album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
DISC 1
1
Don't Know Why -- ノラ・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:06 N/A
2
Misty -- エロール・ガーナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:50 N/A
3
Maiden Voyage -- ハービー・ハンコック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:56 N/A
4
Waltz For Debby (Live At The Village Vanguard, New York / 1961 / Take 2) -- ビル・エヴァンス・トリオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:00 N/A
5
St. Thomas -- ソニー・ロリンズトミー・フラナガンダグ・ワトキンスマックス・ローチ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:47 N/A
6
Moanin' -- アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 09:34 N/A
7
Now's The Time -- チャーリー・パーカー・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:03 N/A
8
Cleopatra's Dream -- バド・パウエル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:26 N/A
9
The Sidewinder -- リー・モーガン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 10:27 N/A
10
Spain -- チック・コリアリターン・トゥ・フォーエヴァー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 09:50 N/A
11
The Girl From Ipanema -- スタン・ゲッツジョアン・ジルベルトアストラッド・ジルベルト  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:24 N/A
DISC 2
1
April In Paris -- カウント・ベイシー・オーケストラ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:50 N/A
2
Sing, Sing, Sing (Parts 1 & 2) (Live) -- ベニー・グッドマン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:24 N/A
3
Take The "A" Train -- クリフォード・ブラウンマックス・ローチ・クインテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:20 N/A
4
Say It (Over And Over Again) -- ジョン・コルトレーン・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:17 N/A
5
What A Wonderful World -- ルイ・アームストロング  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:20 N/A
6
Autumn Leaves -- キャノンボール・アダレイ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 10:59 N/A
7
Days Of Wine And Roses -- オスカー・ピーターソン・トリオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:42 N/A
8
You'd Be So Nice To Come Home To -- ヘレン・メリル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:22 N/A
9
My Funny Valentine -- チェット・ベイカー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:20 N/A
10
A Lover's Concerto -- サラ・ヴォーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:47 N/A
11
Unforgettable -- ナット・キング・コール  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
12
The Look Of Love -- ダイアナ・クラール  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:42 N/A
13
Mack The Knife -- エラ・フィッツジェラルドポール・スミス・カルテット  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:43 N/A
14
Satin Doll -- マッコイ・タイナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:39 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

約4年ぶりとなるフル・オリジナル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースし、見事オリコン年間ジャズアルバムランキングの第1位に輝いたノラ・ジョーンズ。デビュー・アルバムのリリースから20年近く経つ今なお根強い人気を誇る彼女が、キャリア初となるライヴ盤をリリース! 『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のリリース後、世界ツアーを予定していたというが、新型コロナ・ウイルスの影響ですべてがキャンセルに。ノラ・ジョーンズはSNSで自宅からライヴ配信を定期的に行っていたが、ライヴを容易に開催することができない時代に彼女のファンに少しでも臨場感のある音楽を届けたいと企画された。収録されるのは、これまで世界各国のライヴで披露してきたパフォーマンスで、2017年から2019年までの演奏からノラが自らセレクト。「ドント・ノー・ホワイ」、「サンライズ」や「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」など、彼女の代表作として知られるデビュー・アルバムに収録された楽曲から、2019年にリリースされたコンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』収録の「ビギン・アゲイン」や「フリップサイド」まで、リリース年代に留まらず幅広いラインナップが揃えられた、まさにライヴ・ベスト盤。アルバムを最後を飾るのは、2017年5月17日に急逝したクリス・コーネルへのトリビュートして同年5月23日のデトロイト公演でピアノの弾き語りで披露したカヴァー「ブラック・ホール・サン」。

14 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズが、4月16日にリリースのキャリア初ライヴ・アルバム『ティル・ウィー・ミート・アゲイン~ベスト・ライヴ・ヒット』から先行曲である「ドント・ノー・ホワイ」の配信を本日開始した。 楽曲は2002年に発表されたデビュー・アルバム『ノラ・ジョーン

