KIRIHITOのアルバム『Question』は、劇的なアルバムだ。ミュージック・マガジンでは、久しぶりの10点満点が出た! 当然だろう。原始的だし、グルーブに溢れているし、めっちゃポップ・・・ 等のフレーズさえ不要。本当に何者にも似ていなくて、 KIRIHITOでしかないから、評価するのもおこがましいってもんだ。

Limited Express (has gone?)も、結成当初にKIRIHITOに出会っていなければ、こんなにも新しい音楽を創ることに情熱を燃やさなかっただろう。あの頃の僕等にとって、ロッキン・オンで騒がれていたニルバーナやレディオヘッドなんかより、KIRIHITO、envyやconvex levelの方が、ずっとリアリティのある「オルタナティヴ・ミュージック」だったんだ。あれから9年がたち、それなりのキャリアもできた。それでもまだ自分達にしかできないオリジナルな音楽を創る欲求は消えないし、加速するばかりで楽しくて仕方がない。

今回は、せっかくKIRIHITOの竹久圏さんにインタビューができたので「オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!」ってお題で対談形式にしようと思う。何かっぽい世界から、こっちの世界に誘ってくれKIRIHITOに感謝をこめて。そしてもっと皆、こっちの世界にやって来たらよいのに・・・


対談:KIRIHITO Ken Takahisa × Limited Ex JJ

オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!


JJ : Limited Express (has gone?)の今年リリース予定の3rd albumは、アルバムとして5年目ぶりなんですよ。で、遅いペースだなぁって思っていたんですけど、KIRIHITOはなんと9年ぶり(笑) 僕等の結成した年以来ですよ。時間かかり過ぎじゃないですか?

Ken Takahisa(以下Ken) : 要は、KIRIHITOはアルバムを出すためにバンドをやっているんじゃなかったってこと。今回も、そろそろ必要かなと思ったからできたって程度。

JJ : 僕は「KIRIHITOのアルバムが世界に必要だ」とずっと思っていましたよ。

Ken : じゃぁ、確かにちょっと遅かったのかも(笑)

JJ : 笑い事じゃないっすよ。

Ken : 曲はあったんだよ。でも、なんか違うなぁって思ってたんだよねぇ・・・。KIRIHITOって常に新ネタで勝負するのではなく、大味でいきたい。同じ持ちネタなんだけど、不思議といつも違って聴こえるし、飽きさせない。お笑いでいうと染之助・染太郎みたいなのに憧れるんだよね。

JJ : 僕等は、逆ですね。同じ曲は、ライブで10回やったらもうやらなくなりますもん。そうだ! 最初に言うの忘れていたのですが、新作『Question』は本当に素晴らしかった。僕が待っていた9年のストレスは、コレで解消されましたよ。内田直之さん(ダブ・ミックス/エンジニア)との相性もばっちりでしたね。

Ken : ありがとう。 でもね、音が良いだけのアルバムを創ろうとは思ってなかったの。音響派以降「音が良いって何?」って思っちゃったわけ。音が悪かろうが、がつんとしたことがやりたかった。そっちの方が不滅な気がしたんだよね。

JJ : 「音が良い」ってだけで、名盤って分けじゃないですもんね。

Ken : そうだよね。音が悪くても心が動くアルバムの方が好きなんだよね。


「格好良く演奏出来れば、それがパンクなんだ」

JJ : 突っ込んだことを聞くのですが、圏さんって音楽制作だけで生活しているの? ちなみに、僕は音楽だけでは生活していなくて、recommuni作ったりライターしたりいろいろ・・・

Ken : 音で飯を食うって言ったってさ、ジングル作ったり、AVの音とか、携帯の着信ムービーの音を作ったりとかだけどね。そういう仕事がいっぱいあればいいんだけど、今は景気悪いからねぇ・・・。会社も予算がないから、会社にいる音楽好きにその仕事を頼んじゃう。

JJ : でも、圏さんはずっとそれだけで生活していたんですよね!

