関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信

スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。

スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。

期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」

イツキライカ / Kind of Blue

【Track List】
01. おきざりの庭で
02. Kind of Lou
03. こどもたち
04. 早春散歩
05. ときが滲む朝に
06. 白線の内側から
07. 高い窓
08. フィルムのすきま
09. ノーカントリー
10. (sweet)here after
11. まだ手探りを

【配信形態 / 価格】
[左]24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3
単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)
※AAC / MP3のみ、単曲 150円(税込) / アルバム 1,500円(税込)


イツキライカ / おきざりの庭で


INTERVIEW : イツキライカ

イツキライカの『Kind of Blue』には、宅録の決め細やかさと、それを笑顔で支える京都在中のサポート・ミュージシャン達のラフな空気感に満ち溢れている。それは、良質インディーシーンであり続けるアセンズやメルボルンのアーティストがもつ空気感と同じものだ。さぁ、極上のイツキライカ・バンドがやってくる!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
編集補助 : 柳下かれん
写真 : 飯本貴子

たまたまソロの音源を作っているタイミングだったというか、レコーディング費用で100万円もらえたらラッキーやなって感じだったんです

──やっぱりスーパーノアとは全然ちがうね。スーパーノアとしては井戸君のことを知っていたけど、イツキライカの活動はしっかりとは知らなくて。プロフィールを見たら、すごくちゃんとやってる。

どうなんですかね(笑)。ちゃんとかはわからないですけど。


スーパーノア / リリー

イツキライカ / フィルムのすきま

──だって「2011年、ロッキング・オン社が主催するコンテストRO69JACKに、優勝者に渡される制作費100万目当てに始めたばかりのソロ・ユニット、イツキライカとして応募。見事優勝」って書いてある。100万円もらったんですか?

もらいました。

──100万円は何に消えたんですか?

録音費用に使ってくださいと言われたので『ピンホール透過光』(1stミニ・アルバム)の制作費用と、あとギターを買って、全部使いました(笑)。

──なんでスーパーノアでは応募しなかったの?

たまたまソロの音源を作っているタイミングだったというか、レコーディング費用で100万円もらえたらラッキーやなって感じだったんです。

──つまり金だと(笑)。それからはどういう活動をしてたんですか?

「レコ発とかやったほうがいい」みたいな話になって、そこで初めてイツキライカのバンド・セットでライヴをして。あとはそんな大々的にやるつもりはなく、誘われたライヴに出たり、1ヶ月に1曲とか2曲とか作っていく感じで。

──今回の作品『Kind of Blue』に関してはいつごろから作っているものが入ってるんですか?

2012年の夏ごろから作ったものですかね。

──『Kind of Blue』のレコーデイングは、そこで作ってた曲を自分で譜面にして、演奏者に渡したりしたんですか? それともセッションで?

この作品に関してはセッションではないです。まず、曲のアレンジのイメージができたら、パソコンにMIDIで打ち込んで確認します。気になるところを調整して、OKそうやなと思ったら、実際にプレイヤーの方に楽器を演奏してもらって、生の音に差し変えていきました。

──じゃあもともと宅録の人なんだ。いつから宅録をはじめたんでしょう?

中3ぐらいからですかね。最初は、3トラックしかないZoomのMTRを使っていました。

──スーパーノアのイメージがあるから、バンドでセッションしながら作っていくタイプかなと思ったんですけど、違うんですね。

スーパーノアも最近はセッションでは作っていなくて、曲の構成とリズムパターンとフレーズを僕がある程度作って、調整して大丈夫そうやなと思ったらスタジオに持っていく感じです。でもスーパーノアの曲は、メンバーが演奏するのを前提で作っているので。メンバーがいま聴いている音楽とかフレーズを話の中から拾うこともあるし、こういうフレーズをやらせたらおもしろそうやなとか。メンバーの影響を受けてます。

──じゃあイツキライカのときは誰が演奏するとかを考えない、よりパーソナルな感じ?

そうですね。楽器だけをイメージして。

かつて誰かが見た風景を、いま自分が奇跡的に見ているかもしれない

イツキライカ

──『Kind of Blue』はコンセプトを先に決めたりしてたんですか?

