album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
水平線のバラード  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:41
マウンテン・マウンテン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:24
マイ・ロスト・シティー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:49
cloud nine  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:48
大洪水時代  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:12
船上パーティー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:44
スマイル  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:22
Contemporary Tokyo Cruise  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:29
roof  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:26
さん!  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:26
わたしのすがた  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:34
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 47:55
Album Info

前作アルバム「WORLD RECORD」がロングセラーを続けるCeroの才能が爆発した2ndアルバム完成!小旅行から大航海へ。彼らには新しい音楽と時代の風が吹いている。新たな時代を築いていく名盤!

Discography

Rock

2月7日(金)東京 Zepp Divercity(SOLD OUT!)から始まるツアーに合わせて最新シングルを配信限定にてリリース!アブストラクトで洗練された言葉、ストレンジで一筋縄でくくれないアレンジながらダンサブル!ceroにしか出来ないむちゃむちゃカッコいい曲になりました!

Rock

2018年リリースの4th Album『POLY LIFE MULTI SOUL』のタイトルトラック「Poly Life Multi Soul」と、そのRemixを収録したデジタルシングルを配信開始!リミックスを手がけたのは、国内では自身のレーベル”MAD LOVE Records”や名門”CRUE-L Records”からの音源リリース、海外では”Mister Saturday Night Records”、”Lets Play House”、”1080P”など名だたるダンスミュージックのレーベルからの音源リリース、Red Bull Music Academyへの選出やPanorama Barでのライブなどワールドワイドに活躍の場を広げ、2019年からはベルリンに拠点を移しさらなる活躍が期待される新世代ハウス・テクノシーンの日本代表 KEITA SANO(from 岡山)。この2トラックをベルリン・Calyx MasteringのBo Kondrenがマスタリングを担当しております。ジャケットは「POLY LIFE MULTI SOUL」の一連のアートワーク同様、北山雅和(Help!)が担当。CD,Record,Casette Tape, DVD,Blu-rayなど一連の作品のアートワークの繋がりも楽しめるポイントです。

Rock

お待たせしました! 遂にceroの3年ぶりのアルバムのリリースが決定です!激烈に興奮する素晴らしい作品が完成! 各地で大絶賛を浴び、2010年代前半を代表するであろう作品と評価されている前作『Obscure Ride』で見せたブラック・ミュージック、現代のジャズの流れもしっかりと組みながら、さらなるリズムの探求、ビートの体感を軸にした重層的なサウンドを新作では聴かせてくれる。それはオルタナティブでありながらも、雑多で多様な音楽性を細部にまで落とし込み、メロウかつアーバンに展開しており、その中にcero特有のポップネスが輝き、楽曲を彩っている。これぞ新しいceroってのをガツンと聴かせてくれます! 聴きたくても聴けなかった音楽が鳴っている。疾走し、交錯するサウンドはめちゃくちゃカッコいいです。2016年よりライブでもサポートメンバーとして参加している古川麦、小田朋美、角銅真実という才気溢れるメンバーが録音にも加わったことで、楽曲アレンジはより独創的に、コーラスワークはより甘美に、演奏力は飛躍的に向上し、ceroの変化、進化を支え、新しい音楽を共に鳴らしている。さらに 今 作は エクスペリメンタルな面 、ダンスミュージックとしての 面 、コンテンポラリーで オルタナ ティブ バンドとしての面、cero特有のチェンバーな面と、書き出したら切りがない様々な成長が随所で見られ、バンドとしての本当の成熟を感じさせる。“他に類を見ないバンド”、そう、バンドなのです。_城、荒内、橋本という3人の稀有なリレーションが新しい音楽を作り出す。極上のダンスミュージックであり、極上のオルタナティブミュージックでもあり、極上のソウルミュージックでもあり、極上のポップスである『POLY LIFE MULTI SOUL』。ceroの最高傑作、完成です!

