夏フェスが始まる。どのラインナップも素晴らしいと思うんだけど、なぜか行く気がしない。音楽フェスティバルが氾濫し、独立したカルチャーとして動き出したために、毎日の現場=ライブ・ハウスやクラブで興っているリアリティとはほど遠く、退屈に感じてしまうから。

2008年4月26日、27日にKAIKOO meets REVOLUTIONというイベントが横浜のZAIMで行われた。レーベルPOPGROUPと横浜/湘南地区で活動するMEETS★REVOLUTIONの共同主催。アンダーグラウンドからオーバーグラウンド、ビートものから歌もの、EYE(from BOREDOMS)からNICE VIEWまで、TVでは決して目撃できない最新のミュージック・シーンのリアルが映し出しされた。チケットはソールド・アウト。6000人も集客したのだから、いかにリスナーがこのようなイベントを求めていたのかがわかる。またPOPGROUPを固める布陣は、DJ BAKUBLACK GANIONRUMIoak等の超個性派ぞろい。KAIKOO meets REVOLUTIONにどんなビッグ・アーティストが名を連ねようと、このイベントが彼ら主催であることがぶれることはなかった。

2009年。KAIKOOは、関東から飛び出し大阪〜名古屋へと驀進する。所属するアーティストしかり、このイベントしかり、首謀者である坂井田裕紀の時代を切り取る目の鋭さには感嘆するばかりだ。今回のレーベル特集は、『POPGROUPは何故REVOLUTIONを起こすのか!?』。彼の目に映っているものに迫ってみよう。

インタビュー&文 : JJ(Limited Express(has gone?))


INTERVIEW


山の中にいくつもりはないんです


—昨年行われたKAIKOO meets REVOLUTIONは、既存の音楽シーンにレボリューションを与えたのではないでしょうか?

坂井田裕紀(以下S) : ありがとうございます。集客は、最初は正直不安だったので、いっぱい来てくれて嬉しかったです。「これは、世の中もだいぶ変わってきたな」って思いました。2〜3年前だったらありえなかったんじゃないかな。

—今年も開催されるのを楽しみにしていた人も多かったと思うのですか、横浜のZAIMを使わず、大阪や名古屋に場所を移したのはどうしてですか?

S : ZAIMはもう使えないんですよ。揉めてるわけではないですよ。横浜市の持ち物なので、管理しているのが普通のおばちゃんだった(笑) だから去年あれだけ人が来て「管理しきれない」って言われてしまった。

今年に関しては、じゃぁ次のステップとして東京じゃないところを選んだってのが発端。まずは大阪と名古屋でやろうと。大阪や名古屋でこの規模をやるのは始めてなので、地元関西のKURANAKAさん(Zettai-mu)達にも協力してもらいながら作っています。

東京に情報を落とすことよりも、地方にどれだけ伝えていくかってことが大事。アルバムをリリースした時に、地方ではライブに行ったりCDをリリースしたときに反応がちゃんと伝わってきて、しっかり聴いてくれているなって感じるんです。だから、東京への発信だけじゃ駄目だなって強く思っています。もちろん東京は大切な世界一の場所ですけどね。その分消費文化が根付いている。

—去年横浜のZAIMを使ったのはなぜですか?

S : 僕は山の中にいくつもりはないんです。ロンドンにずっと住んでいたんですけど、その時近所の大きな公園でいきなりフリーでフェスティバルが開催された。出ているアーティストは、いわゆるフジ・ロックで言うグリーン・ステージ級のアーティスト。その光景にとても影響を受けていて、自分も生活の中に音楽がある状況を作りたいと思っています。

