How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
DISC 1
1
Carry On -- ノラ・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:48 N/A
2
Night And Day -- ダイアナ・クラール  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:37 N/A
3
Live Your Fantasy -- ホセ・ジェイムズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:32 N/A
4
Day To Day -- ロバート・グラスパー・エクスペリメント  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:24 N/A
5
スターティング・ファイヴ -- J-Squad  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:16 N/A
6
ハートブレイク・ヒル -- 山中千尋  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:03 N/A
7
雨のパリで -- サラ・マッケンジー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:46 N/A
8
ヒーズ・ファニー・ザット・ウェイ -- アンドレア・モティス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:48 N/A
9
セカンド・ライト -- ブルーノート・オールスターズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:40 N/A
10
Saisons contradictoires -- ヤロン・ヘルマンM  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:50 N/A
11
アディオス・ノニーノ -- 寺井尚子  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:31 N/A
12
コパカバーナ -- イリアーヌ・イリアス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:20 N/A
13
パッシン・スルー (2016年 レンジック・シアター(ニューメキシコ州サンタフェ)) -- チャールス・ロイド・ニュー・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:25 N/A
DISC 2
1
この素晴らしき世界 -- ルイ・アームストロング  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:19 N/A
2
いつか王子様が -- ビル・エヴァンス・トリオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:13 N/A
3
いそしぎ -- ビージー・アデール  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:00 N/A
4
水とワイン(アーグア・イ・ヴィーニョ) -- ミシェル・カミロトマティート  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:55 N/A
5
(サティス)ファクション -- ザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンドチャーリー・ワッツラーシュ・メラージェラルド・プレゼンサーデイヴィッド・グリーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:11 N/A
6
オン・ファイヤー -- トニー・アレン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:16 N/A
7
オフ・マイナー -- セロニアス・モンクジョン・コルトレーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:12 N/A
8
グランドファーザーズ・ワルツ -- スタン・ゲッツビル・エヴァンス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:28 N/A
9
ハウ・ハイ・ザ・ムーン -- エラ・フィッツジェラルド  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 08:10 N/A
10
ノー・モア・ブルース -- アントニオ・カルロス・ジョビン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:17 N/A
11
トゥー・カイツ -- 伊藤ゴロー アンサンブル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:12 N/A
12
アップタウン、ダウンタウン -- ビル・チャーラップ・トリオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:00 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

伝説のジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの1959年のアルバム『Everybody Digs Bill Evans』は、サム・ジョーンズ(b)とフィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)をフィーチャーした画期的な録音であり、エヴァンスのリヴァーサイドからのリーダー・アルバムとしては2作目。

9 tracks
Jazz/World

伝説のジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの1959年のアルバム『Everybody Digs Bill Evans』は、サム・ジョーンズ(b)とフィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)をフィーチャーした画期的な録音であり、エヴァンスのリヴァーサイドからのリーダー・アルバムとしては2作目。

9 tracks
V.A.

14 tracks
V.A.

14 tracks
V.A.

発足40周年を迎えたファッション・ブランド〈TAKEO KIKUCHI〉の創始者兼初代デザイナーの菊池武夫。終戦直後、米軍の将校が残していったレコードでジャズと出合い、17歳からジャズ喫茶に通って当時リアルタイムでモダン・ジャズに傾倒していったという菊池武夫が監修を務めるジャズ・コンピレーション。ボーナス・トラックとして、以前〈TAKEO KIKUCHI〉が衣装提供したバンド、 J-Squadによるハービー・ハンコックのカヴァー「処女航海」を収録。

12 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ノラ・ジョーンズ、ニューAL『ヴィジョンズ』リリース&MV公開

ノラ・ジョーンズ、ニューAL『ヴィジョンズ』リリース&MV公開

ノラ・ジョーンズが、2024年3月8日(金)より約4年ぶりのニューアルバム『ヴィジョンズ』をリリースし、収録曲から「パラダイス」のミュージックビデオを公開した。 新作は、2021年にリリースされたノラ初のクリスマス・アルバム『アイ・ドリーム・オブ・クリス

