対談:川瀬拓(ぐるぐる回る)×飯田仁一郎(BOROFESTA)

前代表・竹内氏の急逝により、昨年新たな体制で再スタートを切ったインディー・ミュージック&カルチャー・フェスティバル“ぐるぐる回る”。主催者不在という状況のなか、「終わらせたくない」という気持ちで代表を継いだ川瀬拓は、今年からは“ぐるぐる回る”の名のもとで、新たな試みを次々とスタートさせた。いっぽう、“ぐるぐる回る”にもキュレーター(イベント等の企画を担う専門職)として参加し、今年で12年目を迎える西のインディー・フェス、BOROFESTAの代表である飯田仁一郎。10年以上フェスを作り続けてきた彼に、“ぐるぐる回る”はどのように映るのか、また彼自身がBOROFESTAを続ける理由とはなんなのか。異なる背景を持つ2人の対談は、互いのフェスの話題にとどまらず、これからのローカル・フェスの在り方、ライヴハウスへの目線にまで及び、2人の見つめる音楽シーンの未来像が浮かびあがる内容となった。

インタビュー&文 : 柳川春香
写真 : 松井誠

つぎのぐるぐるは「ぐるぐるTOIRO2013」!

2013年6月8日(土)、9日(日)
会場 : さいたまスーパーアリーナTOIRO
開場 : 12時30分 / 開演 : 13時
前売 : 1日券 3,500円(1ドリンク付き) / 2日券 6,000円(2ドリンク付き)
当日 : 1日券 4,000円(1ドリンク付き) / 2日券 7,000円(2ドリンク付き)

【6月8日(土)出演アーティスト】
曽我部恵一BAND / BiS -新生アイドル研究会- / かせきさいだぁ&ハグトーンズ / チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン /A TATA / KONCOS / 虚弱。 / 3markets(株) / 大森靖子 / (M)otocompo / 4 bonjour's parties / LAGITAGIDA / もらん / The eri-nyo Quintet / batta / This is not a business / and more

【6月9日(日)出演アーティスト】
ギターウルフ / DE DE MOUSE + Takashi Yamaguchi / younGSounds / 田我流 / SuiseiNoboAz / uri gagarn / 下山(Gezan) / Crypt City / Limited Express(has gone?) / ゲスの極み乙女。 / 転校生 / CRYV / はなし / ライムベリー / 戰車倶楽部 / and more

>>>ぐるぐるTOIRO2013 HP

ぐるぐるTVの放送大決定!
2013年6月6日(木) @OTOTOY TV♭
ぐるぐるTV~ぐるぐるTOIRO2013大スペシャル!~

一色に染まっていないのが、“ぐるぐる”のいいところ(川瀬)

左から飯田仁一郎、川瀬拓

——改めてお二人と、“ぐるぐる回る”の関わりをおさらいしたいんですが。

川瀬 : 前身だった廃校フェスの2度目の開催のとき、「廃校フェス」って名前に惹かれてボランティア・スタッフとして参加しました。飯田さんが最初に参加したのも同じ年ですよね。
飯田 : 2009年ですね。それは当時の主催だった竹内さんから誘われて、やっぱり新宿のど真ん中の「廃校」っていう場所、名前に惹かれて、絶対やろう!と思いました。でも、タイトルと場所は100点だったんですけど、実はやり方の違いには最初びっくりして。僕らは各アーティストに主催がきちんと挨拶してっていう、自分たちのやり方しか知らなかったけど、竹内さんのやり方は、キュレーターに丸投げしちゃうんです。それは、アーティストから見るとドライにうつってしまうし、そのやり方を消化するには、イベントが終わるまでかかりました。でも終わってみて、お客さんが1000人来て、来た人がみんな楽しかったって言ってくれて、そういう結果が出たときに初めて「このやり方って全然アリなんだ」って思いましたね。
川瀬 : 僕はそもそもフェスやイベントの作り方についてそこまで知らなかったので、竹内さんのやり方を疑問に思ったりはしなかったんです。竹内さんの作った“ぐるぐる回る”のやり方は、キュレーターや企画をやりたいって人がいたら、まず企画書を見せてもらって、それでオッケーを出したら予算を渡して、あとは全部任せるってやり方で。
飯田 : ほんとに他のどのフェスとも違うんですよ。「僕らが運営やお金の管理はしますから、あとはとにかくいいもの作ってください」って任せてくれてる。実績とか経験がある人にお願いしているわけでもない。俺なら怖くてそんなことはできないから、じつは凄いんですよ。
川瀬 : キュレーター制に関しては、今は良い方向に向かっているから成り立ってると思うんです。普段アンダーグラウンドでやっているような人たちが、フェスっていう表舞台に出てきて、メジャーな人と一緒にやるっていうのもロマンがあると思うし。一色に染まっていないのが、“ぐるぐる”のいいところだと思っています。

