最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信

“世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!!

触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信

spoon+ / Dress

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込)

【収録曲】
1. カンフーガール
2. おしゃれを許して
3. キングとジャックは取り込み中
4. 愛のひだりがわ
5. デュユ?デュユ?
6. SHAKIN!!
7. アイマイベイビ
8. ドレスの脱ぎ方
9. RYUSUIRAKKA
10. クローゼット時間
11. チャイム
12. 32才

※アルバムまとめ購入でデジタルブックレット&「おまけドレス」が特典としてつきます。


『Dress』Teaser Movie / spoon+


INTERVIEW : spoon+

spoon+(あこちゅあ)

spoon+とは、気まぐれな「あこ」という女の子によるソロ・ユニットだ。気まぐれすぎて、彼女の名前はいつの間にか「あこちゅあ」に変わってしまった。

あこちゅあは、普通のミュージシャンのように作詞作曲もする。しかし、彼女を特異な存在にしているのは、異常なほどの情熱で凝ったフィジカルCDを作り、そしてプロジェクションマッピングを駆使したライヴを展開している点だ。spoon+のライヴは、そこに存在しないものがあるかのような、巨大なだまし絵のような空間なのだ。

spoon+の新作『Dress』は4作目のアルバムだが、これまでとはいくつか異なる点がある。そもそも彼女にしては珍しく3年もの間アルバムが届かなかった。さらに初めてクラウドファンディングを行い、アーティストのMegumi Hommmaをアートワークに迎えて制作している。『Dress』は、本来歌詞カードが入る部分に何枚もの透明なカードのレイヤーが入れられ、さらにケースの外に歌詞カードのブックレットが同梱されているのだ。

とはいえ、OTOTOYでは音源しか配信されない(※編集部注 : 歌詞ブックレットのPDFもつけてもらえることが決定)ので困ったが、そこら辺は置いておいて、あこちゅあに『Dress』が完成するまでの話を聞いた。彼女とは10年近い付き合いなのだが、ここ数年でどんな心境の変化があったのか、予想がつかない人物なのだ。

取材&文 : 宗像明将
写真 : 大橋祐希

モノとして素敵な作品を作りたい

——そもそもなんで「あこ」から「あこちゅあ」に改名したんですか?

あこちゅあ : 「あこ」だとエゴサーチに引っかからないんですよ。だから「あこちゅあ」のほうが引っかかるかなと思ってつけました(笑)。

——そんな俗世に合わせた理由で! あこちゅあさんは何をしている人なのか、わからないぐらいですよね。モデルをしたり、アートディレクションやMV制作をしたり。

あこちゅあ : アイドルの衣装を作ったりとかいろいろしつつ、そこで学んだものを全部集結させて「spoon+」という感じですね。


カンフーガール / spoon+

——プロフィールを見るとamU(アミュ / あこちゅあがかつて在籍したアイドルグループ)の時代のことは隠しているんですか?

あこちゅあ : そんなことないですよ。amUって言ったほうがいいんですかね?

——唯一のアルバム『prism』が2009年リリースなので、あれから8年ですね。アイドル時代って振り返ってみていかがでしたか?

あこちゅあ : 朝起きて、食パンを食べる感じというか。自分の中で振り返ったら、そんなに大きな凹凸ではないイメージですね。もちろん心身のダメージはありましたけど(笑)。でも、長い目で見るとフラットというか。amUがあったから今こういうことをしているな、って感じますね。

——そこは深堀りしないほうがいい気がしてきました。amUの活動が2010年に止まって、spoon+が始まったわけですね。

あこちゅあ : amUを辞めるときには、もうひとりでやろうと決めてましたね。

——ひとりじゃないですよ、spoon+ができたときは3人いましたよ!

あこちゅあ : 危ない危ない(笑)。

——2011年からほぼ1年1枚のペースでアルバムをリリースしてきましたが、2014年のサード・アルバム『eat』以降、アルバムがリリースされなかったのはなぜでしょうか?

あこちゅあ : 今までは「アルバムを作りたいな」っていう思いが強かったんですけど、今回は「いい曲ができたらアルバムにしたいな」ってイメージが大きかったんですよね。コンスタントにアルバムを出すよりも、自分が生きる中のバイオリズムの中で、いい曲が集まったらアルバムにしようと思ったんです。

——てっきりTwitterInstagramで「おしりとお寿司」(あこちゅあが『お尻とお寿司』をテーマに毎日公開している写真シリーズ)をやっている影響で3年かかったのかと思っていました。

あこちゅあ : それも少なからず影響してますね(笑)。

——影響しているんですか! あれはなぜやっているのでしょうか?

