2018年東京、僕らは今も遊び続ける──今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)

左より、今里(STRUGGLE FOR PRIDE)、谷ぐち順(LessThanTV)

圧倒的なサウンドとパフォーマンスで存在感を示し続けるバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。2006年にリリースした1stアルバムから実に12年ぶりとなる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を完成させた。彼らのオリジナル楽曲はもちろん、EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎えたベニー・シングスのカバー「MAKE A RAINBOW」や、過去作にも共演を果たしているカヒミ・カリィをヴォーカルに迎えたザ・ブルーザーズのカバー(原曲はビリー・ジョエル)「YOU MAY BE RIGHT」をはじめ、FEBB、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、ECDといった彼らにしか集められないであろう多彩な客演陣が参加している。まさに2018年の東京を象徴する1枚。OTOTOYでは本リリースを記念し、彼らにとって初の音源『...Hold Fast Afflux』のリリースをはじめ、数多くの瞬間を共有してきた谷ぐち順(LessThanTV)を招き、ヴォーカルである今里との対談を掲載! 貴重なエピソードの数々はもちろん、過去の貴重なフライヤーも! 必読です!

12年ぶり、待望となる2ndアルバム!!


STRUGGLE FOR PRIDE / WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 1,852円(税込)

【収録曲】
01. CHANGE THE MOOD
02. 全ての価値はおまえの前を通り過ぎる feat. 小西康陽, HATE from MOONSCAPE
03. FALSEHOOD
04. HOW CAN YOU STOMP / DJ HIGHSCHOOL
05. ALAMO TRIP / BUSHMIND
06. IT WAS A WAR EVERYWHERE
07. WATCHING HER SWAY / DJ HIGHSCHOOL
08. ALLDAY WANDER / BUSHMIND
09. YOU MAY BE RIGHT feat. KAHIMI KARIE, 大野大輔, BBH
10. NOTHING TAKES THE PLACE OF YOU feat. 杉村ルイ, OHAYO MOUNTAIN ROAD
11. SONG FOR PRISONER / DRUNK BIRDS
12. HERE COMES THE NIGHT
13. MAKE A RAINBOW feat. 中納良恵
14. WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE
15. TRUE TO MY TEAM

※CD版に収録されております「RECORDED AT THE ON AIR WEST SHIBUYA TOKYO ON THE 6TH AUGUST,2017 feat.ECD 」の配信はございません。ご了承ください。

INTERVIEW : 今里(SFP) × 谷ぐち順(LessThanTV)

2017年8月6日、この日が最後のステージとなったECDのシャウトアウトで始まったSTRUGGLE FOR PRIDEのステージを、自分はO-WESTの2階から見つめていた。ギター・ノイズが空間を支配し、狂乱と共にうねっていくフロア。1stアルバム『YOU BARK WE BITE』がリリースされた当時やそれ以前、以降をリアルタイムで体験することが出来なかった自分にとって、この日が決して忘れられない1日になったのは間違いない。そこから約1年近くが経ち、ついにリリースされた2ndアルバムにはこの日の音源が収録された。対談の中で語られた、この音源をめぐる出来事はほんの偶然だったのか、それとも必然だったのか。大きく変動していく時代の中、アルバム・タイトル『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を胸に刻んで僕らは前へと進んでいく。

インタヴュー、構成 : 高木理太
写真 : 浦将志
フライヤー画像提供 : カサイタカヒロ

呼ばれているライヴにひたすら無理やりぶっこんでくれた

──おふたりのお付き合いはだいぶ長いと思うのですが、谷ぐちさんが最初にストラグルを見たときのこととか覚えてますか?

谷ぐち : もともとは河南(U.G MAN)さんづたいで、今里くん自体の存在は知ってたんだけど、その今里くんがバンドをはじめたって聞いてすごい興味を持って。その後、ストラグルの企画にライヴに誘ってもらったんだよね。多分渋谷のギグアンティック。

今里 : 多分それが生まれて初めての企画ですね。

今里(STRUGGLE FOR PRIDE)

谷ぐち : ライヴを観たときは「例えようのないハードコア・バンドだ!」というのが、ものすごい印象としてあって。グッチンのギターはいまほどはノイジーでは無かったよね?

今里 : そうですね。ああいう感じではありましたけど。

谷ぐち : ライヴを観て、ノリさん(LIFE etc.)と大騒ぎした記憶があるな。

今里 : そのときにすごく褒めてくれて、舞い上がりましたね(笑)。

谷ぐち : それ以降、活動はガンガンやってったっけ?

