INTERVIEW : 鴨田潤 & Crystal

イルリメ名義で日本のヒップホップを扇動し、全編弾き語りのファースト・アルバム『一』を創り上げた奇才鴨田潤と、DJ/プロデューサー・ユニットであるTraks BoysのCrystal、K404による(((さらうんど)))。彼らが、2012年に発売したファースト・アルバム『(((さらうんど)))』は、クラブ・ミュージックと歌ものを見事に融合させ大きな話題をよぶ。その融合に苦戦するアーティストが多い中、彼らは、哀愁漂うシティ・ポップへと導くことで、その楽曲を、未来永劫聴けるものにしている。2013年、(((さらうんど)))は荒内佑(cero)、澤部渡(スカート)等も参加したセカンド・アルバム『New Age』をリリース。その融合の奇跡を聴くために、鴨田とCrystalへインタビューを行った。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 岩瀬知菜美
アーティスト写真 : 江森丈晃
ライヴ写真 : 三浦知也

(((さらうんど))) / New Age

【価格】
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円

【Track List】
1. Welcome to Brand New Age / 2. Signal Signal / 3. Imagination.oO / 4. きみは New Age / 5. Soul Music / 6. Neon Tetra / 7. 空中分解するアイラビュー / 8. 半径1mの夏 / 9. Swan Song's Story / 10. Hocus Pocus


(((さらうんど))) official HPにて、『New Age』のプロローグ(text by 鴨田潤)公開中!

UNIT 9th Anniversary
(((さらうんど))) 「New Age」 Release Party “(((ぱれいど)))”

2013年9月15日(日)@ 代官山UNIT
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,000円 / DOOR 3,500円 (別途1D)

7/20(土)より下記プレイガイドにてチケット発売開始!
・ぴあ(P: 205-307)
・ローソン(L: 75003)
・e+
・diskunion 各店
・JETSET TOKYO

左から、Crystal、鴨田潤、K404

分担したほうが、(((さらうんど)))としてたのしい(鴨田)

ーー(((さらうんど)))の結成について教えてください。

鴨田潤(Vo、Gt) : 3年前の夏だったかな。「バンドをやりたい! 」ってTwitterに書いたら、Crystalが応募してくれたんですよね。組んだ当初は生バンドを想定していたけど、2人ともトラックが作れるし、バンドじゃなくてもいいんじゃないかって。そこで、Traks BoysのK404を誘ったんです。

ーー鴨田さんはイルリメ名義でヒップホップをやっていたのに、鴨田潤名義でいきなり弾き語りをやったじゃないですか。なんで、急に歌ものをやろうと?

鴨田 : ヒップホップは歌詞の量が多いんだけど、慣れてくるとより端的に歌詞が書けるようになるので、その量は減ってくる。そうなると、歌に変えたほうがいいんじゃないかって。また、ライヴをしていても、自然とトラックに対して声のキーを選ぶようになってきたことに気づいたり。喉が、歌のキーを探すようになったんですね。

ーー(((さらうんど)))は、ソロとは違う歌ものをやろうと思った?

鴨田 : バンドで違う方向のことをしたかったんです。younGSoundsの経験をふまえての部分もあるかな。他の楽器担当のメンバーがいると、どうしても作曲をするなかで楽器の音を考慮しなきゃいけないじゃないですか。でもCrystalと2人で打ち込みで曲を作るってなったら、必要な音だけを考えて作れる。またCrystalの音楽自体が好きだから、よりがっちりと一緒にできる方法を考えたら、メンバーを少なくしたほうがいいんじゃないかって。

ーー曲作りは、全曲Crystalさんが作曲、鴨田さんが作詞?

Crystal(Key) : だいたいそうですね。最終的な音をどうするかっていうところには、全部僕が関わっています。鴨田さんが作曲した「Soul Music」、「半径1mの夏」や「Hocus Pocus」とかも音色を変えたり、アレンジでメリハリをつけたりしています。

鴨田潤

ーー鴨田さんが作曲した曲の場合は、既に完璧に作り込んだものをCrystalさんに渡すのでしょうか?

鴨田 : いえ、それだと僕のソロになっちゃうから、完璧にはしない。
Crystal : バラで20トラックくらいもらって、それをもとに最終のアレンジをするという感じかな。

ーーCrystalさんが作曲をして、鴨田さんが最終のアレンジをすることはあるのでしょうか?

鴨田 : 今回はなかったね。ファースト・アルバムのときはいくつかあったけど。彼がメインで曲をつくるのはもともと決まってたから、必要なもの、こういう曲があったらいいんじゃないかってものを僕が創って。

ーー作曲のメインをCrystalさんにしたのは、どんな理由があったのでしょう?

鴨田 : 曲を作って分担したほうが、(((さらうんど)))としてたのしい。僕の曲が半分くらいになると、ソロみたいになるし、彼が創る曲がメインっていう風に最初からイメージして。

ずっとポップスっていうのは自分の根底にあった(Crystal)

ーー鴨田さんの世界ってすごく確立されているから、作曲をメンバーに任せるというのは意外だったんです。(((さらうんど)))っていうユニットに関しては、割り切っているということでしょうか?

