2019/11/13 19:00

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの──自分を色濃く反映して磨き上げたオリジナリティ

これまでにTVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』や『りゅうおうのおしごと!』といった人気アニメの主題歌を担当し、今期(2019年冬)アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』でもメイン・キャラ“小倉ひかり”の声優を担当するなど、その活躍が注目を集めているMachico。

そんな彼女が、“RPG”をテーマに約2年6か月ぶりとなるフル・アルバム『マチビトサガシ』をリリースした。OTOTOYでは、Machico自身が古くから好きだったファションや音楽が詰め込まれた本作についてのインタヴューを敢行。作曲者や歌詞、そしてアルバムのテーマ。その全てに彼女の個性が詰め込まれた本アルバムから、現在のMachicoの魅力を隅々まで味わってほしい。

人気作品主題歌も収録! Machico『マチビトサガシ』はロスレス配信中!



Machico アルバム『マチビトサガシ』ダイジェスト試聴
Machico アルバム『マチビトサガシ』ダイジェスト試聴

INTERVIEW : Machico

意外だった。昨今の声優アーティストは爽やかなイメージのいわゆる清純派が多く、このMachicoもまたその一人だという認識でいたからだ。しかし、実際に会ってみると、予想に反して彼女の口からは“闇堕ち”や“KERA”といったワードが飛び出してくる。もともとロック・サウンドが好きで、ヴィジュアル系のバンドやファッションを好んでいたのだとか。

そんな彼女はデビューから、角が立たないようにと自分の意見を口にせず、本当の自分を出すことを躊躇う期間が長く続いてしまったという。今作は、そんな彼女が自らスタッフに要望を伝え、自分の好きなものを詰め込んだアルバムだ。ようやくこれでMachicoの歌手活動が本格的にスタートしたような、そんな印象を受けた取材だった。

インタヴュー&文 : 荻原梓

声優としての活動を感じられるような歌い方を

──新作アルバム『マチビトサガシ』ですが、まずは今回のコンセプト”RPG”について聞かせてください。

今回全部で12曲収録したのですが、今まで発表した既存の楽曲やシングル曲が爽やかなものが多い一方で、新しく作った5曲にはMachico自身が”やりたいもの”を詰め込んでみたんです。そんな中で、どうすればこれまでの爽やかな楽曲の世界観を崩さずに新曲を入れられるだろうかっていう話をしてて。それで、ゲームの世界だったら色んなステージに行くたびにBGMが変わりますし、タイアップした作品も冒険を題材にした作品が多いので、”RPG”がテーマにちょうど良いんじゃないかと。そういうテーマにした方がアルバムとしてのまとまりは良いと思ったんです。

──ということは、意識的に様々な世界観の楽曲を混在させたと?

そうですね。収録曲の順番もざっくりとはストーリーを考えてるんです。登場人物は”女騎士”と”おてんばなお姫様”で、2人が出会って→楽しくやって→片方が闇堕ちして→助けて→2人で困難を乗り越えて……チャンチャンっていう(笑)。

──なるほど。アルバムを通してストーリーがあるんですね。

そうなんです。そういう漠然としたストーリーを考えて、ここの場面にはこういう曲が合うよねとか、ここには新しい曲を作ろうみたいな。騎士が戦いの日々に明け暮れている様子を描く楽曲だったり、「きっとショコラ」だったら“姫が闇堕ちする前兆”的な立ち位置の楽曲で、リード曲の「Everlasting Glory」はボス戦ですよね。「ピンクトルマリン」はすべてを乗り越えたあとのキラキラソング……というように、それぞれのシチュエーションに合わせて曲を作ってもらいました。

Machico / Everlasting Glory
Machico / Everlasting Glory

──アルバム・ジャケットに映っている2人は、そのストーリーの登場人物なんですね。登場人物が2人なのには何か理由があるんでしょうか。RPGだと4〜5人で戦ったりもしますよね。

RPGと言えばパーティーでしょってみんなから言われるんですが、むしろ私は「姫を救わなきゃ!」と思い込んでて(笑)。

──例えば、「Zeal」は先ほどのストーリーで言うと、どんな場面の曲でしょうか?

騎士が戦ってるときのイメージです。12月14日のワンマンライヴが生バンドなので、バンド映えするようなロックチューンが欲しいと思ってたんです。それで、今まで何度かお世話になってる睦月周平さんに作曲していただくことになりました。サビでみんなが叫べるポイントもあるので、みんなからパワーを貰って前へ前へと突き進んでいけるような楽曲になってると思います。イントロに英語があって発音が難しくて……。

──今まで歌ってきた曲に英語はなかったんですか?

“ビューティフル”くらいの英単語しか(笑)。基本的に日本語だったのですが、少し前くらいから英語詞が増えてるんです。ディレクターさんに発音やアクセントを聞きながら、でも曲に乗せてカッコよくするにはどうしたらいいだろうと苦労してます。

──そんな「Zeal」に対して、5曲目の「きっとショコラ」のこの振れ幅がMachicoさんらしいですよね。これは先ほどの話だと”闇堕ちの前兆”?