僕等が選ぶ感情を持った音楽を、気が向いたらいけるような場所でふらっと聴いた子供達は、そこで何かを感じてくれると思うし、その事がきっかけで、若者の感受性に刺激を与える事ができればと思っています。KAIKOOの出演者はとても感情的だし、音楽/アートに正直に向かい合っているアーティストばかりだから、ちょっとでもそこに触れてくれれば何かを感じると思います。でも別にまじめに音楽を聴いてくれとは言ってませんよ! 楽しんでくれればいいんです。自然に楽しくなってくる環境を作れていると思うし。極論、そういう場所で時間を過ごす事によって、メンタルの問題を解消をしたり、子供の育て方にヒントを得たり、いじめさえ減るんじゃないかな(笑) そういう大切な事を感じる時間/場所が作れればと思っています。 KAIKOOは、最終的にこういう事をしたいと思っていて、自分の活力になっています。

—横浜では、たくさんのバンドが出演していましたが、ぶっちゃけ採算は大丈夫だったのでしょうか?

S : 大丈夫じゃないです(笑) もっと入場料等の予算組の細かい詰めが必要だったし、仕切りも甘かった。なので、もうひとつレベルを上げてシビアなプラン立てをしなければと思ったんです。横浜で色々学ばせてもらって、今は少しですが黒字を出せるようになりました。イベントが成功するかしないかは、いかに細かい部分を見つめられるかだと思いますよ。

—アンダーグラウンドで活躍するアーティストばかりのイベントで6000人集めたのは、凄いことですね。

S : 2年前にAXでやったときに、結構お客さんが入ったんですよ。アーティストも楽しいって言ってくれたし。すごく良かったんですが、何故か満足しない気持ちがあったんです。当時の自分にとってAXを埋める1200人ってとても大きくて、このイベントをちゃんと成功させれば、僕等がプッシュするアーティストに対する世の中の見方が変わって、もっと注目してもらえるって思ってたんですけど、何も変わらなかった。その時に一万人だなって思ったんです。それぐらいの人に共感してもらえないと全く力はないなと。しかも、ただ人を集めてもだめで、しっかり自分らの考えを発信していかないと、誰にも響かないって感じてしまったんです。

—AXの1200人とKAIKOOの6000人を比べると、広まり度は10倍くらい違ったと思います。

S : そうそう。人が多くなかったら、世の中の人は結局ロッキン・オン・ジャパンの3万人って数に動かされちゃう。あれが正しいとなってしまう。


人と人との繋がりですべては始まっている


POPGROUPの成り立ちを教えてください。

S : 2005年に“KAIKOO”っていうDVDを僕とBAKUで作ったんですよ。撮影から編集まで全作業を自分らでやって。それが結構な枚数売れたんですね。それが今に繋がっているんです。

フランスのBATOFARで、フランス人の女の子がキュレーターの日本人フェスティバルみたいなものがあったんです。ノイズからテクノ、当時アブストラクトと言われていたヒップホップの人、そして田中フミヤさん、HIKARUくん、NUMBさん... そこにBAKUやGOTH-TRADも出てて、彼らは特に凄かった。BAKUとは、そこで知り合ったんです。僕は海外のほうが面白いと思って日本を出たので、彼らのことをその時まで知らなかった。DJ KRUSHさんとかKEN ISHIIさんとかに影響を受けた新世代は、オリジナリティがあるし、海外のものまねでもないし、日本でしか鳴らせないサウンドをやっているなって驚いたんです。そこで、今このシーンで興っていることを、映像作品としてリリースしたいと思った。

そんなことを考えながら日本に帰ってBAKUに会ったら映像を撮りためてるって。だったら彼やその周りのアーティストをまとめたDVDを創ろうって言って“KAIKOO”は始まった。毎日何百本もあるテープを観て、追撮して、皆の家にいってインタビューをしていった。人の手を借りずに、自分達で撮って、自分達の感覚でまとめていったんです。それをリリースしたらオリコンに載った。まだレーベルの名前もなかったインディペンデントのDVDが、いきなり売れて「なんなんすかこれっ? 」って話題になったんですよ。1年前にdj KENTAROが優勝したり、GOTH-TRADがヨーロッパ・ツアーをしたり、ちょうどMSCが出てきたりとか、才能のあるミュージシャンがどんどん頭角を現した時期でタイミングも良かったんですね。

—いつPOPGROUPと名乗りだしたのですか?

