「一夫多妻制アイドル」が築いた3年の絆ーー清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー

左から、清 可恩、清 亜美、清 咲乃、清 竜人、清 美咲、清 優華

清 竜人と5人の妻からなる一夫多妻制アイドル・グループ、清 竜人25。6月17日に幕張メッセイベントホールのコンサートをもって「解散」する彼らが、ラスト・アルバム『WIFE』をリリースした。OTOTOYでは、(1stシングルをのぞいて)リリース毎におこなってきた宗像明将による全員インタヴューも今回がラスト…。果たして有終の美でインタヴューは終われたのか?! どうぞ、『WIFE』を聴きながらお読みいただければ幸いです。

ハイレゾ版購入者に抽選でサインプレゼント!
清 竜人25 / WIFE

【Track List】
1. 愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡
2. My Girls♡
3. アバンチュールしようよ♡
4. 25♡
5. Christmas♡Symphony
6. Sundayはわたしのモノ♡
7. Coupling♡
8. マリッジブルーを抱きしめて♡
9. マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル
10. ねえねえ...
11. LOVE&WIFE&PEACE♡

【配信形態】
【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC
【右】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC

【価格】
【左】単曲 324円(税込) / アルバム 3,024円(税込)
【左】単曲 257円(税込) / アルバム 2,057円(税込)

INTERVIEW : 清 竜人25

清 竜人25は最後まで私たちを驚かせながら去っていこうとしている。

清 竜人25のセカンド・アルバムにしてラスト・アルバムである『WIFE』のアート・ワークに登場しているのは、サイバーパンクのような姿になった清 竜人と、全員レディー・ガガになったかのような夫人たち。「一夫多妻制アイドルグループ」としてのこれまでのイメージを最後の最後で裏切ってきた。これもまた清 竜人25らしい。

『WIFE』は、すでにCDでリリースされていた6曲に加えて、2016年11月20日の解散発表時に歌われた「25♡」、配信限定シングルだった「Christmas♡Symphony」、そして新曲「愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡」「マリッジブルーを抱きしめて♡」「マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル」を収録した構成だ。

アルバムのリード・ナンバーである「愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡」は、鳴り響くベースも心地いい、ダンス☆マン編曲によるソウル・ナンバー。


清 竜人25「愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡」MV

「25♡」の音源化には、解散発表当日を思いだすファンも多いだろう。アルバムの最後ではなく前半に置かれた「25♡」を聴いてみると、そこにあるのは、橋本由香利の編曲により管弦楽器の音色も響く、夢のような世界だ。解散を告げる楽曲はとろけるように甘い。

「Christmas♡Symphony」のジャジーでドリーミーなサウンドはTom-H@ck編曲によるもの。 「マリッジブルーを抱きしめて♡」では、 川田瑠夏編曲による管楽器の音色が響くなか、清 竜人と夫人たちがマリッジブルーをめぐって歌う。 「マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル」は、「25♡」と同じく橋本由香利編曲だが、こちらはテクノ色も濃いサウンドによるポップな楽曲だ。

そして、最後を締めくくるのは2016年にリリースされた傑作シングル「LOVE♡WIFE&PEACE♡」。ダンス☆マン編曲による1960年代モータウンを彷彿とさせるサウンドと、清 竜人25の歌声による圧倒的な幸福感のなか『WIFE』は幕を閉じる。一夫多妻制というコンセプトのもと、私たちに美しい夢を見せながら。

『WIFE』は解散へ向けた、最後のスタジオ・レコーディング作品でもある。ぜひハイレゾ音源で、清 竜人25が最後に記録した生々しいヴォーカルとサウンドを体感してほしい。

2017年6月17日に幕張イベントホールで開催される「清 竜人25“ラスト♡コンサート”」で解散する清 竜人25。2014年9月20日の平安神宮での初ステージから今日まで、どんな道のりを歩み、そして今どのように解散と向かいあっているのだろうか?

