まめッこ名義で活動していた時期を経て、本名の藤井洋平として初のアルバム『この惑星の幾星霜の喧騒も、も少したったら終わるそう』を発表したのが2年前。ジャケットも含めて前野健太が撮影した写真をブックレットにあしらったそのアルバムは、彼が異端児であることを伝えるに十分だった。自分をとりまくあらゆる事象へのルサンチマンがユーモラスで自嘲的な言葉となって紡がれる様子は時に聴いていて痛々しくもあったが、一方でフィジカルなブラック・ミュージック指向を孕んだソングライティングからは、音楽家としての彼自身の純潔さを感じとることもできたのだ。

そして届いたニュー・アルバム『Banana Games』は、全ての演奏などを一人でこなしていたファーストとはうってかわり、ライヴ・メンバーでもある仲間と共にレコーディングしたもの(キーボードでceroの荒内佑も参加)。フィジカルな音楽を追い求める作家としての側面が自然と強調された曲からは、コンプレックス剥き出しだった歌詞のインパクトに引っ張られがちだった前作にはない大らかさと包容力を受け取ることができる。例えばファーストに収録されていた曲で、今回改めて録り直しした「ママのおっぱいちゅーちゅーすって、パパのスネをかじっていたい」を聴き比べてみるといい。アイロニカルな攻撃性を伴った歌詞も、その肉感的な演奏の前に、エンターテインメントとして見事成立しているではないか。

未来の桑田佳祐か井上陽水、いや、他の追随を許さない圧倒的な存在としての藤井洋平。照れながらも、謙虚さを見せながらも、言葉に力を込めて語る横顔には、自分こそが新たな時代を牽引していこうとするアーティストであるという自負も感じられた。『Banana Games』は間違いなく今年を代表する1枚であると宣言する。

取材 & 文 : 岡村詩野


藤井洋平 / Banana Games

【配信形態】
wav / mp3

【価格】
単曲 300円 / まとめ購入 2,500円

【Track List】
1. The VERY Sensitive TOKYO Lullaby / 2. 藤井洋平 / 3. 永遠回帰? / 4. Scum-Ping Boy / 5. ママのおっぱいちゅーちゅーすって、パパのスネをかじっていたい / 6. 理由なんて… / 7. We are the MUSIC / 8. ノー、やめて。なんてリアリティ / 9. どうせおまえはわかっちゃくれない


INTERVIEW : 藤井洋平

――藤井洋平名義での最初のアルバム『この惑星の幾星霜の喧騒も、も少したったら終わるそう』(2011年)は一人で作られたものでしたが、今回はバンドで録音されていますね? これはどういう理由からなのでしょう?

いや、当時から本当はバンドで録音してみたかったんです。元々はライヴでもバンドでやっていたこともあって… ただ、自分が想像しているような演奏、音がなかなか実現できないといジレンマがあったのも事実でして。それなら一人で録音しよう、と…。それが前のアルバムだったんです。

――初期プリンスのように、一人で作り上げることに醍醐味を感じていたといわけではなく?

あ、もちろんプリンスは好きですし、そういうところに魅力を感じていたのも間違いではないんですけど… ただ、気持ちとしては今回のアルバムみたいにバンドでレコーディングしてみたかったんです。

――ソウル~ブラック・ミュージック指向は昔からなのですか?

いやいやいやいや、若い頃は普通にいろんなものを聴いてましたよ。中学くらいはメタルとかも聴いてました。その後、自然といろんな音楽に出会うようになって… そもそも歌い始めたのは28歳の時だったんでね。サックスはそれ以前からやっていましたけど… 実は音楽に絶望していた時期があったんです。

――絶望? どういう点でですか?

キッチリとハマった音楽はイヤだなというか。今、35歳なんですけど20代とかはフリー・ジャズとか即興をやっていたんです。でも、それもうまくいかず、何をどうやっていいかわからなくなっていたんですね。

――藤井さんの音楽から感じられる特有のアウトサイダー感はそういう絶望の境地を体験したことによるところもあるのでしょうか。ソウル、ファンク指向ではあっても、そこからでさえも外れていこうとするようなところが感じられるんですよ。

ああ、そうですね。でも、外れていこう、というか、自然と外れていっちゃうというかね(笑)。ソウルならソウル、ファンクならファンクに完全にハマっちゃうとダサいというか。しょせん日本人だしね。

――黒人音楽に対して日本人としてのコンプレックスがある?