Rock

お待たせしました! 遂にceroの3年ぶりのアルバムのリリースが決定です!激烈に興奮する素晴らしい作品が完成! 各地で大絶賛を浴び、2010年代前半を代表するであろう作品と評価されている前作『Obscure Ride』で見せたブラック・ミュージック、現代のジャズの流れもしっかりと組みながら、さらなるリズムの探求、ビートの体感を軸にした重層的なサウンドを新作では聴かせてくれる。それはオルタナティブでありながらも、雑多で多様な音楽性を細部にまで落とし込み、メロウかつアーバンに展開しており、その中にcero特有のポップネスが輝き、楽曲を彩っている。これぞ新しいceroってのをガツンと聴かせてくれます! 聴きたくても聴けなかった音楽が鳴っている。疾走し、交錯するサウンドはめちゃくちゃカッコいいです。2016年よりライブでもサポートメンバーとして参加している古川麦、小田朋美、角銅真実という才気溢れるメンバーが録音にも加わったことで、楽曲アレンジはより独創的に、コーラスワークはより甘美に、演奏力は飛躍的に向上し、ceroの変化、進化を支え、新しい音楽を共に鳴らしている。さらに 今 作は エクスペリメンタルな面 、ダンスミュージックとしての 面 、コンテンポラリーで オルタナ ティブ バンドとしての面、cero特有のチェンバーな面と、書き出したら切りがない様々な成長が随所で見られ、バンドとしての本当の成熟を感じさせる。“他に類を見ないバンド”、そう、バンドなのです。_城、荒内、橋本という3人の稀有なリレーションが新しい音楽を作り出す。極上のダンスミュージックであり、極上のオルタナティブミュージックでもあり、極上のソウルミュージックでもあり、極上のポップスである『POLY LIFE MULTI SOUL』。ceroの最高傑作、完成です!

Rock

2018年リリース4th Album『POLY LIFE MULTI SOUL』からアナログ12インチシングルとしてシングルカットされた「Waters」がいよいよ配信開始!表題曲「Waters」とsauce81によるRemixを収録。シングル『街の報せ』収録の「ロープウェー」にてビートのプログラミングを担当したsauce81が今作ではリミキサーとして参加。sauce81のブラック・フィーリングと楽曲の相性は抜群で、オリジナルの持つムードに添いながらも新たな解釈が加わり、よりダンスミュージックとしての機能を増幅したフロアライクな仕上がりに。

Rock

17年にリリースされたcero アナログシングル「街の報せ」に収録されていた黒田卓也によるRework曲を配信開始!オリジナル曲の構成、フレーズ、メロディなどを元に黒田卓也の手により再構築されたトラック。黒田を始めとするNYのミュージシャンたちによる極上の演奏を録音した最高のJAZZインストに仕上がっております!

Rock

昨年各所で発売から大絶賛、2015年の顔になったアルバム「Obscure Ride」から約1 年半。全国ツアー、海外公演、多くの大型野外フェスへの出演!などなど、リリース後も話題に事欠かないcero。その動向に常に注目が集まっている中での新作音源のリリースとなります。新曲3 曲共にド・名曲ばかりが完成しました。「Obscure Ride」で見せた現在進行形の黒人音楽からの影響という枠に止まらず、新しいceroの一面を感じさせるリズムに奥深い最高なメロディを乗せて、そこに素晴らしい歌詞の世界が加わる。まさに稀有なシングルとなっております。タイトル曲「街の報せ」は、すでにライブでも人気の1 曲。NY録音での黒田卓也(Tp)、Corey King(Tb)のホーンセクションを加えた、スムースでメロウ、踊れて、歌える素晴らしい1 曲になりました。これぞ2016年の街の記録。2 曲目「ロープウェー」もすでにライブで披露され、多くのお客さんから感嘆、支持を集めており、発売を待ち望まれてました。“人生は次のコーナーへ”という印象的なサビのフレーズが頭の中をめぐり、いろいろな記憶、想いが呼び起されます。これぞceroの新機軸。TrackをSauce81 と高城が担当し、美しく朧げな世界を鳴らします。3 曲目「よきせぬ」はメロウかつエッジの効いたソウルナンバー。前作で見せたブラックミュージックをさらに推し進めた楽曲。コーラスワークにも注目です。メンバーそれぞれのコンポーザーとしての才能を遺憾なく発揮された3 曲。ぜひお聞きください。