実は以下のインタビューでは、『WIFE』についてまったく話を聞いていない。解散に向かっていく清 竜人25のひとりひとりの生の声を、このラスト・インタビューで読んでいただければ幸いだ。

インタヴュー&文 : 宗像明将

6月17日が終わったら、5人減るから寂しくなるかもしれませんね

清 竜人

——清 竜人25解散が決まったとき、夫人の皆さんはどんな気持ちになりましたか?

清 咲乃(第1夫人、以下咲乃) : でも、1年前に教えてもらったんですよ。だから意外と心の準備ができました。むしろマジ感謝モードの1年でしたね。

清 美咲(第4夫人、以下美咲) : 竜人くんが同じプロジェクトを長くやるわけがないし、3年もやったらやりきったし。最後は恩返しをしたいぐらい、ハッピーな感じですね。

清 優華(第7夫人、以下優華) : 1年前に知ることができたし、最後のツアーはたくさんの場所に行けるし、最後のコンサートは大きなところでできるので、ショックというよりすんなり「来たな」という感じでした。

清 亜美(第3夫人、以下亜美) : いつ解散するかわからなかったけど「やっときたか!」という感じで。最初は1年で終わると思ってたけど、3年続いたのが意外で。ダラダラやるより、みんなが好きでいてくれて「これからのグループなのにね」と言ってくれるときに解散するほうが幸せですね、アイドルは。惜しまれつつ、で。

清 可恩(第6夫人、以下可恩) : 解散を聞いたのが1年前で、マネージャーから「この時期にラスト・アルバムを出してツアーもやるよ」と聞けて、私も今後どうしようかと考えました。清 竜人25でいろんな場でお仕事をして、「楽しんで頑張ろう」って意識的な改革にもつながりました。まだ解散しなくてもいい状況でラストコンサートが用意されてて幸せだなと思います。

——竜人さんは夫人の皆さんの精神的なケアは意識しましたか?

清 竜人(以下竜人) : いや…… 特にまぁ。今日明日やめるわけじゃないし、大丈夫かな…… と思いつつ、ケアしてないと言ったら嘘になるぐらいの感じかな。

咲乃 : 正直じゃない。

亜美 : いちばん悲しんでるよね。

竜人 : はは。6月17日が終わったら、5人減るから寂しくなるかもしれませんね。

——清 竜人25の活動で一番印象的なことはなんでしたか?

亜美 : 解散発表がすべてを塗り替えました。デビューも緊張したけど、解散発表はメンバーもみんな緊張したし。ある意味レアなライヴだから、メンバーひとりひとりの映像を見て楽しんでほしい(笑)。

美咲 : お披露目の平安神宮で咲乃が自分の旧姓を言って「マジ最強だなって」(笑)。

咲乃 : まだ馴染んでなくて、癖を取るのが大変でしたね(笑)。いまだにみんなに馬鹿にされます(笑)。

可恩 : 新幹線に衣装を忘れたこと(2016年10月1日『夏の魔物』)。自分たちで衣装を管理してきた2年半で、どうしょうもない忘れ物をするのが自分だとは……。ショックだったし、今だから言えるけど、めちゃくちゃ面白かった(笑)。みんなごめんなさい……。

亜美 : ウケる(笑)。

可恩 : 私のアイドル人生でいちばんやっちゃった。そのせいで、みんなはフェスのTシャツを着て「アバンチュールしようよ♡」のスカートで。私だけ私服のスカートだったけど、その日の私服がかわいくて良かったです(笑)。

亜美 : なんとかなるもんだね。

——あの日の「夏の魔物」では、竜人さんがお客さんの中に飛びこんでいましたよね。

第一夫人 清 咲乃

竜人 : 可恩が衣装を忘れてなかったら飛びこんでなかったですね。

——優華さんはいかがですか?

優華 : 私は、「第7夫人ドッキリ」(第7夫人としてロシア人のアーニャが加入するという『LoGiRL』のドッキリ企画)がいちばんつらかったんですよ。みんなの表情を忘れられなくて。

咲乃 : 申し訳なさすぎた、優華に。

優華 : その後のレッスンで私は足をくじくし。お披露目の3日前に「ラブ♡ボクシング」で足をくじいて「終わったな」と思ったけど(笑)、ちゃんと出られて。美咲ちゃんに病院に連れていってもらいました。

美咲 : 「まじかー」と思いながら(笑)。

学校みたいで面白かった

——夫人の皆さんが竜人さんにいちばん腹が立ったことはなんでしたか?

