album jacket
TitleDurationPrice
Happy End  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:21
The Last Emperor  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 06:22
Bibo no Aozora - instrumental  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 07:03
High Heels  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:46
Seven Samurai - ending theme  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:45
A Flower is not a Flower  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 07:19
Still Life in A  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:54
Nostalgia  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:41
Tango - instrumental  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:28
Merry Christmas Mr. Lawrence  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:33
Harakiri(Death of a Samurai) endroll - from a Takashi Miike Film “Ichimei)  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 05:05
Tamago 2004  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 03:18
Parolibre  alac,flac,wav,aac: 24bit/192kHz 04:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 69:26
Album Info

坂本龍一の代表曲をピアノ、 ヴァイオリン、 チェロのために新たにアレンジをした 「1996」 以来の待望のアルバム!1996年、 坂本龍一は 「1996」 と題したアルバムをリリースした。 坂本の既存曲をピアノ、 ヴァイオリン、 チェロのために新たにアレンジ。 セルフ・カバーであるそれらは、 過去の代表作に再び命を吹き込む充実したアレンジと演奏で傑作と絶賛された。 このアルバムはロングセールスとなり、 またアルバム・リリース後におこなわれたワールド・ツアーでは世界中の観客たちを熱狂させた。 そして、 2011年秋このピアノ・トリオをヨーロッパで復活。 チェロにはオリジナルメンバーで、 坂本の朋友であるジャキス・モレレンバウム、 ヴァイオリンにはオーディションで採用した新しい才能、 ジュディ・カンを起用。 新旧織り交ぜた選曲で再びヨーロッパの観客を魅了した。 今回のアルバムは、 ヨーロッパ・ツアー直後にスタジオ録音された完成度の高い、 「1996」 以来の待望のトリオ・アルバムです。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Dance/Electronica
イ・ビョンホン主演の韓国映画 「天命の城(原題:南漢山城)」 のために坂本龍一が書き下ろしたオリジナル・サウンドトラック。 ストリングスやピアノに加え韓国の民族楽器も多用し、 その迫力と切なさは映像シーンを想起させる。 本作の制作について坂本龍一は 「かなり斬新な方向に音楽を持っていった」 と語っており、 本サウンドトラックにおいても、 より新しい局面へのアプローチが覗える。
Dance/Electronica
イ・ビョンホン主演の韓国映画「天命の城(原題:南漢山城)」のために坂本龍一が書き下ろしたオリジナル・サウンドトラック。ストリングスやピアノに加え韓国の民族楽器も多用し、その迫力と切なさは映像シーンを想起させる。本作の制作について坂本龍一は「かなり斬新な方向に音楽を持っていった」と語っており、本サウンドトラックにおいても、より新しい局面へのアプローチが覗える。
Dance/Electronica
坂本龍一8年ぶりのオリジナル・アルバム!
Dance/Electronica
坂本龍一8年ぶりのオリジナル・アルバム!
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一とフルオーケストラとの共演による“Playing the Orchestra 2014”ツアーの演奏よりベスト・テイクを収めたアルバム。坂本の指揮とピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により数々の名曲が蘇る!自身の代表曲、YMOの楽曲、映画音楽、多彩な楽曲が演奏されるプレミアムな公演の模様を収録。
Dance/Electronica
坂本龍一の原点はここから始まった。1978年、YMO結成以前に制作されたデビューアルバム。シンセサイザーを駆使し、電子音などで彩られたポップな現代音楽。 ゲストミュージシャンもギタリストの渡辺香津美、ピアニストの高橋悠治、YMOのメンバー等豪華! (C)RS
Dance/Electronica
坂本龍一の原点はここから始まった。1978年、YMO結成以前に制作されたデビューアルバム。シンセサイザーを駆使し、電子音などで彩られたポップな現代音楽。 ゲストミュージシャンもギタリストの渡辺香津美、ピアニストの高橋悠治、YMOのメンバー等豪華! (C)RS
Dance/Electronica
坂本龍一の原点はここから始まった。1978年、YMO結成以前に制作されたデビューアルバム。シンセサイザーを駆使し、電子音などで彩られたポップな現代音楽。 ゲストミュージシャンもギタリストの渡辺香津美、ピアニストの高橋悠治、YMOのメンバー等豪華! (C)RS
Dance/Electronica
坂本龍一の原点はここから始まった。1978年、YMO結成以前に制作されたデビューアルバム。シンセサイザーを駆使し、電子音などで彩られたポップな現代音楽。 ゲストミュージシャンもギタリストの渡辺香津美、ピアニストの高橋悠治、YMOのメンバー等豪華! (C)RS
Dance/Electronica
坂本龍一 復帰第一作! ! 山田洋次監督「母と暮せば」音楽担当。 坂本龍一 復帰第一作は山田洋次監督作品「母と暮せば」の音楽。 小説家・劇作家の井上ひさしが広島を舞台に制作した戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかたった物語を、日本映画界を代表する名匠、山田洋次監督が終戦70年、長崎被爆70年となる今年、映画化。 出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華ほか。 2014年4月に開催されたオーケストラとのコンサート時に吉永小百合さんと山田洋次監督から直々に音楽制作を打診され快諾。 その後の病を経た坂本龍一の復帰後初となる重要な作品です。
Dance/Electronica
坂本龍一が1985年に発表した自身5作目のソロ・アルバム。オノセイゲンによるDSDリマスタリングが施され、新たにボーナストラックとして2曲のライヴ音源を収録して登場。
View More Discography Collapse
Collapse