鴨田 : そうですね。
Crystal : 分担が進んでるのかな。そういうふうにしたほうが、集中できるんです。
鴨田 : Crystalが応募してきてくれて「やる」って言ってくれた時点で、バンドの完成型は見えた。もともとCrystalがつくるトラックが好きだったので、それに歌をのせるっていうのを頭においたほうがいいかなって。

ーーCrystalさんが応募しようと思ったのはなぜ?

Crystal : Traks BoysやDJとして活動するなかで、クラブ・ミュージックにとどまらないポップスをつくりたいっていう気持ちがずっとあったんです。でもそれをどうしたらいいのかっていう具体的な方法が見つかっていなかった。鴨田さんのTwitterを見てピンときたのかな。イルリメとしての活動もずっとチェックしていたし「これはっ! 」と思って。

Crystal
ーークラブ・ミュージックにとどまりたくないと思いはじめたのはいつごろでしょうか?

Crystal : 最初からですね。逆にいまは(((さらうんど)))があるので、Traks Boysにポップスの要素を入れようっていう気持ちはなくなりました。

ーー歌ものを作ることに魅力を感じていますか?

Crystal : 鴨田さんの音楽の入りはバンド・ブームなんですけど、僕もクラブ・ミュージックじゃなくて、TM NETWORKとか、90年代前後の日本のポップスなんです。ずっとポップスっていうのは自分の根底にあった。
鴨田 : Crystalは、以前シティ・ポップのミックスとかを作ってたからね。
Crystal : 完全非売品でね。70年代、80年代の日本のポップスを、ハウス/テクノのDJミックスの手法でやったらどうなるかっていうのをやっていたんです。

ーーおふたりは、通じ合っている部分がとても多いように感じます。

Crystal : 年も一緒だし、音楽的な体験は共通していたりもするからね。90年代中盤くらいのテクノの盛り上がりに衝撃を受けていたりとか。
鴨田 : イルリメを始めたころにイベントに呼びたいって言ってくれたのもCrystalだったしね。2000年とかかな。

ーー出会いはだいぶ前なんですね。どうも話を聞いていると、おふたりは、歌ものに対する意識がクラブ・カルチャーにいるアーティストのなかでも特に高いような気がします。

Crystal : DJカルチャーの中にいるけど、そこだけだと窮屈って思っていたかな。
鴨田 : Traks Boysの曲を聴いていると、ポップスへの趣を感じられた。
Crystal : 徐々に高くなっていって、かつ自分達もそれをできるようになってきたという感じ。
鴨田 : 時代とともに、そういう土壌が出来てきたというのもおおきいかな。イベントのDJでも、ポップスがかかる比率がだんだん高くなっていったしね。

世界へ飛び出していくようなアルバムにしたかった(鴨田)

ーーファースト・アルバム『(((さらうんど)))』を経て、今作はどんなものを作ろうと思ったんですか?

鴨田 : 高い精度のものを作りたかった。もっと、自分のなかの表現をつきつめたもの。
Crystal : いきなりファーストと違うものを作るのではなくて、ファーストで得たものを発展させるというかね。
鴨田 : ceroのファーストからセカンドへの成長がとにかく凄くて。その進歩の具合を考えると、ちょっと頑張らないといけないなっていう気持ちがね。先輩だしね。


『(((さらうんど)))』より「夜のライン」

ーー本作の『New Age』というタイトルには、どんな意味が込められているのでしょう?

鴨田 : アルバム・タイトルをどうしようかって話になったとき、Crystalから“イマジネーション”っていう案が出た。それが前向きなイメージのアイデアだったから、じゃあ『New Age』はどうかな? っていう提案を返して。前向きな曲が多いし、ジャケットも凛とした感じでしょ。世界へ飛び出していくようなアルバムにしたかったんです。
Crystal : ファースト・アルバムのときは、まだこのタイトルは付けられなかったんじゃないかな。『New Age』って強い言葉だから、セカンド・アルバムの楽曲の完成度がなかったら付けられなかったかもしれない。

ーー『New Age』というタイトルには、どんなメッセージが込められているのでしょう?

鴨田 : メッセージはもちろんあるけれど、それを伝えるよりかは、聴いてくれる人の体を動かしたい。メッセージをいくら伝えたとしても、そこから行動に移すには体を動かさないといけないじゃないですか。体を動かせる一歩をどうしたら創れるか? どれくらいの精度が必要なのか? を悩みながら作ったんです。

ーーリスナーがなにかアクションを起こしてくれればってことですよね?

