Tags

聖剣伝説 25th Anniversary Orchestra Concert CD
High Resolution

聖剣伝説 25th Anniversary Orchestra Concert CD

Anime/Game/Voice Actor

東京交響楽団

2017年3月24日に開催されて好評を博した、『聖剣伝説』シリーズの25周年を記念した同シリーズ初のフルオーケストラコンサート“Music 4Gamer #1『聖剣伝説』25th Anniversary Concert supported by SQUARE ENIX”の音源をCD化!演奏は日本を代表するオーケストラの一つである東京交響楽団、指揮はオペラや管弦楽を中心に活動している柴田真郁が担当。ゲーム音楽史にその名を刻む伊藤賢治、菊田裕樹、下村陽子による、『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』『聖剣伝説4』『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』の全5タイトルを代表する名曲たちをフルオーケストラアレンジで楽しめる。臨場感あふれる会場の音源で、あの感動の一夜の記憶がよみがえる。

adaptation 05.1 - eyrs 〜 adaptation 05.2 ballet m_canique - eyrs (dsd/2.8MHz+mp3)
High Resolution
Exclusive

adaptation 05.1 - eyrs 〜 adaptation 05.2 ballet m_canique - eyrs (dsd/2.8MHz+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一+やくしまるえつこ

''独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本が柔らかなタッチでピアノをゆったりと奏でる中、やくしまるは飴を袋から開けてなめ、ティーカップでお茶を飲み、ペットボトルのふたを開ける。そして軽くほほ笑んだかと思うと、久しぶり会った知り合い……それもかつては深い仲にあったと思われる異性を相手に駆け引きめいた会話を始める。相手の声は聞こえず、やくしまるの声だけが聞こえる様子は、幽霊と会話をしているよう。軽い鼻歌が発せられたと思いきや、今度は英語の朗読が始まる。坂本のアルバム『未来派野郎』収録の「Ballet Mécanique」の歌詞だ。さまざまなアーティストによってカバーされているこの曲に、やくしまるはまた新たな息吹を加えて、この日のセッションを締めくくっていた。

Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-(2.8MHz dsd/1bit)
High Resolution

Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-(2.8MHz dsd/1bit)

Anime/Game/Voice Actor

AQUAPLUS

F.I.X.RECORDSがおくる高音質CDプロジェクト“Project Pure”シリーズの第三弾。プロデューサー下川直哉の楽曲をインストゥルメンタルのアコースティックアレンジで収録。ジャケットはPure、Pure2に引き続きカワタヒサシ描き下ろし。 収録曲にはPS3®、PS Vita「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」BGM『closing』(作品中表記『clôture』)、TVアニメ「WHITE ALBUM2」BGM『心はいつもあなたのそばに』、『さよならのこと』、PS4®、PS3®、PS Vita、TVアニメ「うたわれるもの 偽りの仮面」で使用された『キミガタメ』(作品中表記『キミガタメ・劇伴』)など全12曲を収録。

坂本龍一 NHK session (2.8MHz dsd + mp3)
High Resolution
Exclusive

坂本龍一 NHK session (2.8MHz dsd + mp3)

Classical/Soundtrack

V.A.

''5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。

Bonus!
I See You While Playing The Piano (11.2MHz dsd + mp3)
High Resolution

I See You While Playing The Piano (11.2MHz dsd + mp3)

Jazz/World

丈青

SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのピアニストとして活動する丈青が、初のソロ作をDSD 11.2MHzでリリース。南青山にあるスパイラル・ホールを舞台に、コンサート・グランドの名品「FAZIOLI」を使って録音された本作は、スタンダード、オリジナル、そして完全即興まで、アーティストのスキルと感性が遺憾なく発揮された音源となった。丈青にとって初のソロ作、初のホール録音ということも含め、きわめてチャレンジングな1作と言える。DSD版はOTOTOY限定、CDに未収録の楽曲を3曲収録。

Clair de lune (Debussy)
High Resolution

Clair de lune (Debussy)

Jazz/World

Alexandre Tharaud

2018年3月25日、没後100年を迎えたクロード・ドビュッシー。彼が遺した、現在ストリーミングで最も再生されているクラシック曲である「月の光」を、ストリーミング月間リスナー130万人以上を誇るフランスのピアニスト、アレクサンドル・タローが満を持して新規録音!

ブラバンAKB48!Vol.2(24bit/88.2kHz)
High Resolution

ブラバンAKB48!Vol.2(24bit/88.2kHz)

小林恵子指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ

AKB48初の公認ブラバンCD『ブラバンAKB48!』の続編が登場!初期の人気作から2016年シングルまで幅広く選曲。また、定演、卒業式でも盛り上がる、新規メドレーも収録。

うたかた(DSD5.6MHz+mp3)
High Resolution

うたかた(DSD5.6MHz+mp3)