News

「坂本龍一が手がける東北ユースオーケストラの音楽会」テレ朝にて5/4放送

「坂本龍一が手がける東北ユースオーケストラの音楽会」テレ朝にて5/4放送

テレビ朝日『題名のない音楽会』にて、「坂本龍一が手がける東北ユースオーケストラの音楽会」が5月4日(土)に放送される。 「東北ユースオーケストラ」は、宮城、岩手、福島の東北3県出身の小学生から大学生で結成され、坂本龍一が音楽監督を務めている楽団。 今回の

坂本龍一『BTTB -20th Anniversary Edition-』アナログ盤(輸入盤)が公式ECに緊急入荷

坂本龍一『BTTB -20th Anniversary Edition-』アナログ盤(輸入盤)が公式ECに緊急入荷

坂本龍一の『BTTB』発売20周年を記念して昨年リリースされた最新リマスタリングによるアルバム『BTTB -20th Anniversary Edition-』。 このアルバムのアナログ盤が、海外レーベル〈Milan〉より3月1日に発売される。 そして、

毎年恒例  NHK-FM「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」今夜22時から放送

毎年恒例 NHK-FM「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」今夜22時から放送

毎年恒例となっている、坂本龍一・ニューイヤースペシャルが本日1月1日(火)22時からNHK-FMにて放送される。 ラジオスタジオ・セッションはユザーンをゲストに迎え「energy flow - rework」を、さらにこの楽曲に環ROY×鎮座DOPENE

やくしまるえつこ+砂原良徳『Ballet Mécanique』アニメMV公開

やくしまるえつこ+砂原良徳『Ballet Mécanique』アニメMV公開

現在絶賛公開中の映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』。 この作品のクライマックスとなる重要なシーンの挿入歌として、事前告知なしのサプライズで劇中で初公開され、鑑賞者のあいだで大きな話題を呼んでいる、やくしまるえつこ+砂原良

岡城千歳 15年ぶりとなる復帰作として坂本龍一トリビュートアルバム第3弾を発売

岡城千歳 15年ぶりとなる復帰作として坂本龍一トリビュートアルバム第3弾を発売

ポップスをクラシカルに再構築することに長けているピアニスト・編曲家の岡城千歳が11月20日に『坂本龍一ピアノワークス3、トリビュートアルバム In Appreciation & Admiration』をキングインターナショナルよりリリース。 岡城による公

やくしまるえつこ+砂原良徳による坂本龍一「Ballet Mécanique」カバーが配信開始、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』挿入歌

やくしまるえつこ+砂原良徳による坂本龍一「Ballet Mécanique」カバーが配信開始、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』挿入歌

やくしまるえつこ+砂原良徳「Ballet Mécanique」が本日11月16日より各音楽配信サイトにて配信スタートした。 「Ballet Mécanique」は坂本龍一が1986年に発表したアルバム『未来派野郎』の収録曲で、やくしまるえつこ+砂原良徳に

View More News Collapse
坂本龍一、『async - 短編映画コンペティション』の開催を発表! 受賞者には賞金、さらには教授の書き下ろし曲も!

坂本龍一、『async - 短編映画コンペティション』の開催を発表! 受賞者には賞金、さらには教授の書き下ろし曲も!