Rock

昨年各所で発売から大絶賛、2015年の顔になったアルバム「Obscure Ride」から約1 年半。全国ツアー、海外公演、多くの大型野外フェスへの出演!などなど、リリース後も話題に事欠かないcero。その動向に常に注目が集まっている中での新作音源のリリースとなります。新曲3 曲共にド・名曲ばかりが完成しました。「Obscure Ride」で見せた現在進行形の黒人音楽からの影響という枠に止まらず、新しいceroの一面を感じさせるリズムに奥深い最高なメロディを乗せて、そこに素晴らしい歌詞の世界が加わる。まさに稀有なシングルとなっております。タイトル曲「街の報せ」は、すでにライブでも人気の1 曲。NY録音での黒田卓也(Tp)、Corey King(Tb)のホーンセクションを加えた、スムースでメロウ、踊れて、歌える素晴らしい1 曲になりました。これぞ2016年の街の記録。2 曲目「ロープウェー」もすでにライブで披露され、多くのお客さんから感嘆、支持を集めており、発売を待ち望まれてました。“人生は次のコーナーへ”という印象的なサビのフレーズが頭の中をめぐり、いろいろな記憶、想いが呼び起されます。これぞceroの新機軸。TrackをSauce81 と高城が担当し、美しく朧げな世界を鳴らします。3 曲目「よきせぬ」はメロウかつエッジの効いたソウルナンバー。前作で見せたブラックミュージックをさらに推し進めた楽曲。コーラスワークにも注目です。メンバーそれぞれのコンポーザーとしての才能を遺憾なく発揮された3 曲。ぜひお聞きください。

Rock

ceroの存在をシーンに知らしめた名盤3rd Album『Obscure Ride』からシングルカットされていた「Summer Soul」12inch Singleがいよいよ配信開始!オリジナルとOMSB(SIMI LAB)による最高のREMIX音源を収録!

Rock

ceroの最新アルバム『Obscure Ride』は、まさに時代を超える1枚。この興奮、高揚。ワクワクが止まりません。リズムへの執着と愛。そこで勝ち得た骨太のカッコよさとスウィートなポップさ。これぞceroにしか成し得ない音楽。時代を越える音楽から放たれるタイムレスな良さを今作『Obscure Ride』は保有してます。ceroが1st albumをリリースしてから4年。ジャンルレスに音楽を掘り下げ、ポップに消化し展開してきた、ceroの活動が結実しており、ひとつの結果がこのアルバムには詰まってます。リズムの刺激とそこからの中毒性。変わりゆく街並みに映える音楽。オリンピック前の再構築される東京から産み落とされた街の音楽。全13曲、一貫してグルーヴィ。サウンド面では、今作もceroメンバーによるアイデア、センスが如何なく発揮された録音、ミキシング。そしてロンドン・メトロポリススタジオのスチュアート・ホークス氏によるマスタリングとこだわり抜かれた音質。これは最高に気持ちいいです。そしてceroの歌詞。各所で文才を発揮している高城、荒内が作り出す交差する現実世界と別の世界。忘却と回想。リアリティーと繋がるパラレルワールド。日常の中から見える不思議な情景。どこかスリリングでファンタジック。アルバム全体から立ち上がるひとつの世界観。これは本当に聞き逃せないし、感じ取ってもらいたいです。cero、いよいよ凄い事になってますよ(これまでも十分凄いけど)。確実に名盤の誕生であり、新境地に突入です!この感覚、これなんですよ。今、あきらかにカッコイイのはこれです。音楽的快楽とストーリーテリングの巧みさを併せもった、今、最も注目すべきバンドがceroなんです!!!

Rock

昨年末のスマッシュヒット「Yellow Magus」から1 年。cero の2nd Single が完成!cero にとって初となる両A 面シングルです。ギターの橋本翼がはじめてceroに書き下ろした“Orpans” は、すでにデモの段階で何百回と聴き倒した最高の楽曲。明らかに、確実にアンセム! ソウルフルでメロウでいてエバーグリーンでマスターピース。煌めいて切ない。cero、凄いです。歌詞の世界観も別資料の高城の説明に詳しいのですが、ceroの特徴でもある楽曲ごとの繋がりが今作でも続いており、非常に楽しめます。ライブで初披露した後のお客さんの高揚感にも影響され、興奮した僕らが「シングルにしたいよな」と思ったのは必然です。そして「夜去」です。メロウでスムースなグルーブが炸裂しつつ、徐々に変化していくcero 独特の世界が構築されております。最高に気持ち良い。歌詞の組み立ての絶妙さ、楽曲後半のフェンダーローズの最高な演奏、バンドの成長など多くの要素を感じ取れる新機軸。3 曲目には小沢健二の「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」を収録。この楽曲は「Eclectic」に収録。カバー曲でありながら、現在のceroの雰囲気をより伝えることができる仕上がりになったと思っております。これこそ名カバー、メチャ良いです!そしてDVD「Scrapper’s Delight」には2014 年1 月に行ったツアー“Ship Scrap Show” の渋谷AX 公演と9 月のリキッドルーム10 周年記念公演の中より計6 曲を収録。ライブの度にアレンジが変わって行くcero の今をしかと収録。盟友VIDEOTAPEMUSIC のVJとも相まって非常に素晴らしいライブ映像集となっております。必見です!今作「Orphans / 夜去」はアルバムへの最高の感触を感じさせてくれ、ワクワクドキドキが止まりません。何度聴いても違った発見があり、違った情景が浮かびます。聴きたかった音楽をcero は飄々と生み出してくれる。来年リリースされるだろうアルバムが本当に楽しみな3 人組cero。2010 年代を背負う希有なバンドになっていく瞬間。見逃せません! 初回限定盤になるので、是非ともお手元に!