J-WAVE開局時オリジナル、チック・コリア制作のBGMを復活

J-WAVE開局時オリジナル、チック・コリア制作のBGMを復活

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)が開局時にチック・コリアが制作(作曲と演奏)した『J-WAVE TRAFFIC INFORMATION(交通情報)』のBGMを期間限定で復活する。 オリジナルBGMは、1988年の開局当初から2004年3月まで、1週間

【訃報】チック・コリアが2月9日に死去

【訃報】チック・コリアが2月9日に死去

チック・コリアが、2月9日にがんで逝去されていたことが公式HP、SNSで発表された。享年79歳だった。 1941年マサチューセッツ州生まれのピアニスト/キーボーディスト/コンポーザー/バンド・リーダーであるチック・コリア。 ダウン・ビート誌のジャズの殿堂

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズが高橋留美子による世界的人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーションをしたMV「アイム・アライヴ」が反響を広げている。 本MVは「生きる」というテーマを一人でも多くの日本のファンに伝えたいという目的のもと企画され、ヒロインの音無響子が、「ア

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のデジタル・デラックス・エディションも本日リリースする。 それに伴い、高橋留美子による世界的に人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーション

ダイアナ・クラール、最新ALから"ニューヨークの秋"のヴィジュアライザーが公開

ダイアナ・クラール、最新ALから"ニューヨークの秋"のヴィジュアライザーが公開

ジャズ・シンガー、ピアニストのダイアナ・クラールがソロ・アルバム『ディス・ドリーム・オブ・ユー』を9月25日にリリース。「ニューヨークの秋」のヴィジュアライザーが公開された。 今回、公開になったヴィジュアライザーは「ニューヨークの秋」というタイトルにちな

View More News Collapse
ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』に収録されている“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMVを本日解禁した。 また、それに合わせて、同アルバムのデジタル・デラックス・エディシ

エラ・フィッツジェラルド、未公開音源からセシル・マクロリン・サルヴァントが手掛けた"恋のチャンス"MV公開

エラ・フィッツジェラルド、未公開音源からセシル・マクロリン・サルヴァントが手掛けた"恋のチャンス"MV公開

”ザ・ファースト・レディ・オブ・ソング”や“ジャズの女王”との異名を持つ、エラ・フィッツジェラルドの完全未公開ライヴ・アルバム『エラ ~ザ・ロスト・ベルリン・テープ』から先行配信曲"恋のチャンス"が解禁された。 解禁にあわせてセシル・マクロリン・サルヴァ

ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、約4年ぶりのリリースとなるオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースした。 それに伴い、外出自粛期間中にバンド・メンバーたちとそれぞれの自宅から撮影したパフォーマンス

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、新シングル「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」をデジタル・リリースした。   本楽曲は、もともと、6月12日に発売を控える約4年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

シンガー・ソングライター、ノラ・ジョーンズが、約4年ぶりにリリースするオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』の一曲目に収録されている楽曲「ハウ・アイ・ウィープ」の先行配信をスタート。 合わせて、新型コロナウィルスがロジスティ

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズが5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より、”アイム・アライヴ”の日本語リリック・ビデオを公開した。 "アイム・アライヴ"は「生きること」に焦点を当てた楽曲で、ノラによる

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より先行配信が開始されている"アイム・アライヴ"のMVを公開した。 ニューヨークの一軒家を貸し切って撮影

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

9つのグラミー賞を受賞しているシンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズ。 そんな彼女が、通算7枚目となるソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』を5月8日にジャズの名門レーベル、ブルーノート・レコードよりリリースする。 そもそもアルバム

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズがシンガーのタリオナ“タンク”ボールをフィーチャーした新曲「プレイング・アロング」が本日デジタルリリースされた。 タンクは、彼女がフロントを務めるソウル・バンド、タンク・アンド・ザ・バンガスが第62回グラミー賞の最優秀新人賞にノミネートさ