今里 : あの後にもう1回だけ、もう誰がやってたのか覚えてない企画に出て… その後はライヴが入らなかったんですよね。で、そのギグアンティックの企画のときに373くんが来てくれてて。横浜FADでやった第1回目の〈NO COMPLY〉に誘ってくれて。

谷ぐち : あ、あれ〈NO COMPLY〉の1回目?

今里 : そのときのイベント、ひたすらスケボーしてた記憶しかなくて。最近わかったんですけど、あのときのイベント、平日の開催だったんらしいんですよ(笑)。

谷ぐち : あれ平日だったの?

谷ぐち順(Less Than TV)

今里 : 平日の真昼間によくみんな集まってたなって(笑)。ひたすらスケボーで、ライヴの記憶が全くないっすもん。

谷ぐち : あの時1(one)出てたよね?

今里 : あの日はEYヨさんが来てなかったらしいんですよ。それで河南さんが代わりにヴォーカルをやって。その後はU.G MANが呼ばれているライヴに(SFPを)ひたすら無理やりぶっこんでくれたんですよ。

谷ぐち : 無理やりではなかったと思うよ(笑)。あとは最初に新宿のリキッドでやった〈METEO NIGHT〉(1999年5月開催)にも出てくれたよね。あのときは俺骨折してて。多分WE ARE THE WORLDのツアーで大阪行く前日に、中野でみんなでスケートをしてて。そしたら今里くんが負傷したじゃん? 機材車があったから今里くんを病院に運んで、俺はスケボーでダウンヒルして追っかけていったの。そしたら途中で舗装が途切れてるとこに気付かなくてそのまま突っ込んじゃって。何メートルも飛んで肩から落ちてめちゃくちゃ痛いなと思ったんだけど、今里くんが大変だと思ったから、そのまま病院に向かって。

今里 : 結局は俺はその病院でレントゲンを撮って、痛み止め飲むだけで済んだんですけど、谷ぐちくんはばっちり骨折れちゃってて(笑)。あ、そういえば最初の〈METEO NIGHT〉なんですけど、最初はライヴのお誘いでは無くて井手(ZK records主宰)さんにギターウルフのライヴのセキュリティをやってくれって言われたんですよ。でも谷ぐちくんとかが強力にプッシュしてくださって、(SFPとして)出れることになるという。

第1回〈METEO NIGHT〉雑誌掲載広告

谷ぐち : 俺、その経緯知らなかった。だからかな? あのとき今里くんが「なんか揉めごとがあったら納めますんで」って言ってたんだよ(笑)。

ECDの楽曲の中で一番可愛い曲

──それが2000年前後だと思うですけど、その頃、西荻のワッツですごい数のライヴをやってたってイメージなんですけど、実際そうだったんですか?

谷ぐち : 確かにワッツでよくやってた。でもワッツって最初の頃、ブルースのセッションとかのイベントがほとんどで、パンクとかハードコアのライヴはやってなかったんだよね。

今里 : 当時みんな西荻に住んでたから、ワッツでライヴに出たあとは1週間ぐらい家に帰らないでずっと遊んでもらってたっすね。あとは同じ頃、GOD'S GUTSとMAN WOMANのツアーも連れてってもらったし。

レーベル LessThanTV  

01. 16 02. DOUBLE BELL 03. SHUT DOWN 04. HOSE 05. HARD TIMES 06. MANSION 07. POT BERRY 08. TIME CARD

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


──それはストラグルではなく今里さんおひとりで?

今里 : そうですね。秋田とか仙台に行って、その後、北海道に行って帰ってきたと思うんですけど、ハイエースで移動してて多分秋田のあたりかな? 高速降りるちょっと前に周り一面が霧で覆われて。そしたらそこに朝日が出てきてまわり一面が、朝焼けでものすごい色になって。当時JESUS FEVERが流行ってて、みんなずっと聴いてたじゃないですか。それを聴きながら、その光景のなかを走っていて、オヤナギさんが隣にいて「これはなんて色に形容すればいいんですかね」って聞いたら、即答で「マンダリンじゃない?」って言って(笑)。マンダリンって人が声で発してるのを初めて聞いたのと、あの景色とJESUS FEVERで「俺今すごいサイケデリックな中にいる」と思って(笑)。

谷ぐち : そして、その後、友達の家で早朝に大量のきりたんぽ鍋を食べたのは覚えてる(笑)。

今里 : ひたすらあの時もスケートしてましたね(笑)。そのツアーについて行って、初めて北海道に行ったんですけど、それがすごく楽しくて。俺多分札幌行ったの今までで2回だと思うんですけど、どっちも谷ぐちくんとですね。

谷ぐち : あ、そうなんだ。今回アルバム出したし、また札幌も行けばいいのに。一緒に行く?

