Track TitleDurationPrice
improvisation inspired by Ornette Coleman -- 坂本龍一+大友良英 dsf: 1bit/2822400Hz 11:30 Album Purchase Only
adaptation 02 - yors -- 坂本龍一+大谷能生 dsf: 1bit/2822400Hz 17:28 Album Purchase Only
adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs -- 坂本龍一+ASA-CHANG dsf: 1bit/2822400Hz 15:46 Album Purchase Only
adaptation 04 - nkrs -- 坂本龍一+菊地成孔 dsf: 1bit/2822400Hz 07:59 Album Purchase Only
adaptation 05.1 - eyrs 〜 adaptation 05.2 ballet m_canique - eyrs -- 坂本龍一+やくしまるえつこ dsf: 1bit/2822400Hz 12:47 Album Purchase Only
曲番クリックで試聴できます Total: 65:30
アルバム購入特典
DSD音源(DSF) DSD_DISC(フォルダ) How_To_Enjoy_DSD.pdf booklet.pdf
作品情報

5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!

2011年元日にNHK-FMで放送された 『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』 のために収録された演奏。 大友良英との、 オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏 「improvisation inspired by Ornette Coleman」 、 坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす 「adaptation 02 - yors」 、 ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる 「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」 、 2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録 「adaptation 04 - nkrs」 、 やくしまるえつこの独特な声で 「Ballet Mécanique」 に新たな息吹を与えた 「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」 。 5人のアーティストとのセッションを、 当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。

