SUMMIT

The Beam
Lossless

The Beam

HipHop/R&B

BIM

THE OTOGIBANASHI'S、CreativeDrugStoreの中心人物として活躍するラッパーのBIMが1stソロアルバムを遂にリリースする。2017年12月にYouTubeにアップされた”Bonita”のMVは、全編ロンドンにて撮影され、映像、楽曲ともに高い評価を得た。また、その際に発表された自身が率いるCreativeDrugStoreとREEBOKCLASSICのコラボレーションユニフォーム、シューズも大きく話題を集めた。その”Bonita”も収録予定の今作は、自身のプロデュース楽曲を中心に構成され、その他国内外の信頼するビートメイカーを起用。Kendrick LamarやMF DOOMに楽曲提供を行っているAstronote、Chance The RapperやJAY ROCK、Jorja Smithのプロデュースを手がけるRascalなども参加予定。自身が中心となり、10代で完成させたTHE OTOGIBANASHI'Sの1stアルバム”TOY BOX”発表から5年。グループとしてもFUJI ROCK出演、海外公演などを経て、個人としても数多くのラッパーへの楽曲提供や、共作、客演など様々な経験を積んできたが、どこか煮え切らない自分がいると気づき、ソロ活動を本格的に始動したBIM。自身を素直に表現することで、また新しい一面が見え隠れする1枚となっている。

Somewhere
Lossless

Somewhere

HipHop/R&B

C.O.S.A. × KID FRESINO

愛知県知立市出身で名古屋を中心に活動するラッパー/トラックメイカーのC.O.S.A.と、Fla$hBackSのメンバーでニューヨークを拠点に活動するラッパー/トラックメイカーのKID FRESINOが、イベントでの共演をきっかけに制作をスタートさせたコラボレーション・アルバム。

In The Dyyp Shadow
Lossless

In The Dyyp Shadow

HipHop/R&B

DyyPRIDE From SIMI LAB

皆さんの言う「普通」って何なんでしょうね。SIMI LABきってのリリシスト、DyyPRIDEのデビューアルバム。未だ全貌が見えないヒップホップグループ、SIMI LABからまた新たな刺客がデビューする。独特の歌詞の世界観でリスナーの意識に問いかけるリリシスト、DyyPRIDE。ほとんどのトラックプロデュースをつとめるのは、先日発売した「Mud Day」も好評なEarth No Mad a.k.a QN。その他には、福岡GO GO BrothersのYUU、RINAが参加。

CARNAGE
Lossless

CARNAGE

HipHop/R&B

RAU DEF

衝撃のデビューから9ヶ月、、、早くもRAU DEFの新作が完成。磨きを増したフロウ、彼の武器であるリアルで生々しい言葉、そして幅広いプロデューサー達による世界照準のサウンドプロダクション等々、全てがアップデートされている。L-VOKALや様々なアーティストへトラックを提供しているYMGを始め、前作参加のPUNPEE, PuB KEN, JASHWON, S.L.A.C.K.も参加。さらに関西HIPHOPシーンの最重要人物「Original赤い目梟」ことDJ KENSAWの参加、MIC BANDITZなどでも活動していたGOICHIの参加など話題に事欠かない内容だが、一聴しただけで何よりも音楽性のみを追求した作品である事が十分に伺える。全編を通したRAU DEFの殺気みなぎるラップは必聴。Ya10mon☆

Mud Day Instrumentals
Lossless

Mud Day Instrumentals

HipHop/R&B

Earth No Mad From SIMI LAB

同日発売したアルバム『Mud Day』のインスト盤とされる本タイトルですが、収録楽曲にはボーナストラックとして、2曲の新曲とリードトラック''Walk Man''のアカペラverを収録!!2009年にyoutubeにPVがアップされ、SIMI LABの名を世間に知らしめることになった話題曲「WALKMAN」が遂に正規収録!!

Mud Day
Lossless

Mud Day

HipHop/R&B

Earth No Mad From SIMI LAB

2009年にyoutubeにPVがアップされ、SIMI LABの名を世間に知らしめることになった話題曲「WALKMAN」が遂に正規収録!!(しかも再録の最新アルバムVer.として収録!)Earth No Mad a.k.a QNによるオリジナリティ溢れるHIPHOPトラック上で、SIMI LABメンバーを中心に様々なラッパーが客演参加!

