清 竜人25、3年目突入でハーレム回帰なニュー・シングルをリリース&宗像明将インタヴュー

左から、清 可恩、清 咲乃、清 亜美、清 竜人、清 美咲、清 桃花、清 優華

一夫多妻アイドル「清 竜人25」。6thシングル『My Girls♡』は前作から一転、ビジュアル・楽曲ともにハーレム回帰な楽曲に仕上げられた。リリース記念恒例の、宗像明将によるインタヴューをお届けする。

清 竜人25 / My Girls♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?
※購入方法

【配信価格】
【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1,296円(税込)
【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)

【Track List】
01. My Girls♡
02. Sundayはわたしのモノ♡
03. My Girls♡(Instrumental)
04. Sundayはわたしのモノ♡(Instrumental)

INTERVIEW : 清 竜人25

一夫多妻制アイドルグループという唯一無二のコンセプトのもと、確実に知名度を上げてきた清 竜人25。彼らのニュー・シングル『My Girls♡』は、驚くほど情報量が多い楽曲だ。生演奏による前作『アバンチュールしようよ♡』から一転してエレクトロニックだが、かと思うとジャズの要素も飛び出してくる。

今回またしても新機軸を打ち出してきた清 竜人25。そこで、結成以来の2年間を振り返ってもらいつつ、『My Girls♡』で新たにどこへ向かおうとしているのかを聞くことにした(※この取材は清 桃花活動終了前の10月に行われたものです)。

インタヴュー&文 : 宗像明将

会話をして笑っているぐらいのほうが作品のクオリティも上がる気がします

――私が取材に来て皆さん「またお前かよ」って感じだと思うんですが、清 竜人25が初ステージ(2014年9月20日に平安神宮で開催された『古今一堂!NIPPON NIGHT 平安神宮奉納ライブ2014』)から2年以上経ってもグループが続いているので、こうして取材を重ねてこれたんですよね。活動3年目に入ってみた感想はいかがでしょうか?

清 竜人(以下、竜人) : もともとはアルバムを1枚作ったら、それ以降もやろうという発想がなかったので、不思議な気持ちですね。今はアルバムを1枚作って、「次、このプロジェクトで何やろうかな?」と考えていて、シンガー・ソングライターのときよりもシンガー・ソングライターっぽいですね。

清 竜人

――最初のアルバム(2015年の『PROPOSE』)で終わらなかったのはなぜでしょうか?

竜人 : 伸びしろが見えたので、アルバムを出してツアー(2015年の『清 竜人25“ハネムーン♡ツアー”』)をして終わるにはもったいないなと。

――夫人の皆さんは3年目に入ってみていかがですか?

清 咲乃(第1夫人、以下咲乃) : 最初の1年が、自分にも余裕がなくて一瞬すぎて。意外と清 竜人25が浸透するのにも時間がかかるなと思いましたね(笑)。もっと早いかと思っていたので、なめてました。

清 亜美(第3夫人、以下亜美) : 1年で終わると思っていて、一瞬で駆け抜けてきて必死でした。最初は今よりも振り付けをしていてアイドル色も強かったけど、アルバムを出してからは、この築きあげてきた仲の良さで、本当に人妻寄りなことをしている気がします(笑)。

――それはどんなことですか……?

亜美 : 私たちの素で関係性でやっていますね。場数を踏んだことが、自分のやることに広がりを持たせつつあります。

竜人 : 同じ現場を同じメンバーで移動しつつやっているほうが、いいパフォーマンスにつながっている気がしますね。ダンスレッスンをやるより、こういう会話をして笑っているぐらいのほうが作品のクオリティも上がる気がしますね。

亜美 : 私たちのグループって、がっつりレッスンするよりも、遊んだりすることが結果的にいいステージにつながる気がします。

――美咲さんはいかがですか?