とは言いつつ、曲自体はすごく可愛くて。切なさや寂しさもあるけど不器用さもある。セリフを良い感じにメロディに乗せてくれてて、自然と感情を込めながら歌える曲になってるかなと。

──「Zeal」みたいな世界観の曲と「きっとショコラ」のような楽曲では、どちらが歌い易いですか?

もともと私は「Zeal」みたいなロックサウンドが好きなので、力一杯歌うのも好きなんですけど、ひとつの歌い方というよりは曲によって声色を変えるタイプなので、「きっとショコラ」の地声に近い状態というか、歌を歌うってより喋る感覚で歌えるのも自然体で歌い易いです。

──これまでの声優としての活動がうまくアーティスト活動の方に活かされてる曲のひとつなのかなと思いました。

ありがとうございます。実は今回、私の声優としての活動を感じられるような歌い方を意識的にしてるんです。アーティストとして私のことを知ってくださっている方も、声優として私のことを知ってくださっている方もどちらもいるのですが、その2つがリンクしてる人が意外と少ないと思ってて。それぞれを知ってくれてる人がいるのに、それが結び付かないのはもったいないなと。それで今回は声優のお仕事で使うような高い音を意識的に使いました。なので”声優の活動ありき”というのが伝わってて嬉しいです。

やりたい音楽をしっかり出来てます

──そして6曲目の「Lunar eclipse」ですが、これぞ”闇堕ち”ですね。作詞作曲をされてる分島花音さんの作家性が存分に発揮されてます。

ゴシック系の雰囲気ってはじめてなんですけど、すっごい好きな曲調で。ただ、余韻を楽しみながら歌うっていうのかな、ピッチを合わせたり、リズムを合わせて歌うのは得意なんですけど、楽譜に書いてある音符にピッタリ声を当てるというよりは、歌いながら自分でメロディを保ちつつ、ひとつひとつの”長”と”短”を楽しみながら歌った方がこの曲には合ってると言われて、それを掴むのが難しかったです。

──デモの段階では分島さん本人が歌唱されてたのでしょうか?

そうです。デモでは分島さん特有の艶やかな大人びた感じというか……怪しさの中に美しさもあって、このまま世に出したいくらいでした(笑)。でも、だからこそ私は”少女感”を出したかったんです。年齢感を上げ過ぎないようにして”少女っぽく”歌いたくて。それとこの曲は、いかに世界観に入り込めるかが重要だと思ったので、タイトルが”月食”という意味もあって歌詞カードが見える範囲でレコーディングブースを暗くして録りました。

リード曲の「Everlasting Glory」も、今まで私のアルバムの表題曲は爽やかなものが多かったんですけど、この曲がはじめてクールでダークな世界観の楽曲になってます。嘆きや葛藤といった言葉を歌詞に反映してもらったことで、今の自分にリンクするようで歌い甲斐があります。

分島花音_Love your enemies_Music Video
分島花音_Love your enemies_Music Video

──Machicoさんの葛藤とは何でしょうか?

動員数とかリアルな数字が……。

──ああ、なるほど……。

やっと最近、数字を認識できるようになってきたがために、不安になることが増えてきて。同じ時期に活動を始めた仲間たちはもっと大きなところに立っているのに、なんで自分はまだまだなんだろう……と落ち込んじゃうことが多くて。それで「Everlasting Glory」の歌詞がより響くんです。

──2011年の「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン~次世代声優アーティストオーディション~」のファイナリストにはMachicoさんをはじめとして、大橋彩香さんや木戸衣吹さん、山崎エリイさん、そしてグランプリを獲得した田所あずささん……と今考えると錚々たる面々が残っていたわけですが、Machicoさんにとって彼女たちはどのような存在ですか?

仲間でありライバル、両方ですね。その中で私は最年長なので、なんで私はまだまだこんななんだろうという悩みばかりで……。

──彼女たちと比べたとき、その差は何だと思いますか?

自分の好みを上手く出せてなかったのかもしれません。デビュー当時は言われたことをやるので精一杯で、人に意見するのはダメなんじゃないかと思い込んでたんですけど、当時からみんなは好きなことは好きってマネージャーさんに伝えてたという話も聞いてるので、そういうところで私は出遅れたのかなと思います。良い子でいようとしてたのが逆にダメだったのかな……。

──では今作『マチビトサガシ』では自分の”好き”をどれくらい出せましたか?

今のレーベルに移って約4年経つので、スタッフのみなさんも私がどういう性格でどういう人なのか理解してくれてます。なので今は意見も言いやすくて、ロック調の曲が好きだとか、睦月さんみたいな曲が好きだとか、分島さんが好きだとか、漠然とした曲調だけ伝えるんじゃなくて「こういう曲調が好きだからこの人に書いてもらいたい」っていう具体的な要望を伝えられるようになったんです。なので今はやりたい音楽をしっかり出来てます。例えば、ボカロも好きなので今回は八王子Pさんに曲を作っていただいたり。

一曲ごとに変える表情だったり歌い方も見て欲しい

──「ピンクトルマリン」ですね。この曲はMachicoさんが作詞されてます。

最初に曲を聴いて、ピンクや黄色の色味を思い浮かべたんです。それで「何かに立ち向かっていくときの不安や消極性を取り除く」という効果のあるピンクトルマリンというパワーストーンを見つけたので、これをテーマにしようと。

──作詞面で参考にしてるアーティストはいますか?