Ken : そうだね。仕事は仕事で、色々な経験ができるし面白いよ。こんな話、みんな聞きたいのかな?(笑)

JJ : 圏さんのようなオルタナティヴ・ミュージシャンがどのように生活しているのかって、結構みんな知りたいことだと思いますよ。

Ken : そうなんだ、やばいね。結構厳しい生活をしているってリアルな事を伝えちゃうと、今からバンドをしようって人たちの未来に関わっちゃう(笑)

JJ : (笑) でも、今回のテーマは「オルタナティヴ・ミュージックは、おもしれぇぞ!」ってことだから、リアルでいいんですよ。

Ken : そもそも、オルタナティヴってなんだろうね?

JJ : Less Than TVの谷さん(谷口順)がUG MANのビデオの中で「PUNKは、似ていようが似ていまいが、格好良く演奏出来ればそれがパンクなんだ」って言ってて、もの凄い名言だと思ったんです。

Ken : それは間違いないよ。さすが谷さんだ。

JJ:で、僕が勝手に思っているオルタナティヴとは、色んな音楽の影響を受けつつも、それでも過剰に誰もやっていないサウンドを生み出そうとすること。KIRIHITOもそうだと思うんですけど、自分達しか鳴らしていないサウンドが生まれた時って、めちゃくちゃドキドキしません?

Ken : なるほど! なるほど! その定義で言えば、ロックのレジェンド達、チャック・ベリーや、ローリング・ストーンズ、ビートルズやレッド・チェッペリン、みんなオルタナティヴだよ。新しいことをみんなしていたから。

JJ : そうか! って事は、めっちゃ売れるとロックになるって事じゃないですか? 例えば、KIRIHITOが田舎のおばあちゃんにまで知られれば、オルタナティヴではなくなって、ロックの新たな歴史として刻まれるんじゃないでしょうか? だから、今やニルバーナはオルタナティヴではないと。

Ken : なるほど! なるほど! オルタナティヴってのは、駄目って事だね(笑) つまり、オルタナティヴなミュージシャンにはなっちゃいけないんだよ。オルタナティヴ=親不孝だよ(笑)

JJ : (笑) めちゃくちゃ自虐的やないですかぁ。

Ken : 俺たちがオルタナティヴを脱出するには、田舎のおばちゃんに「あっ、圏ちゃんだ。圏ちゃん。」って言われるようになれば良いって事ね。

JJ : まぁ、そうなるためには、今の音楽業界なら2年に1枚ぐらいはアルバムを出さないといけないわけで・・・。 やっぱり、KIRIHITOは・・・ ・・・ ・そういうことなんじゃないでしょうか。


「メーテルは、少年の心に宿る1ページなんだよ」

Ken : 結局のところ、オルタナティヴの定義は、さっきあげたロック・バンド達に教わった。常に様々な音楽の良い所を取り入れ、新しい発見も入れつつ、こんなのどうって自信満々にやることを教わったんだ。KIRIHITOは、そういうところを特に拡大しようとしたバンドなんだよね。

JJ : 「特に拡大しよう」って言うのは?

Ken : 参考にしているものがないようなバンドをしようって時があった。このバンドは、何を参考にしたんだろうって言われるくらいになってやろうと思って。江戸時代に鎖国をすることによって独自の文化が生まれたように、音楽でも完全に独自のものって生まれると思うから。

JJ : 鎖国?

Ken : 普通に考えれば、ベース入れればいい訳じゃん。でもそうしないで、なんとか2人で試行錯誤を重ねる。漫才見てひらめいた時もあった。不器用な状況下で工夫して2人の可能性を追求し続けたんだ。クラシック・ギターをやっていたから、ギター1本でオーケストレーションをするって思考は当初から持っていたしね。

JJ : クラシック・ギターをやっていたの?

Ken : 小学生の頃、親に「誕生日プレゼントは何がいい?」って言われて、「天体望遠鏡!」って伝えてわくわくしながら待ってた。でもある日、隣町のヤマハ音楽教室のショー・ウィンドウに、クラシック・ギターが飾ってあったのを見つけて、こっちのほうがいいって思っちゃった。親に伝えたら、天体望遠鏡より安いから喜んじゃって、すぐ買ってくれたんだよね。それが始まり。もしあの時、親がすぐ天体望遠鏡を買ってくれていたら、今頃NASAにいて、宇宙飛行士になっていたと思うよ(笑)

JJ : (笑) 良い話! やっぱヤマハですね。ちなみに僕もエレクトーンを習いに、ヤマハ音楽教室に行っていましたもん。しかもその頃って、女の子ばっかりで恥ずかしかったなぁ。

Ken : ヤマハ音楽教室ってポピュラーだもんね。その頃「銀河鉄道999」のメーテルが大好きだったのよ。で、クラシック・ギター教室の女の先生が、メーテルだったんだよ!