S : “KAIKOO”のDVDの次にGOTH-TRADのアルバムを出した。そのときに、正式にこのレーベルをPOPGROUPとしたんです。その後、BAKUのアルバムを出して、KAIKOOというイベントをやり続けて、3年かけてここまできたって感じですね。

POPGROUPという名前の由来は?

S : あんまり重い、真面目な名前にしたくなかった。よく、僕等の音楽はアンダーグラウンドだと言われるけれど、そんなつもりはない。聞く前に、アンダーグラウンドって判断されるのは凄く嫌だった。だからせめて受ける印象だけでも、軽い感じにしたかったんですよね。

—では、KAIKOOという名前は?

S : BAKUが最初に出したミックス・テープのタイトルが「Kaikoo with scratch」。そのミックス・テープは、拾ったレコードをメインにして創られている。そんな風に、KAIKOOという単語には、人と人は偶然の繋がりですべてが始まっているっていうBAKUの強い思いがある。それは、僕等の基本理念なんです。POPGROUPの特徴って、ちゃんと繋がっていること。BAKURUMIのエンジニアはoakのベース三浦カオルがやっていたりとか、そういうことなんです。

POPGROUPを見ていると、アンダーグラウンドに近い音楽が、ちゃんとビジネスとして回転しているように思います。

S : まさに、回転しようとしているところ。POPGROUPは、リリースとイベントの二本柱で会社を回している。だからリリースものもイベントものも1回1回必ず成功しなくちゃいけないし、ちゃんと枚数売れなきゃいけない。生きるか死ぬかのギリギリでやっていますよ(笑)

でも、もう一回り大きくならないと駄目だと思っています。会社を回転させるためのリリースになっちゃうと、考え方が後ろ向きになっていく。アーティストに「売り上げをとりたいから、この時期に制作して欲しい」なんて言いたくないから、年間で予定を立てて、それに向かっていけるようにびっちり決めてやっています。


POPGROUPからは、アーティストとスタッフがちゃんと同じ方向を向いている印象を受けます。

S : 皆が一生懸命やるし、協力しあいますよ。やっぱり、レーベルもアーティストも人じゃないですか。 昔5枚CDを買っていた人が、今は1枚しか買わなくなっている。その一枚になれるかは、とてもシビア。それを考えると、僕が「すげー! 一緒にやりたい!」って感じて、向こうも同じくらい一緒にやろうよって思ってくれないと契約することはできないですね。アーティストと良いパートナー・シップがとれるかどうかはめちゃくちゃ大事。1+1=2じゃなくて、4とか5になるのが理想的なんです。


POPGROUPやKAIKOOの見え方って、音楽カルチャーの中でも異端。クラブっていう括りでもないし、ロックやHIP HOPだけってわけでもない。それでもたくさんの人間を注目させたっていうところがすごい。

S : 見え方は凄く気をつけていますよ。簡単にぐちゃぐちゃになる要素をもっているから。ジャンルは違うけれど、共通のアティチュードがあるってことを大事にしている。日本の人って、アティチュードで音楽を聴いてくれると思ってるから。例えば曽我部恵一さんがBAKUを好きって言ってくれたり、横浜のKAIKOOに出てくれたりした。音楽は全然違うのに、同じアティチュードをもっていると思った。だから、筋さえ通せれば、バンドのあとにHIP HOPがこようが、DJがこようが、お客さんはそこに居続けてくれるんです。


まだまだ、世の中おかしいですよね

—昨今はフェスティバル・ムーヴメントですね。KAIKOOは、フェスティバルなのでしょうか?