Jazz/World

Beagle Kick

M3 2014秋に合わせて発表した「うたかた」のDSD版がついに登場! 弦楽四重奏による儚さと優しさを内包したバラードである。大先生室屋ストリングスによる圧巻の演奏は、アナログライクなDSDでこそ音の質感や空気感をよりリアルに感じられるだろう。 ^ ^ なお、WAV版は音質に定評のあるAudioGate3で変換を行っている。PCMならではの音の特徴を生かし独自のフィニッシュを施しているため、DSD版と聞き比べて楽しんでほしい。DSDに添付されているMP3版は44.1kHz/16bit版から高品質変換した。 ^ ^ All composed,arranged,recorded and mixed by 和田貴史^ Produced by 橋爪徹 ^ ^ 《参加ミュージシャン》^ 1st Violin 室屋 光一郎^ 2nd Violin 伝田正秀^ Viola 榎戸 崇浩^ Cello 奥泉貴圭 ^ ^ 配信フォーマット : DSD(5.6MHz,2.8MHz)+mp3/WAV/FLAC/ALAC(96kHz/24bit)

improvisation inspired by Ornette Coleman (2.8MHz dsd + mp3)
High Resolution

improvisation inspired by Ornette Coleman (2.8MHz dsd + mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一+大友良英

''オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。坂本のピアノは日本ツアーで愛用しているYAMAHA製のMIDI対応グランド・ピアノ。大友のギターはGIBSON ES-125で、アンプはFENDERのBlues Deluxeを改造したもの。事前にメールのやり取りによって、オーネット・コールマンの「ロンリー・ウーマン」をモチーフにすることは決まっていたが、現場では打ち合わせもそこそこにいきなり本番へ突入。まずは互いの音を 探り合うような音の交換が始まり、しばらくしてから大友がテーマを奏でる。それに呼応しつつも余白を十分にとるように坂本がピアノでコードを添えていくが極端に音数の少ない、いわゆる即興演奏と聞いて思い浮かべるイメージとは随分異なる繊細なものである。

ラフマニノフ:交響曲 第 2番、ユース・シンフォニー
Lossless

ラフマニノフ:交響曲 第 2番、ユース・シンフォニー

Classical/Soundtrack

エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

静かなる情熱と深きロマンティシズムを秘め、「これぞ、ラフマニノフ」の賞賛高まるオランダの名コンビ、デ・ワールト&オランダ放送フィルによる交響曲・管弦楽曲ツィクルスもいよいよ完結編です。ラフマニノフ至上の名曲「交響曲第2番」と若き日の逸品「ユース・シンフォニー」において、巨匠デ・ワールトの作曲家への確かな理解と真撃な愛情は、オランダ放送フィルの芳醇なサウンドと見事に溶け合い、ここに不朽の名演として結実します。

ラフマニノフ:交響曲 第 3番、死の島、スケルツォ
Lossless

ラフマニノフ:交響曲 第 3番、死の島、スケルツォ

Classical/Soundtrack

エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

同コンビによるラフマニノフ・ツィクルス待望の第3弾は、後期秀作「交響曲第3番」、30代の「死の鳥」そしてモスクワ音楽院時代の「スケルツォ」です。厳格なまでに緻密かつ真撃な巨匠デ・ワールトの読譜とそのタクトは、名手ぞろいのオランダ放送フィルの力を存分に引き出し、重厚な響きの中に深い叙情と洗練された色彩を放つラフマニノフとなりました。作曲家の若き才気と円熟を示す3つの作品と対峙し、今、最も注目を集めるオランダの実力派名コンビ、その力量がここに証明されています

EAT A CLASSIC 6
Lossless

EAT A CLASSIC 6

Jazz/World

→Pia-no-jaC←

2009年の「EAT A CLASSIC」の発売以来、毎回誰もが知っているクラシックの有名楽曲を斬新なアレンジで食いまくり!→Pia-no-jaC←がデビュー10周年にリリースする代名詞“EAT A CLASSIC”シリーズの第6弾。今まで以上に独創的なアレンジで料理されクラシックの名曲たちが新たな形で蘇る。ダンサブルなラテン、AORやハードロックテイスト溢れる楽曲にと多種多様に聴かせるアルバムとなっている。

EAT A CLASSIC 5
Lossless

EAT A CLASSIC 5

Jazz/World

→Pia-no-jaC←

2009年の「EAT A CLASSIC」の発売以来、毎回誰もが知っているクラシックの有名楽曲を斬新なアレンジで食いまくり! クラシックをやっているのにクラシックじゃない→Pia-no-jaC←の大人気シリーズ第5弾。ベートーベンさん、バッハさん、モーツアルトさん・・・クラシックの巨匠の皆様、ごめんなさい。今回もますます斜め上を行く世界感にご期待ください!

