『Play for Japan Vol.6』参加アーティストのコメント

◎音源のダウンロードはこちら◎

石毛輝

厳しい生活の日々、本当にお見舞い申し上げます。音楽に込められている様々な想いやエネルギーが皆さんの心の栄養分になる事を願っています。目に見えない音楽が目に見えない心に響いたらどんなに素敵な事でしょうか。僕は信じています。

SPANOVA

今を生きるひとりとして
ひとりのために
つまらぬことで
怒ったり 笑ったりする時間に
思い出に

トレモロイド

この音楽が少しでも売れて、少しでも多くのお金がみなさんの元へ届けられることを願っています。悲しみはずっと消えないもので、それを胸に抱えたまま、それでも笑って前を向けるときにこの音楽たちを聴いてもらえたら、それ以上に嬉しいことはありません。

dry as dust

今回の震災は、本コンピレーションに収録して頂いた『手、掴む 音と音を』のレコーディング真っ最中の出来事でした。想像を超える状況下で、僕らも全くどうしたらいいのか分からない状態でしたが、この作品が届く頃までに被災地、被災者の状況が良くなることを願い、レコーディングを再開しました。被災された皆様に、僕らが音楽を通して少しでもお力添えできたらと思います。無事復興し、この楽曲を聴いていただける日が一日も早く来ることを願っています。

東京カランコロン

この曲は東京カランコロンを結成して初めて作った曲です。偶然何かの縁で出会った5人が東京でバンドをやっています。沢山のものを失われた今、そんな中でも偶然に出会った人々が沢山いると思います。どうかその人たちを大切にして下さい。その新しい出会いから、必ずまた新しく、素敵な街が生まれるはずです。どうか、手を取りあって。

WEEKEND

地震と津波の被害を受けた方々に、こころからお見舞い申し上げます。

PaperBagLunchbox

自分が人を救えるなんて、誰かを守れるなんて思わないでください。何もできなくてもいい。大切なのはあなたが生きること。あなたが無理をせず元気に生きていたら、それだけでハッピーになる人がたくさんいるから。それが一番大切なこと。

THIS WORLD IS MINE

被災した皆様が平穏な日々に戻れる事を心から祈っております。

Sorrys!

あなたがそのとき見てしまったものを僕らは見てしまうことが出来ない、あなたがそのとき失くしてしまったものを僕らは失くしてしまうことが出来ない。出来ないけれど、人は人と出会う。そして分かり合おうとする。自分の中の世界を人と分かち合おうとする。そう信じています。僕らはそこに光を見る。どうか、どうか希望を。こんなこと書いている僕がバカに映ったとしても、どうか希望を。どうか明日を。

アナ

まず東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々に心より追悼の意を表します。そして被災者および遺族の方々があまりにも短い時間で失ってしまった生活を、これから長い時間をかけて少しずつ取り戻していけるよう少しでも力になりたいと思います。東京にいても今回の地震は凄まじいものでした。そして余震はもちろんの事、その影響による都市の混乱には動揺を隠しきれません。被災地のみならず報道されるニュースに悲しみ恐怖をおぼえてる人たちが沢山いる、そのどこかの一人でもの支えになればと思います。今これを書いてる時点で、まだ地震が発生して数日しかたっていません。しかし一週間前とはあまりにも世界は違っています。正直まだ何をするにも不安や悲しみやどうしようもない想いで落ち着きません。でもかろうじて音楽だけは全力で出来る気がします。僕らはライブや楽曲制作だけは続け、それが日本のどこかにでも届けばいいなと思います。それが被災地の方々のために、自分のために出来ることだと。(アナ代表 大久保潤也 (SECOND ROYAL RECORDS))

broken little sister

一日も早く日常を取り戻すこと、心より願っています。

lily of the valley

一日も早く皆さんが安心して過せる日々が来るよう、私達の住む仙台も音楽で溢れた街に再生出来るよう、心から祈って。。。

worst taste

たったこの今にも、災害で沢山の人が命を落としているのかもしれない。こんな文を書いている暇があったら、すぐにでも駆けつけてあげた方がいいだろう。せめて僕らに出来ることと思い、楽曲を提供致します。災害地にいる方々が無事で、そして安心した日々を送れるようになること、心からお祈りします(タナカカイタ)

