頭一つ飛び抜けた新しい才能のデビュー

女性アーティストが活況を見せる2012年の音楽シーンにおいて、頭一つ飛び抜けた新しい才能を持ったシンガー・ソング・ライターがデビュー。その名は、南壽(なす)あさ子。風景画家である祖父の苗字を拝借したということからも分かるように、情景が浮かぶ歌詞、そして淡い描写が印象的です。透明感を持った歌声が美しいメロディと共に綴られています。伸びしろに満ちた可能性に溢れた彼女を、OTOTOYで大プッシュいたします!!

現在、入手困難なデモ音源から「回遊魚の原風景」をフリー・ダウンロード!!

2012年4月4日に、ライヴ・ハウスと一部店舗のみで発売された、南壽あさ子のデモ音源『回遊魚の原風景』。300枚限定の同作品はあっという間に完売してしまい、今では手に入れることは困難になっています。なんとOTOTOYでは、デモ音源に収録されている表題曲をフリー・ダウンロードでお届けしちゃいます! 1週間限定ですので、お見逃しないように!!

>>「回遊魚の原風景」のフリー・ダウンロードはこちら
期間 : 6/8〜6/14


南壽あさ子 / フランネル

幼少の頃からピアノを、20歳の頃から作詞・作曲を始め、2010年より都内のライヴ・ハウスで弾き語りを始めた南壽あさ子。プロデューサーに湯浅篤を迎え制作されたデビュー・シングルは、透き通るヴォーカルとメロディから情景が浮かぶ、物語性を持った作品となっています。

1.フランネル / 2.例え話 / 3.星のもぐる海


まとめ購入いただいたお客様に、「南壽あさ子、手書き歌詞データ(PDF)」をプレゼント!


南壽あさ子 INTERVIEW

シンガー・ソング・ライターにしろ、バンドにしろ、アイドルにしろ、なんだか最近は女性の活躍ばかりが目立つな…なんて思う中、またしても期待の女性シンガー・ソング・ライターの登場だ。それがシングル『フランネル』でインディーズ・デビューを果たす、南壽(なす)あさ子である。透明感抜群の歌声と、フォーキーな美しいメロディで綴られる淡い情景描写は、フェイバリットに挙げる荒井由実にも通じるもの。また、作品全体から感じられる「心もとなさ」は、思わず「守ってあげたい」(これは「荒井」じゃなくて「松任谷」ですね)という男心をくすぐられるものでもあるが、その根底には芯の強さがはっきりと感じられるところも実に魅力的だ。今作ではYUKIやいきものがかりなどを手掛ける湯浅篤をプロデューサーに迎え、あくまで弾き語りをベースとしながらも、楽曲のイメージをより広げていることも見逃せない。まさに「原石」と呼ぶのがぴったりの存在だけに、今後彼女の世界にどんな色が加えられていくのか、非常に楽しみだ。

インタビュー&文 : 金子厚武

他の仕事には興味も湧かなかったし、考えられなかったんですよね

――小さい頃からピアノを習っていたそうですね。

南壽 : 幼稚園の頃から習っていたんですけど、それよりも前に歌が好きだったんです。ピアノを弾き始めてからは、一人で弾きながら歌うのが快感で(笑)。気に入った曲があればその楽譜を探して…「月刊ピアノ」みたいなものがあるじゃないですか? ああいう雑誌などで、最新のJ-POPとかを歌ってましたね。

――「ピアノを弾く」ことよりも、「弾きながら歌う」ことが楽しかったんですね。人前で歌ったりは?

南壽 : 特定の友達とカラオケ・ボックスに行って、ずっと歌ってることはあったんですけど、そういう場以外では人前で歌ったことはほとんどなかったですね。小学校から音楽部で、中学校が吹奏楽部だったので、もちろん音楽は好きだったんですけど、「歌」っていう方向にはすぐには行かなかったです。

――自分で作詞・作曲を始めるのは20歳からなんですよね?

南壽 : そうです。(その前に)一度書いてみたりはしたんですけど、全然ダメで、才能がないんだと思ってすぐやめちゃったんです。人から曲をいただいて歌うしかできないなって。

――中学校は吹奏楽部で、高校は?

南壽 : 高校は英語部でした。

――そこは音楽じゃないんだ(笑)。

南壽 : 部活が必修だったから何かに入らなくちゃいけなくて。吹奏楽も考えたんですけど、中学3年間でやり切ったと思って。あと、生徒会に入っていたんですよ。

――あ、むしろそっちを頑張ってたんだ。

南壽 : そうなんです。でも、ピアノは習い続けていて、大学で今度は軽音サークルに入るんですけど。

――結構行ったり来たりしてたんだね。ちなみに、小さい頃の「将来の目標」とかって何を書いてたか覚えてる?