美咲 : 「ハーレムクッキング大会」(『A・B・Cじゃグッと来ない!!』のDVDに収録)のときウザかった! もうやりたくない! 作ったものも微妙だったかもしれないけど、感想も微妙で空気が悪かったよね?

第三夫人 清 亜美

亜美 : 今なら「圧」で「おいしい」と言わせられるけど(笑)。

竜人 : 味が薄かった。

優華 : 「Will♡You♡Marry♡Me?」で抱っこされるとき、体重のこと言われて「デリカシーがない!」って(笑)。

亜美 : でも私には、たまに本音でデレっとしてきて(笑)。

竜人 : ハァ!?

亜美 : 「WIFE」のためにカップルショットを撮ったとき、撮影中に隣で「ムラムラする」と言ってて!

竜人 : 言ってない! 幻聴やで!

亜美 : 「恐いです」と言ったら笑ってて! 私に対してデレデレしてて! 「Call♡Me♡Baby」でチークダンスを踊るときに、私の前で唇をベロベロ舐めだして!

竜人 : ありえへん! お前が興奮して幻覚を見てるねん! 地雷踏んだわ!

亜美 : 録音しときたかった!

優華 : 記憶なくても言ってると思う(笑)、ウインクしても覚えてないし、無意識でムラムラしてると思う。

亜美 : 新曲(『愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡』)も私信かな?

——ほ、ほかの夫人の皆さんはいかがでしょうか?

咲乃 : 特にないです。

竜人 : その言い方が(笑)。

亜美 : 第1夫人は優遇されてるから。

咲乃 : 上位5位までは言えないんですけど、6位ぐらいはため息がムカつくこと。みんな頑張ってるときに「ハーッ」て。

竜人 : それは動悸で。

咲乃 : 解決しました(笑)。

可恩 : 私はないですよ、本当に好きですし。

亜美 : 最っ低!

可恩 : 本当にないです!

美咲 : 絶対嘘!

可恩 : ないない!

美咲 : 男はこういうの騙される!

——言い争わないでください! では、逆にいちばん楽しかったことはなんでしょうか?

亜美 : 逆に全部になっちゃうね、すべての瞬間が。竜人くんがいないときは彼への思いを膨らませ、会うときは溜めこんだ感情を爆発させて。

美咲 : 情緒が不安定すぎる!

亜美 : 嫌いな瞬間がなくて運命を感じましたね。ランボーみたいな男性が好きなんですけど、MVを撮るときに竜人くんが寒い中で頑張って撮影してて、控え室で黙って鼻水を必死に指で拭いてて、「私のランボーかもしれない!」と運命を感じましたね。

優華 : (2015年の『PROPOSE』の)フォトブックの撮影が楽しかったです。ひたすらキノコを探して見つからなかったんですけど(笑)。

第四夫人 清 美咲

美咲 : みんなでいるほうが楽しいんで。家族なんでね。あ、ライヴ前の楽屋でみんなでトランプして、竜人くんにデコピンしたらガチで怒って(笑)。

亜美 : 心狭い! カードを配ったときも、弱いカードだと私にマジギレで!

竜人 : いやいやいや(爆笑)。

優華 : 人生ゲームのときも納得してなくて(笑)。

可恩 : 「これだから俺はダメなんだ」って(笑)。

咲乃 : ふたりでいないんですよね、みんなで行動するから。でも、「腕相撲しようぜ」と言ってきたのが面白かった(笑)。

亜美 : 急にムキになる!

可恩 : いっぱいあるけど、お弁当を半分こしたこと。

美咲 : みんなしてるよ。

可恩 : 可恩はそれで嬉しかったの。可恩としたかったのかな? 竜人くんは楽しかったことなに?

竜人 : 何かなー? あったかなー?

美咲 : 全部だよね?

竜人 : ちょっと考えてみるね(笑)。

——竜人さんは、こういう自分以外女性だけのグループを2年以上やってみていかがでしたか?