In Tokyo
Lossless

In Tokyo

Jazz/World

Antonio Loureiro

NRTの新シリーズ<quiet border>第6弾。ブラジル最注目のシンガーソングライター/マルチ奏者、アントニオ・ロウレイロの3rdアルバムは、2013年8月の来日公演を収録したライブ・アルバム。メンバーに芳垣安洋(ドラムス)、鈴木正人(ベース)、佐藤芳明(アコーディオン)を迎えたバンド編成での録音。日本を代表するミュージシャンたちとの奇跡のセッションがついに陽の目をみる。新曲2曲、そしてミナス・クラシックスのカヴァーも収録。

awakening(24bit/48kHz)
High Resolution

awakening(24bit/48kHz)

Throwing a Spoon

くるりやポラリスなど様々なアーティストのサポートに携わるチェリスト、徳澤青弦と放浪の音楽家、トウヤマタケオが結成したチェロとピアノのデュオ、Throwing a Spoonのアルバム。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築。

Hello, Wendy! (5.6MHz dsd + mp3)
High Resolution

Hello, Wendy! (5.6MHz dsd + mp3)

Dance/Electronica

大野由美子+AZUMA HITOMI+Neat's+Maika Leboutet

サウンド & レコーディング・マガジン主催「Premium Studio Live Vol.7」の模様を収録。大野由美子(Buffalo Daughter)、AZUMA HITOMI、Neat’s、Maika Leboutetの4人がシンセサイザー・カルテットを結成し、名曲のカヴァーやメンバーそれぞれのオリジナルなど全10曲を1発録り。レコーダーにはTASCAM DA-3000を6台使用し、ライヴ会場とは別室に設置された4台のスピーカーの音を、DSD(デジタル音源における最高音質とも言われるフォーマット)で記録した。世界で初めてコンピュータが歌った曲として知られる「Daisy Bell」、ウェンディ・カルロスによるモーグ・シンセサイザーでの演奏が有名な「ブランデンブルク協奏曲第3番」(バッハ)、言わずとしれたクラフトワークの名曲「Computer Love」など、電子音楽の歴史をなぞるような選曲にも注目だ。

Bonus!
qualia(24bit/48kHz)
High Resolution

qualia(24bit/48kHz)

Jazz/World

PRIMITIVE ART ORCHESTRA

''JAZZ JAPAN AWARD 2014 アルバム・オブ・ザ・イヤーニュースター部門を受賞した処女作 「HELIX」を美しい風景を描いた水彩画に喩えるならば、今作「qualia」は様々な色が塗り重ねられた油絵のよう。詩人/怒れるジャズパンクアーティスト山崎円城が参加した1.at dusk / 7.Depth ''Tree is me and you''のエッセンス、美しいイントロのメロディから情熱的なトリオ演奏へと展開していく本作のリード曲2.Heart of Cosmos。疾走感あるビートにミニマルなフレーズを乗せた3.Night Hazeやエフェクティヴなディスコサウンドを取り入れた5.Synapseを経て、9.ミクリガイケでは熱量あるエレキベースを、11.Winter Song / 12.at dawnではアコースティックギターやvocalも演奏する森田晃平の多彩なアイデアが詰まったクライマックスのうちに物語はエンディングを迎える。ピアノ・トリオのシンプルな編成でありながらも、複雑に練り上げられた楽曲群は壮大な世界を創造する-オーケストラの名に恥じない2作目にして最高傑作の誕生!''

ANIME CLASSIC

ANIME CLASSIC

Classical/Soundtrack

石川 綾子

世界各地でソロリサイタル・交響楽団との共演、 また各国のテレビ・ラジオ出演と、国際的に活躍する実力派ヴァイオリニストであり、 世界各国のコンクールにて受賞歴を持っている石川 綾子。 その研ぎ澄まされた感性と超絶技巧から海外では『デビルズアヤコ』 の愛称で呼ばれる世界的な知名度を誇り、国内でもきゃりーぱみゅぱみゅ、May J.とのコラボで話題となっている。 そんな石川綾子がクラシックの枠を飛び越え、広くネット上で有名人となったキッカケは動画サイトでのアニメソング、ボカロ、J-POPの演奏動画であり、 今作はその中からアニメソングにスポットを当てカバーアルバムを初メジャーリリース!

Marginalia
High Resolution

Marginalia

Classical/Soundtrack

高木正勝

2018年公開された『未来のミライ』をはじめ、『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』など細田守監督作品の音楽をてがける高木正勝。兵庫山中のプライベートスタジオで、自然の音と、ピアノによるインプロビゼーションのみで録音されたオリジナル作品がmilanレーベルよりリリース。

Mai favorite(11.2MHz/1bit+MP3)
High Resolution

Mai favorite(11.2MHz/1bit+MP3)

鈴木舞(ヴァイオリン)、實川風(ピアノ), 鈴木舞(ヴァイオリン)、山田和樹(ピアノ)

2016年スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクールで第2位を獲得し話題となった鈴木舞のデビュー・アルバム。共演は、芸大高校時代から朋友で実力派ピアニストの實川風、さらに指揮者の山田和樹も登場し、委嘱新作を収録。ヴァイオリニスト、鈴木舞の様々な魅力を盛り込んだ一枚。

メンデルスゾーン:劇付随音楽真夏の夜の夢全曲
Lossless

メンデルスゾーン:劇付随音楽真夏の夜の夢全曲

幸田浩子/林美智子/檀ふみ/沼尻竜典/日本センチュリー交響楽団/ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団

