個人的に、サイケデリックなバンドは大好きなのだが、近年のシューゲイザー・リバイバルと呼ばれるようなバンドでいいと思えるものは少なかった。では、その差が何なのかと考えてみると、それは音に必然性があるかどうかの違いなのだと思う。つまり、スタイルとしてではなく、思想が音になっているかどうか、そこがポイントなのだ。そして、きのこ帝国というバンドは、間違いなく思想が音になっているバンドである。現代の若者のほとんどがどこかに抱えているであろうある種の諦念が感じられる一方で、生きることに対する情念にも近い固執があり、その二つが摩擦を起こすことによって生まれるノイズこそが、きのこ帝国が生み出す音の正体なのだろう。だからこそ、きのこ帝国というバンドはスペシャルであり、こういうバンドこそが、誰かにとってのかけがえのない存在になる資格を持っている。デビュー・アルバム『渦になる』、ぜひ聴いてみてほしい。

インタビュー&文 : 金子厚武

待望のデビュー・アルバムが登場

きのこ帝国 / 渦になる
【価格】
単曲200円 / アルバム1200円

きのこ帝国が結成されたのは、2007年。同じ大学に通っていた、佐藤(Gt,Vo)、あーちゃん(Gt)、谷口滋昭(Ba)、西村”コン”(Dr)の4人から成る。結成の翌年からライヴ活動を開始し、以降ライヴ・ハウス・シーンで特別な存在感を放ち続けている。これまで2枚の自主制作アルバムをリリースし、本作『渦になる』が初の全国流通盤となる。

かっこいいと思う音を探してやってる

――きのこ帝国の音と佇まいから最初に連想したのは、シガー・ロスとフィッシュマンズでした。

佐藤(Gt / Vo) : 自分はすごく好きですね。ただ、深くシガー・ロスをいっぱい聴くっていうよりかは、「あのアルバムの3曲目が好きだから聴く」とかっていう感じです。あと、レディオ・デプトとか好きですね。でも、(他のメンバーは)「フィッシュマンズ何となく好き」ぐらいでしょ?
あーちゃん(Gt) : 外人は…レディオヘッドとかも全然聴いたことない。フィッシュマンズも全然詳しくはないです。BGMで流れたら声とかでわかりますけど、自分から買って聴いたりは全然。

――みんなが共通して好きなバンドとかはある?

佐藤 : シゲ(谷口)以外だと、ナンバーガールが好きです。

――全員じゃないじゃん(笑)。

あーちゃん : 共通して好きなのは、対バンした人とか、ライヴ・ハウスで出会った人。
佐藤 : 「このバンドいいね」っていうツボはわりと一緒ですね。

――『渦になる』にはこれまでデモで発表した曲も含まれてて、最初のデモに入ってた「スクールフィクション」とか「Girl meets NUMBER GIRL」とかは、それこそナンバーガールを連想させるようなアップテンポなギター・ロックだけど、徐々にサイケデリックな轟音寄りの曲調に変わっていったわけだよね?

佐藤 : このアルバムに入ってない「ミュージシャン」(1枚目のデモに収録)って曲が初めてできた轟音のゆったりした曲で、それができたのは夜の夢っていうバンドの音源を聴いて、「いいな」って思う部分があって。電車の中でほとんど妄想で曲ができて、それをバンドで鳴らしてみたらすぐに出来上がって。その曲ができたときは「スロウダイヴみたい」って言われたりしたんですけど、実は夜の夢に影響されて作った曲です。

――海外のシューゲイザー・バンドも聴いてはいたの?

佐藤 : マイブラとかライドとかは聴いてました。ジザメリとかはあんまり聴いてないです。
あーちゃん : 他の人は多分聴いてないと思います(笑)。
佐藤 : あーちゃんはスタジオでスケール関係なくグイッと弾くときがあるんですけど、それがダイナソーのJ.マスシスに似てるなって思って、無理やり聴かせたことはあります。
あーちゃん : マイブラとかダイナソーとか、ずっと「聴いた方がいい」って佐藤さんに言われ続けてたんですけど、聴いてなかったら、遂にパソコンに送られてきて…。
佐藤 : レディオ・デプトとダイナソーを一曲ずつ送ったんです。曲を作ってたんで、「こういうイメージで」って。
あーちゃん : レディオ・デプトはかっこよかったです。対バンとかライヴを見た人から「マイブラとか好きなんですか?」ってよく聞かれるんですけど、マイブラは全然聴いてなくて…っぽいですか?