竜人 : 楽しかったですね。高校も出てないし、中学も男子校だったんで。女性と仕事をすることはあったけど、毎日じゃなくても会う予定があるとか、学校みたいで面白かったですよ。

美咲 : 竜人くんがいても、みんな同じ部屋で着替えるしね。

竜人 : 僕は無意識にムラムラしてるのかも?

亜美 : ほらー!

メンバーにマジで助けられました

——メンバー・チェンジもありましたが、夫人たちの関係に変化はありましたか?

亜美 : ピンチがあるたびに必然的に仲良くなりました。

美咲 : 「ギュッギュッ!」って。

咲乃 : わかりあえるのは本当の家族でもないし、スタッフさんでもないし、メンバーしかいなかったし。

可恩 : 「仲いい」とは違うし、なんなんだろしね?

——菜月さん(清 菜月。第5夫人)がいなくなって、優華さんが加入したことも大きかったのでは?

優華 : ドッキリはキツかったけど、レッスンでは距離が縮まるまでに時間がかからなくて。みんなが仲良くしようとしてくれたのがわかって、自然にそうなりました。

亜美 : 3年続いたのは優華の存在が大きかったと思います。気を遣ってくれました。新しい子が優華なのは大きかった。

可恩 : 「どんな子が来るかな?」って思ってたら、優華みたいなできた嫁が(笑)。

優華 : ほめられるのがこわい、またドッキリかなと(笑)。

——活動を通して、いちばん精神的にキツかった時期を教えてください。

亜美 : 解散発表がそうかもしれない。入ってすぐもそうかな?

咲乃 : 亜美は「人にすごく気を遣う」って相談してきたよね?

亜美 : チームで活動をしたことがなくて、人見知りだったけど、咲乃がこういう性格だから話しかけてくれて。入って仮歌を録るときに、竜人くんが会った瞬間に「亜美!」って呼び捨てで言ってきて! まだ開きかけだった心が「ボン!」ってなって「もう無理!」って(笑)。1年しか活動しなかったら心を開かないまま終わってましたね(笑)。もうチームでやることはないと思うから、入ってよかったです。得るものがすごく大きかったです。

咲乃 : 解散を言うときは「どうしよ? どうしよ?」って。反応が生で見られるから恐かったけど、メンバーにマジで助けられました。

可恩 : 情緒の浮き沈みが激しいタイプだから常にありますけど、解散発表後かな? Twitterで日記を書き始めた頃が闇でした。日記を書き出してから(2016年11月20日のライヴの)リハを始めたけど、それが終わったら「これから何のためにやろう?」って。ツアーやアルバム前に空いた期間の年末やばかったです。2016年の9月から12月までとか。

美咲 : 私は「COUNTDOWN JAPAN」に出られなかったことだな。

可恩 : あれは現実を突きつけられた気がしました、「みんなと過ごせない」って。

咲乃 : 年末って、本当は忙しいはずじゃないですか? 「チッ」と思いました、正直悔しかった。

美咲 : ライヴがないときとか、会わなくなるときがあるんですよ。ひとりになると常に「うーん」となりますよ。

優華 : 会うときは元気になるよね。

美咲 : あと、「25♡」の振り入れしたときはヤバかったですね。解散発表も、最初は私たちも前を向いてる形だったけど、みんなの顔を見られないと思ったから、意地で後ろを向かせてもらったんですよ。


清 竜人25、解散発表!@ZEPP TOKYO 2016.11.20

優華 : みんなと一緒かな。「25♡」の振り付けのときに、「みんな振り付けで途中で気づくかな?」と思って、そのときメンタルがきてたかな? でも、みんなと会うこと多かったから助けられました。

竜人 : 僕は去年の10月ぐらいかな。「My Girls♡」の前ぐらいですね。いろいろ忙しくて、考えることも多くて。やることが多かったですね、Zepp Tokyoの準備もありましたし。

——夫人のみなさんは、TOWNの開始を聞かされたときはどんな気持ちになりましたか?

咲乃 : 聞いたのは発表の3日前かな? ソロをやるのは知ってたし、私たちにも関係するから「なんで知らせない?」と思って!