2013年よりリューベック歌劇場音楽総監督となり世界からもさらに注目を浴びる沼尻竜典の最新録音でメンデルスゾーンの才気輝く傑作「真夏の夜の夢」です。前作交響曲第3番&第4番で高い評価を受けるこのコンビの充実ぶりは当アルバムでも発揮され、美しく繊細でありながら懐の深いサウンドが展開されています。絶妙なアンサンブルのオーケストラのクオリティの高い技術には目を見張るものがあります。また、幸田浩子と林美智子といった豪華ソリストも注目ですし朗読は檀ふみがこの美しい音楽劇へ誘ってゆきます。最高のキャストによるメンデルスゾーンの世界をお楽しみ下さい。

四季彩-shikisai-
High Resolution

四季彩-shikisai-

Rock

和楽器バンド

オリコン週間ランキング初登場1位を獲得し、第57回『輝く!日本レコード大賞 企画賞』を受賞したセカンド・アルバムから約1年振りとなるアルバム!今作は、話題の楽曲「オキノタユウ」を始め、テレビ東京系リオ五輪中継テーマソングとなった「起死回生」、テレビ東京系リオ五輪中継応援ソング「ミ・ラ・イ」、「Strong Fate」(映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』イメージソング)、「Valkyrie -戦乙女-」(テレビアニメ『双星の陰陽師』オープニング・テーマ)の他、メンバーオリジナル書き下し楽曲などを収録!

Celtic Letters(DSD 5.6MHz/1bit)
High Resolution

Celtic Letters(DSD 5.6MHz/1bit)

Classical/Soundtrack

Lapis Lazuli

イギリスにルーツを持つクラシカルボイスの歌姫、Lapis Lazuliが歌うケルティック・ミュージック集。ハイレゾ配信のみで販売されたミニ・アルバム『CELTIC』はノンプロモーションにも関わらず大手ハイレゾ配信サイトにて総合週間ランキング第2位にランクイン。本CDは『CELTIC』に収録された5曲に、新録音を加えた待望のアルバム。

シオン×スパーク!
Lossless

シオン×スパーク!

Classical/Soundtrack

フィリップ・スパーク & オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ、2015年6月に開催された第111回定期演奏会のライブ録音の登場です!アルフレッド・リード、ヤン・ヴァンデルロースト、ヨハン・デメイといった、吹奏楽の世界において非常に重要な作曲家を招いての数々の定期演奏会を行ってきたシオンですが、ついにフィリップ・スパークの指揮による自作・編曲の定期演奏会が実現しました。超満員の観衆の中、繰り広げられた両者の熱演が蘇ります。スパーク自作自演の決定盤の登場です。

SSSS.GRIDMAN ORIGINAL SOUNDTRACK
High Resolution

SSSS.GRIDMAN ORIGINAL SOUNDTRACK

Anime/Game/Voice Actor

鷺巣詩郎

1993年から放送されたTVシリーズ 『電光超人グリッドマン』 。 まだパソコンが一般家庭に普及する前に制作された作品にも関わらず、 現代における“インターネット”“コンピューターウイルス”といった概念を先取りした内容で人気を集めた。 そして2018年秋 『SSS2S.GRIDMAN』 が放送決定!本作は、 『新世紀エヴァンゲリオン』 シリーズ、 『シン・ゴジラ』 等の劇伴を担当する鷺巣詩郎によるTVアニメ 『SSSS.GRIDMAN』 を彩る珠玉の劇伴音楽集。

トッカータとフーガ〜バッハオルガン作品集Ⅱ
High Resolution

トッカータとフーガ〜バッハオルガン作品集Ⅱ

塚谷水無子

『レコード芸術』誌で特撰盤を獲得、第8回CDショップ大賞2016クラシック後期推薦盤に選ばれるなど、各方面で評判を集めた塚谷水無子『バッハオルガン作品集』の第2弾。今回は、かつてオルガンの巨匠ヘルムート・ヴァルヒャが全集録音時に使用した、聖ローレンス教会(オランダ、アルクマール)にあるフランツ・シュニットガー・オルガンに挑む。

GESTO
Lossless

GESTO

Jazz/World

V.A.

「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ」と称される現代ブラジルの尖鋭的なアーティストが集う音楽サークルにおいて、中心的な役割を担う3人、才色兼備のクラリネット奏者ジョアナ・ケイロス、そのサークルのなかで最も傑出した作・編曲家/ピアニストとして賞賛されるハファエル・マルチニ、クラシック/ジャズを素地とした卓越した演奏でシーンの屋台骨となるギタリスト、ベルナルド・ハモスからなるスーパートリオの1stアルバム『GESTO』 。自国の音楽を重要なエレメントとして据えながら、ジャズやクラシック、ブルックリン周辺で繰り広げられるインディー・ロックなどからの影響がハイブリッドされた楽曲が、クラリネット、フェンダーローズ、エレクトリック・ギターを軸とした編成で、音との戯れとでもいえるしなやかな身ぶり(ジェスト)により奏でられ、あらたなチェンバー・ポップ・サウンドの結晶が生成されるとともに、その内部に表現を超えた、古代性をはらんだ寓話(パラーベル)の世界が呼び起こされる。

