったのよ。で、クラシック・ギター教室の女の先生が、メーテルだったんだよ!

JJ : メーテル!?

Ken : そう。メーテルは、少年の心に宿る1ページなんだよね。髪の長いキレイな女性にギターを教えてもらうなんて今ならドキドキしちゃうけど、小学生ってまだ男じゃないから、なんか変な感じたことのない気持ちになっちゃった。つまり、クラシックのバッハとかを教わると共に、そのなんとも言えない気持ちも教わったわけよ。それが俺の音楽の基礎。だから音楽って色気がすげー大事だと思っちゃってる(笑)

JJ : うわぁー、わかります! その気持ち。エレクトーンの先生も何故かいつもミニ・スカートだった。何がなんだかわからなかったけど、この人に会えるなら新しい世界を見れるかもって思っていましたもん。


「2人だけの民族音楽が出来る」

JJ : KIRIHITOって、今でも新しいことをやろうとしているのですか?

Ken : 今は、KIRIHITOにしかできないことしかできない。

JJ : つまり、何をやってもKIRIHITOになるってこと?

Ken : なっちゃう。カバーとかしても、演奏スタイルが特殊だから、どうしてもKIRIHITOになっちゃう。ずるいって言われるよ(笑) でも、それでもあきないような音楽を創ることが楽しい。どうやったら、2人だけの民族音楽を奏でることが出来るんだろうって考えている。

JJ : じゃぁ、まだまだ新しい自分達のサウンドを探してて、その途中って事ですよね。でも、最終的に、自分達のサウンドって完成するもんなんでしょうか? 例えば、忌野清志郎さんは「自分の音楽が完成した」と思っていたんでしょうか?

Ken : 「完成していなかった」と思ってたんじゃないかな。でも音楽をやる目的は、完成するかどうかよりも、夢中になれているかどうかだと思う。まさに、ずっと夢〜みさせて〜くれてありがとう♪って清志郎さんのデイ・ドリーム・ビリーバーの歌詞の通り。俺は、なんでも夢中になっちゃうタイプ。音楽をしている時は、飯も食うのも忘れちゃうし。

JJ : KIRIHITOのように、オルタナティヴ・ミュージックを極めていく秘訣はあるのですか?

Ken : ある意味、ひねくれたらいいと思う。誰かが好きで、その人のようなことをしようって思ったことがない。自分にしかできないことを模索しちゃうし、工夫したいと思う。で、いくつかやっているバンドの中でもその要素が最も強いのが、KIRIHITOってバンドなんだよね。

おすすめオルタナティヴ・ミュージック



LIVE SCHEDULE

  • 6.15 (Mon)@渋谷 UPLINK FACTORY (トーク&ミニ・ライヴ)
  • 6.21(Sun)@新代田 FEVER
  • 7.12(Sun)@S新大久保 EARTHDOM


LINK


PROFILE


KIRIHITO

1994年結成。GROUPのメンバーでもあり、UAのライヴ・バンドや、一十三十一やFLYING RHYTHMSの作品に参加している竹久圏(g, vo, key, etc)と、GAKIDEKA、高品格でも活動する、THE BACILLUS BRAINSのサポートも務める早川俊介(ds, vo, etc)のデュオ。ライトニング・ボルトよりも、ヘラよりも、あふりらんぽよりも早かったデュオ、である。ギターをかき鳴らしながら足でカシオ・トーンを弾き、歌う竹久、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川という、見世物的というか、アクロバティックなライヴ・パフォーマンスの楽しさも然ることながら、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽はまさにワン&オンリー。これまでにホッピー神山のGOD MOUNTAINレーベルより2枚、DMBQの増子真二のナノフォニカ・レーベルより1枚のアルバムをリリースしている。1996年から98年にかけて4 回、アメリカ・ツアーを敢行し、ダブ・ナルコティック・サウンド・システム、アンワウンド、モデスト・マウス等と共演している。日本国内においても全国各地で精力的なライヴ活動を展開している。ミュージシャンのシンパも多い。


CLOSE UP : moools

CLOSE UP : wyolica

CLOSE UP : JOAN OF ARC

CLOSE UP : mojoco

o

 
 

インタヴュー

[CLOSEUP]・2017年10月19日・まさに“NEW”な魅力まみれ?! ──つしまみれ&つしまげる、メンバー4人インタヴュー! つしまみれが新アルバム『NEW』をリリースした。約2年ぶりとなる今作は、これまで17年半活動をともにしてきたメンバー、みずえ(Dr)脱退を乗り超え、そして新ドラマー・まいこ加入後初となる作品となる。まさに“NEW”なつしまみれの、新たな物語のはじまりを告げる1枚となっている。OTOTOYでは今作の1週間先行配信を実施、さらにアルバム購入者には、新アルバム『NEW』についてメンバーが語った『『NEW』-帰ってきた副音声まみれ-』をはじめ豪華特典もご用意。さらに、新生「つしまみれ」のスタートに華を添えるべく誕生した、まり、やよい、元・嘘つきバービーのドラム・しげるによる遊び心満載の新バンド、“つしまげる”のデビュー・アルバム『つしまげる』も配信開始。OTOTOYでは“つしまみれ”と“つしまげる”のメンバー4人へのインタヴューをお届け! およそ2年ぶりの新アルバムをハイレゾ配信! OTOTOYだけの豪華特典も! つしまみれ / NEW (24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kH
by 純三
原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー!
[INTERVIEW]・2017年10月18日・原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー! 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼ら。この度、第8弾「みにくいいきもの」の配信を記念し、goodtimes初インタヴューを掲載する。彼らの過去の配信作もおさらいしながら楽しめる記事となっているので、楽曲と照らし合わせながら読み進めていただきたい。 goodtimes 「鈍感なふりを続ける心」に突き刺さる第8弾goodtimes / みにくいいきもの'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. みにくいいきもの INTERVIEW : 音楽を始めようって思ったきっかけは歌いたくなる曲だった 1度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディーと、無自覚になるまで心の奥底に沈めた本心を、いとも簡単に突くことで、着実に名を
by JJ
8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事