――シューゲイザーの代表って言ったらマイブラだからね。でも、あーちゃんはプレイにスティック使ってたりするから、ソニック・ユースとかその辺のバンドは好きなのかと思ってた。

あーちゃん : ああいうのは、仕事の先輩にギタリストがいて、その人がすごい「変な音大好き」みたいな人で、ホット・タッチしかやらない曲とか、弦を叩いてるだけの曲とかあったりして、それが「すごいかっこいい」と思って。私はオシャレにカッティングとか、速弾きとかそういうのはできないと思って、音響的なことをすごくやりたくて。「足首」でスティックを使ってるのも、セッションしててバスドラのとこにスティックがあったから、「やってみるか」って、ホントに何となくだったんです。

――なるほどね。せっかくなので、男性陣のプレイのルーツも教えてください。谷口さんはどうですか?

谷口滋昭(Ba / 以下、谷口) : 入りはハイ・スタンダードで、中学の頃はスネイル・ランプとかピストルズのコピーをやってて、高校生になると地元のライヴ・ハウスでライヴを始めて、スカを取り入れたものとかをやってる感じでしたね。

――じゃあ、今のきのこ帝国の音楽性と直接的に関係するようタイプの音楽はそんなに聴いてなかった?

谷口 : でも、結構シューゲのベースも硬派なところがあると思うんですよ。ちゃんとボトムを支える、コード感を出す、そういうところは昔から受け継いでると思いますね。

――なるほど。西村さんはどうですか?

西村”コン”(Dr / 以下、コン) : 最初はtoeとかドラムがかっこいいのが好きで、きのこ帝国のSEで使ってるマウス・オン・ザ・キーズは今も好きですね。最近バンドに消化してるっていう意味では、ベン・フォールズとかタヒチ80とかを聴いてます。

――へー、それも面白いチョイスですね。

佐藤 : ただ、聴いてるものからの影響っていうよりは、スタジオとかライヴ・ハウスで鳴らしたときの感覚で作ってるから、自分たちにとって心地よかったり、かっこいいと思う音を探してやってるつもりで、「あのバンドかっこいいから、セッティング調べて真似してみよう」みたいのは一回もやったことないです。低音がブワーって来たらかっこいいから、とにかく低音ブーストさせようとか、そういうところからちょっとずつやってきたような感じです。轟音に包まれてる感じ、マーシャルの前で振動を受けてるのが好きなんで、自ずと音がでかくなっちゃったみたいな、そういう感じでやってたんだと思います。

――シューゲイザー系のギタリストによくある、エフェクターをバーッと並べて、みたいな感じではないと。

あーちゃん : あれは荷物が大変そうだから…。
佐藤 : 正直キャビ10個は積みたいですけど、エフェクターの要塞はいらないです。ノー・エフェクターで轟音の方がかっこいいと思ってて、最初はリヴァーブもディレイもつないでなかったんですよ。マーシャルに内蔵されてるリヴァーブをちょろっと上げるぐらいで。

――テクニカルな側面よりも、フィジカルな気持ちよさとか、曲の持ってるエモーションを重視した結果が、今の音につながってるってことだよね。で、そのエモーションの核になってるのが佐藤さんの歌だと思うんだけど、どこかフォーク・シンガーっぽいなって思うんですよね。

佐藤 : 元々はわりとR&Bが好きで、お兄ちゃんがブラック・ミュージックをわりとよく聴いてて、それをかっこいいと思って真似してました。でも、中学ぐらいのときに、やっぱ黒人の歌い方は自分の声帯じゃ無理だと思って、それからギターで曲を作り始めて。フォーク・シンガーみたいなイメージは自分の中になかったんですけど、自分の声が生きる歌い方を無意識に模索してて、今みたいな歌い方になったんだと思います。

――じゃあ、フォークとかはそんなに興味ない?

佐藤 : そんなにないですね。弾き語りのときは、「アシッド・フォークっぽいね」とか、ジェフ・バックリーとか、リンダ・パーハクスとか言われるんですけど、聴いてみても「似てるかな?」っていう感じで。

「自分は人と違うのかもな」って感じたときがあって

――そもそも歌うようになったのは、自己表現欲求みたいなものがあったのかな?

