斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回──今話題を呼ぶ、6ix9ineって何者!?

6ix9ine

春もじわじわと近付く今日この頃、ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もお届けしますよ〜! 先月はこの連載初のインタヴューを1stアルバム『ego』をリリースしたシンガー、MALIYAに敢行。まだまだ謎の多い彼女の音楽観を紐解きました。そして今月は2月に初ミックステープをリリースしたばかりのラッパー、6ix9ineを特集。その奇抜な格好や行動で〈Soundcloud Rapper〉の1人として話題を集めまくっている彼ですが、探ると見えてくる彼の正体とは!? それでは今月もいってみましょ〜!

話題のラッパーによるデビュー・ミックステープ!!


6ix9ine / Day69: Graduation Day

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

【収録曲】
1. BILLY
2. GUMMO
3. RONDO Ft. Young Thug & Torey Lanez
4. KEKE
5. 93
6. DOOWEE
7. KOODA
8. BUBA
9. MOOKY
10. GUMMO REMIX (Feat. Offset)
11. CHOCOLATÉ
12. GOTTI

第14回 今話題を呼ぶ、6ix9ineって何者!?


6IX9INE “Billy” (WSHH Exclusive - Official Music Video)

虹色の髪はもちろん、この貌、この声、このモブ感、たまんねぇ〜! 今回は先月下旬にEP『DAY69』を出した6ix9ine(Tekashi69)を掘り下げます! 彼はよくあるSoundcloudラッパーなのか?そして本当に最低な人間なのか? 掘り下げたら意外な事が多く、人は見た目じゃないなと…。

ご存知の方も多いかと思いますが、音楽よりも不祥事でメディアに取り上げられる事が多い彼。危ない投稿をしてはアカウントを閉鎖されること5回。代表的な事例としては、13歳を交えた乱交疑惑で今だに服役の瀬戸際にあるだけでなく、虹色の髪の毛をお披露目するきっかけをくれた友人、Trippie Redとの関係も失いました。


TRIPPIE REDD ft. 6IX9INE「POLES1469」(このビデオ撮影の際に初めて髪を虹色にしたとの事。)

その後も1500万ドルでRich Gang入りのフェイク・ニュースを自身のインスタに飛ばしたり、 空港にて集団で喧嘩をおっぱじめておいて「『Day69』の良い宣伝になった」とコメントしていたりしていましたね。ダイブするもオーディエンスに避けられ床に突っ込み、その動画を「No Fake Love」と添えてインスタに自分で投稿。後に消したけどDJ Akademiksに広められるっていう一連のエピソードが自分はお気に入りです。

加えて(口を閉じると)クールな顔とは真逆の、だらしない腹と汚ない乳毛も、彼の猛者っぷりを表現する演出に一役買ってませんか。不潔で、嘘つきで、粗暴。そんな男の顔をみてください。トレードマークの虹色の前歯を見せる時、良い顔になるんだこれが。


6IX9INE Feat. Fetty Wap & A Boogie “KEKE” (WSHH Exclusive - Official Music Video)

そんなSNS映えするキャラと共に、彼の超アグレッシヴな音楽はメディアからも人気を集め、今ではXXXtentacionやLil Pumpに続く、所謂Soundcloud Rapperとして注目を集めています。しかし、自分は6ix9ineが単なる流行りだけじゃないと支持したい。それは"Ay"とか"Yah"を多用した酩酊ラップと、ハイ・ハットの連打がお約束のようにセットになってる曲が溢れる昨今、彼は独自の音楽を持ってますよ! そしてその背景には、上のような表面からは見えてこない、違う6ix9ineの顔がありました。

NY,ブルックリン出身でメキシコ人の母とプエルトリコ人の父を持つ、6ix9ineことダニエル・ヘルナンデス。アーティスト名に付くTekashiという別名は、「ドラッグの影響を強く受けている日本人アーティストの名前から取った」とのことです(…村上隆?)。また69は、性的な意味ではないそう。ダニエルは幼い頃から素行が悪く、中学2年で退学。そして同時期に父親を事件で亡くしています。昔から悪かったのは語らずとも見ればわかる事ですが、Mass Appealのインタヴューでは自身の事をこう語っています。