あこちゅあ : 私はSNSが得意じゃないんですよね。だから毎日やる習慣をつけたくて。

——そうなると、別に音楽から遠ざかっていたわけではないんですね。

あこちゅあ : 前作までは作詞作曲は絶対に全部自分でしてたんですよ、呪いみたいな感じで(笑)。でも、今回はそれに飽きてきたなと思って、アレンジャーさんにコードだけもらってメロディを付けたり、作曲までしてもらったりしました。

——アレンジャーでは、amU時代からの仲間のCodiさんはもちろん、佐々木喫茶さんや山本真平さんも長い付き合いですよね。今回は、藤田卓也さんが作編曲した楽曲が多いです。最近は、水樹奈々さんや神谷浩史さん、乃木坂46や寺嶋由芙さんにも楽曲提供をしている方ですよね。

あこちゅあ : 私は「ちくわくん」って呼んでるんですけど、彼はもともと大阪の方で、最近東京に出てきて。お互い大阪にいるときにCDを聴いたら「この人めっちゃすごい!」と思って、ライヴがあるんで行って「アレンジしてもらえませんか」って言ったのが始まりですね。それでセカンド・アルバム『hear』からやってもらったんですよ。


spoon+「クローゼット時間」MV

——今回、作詞作曲を全部自分ですることに飽きたのはなぜでしょうね?

あこちゅあ : 歳じゃないですか? 私が作詞作曲して私が歌ったら「私のもの」って、すごく簡単じゃないですか? 映像制作の仕事は面倒なこともあるけどクエストになるし、もっとトライしたいっていう気持ちもあったのかもしれないですね。

——『Dress』の制作にあたってクラウド・ファンディングをしたのはなぜでしょうか?

あこちゅあ : お金がなかった(笑)。別にちょっとクオリティを下げて、透明なレイヤーのカードの枚数を減らすことも可能だったんですけど、それは無駄だなと思ったんですよね。だからクラウド・ファンディングにチャレンジして、妥協せずに作りたいなと思ったんです。もともと音楽を売っている感じがあんまりなくて(笑)。モノとして素敵な作品を作りたいし、音楽が入ってなくても買ってみたくなるものじゃないと、私がやるなら無意味だなと思って。

——Megumi Hommmaさんにはどんなことしてもらったのでしょうか?

あこちゅあ : 今回のアートワークイメージはほぼ担当してもらいました。2人で何度も何度も作戦会議をしてこのかたちにおちつきました。具体的にいうとMegumiちゃんには透明なレイヤーの文字とかあとは透明なレイヤーの文字ですね。あとは、私の写真を撮ってもらって、それにペイントしたデータをもらいました。そこに私が文字データを載せてブックレットの歌詞カードにした感じですね。

誰も本当のことを言わないし、誰もが自分がわからなくなってる

——なぜ『Dress』というコンセプトになったのでしょうか?

あこちゅあ : 毎回アルバムを作るときにイメージカラーを作るんですよ。今回は白にして、Hommmaさんに出会ってふたりで話してるときに、こういうコンセプトがどんどんできあがっていった感じですね。『Dress』って言葉自体がすごく多面的で、SNSでも「自分をどうやって見せるか」が重要視されてると思うんですよ。Instagramでは誰も本当のことを言わないし、誰もが自分がわからなくなってる、ってイメージです。自撮りをして目を大きくするのが嫌で、私は動画にしてるんです(笑)。SNSって、なりたい自分になれるツールじゃないですか? 楽しい場所にいる自分が本当の自分かもしれないし、そうじゃないときの自分が本当かもしれない。そういうことをアートワークで投げかけたいなと思いました。

——もはやブックレットはCDケースに収まってないですよね。

あこちゅあ : 「触りたくなるCD」をコンセプトにしたんですよ。透明のレイヤーもいろいろ秘密があって、盤面の私に重ねていくと、私が徐々に見えなくなる仕掛けもあって。ブックレットの歌詞と透明のレイヤーを重ねると、初めて歌詞が完成するっていうギミックや遊び心もあるんです。

——『Dress』はどういう人に聴いてほしいでしょうか?

あこちゅあ : 同年代の女の人に聴いてほしいですね。30歳を越えましたし、「こういう大人もいるんですよ」って悪い見本として(笑)。

——音楽に飽きたりはしないんですか?