竜人 : めっちゃ怒ってる(笑)。

咲乃 : 腹が立ったことの4位ぐらいで。しっかり教えてほかったし、私たちも知るべきだし。

亜美 : プロジェクトとモヒカンと墨は聞いてたんですけど、全裸は聞いてなくて(笑)。情報を見たらケツが出てきて(笑)。きれいなケツだなと拝みましたね(笑)。

可恩 : 直近に知らされたので、メンバー内で「知らされてないスパイラル」を感じてて。「教えてくれてたら良かったのなー、この人ヤバいなー」と思いましたね。でも、楽しそうだし、バンドも好きだし、ライヴを見たいです。

美咲 : TOWNでこっちのライヴが減るなら怒るな、と思いました(笑)。

竜人 : TOWN、めっちゃ嫌われてる(笑)。

優華 : ヴィジュアルにだいぶショックを受けたんですけど、予想を超えてきて、竜人くんだなぁと……(笑)。

亜美 : でも私たちも背中に入ってるかもしれないし!

竜人 : ラストコンサートで見せたりね(笑)。

亜美 : 後ろを向いたままステージから去らないと(笑)。

——TOWNが清 竜人25に影響した面はあるでしょうか?

竜人 : 一時期僕の眉毛なくなったぐらいで(笑)、お互い干渉してないですね。音楽的にもコンテンツ的にもまったく違うものなので。

——竜人さんがTwitterを始めたのは、夫人に影響された面はあるでしょうか?

竜人 : それはないですね、だったらもうちょっと早いタイミングで始めてました。

こんなにあったかい現場はないと思う

——夫人の皆さんは「専業主婦」になるとのことですが、今後の予定を教えてください。

亜美 : 水商売(笑)。副業でスナックをして家計を支えます。でも、いちばんは竜人くんを支えたいですね。竜人くんだけのものになるので密に。

竜人 : 俺が「スナック亜美やめて」って言ったら?

亜美 : めっちゃ萌える! 言って! 束縛されたい! 言って!

——ほ、ほかの皆さんはいかがですか?

咲乃 : お風呂掃除とか頑張りたいです(笑)。最近お風呂に凝ってて、キャンドルとか買って、今度はキャンドルを作りに行こうとしたら4,500円とかして。お風呂掃除を頑張りたいです、竜人くんはお風呂入らないので。

亜美 : ランボーだね!

第六夫人 清 可恩

可恩 : 竜人くんは変わらず働くんで、可恩は趣味でバンドをやるかも。お金は旦那が稼いで(笑)。

美咲 : 普通に働きたいです、普通の主婦になります。もう3年でお腹いっぱいになりました。

亜美 : 今のジーンときた。

可恩 : キャンディーズだった。

優華 : 専業主婦を頑張りながら趣味や遊びを探します、自分探しの旅で(笑)。いきあたりばったりで、何か面白いことがあったら飛びこんでみます。楽しいことをして生きていきます。

——竜人さんをはじめ、みなさんにとって清竜人25とはどんなものでしたか?

竜人 : 一言で言うのは難しいけど、「清 竜人25」というひとつの作品かなと思っていて、いいコンテンツを作れたかなと思いますね。アイドル・シーンやらJ-POPシーンやらの立ち位置の中で、総じて面白くできたかなと思いますね。

咲乃 : 難しいなー、大きすぎて言葉にならないんです。言葉に表せないもので、言葉なんかで表したくない。

亜美 : 青春だと思う! 青春期にちゃんと青春を送れなくて、周りからも「やっと人間らしくなったね」と言われるんですよ(笑)。社会の中で存在できるようになったし、自分の役割を見つけてできた気がしたら、逆に入らなかったら恐かったですね。人としての試練で、楽しくも大変で、必要なものでした。

美咲 : 社会勉強でしたね。マネージャーにすごく怒られたので、怒られ慣れしました。社会に出る準備ができました。

可恩 : 転機ですね。音楽活動もしてましたけど、「これ!」と道を決めてくれるものはなかったし、このオーディションを受けてなかったら、高校生で大学受験をしてたので。アイドルというジャンルをやれてすごく嬉しかったです。