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

過去9回のグラミー賞に輝いたシンガーソングライターのノラ・ジョーンズが本日、両A面シングルとなる“I Forgot”/“Falling”のデジタル配信を開始した。 両楽曲とも、ブラジルのシンガーソングライター、ロドリゴ・アマランテをフィーチャリングに迎え

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズがリズム・アンド・ブルース、ソウル界のレジェジェンド、メイヴィス・ステイプルズとのコラボレーションしたデジタルシングル「アイル・ビー・ゴーン」をリリースした。 同楽曲はプロデューサーにピート・レムを迎え、ノスタルジー溢れるアメリカン・ルー

チェット・ベイカーの“最期の日々”を辿る映画『マイ・フーリッシュ・ハート』場面写真解禁

チェット・ベイカーの“最期の日々”を辿る映画『マイ・フーリッシュ・ハート』場面写真解禁

ジャズ界のレジェンドから悲しきジャンキーへと堕ちたチェット・ベイカーの、知られざる最期の数日間を映画化した『マイ・フーリッシュ・ハート』(11月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー)。 本作の場面写真が解禁された

ノラ・ジョーンズによるガールズ・ユニット、プスンブーツ最新シングルを公開

ノラ・ジョーンズによるガールズ・ユニット、プスンブーツ最新シングルを公開

ノラ・ジョーンズを中心に、ジェシー・ハリスの秘蔵っ子として注目を浴びるサーシャ・ダブソンとベーシストのキャサリン・ポッパーの3人の女性ミュージシャンからなる、ガールズ・ユニット=プスンブーツが新曲を発表した。 楽曲は、カントリー界のトップ・シンガー、ドリ

チェット・ベイカー、伝説的ジャズ・ミュージシャンの知られざる最期の日々を綴った映画が11月に公開

チェット・ベイカー、伝説的ジャズ・ミュージシャンの知られざる最期の日々を綴った映画が11月に公開

ジャズ界のレジェンドから悲しきジャンキーへと堕ちたチェット・ベイカー。 その知られざる最期の数日間を映画化した「MY FOOLISH HEART」(原題)が邦題『マイ・フーリッシュ・ハート』として11月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野

ノラ・ジョーンズ、デジタル・シングル「Take It Away feat. Tarriona Tank Ball」リリース

ノラ・ジョーンズ、デジタル・シングル「Take It Away feat. Tarriona Tank Ball」リリース

4月に2年半ぶりの作品『ビギン・アゲイン』をリリースしたノラ・ジョーンズ。 そんな彼女が、以前から大ファンと公言していたニューオーリンズのバンド「タンク・アンド・ザ・バンガス」のポエトリー・リーダー/シンガー「タリオナ“タンク”ボール」をフィーチャーした

史上最強のジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉を描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

史上最強のジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉を描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉。マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し、長きにわたりジャズをリードしつづける革新的レーベルの真実に迫るドキュメンタリー映画『ブルーノート・

OTOTOYハイレゾ試聴会 vol.3 山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉開催決定

OTOTOYハイレゾ試聴会 vol.3 山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉開催決定

OTOTOYが、第3回となる〈ハイレゾ試聴会〉を2019年4月10日(水)に開催する。 今回の試聴会では、『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司と音楽評論家でOTOTOYのプロデューサーでもある高橋健太郎が近年のブルー・ノー

ノラ・ジョーンズ、コンセプトAL『ビギン・アゲイン』発売決定

ノラ・ジョーンズ、コンセプトAL『ビギン・アゲイン』発売決定

ノラ・ジョーンズが、コンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』をリリースすることを発表した。 今作には、ノラがWILCOのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーや、ソロ・プロジェクトのダヴマンでも活動しているトーマス・バートレットとのコラボレーションにより、

Collapse

Articles

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

インタヴュー

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

OTOTOYが主催するイベント〈OTOTOYハイレゾ試聴会〉の第3回が、2019年4月10日(水)に行われた。メインMCに音楽評論家 / オーディオ評論家である高橋健太郎、今回はゲストに『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司が…