清 美咲(第4夫人、以下美咲) : 自分では行けないようないろんなところに行けたし、おばあちゃんのいる北海道にも行けて良かったです。

亜美 : 親孝行にはなったよね、こんなに頑張るところを親族に見せたことがなかったから(笑)。

美咲 : おばあちゃん、めっちゃ喜んでました。でも、パパがまだ来てくれないんですよ。「見れない」って。

竜人 : 俺が父親なら絶対見ない。

――可恩さんは、活動を開始したときはまだ高校生でしたよね。

清 可恩(第6夫人、以下可恩) : オーディションに応募したときが18歳の夏で、高校の特進コースで受験に追われていて、周りが模試とか受けていて。そこから抜け出して夢に近づけるかなとオーディションを受けたけど、落ちたら大学に行こうかなと思っていたんです。人生の分岐点みたいなときに決まったので、心にゆとりができました。今後も音楽にたずさわる仕事をしたいから、そういうのにつながっていくなと思いました。2年はあっという間どころではなかったし必死でした、でも楽しかったです。

――加入が一番遅かった優華さんも、もう1年半が経ちましたね。

清 優華(第7夫人、以下優華) : 早いですね。最初の頃は戸惑いもあって、レッスンもそんなになかったし、練習のあとにメンバーと打ち解けても、温度感がわからなかったんです。でも、最近はアイ・コンタクトもできるようになったし、ミスをアドリブに変えることも学びました(笑)。

可恩 : 前はライヴで目が合わなかったけど、今はアイ・コンタクトしてくれるから嬉しい。

竜人 : 優華のお披露目のO-WESTのとき(2015年5月27日にTSUTAYA O-WESTで開催された『清 竜人ハーレム♡フェスタ2015 Vol.4~バースデー▽パーティー2days』2日目)って、俺と会うの3回目だったもんね。

亜美 : それで「いちゃいちゃしろ」って言われてもね(笑)。

これまでのシングルとシリーズみたいな感じもあります

――そこから3年目に突入してニュー・シングル『My Girls♡』がリリースされます。「清 竜人ハーレム♡フェスタ vol.8」の初日(2016年9月27日)に初めて聴いたのですが、情報量が多すぎて元ネタがまったくわからなかったんです。曲作りのイメージはどんなものだったのでしょうか?

竜人 : もともとは四つ打ちにしたいなと思って、ダンス・ミュージック感が強いデモを作りました。BPMが早くなって、結果的には四つ打ちだけどジャズ・フュージョンの匂いもするものになりましたね。エレクトリックな要素もあるので、これまでのシングルとシリーズみたいな感じもありますね。

――たしかに亜美さんが歌っている、2番の冒頭の演奏にはジャズっぽいニュアンスもありますね。

竜人 : わかりやすくスウィングしてますね。ものすごく細かく雰囲気を伝えてアレンジしてもらいました。

――アレンジのTom-H@ckさんにはどんなオーダーをしたのでしょうか?

竜人 : けっこうやりとりしましたね。「こういう雰囲気にしてほい」と参考で送ったのが、オランダのシンガーソングライターのウーター・ヘメルです。曲名は忘れたけど、クレイジーケンバンドの曲も送りましたね。

――ギター・ソロは「アバンチュールしようよ♡」と同様に、高中正義っぽいフュージョン感がありますね。

竜人 : そこは僕からリクエストしてないから、Tom-H@ckが弾いてるんじゃないかな?

――可恩さん、今回「そばにいてあげるよ…♡」というセリフでソロのパートをもらった感想はいかがでした?

可恩 : (竜人に)最初は私のパートじゃなかったよね?

竜人 : 歌の振り分け的には、可恩がひとりで言ったほうがいいかなと。

可恩 : ふだんは竜人くんが決め台詞を言っていて、ファンの皆さんも期待しているのに可恩だから、気を遣いました(笑)。でも、やってみたら気持ち良かったし、自信に変わりました(笑)。ライヴのテンションだと言い方が難しいので、可恩推しは心して聴いてほしいです。

――今回四つ打ちを志向したのは、前作「アバンチュールしようよ♡」が生演奏だった反動でしょうか?

竜人 : そういうわけじゃないです。清 竜人25の楽曲って、総合的に四つ打ちが少ないなと思ったので、次のアルバムを意識して作りました。


清 竜人25「My Girls♡」

――夫人の皆さんが『My Girls♡』を初めて聴いたときの感想はいかがでしたか?