S : フェスって感じではないですね。わざわざ行くものにしたくないし、もっと都会的なものにしたい。音楽を忙しい中で、気軽に触れることが出来たら、もっと街や人がクリエイティブなものになるのかなって思います。野外のフェスティバルは気持ちいいし、僕も好きですけど、それは音楽や野外が好きだから楽しめるのであって。音楽って、もっと音楽好きだけではなく一般の人の生活にも意味があると思ってる。

さらに、もうちょっとアーティストを観てほしいと思っているかな・・・ ロッキン・オン・ジャパンみたいなフェスとKAIKOOでは、集客の数は違うけど、どっちがクリエイティブなのかな? って。あそこに出ていなくても、もしくは小さいステージに出ているようなアーティストでも、集客では無く音楽を中心に判断すれば、KAIKOOではトリに選ばれるくらい素晴らしいアーティストがいる。音楽に関わる僕等が、もっと音楽を中心にアーティストを判断して、ちゃんとパフォーマンスをやらせてあげて、お客さんが彼らを見て感激するって循環を創っていきたいんです。だからKAIKOOがフェスティバルかどうかはどうでもよくて、KAIKOOにしか出来ない事をやっていきます!!

—僕等が大学生の頃にワクワクしたようなアーティストがもっと知名度を持って欲しいですよね。

S : 本当にそう思う。まだまだ、世の中おかしいですよね(笑)

—今後の展望を教えてください。

S : 実は、KAIKOOは来年のどこかで、東京で1万人規模でやろうと思って動いています。今バラバラに点在しているクリエイティブなアーティストが、1年に1回位ぎゅっと集まってやることができれば、1万人なんてそんなに難しい数字じゃないと思うし、そういうことを横のつながりだけでやっていきたい。そしたらすごく力になるし、自分達のやっていることをちゃんと伝えることができると思う。さらに、アニメ上映とか、日本人監督のドキュメンタリー映画祭を同時期に敷地内でやってみたりもしたいんです。

あとSonerみたいに、ちゃんとメディアを絡めていきたいですね。日本の多くの企業はクリエイティブであることに価値を見い出していないように思う。クリエイティブであることってビジネスにもなるし、すごく大切なこと。例えばソニーのクリエイティブ・チームは、世界と比べてもすごいハイ・レベルの創造力を持っていると思うんです。そういうところと協力してKAIKOOをつくっていけたらなって思っています。最終的に、アジアのアーティストもたくさん招集して、ヨーロッパとかアメリカに対して、1年に1回この時期に日本に来たらとてもクリエイティブで面白いことがあると思われるまでになりたいですね。


POPGROUP カタログ・リスト



DJ BAKU

HIPHOPを基盤にしながらもターン・テーブルを操り常に新しいダンス・ミュージックを提案する、オルタナティヴDJ / トラック・メイカー。1999〜2004までの5年間のARTIST達との交流を描いた音楽ドキュメンタリー映画「KAIKOO/邂逅」を'05年4月に発表。自ら監修、音楽もつとめた。後日発売されたDVDは若者のバイブルとなる。



oak

三浦カオルにを中心にしたエレクトリック・オルタナティヴ・ロック・バンド。DJ BAKUなどのエンジニア・ワークで培ったROCK・HIPHOPなどの様々な音楽ジャンルが、ルーツであるブレイクビーツと叙情的で優しいメロディに絡み合い、味わい深い緊張感と高揚感を持つ異色のダンス・ミュージックを作り出す。ベース・シーケンス+ギター+ドラムの3人編成。ミキサーでライブ・エフェクトを加えたライブ・パフォーマンスでは、更に激しさが増幅する。

RUMI


グライム / ダブ・ステップ、そして歌謡曲の哀愁までも飲み込むフィメール・ラッパー。高校生の頃にMC般若とともにヒップホップ・ユニット"般若"を結成、ライブDJにDJ BAKUを迎え精力的な活動を行う。その後ソロに転身、葛藤した時期の自身を「さなぎ」に見立て自身のレーベル「SanagiRecordings」を立上げ、'04年に1stアルバム『HELL ME TIGHT』をリリース。それまでの女性のラップのイメージを大きく揺るがす感情剥き出しのヒステリックな女のラップはHIPHOPのみならず、他ジャンルからも大きな反響を呼んでいる。