The Gardens -Chamber music for Clematis no Oka-
Lossless

The Gardens -Chamber music for Clematis no Oka-

Classical/Soundtrack

阿部海太郎

三島にある文化複合施設「クレマチスの丘」のために作曲した曲を収録したアルバム。「クレマチスの丘」の美しい庭園に訪れる季節を表現した四楽章からなる組曲、「カフェ&ショップTREEHOUSE」から眺める大きな木に捧げる木管楽器によるファンファーレ、画家ベルナール・ビュフェの生き様から得た印象から作曲した五楽章形式のソナタで構成された1枚は、真摯な音楽的挑戦をしてきた阿部ならではの感性で、古典・ロマン派的な境地を開拓した室内楽集。

Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-(24bit/96kHz)
High Resolution

Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-(24bit/96kHz)

Anime/Game/Voice Actor

AQUAPLUS

F.I.X.RECORDSがおくる高音質CDプロジェクト“Project Pure”シリーズの第三弾。プロデューサー下川直哉の楽曲をインストゥルメンタルのアコースティックアレンジで収録。ジャケットはPure、Pure2に引き続きカワタヒサシ描き下ろし。 収録曲にはPS3®、PS Vita「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」BGM『closing』(作品中表記『clôture』)、TVアニメ「WHITE ALBUM2」BGM『心はいつもあなたのそばに』、『さよならのこと』、PS4®、PS3®、PS Vita、TVアニメ「うたわれるもの 偽りの仮面」で使用された『キミガタメ』(作品中表記『キミガタメ・劇伴』)など全12曲を収録。

ラフマニノフ: 交響曲第 1番
Lossless

ラフマニノフ: 交響曲第 1番

Classical/Soundtrack

エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

ラフマニノフが生前、初演以来演奏されることを拒んだこの「問題作」は、ラフマニノフの深い叙情性、豊かな旋律が随所に現れるラフマニノフらしい作品の一つとして評価されています。円熟期を迎えるデ・ワールトが10年来の信頼厚いパートナーであるオランダ放送フィルとのコンビネーションでお贈りする感銘深い熱演です。このコンビによる満を持しての「ラフマニノフ・ツィクルス」が、青年ラフマニノフの力作、交響曲第1番から始まります。

ラフマニノフ 交響的舞曲 ほか
Lossless

ラフマニノフ 交響的舞曲 ほか

Classical/Soundtrack

エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

オランダの名指揮者エド・デ・ワールトとその手兵オランダ放送フィルによる、会心のエクストン「ラフマニノフ・ツィクルス」。大好評を博す第1弾に続き、デ・ワールトの緻密なタクトから重量級で剛質でありながら色彩感豊かな交響的舞曲が誕生しました。他2曲もオランダ放送フィルの名手たちが華々しく息吹を注いだ傑作になっています。今後の動向に注目必至のコンビによる名演です。

ヴィルトゥオーゾ・コンチェルト(24bit/88.2kHz)
High Resolution

ヴィルトゥオーゾ・コンチェルト(24bit/88.2kHz)

Classical/Soundtrack

須川展也

日本を代表する世界的アーティストの名盤がごっそり集結! まさに究極!

音楽のある風景(24bit/48kHz)
High Resolution

音楽のある風景(24bit/48kHz)

haruka nakamura

"暗闇の先にある、なにか。陽は沈み、それを追い求めた。光への軌跡を記録した106分。いま、音楽は確かに此処に或る。"haruka nakamuraが過去4年間に渡り追求し発展させてきたPIANO ENSEMBLE編成のニューアルバムが遂に完成。2010年にシンガポールのKITCHEN. LABELからリリースされ、大きな賞賛を浴びたharuka nakamuraの2ndアルバム『twilight』。そのアルバムに参加したARAKI Shin(サックス、フルート)、内田輝 (サックス)、根本理恵(ヴァイオリン)、齋藤功(ドラム)らで編成されたは、過去4年に渡り『twilight』の楽曲や新曲を即興演奏を中心に昇華させながら各地で公演を続けた。ほぼ楽譜の無い、その瞬間に輝き消えていく音たち。ARAKI Shinの素晴らしい管弦アレンジなども加わり、やがてこのPIANO ENSEMBLEはharuka nakamuraの最も主軸な演奏形態となっていった。そして2014年、その軌跡を集約した公開録音が東京のコンサートホールsonoriumで全3回に渡り行われ、haruka nakamuraの通算4枚目となるアルバム『音楽のある風景』が誕生した。賛美歌や宗教音楽への指向とチェンバー・ミュージックをリンクさせたharuka nakamuraの音楽性を完璧に捉えるためには、チャペルや礼拝を彷彿させるその会場での公開録音は絶好のロケーションだったと言えるだろう。haruka nakamuraのピアノが率いるぴたりと息のあったアンサンブルと空間自体の輝くようなソノリティーが融合したパフォーマンスは、クラシックの厳格さにコンテンポラリーな即興演奏をミックスしながら、細部まで美しくエレガントに、心揺さぶるエモーショナルな共鳴を生み出している。