美咲 : 最初はもっと遅かったよね。

亜美 : 雰囲気がちょっと変わったよね、最近変わった(笑)。ライヴで初披露したときとも違うんです。

竜人 : 最終テイクに至るまで、Tom-H@ckに何度もリクエストを出したからね。

亜美 : いい意味でアイドルらしくなくて、竜人くんがシンガー・ソングライターでやってきたからこそできる差別化だなと思います。ライヴで振りを付けると可愛くて、アイドルとシンガー・ソングライターの間が絶妙で。誰が聴いてもいい曲だと思うので、いろんな人に届いてほしいです。

可恩 : サビがすっごいキャッチーで、メロディーを口ずさみたくなるよね。

竜人 : カラオケでキーを下げて歌ってほしいね。ファルセットから始まるから。

咲乃 : デモとは全然違っていたけど、Tom-H@ckさんから返ってきたほうが、余計に好きになりました。アレンジが何段階かあったけど、途中のめっちゃ元気なのも好きでした(笑)。

優華 : 私は遅れてレコーディングしたので、そのときはもう音源は完成されていました。先にみんなの声が入っていて嬉しかったです。でも、今回リズムが取りずらくてライヴ中に手こずりました。

一番今回ハーレム感が強いかもね

――MVやジャケットは、なんであんなに精力絶倫アピールになっているんですか?

亜美 : 撮影の朝イチからあの光景で、裸の子がいたんですよ!

可恩 : モロ!

咲乃 : 女はテンション激下げですよ、男はわからないけど!

亜美 : 完成版のMVで乳首が映ってなかったから逆に安心しました(笑)。

竜人 : 楽しかったですよ、乳首当てゲームしたし。

――なんですかそれは……。

竜人 : 脱いでる子はセクシー女優の子で、現場でも丸出しで。僕のアーティスト性を卑猥系だと誤解してそうでしたね(笑)。僕の目を見つめてきて「乳首当てゲームでーす!」って、目で僕の乳首を探しはじめて、プロなんで当たったんだけど、「ハズレですね」と言いました(笑)。何のプライドかわからないけど(笑)。

咲乃 : ワン・シーンで撮るところが多くて、1回失敗すると最初からやり直しになるのでプレッシャーがありすぎて、MVを見て「顔が死んでるな」と思いました(笑)。

――そもそもMV冒頭で、竜人さんが女性と寝ていて起きる光景を、夫人たちが見守っているのはおかしくないですか……?

亜美 : 「順番待ちをしています」と言われました(笑)。スタッフさんにも「やってることは狂気の沙汰だからね」と言われました(笑)。

――それも含めて、清 竜人25のもともとのコンセプトのハーレム感に立ち戻った感じがしますね。

竜人 : そうそう、それは意識しました。「Mr.PLAY BOY…♡」以降はハーレムっぽさがなかったんです。

亜美 : 一番今回ハーレム感が強いかもね。

竜人 : にぎやかにするのはいいよね。

咲乃 : ダンス・シーンがあるのがいいなと思いました。みんなで踊るシーンが最近なかったので。めっちゃ大変なんですけどね(笑)。

女の子の鼻歌は可愛いなと思いました

――カップリングの「Sundayはわたしのモノ♡」では、アレンジの宮川弾さんにどんなオーダーをしたのでしょうか?

竜人 : 弾さんのアレンジって清 竜人25に合うし、いいアクセントになるなと「プリ~ズ…マイ…ダ~リン♡」(『PROPOSE』収録)でも感じていたから、細かい指示は出してないです。トータルでのサウンド・メイクはざっくりとしか伝えてないですね。

――これはどんなイメージで作った楽曲でしょうか?

竜人 : 「プリ~ズ…マイ…ダ~リン♡」みたいな立ち位置にしたくて、メロディーもちょっと意識したかな? 歌詞の中の女の子が可愛くなるように書きました。

――夫人の皆さんが初めて「Sundayはわたしのモノ♡」を聴いたときの感想はいかがでしたか?

