album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
In A Sentimental Mood -- デューク・エリントンジョン・コルトレーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:15 N/A
2
Bessie's Blues -- ジョン・コルトレーン・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:32 N/A
3
What's New -- ジョン・コルトレーン・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:44 N/A
4
Alabama (Live At Birdland Jazzclub, New York City, NY, 10/18/1963)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:08 N/A
5
Like Someone In Love  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
6
Lush Life -- ジョン・コルトレーンジョニー・ハートマン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:26 N/A
7
Nancy (With The Laughing Face) -- ジョン・コルトレーン・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:10 N/A
8
Theme For Ernie  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:53 N/A
9
Violets For Your Furs (Album Version)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:15 N/A
10
Why Was I Born? -- ケニー・バレルジョン・コルトレーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
11
You're A Weaver Of Dreams -- キャノンボール・アダレイ・クインテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:31 N/A
12
It's Easy To Remember -- ジョン・コルトレーン・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:49 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

ジャズの聖典を巡る、音楽史を揺るがす大発見!歴史的名盤『至上の愛』のライヴ音源、奇跡の発掘! 今年生誕95周年を迎えるジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)による、後世に多大な影響を残した音楽史上に輝く名盤『至上の愛』。コルトレーンの生涯でたった2回しか公のステージで演奏されなかったと伝えられる組曲の幻の3回目の音源が奇跡の発掘! 『至上の愛』は1965年にリリースされ、現在も多くのリスナーを虜にし続けている。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では47位にランクイン。アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術を研究/展示しているスミソニアン博物館のコレクションにも選ばれ、アメリカ国立博物館には"アメリカ史の宝"として所蔵されている。 これまで『至上の愛』は、スタジオ盤と65年のフランスのジャズ・フェスティヴァルでのライヴ録音の2種類の演奏がリリースされていたが、今回発掘されたシアトルでのライヴ演奏が録音されていたことは記録に残っていなかった。 『至上の愛~ライヴ・イン・シアトル』は4つのインタールードを挟み、4パートから成る組曲すべてが収録された貴重な音源。 参加メンバーは、ジョン・コルトレーン率いる黄金のカルテット+ファラオ・サンダース(ts) ~カルロス・ワード(as)~ドナルド・ギャレット(b)の計7名。1965年のシアトルを含むワールド・ツアーは、同年に発表されたコルトレーンのフリー・ジャズ宣言作『アセンション』のレコーディング後に行われたもの。バンドを拡大するアイデアは、シアトル公演の前のサンフランシスコでコルトレーンが思いついたという。総勢7名で繰り広げられるアバンギャルドな『至上の愛』。その衝撃は今も生々しい。

8 tracks
Jazz/World

ジャズの聖典を巡る、音楽史を揺るがす大発見!歴史的名盤『至上の愛』のライヴ音源、奇跡の発掘! 今年生誕95周年を迎えるジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)による、後世に多大な影響を残した音楽史上に輝く名盤『至上の愛』。コルトレーンの生涯でたった2回しか公のステージで演奏されなかったと伝えられる組曲の幻の3回目の音源が奇跡の発掘! 『至上の愛』は1965年にリリースされ、現在も多くのリスナーを虜にし続けている。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では47位にランクイン。アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術を研究/展示しているスミソニアン博物館のコレクションにも選ばれ、アメリカ国立博物館には"アメリカ史の宝"として所蔵されている。 これまで『至上の愛』は、スタジオ盤と65年のフランスのジャズ・フェスティヴァルでのライヴ録音の2種類の演奏がリリースされていたが、今回発掘されたシアトルでのライヴ演奏が録音されていたことは記録に残っていなかった。 『至上の愛~ライヴ・イン・シアトル』は4つのインタールードを挟み、4パートから成る組曲すべてが収録された貴重な音源。 参加メンバーは、ジョン・コルトレーン率いる黄金のカルテット+ファラオ・サンダース(ts) ~カルロス・ワード(as)~ドナルド・ギャレット(b)の計7名。1965年のシアトルを含むワールド・ツアーは、同年に発表されたコルトレーンのフリー・ジャズ宣言作『アセンション』のレコーディング後に行われたもの。バンドを拡大するアイデアは、シアトル公演の前のサンフランシスコでコルトレーンが思いついたという。総勢7名で繰り広げられるアバンギャルドな『至上の愛』。その衝撃は今も生々しい。

8 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』初出音源含む完全盤リリースが決定 

ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』初出音源含む完全盤リリースが決定 

ジョン・コルトレーンが1957年に録音し、ブルーノートに残した唯一のリーダー作であり永遠の名盤『ブルー・トレイン』。 レコーディングから65周年を記念して、最新リマスタリングを施したオリジナル・アルバムに加え、別テイク7曲を収録した完全盤『ブルー・トレイ

ジョン・コルトレーン、アート・ブレイキー、チャールス・ミンガス名盤SHM-CDで5/20同時発売

ジョン・コルトレーン、アート・ブレイキー、チャールス・ミンガス名盤SHM-CDで5/20同時発売

ジョン・コルトレーン、アート・ブレイキー、チャールス・ミンガスの名盤が2枚組デラックス・エディションで3タイトル同時発売されることがわかった。 『ジョン・コルトレーン マイ・フェイヴァリット・シングス60thアニヴァーサリー・デラックス・エディション<S