優華 : ……愛。

亜美 : めっちゃウケる(笑)。

優華 : 締めだからいいことを言わないと(笑)。メンバーもみんなでお菓子パーティーをするぐらい異常に仲が良くて愛しかなくて、ファンの方にも愛しかなくて。愛し愛されて、自分も成長しました。密に人と関われて勉強になったし、私の中で一生忘れられない経験です。

第七夫人 清 優華

——最後に、清 竜人25のファンの「清家」のみなさんへのメッセージを聞かせてください。

亜美 : こんなにあったかい現場はないと思う。

優華 : 本当にあたたかいよね。

亜美 : ファンの方との関係から学ぶことも多くて、頑張る原動力が、現場やSNSでの声であることが多くて。人のありがたみをファンの方から学んで感謝しつつ、最後まで絶対ついてきてほしいです。絶対泣かさないよ、楽しいグループなんで。楽しみにして来てほしいです。

可恩 : 竜人くんがいちばん泣くね。

咲乃 : 最後まで笑いたいね。そっちのほうが伝説っぽくないですか? 解散発表も銀テープが飛んだし、あまり悲しまないでほしい。無理か……。

亜美 : 最後まで一緒に青春しましょう!

美咲 : あまり接触系のアイドルじゃなかったのに、地方でやってもたくさん来てくれて感謝してます。アウェイな現場でも必ず誰かは来てくれてたので。ラストツアーは最初で最後の人もいるだろうから、毎回神現場にしたいです。

可恩 : 本当に家族サービスみたいな感じで、みんなで旅行して、おいしいものを食べて、ライヴして、夢みたいに終わってほしいですね。清 竜人25って最初から夢だったんじゃない? 6月17日が終わったら「あれ? いた? なんだったんだろう?」って。そういう感じて終わってほしいし、そういう記憶の残り方をしたいです。

優華 : 途中から加入したし、複雑な気持ちの人もいたと思うのに、すんなり受け入れてくれて。笑顔で幸せそうな顔をしていてくれたから、私も勇気づけられて緊張しないでできたんです。今も元気をもらってるし、何があってもついてきてくれてる方が多くて本当に感謝してます。清 竜人25は多幸感や二次元感があるので、ラストコンサートでもそれを守ってみんなに笑顔を与えたいです。はい、竜人くん!

竜人 : まぁ……「楽しんでほしいなぁ」という気持ちがいちばんにありますね。もう見られなくなりますしね、楽しんでほしいなと。さっきの可恩の話じゃないけど、「25♡」の4行目の歌詞いいね(『夢でも現実でもない♡ 貴方との日々は♡ きっと♡ 神様がさ♡ 見たいと願ってた ラブストーリーね♡ 』)。こういう風に思ってくれたらいいかな。

——(歌詞の資料で顔を隠しながら)夢でも現実でもない、と。

亜美 : そういえば、さっきの「楽しい思い出」は?

竜人 : (両腕で時計の針が進むポーズをしながら)楽しい思い出は、今、更新を続けてる(笑)。

夫人 : なにそれ!(大爆笑)

清 竜人25 DISCOGRAPHY


清 竜人25 / Will You Marry Me?
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3


清 竜人25 / A・B・Cじゃグッと来ない!!
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / Mr.PLAY BOY…♡
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / LOVE&WIFE&PEACE♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / PROPOSE
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>夫人個別インタヴュー
>>全員インタヴュー


清 竜人25 / Christmas♡Symphony

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / DUET

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら


清 竜人25 / アバンチュールしようよ

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

清 竜人25 / My Girls♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz) 【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

清 竜人25“ラスト♡コンサート”

2017年6月17日(土)@幕張メッセイベントホール

2017年4月20日(木)@名古屋 DIAMOND HALL
2017年4月21日(金)@大阪 BIGCAT
2017年4月23日(日)@東京 TSUTAYA O-EAST
2017年4月24日(月)@東京 TSUTAYA O-EAST
2017年5月11日(木)@札幌 cube garden
2017年5月16日(火)@仙台 darwin
2017年5月17日(水)@盛岡 Club Change WAVE
2017年5月19日(金)@新潟 NEXS
2017年5月26日(金)@京都 KYOTO MUSE
2017年5月27日(土)@神戸 VARIT
2017年5月28日(日)@岡山 YEBISU YA PRO
2017年5月30日(火)@福岡 BEAT STATION