——廃校フェスから“ぐるぐる回る”に場所が変わっても、“廃校フェス”時代のカオスな雰囲気は見事に引き継がれていますよね。

川瀬 : 去年の“ぐるぐる回る”にthe telephonesを観に来てくれた17歳の高校生が、「“ぐるぐる回る”に来て、自分の音楽のキャパシティが広がりました」ってことをTwitterに書いてくれていたのを見て、すごく感動したんですよね。やってる意味があるなと思いました。
飯田 : “ぐるぐる回る”の理想は、ジャズ・ステージがあったりクラシック・ステージがあったり、っていう状況ですよね。
川瀬 : ジャンルもそうですし、年齢や活動ペースに関わらず、いろんな人に出てもらいたいです。お客さんも、埼玉スタジアムなら設備も整っていて、休憩スペースもトイレも沢山あるので、普段ライヴに行きづらい年配の方や子供連れの方でも来てもらえたらと思います。
飯田 : “ぐるぐる回る”は俺やゆーきゃんのような、何年も音楽販売の最前線にいたり(ゆーきゃん : BOROFESTA主催、SAUNRAIN RECORDSの店長)、イベントをやってきたような人間はいないから、ブッキングで勝負するのは難しいと思うんです。でも実は絶対的にBOROFESTAが負けてると思うのは、そのカオス感。BOROFESTAでは、「ブッキング以外になにができるか?」ってことを、わざわざ何時間も話し合いしなきゃいけないんですよ。やぐらを組んだらどうかとか、龍をつったらどうかとか(笑)。それをぐるぐる回るはしなくていい。会場はスタジアムで、一周回ったらステージ全部見られるって、意味がわからない(笑)。そういうオリジナリティがあるのは強いと思います。

川瀬拓

——逆に川瀬さんも前回のBOROFESTAに参加されたそうですが、“ぐるぐる回る”と比べていかがでしたか?

川瀬 : すごいなって思ったのは、スタッフひとりひとりが、自分たちがBOROFESTAを作っているっていうことへのプライドを持っているんですよね。主催の人たちも、「君たちもBOROFESTAの一員なんだよ」ってことをちゃんと伝えていて、その意識の高さはすごいと思いました。
飯田 : この前、NHKで放送してたAIR JAMのドキュメントを観たんですけど、横山健さんがステージから降りて、いろんな人に挨拶している姿を映してたんですよ。それはつまり、「あのハイ・スタンダードの健さんがスタッフのところに降りてきて挨拶してくれた!」っていうことを描いてたと思うんです。それを見て、俺たちは違うなって。俺たちは逆に降りないんですよ。「上がってこい」って言うんですよ。出演者だって俺らだってどのスタッフだって、お客さんに対する責任は一緒だから、ここまで上がって来いと。

——その「上がってこい」ってメッセージを、具体的にどうやって伝えるんですか?

飯田 : 担当になった人に、とにかく任せる。それが人を伸ばす一番の方法だと思うんです。で、ボランティアでも、ミュージシャンでも、代表でもみんな立場は一緒で、お客さんを一人でもよぶ以上、そこには責任が発生するってことを伝えるんです。だから俺らのフェスっていうのは、どんどんリーダーが表れてくるんですよ。
川瀬 : BOROFESTAのボランティア・スタッフを、ずっとやってる人はいるんですか?
飯田 : 社会人で長く続けている人も多いけど、大学生はみんな卒業していきますね。みんな人生があるから。あとは現場を経験して、もっとステップアップしていく子もいるし。

——“ぐるぐる回る”もキュレーターやボランティア・スタッフから、次のリーダーになるような人を輩出したいという気持ちはあります?