JJ : メーテル!?

Ken : そう。メーテルは、少年の心に宿る1ページなんだよね。髪の長いキレイな女性にギターを教えてもらうなんて今ならドキドキしちゃうけど、小学生ってまだ男じゃないから、なんか変な感じたことのない気持ちになっちゃった。つまり、クラシックのバッハとかを教わると共に、そのなんとも言えない気持ちも教わったわけよ。それが俺の音楽の基礎。だから音楽って色気がすげー大事だと思っちゃってる(笑)

JJ : うわぁー、わかります! その気持ち。エレクトーンの先生も何故かいつもミニ・スカートだった。何がなんだかわからなかったけど、この人に会えるなら新しい世界を見れるかもって思っていましたもん。


「2人だけの民族音楽が出来る」

JJ : KIRIHITOって、今でも新しいことをやろうとしているのですか?

Ken : 今は、KIRIHITOにしかできないことしかできない。

JJ : つまり、何をやってもKIRIHITOになるってこと?

Ken : なっちゃう。カバーとかしても、演奏スタイルが特殊だから、どうしてもKIRIHITOになっちゃう。ずるいって言われるよ(笑) でも、それでもあきないような音楽を創ることが楽しい。どうやったら、2人だけの民族音楽を奏でることが出来るんだろうって考えている。

JJ : じゃぁ、まだまだ新しい自分達のサウンドを探してて、その途中って事ですよね。でも、最終的に、自分達のサウンドって完成するもんなんでしょうか? 例えば、忌野清志郎さんは「自分の音楽が完成した」と思っていたんでしょうか?

Ken : 「完成していなかった」と思ってたんじゃないかな。でも音楽をやる目的は、完成するかどうかよりも、夢中になれているかどうかだと思う。まさに、ずっと夢〜みさせて〜くれてありがとう♪って清志郎さんのデイ・ドリーム・ビリーバーの歌詞の通り。俺は、なんでも夢中になっちゃうタイプ。音楽をしている時は、飯も食うのも忘れちゃうし。

JJ : KIRIHITOのように、オルタナティヴ・ミュージックを極めていく秘訣はあるのですか?

Ken : ある意味、ひねくれたらいいと思う。誰かが好きで、その人のようなことをしようって思ったことがない。自分にしかできないことを模索しちゃうし、工夫したいと思う。で、いくつかやっているバンドの中でもその要素が最も強いのが、KIRIHITOってバンドなんだよね。

おすすめオルタナティヴ・ミュージック



LIVE SCHEDULE

  • 6.15 (Mon)@渋谷 UPLINK FACTORY (トーク&ミニ・ライヴ)
  • 6.21(Sun)@新代田 FEVER
  • 7.12(Sun)@S新大久保 EARTHDOM


LINK


PROFILE


KIRIHITO

1994年結成。GROUPのメンバーでもあり、UAのライヴ・バンドや、一十三十一やFLYING RHYTHMSの作品に参加している竹久圏(g, vo, key, etc)と、GAKIDEKA、高品格でも活動する、THE BACILLUS BRAINSのサポートも務める早川俊介(ds, vo, etc)のデュオ。ライトニング・ボルトよりも、ヘラよりも、あふりらんぽよりも早かったデュオ、である。ギターをかき鳴らしながら足でカシオ・トーンを弾き、歌う竹久、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川という、見世物的というか、アクロバティックなライヴ・パフォーマンスの楽しさも然ることながら、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽はまさにワン&オンリー。これまでにホッピー神山のGOD MOUNTAINレーベルより2枚、DMBQの増子真二のナノフォニカ・レーベルより1枚のアルバムをリリースしている。1996年から98年にかけて4 回、アメリカ・ツアーを敢行し、ダブ・ナルコティック・サウンド・システム、アンワウンド、モデスト・マウス等と共演している。日本国内においても全国各地で精力的なライヴ活動を展開している。ミュージシャンのシンパも多い。


CLOSE UP : moools

CLOSE UP : wyolica

CLOSE UP : JOAN OF ARC

CLOSE UP : mojoco

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事