今里 : ぜひ(笑)。全然関係ないんですけど、2回目に札幌行った時に連れてってもらったラーメン屋さんが、世界で一番美味しいラーメン屋さんだと思ってて。少し前にどこのお店か聞きましたよね?

2006/03/18@札幌KLUB COUNTER ACTION

谷ぐち : そうそう。でも今はもう営業してないの。ラーメン屋も結構変わっちゃってて。

今里 : あれ食べてからしばらく家でラーメン作る時、自分で追加の味噌入れてましたから(笑)。

──ストラグルは過去に〈Less Than TV〉からSCREWITHIN、MERZBOWとのスプリット、あとはコンピ『友達以上・恋人未満・TV以下』に参加してますよね。特にSCREWITHINとのスプリットってあれが初めての作品だと思うんですけど、その時のことって覚えてますか?

今里 : すごく簡単に谷ぐちくんとノリさんと鵜沢くん(SCREWITHIN etc.)が「(SFPの作品を)出そう」って言ってくれたのは覚えてます。簡単に言われすぎて「本当かな?」みたいな。

──初めてのレコーディングはどんな感じでした?

今里 : なにもわかんなかったし、気負いすぎてましたね。

──当時は「ついにストラグルが音源を出した!」って感じだったんですか?

谷ぐち : うん、そうだったと思うよ。

今里 : 全然違います。「こいつら誰だ?」みたいな(笑)。

谷ぐち : いや、それをいうならスプリットのふたつのバンドとも「誰だろう?」だったかも。でもあのスプリットはすごい好きな音源。

──個人的にはレスザンからの『友達以上・恋人未満・TV以下』(2004年リリース)も印象的なコンピです。

今里 : あのコンピ、意外とバック・グラウンドありますよね。

谷ぐち : コンピの石田さん(ECD)の曲(「下北LOVE」)もすごいんだよね。音源が来たときちょっと戸惑ったもん(笑)。

2003/12/13@下北沢SHELTER、2004/09/16@高円寺20000V

今里 : この前石田さんが亡くなったあとに追悼のラジオをやらせていただいて。その時に石田さんの音源を全部聴き返したんですよ。「そういえばあのコンピにも1曲入ってたな」と思って聴いたんですけど、全く同じ感想を抱きました(笑)。

谷ぐち : この前レスザンで写真集を出したんだけど、石田さんがコメントでこの曲にも触れてて。あの曲がECDの楽曲の中で一番可愛い曲って書いてたんだよね。可愛いかって言われるとなんとも言えないんだけど(笑)。

今里 : …まあ主観ですからね(笑)。

安定したライヴになりようがない

──(笑)。続いて、谷ぐちさんに今回の新作『WE STRUGGLLE FOR ALL OUR PRIDE.』を聴いた感想をお聞きしたいんですが、今作を聴いてみてどうでした?

谷ぐち : 前作もそうなんだけど、今作は特にこの作品がどういうコンセプトで作られたものか、なんて野暮なことを考えるまでもなく、「これこそがSTRUGGLE FOR PRIDEのアルバムだ」って誰もが思うよね。このアルバムの作りでそう思わせるってすごくない? あと、オレが言うまでもないんだけどバンドとしてのストラグルがやっぱすごくて。例えばグッチンのギター。聴くと必ず鳥肌が保証されてるでしょ。あの音はなかなか出ない。ハードコア・バンドであんなスタイルのギターなんてまずいないし。あとはリフね。あんな怖いリフよく思いつくなって(笑)。あとはヤンクンのベース、オレはストラグルのサウンドの肝だと思ってて。プレイにしろ音作りにしろ、とにかく個性的。今叩いている陽くんもそうだけど、歴代のドラムもみんな癖のあるドラマーしかいないよね(笑)。それからヴォーカルに関してはね…… ハードコアの人は戸惑うとこも多いみたい。「もったいない」っていう意見もあったみたいだし。まあ、やることが極端だよね(笑)。