半分くらいまでドラムセットを使わんと録音していこうとしてたんですね。だいたいみんなドラムセットを使ってるから、使わんでもいい感じのリズムを出せるんじゃないかって試したくなって。でもやっぱりドラムセットっていうのはすごくよく出来ている楽器だということに気づいて、途中から使っちゃいました(笑)。

──ドラムを使わないと不自由だったってこと?

結局ドラムセットみたいな配置になっていったんですよ。ちょっとキックみたいな音いるよね、ハイハットいるよね、スネアみたいな音が欲しいよね、あっドラムセットや! みたいな。

──ではそこからどうやってアルバムとしてまとめていったの?

最初のほうで作っていた曲のモチーフが無意識のうちに「青」だったんですね。それは、色としての青でもあるし、ネガティブな「ちょっと今日ブルーだわ」みたいな意味の青でもあるし。海とか空とかそういう単語を使っていることも多くて。じゃあもうこれは青でまとめようと思って、その後から作った曲は意識的に青をイメージして作りました。

──「青」に思い入れがあった?

なんか無意識で。

──青にすることによって統一性が出したかったのかな? すごくまとまってるアルバムだと僕は思いました。

よかったです。アルバムを通して聴いてほしかったので、ある程度コンセプトがあったほうが良いと思ったんです。

──曲のアレンジもかなりこだわっていたけど、最初からアレンジのイメージがあった? それとも曲の全体像ができてから?

頭の中にイメージはあるんですけど、実際に音に置き換えてみるとごちゃごちゃしたりするんで、やっぱこのフレーズいらんかな、やっぱいるかな、みたいな繰り返しで。どこで完成かっていうタイミングを見極めるのにすごい時間かかりましたね。その日の体調によって聴こえ方も変わったりして。

──1人でやることの醍醐味であり辛いところだよね。1人でやり続ける以上それはわからないもんね。

バンドだったら他の人が「これできたんちゃう?」でいけますけど、1人やとちょっと難しかったです。

──作詞についてなんですが、井戸くんはどういうときに詩を作る?

曲のアレンジがある程度できた後に「作ろう」と思って作ってますね。

──井戸君が書きたいことはなんですか?

実際の風景を見ながら、その上にフィクションを立ち上げることが多いですね。今回の作品も、実際の風景を見ながら、ここにはこういう人間の営みがあったんちゃうかなとか考えながら…。

──それはスーパーノアの歌詞の書き方とは違う?

そうですね。いまスーパーノアで新しい曲のレコーディングをしていて、そこではもうちょっと具体的なことを言うように努力してます。

──それは何故?

…心境の変化ですかね。今までやってなかった書き方だから、自分自身が新鮮に取り組めるということもあって。今は「こういう言葉だと、このぐらいのことまで想像するかな?」みたいなのを考えながら、作ってます。歌詞の内容を聴いてくれた人に丸投げするのではなくて、ある程度こちらで想像の範囲を設定出来るように頑張るって感じです。

──イツキライカではその手法はとってない?

とってないです。単純にストーリーをのせた。

──そのストーリーはフィクションだけれども、人間の営みに通じるようなことってこと?

んー…。かつて誰かが見た風景を、いま自分が奇跡的に見ているかもしれない、見ていたらいいなと思って書きました。

──なるほど。10曲目の「 (sweet)here after」の〈新しい人の あたたかい匂い 辺りは一面 花吹雪が舞う 預けられた種 あなたへ渡そう 花の記憶たち 重ねられるように〉って部分、歌詞を載せてないじゃないですか。意図はあったんですか?

それは単純に何回も繰り返しているから、聞き間違いをする可能性は低いかなと思って。

──なんか意図があるのかと思った(笑)。この歌詞は、京都の海や川を歩いて書き上げたもの?

いや、旅先で散歩してるときの風景が多いですね。東京もそうですけど。その風景をみてフィクションで書き上げました。知らない土地の方が色々と想像しやすいっていうか。

これくらい商業的なものから距離をおいてる音楽があっても、僕はいいと思いますね

──制作中に井戸君が影響を受けた音楽とかはありますか?

