album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ソニームーン・フォー・トゥー -- ソニー・ロリンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 09:00
ライク・サムワン・イン・ラヴ -- ソニー・ロリンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:55
交響曲第六番・悲愴 -- ソニー・ロリンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:54
ラスト・フォー・ライフ -- サド・ジョーンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:13
アイ・ガット・イット・サド -- サド・ジョーンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:34
バラード・メドレー -- サド・ジョーンズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:21
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 37:57
Album Info

『ウェイ・アウト・ウエスト』(コンテンポラリー)、『ソニー・ロリンズ第二集』(ブルーノート)、『ザ・サウンド・オブ・ソニー』(リヴァーサイド)と同じ1957年のレコーディングながら、ピリオドという超マイナー・レーベルへの録音だったために存在感が薄くなってしまったもう一枚の名盤が本作『ソニー・ロリンズ・プレイズ』である。当初の予定では10インチ・アルバムになる予定だったがギャラで揉め企画が途中で中止になったため、サド・ジョーンズの代表作『マッド・サド』未収録の3曲が加えられて12インチ・アルバムとして陽の目を見た作品。サドのグループもも劣らぬ熱演だ。パーソネルは以下の通り。1〜3:ソニー・ロリンズ(ts)、ジミー・クリーヴランド(tb)、ギル・コギンズ(p)、ウェンデル・マーシャル(b)、ケニー・デニス(ds) 4〜5:サド・ジョーンズ(tp)、フランク・フォスター(ts)、ジミー・ジョーンズ(p)、ダグ・ワトキンス(b)、ジョー・ジョーンズ(ds) 6:サド・ジョーンズ(tp)、ヘンリー・コーカー(tb)、フランク・ウェス(ts)、トミー・フラナガン(p)、エディ・ジョーンズ(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)。録音は、1〜3が1957年11月4日、4〜5が1956年12月3日、6が1957年1月6日、いずれもニューヨーク。

Discography

Jazz/World

ソニー・ロリンズはインパルスで『イースト・ブロードウェイ・ラン・ダウン』(1966)を発表したあと、1968年に日本やヨーロッパ・ツアーを行ったが、1969年秋に再び雲隠れして、1972年の『ニュー・アルバム』(マイルストーン)まで正式録音がなかった。本作はその間のギャップを埋める貴重な音源である。1968年9月8日、コペンハーゲンのTV局での収録。バックはケニー・ドリュー(p)、二-ルス=ヘニング・オルステッド・ペデルセン(b)、アル・ヒース(ds)。世界初登場。

View More Discography Collapse
Collapse