今春リリースされ、大きな話題となった坂本龍一の8年ぶりのスタジオ・アルバム『async』。 本作のリリースにともない、坂本龍一の公式サイトにて、『 async - 短編映画コンペティション』を開催することがさきほど発表された。 もともとそのライナーノーツ

坂本龍一から返事が届く「コミュニケーション・ウォール」が話題ーーワタリウム美術館「async 設置音楽展」

坂本龍一から返事が届く「コミュニケーション・ウォール」が話題ーーワタリウム美術館「async 設置音楽展」

ポストイットで坂本龍一と交流を図る「コミュニケーション・ウォール」が話題だ。 東京・青山のワタリウム美術館にて開催中の『坂本龍一 | 設置音楽展』。2017年4月28日にリリースされた坂本龍一の8年ぶりのソロ・アルバム『async』の5.1チャンネル高音

坂本龍一、自身の公式サイトで新作のジャケット写真&タイトルを公開

坂本龍一、自身の公式サイトで新作のジャケット写真&タイトルを公開

3月29日に新作をリリースする坂本龍一。 自身のサイトで、これまで『タイトル未定』となっていた新作のタイトル、そしてジャケット写真を自らのサイトで公開した。 タイトルは『async』となった模様。 公式サイトに行くと、すでに公開されているリリースまでのカ

やはり、新作リリースだった! 坂本龍一、8年ぶりのオリジナル・アルバム・リリース決定! ハイレゾ配信、さらには特別視聴会も

やはり、新作リリースだった! 坂本龍一、8年ぶりのオリジナル・アルバム・リリース決定! ハイレゾ配信、さらには特別視聴会も

年末より、なぞの「SN / M比 50%」メッセージやカウントダウンなどを自身のホームページにて公開していた坂本龍一。 一連のメッセージが、8年ぶりのオリジナル・アルバムのリリースを予告するものだったということが今朝判明した。 公式サイトでは今朝より、8

坂本龍一のサイトで、新作リリース(!?)と思われるカウントダウンはじまる

坂本龍一のサイトで、新作リリース(!?)と思われるカウントダウンはじまる

昨年末12月29日に謎のメッセージを自身のサイトで発表した、坂本龍一。 先ほど公式ページで新たな動きがあった。 今回は2ヶ月先の、3月29日へのカウントダウンがスタートした。3月29日は、新作のリリースか、はたまた新プロジェクト始動なのか。 前回発表され

坂本龍一の公式サイトで、謎のメッセージ(!?)が公開される!

坂本龍一の公式サイトで、謎のメッセージ(!?)が公開される!

さきほど、坂本龍一の公式サイトのトップ・ページが更新され、謎すぎる内容が波紋を呼んでいる。 更新は12月29日(木)正午。「http://www.skmtcommmons.com/」、「http://www.sitesakamoto.com/」の両サイト

坂本龍一、第59回グラミー賞にノミネート

坂本龍一、第59回グラミー賞にノミネート

2017年2月12日(日本時間13日)に開催される「第59回グラミー賞授賞式」。 その全84部門のノミネーションが発表され、坂本龍一が手掛けた、映画『レヴェナント:蘇えりし者』のサウンドトラックが最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)にノミ

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

坂本龍一を中心とし、アーティストのゆるやかな連携を標榜しスタートしたプロジェクト「commmons (コモンズ)」。 設立10周年を迎え4月9日と10日の2日間、東京・恵比寿ガーデンプレイスで10周年記念イベントが開催されることが決定。イベント全体のホス

【代官山蔦屋にて展示中】坂本龍一、やくしまるえつこの名曲から織られたストールとは?

【代官山蔦屋にて展示中】坂本龍一、やくしまるえつこの名曲から織られたストールとは?

代官山蔦屋にて”音楽から織られたストール”が展示されている。 2015年10月24日(土)から11月3日(火)まで、代官山T-SITEで開催される「代官山デザインデパートメント2015(DDD)」にて、小林弘和と山田春奈によるクリエイティブ・ユニット「S

坂本龍一、最新作は沖縄民謡女性4人組とともにチャリティ作品に

坂本龍一、最新作は沖縄民謡女性4人組とともにチャリティ作品に

中咽頭がんの治療に専念するため昨年7月から音楽活動を休止していた坂本龍一。 先ごろ、は山田洋次監督『母と暮せば』劇中音楽を復帰作として手がけていることが発表されたが、このたびそれに続く最新作のリリースの発表となる。 新作は沖縄民謡女性4人グループ「うない

『iPad版サンレコマガジン』バックナンバーをALL300円で販売中

『iPad版サンレコマガジン』バックナンバーをALL300円で販売中

音楽クリエイターのための専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』のiPad版の発売1周年を記念して、現在iPad版バックナンバーのALL300円セールを実施している。 レコーディング機器やシンセサイザー、楽曲制作ソフトなど音楽クリエイター向けの情報で

U-zhaan、初ソロ名義アルバム『Tabla Rock Mountain』発売決定、初回盤は香辛料付き!?

U-zhaan、初ソロ名義アルバム『Tabla Rock Mountain』発売決定、初回盤は香辛料付き!?