このアルバムを作ってる時によく聴いてたのはマグネティック・フィールズの「69 ラブ・ソングス」とかです。他にはキングス・オブ・コンビニエンスのアーランド・オイエのソロとか結構聴いてたかな。曲が出来たのは2012、3年くらいなので、あんまり覚えてないですね。好きな音楽に似すぎないようには気をつけました。

──やっぱり1番影響を受けてるのはUSインディー?

んー、…好きですね。

──誰って言うより、ジャンルや地域で言うと、1番影響を受けたところはどこですか? USインディーなのか、UKロックなのか、それとも京都の土着のロックなのか…。

アメリカとか、カナダとかの感じですかね? スフィアン・スティーブンスとか、ファイストとか、ルーファス・ウェインライトとか…。聴いててなんも考えずに、1番自分の心がしっくり落ち着く音楽はそのへん。アメリカ大陸の…。

──アメリカ大陸(笑)。

(笑)。でもカナダも好きなんですよねえ。サンドロ・ペリとか、エリック・シェノーも好きで。


スフィアン・スティーブンス / シュド・ハヴ・ノウン・ベター

サンドロ・ペリ / ラヴ&ライト

──どういうところに影響受けたんですか?

どうなんすかねえ。ヴォーカルの存在が大き過ぎず、他の楽器とバランスよく成り立ってるみたいな感覚が好きなんかなあ。

──『Kind of Blue』のレコーディング・メンバーを見ると、その多くが京都の仲間たちだと思うんですが、彼らから影響を受けた面はありますか?

それもきっとあると思います。

──スーパーノアとかイツキライカ、サポート・ミュージシャンの所属するLLamaとかBaa Baa Blacksheepsといった京都のシーンや、また他にも似たようなシーンがあると思うんですけど、どういうバンドとよく対バンしているの?

昔はLainy J Grooveとかと一緒にやってましたけどね。最近は… 誰とやってるかな。

──京都のHomecommingsとかとは違うシーン?

そうですね、サーキット・イベントとか出演者が多いライヴをのぞけば一緒にやったことはないですね。やっぱり近いのはLLamaなのかな?

──僕はちょっと前からLLamaやスーパーノア、BAA BAA BLACKSHEEPSらのシーンから自由度の高さをすごく感じてて。音楽を作ることを、バンド単位じゃなく楽しんでるなと思うんです。たとえば、今は違うけれどゆーきゃんが京都に住んでいたころ、アルバムを作るってなったときには、わちゃわちゃってみんな寄ってきて、みんなで作る。同じようにイツキライカがアルバムを作りましょってなったらみんながわさわさよってくる感じ。

やっぱり同じ人たちで作り上げる美しさってあるし、たぶんスーパーノアもそっちだと思うんです。たとえば、一緒にいる時間が短いサポートメンバーがいるバンドには出せへん空気感やグルーヴが感じられますよね。それが良いとか、悪いとかではなく。それに対してイツキライカは僕が個人的に、良いなあと思ったプレイヤーに、弾いて欲しい(歌って欲しい)フレーズを頼んだだけというか。

──イツキライカの作品でこういう自由度の高い作り方ができているというのは、実は今の京都を象徴した出来事だなあと思っています。あと、なにか影響を受けているものってあると思います? 僕はイツキライカとスーパーノアとは絶対に違うものだと思っていて、なら何に影響を受けて作り上げたのかっていうところが気になっているんですね。

…なんやろなあ。ホントに曲を書いてるときは無意識というか、影響を受けてるといえば見聞きしたこと全部受けてると思うし、特定の物は今思いつかないですね。

──じゃあスーパーノアとイツキライカの違いは?

それはメンバーはいるかいないかってことですかね。

──表現しているものに違いはない?

根っこの部分は同じだと思うのですが、スーパーノアの曲は「スーパーノアのメンバーで演奏する」という前提ありで作っています。

──なぜソロもやるんでしょう?