参考にしてる作詞家さんはいないのですが、好みのアーティストさんの歌詞は常に気にしてます。例えば、Janne Da Arcのyasuさんの女性目線の歌詞だったり、SIDのマオさんの言葉遊びは面白いなとか。the GazettEも好きで。

the GazettE 『Falling』Music Video
the GazettE 『Falling』Music Video

──ヴィジュアル系が好きなんですね。とすると分島さんとは本当にぴったりなタッグですね。分島さんって確か、昔はMALICE MIZERのManaさんによるプロデュースでしたよね。

分島さんを知ったのは『KERA』(ゴシックパンク系ファッション誌)がきっかけで、ストリートスナップでめちゃくちゃオシャレなのを見て好きになったんです。はじめてイベントでご一緒させていただいたときも私服ばかり見てました。あのとんがった靴可愛い! って(笑)。

──『Ambitious*』(Machicoの3rdアルバム。2016年発表)の頃の爽やかなイメージが強かったので、そういう趣味を持ってたのは意外です。

黒髪ロングでメイクもナチュラルで……。っていう、自分の意見や好みをあまり表に出してこなかった期間が4〜5年ありました。以前、岩田光央さんにラジオで「良い子にしてるのと自分の意見を言わないのは全然違うよ。Machicoちゃんの人となりは魅力的なんだから、それを出さないのはもったいないよ」って言ってくださったことがあったんです。それからトークでも少しずつ経験談とか話せるようになったり、髪色を変えてみたりできるようになって。

──そう考えるとジャケットに映ってる2人は“本当の自分”と”周りがイメージする自分”の二面性を表しているようにも思えますね。

確かに。そういう意味も含んでるということにしておきしましょう!(笑)

──さて、そんなMachicoさんの素が見れるのがライヴだと思います。先ほどの話にもありましたが、今回は生バンドだと。

はい。ギターとベースとドラムの純粋な3ピースで挑みます。今まではオケ音源だったので、生バンド用にセットリストを組んだり、一曲ごとに変える表情だったり歌い方も見て欲しいポイントです。生バンドならではの、自由に音を楽しんでるところを見て欲しい。

──英語が増えてきたという話もありましたが、今後は海外でのライヴも視野に?

そうですね。海外では何度かライヴしたことがあるんですけど、海外のお客さんはパワーがすごくて、日本の方とはまた違った盛り上がり方をしてくださるので楽しいんです。それと、海外に“Machico”っていう島があるらしくて、いつかそこでライヴしてみたいなって思ってます。

『マチビトサガシ』の購入はこちらから!


編集 : 伊達恭平

LIVE INFO

Machico Live 2019〈Symphonic Session〉
2019年12月14日(土)@duo MUSIC EXCHANGE
時間 : OPEN 17:00 / START 17:30

Machicoの過去作はOTOTOYにて配信中!

PROFILE

Machico

広島県出身。26歳。

幼少の頃より歌が大好きな一家で育ち、いつの日からか歌手の道を志すようになる。学生時代よりバンド部に所属する等の活動を経て、数多くのボーカルオーディションをうけるようになる中、友人の影響からアニメ、声優の仕事にも興味をもつようになっていった。2011年ホリプロタレントスカウトキャラバン「声優アーティストオーディション」で力強く透き通る歌声で決勝に進出するも、惜しくも優勝を逃したが、その決勝での活躍がスタッフの目にとまりデビューが決定。

心地好くもパワフルな高音、透きとおり突き抜ける歌声、そして独特なMachicoワールドともいうべきキャラクター性が全て人の心に癒しと活力を与える。2014年6月と2015年4月にアニソンカバーを織り交ぜた2枚のアルバムを発売し、各アニソンイベント出演、ワンマンライブ開催など積極的なライブ活動をしている。また2016年1月27日には初のタイアップとなるTVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」のOPテーマ「fantastic dreamer」を発売し、今最も注目される歌うま声優として話題を集めている。2017年2月1日にはTVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!2」のOPテーマ「TOMORROW」をリリース。同年5月24日は自信初となるメジャー1stアルバム「SOL」をリリース。2018年1月放送のTVアニメ「りゅうおうのおしごと!」のOPテーマ「コレカラ」を担当。

Machico オフィシャルサイト
https://machi.co/

Machico 公式twitterアカウント
https://twitter.com/MachicoOfficial

この記事の編集者
伊達 恭平

【REVIEW】Suara『うたわれるもの』とともに歩んだシンガーとしての実力、その意義

【REVIEW】Suara『うたわれるもの』とともに歩んだシンガーとしての実力、その意義

ラストクエスチョン現体制2周年を終え、そして〈フェス〉へ…

ラストクエスチョン現体制2周年を終え、そして〈フェス〉へ…

ピーター・バラカンとハイレゾで聴く『魂(ソウル)のゆくえ』

ピーター・バラカンとハイレゾで聴く『魂(ソウル)のゆくえ』

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

TOP