THE BITE

音楽自体は今被災者の皆さんに何も出来ないかも知れない。
でも音楽で出来た繋がりで、何かを出来るかも知れない。1日でも早い復興を祈っています。

おとぎ話

みんなで乗り越えましょう!!!!

空中ループ

この数日、被災してしまった方々の、生き抜く力、誰かを愛することの強さを目の当たりにして、とても勇気を貰っています。そのお返しに、微力ですがエールを送られてください!一瞬でも早く、皆様に安心安全な日々が戻りますよう心から祈っています。

Turntable Films

僕たちはいつも君のそばにいて、一緒に立ち上がることが出来る。
みんなでがんばろう。
(Turntable Films 井上陽介 (SECOND ROYAL RECORDS))

LITTLE CREATURES

被災地のみなさんが頑張っているニュース映像を見て、
無力感にさらさている俺達が逆に元気付けられています。
福島で教師をしている友人からの「前に進むしかありませんね」と
記されたメールを読み返す度、胸が熱くなるのです。
…そう、みんなで前に進むしかない。
俺達が無力さを感じるなどと言っていたら怒られてしまいますね。
被災地のみなさんのご無事とご健康をお祈りします。
どうか頑張って下さい。
(栗原務)

フクモトエミ

私から被災地の方に言えることも、私が被災地の方にできることも何もありません。
だけど私は作ることが好きです。だから作りました。
それが結果として、お金という形になって被災地の方の何かしらの助けになれば幸いです。
桜の季節には日本で桜の開花を喜べますように。

『Play for Japan』特集ページへ戻る

 
 