そこまで考えたことはあまりないですけど、黒人音楽にはそもそもアウトサイダー感がありますよね。望んでないのに外れてしまった、みたいなところを感じるんですよ。そこにシンパシーを感じているのかもしれないです。僕もバンドをやり始めて、“あ、やっと仲間がいたな”と思いましたけど、やっぱり居場所がない感覚というのは10代の頃からずっと感じていましたね。“文化祭、体育祭なんてf××k off!”みたいな(笑)。まあ、今のようなスタイルで音楽をやるようになってからも、“こんちくしょう!”って思いはありますからね(笑)。どこかでギア・チェンジして今は満足している、ということはないですね。そもそもフィジカルな音楽… というか、リズムがハッキリしている躍動的な音楽が好きなんですよ。フリー・ジャズ的な音楽をやっていたのも、あれも僕の中ではフィジカルな音楽だからなんですよね。踊れる音楽というか、自然と体が動くような、でも、どこか本道から外れてしまうような音楽が好きなんで。

――ただ、その一方で前作ではテープ・コラージュを試してみるような、スタジオ作業への固執も感じられました。

そういうのは、ザッパとかの影響ですね。ザッパも、まあ、ブラック・ミュージックの影響を受けているんで… バック・メンバーには黒人がいたりしますからね。そういう点で、自分にとって大きな隔たりや違いはないですね。今回のアルバムではそういう作業はやっていないですけど、それはなぜかと言うと、そういうマニアックな作業をいったん置いておいて、まずはバンドで録音することを試してみたかったからなんです。逆に言えば、今回のアルバムはある程度手伝ってくれたメンバーに任せる部分を多く持たせたかったからなんですね。誰か自分以外の人とやるというのは、どこかしら自分が“違うな~”と思うところを受け入れつつやっていくことなんで、それはそれで面白いんですよ。キレイに見せるようなライヴはつまらないし、どうなっていくのかわからないような演奏って、自分一人ではできないことなんでね。それに、特にライヴでは一度入り込んだら没入しちゃって、すごい多幸感みたいなものを感じることがあるんですよ。あまり否定的な感情によって突き動かされているわけではないんですよね。そのあたりは、まあ、ライヴ・パフォーマーとしてはアルバート・アイラーやジョン・コルトレーンなどの影響を受けていますね。

――否定的な感情ではないけれど、どこかアンビバレントだったり、演奏者同士がぶつかったりとか…。

最終的にはそれが理想ですね。ライヴをやってる時って、あまり音楽をやっているという自覚がないんですよ(笑)。お客さんをエンターテインさせたいという気持ちはあるんですけど、何て言うんでしょうね、いかにも音楽をやってます的な意識は希薄なんですよ。そういう意味でも、レコーディングとライヴはかなり分けているところがあります。ただ、今回のアルバムはメンバーみんなでの一発録りじゃなく、バラ録りだったんです。それは敢えてそうしたんですね。池袋の『ミュージック・オルグ』で録音したんですけど、各パートごとに音が重なったりかぶらないよう調整するためにバラ録りしたんです。それで、各パートごとに録ったものをミックスで合わせて。それは、やっぱりスタジオ録音のものはちゃんと長く聴いてもらえるようにしたかったからなんですけれども。

――そういう録音をする上で、参考にした作品などはありましたか?

まあ、アース、ウィンド&ファイアとかですかね。あとマイケル・ジャクソンも。やっぱり、家で聴く分にはそのあたりの作品がいいというか。インディー作品の、こう、音がモコモコしたようなのって、正直、自分自身が聴けないなって。本来はハイ・ファイでしっかり録音したいんですよね。

普通のどこにでもある言葉で面白く聴かせるかというところに気持ちがいってる

――ライヴではアイラーやコルトレーン、録音ではアースやマイケル… そういう点で、日本人のアクトに対してシンパシーを感じる人と言えば誰になりますか?