川瀬 : いや、今のところはやれればいいというのが第一ですね。僕らにとっては去年がスタートだから、輩出とまではまだ思ってないです。もちろん去年参加した人が今年も参加してくれたら嬉しいですし、巻き込んでいきたいとは思っているので、そのためには「次にこうしたい」ってヴィジョンを語ることも大事かなと。“ぐるぐるTOIRO”や“ぐるぐる回らない”も、みんなのパッションがあるうちに、次のおもしろいことをやりたいなと思って。

——その“ぐるぐるTOIRO”や“ぐるぐる回らない”についてですが、そもそも廃校フェス時代のアイデンティティは「廃校でやること」にありましたよね。それが埼玉スタジアムに会場が変わって失われたとき、引き継がれたのは「キュレーター制度」だったと思うんです。でも今度の“ぐるぐるTOIRO”や、ライヴハウスで行う“ぐるぐる回らない”では、その制度もなくなっていて。そうなると、“ぐるぐる”の名前を冠してやるイベントのアイデンティティって、どういうところにあると思いますか?

川瀬 : “ぐるぐる回る”ほど、はっきりとしたキュレーター制度ではないけれど、自分一色のイベントにはなっていないと思います。たとえば“ぐるぐるTOIRO”では、プラレール演奏という企画をBlack Boxって集団にやってもらうんです。それはTOIROの一室でおもしろいいスペースがあったので、「このスペースでなにか企画をやりませんか」って声をかけて、あとは完全に彼らに任せているんです。個人の力では発想に限界があるので、責任は僕が取りますが、あとは任せるってやり方はしていきたいと思っています。


ぐるぐる回る2012 CM映像

新しく入って来れる、戻って来れる、そして今を楽しむ(飯田)

——では、“ぐるぐるTOIRO”のメインのブッキングに関しては、どのように決めていっているんでしょうか?

川瀬 : 今回は色々な人の意見を参考に、スタッフで話し合いながら決めていますね。ただ、これまでの“ぐるぐる回る”や廃校フェスに出てもらった人や、これから出てほしい人というのはある程度意識しています。あとはフェスをやる上で、一組の集客に頼るようなことはしたくないと思ってます。BOROFESTAはどうですか?
飯田 : もし3000人呼んでくれるアーティストが一組決まったら、あとの99%好きなことしますよ(笑)。もちろん組み合わせというのは意識しますけど、BOROFESTAがしたいことは、実は「継続」なので、絶対に赤字を出したらダメなんです。以前大阪の野音で開催したときに、2日間で200万の赤字を出して、そのときはもう続けられなかったんですよ。現実的に赤字を返していくってことの辛さもそうですけど、精神的に負けた感が大きくて。でも、負けたときに初めて気づいたこともありましたけどね。

飯田仁一郎

——なぜ「継続」が一番大事だと思うんでしょうか?

飯田 : 僕はいままで手伝ってくれた人を悲しませたくないから。俺の理論はそこなんですよ。関わってくれた人たちに、「BOROFESTAっていうものが昔あったんだよ」って言わせたくない。続けてきたものがなくなったときの、関わってきた人たちの喪失感ってハンパないじゃないですか。それが嫌だから続けたいんですよ。だから、沢山のバンドがプレゼンしに来てくれるけど、「俺たちはお前ら大好きだから出させてあげたいけど、申し訳ないけどリキッド・ルームをソールドアウトできるところまでいかないと出せないんだ。俺たちにとって、集客はとても大事なんだ。」ってことを、はっきり言います。もちろん、おもしろいことができなくなったらやめるとか、「続けない」ってことの格好良さもあるんですけど、俺らは続けたいんです。

——その「続けたい」って気持ちは、最初からあったわけではなく、続けていくうちに生まれてきたものなんですよね?