YAS-KAZ


ジャズ・ドラマーとして坂田明、小杉武久、故阿部薫らとセッションを始める。その後、土方巽舞踏団の為に音楽を書き下ろしたり、山海塾とのコラボレーションとして、世界ツアーの為に作品を書き下ろすなど、異ジャンルとの積極的な活動とともに、84年『縄文頌』を皮切りにソロ作品のリリースも重ねる。そんな打楽器のオリジネイターが再始動! さらに世界各国でのライブや世界のアバンギャルド / 舞踏界で名前を残す表現者達との競演など、その幅広い活動は留まることなくさらに拡張し続けている。


BLUE FOUNDATION


2000年結成。イギリス・ベースのターン・テーブリストTatsuki、イギリス人ボーカリストScott(スコット)、そしてプロデューサーのBichi(ビッチ)からなるバンド。ファースト・シングルをイギリスのレーベルMOSHIMOSHIよりリリース。その後ファースト・アルバム『BlueFoundation』をヴァージン・ヨーロッパよりリリース。デンマーク・グラミーを受賞。ヨーロッパの数多くのフェスティバルにてメイン・ステージでの圧巻のステージングを披露。2006年には全世界で公開された映画"マイアミ・バイス"のサウンドトラックに楽曲「SWEEP」が使われるなど、アメリカにおいても高い評価を得る。また、メンバーのTATSUKIはDJ KRUSHのアルバム"寂"に参加。

V.A.



ストリート・カルチャーのバイブルとなったDVD『KAIKOO / 邂逅』、そしてハイブリッド・イベントとしてその影響力と活動範囲を急速に広げるイベント、KAIKOO。その強烈な磁場を持つKAIKOOの名を冠した初のCDリリースが、DJ BAKUのセカンド・アルバム『DHARMA DANCE』と同日に発売決定!!!


KAIKOO vol.12-大阪乱遊祭-



LINK

o

 
 