Rock

昨年末のスマッシュヒット「Yellow Magus」から1 年。cero の2nd Single が完成!cero にとって初となる両A 面シングルです。ギターの橋本翼がはじめてceroに書き下ろした“Orpans” は、すでにデモの段階で何百回と聴き倒した最高の楽曲。明らかに、確実にアンセム! ソウルフルでメロウでいてエバーグリーンでマスターピース。煌めいて切ない。cero、凄いです。歌詞の世界観も別資料の高城の説明に詳しいのですが、ceroの特徴でもある楽曲ごとの繋がりが今作でも続いており、非常に楽しめます。ライブで初披露した後のお客さんの高揚感にも影響され、興奮した僕らが「シングルにしたいよな」と思ったのは必然です。そして「夜去」です。メロウでスムースなグルーブが炸裂しつつ、徐々に変化していくcero 独特の世界が構築されております。最高に気持ち良い。歌詞の組み立ての絶妙さ、楽曲後半のフェンダーローズの最高な演奏、バンドの成長など多くの要素を感じ取れる新機軸。3 曲目には小沢健二の「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」を収録。この楽曲は「Eclectic」に収録。カバー曲でありながら、現在のceroの雰囲気をより伝えることができる仕上がりになったと思っております。これこそ名カバー、メチャ良いです!そしてDVD「Scrapper’s Delight」には2014 年1 月に行ったツアー“Ship Scrap Show” の渋谷AX 公演と9 月のリキッドルーム10 周年記念公演の中より計6 曲を収録。ライブの度にアレンジが変わって行くcero の今をしかと収録。盟友VIDEOTAPEMUSIC のVJとも相まって非常に素晴らしいライブ映像集となっております。必見です!今作「Orphans / 夜去」はアルバムへの最高の感触を感じさせてくれ、ワクワクドキドキが止まりません。何度聴いても違った発見があり、違った情景が浮かびます。聴きたかった音楽をcero は飄々と生み出してくれる。来年リリースされるだろうアルバムが本当に楽しみな3 人組cero。2010 年代を背負う希有なバンドになっていく瞬間。見逃せません! 初回限定盤になるので、是非ともお手元に!

Rock

ceroの1stシングル『Yellow Magus』はこれまでの楽曲の中でも、(音楽的なことだけ言えば)ブラックミュージックの感覚を多分に含み、メロウな部類の曲である。どこかストレンジで、幸福感と悲壮感が同居している。その中に飛び切り良いメロディとコーラスワークが顔を覗かせ、素晴らしいバランスの上に成り立っている。これは今後のceroの代表曲の1曲になっていくだろう。

Rock

前作アルバム「WORLD RECORD」がロングセラーを続けるCeroの才能が爆発した2ndアルバム完成!小旅行から大航海へ。彼らには新しい音楽と時代の風が吹いている。新たな時代を築いていく名盤!

Rock

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップデートした新しい潮流!ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ!マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴!

