2011.06.11「SHARE FUKUSHIMA@セブンイレブンいわき豊間店」レポート

忘れもしない、3月11日(金)14時46分...

東日本大震災が起こり、東京でも震度5の揺れがあり、帰れなくなってOTOTOYで一晩を過ごした。その後、福島原発では大事故が起こり、自分達の考え方や生活も大きく変わってしまったけれど、家や家族を失った人々の悲しみを思うと、「まだまだ、何かやらなくちゃ...」そう思い続けている。

今回は、メディアジャーナリストの津田大介氏の呼びかけにより6月11日(土)に行われたイベント、『SHERE FUKUSHIMA』の舞台周りのサポートのため、福島県いわき市を訪れた。

津田大介は、震災後、得意なTwitter等を駆使して、現地の状況を伝え、復興を目指している。イベント・オーガナイザーとしての経験は少ないにも関わらず、声をあげて先導した彼の思いに引っ張られ、多くの人間がこのイベント『SHERE FUKUSHIMA』のために動いた。

渋谷慶一郎、七尾旅人、YDM、伊藤ガビン、戸田誠司等...

当日ゴミ拾い等のボランティア活動を行った東京のバス・ツアーでの来場者も、彼の動きに賛同した人が多く「日帰りでも役に立つ事があるのならと思ってやってきました!」という声もいくつか聞いた。

OTOTOY号の同乗メンバーは、OTOTOYの簑島亘司とヒップランドミュージックの粟生田悟。会場のセブンイレブンいわき豊間店で、カメラマンの佐々木亘と合流する。現地入りは、イベント前日10日の22時。辺りは真っ暗。鉄骨と屋根しかないセブンイレブンいわき豊間店。怪しげなカッパの人形が多く置かれ、鉄骨も散らばっており、とても不気味。明日は、これ等の撤去をまずはやらなくちゃいけない。下見のたった1時間に、地元の警備の方、さらには警察もやってきた。話によると、火事場泥棒が多く、警備を強化しているらしい。粉塵が多く、息が苦しい。

下見後、いわき市にある粟生田悟の実家に向かう途中で沿岸部をいくつか見て回る。1階部分の高さの津波だったのだろう。1階がぶち抜かれてもたっている家々が多く見られる。地域一体は、人の気配がなくゴーストタウンのようだ。一瞬で街を消し去る津波の威力を改めて感じた。

朝8時、現場に到着。セブンイレブンとのやりとりがそれほど上手くいってなかったようで、当日になって急遽下見で決めたステージの場所を変更。セブンイレブンの中に来場者を入れるはずだったのが、セブンイレブンをステージにして、車の往来のある道路を挟んで向かい側が客席となった。

しかも雨が降っている...
リハーサルをしながら、U-stream、ニコニコ動画、DSD録音等の準備...
やることは山積みで、信じられない程多くのトラブルがやって来たのだけれど、PAの金森祥之のおおらかな人柄やスタッフの大活躍もあり、なんとか30分押しで客入れまで持っていく。

本番が近づくにつれて、なんと天気は回復してきた! ボランティアを行った東京のバス・ツアーでの来場者や、地元の人たちもどんどん集まってくる。

14時30分、津田大介の挨拶の後、七尾旅人と渋谷慶一郎が呼ばれ演奏が始まる。
14時46分、黙祷。七尾旅人と渋谷慶一郎が再スタートする。テープ・アーティストYDMが、その音楽にのりながら、色とりどりのカラフルなテープをどんどん会場中に貼っていく。

目の前には鉄骨と屋根だけのセブンイレブン、150m後ろには海が広がり波の音が聞こえる。渋谷慶一郎の繊細なピアノ。七尾旅人の力強い声。そして張り巡らされるテープ... 来場者は、混沌を感じながら思いを巡らしている。

あの日の事、
流された家々、
地震、
津波、
原発、
家族、
被災地、
これからの事...

皆の巡らす思いが、どんどん会場をヒートアップさせていく。セブンイレブンと来場者の間を通る車が、更に混沌に拍車をかける。

七尾旅人の「圏内の歌」のフレーズ
「こどもたちだけでも どこか遠くへ 逃したい」
そのフレーズが皆の思いとして天に昇っていく。

ラストは、七尾旅人×渋谷慶一郎の「Rollin' Rollin'」で終了。津田大介が登場し、セブンイレブンの金成伸一店長を呼び込む。セブンイレブンの近くには、彼が購入した大きなゴジラや、カッパの置物、そしてモンゴルの伝統的な移動式家屋「ゲル」等も並んでいる。鉄骨と屋根しかないセブンイレブンで地元の人のために移動販売をしようと言い出したのも、彼である。このイベントを開催するにあたっても、地元やセブンイレブン本社からは様々な反対もあったようだ。けれど、たとえ反対されたとしても、自分の信じる復興のやり方を突き通すこと。何もやらないより、やったほうがいい、そんな強い意志を、彼のスピーチから感じることが出来た。