PROFILE

清 竜人25

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドル・ユニット。
妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。

清 竜人25 are
清 竜人
第1夫人 : 清 咲乃
第3夫人 : 清 亜美
第4夫人 : 清 美咲
第6夫人 : 清 可恩
第7夫人 : 清 優華
(以上リンク先はTwitter)

清 竜人25 official HP

宗像明将 PROFILE

1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールド・ミュージックや民俗音楽について 執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。

ブログ
Twitter

o

 
 

インタヴュー

Ryu Matsuyamaインタヴュー メジャー1stアルバムをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2018年05月21日・ピアノ・スリーピース・バンド、Ryu Matsuyama メジャー1stアルバムをリリース Ryu(ピアノ・ヴォーカル)、Tsuru(ベース)、Jackson(ドラム)からなるスリーピース・バンド、Ryu Matsuyama。メジャー1stアルバム『Between Night and Day』をリリース、ハイレゾ配信も開始。アートワークにも注目が集まる本作品が作られるまで、そして、それぞれの音楽性についても訊いた。 Ryu Matsuyama / Between Night and Day'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2500円(税込)【Track List】''1. Window2. Footsteps3. City4. That Mad Rad Tale5. Istante6. Take a Piece7. Simply, Something8. Return to Dust9. Landscapes INTERVIEW : Ryu Matsuyama 「Ryu Matsuyamaの音楽とはこうだよね」と言わ
メロディーやフレーズが新たな理想にーThe Sea and Cake、新アルバムをハイレゾ配信
・2018年05月18日・メロディーやフレーズが新たな理想に到達した──The Sea and Cake、6年ぶり新アルバムをハイレゾ配信 実に6年ぶりとなる新アルバム『Any Day』を完成させて、ザ・シー・アンド・ケイクが帰ってきた! 今作は、サム・プレコップ、ジョン・マッケンタイア、アーチャー・プルウィットの3ピースとなって初のリリース作であり、近年では最も“歌”にフィーチャーしたポップ・アルバムとも言えるだろう。今作には、2016年のブライアン・ウィルソン〈『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアー〉にて音楽監督を務めたポール・マーテンズがフルートとクラリネットで、そしてユーフォン(Euphone)名義での活動でも有名なニック・マクリがダブル・ベースで参加し、オリジナリティ溢れる傑作アルバムが完成した。OTOTOYではそんな『Any Day』を、ハイレゾ独占配信中! 細部までこだわり抜かれたそのサウンドを、ぜひハイレゾで体感してみてください。 6年ぶりの新作アルバム! The Sea and Cake / Any Day 【配信形態・価格】ALAC、FLAC、WAV、AAC(24bit/96kHz) : アルバム
【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」
[EMPIRE]・2018年05月11日・【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。 EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格
by 西澤 裕郎
多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース
・2018年05月15日・多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース ダンス・ミュージックをコンセプトに、幅広い音楽を変幻自在に織り交ぜる、4人組インストゥルメンタル・バンド、Sawagi。前作『Starts to think?』リリース・ツアーにて、南アフリカ13箇所のツアーを敢行し、バンドの持つ高度なアンサンブルやグルーヴ感をより一層確かなものにしていった。そんな彼らが、2018年5月23日に、1225日ぶりの新作『Kabo Wabo』をリリースする。そして共同プロデュースとして、卓越した音楽センスを持つ、松田“CHABE”岳二を迎えての制作となっている。今作では、ファンク、ジャズ、エレクトロの他にも、ヒップ・ホップやバレアリックなどの多彩なジャンルを融合し、独自のダンス・ミュージックを鳴らしている。そんな今作の魅力をいち早く伝えるべく、OTOTOYでは今作の先行配信開始するとともに、インタヴューを敢行! ぜひアルバムとともにチェックしていただきたい。 待望の新作!!Sawagi / Kabo Wab'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 2
by ?
THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景
・2018年05月16日・THE NOVEMBERSが描く情景と感情──EP『TODAY』1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始 国内外問わず様々なアーティストと共演し続け、今や日本を代表するバンドとなったTHE NOVEMBERS。そんな彼らが約1年半ぶりとなる新作EP『TODAY』をリリースした。メンバーが以前よりリスペクトを公言しているL’Arc~en~Cielのカバー曲も収録した今作。OTOTOYでは今作の1ヶ月間ハイレゾ独占配信スタートに伴い、小林祐介(Vo/Gt)と高松浩史(Ba)のふたりにインタヴューを敢行。記事の最後では、本人が今作をハイレゾ配信したことについても言及している。インタヴューの内容と共に新曲をチェックしていただき、彼らのつくる世界をしっかり味わって欲しい。 約1年半ぶりの新曲収録! 1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始! THE NOVEMBERS / TODAY'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 410円(税込) / アルバム 1,200円(税込)【収録曲】''1. みんな急いでいる2. O Alquimista3. Cradle4. TODAY INTERVIEW
by ?
空気公団、結成21年目に訪れた春──新アルバムを先行配信
・2018年05月16日・空気公団、結成21年目に訪れた春──メンバー3人だけでつくりあげた特別な新アルバムを先行配信 昨年結成20周年を迎えた空気公団が、新アルバム『僕の心に街ができて』を完成させた。約2年ぶりの新作となる今作は、山崎、戸川、窪田のメンバー3人で制作、演奏、録音、ミックスまで手掛けたこれまでにない特別なアルバムとなっている。そんな今作をOTOTOYではCDリリースの5月23日に先駆けて1週間の先行ハイレゾ配信でお届け。21年目の新たな春の訪れを感じさせる新アルバムをぜひインタヴューとともにお楽しみください。 CDリリースに先駆けて配信開始! 空気公団 / 僕の心に街ができて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1.美しい重なり2.青い夏の日3.いま、それこそが4.雨のリズムに乗って5.こうして僕は僕らになった6.思い出の全て7.静かな部屋8.見えないままにしないで9.君は光の中に住んでいる10.うつろいゆく街で INTERVIEW : 空気公団昨年2017年に結成20周年を
sora tob sakana 祝メジャー・デビュー! 「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー
[POWERPUSH]・2018年05月16日・sora tob sakana メジャー1stミニ・アルバムリリース!「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』がついにリリース。OTOTOYではメンバー1対1インタヴュー連載をお送りしてきましたが、今回はメンバー全員がインタヴューし答えた、座談会風インタヴューをお届けします。 アルバム購入者から抽選で5名様に直筆サイン入りポスターをプレゼント!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool M2. 鋭角な日常 M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 2160円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆直筆サイン入りポスタープレゼント応募要項☆『alight ep』 をアルバム購入頂いた方から5名様※通常音源、 ハイレ
cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!
・2018年05月16日・それは来たるべき音──cero、3年ぶりの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』ハイレゾ配信 R&Bやネオ・ソウル、現代ジャズのグルーヴをふんだんに吸収し、ある意味で新たなこの国のポップ・ミュージックの指針を作った前作『Obscure Ride』──同作はある意味で2010年代後半のこの国のインディ・ロックの多様なリズムの実験を牽引する作品のひとつとなった。そして3年ぶりのceroの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』は追随するフォロアーがまだ見ぬ、はるか先のポップ・ミュージックの未来を指し示す作品になった。そう、それはまさに掛け値無しの傑作と言えるだろう。昨今のアフリカや南米のフォークロアな感覚も持ったハイブリッドなポップスが持つマルチ・カルチャラルなリズム感、そして髙城の歌と日本詞、そこに連なるコーラス・ワーク、これらが渾然一体となって、cero印の新たなポップ・ミュージックを作り出している。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信を行うとともに、本作を作り出した3人にインタヴューを多なった。さまざまな音楽性が散りばめられた本作は、細かなニュアンスやアレンジメントの響き、リズムの刻みと、
by 河村 祐介