──なるほど。

谷ぐち : ヴォーカルが小さいよ絶対(笑)。でも、聴こえなくて成立してるみたいな。

今里 : 最高にうれしいです(笑)。

谷ぐち : なにが起きるかわからない、危険というのもあるけど(笑)、そういうのじゃなくてどんなことになるのかわからないスリルみたいな。めちゃくちゃ音のバランスが悪くてなに演ってるかわからないまま終わったっていうのもあったし(笑)。でも結果的にはやっぱりすごかったみたいな。それがストラグルの好きなところなんだよね。安定したライヴになりようがないんだよ、あの音作りじゃ。

一同 : (笑)

谷ぐち : この前クアトロでDMBQとやった時もエノッキー(Jackie & The Cedrics)とかセイジさん(ギターウルフ)が、ストラグルを観て「昔、新宿ロフトにハードコアのライヴを観に行ってたときの緊張感を思い出した」て言ってたみたい。あと、やっぱり印象的なライヴは1stのレコ発かな。あの時は「現実にこういうことが起こるんだ」と思って。例えばビデオで観て憧れてたニューヨークやDCなんかのハードコアのシーンが、まったく新しい形で目の前現れたんだって本当に感動して。徹底した活動への想いとかサウンド、言葉にするとあれだけどユニティ、フレンドシップ、もちろんそういったものが積み重なって凝縮されて出来てるとは思うんだけど。さあ、ライブが始まるぞってときにグッチンがマーシャルのスイッチ入れたんだけど、そのときに出る「サー」っていうノイズで会場が揺れるくらい盛り上がって。あの瞬間はいま思い出しても鳥肌が立つ。今回のアルバムに入ってる〈METEO NIGHT〉の音源も本当にいいね(CD版ディスク2に収録)。

2004/12/03@下北沢BASEMENT BAR、2005/07/12@下北沢SHELTER

どうしようと思ってたら、谷ぐちくんにばったりすれ違った

今里 : あれは…… 奇跡が起こったんです(笑)。

谷ぐち : 最初にSNS上でアルバムのインフォを見た時に「〈METEO NIGHT〉のライヴ盤との2枚組」って書いてあって「えー、あの時、録音してたんだ、意外」と思って。

今里 : もともとライヴ盤を入れることは決めていて、他にもTHREEとかでけっこう録ってたんですよ。

谷ぐち : そうだったんだ。

今里 : なんでかというと、谷ぐちくんがすごい前に「壮大なアルバムと、あとライヴ盤を作ろう」と言ってて(笑)。でも、それまでに録音してたやつは聴いていて恥ずかしくなっちゃうような感じだったんですよ。それで〈METEO NIGHT〉の音源を入れようって決めたんですけど、肝心の音がインフォを発表した段階ではまだ見つかってなくて。ちょうどインフォを発表した日にどうしようと思ってたら、下北の駅のエスカレーターで谷ぐちくんにばったりすれ違ったという(笑)。しかもまさにそのライヴ音源に関しての話で電話をしてて。「ちょっとすみません!」って電話の相手の人に待って貰って。

2007/03/11@今池HUCK FINN

谷ぐち : え? その電話だったの?(笑)

今里 : そこで「谷ぐちくん実は!」って(笑)。もともと大石(大石規湖:レスザンTVのドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』監督)さんが映像として残してたのは知ってたから、それで谷ぐちくんに連絡してもらって、その映像の音源を使わせてもらってギリギリ間に合ったという。

谷ぐち : ギリギリというか間に合ってないから。発表されちゃってるから(笑)。

一同 : (笑)

──〈METEO NIGHT〉は、谷ぐちさんは出番的にかなりバタバタしてたと思うんですけど、あの日のライヴはちゃんと見れたんですか?

谷ぐち : みれたみれた。

今里 : 実はあれ、谷ぐちくんの声が入ってるんですよ。

谷ぐち : え、そうなの?

2007/04/30@渋谷LUSH、2007/06/17@新大久保EARTHDOM

今里 : 谷ぐちくんが「もっと音上げて」って言ってるのが入ってるんですよ。

谷ぐち : あれ俺かなあ?