最後に、津田大介の「この経験や思いを共有していくことで世界が変わっていく。ほんとにやろうと思えば出来ちゃう時代になったんだなと感じた。」という言葉で締められ、皆で写真をとってこのイベントは終了した。

たった2週間前に決まって、超ドタバタのイベントではあったが、それでもこのイベントが成功したのは(しかも晴れた)、参加者の皆が、参加する事に受け身ではなかったことだ。東京からのバス・ツアー代1万円の中には、義援金も入っているし、ボランティアをする行程もツアーに組み込まれていた。多くの経費は、津田大介含め皆が持ち出しを覚悟していた。もちろんOTOTOY号もだ。

その受け身でない姿勢があってこそ、多くのトラブルを乗り越える事が出来たのだと思っている。本当にやろうと思えば出来ちゃうから、みんなやったらいい。震災から3ヶ月。被災地は、お金も人もまだまだ足りない。まだ募金箱を撤去しちゃいけない。まだ義援金をつくることをやめちゃいけない。決して自分達だけが日常に戻っちゃいけない。そして、音楽やアートは、今から必要になってくる。

今からでも遅くない。
なにかやろう。
(text by 飯田仁一郎(Limited Express (has gone?) / OTOTOY / BOROFESTA...)

イベント開催によせて text by 津田大介

僕がこのセブンイレブンいわき豊間店を知ったのは、福島県を取材中の5月中旬のことでした。ツイッターでいわき在住の人たちから「いわきの被災地取材するなら豊間のセブンイレブン見た方がいいよ」と教えられた僕は車を飛ばし、セブンイレブンに向かいました。

「つらいことはたくさんあるけど、ここで楽しいことをたくさんやって、楽しいことでつらいことを上書きしたいんだ」

セブンイレブンの金成店長が突然のアポなし取材に来た僕に言った一言です。お店の取材を終えたあとも、この一言が僕の中で強く印象に残っていました。

震災後、渋谷慶一郎さんと七尾旅人さんから、別々に、まったく同じオーダーをもらいました。それは、「福島の被災地を見て、その場で音楽を奏でたい。でも、自己満足でやるのではなく、僕らが向こうで音楽を奏でる必然性を作ってほしい」というものでした。

金成店長を取材後、いわき出身で現在も在住しているアーティストのYDMさんに会い、どのような形なら渋谷さんや七尾さんの求めている形のライブイベントができるか相談しにいきました。その話し合いをしている最中に、「あれ? よく考えたらライブをあのセブンイレブンでやってしまえばいいんじゃないか?」という天啓が降りてきたのです。

翌朝、セブンイレブンに向かった僕は金成店長にライブイベントの構想を告白。店長は二つ返事で「面白いね! やろうやろう!」と快諾してくれました。

そうして始まったのがこの「SHARE FUKUSHIMA」です。

今回のイベントのコンセプトはシンプルです。一流のアーティストたちが共演するパワーを具体的に被災地の復興につなげる。そして、イベントをきっかけとしてセブンイレブンいわき豊間店を「楽しいことが集まる場所」にするということです。

限られた時間の中で、準備もまだまだ十分ではありません。イベントがどういう形になるかは自分でもわからない部分がありますが、それでも成功させたいと思っています。ぜひ、多くの人に実際に現場に足を運んでもらって「楽しさでつらいことが上書きされる」瞬間を見てもらいたいと思っています。

SHARE FUKUSHIMA 参加メンバー
■アーティスト : 渋谷慶一郎、七尾旅人、YDM
■音響 / サウンド・プロデュース : 金森祥之(Oasis sound design Inc.)
■演出 / ビジュアル・プロデュース : 伊藤ガビン、戸田誠司
■舞台監督 : 飯田仁一郎(Limited Express (has gone?)、ototoy)
■写真 : 新津保建秀
■ウェブ・サイト制作 : ふるたあさほ(ASABOX)
■プロデュース : 津田大介
■主催 : SHARE FUKUSHIMA制作委員会

SHARE FUKUSHIMA web site

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto2days2マン“Last Comer”──1日目の模様をお届け
[CLOSE UP]・2017年04月28日・【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto 2days2マン企画──1日目の模様をお届け 巷を賑わせたスプリットから2曲を配信中Helsinki Lambda Club,teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. King Of The White Chip2. 36.4 REPORT : Helsinki Lambda Club × teto 2017年4月18日に行われた、Helsinki Lambda Club×tetoのスプリットアルバムの発売を記念した2daysライヴ“Last Comer”の1日目の様子をお届け。次世代の担い手最重要候補とも言えるこの2バンドの対バンを音楽メディアとしては見逃すわけにはいかないだろう。東高円寺U.F.O CLUBは蒸し風呂のような熱気と酸素が薄く感じられるほどに超満員。誰もがこの日を待ちわびていたかのような表情を浮かべていた。 文 : 宮尾茉実写真 : 高田真希子 先攻 : Helsinki L
by 宮尾茉実
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事