あこちゅあ : 音楽だけだったらとっくに飽きてるんですけど、ワンマン・ライヴもしたいし、映像を作って体験をしてもらいたいから、自分がやりたいことのツールとして死ぬまで音楽は必要なんだろうなって考えますね。だからこそアートワークにもこだわるんだと思います。

——プロジェクションマッピングも一般化してきましたが、spoon+としてはどんなことをやりたいでしょうか?


spoon+ oneman show 「おいしいイマジネーション」DIGESTMOVIE

あこちゅあ : 差別化したいとか「こういう技術を使いたい」とか思ったことがあんまりなくて。プロジェクションマッピングが使いたいわけじゃないんですよ、段ボールに描いてもいいし。たまたまプロジェクションマッピングという技術があって、フィットするかもしれないと思って使ってるんです。技術は情熱を超えられないじゃないですか? 「こうしたいな」と思うことがなくなったら、もう死んでるのと同じじゃないですか? だから、情熱のほうに技術がついてくるスタイルで死ぬまでやりたいなというのが願いではあります。

——たとえばチームラボを見たりはしますか?

あこちゅあ : 見ます。「お金いっぱい持ってるなぁ」と思いますね(笑)。でも、結局人が感動するときって、物量でもお金でもないじゃないですか? どれだけ気持ちを動かせるかの振り幅の大きさが感動になるから。うらやましくないと言ったら嘘になりますけど、私がやりたいのはもっと泥臭い感じだと思いますね。手触りがあるもの、冷たくないものにしたいし、プラスティックな感じじゃないものにしたい。最新技術を使っても血肉が通うステージでありたいと思いますね。

——ステージに関して影響を受けたものはあるでしょうか?

あこちゅあ : サーカスが好きなんです。シルク・ドゥ・ソレイユが好きだから、そういう体験をしてほしいですね。spoon+のライヴでは、もうひとりの私が最前列にいるんですよ。そいつを帰らせないっていう戦いなんですよね。自分が見ていたとして、最後の曲までライヴハウスから帰らないようなライヴがしたいんです。

——ちなみにOTOTOYでのハイレゾ音源配信では、透明のレイヤーやブックレットはどうなるんですかね……?

あこちゅあ : 何もないんじゃないですかね(笑)。ハイレゾも買って、モノとしてCDも買っていただくと言うスタイルで!

※アルバムまとめ購入でデジタルブックレットがつきます!!!

——ハイレゾ音源を買えば、CDをトレイから外す必要がなくなりますからね!

あこちゅあ : そこを楽しんでいただきたく(笑)!

過去作もチェック!

spoon+ / hear

不敵な曲名の「バカにあげよう」のメロディやサウンドに潜むソウルな要素、「上等な眩暈」のぶっといブレイクビーツ、「イチゴオンザショートケーキ」で歌われる恋という身勝手な感情、「ワンダー・タイマー」の聴く者の記憶を呼び覚ますかのような感覚など、何度も強い波動が押し寄せる。何度も感情が揺さぶられる。


spoon+ / birth

「あー、こんな子と付き合ったら大変そうだなぁ」と思うような女の子に限って魅力的だ。spoon+のファースト・アルバム「birth」はどこを切っても、作詞作曲とヴォーカルを担当するacoの世界。

>>1stアルバム、2ndアルバムの特集はこちら


spoon+ / ギャザー

本シングルのタイトルトラック『ギャザー』は、spoon+らしいおもちゃ箱から飛び出してきたようなPOPチューン。

>>OTOTOY限定配信楽曲の特集はこちら

PROFILE

spoon+

あこちゅあ。世界の無駄を集める人物。人を驚かせたい気持ちにまつわるすべてをクリエイトしている。父を驚かすのが大好きな母親と、手先が異様に器用な父親に甘やかされて育てられる(その血をそのまま受け継ぐ)。8歳のころから作詞をはじめ、サーカスと電飾と携帯電話と科学館が大好きな大人にすくすくと成長。spoon+のトータル・プロデュースをはじめ、2014年に立ち上がったWEBブランド「GEEKCLOTHING」のデザイナーも務める。番組ナレーションや、MC、撮影モデル、ミュージック・ビデオの監督など活動は多岐にわたり、自分が何者かわからない。口癖は「ないなら作ればいいんじゃない」

>>spoon+ official site

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三