今里 : みんなで検証したんですけど、谷ぐちくんすね。

谷ぐち : じゃあクレジット入れて欲しかったな(笑)。

今里 : もちろんクレジットは入ってます(笑)。

──まだまだ色々伺いたいところなんですが、最後にこの機会に何か話しておきたいことがあればぜひ。

今里 : バンドというものに対してなにも知らない僕らをライヴに誘ってくれたこと。お金とか全く持ってないけど遊びにいこうってツアーに連れてってもらって、自分たちのギャラでご飯とか全部ご馳走してくれたこと。いろんな体験やいろんな場所に連れていってくれて、その間にスケートしたりレコードを出そうって話したりとか。谷ぐちくんは、何十年単位でひたすら遊び続けてくれて、フックアップし続けてくれてるってすごいことだなって。本当にいろんなことがあったんで、すごく感謝してます。ちょっとロング・ストーリーすぎて上手くひとことじゃ言えないですけどね(笑)。

PROFILE

STRUGGLE FOR PRIDE

1993年結成のハードコア・パンク・バンド。メンバーはヴォーカルの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽。2006年に初のアルバム『YOU BARK WE BITE』を、2009年にEP『CUT YOUR THROAT.』をリリース。その楽曲に、カヒミ・カリィ、NIPPS、STARRBURSTらをフィーチャーしながら、ハードコア・パンク本来の実験的かつフリーフォームな表現を継承した先鋭的な音楽性は、ハードコアのみならず、ヒップホップ、レゲエ、エレクトロニック・ミュージックなど、進化、多様化する東京のアンダーグラウンドにあって、際立った存在感を放っている。

 
 

