斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回──2017年度総括編

JP THE WAVY

2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーンを斎井直史による視点で総まとめ! 先日公開のblock.fmの番組「INSIDE OUT」のMC・渡辺志保を聞き手に迎えた「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」と合わせてチェックを! 来年も引き続きよろしくお願いいたします!

>>「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」はこちら<<

第11回 斎井直史的2017年度総括

今月は通常営業ではなく、1年を振り返らせてください。個人的に今年は充実していました。レビュー記事はインタヴュー記事とは違いゼロから書くので、自分の感じ方を書き直しながら検証するような作業でした。孤独でしたが、いい機会を頂いたと思ってます!

では、今年はどうだったかというと実は…個人的には「豊作だったのに新しい刺激が少なかった」という印象が拭えずにいます。それもそのはずで、今年を賑わせた方々は日米含めて今まで種まきをしてきた面々ばかり。その活動が安定期に入ったという印象でした。

そんな中、今年の顔は6月に書いたJP THE WAVY。次に自分にとってのアイドルJJJ、Febb、そしてPUNPEEを今年も追いかけていた一年でした。上の4人に関しては文章を書いていて、没頭して書く事が出来ました。来年もまた楽しみです!


JP THE WAVY - Cho Wavy De Gomenne


JJJ - HPN ft. 5lack (Prod by JJJ)【Official Music Video】

ですが、自分が今月言いたいのは上のような事ではありません。

今年一番衝撃を受けたのは自分でも意外ですが、ラップ・バトルでした。自分にとってラップ・バトルとは、好きなスポーツ選手が出るSASUKEみたいなものでしたから、昨今のバトル・ブームにそこまで興味を持っていなかったというのがホンネの話…。そんな自分が今年のMCバトルの頂点を決める大会、KOKのレビューを他紙で書かせてもらったのが春の事でした。頂いたのはなんと8ページ。もう何度もKOKを見返しましたが、その時に今まで感じなかったバトルの魅力に気付けるようになりました。それは勝敗を競うストイックな環境下だからこそ光る、嘘偽りのない個性です。

まず、MCバトル自体はアートというよりスポーツに近いとは思います。でも、それが良い。積み重ねられた技術や、それを磨いた過去。瞬時の工夫や、とっさの表情。戦略としての手癖や口癖など、細かく観るようになるとバトルは新譜チェックよりも自分にとっては刺激的でした。そして参加するラッパーを知れば知るほどに各々のキャラがわかり、知っているキャラが増えれば増えるほどその組み合わせの妙を楽しめるのは言うまでもありません。すごい簡単に言うと、勝負って知れば知るほど、ドラマチックに観えてきてしまうんですよね。そんなバトルに距離を置いていた自分が衝撃的だったのは、KOK2017の呂布カルマ対輪入道。Ava1anchのドラッギーなベース・ミュージックにシンクロするかの如く、ドラッグを暗喩するワードが飛び交いながら的確に攻撃をしあう二人の様子は、さながら高度な空中戦といったところでした。

一方、このスタイル・ウォーズが、今年は音源で見たかったなと。数年前はアップカミングな若手だったアーティスト達が、其々のステージを上げたが故のブームだった一方、衝撃的な新人や周りのアーティストがこぞって影響を受け始めるような作品が無かった気がします。スタイルや主張、出自がどんどん多彩になり、作品は年々スタイリッシュになっていっている事は間違いない。なのに何故か皆がアートという山を登っている印象すら受けました。その傾向を感じる度に、ヒップホップってもっと手さぐりで、あえてダサく、意図的に意味不明にする風潮が少し前にはもっと強かったと思います。その頃に戻ってほしい訳ではなく、その創意工夫を凝らすストイックさが、ラップバトルのほうが今は盛んなように感じました。

今、音源が供給過多な数リリースされて、そこまで酷くダサい曲って無いと思います。だからこそ、もしダサくてもいいから衝撃的なものが出たら目立つと思うんです。名前は流石に挙げられないけど、話題にならなかったけどその気概をヒシヒシと感じれる作品は多かったです。ぜひ来年も攻める手を緩めないでほしい。昔応援していたアーティスト達が今、芸能人のように活躍している様子を見ていると、皆が語り草になるようなエピソードを沢山残しています。我こそはという気概は後からでも実るはず。俺だって、こんなブログみたいな記事書いてる場合じゃねえぞ。みなさん、よいお年を。そして来年もまたよろしくっす!