News

ceroが野音配信ライブ〈Outdoors〉のトレイラー映像第2弾公開

ceroが野音配信ライブ〈Outdoors〉のトレイラー映像第2弾公開

ceroが明日7月18日(土)18時より開催となる有料配信ライブ〈Outdoors〉のトレイラー映像第2弾を公開した。 4管ホーンセクションも加わった最大12人編成でお送りする今回のライブ。 今回の映像では演奏シーンも含め、3人が会場を闊歩する様子などが

cero有料配信ライブ「Outdoors」のトレイラー映像を公開

cero有料配信ライブ「Outdoors」のトレイラー映像を公開

ceroが7月18日(土)18時より行う有料配信ライブ「cero presents"Outdoors"」のトレイラー映像を公開した。 また本公演にはサポートメンバーとして、ceroの他に、光永渉、厚海義朗、古川麦、小田朋美、角銅真実、小西遼、宮木謙介、真

cero髙城晶平ソロ"ミッドナイト・ランデヴー"MVを公開

cero髙城晶平ソロ"ミッドナイト・ランデヴー"MVを公開

ceroの髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaが楽曲"ミッドナイト・ランデヴー"のMVをソニーミュージック公式YouTubeチャンネルで公開した。 "ミッドナイト・ランデヴー"は、ファーストアルバ

cero有料配信ライブ『Outdoors』@日比谷野音開催決定

cero有料配信ライブ『Outdoors』@日比谷野音開催決定

ceroが7月18日(土)の18時から、有料配信ライブ "Outdoors"を開催することが決定した。 6月に新型コロナウイルスの影響で開催中止となったcero presents "Outdoors"は、今回有料配信ライブとなって初となる日比谷野音から配

〈阿佐ヶ谷Roji〉がcero、VIDEOTAPEMUSICなどゆかりのあるアーティストによるコンピ・デモ音源集『crowd』リリース

〈阿佐ヶ谷Roji〉がcero、VIDEOTAPEMUSICなどゆかりのあるアーティストによるコンピ・デモ音源集『crowd』リリース

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のため休業中のカフェ・バー〈阿佐ヶ谷Roji〉が、cero、VIDEOTAPEMUSIC、王舟ら所縁のあるアーティストによるコンピレーション・デモ音源集『crowd』をリリースすることが決定した。 4

cero髙城ソロ Shohei Takagi Parallela Botanica、1st ALを本日リリース

cero髙城ソロ Shohei Takagi Parallela Botanica、1st ALを本日リリース

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaのファースト・アルバム『Triptych』が本日4月8日にパッケージ・リリース、同時に各サイトにて配信・サブスクリプションも全曲スタートし

View More News Collapse
cero荒内佑、初の単行本『小鳥たちの計画』刊行

cero荒内佑、初の単行本『小鳥たちの計画』刊行

cero荒内佑の初の単行本『小鳥たちの計画』が4月23日筑摩書房より刊行されることが発表された。 『小鳥たちの計画』は、webちくまで連載されていた「宇宙のランチ」に書下ろし原稿を加えたもので、装丁はceroの元メンバーでもあるイラストレーター柳智之が担

cero髙城ソロプロジェクト、今週リリースの1stALよりティザー映像第3弾を公開

cero髙城ソロプロジェクト、今週リリースの1stALよりティザー映像第3弾を公開

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaが今週4月8日 にリリースするファーストアルバムの第3弾となるティザー映像をカクバリズムオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。

cero髙城ソロ“Shohei Takagi Parallela Botanica”4/8リリース1st AL収録「ミッドナイト・ランデヴー」7inchで発売決定

cero髙城ソロ“Shohei Takagi Parallela Botanica”4/8リリース1st AL収録「ミッドナイト・ランデヴー」7inchで発売決定

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaが、4月8日にリリースするファースト・アルバム『Triptych』。 その中から収録曲の「ミッドナイト・ランデヴー」が7inchシングルと

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica、1st ALより“ミッドナイト・ランデヴー”配信開始

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica、1st ALより“ミッドナイト・ランデヴー”配信開始

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロ・プロジェクトShohei Takagi Parallela Botanica。 4月8日にリリースするファースト・アルバム『Triptych』より収録曲”ミッドナイト・ランデヴー”の先行配信が本日スタートした。

cero、3年ぶりの野音ワンマン〈Outdoors〉開催

cero、3年ぶりの野音ワンマン〈Outdoors〉開催

ceroが6月27日に日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ〈outdoors〉を開催することが決定した。 野音ワンマンは過去2016年、2017年と2度開催されいずれもチケットは即日完売となっており、今回3年ぶり3回目の開催となる〈outdoors〉。