ディスコグラフィー

  • ''5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。
  • ''5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。
  • ''独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本が柔らかなタッチでピアノをゆったりと奏でる中、やくしまるは飴を袋から開けてなめ、ティーカップでお茶を飲み、ペットボトルのふたを開ける。そして軽くほほ笑んだかと思うと、久しぶり会った知り合い……それもかつては深い仲にあったと思われる異性を相手に駆け引きめいた会話を始める。相手の声は聞こえず、やくしまるの声だけが聞こえる様子は、幽霊と会話をしているよう。軽い鼻歌が発せられたと思いきや、今度は英語の朗読が始まる。坂本のアルバム『未来派野郎』収録の「Ballet Mécanique」の歌詞だ。さまざまなアーティストによってカバーされているこの曲に、やくしまるはまた新たな息吹を加えて、この日のセッションを締めくくっていた。
  • ''2人の知性派ミュージシャンが相まみえた歴史的な記録''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。この番組のために呼ばれたミュージシャンの中では「自分が一番坂本さんの音楽を聴いている」と豪語する菊地は、坂本のアルバム『音楽図鑑』に収録されていた「A Tribute to N.J.P.」を書き起こした譜面を用意。しかし、坂本は逆にマイルス・デイヴィスの「ブルー・イン・グリーン」をモチーフとした演奏を提案。実際に試してみるもののうまくいかず、完全な即興演奏としてもう一度始めたのがこのトラックだ。ピアノとソプラノ・ サックスそれぞれが、本来得意とする音を出しつつも、もつれ合っていくような密度の濃い音響空間が展開していく様子は、ある意味今回のセッションの中では最も即興演奏という言葉が喚起するイメージ通りの作品だ。
  • ''エレクトロニック・ドラムで奏でられる「千のナイフ」''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。ASA-CHANGがセッションのモチーフとして希望したのは坂本の名曲「千のナイフ」。まずはガラガラやシンバル、さらにはタブラボンゴで強烈なリズムをたたきだすと、坂本もそれに応えるようにピアノのボディをたたき、まるでパーカッショニスト同士のセッションのような趣。リズムの交換が終わると、坂本がピアノで「千のナイフ」のイントロを弾き始める。その上にシンセ・ドラムULT SOUND DS-4の持続する上昇音が鳴らされると、急にYMOっぽく聴こえてくるから不思議だ。コードに続いて印象的なメロディがゆっくり奏でられ、そのすき間をさまざまなパーカッションが緩急自在に縫っていくさまはとてもスリリング。
  • ''坂本が立てる物音と大谷のラップが織りなすゴダール的な空間''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。まずは大谷が即興で書いてきたという詩をラップ。そのリズムに合わせながら坂本はステージ上を靴音を響かせて歩き回り、空間の空間の響きを楽しむように手を打つ。さらにはスタジオの隅に置かれていた小さな土のうのような重しを持ち上げて床にたたきつけ、“ドスン”というキックのような低く音圧のある音を出したり、紙をくしゃくしゃにまるめて音を立てたりと、なかなかピアノを弾く気配がない。ようやくピアノの位置についたと思いきや、今度は弦を手で押さえながらの内部奏法を開始。大谷がアルト・サックスを手にブレス中心の……それこそ吹きながらポエトリー・リーディングを続けるようなプレイを展開すると、坂本は今度はピアノ弦をスペアの弦でこすり始めた……。
  • ''オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本のピアノは日本ツアーで愛用しているYAMAHA製のMIDI対応グランド・ピアノ。大友のギターはGIBSON ES-125で、アンプはFENDERのBlues Deluxeを改造したもの。事前にメールのやり取りによって、オーネット・コールマンの「ロンリー・ウーマン」をモチーフにすることは決まっていたが、現場では打ち合わせもそこそこにいきなり本番へ突入。まずは互いの音を 探り合うような音の交換が始まり、しばらくしてから大友がテーマを奏でる。それに呼応しつつも余白を十分にとるように坂本がピアノでコードを添えていくが極端に音数の少ない、いわゆる即興演奏と聞いて思い浮かべるイメージとは随分異なる繊細なものである。
  • ''独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本が柔らかなタッチでピアノをゆったりと奏でる中、やくしまるは飴を袋から開けてなめ、ティーカップでお茶を飲み、ペットボトルのふたを開ける。そして軽くほほ笑んだかと思うと、久しぶり会った知り合い……それもかつては深い仲にあったと思われる異性を相手に駆け引きめいた会話を始める。相手の声は聞こえず、やくしまるの声だけが聞こえる様子は、幽霊と会話をしているよう。軽い鼻歌が発せられたと思いきや、今度は英語の朗読が始まる。坂本のアルバム『未来派野郎』収録の「Ballet Mécanique」の歌詞だ。さまざまなアーティストによってカバーされているこの曲に、やくしまるはまた新たな息吹を加えて、この日のセッションを締めくくっていた。
  • ''2人の知性派ミュージシャンが相まみえた歴史的な記録''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。この番組のために呼ばれたミュージシャンの中では「自分が一番坂本さんの音楽を聴いている」と豪語する菊地は、坂本のアルバム『音楽図鑑』に収録されていた「A Tribute to N.J.P.」を書き起こした譜面を用意。しかし、坂本は逆にマイルス・デイヴィスの「ブルー・イン・グリーン」をモチーフとした演奏を提案。実際に試してみるもののうまくいかず、完全な即興演奏としてもう一度始めたのがこのトラックだ。ピアノとソプラノ・ サックスそれぞれが、本来得意とする音を出しつつも、もつれ合っていくような密度の濃い音響空間が展開していく様子は、ある意味今回のセッションの中では最も即興演奏という言葉が喚起するイメージ通りの作品だ。
  • ''エレクトロニック・ドラムで奏でられる「千のナイフ」''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。ASA-CHANGがセッションのモチーフとして希望したのは坂本の名曲「千のナイフ」。まずはガラガラやシンバル、さらにはタブラボンゴで強烈なリズムをたたきだすと、坂本もそれに応えるようにピアノのボディをたたき、まるでパーカッショニスト同士のセッションのような趣。リズムの交換が終わると、坂本がピアノで「千のナイフ」のイントロを弾き始める。その上にシンセ・ドラムULT SOUND DS-4の持続する上昇音が鳴らされると、急にYMOっぽく聴こえてくるから不思議だ。コードに続いて印象的なメロディがゆっくり奏でられ、そのすき間をさまざまなパーカッションが緩急自在に縫っていくさまはとてもスリリング。
  • ''坂本が立てる物音と大谷のラップが織りなすゴダール的な空間''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。まずは大谷が即興で書いてきたという詩をラップ。そのリズムに合わせながら坂本はステージ上を靴音を響かせて歩き回り、空間の空間の響きを楽しむように手を打つ。さらにはスタジオの隅に置かれていた小さな土のうのような重しを持ち上げて床にたたきつけ、“ドスン”というキックのような低く音圧のある音を出したり、紙をくしゃくしゃにまるめて音を立てたりと、なかなかピアノを弾く気配がない。ようやくピアノの位置についたと思いきや、今度は弦を手で押さえながらの内部奏法を開始。大谷がアルト・サックスを手にブレス中心の……それこそ吹きながらポエトリー・リーディングを続けるようなプレイを展開すると、坂本は今度はピアノ弦をスペアの弦でこすり始めた……。
  • ''オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本のピアノは日本ツアーで愛用しているYAMAHA製のMIDI対応グランド・ピアノ。大友のギターはGIBSON ES-125で、アンプはFENDERのBlues Deluxeを改造したもの。事前にメールのやり取りによって、オーネット・コールマンの「ロンリー・ウーマン」をモチーフにすることは決まっていたが、現場では打ち合わせもそこそこにいきなり本番へ突入。まずは互いの音を 探り合うような音の交換が始まり、しばらくしてから大友がテーマを奏でる。それに呼応しつつも余白を十分にとるように坂本がピアノでコードを添えていくが極端に音数の少ない、いわゆる即興演奏と聞いて思い浮かべるイメージとは随分異なる繊細なものである。

ニュース

やくしまるえつこ、「村田製作所チア部」テーマ・ソング『チア・チア』OTOTOY先行配信開始

やくしまるえつこ、「村田製作所チア部」テーマ・ソング『チア・チア』OTOTOY先行配信開始

やくしまるえつこ作・歌唱によるテーマソングに合わせてロボットチアリーディングチームが踊るパフォーマンスが話題沸騰中の、村田製作所チアリーディング部のテーマ・ソング『チア・チア』が10月24日18時からOTOTOYで先行ハイレゾ配信スタートした。 村田製作