Open Space: Tekashi69 (6ix9ine)

「いじめられている子、親がいない子、居場所がなく社会の外れ者のような気持ちでいる彼らの代弁者になりたいと思っている。だから俺らSCUM GangはSociety Can't Understand Me(世間は俺の事を理解できない)の頭文字を並べてるんだ」「自分も小さいころ、ジョーダンとか持ってなかった。欲しかったけど、そんなカネ持ってなかった。今は買えるけど、買わない」「BapeやSupremeを買えないグループの希望になりたい。(中略)俺が貧乏であることすらクールにしてやるんだ」。そう言って笑顔を見せるシーンなんて最高ですね。

音楽や見た目とは真逆の性格なのと思いきや「小さいころ、よく両親に映画館に連れて行ってもらった。それでヴィランにすっごく憧れたんだ。映画の中の悪役に強い影響を受けていて、それはビデオにも反映されてる」と話す6ix9ine。確かに彼のビデオは破壊的なだけでなく、アニメやゲームにおける悪役のシーンを多く挟み込みます。


日本の漫画HELLSINGにインスパイアされた「Hellsing Station」

そして父親に関する話題になると、6ix9ineの世界観の根底に流れる怒りの感情と、その理由が見えてきます。

「若い頃に父親を亡くしてるんだけど、オトンは無敵のスーパー・ヒーローって感じだった。抱きかかえられると、俺は丸裸にされたかのようにすら感じたし、それがイライラした。オトンはいい人で、いつも自分を犠牲にして、皆の事を助けていたよ。だからスーパー・ヒーローってのは悩んでばかりだ。ヴィランにそんな奴はいない。スーパー・ヒーローなんてファックだと思ってる。俺は人の事なんて助けてられない。誰かのパズルのピースを欠けてたとする。だけど、俺の方がもっとピースが足らなかったりしたら、なんで他人の欠けたピースを俺がやらなきゃなんだ。世界は不平等で腐ってるゲームなんだ。」

虐げられる側だったダニエルは、それはヴィランのように破壊的なまでのエネルギーを見せつける事で、持たざる者にとっての希望になりたいという気持ちがあるのでしょうか。

…ま、いいや。今月はこの血が沸き立つような気持ちにさせてくれる「Billy」を紹介します!

These niggas say they heard of me, I ain't heard of you
Get the fuck up out my fuckin' face, 'fore I murder you
Bitch niggas always jackin' blood, but I know they flue
Whole squad full of fuckin' killers, I'm a killer too
あいつらは俺の事を知ってるとか言ってくる
俺はおめぇの事なんて知らねえけどな
殺されねぇうち、さっさと消えろ
ビッチ野郎に限って俺の事をブラッズなのかと疑ってくるが
あいつらFlue(※)だろ
俺らは殺し屋の集まりで、俺もその一人なんだぜ
Sending shots, shots, shots, shots, shots,
Everybody gettin' pop, pop, popped,
The thing go rrrah, rrrah, rrrah, rrrah, rrrah,
We send shots, shots, shots, shots, shots,
(※)FlueとはBloodsと敵対するCripsの事でCripsの青(Blue)に由来。
Cripsの赤い集団に囲まれている6ix9ineはNine Tray BloodというBlood派である地元を愛しているだけで、
BloodsでもCripsでも無いと本人が答えてます。

GWには来日も予定されているので、このフックを大歓声の中歌いたい!

シャッシャッシャッシャッシャ!

レーベル TenThousand Projects, LLC / Caroline / Hostess  発売日 2018/04/18

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


追悼──Febb

書こうか悩みましたが、最後に先月他界してしまったFebb君について少し書かせてください。

インタヴューを行うこと3回。レヴューやメール・インタヴューを含めると6回Febb君にお世話になりました。着信にも折り返してくれてしっかりと留守録にメッセージを残してくれたり、少しの質問にも長文で熱量を含んで返してくれたりと、自分には好青年という印象が強かったです。

それは近い存在の人たちが言うような一面を見れなかっただけ、俺はFebb君から遠い存在であったという事でもあると分かっています。だけどいつか友達みたいに話せる時もあるかもと、どこかで期待していました。中でも本当に影響を受けたのは、手前味噌ですが『The Season』のインタヴュー。色々な人に言ってるけど、自分でやったインタヴューの中で一番記憶に強く染みついてます。