【急上昇ワード】ノラ・ジョーンズ、約4年ぶりの新AL『Visions』

【急上昇ワード】ノラ・ジョーンズ、約4年ぶりの新AL『Visions』

新アルバム『Visions』をリリースしたノラ・ジョーンズが急上昇ワードにランクイン。 リオン・マイケルズがプロデュースを担当した約4年振りの本作では、ほぼ全てのパートがノラとリオンの2人でレコーディングされた。収録曲は先行シングル「Running」「S

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新作AL『ヴィジョンズ』3月リリース

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新作AL『ヴィジョンズ』3月リリース

ノラ・ジョーンズが4年ぶり9枚目となるニュー・アルバム『ヴィジョンズ』を3月8日にリリースすることが決定した。 先行シングル第1弾として、「ランニング」の配信がスタート。ミュージック・ビデオも公開されている。 本作は、2021年にリリースされたノラ初のク

9/30開幕〈第34高崎音楽祭〉ライブレストラン形式のジャズ公演を初開催

9/30開幕〈第34高崎音楽祭〉ライブレストラン形式のジャズ公演を初開催

9月30日(土)から15日(日)までの16日間、高崎芸術劇場で〈第34高崎音楽祭〉が開催される。 今年で34回目を迎える高崎音楽祭は「音楽のある街 高崎」を代表する秋の一大イベント。今年は過去最大級となる18組が出演し、クラシック、ジャズ、ポップス、ロッ

ブロッサム・ディアリー、未発表音源27曲収録の企画ALをリリース決定

ブロッサム・ディアリー、未発表音源27曲収録の企画ALをリリース決定

ブロッサム・ディアリーが、1966~70年にロンドンの〈フォンタナ・レーベル〉に残した未発表音源を27曲収録した発掘盤『フィーリン・グッド・ビーイング・ミー』を2023年7月26日(水)にリリースされることが決定した。 キュートな歌声と確かなピアノ・テク

ノラ・ジョーンズ、ニューSG「キャン・ユー・ビリーヴ」リリース

ノラ・ジョーンズ、ニューSG「キャン・ユー・ビリーヴ」リリース

ノラ・ジョーンズが、本日2023年6月16日(金)より新曲「キャン・ユー・ビリーヴ」をリリースした。 ノラは昨年、5年ぶりとなる来日公演が話題を呼び、以後もロバート・グラスパーや、ロジックとのコラボシングルや、5thアルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』

View More News Collapse
エラ・フィッツジェラルド先行SG第2弾「チーク・トゥ・チーク」配信スタート

エラ・フィッツジェラルド先行SG第2弾「チーク・トゥ・チーク」配信スタート

エラ・フィッツジェラルドの6月24日にリリースの完全未発表音源集『エラ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル:アーヴィング・バーリン』より先行シングル第2弾として「チーク・トゥ・チーク」の配信がスタートした。 合わせて公開となったMVはロンドンを拠点に活動する

ノラ・ジョーンズ、5年ぶり来日で武道館3連発

ノラ・ジョーンズ、5年ぶり来日で武道館3連発

ノラ・ジョーンズが、今年10月に5年ぶりとなる待望の来日公演を行うことが発表された。今回の日本ツアーでは札幌、仙台、東京、大阪の4都市6公演を予定している。 今回のツアーは、実はアルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースした2020年の

エラ・フィッツジェラルド、1958年の発掘ライヴ音源をリリースへ

エラ・フィッツジェラルド、1958年の発掘ライヴ音源をリリースへ

エラ・フィッツジェラルドが1958年にハリウッド・ボウルで演奏したライヴ録音の完全未発表音源が、『エラ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル:アーヴィング・バーリン』として6月24日にリリースされることが決定した。 また、先行シングル第1弾として「プッティン・