ちょうど良いバランスなんですよね。スーパーノアに持っていくときはある種の変化を期待してるというか。持っていくデモよりも良くなるんですよ、だいたい。でも今のところ新しい曲を発表する場がライヴなので、基本的にはライヴで出来る曲をやるっていう制限がありますね。イツキライカは別にライヴせんでもいいから自由というか。ドラム使わんでいい曲も作っていいし、自由に重ねていけるし。それがちょうど良いバランスですね。

──てことは、イツキライカも続けていく?

…はい。

──今、ちょっと詰まったのはなんで(笑)?

イツキライカのほうがライフワークに近くて自然にやってる。スーパーノアはもっと人気出そうぜっていう気持ちでやってますね。

──イツキライカはそういうのないの?

っていうとたぶん怒られますけどまぁ自然っていうか。ある種、自分がそのとき聴きたかった音楽をやってるに近いかな。もちろん、聴いてくれた人が何かしら感じてくれたなら、それはとても嬉しいことです。

──イツキライカ、やり続けてほしい。5枚目かもわからないし10枚目かもしれないけど、音楽ってこういうやりかたでいいんだよって言える名盤が生まれる気がします。

そうですね、これくらい商業的なものから距離をおいてる音楽があっても、もちろんいっぱいあるんですけど、僕はいいと思いますね。

LIVE INFORMATION

イツキライカ 1st full album "Kind of Blue" release party

2016年11月2日(水・祝前日)@新代田FEVER
出演 : イツキライカ(band set) / ayUtokiO / Nozomi Nobody
open 18:30 / start 19:00
adv. 2,000円 / door 2,500円(共にドリンク別)
・東京編演奏メンバー
石渡新平(LLama) drums/chorus
岡村寛子(ときめき☆ジャンボジャンボ/スーパーノア) piano
赤井裕(スーパーノア) guitar
岩橋真平(スーパーノア) bass
103CA(印象派/ANATAKIKOU) organ/chorus
間瀬聡(サルバ通り) guitar/chorus

2016年11月5日(土)@京都nano
出演 : イツキライカ(band set) / スーパーノア
open 17:30 / start 18:00
adv. 2,000円 / door 2,300円(共にドリンク別)
・京都編演奏メンバー
石渡新平(LLama) drums/chorus
岡村寛子(ときめき☆ジャンボジャンボ/スーパーノア) piano
赤井裕(スーパーノア) guitar
岩橋真平(スーパーノア) bass
103CA(印象派/ANATAKIKOU) organ/chorus
間瀬聡(サルバ通り) guitar/chorus
Syo Taki trumpet
土龍(livehouse nano/ボロフェスタ) alto saxophone

PROFILE

イツキライカ

関西在住のシンガー・ソングライター。2004年に結成された京都のバンド、スーパーノアのギター/ヴォーカルとして、現在も活動を続ける。2011年、ロッキング・オン社が主催するコンテスト「RO69JACK」に、優勝者に渡される制作費100万目当てに、始めたばかりのソロ・ユニット、イツキライカとして応募。見事優勝し、同社が主催するフェスティヴァル「COUNTDOWN JAPAN」に出演、2012年、同社主宰のレーベル〈JACKMAN RECORDS〉より、1stミニ・アルバム『ピンホール透過光』にてデビュー。以後、関西を中心に、弾き語りやバンド・セットでライヴを行っている。スウェーデンの天才ポップ職人MARCHING BANDの初来日ツアーの京都公演、ROTH BART BARONのサポート・アクトも務める。2016年にはMARCHING BANDの再来日ツアーにおいて、名古屋、大阪、東京(東京のみデュオ編成。あとはバンド・セット)3カ所でサポートを務めた。

>>イツキライカ Official web

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

【新曲追加】演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに発表された曲はOTOTOYからフリー・ダウンロードが可能です。 『TOWN』楽曲 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。(おい!ハゲ!ボケ!カス!以外の楽曲となります)>>OTOTOYアプリとは 5月22日『清 竜人 TOWN Vol.5』PHOTO 4月10日『清 竜人 TOWN Vol.4』PHOTO 3月13日『清 竜人 TOWN Vol.3』PHOTO 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也