"label"の最新アーカイヴ

ノイズ対談vol.2! T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota
[LABEL]・2013年04月25日・ 対談 : T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota 前回の対談では、ノイズ・シーンの今について、平野Y([…]dotsmark)と吉田恭淑(GOVERNMENT ALPHA)に話を聞いた。今回は、日本ノイズ界の創成期からシーンの中核に身を置いているT.美川(非常階段、INCAPACITANTS)と、今後シーンの中核を担っていくであろうKazuma Kubotaの2人を招いて、ノイズの世界をさらに掘り下げた。彼らが思う今のノイズ・シーン、そして今後の展望とは。 また、Kubotaがリリースする『Two of a Kind』に寄せるかたちで、美川は「年寄りが跳梁跋扈する日本のノイズを、この男はいずれ背負って立つことになる」とコメントしている。その発言の真意や、Kubotaがこの音源に込めた思いなども、たっぷりと語ってもらった。前回の対談と合わせて、ディープなノイズの世界が垣間見える内容となっている。ノイズ・シーンは、30年の歴史を経て、今もなお進化を続けている。 インタビュー&文 : 前田将博 国内ノイズ・レーベル[…]dotsmarkからKazuma Kubotaがリ
by 純三
PENGUINMARKET RECORDS5周年記念特集
[LABEL]・2010年10月06日・ PENGUINMARKET RECORDS 5th Anniversary 90年代後半のCDバブル期から下降を続けるレコード業界。反対に、ライヴ・ハウスには少しずつだが人が集まり、mixi(ミクシィ)やMySpace等の繋がるサービスが人気となり、アーティストとリスナーの距離は縮まりつづけている。そんな時代に、その間で奮闘するレーベルって、果たしているの? ってか、食えるの? そんな率直な質問を、インストゥルメンタル・バンドを中心に運営するインディーズ・レーベルPENGUINMARKET RECORDSに成り立ちも含めて聞いてみた。まだ5周年のこのレーベル。CDが売れないと言われているこの時代に、最も厳しいだろうコンピレーション・アルバムまで出してしまう挑戦的なレーベルだ。ただただ、真っすぐ自分達の思いにしたがって。このインタビューを読んだ後、こんな時代にこそこんなレーベルが必要だ! って思うだろう。 インタビュー&文 : JJ(Limited Express (has gone?)) 祝5周年!インストゥルメンタル・バンドを中心に運営する国内屈指のインディー・レーベルPENGUINMARKET REC
by JJ
レーベル特集 onpa)))))
[LABEL]・2008年12月17日・ 日本から、ベルリンへ。ベルリンから、世界へ。良質な音楽は、海を越えて。 クラフトワークから、ジャン・ミシェルへ。YMOからkyokaへ。時代が移り変わろうとも、ドイツと日本のエレクトロニック・ミュージックは、どこか同じ匂いを漂わせながら、常に時代の先端を駆けている。そんな両国のシーンを繋げているonpa)))))というレーベルが、ベルリンにあるのをご存知だろうか? 両国の新進気鋭のエレクトロニック・ミュージック・アーティストのリリース&バック・アップだけでなく、ポッドキャストでベルリンの音楽事情を放送する等、伝わりくいエレクトロニック・シーンの風通しを良くしている。 インターネットの普及で、音楽産業のグローバル化より、ベルリン派(ベルリンに在中しなから制作する日本人アーティスト)等にみられるアーティストのグローバル化の方がよっぽど進んでしまった現在。特に中堅のレコード会社やインディーズ系の商品を扱う会社は、ビジネスとして対世界に発信出来るかどうかが、今後の重要な課題となっていくだろう。そんな状況にいち早く反応し、数年前から果敢に挑戦しているonpa)))))主催の羽生和仁氏に、メール・インタビューを行う事
by tripxtrip
知られざる韓国アンダーグラウンド・インディ・ミュージックの世界
[LABEL]・2013年06月20日・ INTERVIEW : 奥藤知子(utakata records) 日本の音楽シーンにアンダーグラウンドな世界があるように、韓国の音楽シーンにだってアンダーグラウンドでインディペンデントな世界はある。ただ、ディープな世界だったり、現地にいる耳の早いリスナーたちが支持している音楽をリアルタイムで知ることは難しい。知りたいけど、その核心をつくことができない。そんなもどかしい状況に一歩踏み込む糸口になるであろう3組の韓国人アーティストが6月末に一挙来日する。それにあわせ、「非英語圏のオルタナティヴなサウンドを専門に扱うレーベル」utakata recordsから、同3組のアーティストたちの作品を配信で同時リリース。この3組のサウンドを聴かせてもらい、斜め下から価値観を壊されていくような感覚に、僕は衝撃をうけてしまった。 ガレージ・ロックを基軸にしながら打ち込みなどの要素を取り込み、ライヴでは激しく軽やかなステップで肉体的躍動感をみせる2人組ユニット、Wedance。実際には行ったことがないのにアーティスト名に「山形」を冠する、ユニークさを武器にハウスで歌うソロ・アーティスト、Yamagata Tweakster
by 西澤 裕郎
NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! 〜OTOTOY CLASSICS〜
[LABEL]・2012年10月12日・ NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! HQD / スタンダードセレクション for OTOTOY / 話題沸騰「交響戦艦」シリーズ! OTOTOYに集まるような音楽好きなら、なにかのタイミングでクラシックに興味を持つことはあったりしますよね。「ま、聴いてみるか」くらいの。そんな感じ、大歓迎です。ギタリストの視点でパガニーニの超絶技巧ヴァイオリンが気になるとか、ミニマル好きがバッハにヤバさを感じるとか。そういえば、さかいゆうさんが以前ラジオ番組で「グル―ヴミュージックとしてのクラシック」なんて企画で冴えた視点を披露してくれたこともありました。最高でした。もちろん、たくさんの人がぐいぐいハマって詳しくなってくれたら、ウチのようなクラシック系レーベルとしてはありがたいんですが、そうじゃなくても全然。「この曲だけは好き」みたいな感じでオケーなんで、良かったらお友達にも教えてあげてください。 今回は、なかなか音源化されないレア曲満載のカタログで人気のNAXOSレーベルがOTOTOYに参入!ということで、教科書に出てくる有名作品から「これ、クラシックじゃなくね?」みたいな曲まで幅広くセレクトしてみました
【月狼レコード特集】レーベル・コンピ『黄昏讃歌』1〜3 & 全5タイトルの配信をスタート
[LABEL]・2012年06月11日・ オムニバス・シリーズ『黄昏讃歌』を含む全作品をOTOTOY独占で配信スタート!! 2006年に設立され、ライヴ・ハウスで活動している日本語パンクを中心としたバンドを取り上げてきたレーベル、月狼RECORDの全作品を、OTOTOY独占で配信開始!! すでに廃盤になっている『黄昏讃歌』シリーズの1、2に加え、2011年3月にリリースされた最新作『黄昏讃歌3』、レーベル・オーナー柳沢英則のバンドWHITE LOSER、HIBIKIのアルバムも配信しちゃいます。しかも、なんと全アルバムから1曲ずつフリー・ダウンロード可能(WHITE LOSERのみE.Pをフリー・ダウンロード)!! さらに柳沢英則による福島への熱い文章、ライヴ・ハウスの店長たちからのコメントもあります。ライヴ・ハウスに近い場所から、周りにいるかっこいいバンドたちを紹介する、熱い志しを持ったレーベル、月狼RECORDを大特集いたします。 月狼RECORDのオムニバス・アルバムV.A. /黄昏賛歌【配信形態 / 価格】WAV / mp3 共にアルバム販売のみ 500円【収録アーティスト】WHITE LOSER、Ruffian、epoxy、SIGH、f
高橋健太郎×阿部淳一が魅力を語る East Worksの高音質音源
[LABEL]・2010年06月29日・ 菊地成孔や南博等、ジャズを中心に音質にこだわったリリースを続けるEast Worksの12タイトルもの音源が、なんとHQD(24bit 48kの高音質音源)で発売する。HQDの配信は、クラムボンの『2010』やTOEの『For Long Tomorrow』等のリリースで大きく盛り上がり、明らかに通常のCDよりも音が良いことが認識され始めた。また多くのアーティストが、HQDの配信に挑戦したいと名乗りを上げている。e-onkyo music等の他社サイトも、HQDよりもさらに音質の良い24bit 96kの高音質音源の配信に挑戦し続け、成果をあげているようだ。とは言え、まだまだ一般層にまで届いていないのが現状であろう。配信音源が携帯電話でダウンロードされるのではなく、もっと良い環境で聞かれるためには、高音質音源の広まりが、大きな鍵を握っているのは間違いない。そこで、OTOTOYでHQDを提唱する高橋健太郎と、高音質音源にこだわり続けるEast Worksからオーディオにも精通している阿部淳一に、高音質の魅力とその行く末を語ってもらった。(text by 飯田仁一郎) East WorksのHQD作品を一挙配信
by JJ
レーベル特集 POPGROUP Recordings
[LABEL]・2009年05月01日・ 夏フェスが始まる。どのラインナップも素晴らしいと思うんだけど、なぜか行く気がしない。音楽フェスティバルが氾濫し、独立したカルチャーとして動き出したために、毎日の現場=ライブ・ハウスやクラブで興っているリアリティとはほど遠く、退屈に感じてしまうから。 2008年4月26日、27日にKAIKOO meets REVOLUTIONというイベントが横浜のZAIMで行われた。レーベルPOPGROUPと横浜/湘南地区で活動するMEETS★REVOLUTIONの共同主催。アンダーグラウンドからオーバーグラウンド、ビートものから歌もの、EYE(from BOREDOMS)からNICE VIEWまで、TVでは決して目撃できない最新のミュージック・シーンのリアルが映し出しされた。チケットはソールド・アウト。6000人も集客したのだから、いかにリスナーがこのようなイベントを求めていたのかがわかる。またPOPGROUPを固める布陣は、DJ BAKU、BLACK GANION、RUMIやoak等の超個性派ぞろい。KAIKOO meets REVOLUTIONにどんなビッグ・アーティストが名を連ねようと、このイベントが彼ら主催である
by JJ
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事