音楽については饒舌になるのに、自身の音楽観についての質問には黙りこみ、表情を変えながら言葉を絞り出すFebb君の様子。行動と結果で自分の考えを表したいと言わんばかりの覚悟が、あの沈黙を生んでいたのだと思えてきて、文字を起こしながら俺は自分の事が恥ずかしく思えてきました。インタヴューの文中では表現を変えましたが、「どれだけ濃い1滴を落とすかが大事」と言った自身のヒップホップ観。そのストイックさに彼を少し心配すらした事を覚えています。心配しながらも、変化のスピードが残酷なほど速いこの世界で、どんなクラシックを残してくれるのかを、当然のように期待してしまっていた事も事実です。

今だから言えるけど、昨年の総括編での〆はFebb君の事を思って書いてました。『L.O.C』はめちゃめちゃ良かった。Febb君が亡くなってしまって『The Season』の功績を称える声ばかり聴いたけど、一番好きなのは『L.O.C』。『The Season』よりもアグレッシブなだけでなく、ポジティヴなアルバムだとすら思っています。ほんの少しだけど、関われた事が誇りです。お世話になりました。

今度秩父に帰る時、「すぱいす」に寄ってみるね。


【MV】piz? feat. MUTA - M.O.G.U.R.O(short.ver.)/ MUTA feat.piz? - 迷彩(short.ver.)

Febb

過去のインタヴュー記事

>>『Fla$hBackS』リリース・インタヴュー
>>『The Season』リリース・インタヴュー
>>『So Sophisticated』リリース・インタヴュー

Febb DISCOGRAPHY

「パンチライン・オブ・ザ・マンス」バック・ナンバー

第13回 未知なる魅力を持つシンガー・MALIYA
https://ototoy.jp/feature/2018021301

第12回 LAの注目シンガー・Malia
https://ototoy.jp/feature/2018011002/

第11回 斎井直史的2017年度総括
https://ototoy.jp/feature/2017121201/

第10回 KOJOE 『here』
https://ototoy.jp/feature/2017111501

第9回 PUNPEE 『MODERN TIMES』
https://ototoy.jp/feature/2017101103

第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』
https://ototoy.jp/feature/2017091102/

第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書
https://ototoy.jp/feature/2017081001/

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚
https://ototoy.jp/feature/2017071001/

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
https://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
https://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
https://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
https://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
https://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
https://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
https://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
https://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
https://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
https://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
https://ototoy.jp/feature/20140413

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」
[BISH]・2018年07月13日・【BiSH】Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」 2018年3月発売のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』がオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を即完させ圧倒的なライヴを行った"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。今年の夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018〉〈SUMMER SONIC 2018〉をはじめ様々なロック・フェスにも出演する彼女たちが、初の両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリース。また同日に内容が過激なゲリラ・シングル『NON TiE-UP』をリリースし、攻める姿勢は止まることをしらない。OTOTOYでは、8周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第1回は、セントチヒロ・チッチの声をお届けする。 BiSH初となる両A面シングルをハイレゾ配信中BiSH / Life is beautiful / HiDE the BLUE'【配信価格】WAV
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回
[CLOSEUP]・2018年07月10日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回──豊作! この夏、オススメの新譜! 梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コールを送るUKの新星R&Bシンガー、ジョルジャ・スミスの初アルバム『Lost & Found』を取り上げました。今月は豊作な新譜の中からいくつかの作品をピックアップ! ぜひこの夏はこちらの作品たちをチェックしてみては?? >>先月号、第17回(2018年6月)はこちら 第18回 豊作! この夏、オススメの新譜! 夏が近づくと、夏っぽい曲がチラホラと出るじゃないですか。それらを拾いながら、今年の夏を断片的に妄想したりしません? 今、自分はその最中ですが、昨年は海や山が似合う明るい曲が多く、今年はクールな都会の夜を思わせるサウンドが多いように思います。まず1発目。個人的には今のとこ今年イチです。 先月の記事に組み込まなかったんですが、丁度1ヵ月前に突
by 斎井 直史
【BiS連載vol.96】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.96】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。