日本一メジャーなタブラ奏者U-zhaan(ユザーン)が満を持して初のソロ名義でのアルバム『Tabla Rock Mountain』(タブラ・ロック・マウンテン)をリリースすることが発表された。 数々のイベントや〈100%ユザーン〉等でさまざまなアーティ

『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』13日から「20世紀の音楽編」を放送

『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』13日から「20世紀の音楽編」を放送

NHK Eテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4』が3月13日(木)から「20世紀の音楽編」を3回に渡り放送する。 『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は坂本龍一を講師として2010年4月から放送開始されている音楽番組。3月13日(木)からの「シー

大貫妙子トリビュート・アルバムでキャラメル・ママ&ユーミンが再会

大貫妙子トリビュート・アルバムでキャラメル・ママ&ユーミンが再会

12月18日にリリースされる『大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki-』のカバー収録楽曲が明らかになった。また、来年3月28日(金)に東京国際フォーラム ホールCにおいて〈大貫妙子40th ANNIVERSARY

TOWA TEIのニュー・アルバム『LUCKY』に椎名林檎、Predawn、ハマケンらが参加

TOWA TEIのニュー・アルバム『LUCKY』に椎名林檎、Predawn、ハマケンらが参加

7月10日に発売されるTOWA TEIのニュー・アルバム『LUCKY』の詳細が発表され、草間彌生、シュガー吉永、椎名林檎、バクバクドキン、Predawn、手嶌葵、玉城ティナ、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、伊賀航、在日ファンク、SAKEROCKのハマケン

坂本龍一、菊地成孔らがボサノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』をカヴァー

坂本龍一、菊地成孔らがボサノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』をカヴァー

ボサノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』の発売50周年を記念したカヴァー・アルバム『ゲッツ/ジルベルト+50』が6月19日(水)に発売される。 このアルバムは、ボサノヴァ・ギタリストである伊藤ゴローを中心に、さまざまなアーティストによる『ゲッツ/ジルベル

フランスの人気音楽番組「A Take Away Show」プロデューサーを迎えたライブ&トークを西荻窪で開催

フランスの人気音楽番組「A Take Away Show」プロデューサーを迎えたライブ&トークを西荻窪で開催

フランスの音楽サイトblogotheque( http://www.blogotheque.net/ )の人気番組「A Take Away Show」プロデューサー・ミュージシャンであるHenri 'HenZ' d'ArmancourtとLuis N

〈Red Bull Music Academy 2013 NY〉で坂本龍一とAlva Noteの”s” がNY初開催

〈Red Bull Music Academy 2013 NY〉で坂本龍一とAlva Noteの”s” がNY初開催

2013年4月28日から5月31日までニューヨークで開催される〈Red Bull Music Academy〉。15回目の開催を記念して34のオリジナル・イベントがおこなわれることが既に発表されているが、イベントの1つとして坂本龍一とAlva Note

Collapse

Articles

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

コラム

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選──今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多…

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー

インタヴュー

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー

坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く…

坂本龍一の名作『音楽図鑑』、膨大な未発表アウトテイクとともにDSD&ハイレゾで甦る!!

レヴュー

坂本龍一の名作『音楽図鑑』、膨大な未発表アウトテイクとともにDSD&ハイレゾで甦る!!

坂本龍一の名作『音楽図鑑』、膨大な未発表アウトテイクとともにDSD&ハイレゾで甦る!!80年代の日本音楽史に燦然と輝く名作、坂本龍一の『音楽図鑑』(1984年)がDSDで甦る。制作当時のエンジニアでもあるオノセイゲンがDSDリマスタリングを施し、残された多…

坂本龍一、『out of noise』など、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!

レヴュー

坂本龍一、『out of noise』など、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!

坂本龍一、commmonsよりリリースの7タイトルを一挙ハイレゾ配信!!教授こと坂本龍一がcommmonsからリリースした7作品を一挙ハイレゾ配信スタート!! commmonsを立ち上げて初のソロ作『out of noise』(2009)から、神奈川県立音…

坂本龍一の『戦メリ』、『Coda』をDSDで配信開始!

レヴュー

坂本龍一の『戦メリ』、『Coda』をDSDで配信開始!

オノセイゲンのDSDマスタリングで甦る、坂本龍一『戦場のメリークリスマス』と『Coda』1984年に発足したレコード会社「ミディ」。その長い歴史のなかで、坂本龍一、矢野顕子、EPO、ローザ・ルクセンブルグ、遠藤賢司、さらにはサニーデイ・サービスやゆらゆら帝…