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica、 1stAL収録"ミッドナイト・ランデヴー"を25日より先行配信

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica、 1stAL収録"ミッドナイト・ランデヴー"を25日より先行配信

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaが、4月8日 にリリースするファーストアルバム『Triptych』から収録曲の"ミッドナイト・ランデヴー"を3月25日より各配信サイトおよ

ceroが3/13に電子チケット制ライヴ配信〈Contemporary http Cruise〉開催決定

ceroが3/13に電子チケット制ライヴ配信〈Contemporary http Cruise〉開催決定

3月13日(金)21:00から、ceroの電子チケット制ライヴ配信 "Contemporary http Cruise"の開催が決定した。 新型コロナウイルスによるライヴ・イベント自粛が続く中、今回の電子チケット制によるライヴ配信はceroにとって初の試

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica 4月8日リリースの1stAL詳細発表

cero髙城ソロShohei Takagi Parallela Botanica 4月8日リリースの1stAL詳細発表

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクト“Shohei Takagi Parallela Botanicaが4月8日 にリリースするファーストアルバム『Triptych』(読み:トリプティック)のジャケット写真、アルバム収録曲など詳細が公開と

cero髙城晶平によるソロ、Shohei Takagi Parallela BotanicaファーストAL『Triptych』リリース & レコ発も

cero髙城晶平によるソロ、Shohei Takagi Parallela BotanicaファーストAL『Triptych』リリース & レコ発も

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクト“Shohei Takagi Parallela Botanicaがファーストアルバム「Triptych」(読み:トリプティック)を4月8日カクバリズム とソニーミュージックによる共同リリースでリリース

cero 新曲『Fdf』を2月5日(水)デジタルリリース決定

cero 新曲『Fdf』を2月5日(水)デジタルリリース決定

ceroが待望の新曲「Fdf」をデジタルリリースすることが決定した。 2月5日(水)0:00より各ダウンロード / ストリーミングサイトにて配信開始となる。 ceroの2020年の幕開けを飾る新曲は作曲を荒内佑、作詞を髙城晶平が担当。光る円盤に乗ってベッ

Suchmos 対バンツアー出演者第1弾発表 ユーミンとの共演も

Suchmos 対バンツアー出演者第1弾発表 ユーミンとの共演も

Suchmosが、影響を受けリスペクトしているアーティストを招いておこなう〈The Blow Your Mind TOUR 2020〉の対バンとゲストアーティストの第一弾が発表された。 本ツアーの対バンには、3/17(火)、18(水) NIIGATA L

特番「カクバリズムの新年会!2020!」元日23時からニッポン放送にてオンエア

特番「カクバリズムの新年会!2020!」元日23時からニッポン放送にてオンエア

今年も個性豊かなアーティストが活躍してきた、インディーズレーベルカクバリズム。 2020年の元日の夜、ニッポン放送にてカクバリズムの特番「カクバリズムの新年会!2020!」の放送が決定した。 番組では、23時より1時間に渡ってYOUR SONG IS G

cero、5月に開催したワンマン”別天”より「Waters」ライヴ映像公開

cero、5月に開催したワンマン”別天”より「Waters」ライヴ映像公開

ceroが5月に開催したNHKホールでのワンマンライヴ“別天”より「Waters」のライヴ映像が、カクバリズム公式YouTubeチャンネルにて公開となった。 木管ホーンセクションを迎えた編成でのライヴテイクは、オリジナル音源とは違った表情を楽しめる。 な

〈COUNTDOWN Q」〉第二弾出演者にEYE (DJ) 、toeの出演が決定

〈COUNTDOWN Q」〉第二弾出演者にEYE (DJ) 、toeの出演が決定

12月31日(火)に恵比寿 ザ・ガーデンホールで開催するカウントダウン・イベント〈COUNTDOWN Q〉の、第二弾発表出演者として、EYE (DJ) 、toeの2組が発表された。 ライブあり、DJあり、お楽しみブースあり、と夕方から年越しまで楽しめるイ