飯田 : 考え方が変わったのは、3年前に、「俺はもしかしたらBOROFESTAをデカくしたいんじゃないか」って思ったんですよ。BOROFESTAが軌道に乗ってきて、「もしかしたら京都で1万人、2万人規模のフェスをやれるんじゃないか?」って。それでめっちゃ悩んで、JOJO広重さんに占ってもらったんですよ。で、言われたのが、「飯田君のやろうとしてることは、1回目は失敗する。でも2回目に成功する。で、2回目に成功したとき、飯田くんの周りにいる人は全員変わってる」って。俺はそれを聞いたときに、ああ5千人でいいやと。1万人規模のイベントになったらリスクも大きくなるし、そのリスクを自分の仲間は背負えないだろうと思って。そんなことを俺はしたいわけじゃない、やっぱり自分の仲間と一緒にやりたいから、5千人規模でおもしろいことがやれればいい。デカくなっていくアーティストが途中で出るフェスであればいいと。だから僕らのフェスは、「新しく入って来れる、戻って来れる、そして今を楽しむ」ってところだけで成立してていいと思ってるんですよ。
川瀬 : それは12年続けてきたからこそできた哲学ですよね。“ぐるぐる回る”は、去年に関しては開催することが第一でしたけど、今年はちゃんと続けるための覚悟を決めたいと思っています。ただ、埼玉スタジアムってやっぱりサッカー場で、音楽をやる場所ではないから、毎年必ずやれるわけではないんです。じつは今年の“ぐるぐる回る”は、埼玉スタジアム側とギリギリまで交渉したんですが、さまざまな事情から、開催を断念せざるをえない状況になってしまったんです。場所を変えてやらないかって話もあったんですけど、やっぱり埼玉でやりたいから、今年はお休みして、“ぐるぐるTOIRO”や“ぐるぐる回らない”を頑張ろうと思っています。


BOROFESTA2012 CM映像

——「埼玉」っていうアイデンティティは、川瀬さんに代表が変わったことで加わった点ですよね。

川瀬 : そうですね。僕自身が大学時代を埼玉のバンドマンとして過ごして、西川口Heartsのブッキングをやっている伊藤(大輔)さんなんかとも一緒に作っていっています。逆に、そこに頼るしかなかったっていうのもあるんですよ。DIYのローカル・フェスだから、地域を巻き込んでやっていかないと、続かないかなって思ってて。
飯田 : これからのフェスは、それがなくちゃ。僕は、地元のお祭りがフェスに変わる時期が来た、と思ってるんですよ。つまり、祇園祭とかねぶたまつりとか、そういう既にあるものではなくて、これから若い子が新しく作るものはロック・イベントであればいいと思う。どんどん同じようなフェスが地方に起こればいい。そうすれば地方独自のものが出てくるから。それも東京のバンドばかりを呼ぶんじゃなくて、地元の人たちがもっと出て、メジャー・レーベル所属バンドもたまには出て、町の魚屋が出て、みたいな。もう東京でフェスをやっても仕方がなくて、ローカルの人たちが自分の街を盛り上げて、新しい産業を作るために、ロックなりフェスなりを利用すればいいと思う。だから“ぐるぐ回る”も、去年から埼玉に寄ったのはいいことですよ。