南壽 : 「事務」って書いてました(笑)。

――「歌手」とか「アーティスト」じゃなかったの?

南壽 : 一回ぐらい書いたことはあるかもしれないけど、書くとたぶん突っ込まれてしまうので、そういうことは書かないようにしてましたね。

――目立つのが苦手だった?

南壽 : 今こうなってるってことは、自己表現したい気持ちはあったんだと思います。小学校の頃はすごく静かで、中学校の頃でちょっと弾けちゃって(笑)、高校からはその中間の、今の自分に近い感じになったと思います。

――でも、「歌が好き」っていうのはずっとあったわけだよね?

南壽 : ずっと変わってないです。やっぱり家で一人で弾き語りをしてるのが楽しくて…。楽しいというよりも、浄化されるというか。いろいろなことが日々あっても、そこで落ち着きを取り戻すような感じでしたね。いずれは「見つけてもらいたい」っていう気持ちもあったとは思うんですけど、とにかく自分だけの特別な空間っていう意味ですごく大事で、自分にとって欠かせない時間でした。小さい頃からそうだったから、一生変わらないだろうと思うし、逆に言えば、個性とか生きがいみたいなものもそれしかないから、他の仕事には興味も湧かなかったし、考えられなかったんですよね。

――そういう意味で「事務」だったんだ。他に書くことがないから、とりあえず書いとけっていう。

南壽 : そうですね。

歌うことが人の浄化にもなってるとしたら、すごく意味があるなって

――でもじゃあ、大学で軽音に入って、20歳で自分で詞と曲を書き始めたのがやっぱり転機だよね。

南壽 : よく「音大行かなかったの?」とか聞かれるんですけど、私はいろんな人がいる中で、「自分は音楽がやりたい」って言ってたくて、普通の大学に行っていたんです。そこにたまたま気の合うピアノやってる女の子がいて、その子と一緒に何かやろうってなったときに、「曲を書いてみたら?」って言われて。表に出すまでは、客観的に見てどうなのかが全然わかんなかったんですけど、ステージに立つようになって、聴いてもらって、反応をもらうようになってから、「これでいいんだ」と思えるようになりました。

――それまでは、「シンガー・ソング・ライター」じゃなくて、「歌手」っていうイメージだったんだよね?

南壽 : 最初はそうですね。本来だったら、自分で書いた方が自分の気持ちが一番伝わるし、いいと思ってたんですけど、何しろ無理だと思い込んでたので。ただ、人の曲にしても、その曲に共感できなかったら、ものすごく下手になるんですよ。軽音サークルでコピー・バンドとかをしていたときも、「共感してるときとしてないときで全然違うね」って言われたりもしていて。だから、シンガー・ソング・ライターっていうスタイルが自分には合ってたんだなって、今は思ってます。

――自分にとって一番共感できるというか、影響を受けたミュージシャンを挙げるとすると?

南壽 : いいなって思ってるのは、荒井由実さんです。情景描写とかがすごく好きで。母親がすごく好きだったんで、昔からよく聴いてて、それが染みこんでるから、影響は受けてると思いますね。あとは、はっぴいえんどとか、小田和正さんとか。

――それもオフコース時代が好きだったり?

南壽 : そうです(笑)。

――南壽さんの楽曲のフォーキーなテイストっていうのはそういうところから来てるんですね。あと、南壽さんの活動の中で、「旅」っていうのがひとつキーワードになってますよね。

南壽 : そうですね。実際のどこどこに行くっていう旅じゃなくて、人との出会いとか、空想の中での旅とかっていう感じですね。

――そこから受けたインスピレーションが詞や曲につながってる?

南壽 : 実体験とかっていうよりは、想像とか妄想の中で書くことが多いですね。あんまり体験したことをそのまんま書くっていうのはしたくないので、ひとつの作品作りみたいなイメージで曲は書いてます。

――おじいさんが風景画家だそうですが、南壽さんも旅の中で風景を描くように曲を書いてると言えますか?