MODERN TIMES
Lossless

MODERN TIMES

HipHop/R&B

PUNPEE

自身のグループ・PSGでのデビューから8年。数々の楽曲を発表してきたPUNPEEの1stソロアルバムが完成。2012 年に発表したMIX CD 作品「Movie On The Sunday」に収録された楽曲”Renaissance” や、2015 年にラジオにて初披露された楽曲”Hero” も収録し、その他は、全て新しく制作された最新楽曲を収録。多彩な参加プロデューサーや、縁の深いアーティストもゲストに迎え、全16 曲収録の作品となっている。

6 Words Holiday feat. ERA
Lossless

6 Words Holiday feat. ERA

HipHop/R&B

BIM

2017年1月にVHSシングルというフォーマットで限定発売されたTHE OTOGIBANASHI’SのBIMのソロシングル「6 Words Holiday feat. ERA」が、4月12日(水)にデジタル配信シングルとして発売決定。デジタル配信に併せて楽曲の最新MVがSUMMITのYou Tubeにて公開。フィーチャリングゲストにERAを迎え、彼等の休日に対するイメージを描いた本曲は、既にライブでも披露され好評を得ている。今回You Tubeにて公開されるMV本編は、限定発売されたVHSのバージョンとはまた違う映像内容になっている。トラックプロデュースはBIM、同MVの編集は同じクルーCreativeDrugStoreのHeiyuuが手掛けている。今回のデジタルシングルのカップリングとして、昨年YoutubeにMVが公開された「オレンジシャーベット」を収録。THE OTOGIBANASHI’Sとしてのグループ活動など、マイペースに制作活動を行うBIMの今後の動向に御注目下さい。

Zama City Making 35
Lossless

Zama City Making 35

Hi'Spec

SIMI LAB のトラックメイカー・DJ として活動し、過去に自身所属のグループ、SIMI LAB のアルバムや、OMSB の2nd アルバム「Think Good」等、多数の楽曲をプロデュースしてきたHi'Spec が、初となるプロデュースアルバムをリリース。 You Tube にて先行公開された新曲”BUG feat. ABC” をはじめ、Hi'Spec にゆかりの深いアーティストがアルバムに参加している。中毒性の高いHIPHOP をはじめ、攻撃的なブレイクビーツ、そして暖かみのあるメロウなトラックまで、彼自身の人格を映したような幅広いスタイルの楽曲が並ぶ。

BUSINESS CLASS
Lossless

BUSINESS CLASS

HipHop/R&B

THE OTOGIBANASHI'S

アルバムでは、CreativeDrugStoreのメンバーとしても活動し、「Blue Popcorn」をリリースしたVaVaをはじめ、前作でアルバムの中核を担ったビートメイカーdoooo、そしてMCだけでなくトラックメイカーとしても異質な才能を開花させつつあるBim、そして以前から交流があり、インターナショナルな活動を続けるアーティスト・K.A.N.T.Aもプロデュースで参加。2014年の年末に突如You Tubeにて発表された「Department」のリミックス音源も収録予定。捉えどころの無いキャラクターでありながら、時に核心を突くリリックや、取り巻く環境の変化について等、メンバーそれぞれのリアルな感情が彼等なりの表現で織り込まれている。どんな状況でも自分達の遊びを見つける貪欲な性質は、彼等の音楽性に全て反映されている。 また本作のレコーディング&ミックス・エンジニアはイリシット・ツボイ氏が担当。

Think Good
Lossless

Think Good

HipHop/R&B

OMSB

SIMI LAB のブレインにして中心人物、待望視されていたOMSB の2nd ソロ・アルバム、堂々完成!最初からクライマックス!!

Page 2 : Mind Over Matter
Lossless

Page 2 : Mind Over Matter

SIMI LAB

OMSB、DyyPRIDE、MARIA、それぞれのソロ活動で幅広いシーンから多くのファンを獲得してきたSIMI LAB が、遂にセカンドアルバムを完成させた。先鋭的なトラック・プロデュースは、OMSB、WAH NAH MICHEAL、Hi'Spec、MUJO情が手掛け、アメコミ・ヒーローの「アベンジャーズ」さながらの個性的なキャラが揃ったMC 達がラップしている。収録曲では、ジャズ・ミュージシャンの菊地成孔氏がサックス演奏で参加するなど、刺激的な内容となっている。