佐藤 : 自己表現という意識は全くなくて、ただ喉が震えてる瞬間がすごく好きで、誰かに聴かせるでもなく、部屋で何となく歌ってるときが幸せだったり、一番喜びを感じられたんです。その延長線で、自分が好きな歌い手っていうのは、曲も作ってる人が多くて、自分もそういうふうに曲を作って歌っていきたいと、何となく感じたのが高校の半ばぐらいですね。

――じゃあ、曲作りは佐藤さんの歌から?

佐藤 : 大体はコード進行とリフと歌のデモで持ってくるのが多いですけど…セッションと半々ぐらいですかね。でも、基本的にうちらのやる音楽は、軸にちゃんとしたメロディと歌詞がないと成立しないと思ってて、そこが完成しない限りはいい曲にならないと思うので、歌は一番大事ですね。
あーちゃん : 言葉がありきにはしたいなっていうのがあって、リズム隊の2人にはかなり色々言ってしまうことがあって。「歌詞がこう言ってるから、こうしてほしい」とか。

――それはイメージで? それとも、もっと具体的に?

あーちゃん : イメージですね。歌詞を読んで、「こういう気持ちなんだろうな」って考えて。空気を察するというか、かなり感覚的なので、そういう意味ではリズム隊の2人には苦労を…私うるさくない?
コン : 全然、大丈夫です(笑)。

――(笑)。サウンドの面でいうと、益子樹さんがエンジニアとサウンド・プロデュースっていう形で関わってるんですよね?。

あーちゃん : きれいですよね。1曲目(「WHIRLPOOL」)で、私は「おー!」ってなりました。結構お互い色んなことを言って、メンバーのような感じでやってましたね。
佐藤 : 実際レコーディングに入ってみたら一進一退な部分もありました。ライヴに近い音を出したいと思っていたので。結果的には、人にいいと思ってもらえて、よかったなって感じです。

――そっか、でもライヴとの差は気になった部分ではあったわけだ。

佐藤 : ライヴではもっと生々しい音だから、それがきれいにコンポートされたなって感想ですね。

――そこはせめぎ合いも結構あったと。

佐藤 : すごいありました。毎日が戦いみたいで、益子さんもわりと疲れたと思うんですけど(笑)。

――じゃあ、歌詞についても聞かせてください。資料にもあるけど、ある時期は嫌いな人に向けて曲を書いていたと。

佐藤 : そうですね。でも、今それはそんなに重要じゃないというか、自分の中で解決したことで、むしろ今ではそれが作品になったわけだから、感謝する面もあって。自分も変わったし、その人も変わったし、もう終わった話というか。

――一つだけ聞いちゃうと、その人って学校生活と関連があった?

佐藤 : ないですね。

――そっか。「スクールフィクション」とか「Girl meets NUMBER GIRL」とかって、学校生活への違和感みたいなことがテーマになってると思うから、そこと関係してるのかなって。

佐藤 : その人に書いたっていうのは、「退屈しのぎ」ぐらいですね。

――じゃあ、実際学校生活はどんな感じだった?

佐藤 : 大学は3年ぐらいからほとんど行かなくなって、きのこ帝国と、池をうろついたりとか…ライヴ・ハウスか自分の家か、みたいな。あーちゃんとかも、喫煙所に行くぐらいだよね(笑)。

――「Girl meets NUMBER GIRL」とかは、居場所のなさみたいなことが感じられるけど。

佐藤 : 昔は今より全然明るくて、友達もいっぱいいて、昼休みはドッヂボールをするようなタイプだったんですけど、ふと「自分は人と違うのかもな」って感じたときがあって、そのとき仲のいい子たちが急に心の中で遠く感じて…人によってはよくあることだと思うんですけど。誰も思ってることを理解してくれないって、小学生ぐらいのときに思って、何となく寂しくなって。いじめられてるとか、友達がいないとかって人からすると、「何ぬるいこと言ってんだ」って話で、でも何か引っかかるものがあって悩んでましたね。ただ、こういうことをこういう場で言うのって、友達に申し訳ないからあんまり言いたくないんですけど、でも、吹っ切れない何かがあって、それが曲になってる感じです。まあでも、思春期の多くの少年少女が抱くような感じだと思うんですけど(笑)。

――そういう時期を経て、今のモードが反映されてるのが一番新しい曲の「WHIRLPOOL」なんだと思うけど、表現の方向がどう変わってきたと感じてますか?