南壽 : すごく近いと思います。小っちゃい頃からおじいちゃんの絵を見て育ってるので、おじいちゃんが書いてる風景が自分の中には入っていて、それが自然と歌にも出てくるんじゃないかって。表現方法が違うだけで、わりと近いものがあるんじゃないかと。

――あと南壽さんの声ってすごく透明感があって、明るさもあるんだけど、楽曲自体にはどこか陰りが感じられるのも特徴だと思っていて。それは、さっき挙げてもらった荒井由実さんとかの影響もあるんだと思うし、もちろん南壽さん自身の人間性が反映されているってことでもあると思うんですけど、ご自身では「陰り」の部分ってどう感じていますか?

南壽 : 自分では全然わからなかったんですけど、前にも似たようなことを言われたことがあって、それはすごく嬉しいんですよね。単にきれいで終わってるだけじゃないっていう。多分性格的なものが出てるんだと思うんですけど。

――途中でも言ってた「浄化」するような感覚が今でもありそうですよね。

南壽 : そうですね。そのために歌っているし、作るときも似たような感覚かもしれないです。ちょっとモヤッとした感情とかも、歌えば水が流れるみたいに流れていく気がするんですよね。それをライヴとかで歌うと、自分もそうなってるのに、聴いてくれる人も同じようなことを言ってくれたりして、それってすごく人前で歌う意味があるなって思うんです。前までは自己満足でしかなかったし、自己表現だったんですけど、それが人の浄化にもなってるとしたら、すごく意味があるなって。

すがりつきたい気持ちとか、物悲しさみたいなものを表現したい

――うん、まさに南壽さんの曲にはそういう効果がある気がします。じゃあ、具体的な曲についても聞かせてください。今回のシングルの表題曲「フランネル」はいつ頃できた曲なんですか?

南壽 : これは曲を書き始めて2曲目に書いた曲で、2009年の暮れぐらいに書いたのかな?「フランネル」っていうのは、ネルシャツのことだったり、花の名前だったりするんですけど、季節は秋冬をイメージしてて、ネルシャツの似合う季節とか人をイメージして書いたんです。この曲だけじゃなくて、全部の曲に共通して言えることなんですけど、心もとなさとか、すがりつきたい気持ちとか、物悲しさみたいなものを表現したくて。

――確かに、今回収録されてる3曲で描かれてるどの関係性にも心もとなさがあって、ただ同時に「それでも」っていう強さみたいなものもあるなって。

南壽 : ああ、そうですね。寂しさみたいなものをものすごく感じながらも、芯を持って、意志を貫きたいっていう気持ちは、もしかしたらどの曲にもあるかもしれなくて、自分の根底にあるのかなって思いますね。

――「心もとなさ」っていうのは、自分のどういう性格から出てきてるものだと思いますか?

南壽 : あんまりいろんな人にいろんなことをベラベラ言うタイプじゃなくて、特定の心を許せた人だけに話せるっていう性格なので、逆にそういう相手がいないと、バランスが取れないんでしょうね。その相手がピアノだったりもして、ちょっとモヤモヤしたことがあっても、家に帰って歌えば大丈夫みたいな。人でもものでも話しかける相手を自分が必要としていて、それがちょっと欠けたときに、心もとなさを感じるんだと思います。

――そうやって歌うことが、聴く人の心もとなさにも寄り添って、浄化を生むのかも。

南壽 : そうかもしれないですね。私は自分の感情を聴いてもらうっていう感覚も多少はあるんですけど、それをその人に置き換えて、その人の感覚で聴いてもらって、何かを感じてもらえたら、すごく幸せだなって思っていて。

――ああ、南壽さんの書く詞って、ベタな言い方だけど「余白」があるから、聴き手が自分に置き換えて聴くことを可能にしてる詞だと思う。作り始めてから2曲目でこういう歌詞を書けてるっていうのはすごいなって。

南壽 : ありがとうございます。ただ、そういう余白を考えて書いていたわけじゃなくて、元々ストレートにものを言わないんで、遠まわしに言ってるっていうことだと思います(笑)。鮮明というよりは、淡い色の方が好きなんです。絵で言う印象派みたいな。

――おじいさんの描く絵もそういう感じだった?