鴨田 : アクションを起こしてほしいというより、変化することを恐れないでほしいという気持ちですね。
Crystal : ファースト・アルバムのときは、ポップスを作るのがはじめてだったし、完全に手探り状態で作ったんです。だからわかっていない部分もあったんだけど、ありがたいことにすごくいい反応をもらえて自信が持てた。具体的には、山下達郎さんが買ってくれたとか、影響を受けた人が気にしてくれたりして、次はさらにいいものを創ろうって思ったんです。だから今作は、ファースト・アルバムで創れた方向性を強く押し出すことを念頭に置きました。

ーー鴨田さんは、弾き語りもそうだし、(((さらうんど)))もそうだし、つねにあたらしいことに挑戦し続けていて。それってすごく勇気がいることですよね?

鴨田 : 弾き語りは、周囲の反応が思っていたよりも良かったんです。カクバリズムのみんなも褒めてくれて、やっても大丈夫かなって思えた。(((さらうんど)))は、自分のつくってきた音源のなかでいちばん客観的に聴ける音楽が作れているんです。ファーストを出したときは、反応が欲しかったというよりも単純に音源を創るのが楽しかったし、自分でも結構聴いていましたね。
Crystal : 僕もそうですね。いままでの自分の作品の中で、いちばん聴いたかな。
鴨田 : ファースト・アルバムのときに小説を出したんですけど、実は、その製作が辛すぎて… だから音源を作るのは楽しかったっていう思い出しかないですね(笑)。

鴨田潤による描き下ろし長編小説

鴨田潤「てんてんこまちが瞬かん速」PV

恋愛って、人がいちばん行動する瞬間ですよね(鴨田)

ーー小説はそんなに大変だったんですね(笑)。歌詞を書くのは、難しくなかった?

鴨田 : 苦労しました。いままでとは違う表現を入れていこうっていう気持ちだったので。(((さらうんど)))は、Crystalの曲に言葉をのせるっていう遊びの延長みたいな軽い気持ちで考えていたんだけど、もうちょっとエモーショナルにやりたくなった。ソロとしてやりたいような思いが、(((さらうんど)))の制作時に出てきたんですよね。それは歌詞の精度を上げるというか、自分の歌詞はラヴソングのための語彙数がすくないと思ったんで、そこを広げていこうっていう気持ちが強くでてきた。

ーーそこを広げるためには、どうしたんですか?

鴨田 : 鮎川信夫など戦中戦後の詩を読んだんですよ。その時代に詩を書くということに対する意識にも胸を打たれて。自分もその人たちの作っていたものに負けないように、そのひとたちが失望しないようなものを作らなければいけないなって。

ーー鴨田さんの歌詞にラヴソングが多いのはなぜ?

鴨田 : 恋愛って、人がいちばん行動する瞬間ですよね。どんなことよりも、アクションを起こすきっかけになる。外国人と結婚した女性が、単身で旦那さんの国に渡るとか行動力を考えたら、すごい力だと思うから。

ーーなるほど。(((さらうんど)))の次の作品や展開は、もう考えているのですか?

鴨田 : これの反応しだいじゃないかな。やっぱりポップスだし評価や時流と社会、音楽パッケージの状況など外的な要因もあるしね。次がどうなるかっていうのは、自分だけでは判断できないかな。

カクバリズム ARCHIVES

キセル / KICELL EP in みなと湯(5.6MHz DSD+HQD ver.)

キセルの楽曲を、世界に数台しかないDSD レコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアに奥田泰次を迎えて銭湯でDSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行った。録音した音源は野音ワンマン・ライヴでもCDが会場限定販売されるが、CDと同内容の「春」「庭の木」のほか、OTOTOYのみの独占音源となるフォーク・シンガー高田渡の楽曲を使用した「夕焼け」が収録されている。さらに、銭湯での録音風景の写真をまとめた歌詞入りブックレット付き。もちろん5.6MHzのDSDとHQD(24bit/48kHzのwav)音源で聴けるのも配信のみ。

>>特集ページはこちら

cero / My Lost City

前作アルバム「WORLD RECORD」がロングセラーを続けるCeroの才能が爆発した2ndアルバム完成! 小旅行から大航海へ。彼らには新しい音楽と時代の風が吹いている。新たな時代を築いていく名盤!

>>特集ページはこちら

cero / WORLD RECORD

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップ・デートした新しい潮流! ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ! マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴!

>>特集ページはこちら

PROFILE

(((さらうんど)))

イルリメこと鴨田潤(Vo,Gt)、Traks BoysのCrystal(Key)、Kenya Koarata(PC,Drum Machine)の3人により結成されたポップス・バンド。2010年夏にシングル、『サマータイマー』をフリー・ダウンロード配信し注目を集める。2012年3月に1stアルバム『(((さらうんど)))』を発表。代官山UNITでのリリース・パーティー"(((みっどないと)))"はオールナイト・イベントとは思えぬ満員の大盛況を収めた。同年9月~12月にかけて“(((さらうんど))) 風立ちぬツアー 2012 秋”を開催。今年4月には、ツアーでも好評だった楽曲「空中分解するアイラビュー」を、アナログ12インチでシングル・カット(B面は砂原良徳氏のRemix)。7月17日、待望のセカンド・アルバム『New Age』をリリース。

(((さらうんど))) official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事