——逆に東京はフェスの乱立によって、通常のライヴハウスのイベントに足を運ばずとも満足できる状況にもなってきている気がするんですが。

飯田 : 地方ではフェスを媒介にしてライヴハウスに足を運ぶ状況はまだ起こってます。東京は、小さいフェスがどこの街よりもあるんだから、そのアイデアに負けないライヴハウスのノリを出す方がいいと思いますね。小さいフェスってやっぱりリスクがでかいから、みんなアイデアを出すんですよ。そうじゃないと勝てないから。そういう工夫が楽しいからアーティストもフェスに出るのであって、ライヴハウスも負けないようにアイデアで勝負したり、もっとバイタリティを発揮する人が出てくれば、変わってくるんじゃないですかね。
川瀬 : フェスを観に来てくれたお客さんが新しいバンドと出会って、そのあとライヴハウスでのイベントやワンマンに足を運んでもらうっていうのが、やっぱり理想なので。“ぐるぐる回らない”は、埼玉じゅうのライヴハウスを回るイベントにもしたいんです。次は熊谷でやろうと思っているんですが、川越でも所沢でもいいですし、秩父でもいい。そして東京でもやれたらと。埼玉でイベントをやりたい人には“ぐるぐる”の名前を使ってもらって、一緒におもしろいイベントを作っていきたいと思ってます。“ぐるぐる”をきっかけに、埼玉のライヴハウスが盛り上がってくれたらいいなと思って。埼玉のバンドマンにも、埼玉スタジアムでの“ぐるぐる回る”に出ることを目指してもらえるようにしたいですね。

——ありがとうございました!

ぐるぐるTOIRO2013 出演者の配信楽曲もチェック!

PROFILE

川瀬拓

ぐるぐる回る実行委員会代表。普段は自営業。

川瀬拓の過去のぐるぐる回る特集はこちら!
>>埼玉音楽の未来会議第2弾
>>川瀬拓(ぐるぐる回る)×辻友哉(ETERNAL ROCK CITY.)対談

飯田仁一郎

海外を飛び回るオルタナ・バンドLimited Express(has gone?)、配信サイトOTOTOYの編集長、オトトイの学校長、DIYフェスBOROFESTA主催、レーベルJUNK Lab Records主催、さらには大人気のリアル脱出ゲームをブレイクに導く。現在ニュー・アルバム制作中!!

>>BOROFESTA HP
>>Limited Express (has gone?) HP

o

 
 

インタヴュー

インディペンデント・J-ROCK・シーンの雄、DEATHROが両A面シングルをリリース&インタヴュー掲載!!
[INTERVIEW]・2017年08月18日・俺たちを眠らせない狂詩曲──DEATHRO、新たなJ-ROCKのアンセムとなる両A面シングルをリリース!! 現在、全国各地にて中毒者急増中!! 神奈川県央ナンバーワン・ロック・ヴォーカリスト、DEATHROが昨年末にリリースしたファースト・アルバム『PROLOGUE』より8ヶ月ぶりとなる作品をリリース!! 両A面となる今作はワイルドな中にも煌びやかさと淫靡さを感じさせる王道の8ビート・ナンバー「SLEEPLESS」とDEATHRO流”優しさロック”を体現した極上のポップ・ソング「RHAPSODY」の2曲を収録。バックの演奏は前作に引き続き、川又慎(Not it?Yeah)(Dr)、YUKARI(limited express(has gone?) / ニーハオ!!!!)(B)、小野寺陽多(Groaning Groove / Daiei Spray)(G)、FUCKER(Less Than TV)(G)の4人=”TEAM DEATHRO”による鉄壁の演奏がヴォーカルを支えている。OTOTOYでは、前作に引き続きインタヴューを掲載。さらに大きくなるであろうDEATHROウェーヴに乗り遅れるな!! 渾身の”DOU
2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界
[CLOSEUP]・2017年08月23日・鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界──2ndフル・アルバムの予約受付を開始! 昨年10月にリリースした2nd EP『文明開化』が「第9回CDショップ大賞2017 東海ブロック賞」を受賞、そして数多くのライヴをこなし、ライヴ・シーンにおいてもひときわ注目を集めているロック・バンド“鳴ル銅鑼(ナルドラ)”。そんな彼らの2nd フル・アルバム『汎神論』が2017年9月6日にリリースされる。注目を集めつつあるいま、バンドの真価を問われる作品とも言えるだろう。しかし彼らはそんなハードルをものともしない、キラーチューン満載のアルバムをつくりあげた。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信…… の前に予約受付を開始! さらにリード曲「DUNE」の期間限定フリー配信、2nd EP『文明開化』のハイレゾ配信がスタート! 9月にリリースされる新アルバムについて、ソングライターの三輪和也が語ってくれたインタヴューをお楽しみください。 9月6日リリースの最新作を予約受付開始! 鳴ル銅鑼 / 汎神論'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税
by 岡本 貴之
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事