インタヴュー

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)
・2018年06月20日・田んぼ、ベルリン、生活、そして『天体』──【対談】オオヤユウスケ(Polaris) × Bose(スチャダラパー) オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが、前作『Music』から、実に3年4ヶ月ぶりとなるフル・アルバム『天体』をリリースした。OTOTOYでは今作をリリース日の2018年6月20日から1ヶ月間、独占ハイレゾ配信を実施します! Polarisサウンドを聴くなら絶対ハイレゾがオススメ! ぜひ作り込まれたそのサウンドを細部までお楽しみください。そしてこのリリースにあたり、Polarisのフロントマン、オオヤユウスケの指名によって、スチャダラパーのBoseとの対談が実現! 彼らがなにを考えて、この社会を生きているのか。2人の考え方に迫った対談をお届けします。 3年4ヶ月ぶりのフル・アルバムを期間限定独占ハイレゾ配信! Polaris / 天体'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,200円(税込)【収録曲】1.
by 鈴木 雄希
祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?
・2018年06月19日・祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド大集合座談会──20周年に向けてどんな色をつける?? ポップスをこよなく愛し、ELEKIBASSやワンダフルボーイズが所属する〈WaikikiRecord〉が19周年を迎える!!! 今回は2018年7月16日(月)、TSUTAYA O-NESTにて開催される、19周年記念イベント〈WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-〉の開催にあたり、出演バンドであるELEKIBASS、ワンダフルボーイズ、空中カメラ、PARIS on the city! のそれぞれのフロントマンに集まっていただき、座談会を開催。またこの座談会の掲載にあたり、各バンド1曲ずつのフリー・コンピも期間限定で配信開始! これを機会にぜひ〈WaikikiRecord〉所属バンドの音楽に触れてみよう! イベント開催を記念してのフリー配信も実施中! WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-'【配
by ?
“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)
・2018年06月13日・なぜ音楽で涙腺を刺激することができるのか──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー) 等身大でありながら力強い歌詞、そして繊細でありながら破壊力抜群なサウンドでリスナーを魅了するロック・バンド、paionia。2008年の結成から10年の時を経て、2018年6月13日に初の1stフル・アルバム『白書』を配信開始した。今回OTOTOYではこれまでpaioniaともライヴで多くの共演を果たし、彼らの音楽のファンであると公言するリーガルリリーのたかはしほのかを迎えて対談を掲載する。paioniaの音楽を聴いて、涙を流したというたかはしほのかが語るpaioniaの魅力とは。高橋勇成が語るリーガルリリーの音楽が心を打つ理由とは。そして彼らがなぜ歌を歌うのか、聴いたものの心に響く歌を作り続ける彼らの対談をおたのしみください。 10年目にリリースされる1stフル・アルバムを配信開始 paionia / 白書'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】''1. バックホーン2. 田舎で
by ?
「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始
・2018年06月13日・あの日の“きらめき”や“ときめき”をそのままに──「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始 “ひがみソングの女王”として多くのメディアに出演し、注目を集めるシンガー・ソングライター、関取花が2018年6月13日(水)に新アルバム『ただの思い出にならないように』をリリースする。LUCKY TAPES、おかもとえみ(フレンズ他)栗原正己&川口義之(栗コーダーカルテット)、田中佑司(bonobosほか)、神谷洵平(赤い靴ほか)など、多彩なゲストが参加した今作をOTOTOYでも配信スタートしました。“あの頃のきらめき”や“あの時の感情”をそのままに詰め込まれた今作を掘り下げるべく、関取花へのインタヴューを行なった。 多彩なゲストも参加した新アルバム 関取花 / ただの思い出にならないように'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. 蛍2. しんきんガール3. 親知らず4. オールライト5. バイバイ6. 動けない7. 朝8. あの子はいいな9.
1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!
・2018年06月08日・1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?! 竹内サティフォと斉藤伸也による、スーパー J-POPユニット、ONIGAWARA。1stアルバム『エビバディOK?』をリリースし、全国デビューを果たし、ペンライト・シングルやインスタントカメラ・シングル、写真集シングルなどどいった変わり種シングルをリリースしてきた彼ら。そんなONIGAWARAが、2018年6月8日(金)に“1stオニアルバム”『GAWARA!』という、一見ハチャメチャなアルバムをリリース! リリースに合わせて今作『GAWARA!』を、OTOTOYにて1ヶ月間の期間限定独占ハイレゾ配信でお届け。今回先行シングルであり、収録曲の「ナンバーワンちゃん」にちなんで、犬カフェ『肉球のきもち』さんで取材を敢行。ONIGAWARAのふたりとワンちゃんによるキュートな写真も要チェックです! 約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムを期間限定独占ハイレゾ配信 ONIGAWARA / GAWARA!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価
by 岡本 貴之
音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表)
・2018年06月01日・音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表) 2018年5月、ワーナーミュージックとOTOTOYで契約を結び、〈ワーナーミュージック〉全タイトルの配信が順次開始されています。今回、音楽評論家の小野島大を司会進行に迎え、〈ワーナーミュージック〉内レーベルの〈unBORDE〉オーナーの鈴木竜馬と、OTOTOYの代表である竹中直純のトーク・セッションを敢行。Apple MusicやSpotifyなどのサブスクリプション・サービスが音楽配信の主流となりつつある過渡期とも言えるいま、これからの音楽産業はどうなっていくのでしょう。 「時代感」と「エッジ」というテーマで、神聖かまってちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ、WANIMA、tofubeatsなどなど、ジャンルや型にはまらないアーティストたちを発信する〈unBORDE〉のレーベル・オーナー、鈴木竜馬、もともとはプログラマーであるものの、音楽への想いからダウンロード型配信ストアを作り、現在も維持しているOTOTOY代表、竹中直純。そして音楽評論家としてもリスナーとしても音楽配信の黎明期から体験してきた小
by 小野島 大
2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)
[PICKUP]・2018年05月25日・2018年東京、僕らは今も遊び続ける──今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV) 圧倒的なサウンドとパフォーマンスで存在感を示し続けるバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。2006年にリリースした1stアルバムから実に12年ぶりとなる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を完成させた。彼らのオリジナル楽曲はもちろん、EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎えたベニー・シングスのカバー「MAKE A RAINBOW」や、過去作にも共演を果たしているカヒミ・カリィをヴォーカルに迎えたザ・ブルーザーズのカバー(原曲はビリー・ジョエル)「YOU MAY BE RIGHT」をはじめ、FEBB、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、ECDといった彼らにしか集められないであろう多彩な客演陣が参加している。まさに2018年の東京を象徴する1枚。OTOTOYでは本リリースを記念し、彼らにとって初の音源『...Hold Fast Affl
amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー
・2018年05月23日・【対談】amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND)──amiinA新シングルをハイレゾ独占配信 彼女たちが創造する新たな世界観によって、いまやファンだけでなく異なるステージで活躍するアーティストをも虜にしているガールズ・ユニット、amiinA。2018年初リリースとなる5thシングル「Jubilee」を、OTOTOYでは2週間のハイレゾ独占配信にてお届け。そんな彼女たちの新作リリースに伴い、「Jubilee」を書き下ろした松本素生(GOING UNDER GROUND)とamiinA(miyu、ami)の3人によるスペシャル・インタヴューを公開。amiinAの世界観を更に輝かせる今作への3人の想いを、ぜひともチェックしていただきたい。 2週間ハイレゾ独占配信! amiinA待望の5thシングルリリース amiinA / Jubilee (PCM 48kHz/24bit)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC (24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】''1. Jubilee2. eve3. Unicorn4.
by ?