うたかた(24bit/96kHz)
High Resolution

うたかた(24bit/96kHz)

Jazz/World

Beagle Kick

M3 2014秋に合わせて発表した「うたかた」のDSD版がついに登場! 弦楽四重奏による儚さと優しさを内包したバラードである。大先生室屋ストリングスによる圧巻の演奏は、アナログライクなDSDでこそ音の質感や空気感をよりリアルに感じられるだろう。 ^ ^ なお、WAV版は音質に定評のあるAudioGate3で変換を行っている。PCMならではの音の特徴を生かし独自のフィニッシュを施しているため、DSD版と聞き比べて楽しんでほしい。DSDに添付されているMP3版は44.1kHz/16bit版から高品質変換した。 ^ ^ All composed,arranged,recorded and mixed by 和田貴史^ Produced by 橋爪徹 ^ ^ 《参加ミュージシャン》^ 1st Violin 室屋 光一郎^ 2nd Violin 伝田正秀^ Viola 榎戸 崇浩^ Cello 奥泉貴圭 ^ ^ 配信フォーマット : DSD(5.6MHz,2.8MHz)+mp3/WAV/FLAC/ALAC(96kHz/24bit)

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」主題歌 宇宙戦艦ヤマト2199/Great Harmony ~for yamato2199【24bit/96kHz】
High Resolution

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」主題歌 宇宙戦艦ヤマト2199/Great Harmony ~for yamato2199【24bit/96kHz】

Classical/Soundtrack

VIOLIN & CO PRODUCE:葉加瀬太郎, 宮川彬良feat.平原綾香

12/6公開 完全新作劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」の主題歌 ^ ^ オープニングテーマ「宇宙戦艦ヤマト2199」 ^ VIOLIN & CO PRODUCE:葉加瀬太郎 ^ エンディングテーマ「Great Harmony ~for yamato2199」 ^ 宮川彬良feat.平原綾香

プラネット・アース
Lossless

プラネット・アース

ヨハン・デ=メイ/大阪市音楽団

吹奏楽界を席巻する驚異のアルバムが登場です。これまでの吹奏楽史の流れの中でも重要な位置を占めるであろうシンフォニー「プラネット・アース」。ホール中をめぐる彗星が興奮をあおります。美しい女声合唱を含む大規模な編成のこの作品。あまりに壮大なこの作品のエネルギーは、人類、大地をも包みこむ大讃歌です。2006年3月にオランダにてオーケストラ版が初演され、当ライブが吹奏楽版の日本初演となります。オランダでの世界初演ではオランダの各メディアは一致して賞賛をデメイへおくりました。デメイにとってもひとつの大きな勲章ともなるであろうシンフォニーです。 聴き所は各楽章の始めにおいて彗星がめぐってゆきます。(5chサラウンドでは最高の効果を発揮します。オーディオファイルとしても有用です。)3楽章の最後ではこれでもかと続く生命への讃歌。(金管楽器がひたすら咆哮!)「すべての母、地球よ、あなたを讃える!」というホメロスの言葉で締めくくられます。ぜひこのエキサイティングなサウンドをお楽しみ下さい。また、「エクストリーム・メイク・オーヴァー」ではチャイコフスキーの交響曲第4番、第6番、「ロメオとジュリエット」などクラシックのファンなら誰もが知っている断片が散りばめられています。 今回はこのシリーズ初となるハイブリッド盤として発売となります。これぞ吹奏楽界のカリスマ、ヨハン・デ=メイの世界です。

12 & 1 SONG (reissue)

12 & 1 SONG (reissue)

janis crunch, Janis Crunch & haruka nakamura

本作は、haruka nakamuraとJanis Crunchが「冬の世界」をテーマに、2007年〜2011年の毎年冬の季節のみに制作した曲を集めたアルバム。始まりは2007年の冬の夜、2人でharuka nakamuraのソロアルバム「Grace」の為にレコーディングをしていた際のセッションから生まれた聖夜のための楽曲「12 & 1 song」がきっかけでした。このセッションからは他にも冬の世界への楽曲が数曲生まれ、特にアルバムの表題曲となった「12 & 1 song」は、毎年聖夜のみmyspaceで公開され、haruka nakamuraとJanis Crunchのリスナーの間ではすでに人気の曲となっていました。その後、それぞれが個人の作品制作をしている時でも、彼らのクリエイティブな絆は強く、このコラボレーションは年の終わりの季節に少しづつゆっくりと行われてきました。遠い記憶の丘に沈む夕暮れや、夢の世界の子供達、あかりが灯る家族風景、またはアンティークの絵本を眺めているような情景を連想させる、美しい楽曲集。Janis Crunchのエモーショナルで暖かな歌声と美しいピアノの旋律、そしてharuka nakamuraの穏やかなクラシック・ギターやサウンドスケープが穏やかに溶け合った、暖炉の炎のように暖かなサウンドは、冬、そして聖夜のひとときを穏やかに彩ります。ゲストミュージシャンにARAKI Shinがフルートで参加。マスタリングはHelios/Goldmund名義で活躍するKeith Kenniffが担当。本リイシュー盤はアートポスター付特殊パッケージだったオリジナル盤と異なる、CD のみの新たな特殊パッケージ。