やくしまるえつこ、新CMで小梅ちゃんの恋を歌う

やくしまるえつこ、新CMで小梅ちゃんの恋を歌う

ロッテのキャンディー「小梅」の約10年振りとなる新CMがオンエア開始され、CMソングをやくしまるえつこが担当していることが発表された。 今年で40周年を迎えるロッテの昔ながらの人気商品「小梅」。袋入りの小さな甘酸っぱい梅キャンディーと一緒にとてつもなくデ

やくしまるえつこ新シングルジャケ&映像公開

やくしまるえつこ新シングルジャケ&映像公開

1月29日に発売となる、やくしまるえつこのNEWシングル『X次元へようこそ/絶対ムッシュ制』のジャケット写真が公開された。今作のジャケットは、やくしまるえつこ自ら手掛けたイラストによる全面特別鏡面仕様。表紙・帯・バックカードまで、全ての面が銀色に光って

大貫妙子トリビュート・アルバムでキャラメル・ママ&ユーミンが再会

大貫妙子トリビュート・アルバムでキャラメル・ママ&ユーミンが再会

12月18日にリリースされる『大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki-』のカバー収録楽曲が明らかになった。また、来年3月28日(金)に東京国際フォーラム ホールCにおいて〈大貫妙子40th ANNIVERSARY

やくしまるえつこ、森美術館〈LOVE展〉で新作インスタレーション《LOVE+1+1》を発表

やくしまるえつこ、森美術館〈LOVE展〉で新作インスタレーション《LOVE+1+1》を発表

やくしまるえつこが、2013年4月26日(金)から9月1日(日)まで六本木・森美術館にて開催中の森美術館10周年記念展〈LOVE展:アートにみる愛のかたち〉に参加、「やくしまるえつこ + 真鍋大度 + 石橋 素 + 菅野 薫」として、新作《LOVE+1

やくしまるえつこ『ロンリープラネット』のDSD 5.6MHz版が限定配信スタート!!

やくしまるえつこ『ロンリープラネット』のDSD 5.6MHz版が限定配信スタート!!

やくしまるえつこの楽曲『ロンリープラネット』の「DSD 5.6MHzリマスタリング Ver.」が、本日3月4日(月)よりOTOTOYにて限定配信中だ。 『ロンリープラネット』は、ギターを永井聖一と小山田圭吾、ドラム&プログラミングをJimanica、プ

ニュースをもっと見る 折りたたむ
コトリンゴの実家がインコを飼い始める。――しょうもにゅーす

コトリンゴの実家がインコを飼い始める。――しょうもにゅーす

坂本龍一に見出されcommmonsよりデビューした後、SSWとしてのみならず、楽曲提供や映画・CM音楽への参加など、プレイヤーやプロデューサーとしても幅広く活躍する、コトリンゴ。彼女の母が、実家でインコを飼いはじめた模様。 Twitterによると、その

坂本美雨、黒酢を一気飲みしてむせる。――しょうもにゅーす

坂本美雨、黒酢を一気飲みしてむせる。――しょうもにゅーす

坂本龍一を父に矢野顕子を母に持ち、1998年のデビュー以来、ソロやユニットでの活動やCMソングなどでその透明感の溢れる歌声を響かせる一方、コラムや映画評の執筆、翻訳、ラジオDJなど多方面に活躍する、坂本美雨。 彼女が、黒酢を一気飲みしてむせたことが明ら

折りたたむ

    特集記事

    坂本龍一、『out of noise』など、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!

    坂本龍一、『out of noise』など、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!

    坂本龍一、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!教授こと坂本龍一がcommmonsからリリースした7作品を一挙ハイレゾ配信スタート!! commmonsを立ち上げて初のソロ作『out of noise』(2009)から、神奈川県立音…

    坂本龍一の『戦メリ』、『Coda』をDSDで配信開始!

    坂本龍一の『戦メリ』、『Coda』をDSDで配信開始!

    オノセイゲンのDSDマスタリングで甦る、坂本龍一『戦場のメリークリスマス』と『Coda』1984年に発足したレコード会社「ミディ」。その長い歴史のなかで、坂本龍一、矢野顕子、EPO、ローザ・ルクセンブルグ、遠藤賢司、さらにはサニーデイ・サービスやゆらゆら帝…

    OTOTOY LIVE REC ARCHIVES

    OTOTOY LIVE REC ARCHIVES

    一度きりの名演を高音質で!ライヴ・ハウス等で毎日行われている熱演を出来るだけ早く、良い音で、そして生々しく録音し配信する事を目的として始めたOTOTOYのLIVE RECシリーズ。アーティストだけでなく、Sound & Recording Magazine…

    坂本龍一と5人のミュージシャンによる一夜限りのセッションをDSDで

    坂本龍一と5人のミュージシャンによる一夜限りのセッションをDSDで

    これは、対決でもセッションでもない。音波の交信である。『サウンド&レコーディング・マガジン』が主宰するレーベルが、2011年元日にNHK-FM『坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル』にてオンエアされ、大反響を呼んだ坂本龍一と5人のゲスト・アーティストのセッシ…