う~~~ん… まあ、リズムの他に言葉が面白いというのも大きな要素なんですけど、例えば桑田佳祐さんとかね、やっぱりスゴいですよね。

――ライヴはパッション溢れていて、録音物はしっかり作られているソウルフルなアーティストだと岡村靖幸、スガシカオのような人もあがってきますが…。

う~~~ん… そうですねえ。まあ、でも僕にはやっぱり桑田さんですかねえ。華やかさもあるじゃないですか。僕の今回のアルバムも、まあ、いいんですけど、まだ自分には少し地味なんですよね。アレンジもそうですし、曲そのものももっと派手な方が本来は好きなんですよね。その点でも桑田さんはすごいと思いますね。

――では、華やかで主張が強いといえば、ヒップホップからの影響はどの程度あると自覚しています?

あー、たしなみ程度しか聴いていないんでねえ。やっぱりメロディがある方が好きなんですよ。そういう意味では現代の音楽だとヒップホップよりR&Bなんです。

――藤井さんの歌詞はエロティックでもありますが、自嘲的なユーモアもありますよね。こうしたアプローチはどういう感覚から生まれるものなのですか?

歌詞に関しては音楽作品からの影響ばかりではないんです。意外かもしれないですが、ドストエフスキーや夏目漱石みたいな古典が好きで今でも読みむんですよ。音楽家では井上陽水さんの歌詞は好きです。僕は自分でも文章を書いたりするのが好きなので、もっと普通な感じで歌詞も書いていきたいと思っています。やっぱり歌詞も華やかであってほしいし、言葉が良くても曲が良くないとダメだし… そのあたりのバランスが難しいです。両方の要素が合致していないと聴いていて面白くないですからね。

――これまでは周囲への懐疑心や女性への強いコンプレックスを感じさせる歌詞が多かったですが、今作を聴いていると徐々に変化している兆しも伺えます。これは見方が変わってきたということなのでしょうか?

そうですね。やっぱりこれまではなかなか自分の存在が伝わらないという実感があったんですけど、ライヴをやってお客さんも増えたりすると単純に嬉しいですし、“おまえらどっか行け!”なんて言えないですしね(笑)。それと、ことさらに変な言葉や表現で伝えようとする感覚がなくなってきたというのもあります。普通のどこにでもある言葉で面白く聴かせるかというところに気持ちがいってるというのはありますね。演奏や曲と歌詞が一つになっていてバランスがとれてるようでありたいですから。

――なるほど。そういう意味でもニュー・アルバムに収録されている「We are the MUSIC」という曲のタイトルは象徴的ですね。

ああ、そうですね。でも、なんか、あまり、こう、狙ったりはしていなくて。自分たちこそが音楽だというような深い意味を持たせるより、ジス・イズ・ア・ペン的なわかりやすさを伝えたかったんですよ。そういう意味でも普通にカッコいい曲をやるアーティストという存在になりたいですね。

RECOMMENDED

前野健太 / オレらは肉の歩く朝

これまでの作品の持ち味であった一人多重録音から一転、プロデューサーにジム・オルークを、ゲスト・ミュージシャンに石橋英子、pop 鈴木、山本達久らを招き、人里離れたスタジオで録音を敢行。歌われるのはこれまで同様に街の空気、人々、そして恋心。前野健太のファインダーを通して見えてくる、街が奏でる音。

>>>前野健太の特集ページはこちら

cero / My Lost City

前作アルバム「WORLD RECORD」がロングセラーを続けるCeroの才能が爆発した2ndアルバム完成!小旅行から大航海へ。彼らには新しい音楽と時代の風が吹いている。新たな時代を築いていく名盤!

>>>ceroの特集ページはこちら

PROFILE

藤井洋平

'78年生まれ、北九州市育ち。

サックス奏者として活動を経て、'06年頃より詞作曲歌手活動をはじめる。'11年、すべてのパートを自ら手がけた1stアルバム『この惑星の幾星霜の喧騒も、も少したったら終わるそう』リリース。'12年よりThe VERY Sensitive Citizens of TOKYO(佐藤和生、厚海義朗、光永渉)率いてのライヴ活動をはじめる。5月、朝日新聞に「桑田佳裕を思わせるボーカリストとしての資質に恵まれた天性の歌の力 / 新世代のアーバンソウル」などとライヴ評が掲載され話題となる。噂がウワサを呼び、今回が待望のフルアルバム発売となる。

藤井洋平 HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
岡村 詩野 (ms.KITTEN)

ライターをやりながら、3ヶ月に1冊ペースで自主制作の音楽雑誌『KITTEN』なんかも作っています。

KITTEN webhttp://www.kittenmagazine.net/

同じ筆者による他の記事