ノラ・ジョーンズ、ドン・ウォズとの対談動画を公開

ノラ・ジョーンズ、ドン・ウォズとの対談動画を公開

ノラ・ジョーンズのデビュー作『ノラ・ジョーンズ』の20周年記念盤がついに輸入盤、OTOTOYではロスレス配信が開始となった。それに合わせてブルーノートの社長であるドン・ウォズとの対談動画「First Look」が公開中だ。 また、リリース前日に行われたラ

ノラ・ジョーンズ、デビュー作20周年記念ライヴ配信を実施

ノラ・ジョーンズ、デビュー作20周年記念ライヴ配信を実施

約3,000万枚のセールスを誇るノラ・ジョーンズのデビュー作『ノラ・ジョーンズ』のリリース20周年を記念し最新リマスター&22曲もの未発表音源を収録したスーパー・デラックス・エディションが5月27日に発売される。 その発売を記念して日本時間の4月29日(

ノラ・ジョーンズ、デビュー作の最新リマスター音源収録のデラックス盤発売決定

ノラ・ジョーンズ、デビュー作の最新リマスター音源収録のデラックス盤発売決定

ノラ・ジョーンズがデビュー作『ノラ・ジョーンズ』リリースの20周年を記念し最新リマスター&22曲もの未発表音源を収録したスーパー・デラックス・エディションが4月29日に発売されることを発表した。 また、その中から「カム・アウェイ・ウィズ・ミー(オルタネイ

ノラ・ジョーンズ、Xmas ALから絵本作家むらかみさきとコラボしたファミリー向けMV公開

ノラ・ジョーンズ、Xmas ALから絵本作家むらかみさきとコラボしたファミリー向けMV公開

9回のグラミー賞受賞経験を持つシンガー・ソングライター、ピアニストであり、2002年にアルバム『ノラ・ジョーンズ(原題:Come Away With Me)』でデビューし、以来、世界中の人々を魅了し続けているノラ・ジョーンズ。 彼女がリリースした、約20

【今日のMV】ノラ・ジョーンズ「Christmas Calling (Jolly Jones)」

【今日のMV】ノラ・ジョーンズ「Christmas Calling (Jolly Jones)」

本日12月7日は「クリスマスツリーの日」。今から135年前、日本初のクリスマスツリーが飾られた記念日にお送りするMVは、ノラ・ジョーンズが10月にリリースしたクリスマス・アルバム『I Dream Of Christmas』から「Christmas C

ノラ・ジョーンズがキャリア初クリスマスAL『アイ・ドリーム・オブ・クリスマス』本日発売

ノラ・ジョーンズがキャリア初クリスマスAL『アイ・ドリーム・オブ・クリスマス』本日発売

ノラ・ジョーンズが、約20年のキャリアの中で初となるクリスマス・アルバム『アイ・ドリーム・オブ・クリスマス』を本日リリースした。 本アルバムには時代を超えて愛されてきた「ウィンター・ワンダーランド」や「ホワイト・クリスマス」などの名曲に加え、ノラ・ジョー

ブルーノート・レコードがUTとコラボ

ブルーノート・レコードがUTとコラボ

ブルーノート・レコードとユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」のコラボレーション・コレクションが全世界で発売される。 今回発売されるのはブルーノートの社長を務め、自身もアーティストでありプロデューサーでもあるドン・ウォズがセレクトを行った名盤のジ

ノラ・ジョーンズ、スペシャル・オンライン・ライヴ開催

ノラ・ジョーンズ、スペシャル・オンライン・ライヴ開催

9回のグラミー賞受賞経験を持つシンガー・ソングライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが、昨年リリースし、2020年度オリコン年間ジャズアルバムランキングで第1位を獲得したフル・オリジナル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のリリース

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズが、4月16日にリリースのキャリア初ライヴ・アルバム『ティル・ウィー・ミート・アゲイン~ベスト・ライヴ・ヒット』から先行曲である「ドント・ノー・ホワイ」の配信を本日開始した。 楽曲は2002年に発表されたデビュー・アルバム『ノラ・ジョーン

