album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Moving Out -- ソニー・ロリンズセロニアス・モンクKenny Dorhamケニー・ドーハム  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:29 N/A
2
I Want To Be Happy -- セロニアス・モンクソニー・ロリンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:42 N/A
3
I'm An Old Cowhand (Album Version)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:40 N/A
4
Valse Hot feat. Clifford Brown, Max Roach, Richie Powell, George Morrow -- ソニー・ロリンズClifford Brownクリフォード・ブラウンマックス・ローチRichie PowellGeorge Morrow  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 08:35 N/A
5
I've Told Ev'ry Little Star  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:23 N/A
6
You Don't Know What Love Is (Rudy Van Gelder Remaster) feat. Tommy Flanagan, Doug Watkins, Max Roach -- ソニー・ロリンズトミー・フラナガンダグ・ワトキンスマックス・ローチ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:27 N/A
7
Toot, Toot, Tootsie (Album Version)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:22 N/A
8
No Moe (Instrumental) -- ソニー・ロリンズモダン・ジャズ・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:31 N/A
9
St. Thomas feat. Tommy Flanagan, Doug Watkins, Max Roach -- ソニー・ロリンズトミー・フラナガンダグ・ワトキンスマックス・ローチ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:46 N/A
10
Tenor Madness (Rudy Van Gelder Remaster) feat. John Coltrane -- ソニー・ロリンズ・カルテットSonny Rollins QuartetJohn Coltraneジョン・コルトレーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 12:13 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

ジャズの巨匠たちシリーズです。セロニアスモンクはアメリカのジャズ・ピアニストであり、即興演奏における独特のスタイルと、数多くのスタンダード・ナンバーの作曲で知られる

Jazz/World

1966年のヨーロッパ・ツアー中にノルウェイのオスロとデンマークのコペンハーゲンで収録されたセロニアス・モンク・カルテットのTV素材を音源とする世界初のCDリリース。1−3が4月15日のオスロで、4−6が4月18日のコペンハーゲン。カルテットのパーソネルは、セロニアス・モンク(p)、チャーリー・ラウズ(ts)、ラリー・ゲイルズ(b)、ベン・ライリー(ds)。5のみセロニアス・モンクによるピアノ・ソロ。

Jazz/World

ソニー・ロリンズはインパルスで『イースト・ブロードウェイ・ラン・ダウン』(1966)を発表したあと、1968年に日本やヨーロッパ・ツアーを行ったが、1969年秋に再び雲隠れして、1972年の『ニュー・アルバム』(マイルストーン)まで正式録音がなかった。本作はその間のギャップを埋める貴重な音源である。1968年9月8日、コペンハーゲンのTV局での収録。バックはケニー・ドリュー(p)、二-ルス=ヘニング・オルステッド・ペデルセン(b)、アル・ヒース(ds)。世界初登場。

View More Discography Collapse
Collapse

News

WONKの〈エピストロフ〉が〈ブルーノート〉と組み、セロニアス・モンク100周年を祝う!

WONKの〈エピストロフ〉が〈ブルーノート〉と組み、セロニアス・モンク100周年を祝う!

昨年9月にリリースした1stアルバム『Sphere』が大絶賛を浴び、各所で話題沸騰中のエクスペリメンタル・ソウル・バンド、WONK。9月6日にはツイン・アルバム『Castor』『Pollux』を2枚同時リリースする彼らによる、新たな主導プロジェクトが発表