Detox

Detox

MARIA

SIMI LABのメンバーとしても活動するMARIA。2011年のSIMI LABの1stアルバムを発表以降、OMSBやDyyPRIDEなどのクルーメンバーのソロ作品への参加のみならず、DJ PMX「HIPHOP HOLIC」や、BLACK SMOKER RECORDS初のコンピレーションアルバム「LA NINA」、JUKEとHIPHOPのコラボ作品「160 or 80」や粗悪ビーツの作品など、様々な作品にもゲストMCとして招かれている。2013年7月、遂に初となるソロアルバム「Detox」を発表する。本作では、盟友SIMI LABメンバーをはじめ、Cherry Brown, TAKUMA THE GREAT, OMSBの作品にも参加していたDIRTY-DやISSUE, LowPassのGIVVN, MUJO情, Earth No Mad, 東海地方の新鋭ビートメイカーC.O.S.A., Roundsvilleでも活動しているJUGGなど、幅広いアーティスト達が参加している。仲間と遊び、夜には獲物を物色し、時には自分と向き合い繊細な言葉を紡ぐ。その歌詞は、聴く者それぞれに「気付き」を問いかけてくれる。自分にも人に対しても、常に真摯であろうとする彼女の姿勢に共感する人は多い。こんなラッパー居ただろうか?

“TOY BOX”

“TOY BOX”

HipHop/R&B

THE OTOGIBANASHI'S

2012年5月にyoutubeで公開されたPV「Pool」や、「Closet」が様々なアーティストや幅広いリスナー層から支持されたTHE OTOGIBANASHI'Sのデビューアルバムが遂に完成。ロマンチックな曲や不気味な曲、色々詰まったオモチャ箱。 doooo(Creative Drug Store)によるプロデュース楽曲を中心に、Poolを手掛けるあらべぇや、VaVa(Creative Drug Store),Riki Hidaka, そしてOMSBがプロデュース参加。その例えようのない世界観は「OTG'Sらしさ」でしかない。 フレッシュな音楽は、いつも人々の理解を越えた所から現れる。

Ride So Dyyp

Ride So Dyyp

DyyPRIDE

"In The Dyyp Shadow(深い闇の中から)"と銘打たれた1stソロアルバムから約1年半。幼少期から思春期、青年期と様々な「闇」と葛藤してきたDyyPRIDE自身が、前作で闇を支配し、前を向いて走り出そうとしている。このアルバムには、深い闇から解き放たれた一人の男の言葉が詰まっている。

Mr. "All Bad" Jordan

Mr. "All Bad" Jordan

HipHop/R&B

OMSB

1st アルバム「Page 1 : ANATOMY OF INSANE」がヒップホップ・シーン内外からも注目度が高まっている、変幻自在のHIPHOP集団「SIMI LAB」から遂にOMSBのソロアルバムがリリース!!

New Country

New Country

QN

2010年「THE SHELL」、2011年「Deadman Walking 1.9.9.0」、そして2012年、3rd Album「New Country」 前作から約5ヶ月、以前に増してグルーヴを増したトラックプロデュース、ラップスキル、そしてメッセージ&アイデア。 これはQNが導く、新しい世界「New Country」である。2010年に「THE SHELL」で幕を明けたQNのソロアルバムは、新たなPHASEに入る。_

Page1 : ANATOMY OF INSANE

Page1 : ANATOMY OF INSANE

SIMI LAB

純度100%、SIMI LAB。 QN、Earth No Mad、DyyPRIDE等、各人のソロデビュー後さらに謎が深まり、ヒップホップ・シーン内外からも注目度が高まっている変幻自在のHIPHOP集団、 SIMI LAB(シミラボ)のグループとしての1stアルバムが遂に完成。客演なし、参加プロデューサーなし。彼等にしか出来ない音楽を、彼等にしかできないやり方で 構築した純度100%のデビューアルバム。例えようの無い音楽が少なくなって来た今、この作品は何にも例え難いオリジナルな空気を放っている。 QN、OMSB'Eats、DJ HISPECによるバラエティに富んだサウンドに、油断していると価値観を揺さぶるような言葉を吐き出すMC達。その言葉は時に毒であり薬。 そんな事はおかまい無しに好き勝手に活動し続けるSIMI LAB。 これはそんなシミ研究所から送られて来た一通目の研究結果報告書である。

TOP