佐藤 : 「WHIRLPOOL」は晴れ晴れした最近の気持ちに合ってて、春だし、バンドもようやくいい感じになってきて、CDが出せるっていうのも素晴らしいことだから、いい方向に向かってる感じがします。今作ってる新曲も、ドーンっていうものよりは、気持ちいいギターの音が鳴ってるものが多いですね。ボヤッとっていうよりは、わりと輪郭がはっきりした、ギター・ロックっぽいものができてます。

――メンバーから見て、佐藤さんの変化っていうのはどう見えてるんですか?

あーちゃん : 新曲になるにつれて、大人になってると思います(笑)。憎しみ的な歌詞とか、「退屈しのぎ」からは色々あったけど、「夜が明けたら」ができて…。

――「夜が明けたら」は、まさにその時期から脱した曲ってことなのかな?

佐藤 : できたときに、大事な曲な感じがしました。「泣いちゃうねえ」って。いまだにやってて涙出たりするし、それぐらい重要な曲かなって。

――内へ内へと向かってた表現の方向性が、一度吐き出したことによって、今は外に向かってるのかもしれないね。

佐藤 : 「退屈しのぎ」とか「夜が明けたら」を書けてなかったら、いまだに明るくなってないかもしれないし、それこそ「退屈しのぎ」ができてくれたから今があるのかなって思うときがありますね。ライヴとかYouTubeの反応も一番大きいし、しばらくやってるけど、毎回やるたびに新しい感じがします。まあ、いまだにノルマとかめちゃめちゃ払って、バイトが毎日きつくて、曲もなかなかできないとかだったら、こんな晴れ晴れした気分にはなってないだろうから(笑)、関わってくれる人とか、ファンの人には、最近になってさらに感謝してるというか、ありがたいと思ってます。

――歌詞の中で「青い空」ってひとつキー・フレーズになってると思ってて、一番新しい「WHIRLPOOL」にも、最初のデモに入ってた「Girl meets NUMBER GIRL」にも出てくるでしょ? どういうイメージで使ってるのかな?

佐藤 : 足元を見て歩いてることが多いけど、「晴れてるなあ」って思って何となく上を見たら、「空めっちゃ青いな」みたいなことみんなあるじゃないですか?そのとき暗い気持ちになる人って、ほぼゼロに近いんじゃないかってぐらい、(青い空には)すごいパワーがあって、感動するんですよね。

――じゃあ、言葉のイメージ通り、ポジティヴな気持ちの象徴ってことだよね?

佐藤 : そうですね。明るいなって(笑)。

――っていうことは、やっぱり昔からそういうものを求めてたんだろうね。決して、内へ内へ向かってるだけじゃなくて、奥底では青い空をずっと求めてた。で、それが今晴れやかな気分になったことで、顔をのぞかせたっていう。

あーちゃん : おー、いい話だねえ!
佐藤 : 一周してるね。ある種、成長してないんじゃないかな(笑)。

――まあ、内向きな気持ちのすべてが解消されるってことはなかなかないだろうし、全部が地続きだってことじゃないかな。

佐藤 : 音楽を聴きながら空を見て救われることが学生時代に多くて、その感覚がまた最近あったんじゃないですかね。

――何にしろ、今は一時期に比べて、晴れ晴れとした気持で活動できてると。

佐藤 : もう次のことしか考えてなくて、次の作品が早く作りたいです。
あーちゃん : もう「この曲はPV絶対作ろう」って言ってるもんね(笑)。
佐藤 : 女優とかピックアップして、「あの子いいね」って(笑)。
あーちゃん : まあ、勝手に言ってるだけなんですけど(笑)。

RECOMMEND

THE NOVEMBERS / To (melt into)

轟音の中ではっきりと際立つエモーショナルなサウンド、何気ない生活に潜む狂気を白日のもとへ引き曝す歌詞世界により、着実に人気を獲得し続け、今のライヴ・シーンを語る上で欠かせないバンドとなったTHE NOVEMBERS。そんな彼らの、深淵なるサード・フル・アルバム。重厚感と鋭利さ、光と闇、両極端の要素を併せ持つこの未聴の音に圧倒されること間違いなし!