音の架け橋 〜 A Bridge to Sounds 〜
Lossless

音の架け橋 〜 A Bridge to Sounds 〜

芝田愛子 & 森理菜

ウィーンで留学・活動中に二人は出会い、意気投合した。帰国後は関東、関西と二人の拠点は異なるものの、共に活動を続けている。非常に高度な技術、音楽性が必要とされるリヒャルト・シュトラウスの「ヴァイオリンソナタ」と、フランスの室内楽作品の中でも名曲と称され、ジャズへの傾斜も見られるラヴェルの「ヴァイオリンとピアノの為のソナタ」を収録。更に、両奏者の魅力が最大限に発揮されたソロ曲も入った、盛りだくさんな内容となっている。ヴァイオリンの優雅で豊潤な響きと、ピアノの力強く色彩豊かな演奏が見事に共鳴する、デビューアルバムとは思えない完成度の高い仕上がりである。

ラ・カンパネラ〜ヴィルトゥオーゾ・リスト!(24bit/96kHz)
High Resolution

ラ・カンパネラ〜ヴィルトゥオーゾ・リスト!(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

辻井伸行

世界中のコンサートホールで満員の聴衆を熱狂に導く、辻井伸行のリスト! その類まれた超絶テクニックと美しい響きが共存した演奏は、ヨーローッパの聴衆や音楽プロデューサーからも「世界最高のリスト弾き! 」と呼ばれるほどの完成度を誇ります。 超絶技巧と美しいメロディに彩られた圧倒的な名演!

pieta
Lossless

pieta

Classical/Soundtrack

福原まり

数多くのCM、映画音楽、そして楽曲プロデュースを手掛ける福原まり。視覚的なその作風で、数々の優れた映像音楽を手掛ける彼女が描くピアノの残響は、新たなファンタジアを生み出している。

The Best of 'Playing the Orchestra 2014’ 2nd(24bit/96kHz)
High Resolution

The Best of 'Playing the Orchestra 2014’ 2nd(24bit/96kHz)

Jazz/World

坂本龍一

坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。

Final Symphony - music from FINAL FANTASY VI, VII and X(24bit/96kHz)
High Resolution

Final Symphony - music from FINAL FANTASY VI, VII and X(24bit/96kHz)

V.A.

不動の人気を誇るFFVI,VII,X楽曲の豪華オーケストラアルバム ファイナルファンタジー×ロンドン交響楽団×アビー・ロード・スタジオの最高傑作 2013年より全世界で開催されているSQUARE ENIX ゲーム音楽オーケストラコンサート「Final Symphony - music from FINAL FANTASY VI, VII and X」の楽曲を、世界的に有名なロンドン交響楽団×アビー・ロード・スタジオにて完全新録! 不動の人気を誇るFINAL FANTASY VI,VII,Xのオーケストラアレンジ楽曲を、ハイレゾ音源でステレオ収録。 ファイナルファンタジーファンに留まらず、オーケストラファンにもたまらないオーケストラアルバム

新・映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック(24bit/48kHz)
High Resolution

新・映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック(24bit/48kHz)

Classical/Soundtrack

加古隆

戦後70年という節目の年である2015年。1995年に放送し、大きな話題を呼んだNHKスペシャル『映像の世紀』。前作の魅力を引き継ぎつつ新たな映像を発掘して、新シリーズを放送予定。加古隆作曲のテーマ曲、「パリは燃えているか」もこの放送に合わせて下野竜也指揮&NHK交響楽団と再録音するなど、すべて新録音によるオリジナル・サウンドトラックをリリース。

Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION

Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION

V.A.

「ユーリ!!! on ICE」の世界を彩るフィギュアスケートソングコレクション!!! TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」の世界を彩る珠玉のフィギュアスケートソングコレクションが一枚のアルバムとなって登場! 多彩なゲストミュージシャンとのコラボにも注目!

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST

Classical/Soundtrack

V.A.

遂にNHK大河ドラマ「真田丸」完結! 服部隆之がドラマで手掛けた数多くの名楽曲の中から厳選した楽曲を収録したBEST盤! ! 脚本:三谷幸喜、主演:堺 雅人他豪華俳優陣の名演技で大いに盛り上がったNHK大河ドラマ「真田丸」。 様々な場面を盛り立ててきた服部隆之の音楽も大きな話題を集めてきました。 数多く生まれた名楽曲の中でも特に印象に残る楽曲のみを厳選し収録したBEST盤のリリースも決定! これを聴けば「真田丸」の名場面を思い出し、感動がまた蘇ること間違いなし!

TVアニメ「ピアノの森」音楽集
Lossless

TVアニメ「ピアノの森」音楽集

V.A.