新インドア・フェス「Q」がカウントダウン・イベントを開催

新インドア・フェス「Q」がカウントダウン・イベントを開催

今年、3月に神戸・ワールド記念ホール、4月に東京・両国国技館にて開催したインドア・フェス「Q(キュー)」が、2019年を締めくくるカウントダウン・イベント〈COUNTDOWN Q〉を恵比寿 ザ・ガーデンホールで開催する事が決定した。 第一弾発表の出演者は

cero、2020年待望の4都市ワンマンツアー開催

cero、2020年待望の4都市ワンマンツアー開催

ceroが、2020年待望の東京Zepp Divercityを皮切りに岡山、名古屋、仙台の4都市を回るワンマンツアー〈Contemporary Tokyo Cruise〉の開催を決定した。 本日よりオフィシャルHPにてチケット先行の受付がスタートしている

〈FESTIVAL de FRUE2019〉第3弾アーティストに大友良英、cero他6組が発表

〈FESTIVAL de FRUE2019〉第3弾アーティストに大友良英、cero他6組が発表

多種多様なジャンルのアーティストが集結する野外音楽フェスティバル〈FESTIVAL de FRUE2019〉。 3年目を迎える本フェスの第3弾アーティストラインナップが発表された。 今回発表されたのは以下の6組。 Cedric Woo cero Dani

〈細野さん みんな集まりました!〉にジム・オルーク、スカート、高城晶平(cero)、堀込高樹(KIRINJI)ら出演決定

〈細野さん みんな集まりました!〉にジム・オルーク、スカート、高城晶平(cero)、堀込高樹(KIRINJI)ら出演決定

音楽活動50周年となる日本音楽界の巨匠・細野晴臣を敬愛してやまないアーティスト達が集い、勝手にお祝いをする120%ファン目線の4日間〈細野さん みんな集まりました!〉。 各界の細野さんラヴァーズが大集結となっているこのイベントに、今回追加出演者として、D

Collapse

Articles

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

インタヴュー

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

R&Bやネオ・ソウル、現代ジャズのグルーヴをふんだんに吸収し、ある意味で新たなこの国のポップ・ミュージックの指針を作った前作『Obscure Ride』──同作はある意味で2010年代後半のこの国のインディ・ロックの多様なリズムの実験を牽引する作品のひとつ…

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

インタヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバ…

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BE…

OTOTOYフジロック・レポート2015

ライヴレポート

OTOTOYフジロック・レポート2015

今年も苗場はアツかった!! フジロックを終えて“フジロック・ロス”に陥っているかたや、行きたかったけどやむなく行けなかったというかた。 そんなみなさまに、フジロックの3日間を追体験できるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガ…

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

インタヴュー

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

ついにきた!! コンテポラリー・エキゾチカ・ロック・オーケストラ、ならぬコンテポラリー・"エクレクティック・レプリカ"・オーケストラ、新生ceroが生み出したサード・アルバム『Obscure Ride』。ライヴ・サポートだけではなくレコーディングにドラムの…

cero、両A面シングル『Orphans / 夜去』をハイレゾ配信&レヴュー

レヴュー

cero、両A面シングル『Orphans / 夜去』をハイレゾ配信&レヴュー

お待たせしました!! ceroの両A面シングル『Orphans / 夜去』を、ハイレゾにて配信スタートです!! "東京インディーズ・シーン"で括るには頭ひとつ飛び抜けて広がりを大きくしたceroがハイレゾで配信することは、また少し時代の変化を感じさせるでき…

cero、初のシングル『Yellow Magus』をリリース!

インタヴュー

cero、初のシングル『Yellow Magus』をリリース!

『My Lost City』以後、ceroはシーンのなかでひとつの定点となった。豊富な音楽的要素を含み、バンドの枠に囚われず優れた演奏者とつくりあげる、都会から生まれた良質なポップス。彼らが台頭してきたことで「東京インディー」という名前で可視化され、以後の…

cero『My Lost City』配信開始!

レヴュー

cero『My Lost City』配信開始!

これは奇跡! 2011年1月にファースト・アルバム『WORLD RECORD』を発表し、人気、ライヴ動員共ににうなぎ登りのバンドceroが、1年9カ月振りにリリースするセカンド・アルバム『My Lost City』。多くの音楽好きを納得させるに足る“深さ”…

ceroが放つ正解のインディ・ポップ『world record』配信開始!

レヴュー

ceroが放つ正解のインディ・ポップ『world record』配信開始!

01 : ワールドレコード / 02 : 21世紀の日照りの都に雨が降る / 03 : 入曽 / 04 : あののか05 : outdoors / 06 : ターミナル / 07 : exotic penguin steps(intro)08 : exot…