個人的に食らった曲の数々

DOGGIES「DOGGIES GANG」

言わずと知れた「雹と雪が降る」「野菜も食べる」のフック。音源ではギャグのように聴こえても大丈夫。生で観ると鳥肌が立つほど鋭く聴こえるから。


Doggies gang / KNZZ & A-THUG ~ Running pt.2 / FEBB & A-THUG

Khary & Lage Kale「Stronger」

メロウなのに歌いやすくて盛り上がりのあるフック、ピカイチ。また、過去のとの決別みたいなこの曲のような内容は、最近の一種の傾向でもあると思う。


Khary & Lege Kale - Stronger

JJJ「SOUL」

ほぼ全てのリリックがクールなのに温かみがある。

JJJ「ELA」

追随を許さない音抜きの美学。

JJJ「HPN ft.5LACK」

パンチラインというより、ビートの不安定感と曲のテーマがぴったり。

レーベル FL$Nation / AWDR/LR2  発売日 2017/02/22

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


Jarrerau Vandal 「Someone That You Love」

フックのコーラスが明るすぎて、嘘じゃなくなぜか涙が出てきました。個人的に今年ベスト。


Jarreau Vandal - Someone That You Love

JP THE WAVY「Cho Wavy De Gomenne」

ヒップホップが嫌いな妹が、この曲にすごいハマっていた事にこの曲の強さを感じました。

  発売日 2017/08/25

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


Will「On Call」


Will - On Call

メロウなサウンド需要を担っているVaporwave系。「ビッチと会う」とどちらか悩みましたが、あまり話題にならなかったこの曲を。Drakeの「Hotline Bling」からインスパイアーされたような曲です。

Rich Chigga「Gospel Featuring XXXTENTACION & Keith Ape」

ヒップホップがパンク需要を食っている証明みたいな曲。またこの2人と低音が暴走しまくるからこそ、Rich Chiggaの魅力が跳ね上がってます。


Rich Chigga x Keith Ape x XXXTentacion - Gospel (Prod. RONNYJ)

鈴木真海子「Contact」

フックの「ふやけた愛です」という言葉は、もはや発明。トラックも音がふやけてて最高。

レーベル CUPCAKE ATM  発売日 2017/06/21

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


一十三十一「Let It Out」

ラップでは全くないのですが、こんなに胸が高鳴る事はなかったので入賞。


一十三十一『Ecstasy』試聴ダイジェスト

VLUTENT ALSTONES「雰囲気でイカせるヤバいよう(pro.KABEYAM)」

実はこの曲が個人的には今年のベスト・ラップソング。狙ってたら引き出せないであろう会長の魅力が、VOLOさんの手によって見事引き出されてます! CD限定なので、絶対買え! 細かい事を気にせず、格好つけず楽しめる貴重な1曲。


※ 該当曲の配信はございません

Mya「Ready For Whatever」

音数少ない妖しいサウンドと、Myaによる3連単フロウを意識したメロディーに、ミーハーな自分はノックアウトでした。全然話題にならなかったけど、こちらは個人的に突出してベストR&Bソングでした。


Mya - Ready For Whatever

GRADIS NICE & YOUNG MAS「Music Hustler」

込み上げる自信と気概がタイト言葉になっている。久々にラップのアルバムを聴いたような気持ちにさせてくれた1枚。

レーベル DAWG MAFIA FAMILY MUZIK / AWDR/LR2  発売日 2017/10/04

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


PUNPEE「Bitch Planet」

今年を代表するアルバム『Modern Times』終盤のこの曲を聴けばいつでも、念願のPUNPEEのアルバムは最高だった…と静かに気持ちが上がります(笑)。RAU DEFのギャル男感溢れる入り方は何度聴いてもアルバム中でもハイライト。

レーベル SUMMIT  発売日 2017/10/11

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


斎井直史

「パンチライン・オブ・ザ・マンス」バック・ナンバー

第10回 KOJOE 『here』
https://ototoy.jp/feature/2017111501

第9回 PUNPEE 『MODERN TIMES』
https://ototoy.jp/feature/2017101103

第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』
https://ototoy.jp/feature/2017091102/

第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書
https://ototoy.jp/feature/2017081001/

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚
https://ototoy.jp/feature/2017071001/

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
https://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
https://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
https://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
https://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
https://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
https://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
https://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
https://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
https://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
https://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動! ! 第1弾特集アーティストは、MUTA
https://ototoy.jp/feature/20140413

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.95】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。