>>>小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)の対談はこちら

TADZIO / TADZIO

そのチャーミングなルックスとは裏腹の骨太なライヴ・パフォーマンスと、個性的なDIYロックが各所で話題を呼んでいるガールズ・デュオ、TADZIOの衝撃の1stアルバム。2010 年に活動を開始するやいなや、中原昌也(Hair Stylistics)、竹久圏(KIRIHITO)、 渡邊琢磨(COMBOPIANO)、中村達也(LOSALIOS、FRICTION)等が賞賛し、英国のSpine TV が特番を組むなど海外からのフォロワーも急増中。ロック、メタル、ハードコア、ガレージ等々、さまざまな要素が入り混じった独創的なオリジナル全11 曲をすべて一発録り。

>>>TADZIOのレビューはこちら

killing Boy / killing Boy

日向秀和(ストレイテナー / Nothing's Carved In Stone / elc)と木下理樹(ART-SCHOOL)の強烈タッグによるユニット。アートスクール、ストレイテナーの両バンドの歴史を知る人ならば、途中、袂を分かった友人の邂逅というストーリーが一番のトピックとなるかもしれないがが、キリングボーイのクオリティはそれを簡単に飛び越えてしまった。日向秀和のクールに泳ぐベース・ライン。セクシーにリズムと戯れるトラックの優雅さと木下理樹の渾身のソング・ライティングとボーカルがからみあう時、見た事も無い化学反応が生まれる。しゃれていて、芯食ってて、ダンサブルで、ゲロ吐きそうに重い、『泣きながら踊る』のがダンス・ミュージックの基本ならキリングボーイはその発展形。

>>>killing Boyのインタビューはこちら

『渦になる』東名阪レコ発ライヴ決定!

きのこ帝国東名阪レコ発名古屋編
5/21(月) 名古屋CLUB UPSET
w/phenomenon / EARNIE FROGs / コオルタミ

JANUS&GREENS presents「俺なりのロック-vol.2-」きのこ帝国東名阪レコ発大阪編
5/22(火) 大阪Music Club JANUS
w/GOLIATH / folca / YULO

きのこ帝国『渦になる』リリース・パーティー
6/1(金) 渋谷屋根裏
guest band: O'VALENCIA!

PROFILE

きのこ帝国

Gt,Vo 佐藤/Gt あーちゃん/Ba 谷口滋昭/Dr 西村”コン”

2007年結成、2008年から本格的にライヴ活動を開始。ポストロック、シューゲイザーに影響を受けたサウンドで下北沢、渋谷を中心にライヴ活動を展開中。

きのこ帝国 official HP

この記事の筆者
金子 厚武

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

【対談】木下理樹(ART-SCHOOL) × UCARY&THE VALENTINE──光が差すこと、色を塗ること、続けること

【対談】木下理樹(ART-SCHOOL) × UCARY&THE VALENTINE──光が差すこと、色を塗ること、続けること

音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信

音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信

未完成のまま、再生していく──BURGER NUDS復活作リリース記念!!貴重な3人へのインタヴューを掲載!!

未完成のまま、再生していく──BURGER NUDS復活作リリース記念!!貴重な3人へのインタヴューを掲載!!

長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー

長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー

Alaska Jam、3rdミニ『BE YOUNG! BE HAPPY!』&過去作配信開始

Alaska Jam、3rdミニ『BE YOUNG! BE HAPPY!』&過去作配信開始

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード

LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード

石毛輝、岡本伸明を中心に、江夏詩織、高橋昌志の4人による新バンド、lovefilmの1stアルバムをハイレゾ配信

石毛輝、岡本伸明を中心に、江夏詩織、高橋昌志の4人による新バンド、lovefilmの1stアルバムをハイレゾ配信

AL、初作品をハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー

AL、初作品をハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー

Poet-type.M、「夜しかない街の物語」コンセプト4部作最終章となる冬盤配信&インタヴュー

Poet-type.M、「夜しかない街の物語」コンセプト4部作最終章となる冬盤配信&インタヴュー

Yogee New Waves待望の新EP発売記念、ツーマン招聘する髭・須藤寿と対談

Yogee New Waves待望の新EP発売記念、ツーマン招聘する髭・須藤寿と対談

新奇ジャズレーベル・Playwrightを大特集&レーベル・ディレクター、谷口慶介にインタヴュー!