亜美 : まだ振りを入れてないのでピンと来てないけど、ダンスをしたら絶対可愛くなると思います。

竜人 : 鼻歌のところがミソで可愛くなるんですよ。湯川潮音の「3:15」(2004年のアルバム『逆上がりの国』収録)という曲で鼻歌になるところがすごく良くて、そこから来ています。女の子がやると可愛くなるな、って。

亜美 : 可愛くなんなきゃ! 鼻息しか出ない!

咲乃 : 可愛いです、めっちゃ。

可恩 : 全体的に可愛いです。でも、2番の歌詞のサビで「February」がないと思った。探しちゃったの、すごく。バレンタインができないじゃん?

美咲 : 今、ドッと疲れた。

優華 : 本当に可愛い曲で、私も鼻歌のところがすごく好きで、女の子の鼻歌は可愛いなと思いました。でも、録り方が難しかったです。

竜人 : フガフガ言ってる奴もいたよ(笑)。

咲乃 : 「ふん」をずっと連呼するの、難しいんですよ!

――そんな苦労を乗り越えた愛の結晶が『My Girls♡』ですが、ハイレゾならではの聴きどころを教えてください!

夫人 : ハイレゾだー!

咲乃 : 聴かせてくださいよ!

可恩 : お店でめちゃくちゃ見かけるけどわかんない(笑)。

竜人 : 俺もよくわかんない。Tom-H@ckがうまくやってるんじゃないですか? 俺がデータを作ってるわけじゃないんで。

――「PROPOSE」のとき、データを高サンプリングでもらっているって言っていたじゃないですか!

竜人 : 48の32(48kHz/32bit)じゃないかな?

スタッフ : 48の24(48kHz/24bit)に落としてます。

夫人 : ヨンパチのニーヨン?(爆笑)

竜人 : たいして変わんないでしょ?

――変わると思います……!

竜人 : じゃあ次はちゃんとやります(笑)。次はサンプリング・レートのことももっと考えてやります、プラグインのところからね。

清 竜人25 DISCOGRAPHY


清 竜人25 / Will You Marry Me?
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3


清 竜人25 / A・B・Cじゃグッと来ない!!
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / Mr.PLAY BOY…♡
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / LOVE&WIFE&PEACE♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / PROPOSE
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>夫人個別インタヴュー
>>全員インタヴュー


清 竜人25 / Christmas♡Symphony

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / DUET

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / アバンチュールしようよ

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

清 竜人25 ライブツアー 2016 秋

2016年11月9日(水)@名古屋 ElectricLadyLand
2016年11月12日(土)@仙台darwin
2016年11月20日(日)@Zepp Tokyo

清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL

2017年1月14日(火) @新木場Studio Coast

メーク♡ラブ♡ツアー

2017年4月20日(木)@名古屋 DIAMOND HALL
2017年4月21日(金)@大阪 BIGCAT
2017年4月23日(日)@東京 TSUTAYA O-EAST
2017年4月24日(月)@東京 TSUTAYA O-EAST
2017年5月11日(木)@札幌 cube garden
2017年5月16日(火)@仙台 darwin
2017年5月17日(水)@盛岡 Club Change WAVE
2017年5月19日(金)@新潟 NEXS
2017年5月26日(金)@京都 KYOTO MUSE
2017年5月27日(土)@神戸 VARIT
2017年5月28日(日)@岡山 YEBISU YA PRO
2017年5月30日(火)@福岡 BEAT STATION

PROFILE

清 竜人25

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドル・ユニット。
妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。

清 竜人25 are
清 竜人
第1夫人 : 清 咲乃
第3夫人 : 清 亜美
第4夫人 : 清 美咲
第6夫人 : 清 可恩
第7夫人 : 清 優華
(以上リンク先はTwitter)

清 竜人25 official HP
清 竜人25 facebook
冠レギュラー番組 “清 竜人25の今夜もハーレムNIGHT! ”(隔週月曜日20時~)

宗像明将 PROFILE

1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールド・ミュージックや民俗音楽について 執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。

ブログ
Twitter

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