"special"の最新アーカイヴ

素晴らしきメランコリーの世界 〜南米の音楽の現在〜
[SPECIAL]・2010年10月23日・ 石郷岡 学(山ブラ会長) × 花田 勝暁 スペシャル対談 〜素晴らしきメランコリーの世界〜 10月某日。今回、OTOTOYさんから、「得体の知れない盛り上がりを見せ始めている南米の音楽についてざっくりと語ってほしい」という依頼があって、山ブラこと「山形ブラジル音楽普及協会」の会長である石郷岡さんを、山形県山形市まで訪ねてきました。紅葉と旅気分が相まって気分高揚! ! ! マックス・ハイ・テンション(by AKB48)な状態で、市内の某ホテルで石郷岡さんをつかまえました。いざ突撃〜〜ぃっ! インタビュー&文 : 花田 勝暁 国境やジャンルや時代そんな制約から自由で純粋な美しさを追求する音楽そんな美しい音楽への共感の輪が繋がった2010年の空気感を、もし言葉にするなら、そんな風に言えるかもしれないです。(山ブラ会長:石郷岡 学) 山ブラって? 石郷岡 学(以下I) : 東京から山形まで、思ったより時間かかんなかったですよね? 新幹線で3時間。今度はイベントの時にもいらして下さいよ。この前のカルロス・アギーレのコンサートも評判良かったし、来る価値ありますから! 花田 勝暁(以下H) : 確か...... 山ブ
OTOTOY DSD SHOP 2014開催!! - Point of No Return
[SPECIAL]・2014年11月18日・Point of No Return - OTOTOY DSD SHOP 2014 12/9(火)12:00〜12/15(月)19:00@ヒカリエ8Fですよ! OTOTOY DSD SHOP2014とは? OTOTOYでは、近年巷で話題の“ハイレゾ(Hi-Resolution)”という、CDよりも高音質のデジタル・オーディオ・データを精力的に取り扱っております。そのハイレゾや、ハイレゾのなかでも最高峰の音質と謳われるデジタル・オーディオ・フォーマット、DSD(Direct-Stream-Digital)をご紹介するイヴェントです。 2010年よりDSD音源の配信を始め、様々な形でハイレゾひいてはDSDを提案し続けてきたOTOTOYが、実際にユーザーがその音を体感出来る「場」を作ろうと考え、協賛各社にご賛同いただいて実現したのがこのOTOTOY DSD SHOP。“SHOP”と銘打ちながらも、販売をする場ではなく、展示やライヴ、トークなど様々な形で「ハイレゾを知る」、「ハイレゾを聴く」、「DSDを知る」、「DSDを聴く」ことが出来る場所を提供します。 OTOTOY DSD SHOP 2014、3つの特徴fo
OTOTOY DSD SHOP 2013
[SPECIAL]・2013年10月30日・ やります、OTOTOY DSD SHOP 2013!DSDのサウンドは一度、体験したら、忘れられません。昨年の暮れ、OTOTOY は渋谷ヒカリエで最初のOTOTOY DSD SHOPを開催しました。2012年には数多くのオーディオメーカーが、DSDを再生するプロダクツを発表したからです。OTOTOYでは2010年からDSDによる高音質配信を進めてきましたが、いよいよ、時代がそれに追いついてきた。そして、2013年にはさらに多くのオーディオメーカーがDSD再生のためのプロダクツを発表。DSDを楽しむ環境は整った。もう後戻りはありえない=POINT OF NO RETURNをコンセプトに開かれるのが、今年のOTOTOY DSD SHOPです。 昨年のOTOTOY DSD SHOPでは各社のDSD DACやDSD対応のCDプレイヤー、ヘッドフォンなどを自由に触り、試聴できるスペースを作るとともに、様々なトーク・イヴェント、ライヴ&レコーディング・イヴェントなどを開催しました。今年はそれをさらにパワーアップ。メイン会場の渋谷ヒカリエ以外でも、DSDの魅力を体験できるイヴェントを予定しています。OTOTOYやe-on
OTOTOY LIVE REC ARCHIVES
[SPECIAL]・2011年12月03日・ 一度きりの名演を高音質で! ライヴ・ハウス等で毎日行われている熱演を出来るだけ早く、良い音で、そして生々しく録音し配信する事を目的として始めたOTOTOYのLIVE RECシリーズ。アーティストだけでなく、Sound & Recording Magazineやeast worksの協力もあり、たった2年でなんと40以上ものタイトルが生み出された。ライヴ・レコーディングが始まってから1年後には、最高音質のDSDで録音出来るKORG MR-2000と言うレコーディング機器も導入され、OTOTOYのライヴ・レコーディングは、新たな展開に突入。ライヴ・ハウスだけでなく、プラネタリウムやフェス、名門BLUE NOTE等、録音場所は多岐にわたる。本ページでは、そんなOTOTOYやSound & Recording Magazineが行ったLIVE RECシリーズをまとめてみた。アーティスト、エンジニアと編集部の汗と涙の軌跡を、最高の音質でどうぞご堪能下さいませ。 【ダウンロードに関して】windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その
by オトトイ
recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集