新奇ジャズレーベル・Playwrightを大特集&レーベル・ディレクター、谷口慶介にインタヴュー!

Poet-type.M、コンセプト4部作より秋盤配信開始&門田匡陽の証言と振り返る「美学の歴史」

Poet-type.M、コンセプト4部作より秋盤配信開始&門田匡陽の証言と振り返る「美学の歴史」

つばきのフロントマン、一色徳保のソロ・アルバム配信&インタヴュー

つばきのフロントマン、一色徳保のソロ・アルバム配信&インタヴュー

くるり、高橋留美子原作アニメ『境界のRINNE』EDテーマ含む新シングル、ハイレゾ配信

くるり、高橋留美子原作アニメ『境界のRINNE』EDテーマ含む新シングル、ハイレゾ配信

カフカ、UKプロジェクト移籍後初のアルバムで東京を綴る

カフカ、UKプロジェクト移籍後初のアルバムで東京を綴る

aoki laska、初セルフ・プロデュース・アルバム『ひとりの美術館』ハイレゾ配信&インタヴュー!

aoki laska、初セルフ・プロデュース・アルバム『ひとりの美術館』ハイレゾ配信&インタヴュー!

MONOのフロントマン、Takaakira“Taka"Goto初ソロ作品をハイレゾ配信

MONOのフロントマン、Takaakira“Taka"Goto初ソロ作品をハイレゾ配信

MO’SOME TONEBENDER『Rise from HELL』を配信!! & インタヴュー掲載

MO’SOME TONEBENDER『Rise from HELL』を配信!! & インタヴュー掲載

気鋭のサウンドクリエイター、Oiiのファースト・アルバムついにハイレゾ配信スタート!

気鋭のサウンドクリエイター、Oiiのファースト・アルバムついにハイレゾ配信スタート!

一人シンセポップ・ユニットOii、アルバム先行でリード曲をフリーDL配信!

一人シンセポップ・ユニットOii、アルバム先行でリード曲をフリーDL配信!

Monotoons、初シングルを3ヶ月連続ハイレゾ配信 & インタヴュー公開!!

Monotoons、初シングルを3ヶ月連続ハイレゾ配信 & インタヴュー公開!!

elrevig、1stミニ・アルバム『Red』をハイレゾで配信!!

elrevig、1stミニ・アルバム『Red』をハイレゾで配信!!

bonobos、2年3か月ぶりの6thアルバム『HYPER FOLK』ハイレゾ配信スタート!

bonobos、2年3か月ぶりの6thアルバム『HYPER FOLK』ハイレゾ配信スタート!

『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース!

『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース!

fresh!の初CD音源発売に先駆けて、未収録ライヴ音源をフリー・ダウンロード配信!!

fresh!の初CD音源発売に先駆けて、未収録ライヴ音源をフリー・ダウンロード配信!!

fresh!の記念すべきファースト・アルバム『What Are You Doing In This Confusion』を高音質で!!!

fresh!の記念すべきファースト・アルバム『What Are You Doing In This Confusion』を高音質で!!!

画家 presents『嬉しい音楽 Vol.1』出演者座談会

画家 presents『嬉しい音楽 Vol.1』出演者座談会

your gold, my pink『TEENAGE RIOT』リリース記念!×Wienners対談

your gold, my pink『TEENAGE RIOT』リリース記念!×Wienners対談

特別対談 : 佐藤(きのこ帝国)×池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

特別対談 : 佐藤(きのこ帝国)×池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

Emeraldによる、初のフル・アルバムを配信&期間限定フリー・ダウンロード

Emeraldによる、初のフル・アルバムを配信&期間限定フリー・ダウンロード

LEGO BIG MORL、活動再開後初となるニュー・シングル『RAINBOW』を配信開始

LEGO BIG MORL、活動再開後初となるニュー・シングル『RAINBOW』を配信開始

sleepy.ab、教会でのライヴ音源をハイレゾでリリース

sleepy.ab、教会でのライヴ音源をハイレゾでリリース

The Get Up KidsのMATT PRYORによる3rdソロ・アルバム『WRIST SLITTER』が配信スタート

The Get Up KidsのMATT PRYORによる3rdソロ・アルバム『WRIST SLITTER』が配信スタート

4人組インストゥルメンタル・ロック・バンドOVUMが、5年半ぶりとなるフルアルバム『ascension』をリリース&インタヴュー!