『モーニング』(講談社)にて2015年まで連載された傑作クラシック音楽漫画『ピアノの森』(一色まこと著)は、森に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育った主人公の一ノ瀬海(カイ)が、かつて天才ピアニストと呼ばれた阿字野壮介や偉大なピアニストの父を持つ雨宮修平などとの出会いの中でピアノの才能を開花させていき、やがてショパン・コンクールで世界に挑む姿を描く感動のストーリー。今作は、TVアニメ第1シリーズ、第2シリーズを通して作品を盛り上げる劇伴の数々の楽曲を収録した、初となるオリジナル・サウンドトラックが満を持して発売決定。

TVアニメ「ピアノの森」雨宮修平の軌跡
Lossless

TVアニメ「ピアノの森」雨宮修平の軌跡

V.A.

人気のTVアニメ『ピアノの森』から、雨宮修平の楽曲を収録!本アルバムでは、主人公・一ノ瀬海の小学校時代からの親友でありライバルでもある、雨宮修平にフィーチャリングし、アニメの第1シリーズ&第2シリーズで登場する雨宮修平演奏のピアノ曲を収録。雨宮修平のメインピアニストを担当した髙木竜馬の演奏を中心に、雨宮修平の子ども時代の演奏を担当した子役ピアニストたちの演奏も収録。

浄められた夜〜ハイドン&シェーンベルク(DSD 2.8Mhz/1bit)
High Resolution

浄められた夜〜ハイドン&シェーンベルク(DSD 2.8Mhz/1bit)

Classical/Soundtrack

アリサ・ワイラースタイン(チェロ) トロンハイム・ソロイスツ

ダニエル・バレンボイムの秘蔵っ子として2012年にDECCAレーベルから本格デビューした女流チェリスト、アリサ・ワイラースタイン。エルガーの情熱的な演奏で注目され、瞬く間に世界のひのき舞台に立ちました。その後、ビエロフラーヴェクとのドヴォルザーク、コダーイ等の無伴奏チェロ作品集、ラフマニノフとショパンのチェロ・ソナタ集と、リリースするたびに大きな話題となり、そのすべての録音で高い評価を得てきました。彼女のニューステージとして専属契約したのは高品位録音でも評価の高いPENTATONEレーベルで、その第1 弾として録音されたのはハイドンとシェーンベルクです。 ハイドンのチェロ協奏曲は全部で6曲作曲されたと言われていますが、紛失、偽作疑惑などで、現在残っているのは2曲です。1761~65年ころに作曲されたと思われる第1番は長きに渡り楽譜は失われていましたが、1961年にプラハで筆写譜が発見され、翌1962年に蘇演され、以後チェロ協奏曲の必須レパートリーの一つに数えられます。溌剌とした当作品をワイラースタインは非常に伸びやかな歌い回しと豊かな表現力で聴かせてくれます。一方、第2番はチェロの魅力が十分に引き出された優雅な雰囲気の秀逸な作品。ハイドンの世界を楽しむようにワイラースタイは明快で迫力ある音色で聴かせ、余裕ある運弓で自然な音楽を作り上げています。 シェーンベルクの『浄められた夜』は弦楽六重奏曲のために1899年に作曲されましたが、当演奏は1943年改訂された弦楽合奏のための編曲版です。 シェーンベルクの初期作品の魅力である美しい響きを追求した傑作です。音楽一家にうまれたワイラースタインは室内楽の分野も得意とし、当演奏でも音楽性の豊かさを表した素晴らしい演奏を聴かせてくれます。 共演のトロンハイム・ソロイスツはノルウェーの2L レーベルにも録音があり、録音会場となったセルビュ教会でも度々録音しています。セルビュ教会の音響も熟知しているだけに期待の録音といえましょう。

Kotoe
High Resolution

Kotoe

Classical/Soundtrack

Kotoe Suzuki

ピアニスト/シンガー/ソングライターKotoe Suzukiが、12年間のNY生活を経て書き溜め、培ってきた、ブラジリアン、ラテンジャズ、ポップス、クラシックの融合と、ジャンルを超えた独自の音楽観を詰め込んだデビュー・アルバム。情感豊かなオリジナル楽曲と、ラテンフレーバーがちりばめられ、斬新にアレンジされたジャズスタンダード曲を収録。伝説のパーカッション奏者、ミノ・シネルがレコーディングに参加。

DSD11.2MHz [ワンポイント] メジューエワ・プレイズ・ベーゼンドルファー
High Resolution

DSD11.2MHz [ワンポイント] メジューエワ・プレイズ・ベーゼンドルファー

Classical/Soundtrack

イリーナ・メジューエワ

ロシア出身のピアニスト、イリーナ・メジューエワ。本作は彼女の日本コンサート・デビュー20周年を記念して2017年に制作された『メジューエワ・プレイズ・ベーゼンドルファー』の《ハイレゾ・エディション》です。発売ラインナップは、マイク・アレンジとファイル・フォーマットの異なる3種類。① DSD11.2MHz/1ビット [ワンポイント・ヴァージョン]、② DSD11.2MHz/1ビット [マルチミックス・ヴァージョン]、③ PCM96kHz/24ビット [マルチミックス・ヴァージョン]。《ハイレゾ・エディション》特製ブックレットデータ付き。

ページトップへ