南壽 : それが意外とそうでもないんですけど(笑)。

――そこは違うんだ(笑)。あと今回のシングルではプロデューサーとして湯浅篤さんが参加されていて、基本的にはあくまで弾き語りをベースにして、そこに色付けをするっていうことを意識的にやってると思うのね。

南壽 : はい、そうです。

――ただ、湯浅さんはJ-POPのど真ん中にいる人で、南壽さんの音楽をこれからどうやってより広めていくかっていうことのやりとりも結構あったかと思うんだけど。

南壽 : まさにその通りで、まずは私が初めてCDを出す、世に出るってことで、自分がピアノの弾き語りなんだってわかってもらえるようなCDにしよう、ということを湯浅さんから提案してくださって。最初は自分の曲に打ち込みとかリズムが入るのをイメージできなかったんですけど、コラボレーションするっていう気持ちでまずは全部お任せして、デモを聴かせてもらったら、すごいぴったりはまってて。さらにそこから、丁寧に話し合いながらひとつひとつ詰めていって、親切に何でも教えてくださったので、私にとってはものすごく勉強になったし、ファーストにふさわしいものになったと思います。

――ここからどんな方向にも行けそうですよね。もっとプロデュースされたものも聴いてみたい気がするし、逆によりシンプルな弾き語りで一枚作るのもありだと思うし。南壽さんとしては、一枚作ってみて、「今度はこういうことをやってみたい」っていうアイデアが現段階で何かありますか?

南壽 : 願望ですけど、バンド形式でやるのにピッタリな曲があったら、人と演奏してみたら楽しいんじゃないかって思ってます。

――ライヴではドラマーの方とやってたりもしてるんですよね?

南壽 : CDの3曲に関しては、そこに入ってる音が頭の中に残っていて、ちょっとでも伝えられたらと思ってドラムと一緒にやってるんですけど、なかなか難しいなって思いますね。

――ライヴは南壽さんにとってどういう場ですか?

南壽 : 楽しいっていう感覚とはちょっと違って、それもまた絵を描くみたいな感じかなって。そこの空気に色をつけられたらいいなって考えながらやってます。やってて気持ちよかったときの感覚が忘れられないというか、それをもう一回感じたいから、やってるっていうのもありますね。

――一人で部屋で弾き語るのとは全然違う?

南壽 : 部屋で歌ってるのも気持ちいいんですけど(笑)、やっぱりちょっと違いますね。ステージっていう空間で、人がいる中で、自分の世界に入っていくっていうのが、新しい感覚だし、すごく刺激的なんですよね。

RECOMMEND

柴田聡子 / しばたさとこ島

1986年北海道生まれの柴田は、2010年から東京・南池袋のミュージック・オルグなど都内のライヴ・ハウスを中心に活動開始。アコースティック・ギターによる弾き語りのほか、ニュー山バンドのメンバーとしてもライブを行ない、現在は高知・四万十に拠点に音楽活動を続けている。浅草橋天才算数塾からのリリースとなる同作には、全10曲を収録。

転校生 / 転校生

熊本県出身埼玉県在住、水本夏絵によるソロ・プロジェクト、転校生。かなしみもさみしさも怒りも、そしてほんのちょっとだけある希望も。全部そのままにつめこんだ透明で嘘がない彼女の歌は、きっと他の誰かにとっても自分の歌になるだろう。そんな転校生のデビュー・アルバムを、24bit/48kHzの高音質でお届けいたします。

>>>転校生の特集はこちら

田中茉裕 / 小さなリンジ―

2010年、EMI Music Japan創立50周年記念オーディション「REVOLUTION ROCK」のファイナリストに選ばれ、審査員にあたった亀田誠治氏と箭内道彦氏に時間を延長してまで選考を悩ませた田中茉裕のデビュー作。ジョアンナ・ニューサム、ジュディ・シル、矢野顕子に例えられつつも、「そのどれとも違う」「特別変わったことをしてるわけじゃないのに、こんな音楽、聴いたことない」「聴きながら泣きながら帰った」など、数多くの反響を集めた記念碑的作品。

>>>田中茉裕の特集はこちら

PROFILE

南壽あさ子

1989 年3 月6 日 千葉県生まれ うお座 A 型

幼少の頃よりピアノを始め、物心つく前から漠然と、" 私には歌しか無い" と信じて疑わなかった。20 歳の頃から作詞・作曲を始め、2010 年より都内ライヴ・ハウスで弾き語りを始める。南壽(nasu) という名字は、風景画家である祖父の苗字を拝借。情景が浮かぶ歌詞と旋律は、祖父の影響もあるのだろうか。どこかなつかしく、郷愁の漂う空気を纏い、物語を綴っている。

デビュー・シングル”フランネル”はプロデューサーに湯浅篤氏を迎え制作。衣装は谷田浩氏が衣装提供、アドバイザーとして参加。ジャケット写真、アーティスト写真はかくたみほ氏によって撮影された。新進気鋭のクリエイター達が、彼女の歌い創り出す音楽に共感し、集っている。

>>南壽あさ子 official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事