4人組インストゥルメンタル・ロック・バンドOVUMが、5年半ぶりとなるフルアルバム『ascension』をリリース&インタヴュー!

リサ=オフリー、新作アルバム『誰にも言えない』より「翌朝」「カタルシス」を先行フリーダウンロード

リサ=オフリー、新作アルバム『誰にも言えない』より「翌朝」「カタルシス」を先行フリーダウンロード

LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー

LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー

石田愛実(THE★米騒動)×津野米咲(赤い公園) 対談

石田愛実(THE★米騒動)×津野米咲(赤い公園) 対談

南壽あさ子『フランネル』

南壽あさ子『フランネル』

triola『Unstring,string』

triola『Unstring,string』

きのこ帝国 デビュー・アルバム『渦になる』インタビュー

きのこ帝国 デビュー・アルバム『渦になる』インタビュー

The Flickers『WAVEMENT』インタビュー

The Flickers『WAVEMENT』インタビュー

SA.RI.NA『光-HIKARI-』インタビュー

SA.RI.NA『光-HIKARI-』インタビュー

THE BEACHES 『Hi Heel』 インタビュー

THE BEACHES 『Hi Heel』 インタビュー

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

末光篤mini Album『From Your Pianist』

末光篤mini Album『From Your Pianist』

LITE『arch』武田信幸(LITE)×キャロライン・ラフキン 対談

LITE『arch』武田信幸(LITE)×キャロライン・ラフキン 対談

unsuspected monogram シングル『kotoba _ buzz』リリース&インタビュー

unsuspected monogram シングル『kotoba _ buzz』リリース&インタビュー

松井省悟(空中ループ)×成山剛(sleepy.ab)対談

松井省悟(空中ループ)×成山剛(sleepy.ab)対談

MO'SOME TONEBENDERの初公開楽曲をフリー・ダウンロード開始!

MO'SOME TONEBENDERの初公開楽曲をフリー・ダウンロード開始!

末光篤 3年振りに活動開始&インタビュー

末光篤 3年振りに活動開始&インタビュー

入江良介(Veni Vidi Vicious)×武井優心(Czecho No Republic) 対談

入江良介(Veni Vidi Vicious)×武井優心(Czecho No Republic) 対談

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

Curly Giraffeの全アルバムを高音質で配信開始 & インタビュー

Curly Giraffeの全アルバムを高音質で配信開始 & インタビュー

ショピン『春のソノタ』を高音質DSD音源で配信!

ショピン『春のソノタ』を高音質DSD音源で配信!

トレモロループ トレモロイド・小林陽介×空中ループ・松井省悟の対談

トレモロループ トレモロイド・小林陽介×空中ループ・松井省悟の対談

石毛輝『from my bedroom』フリー・ダウンロード第2弾&インタビュー後編

石毛輝『from my bedroom』フリー・ダウンロード第2弾&インタビュー後編

石毛輝『from my bedroom』先行販売開始&フリー・ダウンロード! インタビュー前編

石毛輝『from my bedroom』先行販売開始&フリー・ダウンロード! インタビュー前編

蔡忠浩インタビュー! 初ソロ作&オトトイ限定高音質シングル配信

蔡忠浩インタビュー! 初ソロ作&オトトイ限定高音質シングル配信

世武裕子「恋するリリー」高音質で先行配信&インタビュー

世武裕子「恋するリリー」高音質で先行配信&インタビュー

アナログフィッシュ『Life Goes On』インタビュー

アナログフィッシュ『Life Goes On』インタビュー

ツジコノリコ『penguin2009』remixes

ツジコノリコ『penguin2009』remixes

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 インタビュー

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 インタビュー

小島麻由美『アラベスク』

小島麻由美『アラベスク』

TOP