[SPECIAL]・2009年07月14日・ 2008年7月にレコミュニがリニューアルして1年。これまでに邦楽、洋楽、有名、無名、老若男女を問わず、レコミュニ・スタッフの感度抜群のアンテナに、ビビッと反応したアーティストをいち早く紹介してきました。その中から、日本最大のフェスティバルであるFUJI ROCK FESTIVALに、たくさんのアーティストが出演します! どうやら、レコミュニ・スタッフには先見の明があるようです(笑) そして、この機会にレコミュニが大プッシュしてきたアーティストを、ステージごとに一気に紹介しちゃいます。インタビューや、レビュー、podcast対談など、色々な企画があるので、開催まで残り一週間。これを見て楽しんでください!! FIELD OF HEAVEN 出演アーティストクラムボン (7/24 20:00〜) 1995年に始動。1999年シングル「はなればなれ」でメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けながら、独自のスタンスを築き上げている。2007年7枚目となるオリジナル・アルバム『Musical』をリリース。そ
サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo
[SPECIAL]・2009年04月29日・ 「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo 去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい。リリースが相次ぎ、多くの自主企画が開催され、どこかしらでインディーズ・バンドが大騒ぎを繰り返しているのだ。そんな中、幅広い音楽の知識と20年以上続く伝統を持ち、信頼のおけるチャートを制作しているCRJ-tokyoと、CD-Rであろうと自主盤であろうと、とにかく質の高い音楽を棚に面チンし続けるdisk unionが、協力してインディーズの未来を予見するコンピレーション・アルバムを制作した。 あるインディーズ・バンドの中から10組のアーティストを選ぶという難解な決断を行うことができたのは、アーティストとリスナーの両方から信頼を受ける二組だからこそだ。そんなCRJとdisk unionの首謀者に話を聞きつつ、「サウンドポタージュ」収録アーティストを中心にした独断と偏見の2009年インディーズ相関図を制作してみた! 小さな断片だけれど、とても重要な記録である。 インタビュー —サウンド・ポタージュを制作するきっかけを教えてください。 disk union 亀山直幸(以下 :
ダンス・ロック特集
[SPECIAL]・2009年04月18日・ ダンス・ロックはどこへ向かうのか? 噂のシーンを解き明かせ! 音楽シーンを、「ダンス・ロック」という言葉が賑わせている。跳ねるリズムとハンド・クラップで満員のフロアをカラフルに染め上げるthe telephones、MONICA URANGLASS。あるいは中毒性に満ちたリズムと突き刺すようなサウンドで襲いかかるPILLS EMPIRE、The Brixton Academy。さらにはガレージ・ロックをダンサブルに仕立てたBuffalo' 3なども含め、ダンス・ロックと呼ばれるバンドが未曾有の盛り上がりをみせているのだ。シーンの経緯や動向、これからについて、ライヴ・DJ複合型パーティー"Free Throw"のオーガナイザー兼DJであり、新宿のライヴ・ハウスMARZの店長でもある、ダンス・ロック・シーンの立役者、タイラダイスケ氏に話を伺った。 インタビュー&文 : 榎山朝彦 INTERVIEW (ニューウェイヴ・リバイバルの)楽しさを、the telephonesが初めてちゃんとポップ・シーンに投げかけた —もともとタイラさんは、地元である茨城の水戸で、イベンターとして活躍されていたんですよね? タイラダ
by 榎山 朝彦
recommuni Recommy Award 2008
[SPECIAL]・2008年12月12日・ Recommy Award 2008 受賞式 2009年1月12日、ウリチパン郡にレコミー賞のトロフィーを渡してきました! イベントは、岸野雄一率いるワッツタワーズ主催の『FUCK & TOWN』@o-west。リハーサルとライブの忙しい時間にも関わらず、快く受け入れてくれたメンバーは、とてもとてもピースフル! イベントには話題の相対性理論も出演するとの事で解放された二階席までも超満員! そこに一番手で登場したウリチパン郡のサウンドは、パワフルで原始的なビートに人懐っこいメロディがミックスされ、とてもとても心地良いもの。架空の街をイメージしているというバンド名の通り、いつの間にか会場は一つの街になったような雰囲気に。 ベスト・テイクは「ゼノン」でした。独特のアフロ・ビートに印象的なシンセが重なると、お目当てのバンド関係なしに自然と体をゆらして踊る人が続出! そんな中『この日が現編成でのラスト・ライブ』とオールタイチがMCで突然の告白をし、場内にはざわめきが。けれど、その幅広いバック・グラウンドと色彩豊かなアイデアで、次回のライブでは更に進化したポップ・ミュージックを聴かせてくれるでしょう
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事