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズが高橋留美子による世界的人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーションをしたMV「アイム・アライヴ」が反響を広げている。 本MVは「生きる」というテーマを一人でも多くの日本のファンに伝えたいという目的のもと企画され、ヒロインの音無響子が、「ア

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のデジタル・デラックス・エディションも本日リリースする。 それに伴い、高橋留美子による世界的に人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーション

ダイアナ・クラール、最新ALから"ニューヨークの秋"のヴィジュアライザーが公開

ダイアナ・クラール、最新ALから"ニューヨークの秋"のヴィジュアライザーが公開

ジャズ・シンガー、ピアニストのダイアナ・クラールがソロ・アルバム『ディス・ドリーム・オブ・ユー』を9月25日にリリース。「ニューヨークの秋」のヴィジュアライザーが公開された。 今回、公開になったヴィジュアライザーは「ニューヨークの秋」というタイトルにちな

ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』に収録されている“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMVを本日解禁した。 また、それに合わせて、同アルバムのデジタル・デラックス・エディシ

エラ・フィッツジェラルド、未公開音源からセシル・マクロリン・サルヴァントが手掛けた"恋のチャンス"MV公開

エラ・フィッツジェラルド、未公開音源からセシル・マクロリン・サルヴァントが手掛けた"恋のチャンス"MV公開

”ザ・ファースト・レディ・オブ・ソング”や“ジャズの女王”との異名を持つ、エラ・フィッツジェラルドの完全未公開ライヴ・アルバム『エラ ~ザ・ロスト・ベルリン・テープ』から先行配信曲"恋のチャンス"が解禁された。 解禁にあわせてセシル・マクロリン・サルヴァ

セロニアス・モンク、延期されていた未発表ライヴ音源10/7リリース決定

セロニアス・モンク、延期されていた未発表ライヴ音源10/7リリース決定

リリースが延期されていたセロニアス・モンクの未発表ライヴ音源『パル・アルト ~ザ・ロスト・コンサート』が10月7日に発売されることが決定した。 今回のアルバムには、1968年に行われたライヴの音源が収録される。 彼のライヴ音源は数多くあるが、今回のライヴ

Collapse

Articles

もっともっと立ち上がれ──〈アーカイ奉行〉第35巻

連載

もっともっと立ち上がれ──〈アーカイ奉行〉第35巻

歴史を追いかけ過去から未来、情報過多の現代社会、デジタルの海に散らばったあの名作、この名作たちをひとつにまとめる仕事人…!〈アーカイ奉行〉が今日もデジタルの乱世を治める…!'''〈アーカイ奉行〉とは…'''1.過去作の最新リマスター音源 2.これまで未配信…

酔いどれて終いよ──〈アーカイ奉行〉第18巻

連載

酔いどれて終いよ──〈アーカイ奉行〉第18巻

歴史を追いかけ過去から未来、情報過多の現代社会、デジタルの海に散らばったあの名作、この名作たちをひとつにまとめる仕事人…!〈アーカイ奉行〉が今日もデジタルの乱世を治める…!'''〈アーカイ奉行〉とは…'''1.過去作の最新リマスター音源 2.これまで未配信…

ドゥーン!(©︎ショージ師匠)──〈アーカイ奉行〉第15巻

連載

ドゥーン!(©︎ショージ師匠)──〈アーカイ奉行〉第15巻

歴史を追いかけ過去から未来、情報過多の現代社会、デジタルの海に散らばったあの名作、この名作たちをひとつにまとめる仕事人…!〈アーカイ奉行〉が今日もデジタルの乱世を治める…!'''〈アーカイ奉行〉とは…'''1.過去作の最新リマスター音源 2.これまで未配信…

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

インタヴュー

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

OTOTOYが主催するイベント〈OTOTOYハイレゾ試聴会〉の第3回が、2019年4月10日(水)に行われた。メインMCに音楽評論家 / オーディオ評論家である高橋健太郎、今回はゲストに『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司が…